2016年 07月 08日
三宅洋平批判記事に学ぶ。小金稼ぎのためにブログに広告を張ってはならない理由
e0171573_22394069.png
下手をすると自分のライバルの
広告が表示されてしまうから。
ライバルを宣伝しかねないから。
場合によっては
「あんたもその仲間なの?」と
誤解されかねないから。

だから小金稼ぎのためにブログに
広告を張るのはやめた方がいい。

参議院選挙で旋風を巻き起こしている
三宅洋平氏賛美の風潮に
苦言を呈する素晴らしいブログ記事があった。
東京都議会議員のおときた駿氏のブログだ。

これは素晴らしい記事だと思い
シェアをしようと思ったのだが
小金稼ぎのために記事タイトルの下に
広告が入ってうざいな、読みにくいな
と思っただけでなく
なんとそこの広告に
公明党の宣伝広告が入ってしまっていたのだ。
e0171573_2240569.png

あちゃー。大失態!
だから小金稼ぎのために
広告入れちゃダメなんだって。

おときた駿氏は公明党所属議員でもなければ
公明党を推している議員でもない。
にもかかわらず三宅洋平批判の拡散記事に
記事タイトルの真下に
公明党推しの広告が入ってしまうという・・・。
広告なんか載せるから
こんなことになっちゃう。

私はおときた氏が公明党推しではないと
知っていたのでツイッターとフェイスブックで知らせ
現状は公明党広告ではなく
違う広告が入っている状況に改善されたが
せっかくの素晴らしい大拡散記事なのに
誤解された可能性もあるのではないか。
この人、公明党の議員?
公明党推しなの?みたいな。

せっかくいい記事を書いて
多くの人に読まれたにもかかわらず
自分の所属政党ではない政党を
大々的に宣伝してしまうなんて
こんな失態はない。

おときた氏のブログは数カ月前にも
舛添知事批判のいい記事があったので
シェアしようと思ったのだが
記事タイトルのすぐ下に
「ギャル男でもわかる政治の話」という
自著の宣伝広告が入っていて萎えた覚えがある。

おときた氏にフェイスブックのコメント欄で
せっかくいい記事書いているのだから
記事タイトルのすぐ下に
内容と関係のない広告はるのはやめた方が
いいと指摘したはず。
せめてはるなら
記事の一番最後にした方がいいと。

おときた氏に限った話ではなく
ブログやっている人に
声を大にしていいたいのは
ブログ記事に小金稼ぎのために
記事タイトルのすぐ下とか
記事の途中で広告はるの
マジでやめた方がいいということ。

ライバルの広告が表示されちゃうとか
前に他の人のブログであったのは
せっかくいい記事なのに
エロ広告が記事タイトル下に
表示されちゃうとか
小銭を稼ぐために
自身のブランド価値を下げることに
なりかねない。

いやそれどころかね。
多くの人がスマホでネットを見る今
記事タイトル下に広告はり
スクロールしないと本文が
わからないようなレイアウトになっていると
読まずにみんな帰っちゃいますよ。
もう二度とブログを訪れないかもしれない。
うざい広告があるとシェアする気にもなれない。
だから記事タイトル下に
広告はるのはやめた方がいい。

アフィリエイトや広告だけでなく
自分の宣伝をしたいからといって
アメブロやっている人によくいるんだけど
記事の一番頭に
セミナーやサービスメニューの
宣伝文句を並べちゃってるのとか
いちいち肩書きと名前を名乗る
うざいやり方とかマジでやめた方がいい。

はっきりいって逆効果。

宣伝したいのなら
記事本文の一番最後にはればいい。
まずは記事タイトルに即した内容の
本文をすぐ読んでもらえるよう
読者に読みやすい仕様にする。

記事が終わったら
最後に自分の宣伝したいことを載せる。
「最後まで読んでもらえなければ
宣伝できないじゃないか」
という人もいるかもしれないけれど
最後まで読まれない
つまらないブログしか書けないことが問題。
ましてやそんなつまらないブログしか
書けないからといって
記事の前に宣伝載せたら
余計に読者に嫌われる結果になる。

うぜえ。
早く記事タイトルにあった内容
読ませろよと。

今回のおときた氏の記事のように
所属政党でない公明党宣伝広告が
載ってしまうといった大失態は
なかなかないかもしれないけれど
でもほんとうざい広告やうざい宣伝は
記事タイトルの下に載せてはダメ。

今回の失態記事に学び
みなさんも記事タイトル下に
広告や宣伝を載せないように。
せめて載せるなら記事の一番最後に。

*ちなみにおときた氏は
ネットで様々なことを発信する
素晴らしい議員だと思います。
今回の三宅洋平批判の件も
まさにその通り。
ぜひ広告を外してがんばってほしいと
切に願います。

・「政治のことは何も知らないけど、
三宅洋平さんで初めて興味を持ちました!
応援します!」という人たちに、
一つだけ伝えたい重要なこと
http://otokitashun.com/blog/senkyo/11943/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を希望の方は
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールいただければ
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<かさこ講義一覧>
・7/15(金)2時間ブログ術講義@金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・7/29(金)2時間ブログ術講義@新潟
http://kasakoblog.exblog.jp/24447542/

<9月>
・東京かさこ塾
9/1(木)9/15(木)9/29(木)10/6(木)
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・静岡三島かさこ塾※10名以上開催
9/6(火)9/13(火)9/20(火)9/27(火)
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・千葉船橋かさこ塾
9/7(水)9/14(水)9/21(水)9/28(水)
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・福島郡山かさこ塾
※7/25までに10名以上集まれば開催
9/16(金)9/30(金)10/14(金)10/28(金)
http://kasakoblog.exblog.jp/24465389/

・京都かさこ塾
9/26(月)10/3(月)10/17(月)10/24(月)
http://kasakoblog.exblog.jp/24497801/

・広島かさこ塾
10/4(火)10/20(木)11/1(火)11/15(火)
http://kasakoblog.exblog.jp/24511227/

・福岡かさこ塾
10/5(水)10/19(水)11/2(水)11/16(水)
http://kasakoblog.exblog.jp/24486162/

・9/17(土)2時間ブログ術講義@青森
近日中に詳細告知します

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-07-08 22:40 | ブログ術


<< 人間関係を悪化させないために絶...      大阪のおいしいうどん店!どでか... >>