2016年 06月 20日
女僧侶と写真家という2つの顔を持つ人だからこそできた両A面セルフマガジン制作話
e0171573_2165954.jpg
なかなか人にはマネのできない斬新な冊子。
それが両A面冊子。
惜しくもセルフマガジン大賞を逃したが
大賞をとってもおかしくなかったのが
女性でありながら僧侶で
赤ちゃんを撮るカメラマンでもある
大江香子マガジンだ。
このマガジンが両A面冊子になっている。
e0171573_217926.jpg

両A面冊子とは、表も裏も表紙になっていて
表からも裏からもページが展開していくもの。
裏を裏にするのはもったいないので
裏も表紙にすれば表も裏も二度おいしいし
表からも裏からも注目して読んでもらえる
メリットがある半面
真ん中ページで表からと裏からのページが
出会った時に両者に共通するような中身でないと
両A面にする必然性がなくなってしまうので
実はかなり難しい構成だ。

ほとんど両A面冊子って見ないし
あったとしても両A面にしている
意味が見い出せないと
単に物珍しさをアピールしただけの
読みにくい冊子になってしまう。

大江香子さんからセルフマガジンサポートの
依頼があったのは4/21。
セルフマガジン大賞に間に合わせるには
超ギリギリもギリギリだった。

大江香子さんからは
カメラマンの活動とお寺の活動の両方を
知ってもらう冊子を作りたいとのことで
はじめは12ページの無難な構成案だった。

<大江さんから送られてきた構成案>
1P:表紙(ベビグラファー&女性僧侶)
2~3P:ベビグラファーとは
4~5P:出産・子育て、ベビーマッサージとの出会い
6~7P:教室の紹介、教室写真
8~9P:女性の働き方、資格のこと
10~11P:お寺のこと、年間活動、若坊守
12P:裏表紙

ただ大江さんからの依頼があって
私はぴんとひらめいたのだ。
大江さんなら両A面冊子にできるかもしれない。
e0171573_2181932.jpg

ただオーソドックスな手法ではない。
構成やデザインに失敗すると
イタイ冊子になりかねない。
いやーでも大江さんなら
両A面にできる格好の材料だ。

そこで大江さんにすぐさま

もしベビグラファーとお寺のことを
だいたいほぼ均等に載せるのであれば
両A面みたいな両方表紙冊子
というパターンもあります。
具体的には表面はベビグラファー
としての表紙からはじまり
ベビグラファーの紹介をしていく。
裏面も表紙にしてしまい
こちらはお寺の表紙としてスタートし
縦書きで寺のことを紹介していく。
そしてちょうど中間ページに
ベビグラファー&お寺の
共通するようなことを載せる
(教室、プロフィールなど)

両A面の場合はおもしろさがあるのと
変わった感があるのと
別々の2つの顔を持つ人にとっては
いい手ではありますが
やや奇をてらった戦法では
ありますがいかがでしょうか?!

とサポート翌日に提案したところ
大江さんもそれにのってきてくれて
両A面の冊子で進めることになったのだ。

両A面の肝はセンターページで
両者が最後に融合できるかどうか。
写真やベビーマッサージの活動も
お寺の活動も場所はお寺が中心なので
センターページに
お寺の住所や地図などを載せ
大江さんの2つの顔の写真を載せて
経歴を入れればここで
おさまりがつくと判断し
見事にきれいな両A面の構成案ができたのだ。
e0171573_2174322.jpg

ただデザイナーの力量が問われるので
時間がないこともあり
私の懇意にしているデザイナーに頼み
私が編集に入ってコントロールして
両A面冊子を作り上げていった。
e0171573_2183743.jpg
e0171573_2184398.jpg

今時、1つの職種や1つの仕事しか
していない人は少ないので
2つの顔を持つ人は
両A面のセルフマガジンを
作れる可能性もあるのだが
とはいえ実際にやるとなったら
大江マガジンのようにうまくいくかは難しい。

オーソドックスに
まずAという仕事もやってます
次にBという仕事もやってます
の方がまとまりがいい場合がほとんどだ。

うまく2つの顔が関連し合い
最後に見事にセンターページで
融合できるネタがあるかどうかが
両A面冊子の肝になるだろう。

いやーそれにしても
私も一度作ってみたかったんです。
両A面冊子。
だから大江さんという絶好の材料がきて
これはなんとしても両A面にして
うまく調理していいマガジンを作りたいと思い
かなり細かなラフなども作って
燃えに燃えました(笑)。
e0171573_219466.jpg
e0171573_2191271.jpg

編集って冊子を作れる楽しさがある。
いい素材が来た時に
いかにうまく調理するかが
編集の腕の見せ所であり
それが実に楽しい。

大江香子マガジンはほんと
素晴らしい冊子だと思うので
ぜひ欲しい方は大江さんに
請求していただければ。
(もしかしたらもう在庫がつき
増刷待ちになるかも)

今後もいい素材にめぐりあい
いいセルフマガジンを
この世に送り出す手伝いを
していきたいなと思います。
e0171573_2110080.jpg

そんなわけで新名刺には
「セルフマガジン編集者」
という3つ目の肩書きを入れてます。

・大江香子さんのブログ
http://ameblo.jp/tsumugikko/entry-12168787340.html


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-20 21:09 | セルフマガジン


<< あなたの優しさは人への思いやり...      マザー牧場の2万5000株の桃... >>