好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 07月 08日

人に応援してもらえる人と応援してもらえない人との違い

自分でなんとかしようと
必死にがんばっている人は
人から応援してもらえるが、
自分では何もしようとせず
はなから頼ろうという人は
人から応援してもらえない。

皮肉な話だが
必死にがんばっている人には
応援しよう手助けしようという人が現れ
自分のがんばり+他人の力によって
実現したいことがすぐできるようになる。

一方「誰か助けてくれないかなー」と
かまってちゃんのごとく弱音をはくだけで
自分はぜんぜん努力しようとせず
ラクして誰かに背中を押してもらおう
という人は誰からも手を差し伸べられない。

人に助けてもらうことや
力を借りることは悪いことじゃない。
でもね。
自分でできることがあるのに
それをやらずに安易に人に頼ろうとする人は
誰にも見向きもされないんだよ。

そのことに気づいてる?
そこのあなた。
のっけから頼ろうという依存心丸出し。
「私になんかどうせできない」と開き直り
自分でがんばることを放棄し
「力のある人を使えばいいんだ」と
力のある人にすりよって
私かわいそう、私弱い、
だから助けてみたいな腐った輩は
ダメダメダメ。クズクズクズ。

そんなの見抜かれるよ。
てめえでまず歩けるところまで歩いて
それでも歩けなくなったら
声かけろよ、ばーかという話だ。

私はこの2年間で500人を
超える塾生を見てきた。
自分で必死に答えを出そうと
自力で解決しようとしている人には
そのがんばりを応援したいと思い
力を貸してあげたいと思う。

でも、はじめっから
私を頼ろう頼ろうとする人は突き放す。
「いや私に聞かなくても
調べればすぐわかるでしょ」
「いやいや私にヘルプを求めなくても
そのぐらいのこと自分でできるだろ」
みたいな。

なんかね。
いい大人になっても
3歳児以下の子供みたいな
どうしようもない大人がいる。

私の子供は3歳。
いろんなことができるようになった。
でもできないこともある。
できないことは力を貸す。
でも「自分でできるよね」ってことを
「パパやってやってー」とか言われると
「いやいや自分でやれよ」と。

まあでも3歳児だから仕方がないと
甘く見てしまうこともあるけれど
でも30代とか40代にもなって
3歳児みたいな大人がいると
はあ?バカじゃないの?
今までどういう生き方をしてきたのか
と疑ってしまう。

自分かわいそうオーラで同情させれば
誰かが助けてくれたのだろうか?
助けがなかったら3歳児みたいに
わあわあ泣き叫び親を困らせることで
否応なく手助けさせるみたいな
子供じみたことを大人になっても
平然とできてしまう恐ろしさ。

そんなんだから
いつまでたっても人生うまくいかないんだよ。

そうじゃなく自力でなんとかしようと
懸命に努力をしている人には
応援する力が集まるんだよ。

たとえば急きょ広島でセルフマガジン講義を
することになったのは
広島の塾生たちが自力で
セルフマガジンを作ろうと
自主的に集まるという話が
たまたま耳に入ったから。

かさこ塾を卒業して自分たちだけで
さらにがんばっていこうという姿。
ただしセルフマガジンを作るなら
作り方講義を受けてからがんばった方がいい。
でも私に頼らず必死にがんばろうと
そんな姿を見て思わず声をかけた。
「来週、広島に行って講義しましょうか?」と。

7月の日程はぱつぱつだし
横浜に住んでいる私からすれば広島は
ひょいひょい行けるような場所ではない。

でも。
広島の塾生たちは卒業しても
逃げることなく後ろを振り返ることなく
前を向いて自分たちで歩き出そうとしている。

そんな塾生なら全力で応援したい。
だから交通費や場所代や宿泊費がかかって
講義自体が赤字になったとしても
ここはなんとしても日程をやりくりして
行きたいと思った。
だから急きょ行くことにした。

他人のせいにせず
もっともらしい言い訳をせず
自力でがんばろうと努力している人には
惜しみなく力を貸そう。

他人のせいにしたり
もっともらしい言い訳ばかりいい
自力でがんばることを放棄している人は
困っていることがわかっても
絶対に手は貸さない。

きっと私だけでなく
他の人もそう思っているのではないか。
応援しよう、力を貸そうと思うのは
自力で努力している真摯な姿に
うたれるからであって
はじめから頼ってくる腐った輩は
誰も手を貸さないはず。

だから。
逆説的な言い方だけど
人に助けてもらいたいなら
自力でがんばりなさい。
そしたらきっと助けてくれる。

もしあなたが困ったことがあって
誰も助けてもらえないのなら
それははじめから依存しようと
クレクレ星人になりさがっているから。

応援されたきゃ自力でがんばれ。
話はそれからだ。

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を希望の方は
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールいただければ
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<かさこ講義一覧>
・7/15(金)2時間ブログ術講義@金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・7/29(金)2時間ブログ術講義@新潟
http://kasakoblog.exblog.jp/24447542/

<9月>
・東京かさこ塾
9/1(木)9/15(木)9/29(木)10/6(木)
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・静岡三島かさこ塾※10名以上開催
9/6(火)9/13(火)9/20(火)9/27(火)
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・千葉船橋かさこ塾
9/7(水)9/14(水)9/21(水)9/28(水)
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・福島郡山かさこ塾
※7/25までに10名以上集まれば開催
9/16(金)9/30(金)10/14(金)10/28(金)
http://kasakoblog.exblog.jp/24465389/

・京都かさこ塾
9/26(月)10/3(月)10/17(月)10/24(月)
http://kasakoblog.exblog.jp/24497801/

・広島かさこ塾
10/4(火)10/20(木)11/1(火)11/15(火)
http://kasakoblog.exblog.jp/24511227/

・福岡かさこ塾
10/5(水)10/19(水)11/2(水)11/16(水)
http://kasakoblog.exblog.jp/24486162/

・9/17(土)2時間ブログ術講義@青森
近日中に詳細告知します

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-07-08 00:46 | 生き方


<< 大阪のおいしいうどん店!どでか...      採算度外視で地方講義ツアーを行... >>