2016年 11月 13日
かさこ塾運営危機から「一匹狼の集団」という理念が生まれた秘話
今、全国様々な場所でかさこ塾が開催され
あちこちからやってほしいと依頼もきて
わずか2年半で塾生は750名にもなり
41回も開催している
好きを仕事にする大人塾=かさこ塾だが
実は1年前の今頃、2015年秋頃、
運営危機ともいうべき状況があった。

かさこ塾は好きを仕事にするための
セルフブランディングとブログ術を教える
全4回の講義なので
講義自体の運営は何の問題もなかった。
講義が人気を呼び、東京だけでなく
地方各地でも開催されるようになっていた。

ただかさこ塾は私の当初の予想と反し
講義が終わった後も
塾生同士の結びつきが強くなり
塾で大きなイベントもするようになった。
講義が終わればそれで終わりなら
運営する危機はなかったのだが
集団で何かする機会が増えてくると
そこはバラバラの個人。
様々な思いが交錯するようになった。

1年前に塾で大きなイベントを
することになっていて
表面上、外から問題には見えなかったが
いろいろゴタゴタがひどかった。
詳細は省くが一言で言うなら意識のズレ。

私や一部の塾生は
内輪の仲良しサークルイベントではなく
多くの塾外の人にも遊びにきてもらえるような
そんなイベントにしたいと思っていた。
しかし運営の中心メンバーの一部は
本人たちの意識にはないかもしれないが
内輪の仲良しイベント的なノリだった。

しかも内輪の内輪。
塾内ですら仲良しの塾生とだけ
優遇、歓迎するけど
後から入ってきた塾生や
地方の塾生を冷遇するような
対応や態度が随所に見られた。

それを象徴的に示すのがブログだ。
運営の中心メンバーも
出展するメンバーも
多くの人がブログの更新をろくにせず
イベント告知もしっかりしていなかった。

えっ?おかしくない?
塾で習ったことを実践する場として
このイベントがあるわけなのだから
何をおいてもまずはブログで発信し
私はこんなことやってます!
今度こんなイベントやります!
とアピールすべきではないかと。

でもきっと彼らの中には
内輪の仲良しイベントでいいや
という意識があったから
ブログもろくに更新しないし
対外にイベントや自分のことを
アピールしなかったのだと思う。

今でも覚えているが
イベント直前になっても
ブログの更新やイベント告知しない
出展者や運営メンバーに
打ち合わせの会議で
「せめて今からでもいいから
ブログを更新してイベント告知や
自分の活動をアピールしていこう」
と言った時のあの寒々とした空気。

えっ何?私が間違ってるの?みたいな。
しーーーーーーーーん。
なにそれみたいな。
えっ?イベントやる気あるの?
イベントで多くの人に来て欲しいって
気持ちはないの?と。

その時、私と同じような
違和感を覚えていた塾生は
「かさこさんが当たり前のことを
言っただけなのに
あの空気おかしいですよね」
と漏らしていた。

でもその時に思ったんだ。
私がめざしていることが
伝わっていない。
私は当然わかるよねって
思っていたけど
それがわかる塾生は一部しかいなくて
あとは仲良し内輪の
傷のなめあいイベントで
いいんだって思っていたのだと。

「かさこ」という名のブランドを借り
「かさこ塾」という名のブランドを借り
集客はかさこさんがやってくれるから
いいだろうって意識でいたんだと。

あー私がきちんと伝えていないから
いけないのだ。
塾後も塾生と仲良くしていることを
勘違いしているけど
そこはちゃんと伝えないといけないのだと。
塾生にどんな風になってほしいのか
どんなコミュニティをめざすのか
きちんと指針となるようなものを
指し示してないからいけないのだと。

そこで生まれた理念が
「一匹狼の集団を作る」というもの。
以前の講義にはこの言葉は
どこにも入っていなかったが
ちょうど1年前の今頃から
かさこ塾の理念として
「一匹狼の集団を作る」という
スライドを加えて伝えるようになった。

するとどうだろう。
今までの塾生とは違い
馴れ合いの塾生は減った。
仲良くはしているけど
それぞれが自立、独立した意識を持ち
過度に塾生や私に依存することなく
まずは自分でやるべきことをするという
意識を持つ人が多くなった。

そのおかげもあって
今年2016年から新たに始めた
「かさこ塾フェスタ」というイベントでは
内輪の馴れ合いイベント感は少なくなり
私がいちいち言わなくても
みな自分のためにブログを更新し
自分のためにイベント告知を
何度も工夫しながらするようになった。

その時、思ったんです。
集団を動かしていくには
理念が必要なんだなって。
たった一言「一匹狼の集団を作る」
という短いフレーズであっても。
この言葉に惹かれて
塾に入ってくる人もいるほどだ。

よそは知らないからわからないけど
コミュニティや集団って
うっかりすると馴れ合いになり
依存しあい、仲良し同士だけでかたまり
傷のなめあいをしてほめ殺ししあう
成長性のない、発展性のない
内輪の集団になってしまいがち。

だからこそそうならないために
理念が必要なんだなと。
もちろん理念を掲げただけでなく
そうした理念を実現できるよう
何よりも「リーダー」が範を示し
そうなるような教えをしていかなくては
ならないとは思うけど。

でもね。
理念を掲げる前と掲げた後で
教えていることが変わったかというと
そうでもない。
でも塾生の意識は大きく変わっった。
だから理念ってとっても大切なんだなと。

コミュニティやサークルを
運営している人は理念を作るとよい。
そうするとバラバラの個人が
1つの方向性に向かって
まとまっていけるようになるから。

この2年半で急成長し
順風満帆にみえるかさこ塾でも
こんなこともあったんです。
1年前、ブログでイベント告知すらしない
出展者や運営メンバーを見て
マジでほんとくだらないから
塾のイベントやめようかとか
塾もやめようかとも思った時期もあった。

でもね、その時に支えてくれた
塾生が何人もいた。
いや、かさこさんは間違っていない。
もっとおもしろい塾に
おもしろいイベントにしましょうよって。
そのために力を貸しますからって。

そんな人たちがいたからこそ
今年、塾外の人にも多く来てもらえる
かさこ塾フェスタを全国5カ所で行ったり
塾も続けているのだと思う。
なぜなら理念を共有してくれる
人たちがいたから。

1年過ぎたからもういいかなと思い
かさこ塾運営での苦い経験を書きました。
隠しておけばいい話なのかもしれないけど
かさこ塾とていろんなことがあり
危機もあったけど
そこを乗り越えたからこそ今がある。
ぜひみなさんの何かの参考になれば。

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・2017/1名古屋かさこ塾
12名申込、残席8名
http://kasakoblog.exblog.jp/24700789/

・2017/1横浜鶴見かさこ塾
7名申込、残席15名
http://kasakoblog.exblog.jp/24878483/

・2017/1札幌かさこ塾
満席、キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24701175/

・2017/1大阪かさこ塾
満席、キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24753352/

・2017/2高崎かさこ塾
12名申込、残席10名
http://kasakoblog.exblog.jp/24838072/

・2017/2山口下関
15名申込、残席7名
http://kasakoblog.exblog.jp/24857135/

・2017/3浜松※10名以上集まれば開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

・かさこ塾とはどんなところかが
よくわかる動画

https://www.youtube.com/watch?v=HMjz4qE5EiI

<生まれ変わったイベント!
かさこ塾フェスタ2016ファイナル>
・11/26(土)名古屋で
かさこ無料セミナー&対談4本
http://kasakoblog.exblog.jp/24846318/

<かさこセミナー>
・11/30(水)山梨甲府で2時間凝縮ブログ術講義
満席、キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24693276/

・12/3(土)鹿児島で2時間凝縮ブログ術講義
https://www.facebook.com/events/1339696916043223/
・12/13(火)北海道釧路で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24750566/

・12/20(火)大阪で
セルフマガジンの作り方講義開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24775538/

・12/21(水)香川丸亀で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24774987/

・2017/1/8(日)福島会津で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24775646/

・2017/1/13(金)長崎で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24779745/

・第3回セルフマガジン大賞開催!
作品募集!12月20日締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24680833/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
顔写真でフェイスブックをアクティブに
使っている方は友達申請していただければ
メッセージなしでも承認します。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-11-13 23:29 | セミナー運営


<< ブログの書き方に正解はない!と...      金沢芸妓&芸妓遊び・お座敷太鼓写真 >>