2017年 01月 24日
プレゼンもイベントも音楽ライブも卓球も。やったら終わりではなく反省し課題を明確にせよ
本番まで練習する人は多い。
でも本番が終わると
それで一安心してしまい
反省することを忘れてしまう。

もっと成長したいなら
次はもっとうまくしたいのなら
終わった直後に反省しなくてはならない。

たとえば音楽ライブ。
新年会でギター弾き語りをしたのだが
自分の動画を撮影しておき
何度も何度も見直している。
自分が好きなナルシストだからではない。
次にもっとうまくなるためだ。

なんとなくやった感ではなく
動画で客観視すると
あーここがダメだ、
ここもダメだってことが
明確にわかる。

いやこのままでもいいのかもしれないけど
でももっとよく見せたい
もっとうまくなりたいから
動画をもとに課題を明確にし
次の本番が決まっているわけじゃないけど
終わった翌日から
本番で明らかになった
課題克服のための練習を始めた。

卓球もそう。
打倒かさこと騒がれ
随分と相手が練習し始めた時に
私の課題は明確だったので
その課題を克服するための練習をした。
完全に克服できたわけではないが
その練習をしたおかげで
かさこ塾九州卓球大会で優勝できた。

自分の課題は何かを明確にし
そのための練習をし
次に臨めば間違いなく成長できるが
そうしたことをしない人が意外と多い。

本番に臨む際にも
テーマや課題を決めておくとよい。
たとえば私の場合、
新年会でギター弾き語りをすると決めて
10月ぐらいから練習し始めたんだけど
意外と早く仕上がったから
1月の新年会の前に
11月の名古屋フェスタで
チャレンジすることにした。
場数を踏める経験はそんなにないからだ。

で、そこの本番である程度
できたなという感触があったので
新年会では別の曲をすることに
変更した。
ある程度できる曲を
また新年会でしても意味がない。
もしかしたら単独ライブみたいな
話になった時に
1曲しか歌えないのでは話にならない。
これは絶好のチャンスとばかりに
新たな曲を新年会でやるという
課題設定にした。

単なる飲み会でも交流会でも
何かのイベントでも
事前に自分自身の課題を決めておくとよい。
このイベントではこんなことに
挑戦してみようとか
これをできるようになろうとか。

そして終わったらその課題に対して
自分がどれほどできたのかを
ちゃんと反省した上で
次に備えて新たな課題に取り組む。
その繰り返しをすることで
レベルアップすることができる。

何も考えず
ただ場数だけ踏めばいいとか
ただチャレンジすればいいとか
ただ練習するだけでは
うまくはならない。

課題設定→挑戦→できたところと
できなかったところの振り返り→
新たな課題の設定→挑戦という
サイクルを回していかないと。

どんなことでもそう。
ただ漠然とやるだけじゃなく
戦略的計画的に考え
課題の明確化と反省をすれば
一つ一つの積み重ねが無駄にならず
成長機会に変えることができるだろう。

<かさこマガジン7到着予定>
・21部~400部希望の方
1/24~1/26前後/宅急便

・2部~20部希望の方
1/26~1/29前後/ヤマトDM便

・1部希望の方
1/25~1/27前後/ヤマトDM便

・海外在住の方
2月~3月前後

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・2017/2高崎※満席キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24838072/

・2017/2山口下関
http://kasakoblog.exblog.jp/24857135/

・2017/3浜松
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

・2017/3東京
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<2時間凝縮ブログ術講義>
・2017/2/24(金)熊本
※被災者無料。売上被災地に全額寄付
http://kasakoblog.exblog.jp/25179006/

・2017/3/14(火)那須塩原
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)午後:川越
http://kasakoblog.exblog.jp/25196251/

・2017/4/18(火)夜:沖縄那覇
http://kasakoblog.exblog.jp/25207366/

・2017/5/16(火)午後:松本
・2017/6/7(水)イタリア・フィレンツェ
・2017/6月上旬、フランス・パリ、オランダ・デンバーグで予定

・「好きを仕事にする7つの武器」を
解説した無料冊子「かさこマガジン」
希望の方は下記フォームにご記入ください。
申込フォーム

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-01-24 00:17 | 生き方


<< イタリア・フィレンツェで201...      かさこマガジン7到着予定日について >>