2016年 05月 30日

第2回セルフマガジン大賞発表!全48エントリー冊子の全講評2

e0171573_23583772.jpg
大賞、優秀賞、敢闘賞以外の
エントリー作品の全講評です。


ウクレレジャカソリスト
かどくらたかひろ
B6/4P

B6・4ページで非常に手に取りやすく
見やすいサイズ。
ただどんな活動をしているのか
どんな料金で頼めるのかといった情報がなく
幼少期からのこまかなプロフィールと
曲のスコアを載せても
読者に興味をひけるかが疑問なため
載せる中身を考え作った方がよいかと思います。


起業家の想いをカタチにするデザイナー
竹村由佳
A5/8P

デザイナーさんだけあって
デザインは見やすくてよく
仕事獲得のために必要な要素も
網羅されていてよいと思います。

ただ色が多すぎる、書体が多すぎる、
載せる内容の順番がバラバラな感があり
冊子としてのストーリー性がない点が残念。
表紙の真ん中の余白部分も気になり
中面のデザインの強さと裏腹に
パンチがないのがおしいかなと思います。

タロットと心理学の専門学校代表
杏樹魅香
A5/8P

表紙のイラストがとってもかわいくて
インパクトがあってよい。
中面が賑やかな反面
ページごとにデザインがばらばらで
ごちゃごちゃしすぎているために
このページに何が書いてあって
どうつながっていくのかがわからないので
中面のデザインの統一性を持たせて
それぞれのページ見出しをきちんと立てて
順序立てて見やすくするとよいと思います。


ジャーナリスト/ライター
斉藤円華
A5/12P

非常に読みやすいデザイン。
見出しと本文のメリハリがしっかりついていて
雑誌を読んでいるような感じ。
2号目ということと今伝えたいことを重視し
特集記事2本掲載しているのは
悪くはないものの
個人を宣伝するには弱いかなという感じがして
むしろ特集記事はWebに載せて
冊子には要点をのせてWebにつなげたり
ご自身の説明や今の総論的問題提起のような
自分の思いを語るページがあった方が
個人に興味を持ってもらえると思います。


~1歩踏み出すお手伝い~
悩める人の押し出し屋
井之上淳子
A5/8P

表紙のインパクトが素晴らしい!
写真もインパクトあり
ご自身の個性を見事に表紙で表現しており
表1-表4の黒背景のデザインも見事。

ただ残念なのが中面。
表紙に期待度から見開いた2P目の
もくもく雲デザインなどは
素人手作り感がありすぎるとの
表紙のトーンとはぜんぜん違うテイストのため
ずっこけてしまう。

文字の大きさもページごとにばらつきあるため
冊子全体として読みにくいのと
後半ページは囲みケイが多すぎて
かえって文字が飛び込んでこない。
P3以降の紹介の仕方も
たとえばサービスメニュー1、サービスメニュー2
といった順序で目次立てて紹介すれば
はるかに見やすい冊子になるはず。

新生児から使える
ベビースリングアドバイザー
てるいなおこ
A5/8P

手書きイラストの表紙は印象的で素敵。
かつ活動内容を端的に表している
ビジュアルなので非常によい。
中の構成も必要事項が網羅されていて
わかりやすく自分の活動内容を
示してよいと思います。

ただご自身でワードか何かで
作られているせいか
文字の羅列の資料みたくなってしまうので
これをラフ=たたき台にして
これをもとにプロのデザイナーに
デザインを頼めば見違えるほどよい
冊子になると思います。


人生を変える薔薇の魔法師・霊能師
奄海るか
A5/16P

Vol2になり前回より圧倒的に見やすく
わかりやすくなり
ご自身の活動内容がひとめでわかる
セルフマガジンの王道をいくような
非常によい構成になっています。
全ページの上部に帯をつけて
コーナータイトルを入れているのも
わかりやすい工夫になっています。

個人的にはご自身のキャラをいかすために
たとえばはじめの方で
ご自身のにこやかな笑顔とともに
「うさんくさいことは全部やってます。
あなたのために」
みたいなキャッチコピーかなんかがあったら
「うさんくさいなー」と思っている人も
思わずクスっと読めるのではないかと。

P6の思いはP2-3に移動してもいいかなとか
P7を前にもってきて
P5はP10-11とまとめた方がよいかなといった
台割・構成案の整合性を
もっとより厳密にみていくと
さらにわかりやすい冊子になるかと。

あとデザイン力がとぼしいので
(パワポで作った
資料のようなデザインのため)
プロのデザイナーに頼めば
見違えるように冊子が
よくなるのではないかと思います。


カヌー好きの経理・起業なんでも相談屋
秋永隆由
A5/8P

表紙のキャッチコピーがインパクトあり
興味をそそられる表紙になっているのが
とてもよいと思います。
ただ中面が自分のできることを
ただばらばらと羅列した感じになっているので
表4にあるようなことをはじめにもってきて
サービス1、サービス2・・・
といったように紹介をしていくなど
した方がよいかなと。

あとはご自身のきっちりした写真を
はじめの方に大きく載せておいた方が
安心感を持たれるのではと思います。

デザインはご自身でされたかと思うので
中面全部含めてプロに頼んだ方が
よいかと思います。


昭和歌謡とアニソン好きの占星家
ほうげつあきよし
A5/16P

自分自身の取扱説明書という切り口で
自分自身の説明を展開していく
企画力はピカ一。
ただ残念なことにデザインが
取扱説明書っぽくないことと
肝心かなめの「スペック表」「使用上の注意」など
目立たせるべき部分がかすれた書体を
使っているため、各ページに何が書かれているかが
目に飛び込んでこないのが残念。
全体的に背景色が濃いのも再考した方がよいかも。

あとは書体の混在をできるだけ避けること。
P4-5は縦にせず見やすいよう横でいくこと。
ページ番号が入っているところとないところと
バラバラなので統一すること。
経歴表が細かすぎるので
文字が多くてもよいのですが
写真やデザイン処理でメリハリをつけること。
ページごとの文字量のばらつきを
できるだけ抑えること。
P15だけ唐突に背景が白なので
その辺も全体の統一感を考えること。

取扱説明書という切り口はよいだけに
ページごとの文字量のバランスと
デザインを変えれば
非常におもしろくていいセルフマガジンに
なるのではないかと思います。


鬱・夫の死を克服した小説家
&インナーチャイルドカードセラピスト
村川久夢
A5/8P

表紙のご自身の写真が素晴らしい。
写真が変わるだけでまったく表紙の印象が変わる。
プロのカメラマンに撮影をした写真を
使っているだけあってとてもよい。

中の構成も非常によいのですが
残念なのがデザイン。
各ページの見出しをもっと大きく立てて
本文とのメリハリをつけたり
唐突な絵柄アイコンはやめて
帯で見せるなどきちんと統一し
かつできれば黒帯じゃなく
もう少し明るい色味を使った方が
冊子全体の印象が変わる。

行間もあきすぎているところもあるので
文字組みにも配慮したい。
デザインが変われば様変わりする冊子です。


お金の家庭教育アドバイザー
大石千絵
A5/8P

各ページの見出しの立て方は
しっかりしていて構成は素晴らしいのだが
デザイン的に見にくいこと、
写真やビジュアルが少ないので
文字ばっかという印象が強いので
もう少しお金教育をゲームっぽい仕立てにして
おもしろおかしくクイズ形式で紹介するとか
ご自身の切り抜き写真を多用し
先生解説風にするなど
見せ方は工夫の余地あり。

またセンターページを使って
写真がただ6枚だけ並べてあるのは
非常にもったいない!


こけC(苔師・虚仮士)
たけC
A5/12P

苔玉作りをテーマにした冊子なら
もっとよりよい見せ方や
工夫があったはず。

コケの魅力なら
表紙にコケというワードを
入れたタイトルにして
コケ写真を載せるなど
活動内容をわかりやすくすることが必要。

中面のつくりもせっかくのコケ写真を
半調にしてしまっているので
コケとわからない反面
背景に半調のコケ写真を配置したため
そこにスミ文字を置いてしまって
さらに見えにくくなってしまっているという
非常にもったいないデザインになっている。

白地にスミ文字、コケ写真をしっかり見せれば
コケの魅力が冊子全体から伝わってくるはず。

また苔玉写真もより商品を
魅力的にうつすために
背景は工夫をした方がよい。


おもしろ似顔絵クリエイター
福田アキヒト
B5/12P

前回の1号目は単なる似顔絵作品集に
なってしまっていたが
今回はその反省をふまえ
何をやっているのか、
似顔絵の魅力やこれまでの実績、
自身の実績などにページをさき
前回より飛躍的にグレードアップしてます。

ただB5版でやや大きいかなというのと
表紙を見ても普通の雑誌っぽく見えてしまって
似顔絵クリエイターの仕事くださいな
マガジンにみえにくいこと、
またかなり文字をつめこみすぎているページも多く
ページごとの文字量のばらつきに差が激しいので
A5にして要素をつめこみすぎずに整理し
見やすくしたら素晴らしい
仕事獲得マガジンになるのではないか。


税理士
内田敦
B5/8P

ターゲットと冊子目的が明確で
それに沿って自身のサービス内容を
いくつかにわけて
対象者やよくある悩み、料金体系を
しっかり載せてあるので内容的にすごくよい。

ただ残念なのが写真。
ご本人の最近の写真でいろいろな
いい写真があれば
切り抜き写真を多用するなどして
中面の見やすさのメリハリに使えるので
写真を撮り直して
いろんなバリエーションを撮っておくと
よいかと思います。


道景写真家
夏澄
A5/16P

前回エントリーの反省をいかし
飛躍的にバージョンアップしたVol2。
北海道写真の魅力を
伝える導入部分がしっかりあり
写真もカテゴリー別にわけながらも
いろいろな写真を
うまくきれいに載せているので
ミニ写真集のごとく見ていて楽しいマガジン。

ただ残念なのはデザイン。
前回よりもよくなったものの
プロのデザイナーが
しているわけではないと思うので
文字組みやたちおとし写真の処理の仕方など
残念な部分が多い。

北海道を美しく残す7つのテクニックも
本当は読者にとっていいコンテンツのはずなのに
ページの流れからやや唐突な感じもあるので
この4ページはなくてもよかったかも。


DV被害・家庭問題カウンセラー 
新谷真弓
A5/12P

作りが斬新!
3P分をのぞいて前半9Pは
すべてメッセージのみという大胆さ。
デザインがプロではないため
文字の配置がやや不自然なため
もったいないなーという感じはあるものの
非常に大胆な構成でアイデアとしては
非常によいと思います。
デザイナーをプロに頼めば見違える冊子。


パステルアート作家
みよりん
A5/8P

自身のパステルアート作品を
白地ベースで冊子にちりばめながら
単なる作品集にならず
ご自身の履歴に沿って紹介する冊子と
なっていてよみやすいはよみやすい。

ただ自身のヒストリーよりも
パステルアートの魅力や
こんな場面に使ったらどうですかという
読み手への提案中心にした構成の方が
伝わるのではないかと
文字組みがよくないので
プロのデザイナーに頼んで
レイアウトをし直してもらえれば
いい冊子になると思います。


空撮映像作家
コジロウ
B5/12P

かっこいい雑誌のような表紙。
内容もかなり盛り込まれていて
大き目のB5サイズにしても
違和感のない作りと内容。

ただ残念なのは
縦書きと横書きの混在。
開きが縦書き仕様に
なっているにもかかわらず
2P-3P目がいきなり横書きなので
非常に見にくくなってしまっている。

また表紙写真はかっこいいものの
冊子の内容にあまり
リンクしていないのが残念。

動画も作った作品のリスト的に載せるより
1つの作品のハイライトをキャプチャで見せて
こんな部分の撮影に気を使ったとか
編集に工夫をしたといった解説があった方が
Webではなく冊子で載せる意味のある
コンテンツになるのではないか。

何はともあれ縦書きと横書きの混在をやめて
デザインし直すことから始めたい。


インタビュー・ライター
A5(A2折り)/16P
大橋博之

すごいインパクトのある表紙!
制服姿の女の子におもちゃの鉄砲?
もたせてしかも学校内で撮影しているという
気合いの入れようで
雑誌の表紙のようなワクワク感のあるもの。

ただ難点がいくつかあり
A2折りになっているため
各ページが非常に見にくいので
普通に16P中綴じの冊子にした方が
見やすかったのではないかということと
制服姿の表紙写真と制服姿の見開き写真に
目が行ってしまい
このビジュアルからライターであり
ライターの仕事紹介冊子であることが
想像しにくいこと。

対談がやや長くて文字も大きくはないので
文字量を減らして
チャートや表組もまじえなながら
ご自身のことを紹介するなど
した方がわかりやすかったのではと思います。

ただA2折りのアイデアや
制服姿の女性写真を使うという
インパクトのあるアイデアは
非常に良いと思うので
ライター紹介冊子でなければ
非常によかったと思います。


ハンドクラフト作家・ぬくもり写真家
いぬのさんぽ♪
A5/12P

きれいな写真いっぱいで作品紹介する
にぎやかしさ、明るさが伝わってきて
雰囲気はいいものの
唐突にいろんな内容のものが
あまり説明なくページに展開されるので
きちんと目次立てをし
きちんと見出しをたて
それについての説明を加えた上で
順序良く説明した方がよい。

またせっかく写真家でもあり
素晴らしい写真を撮れるにもかかわらず
表紙に写真がなくぱっとみ何屋さんかが
わからないロゴマークだけというのが
非常にもったいない。


ロリータ社労士
がまがま
A5/8P

楽しさが伝わり
本人のおもしろい活動が
これを見ればよくわかる
自己紹介冊子として構成はすごくよい。

デザイン部分で中面はページごとに
枠をつけない方が開放感、躍動感がでること、
下地に半調の写真を入れて
どんよりさせてしまうより
白地にして切り抜き写真を多用した方が
より楽しさが伝わること。

スミフチ・色文字を多用しているものの
やや素人くさいデザインになってしまうので
この辺の処理を変えれば
大きく見違える冊子になるはず。


水中モデル
フードスタイルアドバイザー
飯島史子
A5/12P

素敵なおかし写真だけで
雰囲気が伝わってくる冊子。
冊子タイトルの「Kururi」のマークも
すごく素敵。

おかしブランドの紹介ということで
個人の活動を紹介する体裁の
セルフマガジンとはいいにくい面があるものの
おかしブランドを紹介するにあたって
企業がやっているわけではなく
一個人のママさんがお子さんの難病をきっかけに
立ち上げたというストーリー性があるので
はじめにご自身の顔写真を出し
なぜこのおかしブランドを立ち上げたのか、
どんな思いからなのかを説明した上で
そこからおかしのこだわりやメニューを
紹介する構成の方が
見る人にも伝わってきやすくなるのではと思います。

また中面の文字組みや書体、文字の大きさなどが
全体的にバランスがわるいので
ここをプロに頼んで整理してもらったら
見え方は大きく変わるはず。


レースアナウンサーと
子育て支援基地隊長
若松泰恵
A5/8P

中面に入っている要素はよいので
冊子として順序立てて紹介する構成を
しっかり考え直すことと
レースアナウンサーから
子育て支援基地隊長の2足のわらじを
していることをきちんと冊子で表現するため
見せ方もしっかり考えたい。

要素や写真は使えそうなものが多いので
構成をしっかり考え直して
きちんとデザインすれば見違える冊子になる。


きらく場きらく番
吉田智美
A6/8P

A6というミニサイズで
横長に誌面を使っているのが
すごく見やすい冊子。

構成もよく考えられていて
着物ってめんどくさくないですか?
という読者に訴えかける内容から入っていき
そこからご自身の活動紹介に誘導するという
非常によくできた構成になっているので
あとはデザインをプロに頼んでもらえれば
すごくよい冊子になる。


子宮happyアドバイザー
宮永なおきゃん
A5/4P

全体的に見やすい冊子。
ただ構成がバラバラなのと
イラストと本人写真が混在しており
情報を整理して順序立てて
展開していくとよいかと。


日本酒カメラマン
しゅう
B5/8P

B5サイズと大きいものの
中にそれほどの情報量がないので
もったいない。
はじめにお酒が弱いアピールを
する必要もない。

実績は実績、単体写真は単体写真と
写真をしっかりわけてわかるようにのせ
載せるべき情報や構成も
きちんと整理した方がいい。

またはっきり自身の写っている
顔写真がないので
そうした写真もしっかりのせておきたい。

写真を半調にして文字をのせるのは
読みにくいのと写真が死んでしまうので
なるべく避けたい。


終活行政書士
合原千尋
A5/8P

整理収納をテーマに展開されている
すごくシンプルでスッキリした
よいマガジン。

ただ全体的に文字が多い印象。
もっと目に飛び込んで見せるために
見出しやビジュアルの工夫、
見せ方の工夫をするとよい。


舞台は命 夢の仕掛人
桂川光
A5/16P

文章はいいこと書いてあるのに
章タイトルと本文の繰り返しのため
文字が目に飛び込んでこずに
おもしろさや読みたいと思えないのが
非常に残念。
それぞれの章で際立った言葉1文を
たとえば
縦書きでかなり大きな文字で
格言のような形で見出しっぽくたてた上で
その後に説明文がくるなどしたら
非常にわかりやすく興味をひく
冊子になったと思う。


ちょっとの感動お届けライター
あめのちはれ(雨野千晴)
A5/12P

デザインはとっても素敵。
イラストも素敵。
ただ全体的に文字が小さくて読みにくいので
B5サイズにするかもしくは
文章量を削るかした方がいい。

またコンテンツがランダムなので
構成が見えないので読みにくいのと
P8にまるまる人のプロフィールを
載せているのも当人かと
誤解されかねないので
構成をきちんと練り直し
文章量を整えた上で作り直すと良い。


氣功師&魚食普及師
野口亮祐
A5/12P

コンテンツは全体的によい。
特にP2-P5はわかりやすい。
プロのデザイナーに頼んで
これをたたき台にしてデザインしてもらえれば
見違えるようによくなるはず。

残念な点は表紙。
表紙写真とテーマが合っていない。

またはじめのページにまず
2つの肩書きを持つ自己紹介をしてから
1つ目の活動はこれ、2つ目の活動はこれ
といったように順序立てがわかるような
導入部分が必要。


多田径代
A6/12P

なんといっても写真がきれいなので
ミニサイズの写真集として
とってもみやすくてよいかも。

ただ中途半端に仕事につなげるページや
写真にあまり関係のない
テキストを載せるぐらいなら
写真とエッセイだけで押し通し
最後のページだけ連絡先と
プロフィールの方が
すっきりしていていいかもしれない。


大人のロリータファッションアドバイザー
Tomoko
A5/8P

表紙がとってもかわいらしくて素敵。
ただ表紙のタイトルや写真から
ロリータファッションが続くのかと思いきや
はじめの見開きで終ってしまうので
ロリータファッションで6ページぐらい使って
あとの2ページでその他の活動を
さらっと紹介するようなメリハリをつけるか
もしくは3つを紹介するのであれば
表紙や表紙タイトルを再考した方がよいかも。
デザインはデザイナーに頼んだ方が
はるかにいいものができるはず。


アクセソワリスト
ファッションコーディネイター
usako(うさこ)
A5/8P

構成はそんなに悪くはないものの
何より商品がアクセサリーで
アクセサリーの商品写真が主なので
プロに頼んでいい写真にした方がいい。

でないと誌面全体としても
いい冊子に見えないのと
アクセサリー自体もいい商品に見えず
逆ブランディングになりかねない。


終活カウンセラー・
エンディングノートの書き方講師
平原美津代
A5/8P

デザインが非常にきれい。
表紙・裏表紙のデザインも
すごくよいので見やすい冊子。

ただ構成が難。
各ページのつながりが薄いことと
内容が薄いことが残念。
冊子タイトルは「終活のススメ」と
なっているもののその話が3Pしかなく
あとの5Pは違う内容なので
それであれば冊子タイトルも
変えた方がよい。


描けるゆるキャラ
板野はこ
A5/8P

デザインと構成が整理されていないため
雑誌の広告ページをみているような
作りになっているため
抜本的に作り替えた方がよいと思います。


鍼灸整骨院の嫁
中川あゆみ
A5/20P

中身は非常にいい内容だけでに
ちゃんとプロにデザインを頼めば
見違えるのにという冊子。
プロに頼まなくても
あちこちに背景に色を塗る処理をせず
白地に黒文字でシンプルにレイアウトするだけでも
かなり見た目は変わってきそう。

表紙は目立つので悪くはないものの
中身と関連性のないイラストが
使われているので変えた方がいい。
またどこにも連絡先(メールアドレス、電話番号、
院の場所など)がないので
表4(最後のページ)に記載するなどしたい。

またチェック診断シートなどのページは
わかりやすくてよいが
冒頭にいきなり文字びっしりで
東洋医学と西洋医学の違いという
難しそうな話が出てくると
読まれなくなってしまうと
そうした話は大幅にカットするか
わかりやすくデザイン処理したり
図解したりすることが必要。


アーティスト/アートセラピスト
HANA(飯島波奈)
A7/8P

A4・1枚を折りたためれば簡単に作れる
手書きコピーのマガジン。
載っているコンテンツはいいと思うので
これをたたき台にA5/8Pぐらいで
ちゃんとした冊子を作れば
より活動内容の認知につながるはず。


カバン職人・カバン作り講師
ゆるstyle。はしかわひかる
A5/8P

カバン職人によるカバン商品紹介冊子として
テーマはしっかりしているので
中身のコンテンツに何を入れるのか
しっかり練り込めば非常にいいマガジンに
なる可能性を秘めた素材はある。

中の文字の書体がよみにくい。
写真を切り抜きにして変化をつけてもよい。
もしかしたら冊子全体をスミベタ(黒地)にすれば
商品も映え、クールでかっこいい感じの
カバン紹介冊子になると思う。
製造過程の紹介とかもあってもおもしろい。

<選外>

不動産会社経営&セミナー主催者
清久隆幸
A5/38P

これまで開催した講義紹介カタログのため
個人の活動を宣伝する内容でないため
選外とさせていただきました。
デザイン、冊子のつくりは申し分ありませんが
過去の講義の記録的な冊子となっているため
講義紹介にしても読者に読ませる
フックがほしいところです。


ジョインズハウス オーナー(パン屋)
安田紀子
A5/4P

メニュー表なのでセルフマガジンという
くくりにはあてはまらないので
選外とさせていただきます。
ここになぜパン屋をはじめたのかとか
どんなこだわりでパンを作っているのかとか
ご自身のプロフィールを入れれば
立派なセルフマガジンになります。


主婦
大西規子
A6/90P

ブログをそのまま冊子かしただけのため
セルフマガジンとはいえないので
選外とさせていただきます。

・・・・・・・・・
あくまで私の独断と偏見です。
選出されなかったとしても
セルフマガジン大賞という期日に間に合わせ
セルフマガジンを作ったというだけで
ここにエントリーしてくださった方は
すべて素晴らしいと思います。

ぜひ今回のセルフマガジンを
いろんな方に配って反応を見ながら
アップデートした作品を
作っていったらよいと思います。

なお選考基準で特に注意して見ているのは
1:デザイン
2:内容
3:構成
の3点。

デザインが見やすい、わかりやすいかどうか。
PRすべき内容や読者が興味を持つ内容などが
掲載されているか。
順番にめくっていく冊子として
どこのページにどういう順番で何をのせるのか
考えているか。
この3点を注視してみています。

今後セルフマガジンを作る際は
1:デザイン
2:内容
3:構成
の3点に注意していただければと思います。


by kasakoblog | 2016-05-30 22:55 | セルフブランディング


<< 第2回セルフマガジン大賞発表!...      好きなことを素直に表現できる人... >>