2016年 12月 09日
お世話になった人でも関係を切ってもいい
過去にどれだけお世話になろうが
一生その人につかえる必要もないし
一生付き合い続ける必要もない。
時には関係を断ち切ってもいい。

今の自分があるのはあの人のおかげ
という人はいるだろう。
あの人のおかげで成功したとか
あの人に大変な時に
めっちゃお世話になったとか。

でもね。
それはその時のこと。
お世話になったからといって
無理にその人の縁を続ける必要はない。

だって人だもん。
時間がたてば環境も状況も変わる。
いろんなことが変わる。
かつての関係がうっとおしいこともある。

でも昔お世話になったから
切ることができない。
いやいや付き合っている。
そんな人、多いのではないか。

そんな無理しなくていいんですよ。
過去は過去。
その時、感謝したらもうそれでいい。
今、この人と合わないなと思ったら
無理に付き合う必要はない。

もしかしたら相手から
「あんなに世話してやったのに」とか
「俺のおかげで今のおまえがあるのに」
といった文句を言われるかもしれない。
でもそんなの関係ない。
今は今で、昔は昔。
いつまでも過去の世話を
盾にするような人なら
関係を断ち切ってもいい。

もし過去にお世話になった人の
呪縛にいつまでも縛られて
苦しい思いをしている人がいるなら
悩まず遠慮なく関係を切ってください。
そこに負い目を感じないでください。
自分は裏切り者などと思わないでください。

いいじゃないですか。
過去、感謝したのだから。
一生、その人の奴隷になる必要なんてない。

大切なのはあなた自身の気持ち。
大切なのはあなた自身の人生。
いくら世話になっても
その人の人生ではなくあなたの人生。

だからいいんです。
離れたければ離れなさい。
関係を切りたければ切りなさい。
自分自身が楽しい人生を送ること。
それが何より大事だから。

だから私も無理はしない。
私もイヤになったら切ります。
でも私を切ってくれてもいい。
それは今のお互いをよりよく生きるために。

さようならは
新たな出会いのはじまりだから。

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

・住所変更した方はお知らせください。
(かさこマガジン送付先変更)
住所変更フォーム

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・2017/1横浜鶴見
http://kasakoblog.exblog.jp/24878483/

・2017/2高崎
http://kasakoblog.exblog.jp/24838072/

・2017/2山口下関
http://kasakoblog.exblog.jp/24857135/

・2017/3浜松
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

<かさこセミナー>
・12/13(火)北海道釧路で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24750566/

・12/20(火)大阪で
セルフマガジンの作り方講義開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24775538/

・12/21(水)香川丸亀で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24774987/

・2017/1/8(日)福島会津で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24775646/

・2017/1/13(金)長崎で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24779745/

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・第3回セルフマガジン大賞開催!
作品募集!12月20日締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24680833/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-12-09 23:52


<< 撮影写真のネット無断使用。5万...      その先の向こうに >>