2017年 04月 26日
「あの人、私のお客さんだから」ってお客さんはあなたの独占支配物じゃない
「あの人、私のお客さんだから」
という言葉を時々聞く。
私のお客さんを奪うな
といいたいみたいに。
私のお客さんを紹介してやった
といいたいみたいに。
もともと私が先に手をつけたんだから
勝手に連絡するなよといいたいみたいに。

なんかその度に違和感を覚える。
まるでそのお客さんを
支配しているみたいじゃないか。
そのお客さんはすべてあなたが
面倒見ているならともかく
そのお客さんは日常生活で
いろんなサービスを利用している中
ごく一部の部分をあなたにお願いし
お客さんになったにすぎない。

そもそもそのお客さんが
あなたのお客さんであり続けるか
わからないわけだし
そのお客さんだって
いろんな人のサービスを利用したり
商品を購入するわけだから
いろんな人のお客さんなわけです。

にもかかわらず
「私のお客さん」といってしまう独占欲。
もちろん紹介してくれた人に
感謝をすることは大事だと思うけど
「私のお客さんだから
すべて私を通せ」とか
「私のお客さんだから
そのお客さんにサービスを提供するな」とか
「私のお客さんだから
私に感謝しなさい」とかって
ものすごく違和感を覚えるわけです。

人と人との関係はフラットで
誰がどこでつながろうが
誰かがそこに口を差し挟む問題ではない。
もちろん「筋」や「仁義」も大切だけど
誰かがお客さんを独占できる
権利などあるわけはないし
お客さんだっていろんなサービスを
利用したいわけだし
お客さんだって
いいサービスがあれば
乗り換えることだって
当たり前のようにあるわけだ。

それを先に手をつけた
という理由だけで
お客さんを自分のものと
思ってしまう横暴さ。

「あの人、私のお客さん」。
それはそれで事実だから
そこまでならいいと思うけど
「あの人、私のお客さんだから」
といわれると
あんたのものじゃねーよばーか
と思われるから
そんな風に言うのは
やめた方がいいですよ。

自分のサービスや商品に
自信がない人だと思われちゃいますよ。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon



by kasakoblog | 2017-04-26 08:42 | 働き方


<< 屋久島名物!トビウオの唐揚げ写真      汁にせんべいを入れちゃうなんて... >>