好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 01月 13日

死にたいなら死ねば。それがかまってちゃんへの最善のアドバイス

世の中には困ったフリして
単にかまってほしいだけの
かまってちゃんがいる。
相談などと称して
悲劇のヒロインを演じて
単に自分に注目してほしい、
かまってほしいという
やっかいな人種だ。

先日あったのは死をほのめかす相談。
もう私はこの世に生きている意味はないので
かさこマガジンはいらないので
配信停止にしてくださいといった内容だ。

「了解しました!」

私の返信は以上。

もうなんていうかありありと
わかっちゃうんですよ。
メール文面から。

死をほのめかすことでかまってほしい。
「えっ死ぬなんてダメだ」
という返信を期待しているのが
わかるから、そんな返信はしない。

「死んだらダメだ」と返信すれば
「いや」「でも」「だって」
と延々とくだらんつぶやきがはじまり
それに付き合わされることになる。

死ぬ気もないのに
かまってほしいがために
死をほのめかし
それを否定してもらうことで
延々、話し相手になってほしいだけだ。
だから付き合わない。
「死にたいなら死ねば。
ただし他人に迷惑かけないように」
私のアドバイスはそれだけだ。

いやでもそれでその人が死んだら
どうするんだ!と言われるかもしれないが
そうなったらそうなったで
それは仕方がないこと。
だって私はその人の親でも子供でも
恋人でもない。
その人がそうしたくって
そうしちゃったなら
それはその人の人生なのだから仕方がない。

つい先日もこんな相談があった。
借金してまでもやりたいことを
したいけどどう思うという相談だ。

これもね、文面からありありと
こう答えてほしいというのが
わかっちゃう。

「そんな借金なんかしてまで
やっちゃダメだ」
でもそんな風に言ったら
「いや」「でも」「だって」
というのが目に見えている。

いやさ、自分で借金しても
やりたいって決まってるんだったら
相談する必要ないでしょ
っていうのが私の答え。

まさかの答えに不服そうだったけど
だって単にかまって欲しいだけでしょ。
否定されたら反論して
その議論を楽しみたいだけ。
そういうかまってちゃんは
私は相手にしないということを
過去の様々なかまってちゃんとの
苦い経験から学んだ。

時々いるんですよ。
そういうかまってちゃんが。
でも相談された相手は
嫌われたくないから
「死んだらダメだ!」とか
「借金なんかしちゃダメだ」とか
いっちゃう。
でもそれは相手の思うツボ。
そういう答えを期待して
かまってほしいだけなんだから。
そして本人の中では
答えはもう決まってるんだ。
だから無駄な時間に
付き合わない方が懸命。

本気で悩んでいる、迷っているなら
真剣に相談にのる。
でもかまってちゃん目的の
相談を私にしても
突き放してはい終了ですから。

「やりたいならやれば。
やりたくないならやめれば。
だって私の人生でもないし
私は何も困りはしない」

いい加減、甘えや依存のごまかしから
脱却してさ
自分の本音に向き合って
自分で自分の人生に責任もてよ。

いつまでもかまってちゃんしてると
どんどん人は離れていくよ。
そしてかまってちゃん相談がきたら
真に受けて真剣に相談にのってはいけない。
悩んでいるわけではなく
かまってほしいだけなのだから。

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

・好きを仕事にする7つの武器を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・2017/1横浜鶴見※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24878483/

・2017/2高崎
http://kasakoblog.exblog.jp/24838072/

・2017/2山口下関
http://kasakoblog.exblog.jp/24857135/

・2017/3浜松
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

・2017/3東京
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<かさこセミナー>
・2017/3/14(火)那須塩原で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-01-13 23:45 | 生き方


<< 札幌すすきのでおすすめランチ。...      大人数の飲み会や交流会を楽しめ... >>