2017年 03月 02日
とてもうれしい誕生日プレゼント「かさこ評」を紹介!2
かさこ評第二弾


塾に入っても、彼の経験と発信力と
その頭の回転の速さゆえ、
私より秀でている部分に関しては
寄りそって教えてはくれるけれど
その時さえ、
「あくまで私の個人的な意見ですが」
「私はこう思いましたが」
「これが正解というわけではないですが」
のような枕詞とともに、
分かりやすいアドバイスをくれて
「○○といったら、答えは一つ!
これしかない。私の話を聞きなさい!」
みたいな態度は一度たりともなかったし

セミナーでかさこさんは
原稿を見ながら話していない。
つまり「自分の言葉」で話している。

スライド資料も一見シンプルですが
非常に作り込まれた内容で、
表示時間やスライドの順番なども
かなり考えられて作っていると
感じました。
でもそれはフィードバックを頼まれて
かなり突っ込みどころを真剣に
探したので、気づいたことであって
たぶん、セミナー中に
「このスライドすごいな」という考えに
及ばないくらい、シンプルなんです。

パワーポイントは色んなことが出来るので
気合いを入れて、凝ったデザインで
かっこいい資料をつくったりしがちですが
それがないのも非常によかったです。

レースアナウンサーと子育て支援基地隊長ワカさん
http://ameblo.jp/w-waka/entry-12251586721.html


かさこ塾に通って得られたこと。
①毎日ブログ更新!
更新を平気で2-3ヶ月
サボる私が毎日ブログ書いてる!

②悔いのない毎日を過ごす!
最後のかさこ塾で大震災の写真と
かさこさんのことば。
「死ぬときに悔いのない人生を
送ったと言えるだろうか?」
そのときハッとした!

③仲間が出来た!
塾生には様々な人が来るので刺激的。
かさこ塾ではみんなで感想を出しあう。
人のために一生懸命考えて答える。
だから付き合いが深くなる。

ベビマリトミック講師、赤ちゃん遊び専門家
岩城ゆかこさん
http://ameblo.jp/baby-scrap/entry-12251861882.html


肩書きについての相談なんて
アドバイスと同時に
私が長い事モヤモヤしていた所に
バッサリと切り込まれていて
問題が可視化され、視界スッキリ!

もうね、これだけでも
かさこ塾行ってよかったよ。
自分の事って本当に分からないんだなと
的確なアドバイスをくれる人って必要だなと
これから塾生同士で
お互いのアドバイスをしあう事になるけど
お互いにフィードバックしあえる
仲間って大事だなと
その他
自分の中で抵抗があって
進めなかった事が
ズバリ勧められていたり
何となくその方がいいかな~と
ぼんやり思っていた事がダメ押しされていたり

ずっと停滞していた流れを動かせるかもしれない。
そんな希望に眠気も吹っ飛んだ。

家族のためのメモリアル写真雑貨アドバイザーべら美さん
http://ameblo.jp/bellacrop/entry-12198774410.html


塾は、4回で5万円。
主婦のあたしには大金でしたが
参加して本当に良かったです(*^^*)

各回で宿題が出ました。
経歴書、ブログ開設、名刺叩き台、
3分プレゼン他にもありましたが…

特に3分プレゼンをしたあとの
皆さんからのフィードバックが
あたしにとって宝物になりました(^^)
なかなか社会に出ると
経験できないことだと思います。

かさこ塾に入る前は、
落ち込みやすく家にこもりがちでした。
塾に入ってから同期や卒業生の方と
Facebookで繋がったり、
会ったりするようになり
刺激を受けたのか
気分が落ち込むことが減りました。
塾に入る前のつまらなかった日々が嘘みたいです。

パネルシアターさわこさん
http://ameblo.jp/to-hu777/entry-12251865441.html


「おしみなく与え、さりげなく回収」
「微笑の裏に言葉のナイフ」
「人の魅力の引き出し屋
愛を探して旅するピンクのスナフキン」

みんなが作った
「かさこさんのキャッチフレーズ」28!
北村朱里さん
http://nib.sagafan.jp/e839941.html


宿題の際に
「私のアドバイスが正しいとは限らない」
と言われましたが、
かさこさんが面白いと言ってくれたから
サビアン鑑定は生まれました。
その意見に
乗ってみようと思わせる冷静な視線は
遠いようでいて、
誰よりも近い他者目線です。
それでもやはり
かさこさんの判断が絶対ではないし
強制もありませんから
本当にやりたくなければ
やらなければ良いのです。
時には、
かさこさんのタイムラインで
他の人に意見を投げかけて
納得できるよう仕向けてくれたり
本気の人には本気で返してくれる人です

ルノルマンの天使 eri☆の戯言。
http://ameblo.jp/rubandespoissons/entry-12251581675.html


セルフマガジンの作り方講義評
ものすごくわかりやすい説明で、
新人に戻って上司にアドバイスを受けているような感覚。
これ見て、この通りにやってみたら、
デザイナーでなくても1冊作れます。
デザイナー以外でも、実際に作った方は大勢いらっしゃいます。
うさくま堂 竹村由佳さん
http://usakuma-do.jp/%E3%81%8B%E3%81%95%E3%81%93%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8C%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3/


私にとってこの塾長氏は、
自分の好きなことをやっててもいいんだ
ということを体を張っ
て見せてくれる人である。

オモシロ消防訓練屋 よっしー
http://mazu-jibu.com/post-3358/


「好きを仕事」にする
やり方を教えている
かさこ塾長のセルフマガジン
ご縁あって わたくしも
配布させていただいております
なぜなら
1 かさこ塾長のファンだから応援
2 必ず発信力を高めたいお客さまの役に立つ
3 内容が素晴らしいので
間違いなく感謝される

松井 創さん
http://ameblo.jp/egaosouzou/entry-12246030128.html



最初の印象は
「なに、この言葉使いの 悪い人?」
でも、記事のシェア件数は激しく多いし
コメントで、楽しく絡んでいる人もいる
コメントで絡む人を観察してみると
業種もバラバラ、年齢・性別もバラバラ
共通点が全くもって見当たらない

その時点で、とっても興味が湧きました
今まで こういった人
会った事がないのです

セルフマガジンなるものに衝撃を受けました
自分はデザイナーとして
長く広告業界で仕事をしてましたから
会社案内などは、作った事がありましたけど
個人事業主が ブランドブック的な物
を作るってのは、初めて聞いたんですよ

販促工房代表ささ坊さん
http://blog.livedoor.jp/hansoku_koubou-sp/archives/18595217.html


自分の「やりたい」をやるために
必死で活動する人には、
ビックリするぐらい丁寧に、
親身になって相談に乗ってくれる。

マエこはるさん
http://ameblo.jp/koharu-no-gohan/entry-12251933943.html


誰かに勧められたわけでもないし
あの頃は手放しに勧めてる人もいなかった。
それでも私が決めたのは
かさこさんのぶれない姿勢
奢ることもないし
拗ねることもない
どこまでもフラット
寄り添うこともない。

筆もじスト➕親そだち
子そだちナビゲーター かおりん
http://hudemojist.hatenablog.com/entry/2017/02/27/232208


かさこ塾自体は好きを仕事にするとか
趣味でも仕事以外の活動でもなんでもいいけど、
自らが何をやりたくてどういう人で
ってことを発信する方法を教えてくれる。
とてもわかりやすく
一段一段階段を確実に登っていく感じ。
塾自体は淡々とシンプルに進んでいく。

佐藤百世さん
http://kurashidesign.com/?p=2258


月間約35万PVを誇るブロガーでもあるが、
広告収入やアフィリエイトには頼っていないそう。
また、好きを仕事にする大人塾
=かさこ塾を開催しているそうだ。
かさこさんのブログは、
より良く生きていくためのアイデアや解決方法の宝庫!

Charlotteさん
http://ameblo.jp/charlotte-kyoto/entry-12189074925.html


やっぱりいいと思った人には
直接会いに行かないとあきませんね。
SNSの普及で、遠い人とも繋がって
知らない人とも繋がって
しょっちゅう絡んだりしてても、
やはりネット上と実際に会うのとでは
その人の印象、
その人と与え合う影響、
その人見た衝撃。
その他もろもろ
全然違う。

私はやはり生身のその人に会いたい。

mikiさん
http://ameblo.jp/stability-yoga/entry-12251915362.html


かさこ さんって、
ホリエモンでもキンコン西野でも
ないところが好きだな

もりもと なおみさん
http://ameblo.jp/trico69/entry-12241957455.html


毎度リアルなノウハウを
いっぱい教えてもらって、毎週宿題が出て
でも実は難しいことは何も言ってなくて
一つずつ、とりあえず
今の自分にできる精一杯で向かっていた
宿題がひとつ出来上がるごとに
かさこさんのフィードバック

気が付くとその一つ一つが
パズルのピースでね
最終日のプレゼンでパチパチっとはまって、
当初自分で思っていなかった
未来の自分がイメージできる
パズルが完成していた!
私にとって、かさこ塾は
そういう場所でした

何より価値があると思ったのは、
かさこさんのフィードバッグ
宿題をメールに添付して送ると
すぐさまレスポンスがあって
経歴書送ったとき
「え?そんなこと私ひと言もいってないのに、
なんでそこまでわかっちゃうの?」と
ちょっと怖くなる場面もあった

キモノいろどるクリエイターマカナさん
http://ameblo.jp/suzume-trunk/entry-12251875173.html


かさこさんのブログを何度か拝見し、
抱いてイメージは・・・
竹刀を握りしめ、ティアドロップの
グラサンを掛け、パンチパーマで煙草臭く
どろりと濁った目で、罵詈雑言を
怒鳴り散らす鬼軍曹ないし生活指導の高校教諭
といった、恐怖の気分悪いおっさん(笑)。
戦々恐々として会場に向かう。

しかし、ご本人にお会いして驚いたのは、
物腰が柔らかく、声がソフトで、
親身になって話を聞いてくれる
やさしいお兄さん
こんなイメージに大変化。
ギャップに驚いた!
こりゃさぞモテるだろう。
不安は瞬殺でした。

ひじき石塚さん
http://ameblo.jp/hijiki-ishituka/entry-12179753060.html


皆さんは、一回4000円の講座を
無料で公開することができますか!?
できる!!
という人はきっとこの人くらいでしょう。

美魔女育成&食育コーディネーター&DV被害保護サポーター和加奈さん
http://ameblo.jp/veggy-369/entry-12251906423.html


「サラッとプレッシャーかけるんですよ。
「宿題してこなくてもいい」って。
絶対してこいって言われるより、
天邪鬼の私はこの方がプレッシャー(笑)

稲葉由梨 さん
http://ameblo.jp/singlefriends/entry-12251942235.html


かさこさんは全国に何百人もの塾生さんがいて、
卒業後もフォローしてくれるんですが、
驚いたのがとにかく
相談に対する対応が早くて的確。
宿題を添削してもらいながら
どうにかこなしているうちに、
いつの間にかセルフブランディングが
できちゃってる…という感じ。

そもそもこんなに
フォローしてくれる講師いるのかな。
もちろんどなたにも平等に接していると思います。
そう、本当にすべてにフラット。

日韓ナビゲーター・ブライダルMC・ウッドバーニング作家 オ・ミョンミさん
http://sorinamu.net/%E3%81%8B%E3%81%95%E3%81%93%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8A%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%81%8A%E3%82%81%E3%81%A7%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%94%E3%81%96%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E2%99%A1/


前のめりで自主的に参加すれば、
得られるものは大きくなりますが、
誰かにやってもらおう、
すべて教えてもらおう、
という意識では得られるものは少ないです。
教育で大事なことは、教えないこと。
かさこさんはそれを分かっているはずです。

公認会計士・尾崎智史さん
http://zakki-ni.com/2017/02/28/mg-kasakojuku/


かさこさん、
今のような
世を揺るがす程の
有名ブロガーになるまでは、
切磋琢磨の連鎖があって、

本人曰く、
ブログを始めた18年前当初は
クソみたいな記事を
書いていたと
青い太陽 358さん
http://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12251989094.html


私のかさこ塾へ入りたい!
って思いはこの「かさこ塾生」との繋がり。
かさこコミュニティがものすごく魅力的だった。
何せ集まってくる人たちが
「好きを仕事に」のキーワードに
引っかかった人たち。
起業家さんはもちろん、
仕事でなくても「自分の好き」を
楽しんでいる人たちばかりで
本当に眩しかったのだ。
私もあの人たちと仲良くなりたい。
ああいう風になりたい。

通常セミナーに行く時の基準って
「その講師の先生に会いたい」
「その先生から学びたい」が基本だと思う。
かさこさんの魅力はもちろんだけど、
本当にかさこ塾生の個性的な面々は
最大の魅力なのではないかと思う。

いけけいさん
http://ameblo.jp/ikekeilove/entry-12252002419.html


私は他の受講生ほど日常的に
かさこさんと会ったり、相談したり、
卓球したり(笑)している訳ではありません。
しかし、「かさこ塾」があったおかげで、
一歩を踏み出せた自分がいるのは間違いありません。
そして、他の塾生のFacebookや
ブログの投稿を見て日々刺激を受けています。

魚食×氣功師 のぐちさん
http://kikoublog.exblog.jp/25466095/


以前に既に塾生だった方から
「かさこ塾」に行くと一気に世界が
拡がりますよって聞いてました

本当にその通り
志の高い仲間が集まるから

ソウルメッセンジャーKanakoさん
http://ameblo.jp/innerpeace7/entry-12251941786.html


初めは「は?何この人ハッ」から、
なぜかブログを読んでしまう。
そしていつの間にか毎日ブログを読み、
挙げ句にお友達申請して
承認していただいて「ヨッシャー!」(笑)
今ではすっかりハマっていて、
毒舌ブログ読んでは自分に
あてはまってドキっとしたり
他人事のときはスカッとしたり。
なんでスカッとするのかな~?

rinpa-care-cielさん
http://ameblo.jp/rinpa-care-ciel/entry-12251963917.html


早速Facebookやブログを
見させていただいたら、、
毒舌ーーー(⊙︎ロ⊙︎)!
はんぱないです!
でも言ってることは
超ど正論!
こういう方私は大好きです♡
あざみん
http://ameblo.jp/moneylove14/entry-12252105713.html


実は僕にはかさこさんに
負けない絶対の読みと自信がありました。
何故かというと、かさこさんは
球を打つ時に左手もつられて、
派手に一緒に動いてしまうから。
これで楽勝であると確信しました。

しかし、かさこさんは
クールな落ち着き、的確な返し、
攻める時は攻める。
僕が1点取るとその後
かさこさんが2点とり。
僕の額には、嫌な汗が。
焦り始め、今までの落ち着きを無くす僕。
かさこさんはメリハリのある
ゲーム運びをし、付け入る隙がありませんでした。
結果、
「参りました・・。」

中村誠さん
http://blog.livedoor.jp/nakajimu77/archives/1064631574.html


『かさこ塾』で
私ができるようになったこと!
1:名刺が整いました。
2:16年間やめていたブログを
発信するようになりました。
3:ゆかいな仲間が増えました。

人とペットのリンパケアセラピスト
大槻 哲子さん
http://ameblo.jp/hikarun494/entry-12251883249.html


そんなかさこさんと話すときに
気をつけた方がいい事が1つあります。
それは
雑談でも常に根拠を明示して話をすること
です。

わたしは元々、突き詰めて
調べたり考えたりするのが極度に苦手。
さらにワイドショーなどの話を
鵜呑みにしてしまう傾向があります
(自分で真偽を確かめない)。

そういったまま、自分の中にある情報を
なんの疑いもせずに他人に話をしていたんです。
ただ友だちと楽しくおしゃべりするだけなら
あまり問題ないのかもしれません。

でも、1つ間違えれば間違った情報を
人に与えてしまう危険性があるということを
この歳になって痛感しました。

かさこさんは、常に
『この人の言っていることは本当なのか?』
というセンサーを作動させています
(わたしにはそう感じた)。

麻和(あさわ)
http://ameblo.jp/nagomian-asawa/entry-12252137142.html


正直に言ってしまうと、
女として、子どもを産んで
子育てをしている今
もうこれから先は枯れていくだけだと
思っていた節もあった。

でも、目の前に居るピンクの人(かさこさん)は
ある日突然歩けなくなったという人は
13年でこうなったのだ。

椎葉愛さん
http://ameblo.jp/mainichi-hiyori/entry-12252160863.html


宿題だー!と熱くなって提出しても
すぐに指摘ポイントが返信されてくる。
少ない言葉で
矛盾点など指摘が入り
「思っている事と
やっている事が全然違う」と気づく。
おかげでだんだん絞り込まれる、
上手く出来たカリキュラム。

yukari
http://ameblo.jp/to10rii-gateway/entry-12252147881.html


かさこさんのイメージは
Facebookでは『バカ』だの『アホ』だの
叫んでる印象ありますよね?(←ご本人曰く)
でも、私はそんな投稿も納得できたり
笑えることが多かったんですよね。
なので恐いなどという
悪いイメージは全然なく、
淡々とした口調で、
内に熱いものを秘めた方なのかな?と
感じていました。

実際にお会いした印象は・・・
想像していた感じとほぼ一緒でした。

Kicoさん
http://kumamotodemimitubo.exblog.jp/23888000/


かさこさんの愛読書『嫌われる勇気』と
『エッセンシャル思考』、
『嫌われる勇気』はもともとの愛読書だけれど、
『エッセンシャル思考』は
かさこさんのおススメで読んで、
どちらも私の思考を大きく変え、
生きやすくしてくれた良書だった。
他人と自分の線引きを考えたり、
自分にとって本当に必要なことを
考えたりすることの大切さを教えてくれる。

おうち英語ナビゲーター ディーナ新美
http://ameblo.jp/global-labo/entry-12251851560.html


かさこ氏を見ていると、
こんな風に生きてもいいんだ~!!と思えて、
自分の視野が一気に広がるように思う。

周りが、既に仕事で活躍している
人ばかりだからと言って、焦ることはない。
新しい世界の人たちと触れ合ってみたい、
人生をより楽しみたい、
自分を表現してみたい、
どんな思いでもいい。
今いる場所から、
1歩踏み出してみたい方にはとてもお勧めの場所。

たかこさん
http://ameblo.jp/orangeapple5151/entry-12252038191.html


本当に影響力のある人は、
人の言葉ではなく人の行動を変える。

かさこさんは影響力の強い人だ。
それはかさこさんが
常に実践し続けているから。
村川久夢さん
http://ameblo.jp/happyend0108/entry-12252071739.html



かさこ塾がフラットなのは、
塾長自ら、自分も昔はひどかった。
ということをちゃんと
認めているからじゃないかと思う。
謙遜のように言ってもないし、
隠してもいない。

大抵のリーダーは隠したがるし、
オープンなようでいて、そうじゃない。
どこか特別感を出したがる。

臨床心理士 新谷真弓さん
http://heartful.eshizuoka.jp/e1728435.html


かさこ塾で得たことをジワジワと実感してる
『自分を知ること』
自己を客観視することで、
本当の自分を認めて
誰にでもわかるように
表現していくことを学んだ

もちろん、具体的な発信の
ノウハウやアドバイスも
出した宿題やプレゼンへの
的確な評価もあるんだけど

アタシはこの一カ月で迷っていた自分の方向性を
固めることが出来た

ロハスなイベントプランナーみか
http://bikkemika.exblog.jp/27601212/


値段といい、再受講可といい、
講座業界では珍しいと思います。
かさこさんの考えが
現れている形式だと思います。
何が知れるの?
これはね。ほんと、すごい。
「自分です」

ユリさん
http://ameblo.jp/seayurikon/entry-12252268410.html


かさこさんのメールでの添削は
コメントが簡潔で淡々としてて
え?これだけ?って最初思いますが、
でも、そのことで自分の書いたものを
客観的に観れるようになるんですね。

古武術好きなレイキマスター&耳セラピスト
なかのよしこさん
http://ameblo.jp/soranotookuni/entry-12252243692.html



卒業して月日が経った
今だからこそわかる、
かさこさんの凄さがある。

ご本人は自覚はないと思うが
ある意味、予言していた
ともとれることが多いのだ。

かさこ塾では
「好き」なことに
気づくだけでなく、
「好き」だと自分に
言い聞かせているだけで
本当は好きでないことを
気づかせる塾でもあると
今になって思う。

アニータ江口さん
http://aiegc.hatenablog.com/entry/2017/03/01/020505


この講義で、自分の本当に
やりたいことが見つかりましたぁ〜
と、言っている生徒さんを
かさこさんのブログの映像で見て、
正直「ほんとかぁ?」と思っていました。
………本当でした(笑)
くやしいけど、本当でした(笑)

イラストレーター・シマノアヤコさん
http://ameblo.jp/illshimano/entry-12252192608.html


かさこさんのブログや
セルフマガジンを読むと
続けていくことに勇気をもらえる。
続けた時間は揺るがない。
逆に続ければ絶対に追い越せない城壁が作れる。
ってことを伝えてくれている。

川島正好さん
http://blog.kawa4ma.asia/entry/2017/02/28/000000



で、終わった後話すとき色々見たんですよ。
人間観察が職業病みたいになってるところもあるので。
財布➡2つ折りの黒財布
(どうも有名ブランドのロゴとかは見受けられなかった)
これを見て、この人は自分を着飾ることで
自分を優位に見せようとすることをしない人
なんだなと感じました。なんとなく。
今長未央さん
http://ameblo.jp/radiantclothes/entry-12252033428.html



私が考えるかさこさん
「ラクしたい」と思わない人。
喰らいついてアドバイスを請う人には
何度でも真摯な気持ちで
向き合ってくれる稀有な人物。
天野光さん
http://ameblo.jp/koten-geinou-guide/entry-12251867344.html


私がかさこさんの
いちばん好きなところは、
かさこさんが、
かさこ塾に執着されてないところです。
いつでも、やーめたっておっしゃりそうですよね。
メイクもできるタロット占い師 菊地さちよさん
http://sorahoshi.hatenablog.com/entry/2017/02/28/171914

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-03-02 00:01 | セルフブランディング


<< とてもうれしい誕生日プレゼント...      こんな投稿したら嫌われるかもと... >>