2016年 08月 10日
上場企業の最年少課長の座を蹴り、経営難の金沢料亭の経営者に転身した山縣秀行さんインタビュー
e0171573_22571645.jpg

就職氷河期だったが
上場企業のユニ・チャームに就職し
営業成績順調で社長賞を3回受賞。
(タンポンを日本一販売した営業マン)
このまま会社にいれば
史上最年少課長の昇進も確実だった
山縣秀行さんだが
なんと課長昇進を目の前に
10年勤めた上場企業を退職し
金沢の老舗料亭の経営者に
転身することになった。

奥さんの実家が金沢の料亭を営んでいた。
奥さんが継ぐ予定はまったくなかったが
2005年に料亭を経営していた父が急逝。
料亭を仕切るのが
母と妹になってしまったため
山縣さんに声がかかったのだ。
料亭を手伝わないかと。

今まで料亭の仕事などしたことはない。
生理用品やオムツ用品の営業職。
このまま勤めていれば
昇進も約束されている。

どうしようか迷った山縣さんだったが
「もしここで引き継がずに
料亭が潰れるようなことがあったら
妻が後悔するのではないか」
「自分ならうまくできるかも」
「サラリーマンよりいい生活が
できるかもしれない」と思い
10年勤めた上場企業を辞め
金沢の料亭を仕切ることになった。

先代が急逝してしまったため
ろくに引き継ぎもないまま
料亭の経営を手伝うことに。
お客さん相手は義母と義妹にまかせ
まずはお金の流れや
取引先などを把握しようと
帳簿を調べてみた。

しかし。
山縣さんで4代目となる老舗料亭だが
実態は長らく続いた家族経営。
法人化もされておらず
きちんとお金の流れが把握されていない。
営業管理や目標管理、売上管理などもない。
しかも億単位の借金があることも判明。
毎月、借金の返済で
経営を圧迫している状況だった。

これはなんとかしないとまずい。
でもお金はないので
お金のかかることはできない。

業界の環境は決してよくはなかった。
金沢という場所柄、ライバルは多い。
しかし時代とともに料亭で接待したり
料亭で遊ぶ文化は廃れている。
取り巻く環境は厳しい状況だった。
e0171573_22581937.jpg
http://kanazawa-kotobukiya.com/oheya.htmlより

うちの料亭の売りは何だろう?
一番の特徴は築160年の建物だ。
趣きのある空間。歴史ある空間。
これは他に負けない大きな武器だ。
建物と空間をアピールする戦略にシフトし
他との差別化を試みた。

またお金がなかったため
広告・宣伝費がない。
そこで当時流行りはじめた
ツイッターで発信し宣伝した。
「ツイッターで宣伝する料亭」として
注目されるようになった。

空間を活かすためイベントも行った。
料亭に来てもらうため
様々なイベントを開催。
結果、広告は出せなくても
イベントなら地元の新聞が
記事で取り上げてくれる。
そんな風にお金がないからこそ
できることで知名度を上げていった。

しかし厳しい状況は続いていた。
このままではダメだ。
抜本的に立て直しをしないと。

そこで2010年のこと。
家族を集めて会議を行い
非常に経営が厳しい状況にあることを伝え
今、料亭をやめるのか
それともここでふんばって
まだ続けるのかを関係者に問うた。

まだ続けたい。
まだ潰したくない。
そんな声が大半だったので
ならばと大ナタをふるった。
まずは給料のカット。
自身も月10万円の給料にした。
さらに不採算事業の整理。
長年、仕出し料理もしていたが
思いきってやめることにした。
ホームページにだけはお金をかけ
あらためてPRに力を入れた。

一度、潰すか潰さないかの
家族会議をしたせいか
そこから状況は上向き始めた。
また利益に貢献する物販事業の立ち上げや
さらには北陸新幹線開通直前の
開通前特需ともいうべき追い風もあって
これまで重くのしかかっていた
借金をかなり減らすことができた。

北陸新幹線の開通により
2015年はこれまでの売上の最高額に。
北陸新幹線開業時には
新幹線内に配布されている冊子
「トランヴェール」に見開きで紹介された。
どん底から脱し少し余裕も出てきて
今後は攻めの経営もできる
ところまでやってきた。

山縣さんは4代目料亭店主として
積極的にブログ、SNSなどで
情報発信をしている。
それは料亭文化をもっと多くの人に
知ってほしいからだ。

「料亭に行ってみたい。遊んでみたい人は
日本人も外国人もたくさんいます。
でもどんなところなのかよくわからない。
行くのがこわいと
感じてしまっている人が多いのが現状です。
もっと料亭のことを知ってもらい
ビビりながらではなく
ワクワクしながら遊びにきてもらえるよう
情報発信に力を入れていきたい」
と山縣さんは話す。

山縣さんが一般目線で
料亭の情報発信ができるのは
もともと料亭の家に
生まれたわけではないからだろう。
普通にサラリーマンをしていた。
そこからの転身だからこそ
一般目線での情報発信ができるのだ。

またいろんな人に来てもらえるよう
様々なところにも顔を出し
自分自身を知ってもらうことに務めた。
「料亭に行ってみたいと思っても
知らない料亭には行きにくい。
でも私のことを知っていれば
料亭に来てくれるきっけかになる」
自ら料亭の営業マンとして
ネットの発信だけでなく
リアルでの発信にも余念がない。

山縣さんを見ていて思う。
どんな業界でもどんな仕事でも
逆境だろうが逆風だろうが
ネットとリアルの発信を通じて
まずは知ってもらうことが
何より大事なんだなと。

今は昔と違ってリアルだけでなく
ネットもある。
口コミという限られた宣伝だけでなく
ネットを使えば
いろんな人を呼び込める可能性がある。
まさにそれを実践しているのが
山縣さんなのではないか。

富山かさこ塾をきっかけに
山縣さんを知ることができたので
年内どこかのタイミングで
山縣さんの料亭を訪れて
みなさんに紹介したいと思います。
もちろん芸妓さんつきで(笑)。

・金澤町家料亭 壽屋(ことぶきや)
http://www.kanazawa-kotobukiya.com/

・山縣さんのブログ
http://ameblo.jp/yamahide02/

<全国に546人の様々な塾生がいる
好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧>
・静岡三島かさこ塾
9/6(火)9/13(火)9/20(火)9/27(火)
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・千葉船橋かさこ塾※キャンセル待ち
9/7(水)9/14(水)9/21(水)9/28(水)
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・福島郡山かさこ塾
9/16(金)9/30(金)10/14(金)10/28(金)
http://kasakoblog.exblog.jp/24465389/

・京都かさこ塾
9/26(月)10/3(月)10/17(月)10/24(月)
http://kasakoblog.exblog.jp/24497801/

・広島かさこ塾
10/4(火)10/20(木)11/1(火)11/15(火)
http://kasakoblog.exblog.jp/24511227/

・福岡かさこ塾
10/5(水)10/19(水)11/2(水)11/16(水)
http://kasakoblog.exblog.jp/24486162/

・鹿児島かさこ塾※10名以上開催
11/4(金)11/17(木)12/2(金)12/15(木)
http://kasakoblog.exblog.jp/24559129/

・上記以外の地域で開催希望の方は
地方開催希望グループに参加リクエストの上
同地域の希望場所があればそこにコメントを、
なければ新規投稿をお願いします。
https://www.facebook.com/groups/1635100003467635/

<かさこ講義&講演一覧>
・9/3(土)大分中津(無料セミナー)
「ブログで仕事とファンを獲得するための
「嫌われる勇気」実践術」

9/11(日)講演@高崎
9/17(土)2時間ブログ術講義@青森
10/12(水)2時間ブログ術講義@長野
・10/16(日)講演@福島会津
近日中に詳細告知します

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を希望の方は
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールいただければ
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<誰もが来れる!入場無料!
かさこ無料セミナーも聴ける
かさこ塾フェスタ>
9/3大分中津
10/23京都
11/26名古屋

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-08-10 22:59 | 生き方


<< 朝食とらなきゃ力が出ない!と思...      極上のとんかつ!蒲田駅そばのお... >>