好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 27日

人に裏切られるのがイヤだから距離を置いているけど本当は仲間が欲しいあなたへ

もう絶対に人なんて信じない。
どんなに親しくても
人は平気で裏切ったりする。
過去のイヤな経験から
「だったら人と近づかなきゃいいんだ」
と一定の距離感を置いて
人づきあいをしている人もいる。

でも。
本当はもっと近づきたい。
本当はもっと親しくなりたい。
できれば仲間に加わりたい。

でも。
それをしたらまた同じ過ちの繰り返しになる。
もう忘れたのか?
過去、あれだけ信じた友に
裏切られたことを。
過去、あれだけ親しかった人に
裏切られたことを。

だから決めたじゃないか。
もう絶対に友達なんか作らないって。
仕事などに支障がないよう
最低限のつきあいはするけど
人と仲良くなるのはご法度。
ある一定の距離を保ち
絶対に近づかないって。

でも心のどこかで別の声が聞こえてくる。
本当はみんなともっと仲良くしたいんだ。
本当はみんなとバカになって遊びたいんだ。
本当はみんなと仲間になりたいんだと。

なら、我慢しないできてごらん?
距離をつめればいいじゃないか。
仲良くなってみればいいじゃないか。

大丈夫。
きっとあなたはまた裏切られ
イヤな想いをするかもしれない。
でもね、それまでいい思い出や
楽しい思い出ができるじゃないか。

傷つくなら近づきたくないって
0点を選ぶぐらいなら
傷つくかもしれないけど近づいて
100点満点の関係にならなくても
50点でも60点でも楽しかったら
それでいいじゃないか。

苦しいんだよね、きっと。
もし近づいて親しくなって
仲良くなってすごく楽しくなったのに
また裏切られてすべての思い出が
台無しになること。

それだったら0点でもいいって
そんな風に思ってるんだよね。
でもそれで本当にいいの?

急に近づいたりしなくてもいい。
用心深くなってもいい。
でも心の声がもっとこの人たちと
近づきたい、仲良くなりたいって思うのなら
一歩踏み出してみればいい。

いいかい?
傷つかないためには
短時間で距離を詰め過ぎちゃダメだよ。
全面的に信用しちゃダメだよ。
裏切られる可能性はあると
考えておかないとダメだよ。

そして何より全面的に依存しちゃダメ。
全面的に頼りすぎちゃダメ。

人はどんな人だって赤の他人。
親だろうが子供だろうが
兄弟だろうが他人は他人。
100%分かち合えることなんてない。

だからちゃんと自分は自分でいて
自立してなきゃダメ。
何があっても自分一人で
最後は切り抜けるんだって
思ってなきゃダメ。
信じられるのは自分だけ。
でも自分をちゃんと信じていれば
人から裏切られても
そんなに傷つかなくなる。
裏切られても困らなくなる。

もちろん心のダメージは大きい。
でも自分を信じて
最後は自分一人なんだって覚悟があれば
きっと昔みたいに大きなダメージは
受けないはず。

だから今の気持ちに素直になろう。
親しくしたいと思うのならしたらいい。
仲間に加わりたいと思うのなら
加わったらいい。

それで裏切られたっていいじゃないか。
それは仕方がない。
それまで楽しめればいいじゃないか。

そんな風に考えて生きてみないか?
いつまでも過去の失敗にとらわて
かたくなに心を閉ざして生きていても
傷つかない代わりに
おもしろみのない人生になるだろう。

人生一度きり。
明日死ぬかもわからない人生の中で
したいと思う気持ちを
無理に我慢するのは
人間関係で傷つくより
あなたの心を蝕んでいく。

だから大丈夫。
きっとまた裏切られたとしても
裏切られると思って
それまで楽しく付き合えたら
それは人生において幸せなことじゃない?

今しか出会えない人がいる。
今しか出会えない仲間がいる。

傷つかないように生きるのではく
傷ついても大丈夫なように
生き方を変えてみたらいい。

そのためには自分の好きなことを
追及して発信し続ければいい。
そうしたらきっとあなたは
あなた自信のことを信じることができ
どんなに親しい人も
他人は他人と割り切れることができるだろう。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-05-27 21:19 | 生き方


<< かさこ塾フェスタ会場の行き方!...      博多駅ランチ食べログ第一位!め... >>