2016年 06月 17日
なぜ山本太郎氏はペットボトルのラベルをはがすのか~芸能人が原発反対と言えない理由~講演会レポート
e0171573_9473816.jpg
芸能人の一番おいしい仕事はCMだから。
数日働くだけで中堅俳優でも
2000万円ぐらいの収入が得られるから。
企業にきらわれないために
CM仕事をとりたい芸能人は
原発反対などとは言えない。
原発反対は電力会社を敵に回すだけでなく
あらゆる企業を敵に回すことになるから――。

昨日山本太郎氏講演会が行われた。
主催者側として私が山本太郎氏のために
用意したペットボトルの水の
ラベルは外しておいたが
山本太郎氏自ら持参したペットボトルも
やはりラベルをはがしていた。

なぜペットボトルのラベルをはずすのか。
そんな話から山本太郎氏は
芸能人の多くが原発反対を言えない理由を
説明し始めた。

山本太郎氏のような「中堅俳優」クラスでも
企業の宣伝をするCM仕事なら
数日働いただけで年間2000万円もの
収入が得られるという。

映画や舞台、ドラマなどは
おもしろい仕事ではあるが
拘束時間も長く
わりよく稼げる仕事ではない。
でもそうした仕事をしたい。
でも生活もしなくてはならない。
そんな時に一番おいしい仕事がCMなのだ。

CM仕事がいつきてもいいように
特定の企業を応援しているような
行動はできるだけ避けたい。

だからペットボトルのラベルをはずす。
ラベルでメーカーがわかれば
「あの芸能人はA社をひいきしている」
という話になり、A社以外の仕事が
こなくなってしまう可能性があるからだ。

またすでに何らかのCMに出ている場合
競合他社の宣伝をしてしまう可能性もあり
その場合は多額の違約金が
発生することもある。
だから企業名がわかる
ラベルをはずしたり隠したりする。

山本太郎氏は現在議員なので
気にする必要はないかもしれないが
本人いわく「長年のくせではずしてしまう」
といった話をしていた。
そもそも山本太郎氏は
芸能界をやめたわけでも
俳優をやめたわけでもなく
ただ「原発反対」といっていたら
仕事が激減しただけにすぎない。

芸能人にとってCMはおいしい。
だから企業に文句を言うようなことを
大っぴらには言えない。
原発反対といえば
電力会社を敵に回すだけでなく
原発建設メーカーや
電力会社の株主となっている大企業や
電力会社に融資している金融機関なども
敵に回すことになりかねない。
つまり単に電力会社から
嫌われただけでは済まされないのだ。

だから多くの芸能人は
原発反対と言いたくても言えない。

ただ山本太郎氏はいい意味で
変わったのかもしれない。
もしかしたら以前なら
原発反対と声をあげない芸能人なんて
人間のカスだぐらいのことを
言ったかもしれないが
(あくまで私の想像)
芸能人は芸能人の立場があり生活があり
すぐにすぐ自分のように
言動で示せる人は少ないことに
ここ数年の活動で理解するように
なったのではないか。

でもだからといって
あきらめたらそこで終わりだ。
だから、できることからやろうと
呼びかけている。

芸能人が原発反対と言えないように
テレビをはじめとしたメディアも
広告収入で成り立っているため
原発にとって不利益になるような
報道はしにくい。

もちろんあれだけの原発事故が起きたので
黙っているのは不自然だし
そこそこの報道はされるようになった。
でもどこまで踏み込めるかも疑問であり
取り上げるにしても扱いを小さくするなど
相当な配慮の上での報道ではないかと
山本太郎氏は指摘する。

またある意味では一定のガス抜きのために
原発反対報道をさせている面も
あるのではないかと指摘する。

なぜテレビが無料で見れるのか?
テレビが無料なのは当たり前という
世界の中で生きてきた私たちにとって
そんなことは考えもしない
ことかもしれないけれど
テレビが無料なのは企業が大金はらって
CMを流しているおかげ。

だからこそ大金はらっている
企業に逆らうことはできない。

お金の力というのは本当に怖い。
だから私は安易に人に
おごられることも含めて
支援とか広告とかスポンサーとか
クラウドファンディングとか
対価なしにお金をもらうことに
ものすごく警戒心をもっている。

なぜならお金を出した人間に
逆らえなくなる可能性があるからだ。

きちんとこちら側が商品なり
サービスなりを提供した対価として
お金をもらうならそれはそれでいい。
お互いの関係が対等になれるから。

でも「ただ」でお金をもらってしまったら
お金を出す側がお金だけあげて
口を出さないことはあり得ない。

対価なくお金をもらってしまった側は
お金をもらっている人に
配慮せざるを得なくなる。
活動資金を依存すれば
自分の信念を曲げたことも
せざるを得なくなってしまう。

そんな生き方でいいのか?
それにノーをつきつけたのが
山本太郎氏だ。

でも山本太郎氏もはじめは
うまいことやろうと思っていたらしい。
でも国の原発事故対応の
あまりのひどさに我慢しきれず
事務所を辞めざるを
得ない事態になってしまったものの
リスクを覚悟で原発反対を叫び始めた。

なぜ?
山本太郎氏は目立ちたかったから?
ヒーローになりたかったから?
社会的使命を感じたから?

多分、違うのではないか。
山本太郎氏の大好きな仕事は俳優。
その想いは今も変わっていないようだ。
今も俳優をやめたわけではない。
ただ仕事が減ってしまっただけだ。

その俳優を続けるためにも
遠回りかもしれないけれど
多くの人が長生きし
この日本が安全に暮らせて
いろんなことが物言える社会にしたい。
でないと俳優という仕事も
ゆくゆく続けられなくなってしまう。

だからこそとりあえず今は
優先すべき原発問題や
政治の世界にうってでた。
でもきっと山本太郎氏は
これからも俳優をしたいのではないか。

だからこそ今の経験はいい意味で
「芸の肥やし」と自分に言い聞かせ
「茨の道」を歩んでいるのだと思う。

でも一昔前の
ヒステリックに過激に
原発反対と言っているような
イメージとは違った。
山本太郎氏は自分でも言っていたが
「賢く」なった。

ただ原発反対だけを叫んでいても
現実は変わらない。
過激に発言しただけでは
バッシングされたり
誤解されたりしかねない。

現実を変えるために
現実の戦略をどう組み立てていくか。
崇高な理念だけではなく
少しでも現実を良くするために
現実的に何をしたらよいのか。

山本太郎氏の好き嫌いや
支持するかしないかは重要ではない。
大事なのは一人ひとりが
自分の生活をよりよくするために
政治に関心を持ち
最善でなくても現状でベターなものを
きちんと選択をしていくこと。

そのためには誰かに頼るのではなく
一人ひとり自ら声をあげ
発信していくことだと思う。

声をあげずにだんまりを
決め込むことこそが
政治や社会を悪くしている原因。

山本太郎氏はこんなことを
講演で言っていた。
「今の政治が悪いのは
政治家が悪いんじゃなく有権者が悪い。
今の政治家を選んだのは有権者であり
また政治に無関心でいる人が多いから」

政治が悪い社会が悪い景気が悪いと
他人のせいにする前に
一人ひとりが自分の意見をきちんと発信し
小さなことでもできることからしていくことが
社会をよりよい方向に
向けていくことにつながるのではないか。

できることからしよう。
ブログを書いて発信してもいい。
共感する記事や応援した人の記事を
シェアやリツイートするだけでもいい。
できることはたくさんあるはず。
大それたことは無理でも
小さなことなら。

・なぜ山本太郎氏は
俳優失業のリスクを負ってまで
原発反対に声をあげたのかが
よくわかる本
「山本太郎 闘いの原点: ひとり舞台」

・7/2(土)王子で原発ドキュメンタリー映画
「シロウオ~原発立地を断念させた町」上映
http://kasakoblog.exblog.jp/24300537/

・原発をテーマにした
ドキュメンタリー映画「シロウオ」DVD販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/23983432/

・山本太郎氏講演動画

https://www.youtube.com/watch?v=Uow5IZLFaDc

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・6/25福岡で3本無料セミナー実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24454466/

<好きを仕事にする大人塾
=かさこ塾受講者募集一覧>
・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/

・7月大阪かさこ塾※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24373879/

・9月千葉船橋かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・9月静岡三島かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・9月福島郡山でも開催予定
9/16(金)9/30(金)10/14(金)10/28(金)
時間:13時30分~15時30分

・9月東京でも開催予定
9/1(木)9/15(木)9/29(木)10/6(木)
19:30~21:30 サンクチュアリ出版にて

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・7/29新潟
http://kasakoblog.exblog.jp/24447542/

<誰もが参加できるオフ会>
・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

・7/29新潟
https://www.facebook.com/events/512543748953592/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」をご覧ください。
希望の方は、郵便番号、
住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-17 09:51 | 東日本大震災・原発


<< 9月に福島郡山でかさこ塾開催!      山本太郎氏は舛添氏辞職に伴い東... >>