2016年 09月 09日
仲間とつるむ暇あったらさっさと帰宅し作品づくりすべしと思っていたあの頃
友達や仲間とつるむなんてバカらしい。
飲み会なんてバカらしい。
グダグダしゃべるなんてバカらしい。
一緒に遊ぶなんてバカらしい。
ともに学ぶなんてバカらしい。

そんな時間があるなら
一分一秒でも早く家に帰って
自分の時間を確保し
自分のしたいことに時間を割くべきだと
ずっと思ってきた。

他人とのつきあいを最小限にして
自分の時間を最大化することにより
自分の作品づくりに時間を割けば
自分のしたいことができる、
夢が叶う、好きなことが仕事になると
ずっと思い込んでいた。

でもね。
それだけでは足りなかったんだ。

もちろん超天才的な作品を作れるなら
他人とからまずとも世の中から評価され
自分のしたいことができるようになる。

でも世の中の多くの人はそうじゃない。
そんな圧倒的な天才的なものなど
作れる人は一握りだ。

じゃあそういう人たちしか
好きなことで食べて
いけないのかといったら
そんなことはない。

むしろ「なんであの程度の作品で」とか
「なんであんなやつが」みたいな人が
うまくコネをつくって
好きなことを仕事にしたり
やりたいことをしている。

ずるい。実力もないくせに。
コネや人脈使うなんて汚い。
実力で勝負しろよみたいな。

そうやって余計にうちに閉じこもって
人との関わりをさけ
自分の時間を極大化させたところで
限界があった。
なぜなら自分のことを
他人に知ってもらう機会が
圧倒的に少ないからだ。

そう。そこでやっと気づいたんだ。
自分だけ一人閉じこもったところで
誰かに自分を知ってもらわなければ
仕事やお金にはならない。
大きな活動にはならない。

もちろんネットで宣伝できる
いい時代になったから
わざわざリアルで人に会う必要はない。

でもね。
ネットだけじゃダメなんだよ。
ネットだけじゃ限界なんだよ。

自分のことを知ってもらうには
リアルで人と会うこと。
そこで自分のことを知ってもらうこと。
自分のことを一方的に宣伝するだけじゃなく
いろんな人を知ること。
それによってはじめて
人と人との関係性ができ、
そこではじめて自分の作品が評価されたり
自分の好きなことが仕事になったりする。

でもクリエイター気質や
職人気質の人はそういうのを
「ずるい」「汚い」と思っている。
作品や技術で勝負するのが正しいと。

でもそうじゃないんだよ。
作品や技術で勝負する前に
自分という人間を知ってもらわない限り
多くの人は興味を持ってもらえない。

だからね。
自分の作品や技術を評価してほしいなら
好きなことを仕事にしたいなら
とっとと家に帰って
自分の時間を作ればいいんじゃなく
できるだけ無理のない範囲で
いろんなところに顔を出し
時にはバカ話もし時にはともに遊び
自分のことに興味を持ってもらわないと
ダメなんだって。

それに気づけばあなたの活動は加速する。
もともと作品力や技術力がある人なら
なおのことだ。
リアルで会い、話をし、知ってもらえれば
そこから仕事が入ったり
いいオファーがもらえたりもする。

だからね。一人でコツコツでは限界がある。
もっと多くの人に知ってほしいとか
もっと自分の活動を広めたいとか
好きなことを仕事にしたいとか
働きやすい環境にしたいとか
いいお客さんだけと付き合いたいと
思うのならば、率先して自分が
自らの営業マンとなって
リアルのつきあいにも顔を出さないと。

もちろん過度につきあう必要はない。
ただ酒だけ飲みたい人に
時間を割く必要はない。
でもだからといって
そういうのに一切出ず
自分でしこしこやっていれば
そのうち自分は世の中から
評価してもらえるなんて甘いから。

斜に構えて「みんなでつるんでるなんて
おまえらバカだ」みたいな
上から目線になっていると
いつのまにか誰からも相手されず
どれだけ技術があっても仕事こなくなるから。

自分を知ってもらう努力、
宣伝や営業をさぼっているだけ。
宣伝や営業をさぼれば
どれだけいい作品やいい技術があろうが
信頼もされないし知ってももらえない。

私も昔は飲み会なんか一切参加せず
すぐにでも家に帰って
自分の文章を書くなり写真の整理するなり
していた方がいいと思い込んでいた。
でもそれはダメなんだってことに気づいた。

人見知りしちゃうからーとか
お酒が苦手だから―とか
人と話すのが苦手だから―とか
子供みたいなこと言っている場合じゃない。
自分のしたいことがあるなら
リアルの場にも顔を出し
きちんとしたコミュニケーションをとり
自分のことを知ってもらう努力をしないと。

だからこそ多くの人と出会える
リアルの場が大事。
だからこそ質のいい人と出会える
コミュニティや仲間が大事。
もしそうしたコミュニティや
仲間が見つかったなら
今までと作品力や技術力が
なんら変わっていなかったとしても
人の反応は大きく変わるだろう。

仲間とつるむなんてバカらしいから
一人でしこしこやってれば
いつか評価される日がくるなんて
アホみたいな幻想にすがって
人とのコミュニケーションから
逃げていてはダメだと私は思う。

一匹狼でもいい。
でも時にはつるまないと。

<一匹狼の集団。
好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧>

・9/14までに10名以上集まれば開催
広島かさこ塾
※10名以上開催8名申込
http://kasakoblog.exblog.jp/24511227/

・福岡かさこ塾※残5名
http://kasakoblog.exblog.jp/24486162/

・9月末までに10名以上集まれば開催
鹿児島かさこ塾
※10名以上開催4名申込
http://kasakoblog.exblog.jp/24559129/

・山梨甲府かさこ塾
※10名以上開催4名申込
http://kasakoblog.exblog.jp/24610664/

・11月東京募集開始!
11/14、21、28、12/5の全4回。
昼の回(13:30~15:30)と
夜の回(19:30~21:30)
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

<かさこ講義&講演一覧>
9/17(土)2時間ブログ術講義@青森
10/12(水)2時間ブログ術講義@長野
10/16(日)講演@福島会津
・9/29東京セルフマガジンの作り方講義
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1210

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を希望の方は
申込フォームより入力お願いします。
無料で郵送します。
申込フォーム

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
顔写真でフェイスブックをアクティブに
使っている方は友達申請していただければ
メッセージなしでも承認します。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-09-09 22:12 | セルフブランディング


<< キンコン西野氏が出版社にブチ切...      全営業マン必読!これぞ訪問営業... >>