好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 10月 07日

「あの人はすごい」「私はダメだ」という「落ち込みプレイ」をしているあなたへ

周りの人たちがみんなできる人ばかりで
私なんて一人レベルが違う……。
周りの人たちがすごすぎて
自分なんて何もできない……。

そんな風にいつも「落ち込みプレイ」をし
自分なんてダメだから仕方がないのを
絶好の言い訳にしているそこのあなた。
そろそろそんなくだらないプレイは
やめた方がいい。

好きを仕事にする大人塾=かさこ塾では
毎回こうした感想が出てくる。
「他の参加者がすごすぎて
私は一番の落ちこぼれだ・・・」
「みんなしっかり軸を持って
すごい活動をしているのに
私だけ何もできていない」

いやいやいや。違うって。
他の人もそう思っている人いるから
あなたは周りの人から見たら
「できる人」に分類されてるんだって。
まずそのことから気づかないと。

そもそもそうやって他人と比較している
くだらないことはやめた方がいい。
だってそうでしょ?
ここは学校じゃない。
テストの点数を争っているわけでもないし
学力という一つの物差しで
評価が決められる場所ではない。
大人の社会っていうのは
学校じゃないんだよ。
だから他人と比較してできるとか
できないとかそんなのほんとどうでもいい
というか無意味に近い。

しかもかさこ塾の場合は
同業者があまりいない。
受講生20名の全員がカメラマンなら
あの人はすごい、自分はまだダメだ
という比較をしてしまうのはわかるけど
ぜんぜん違うことをやっている人が
集まっているわけだから
カメラマンですごい人をみて
占い師が落ち込む必要はないし
漫画家ですごい人をみて
お片づけ屋さんが落ち込む必要はない。

おかしいでしょ?
カメラマンと占い師を比較するなんて。
漫画家とお片づけ屋さんを比較するなんて。
でもそんなおかしなことを
しちゃう人がいっぱいいるわけです。
他人と比較して
「あの人はすごい。私はダメだ」と。

なぜそんな風にするのか?
ダメな自分でいたいからだよ。
そうやって言い訳すれば
何の努力もしないで済むからだよ。
そうやってダメな自分を演じていれば
「そんなことないよー」と
誰かが声をかけてくれるのを
喜んでいるだけだ。

他人と比較するのはムダ。
大人社会は受験勉強を争う学校じゃない。
他人がすごかろうがどうだろうが
自分は自分で過去の自分より
どれだけ進化したかが問題なのであって
比較対象にならない他人と
比較ごっこをしているのは
やらない言い訳をしているクズに過ぎない。

いいんですか?
そんなクズな人生のまま生きていて。

いやね、同業者と比べることも
そもそもナンセンス。
たとえば自分がカメラマンとして
近くいすごいカメラマンがいて
「私にはあの人には敵わないから
もうダメだ」ってのは無意味。

すごいカメラマンがいても
その人がこの世の撮影仕事を
全部引き受けられるわけじゃないから
おこぼれはあるわけだし
すごいカメラマンが1カット10万円で
請け負っていたら
すごくない自分は1カット1万円にすれば
そっちの方が仕事を獲得できるかもしれない。

そもそも自分が勝手に自分はダメだと
思っているだけで他人からみたら
好き嫌いはわかれるから
あのカメラマンはすごいとは思わない、
あなたの写真の方が好きという人も
当然いるわけだ。

同業者ですごい人がいたら
自分はダメだなんてことはない。
いくらでも生き残る道はある。

だいたいこうした思考をする人は
この世の物語は主人公と脇役しか
いないと思い込んでいる。

いい?それはお話の世界。
この世はみんなそれぞれが主人公なの。
それぞれがそれぞれ主人公の物語を
持っているだけで
誰が主人公で私は脇役だなんてことはない。

あとこうした思考をする人は
勇者だけが主人公で
魔法使いや僧侶は脇役だと思い込んでいる。
いやいやそれはゲームでの世界であって
リアル世界というのは
勇者だろうが魔法使いだろうが
それぞれが主人公の物語が
多層に重なり合っているだけにすぎない。

そもそも勇者がすごくて
魔法使いがへぼいということはない。
それは主人公か脇役かの違いではなく
単に役割が違うだけに過ぎない。

だから周りの人がすごいと思っても
人それぞれ役割が違うんだから
比較することが無意味。
私は主人公じゃなくて
脇役キャラだからと思うのも無意味。

いい?
他人と比較する
自分かわいそプレイをいい加減
そろそろやめようや。
いい?
比較するのは過去の自分。
過去の自分に比べてどれだけ成長できたか。
ただそれだけ。

だから他人と比較して
落ち込みごっこして
自分はダメだからと
何の努力もしないのが一番ダメ。

他人がすごいとか周りの人がすごいとか
そんなくだらないごっこはやめて
自分と向き合い自分を日々成長するために
小さなことでいいから
一歩一歩努力を重ねていけばいい。

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧>
・鹿児島かさこ塾※残7名
http://kasakoblog.exblog.jp/24559129/

・11月東京かさこ塾
昼の回(13:30~15:30)と
夜の回(19:30~21:30)
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・2017/1名古屋かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24700789/

・2017/1札幌かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24701175/

かさこ塾は来年大都市中心予定ですが
10名以上確実に集まるのであれば
どんな小さな地方の町であろうと
やりますのでご安心ください。
開催地希望グループはこちら
https://www.facebook.com/groups/1635100003467635/

<その他のセミナー>
・10/22(土)京都で
セルフマガジンの作り方講義開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24681361/

・10/23京都で無料セミナー!
(かさこ塾フェスタ)
http://kasakoblog.exblog.jp/24694996/

・11/9(水)新横浜で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24684413/

・11/26(土)名古屋でかさこ塾フェスタ開催!
http://festa.kasako.jp/2016/nagoya/

・11/30(水)山梨甲府で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24693276/

・第3回セルフマガジン大賞開催!
作品募集!12月20日締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24680833/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
顔写真でフェイスブックをアクティブに
使っている方は友達申請していただければ
メッセージなしでも承認します。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-10-07 02:00 | 生き方


<< 「魔法のコンパス」とかさこ塾の...      5年間の売上公開【売上半減目標... >>