2017年 05月 13日
かさこ塾1000人突破記念の かさこ塾受講生の感想ブログ記事一覧2
2017年5月にかさこ塾生が
1000人を突破したのを記念し
かさこ塾についての感想を
書いてくれた塾生のブログ記事一覧2です。

■かさこブログを読むようになって感じていたこと。
めちゃくちゃ言葉汚いし口悪いし
コメント欄は「激しく同意します!」とか
「私の代わりに発言してくださりありがとうございます」とか
なんか新興宗教にしか見えなくなってww

もうね、一時期かさこブログ読まなくなってたww
でもね、よくよく考えてみると、
正しいこと言ってるよね!とかそういうのは当たり前として
それぐらい「本気」で罵声浴びせるくらいに
声上げないと響かないんだよ届かないんだよバーカ!
という感じに聴こえてきた。

自分のモヤモヤがピークになった
今年の1月「かさこ塾東京49期」に申し込んでいた
とにかくワクワク感が大事です!
どうぞよろしくお願いいたします!
かさこ

ハッとした!
ハッとした!
2回書いたぞww

もう何年もワクワクして
いなかったんだオレって!
証券税制に詳しいFP税理士
&株式投資家・双子のパパ稲垣宏隆
http://www.nanarui.com/archives/5211


参加してみてとにかく驚いたのが、
宿題に対する回答が早くて丁寧なことです。
以前通っていたマーケティングセミナーも
添削がありましたが、
間違いなく講師ではなく
他のスタッフの手によるものです。
ところが「かさこ塾」では、
塾長自らたくさんの塾生の宿題を
ひとつひとつ丁寧に添削してくれるのです。

セルフブランディングの講義自体も、
かさこ塾長の経験からの話なので、
分かりやすいし有益なものでしたが、
私が学んだことはそれだけではありません。
相手の本気を引き出すには、
まず自分が本気で相手と向き合うこと。
偏見や先入観を持たずに、
フラットな目で相手と向き合うこと。
そして、いろんな人との
出会いをおもしろがること。
「こうあるべき」が少し強い私には、
かさこさんの不思議な
くせのなさがとても新鮮でした。

バイク大好き個人事業主のための
確定申告税理士・山口晶子さん
http://www.zeirishitamoto.com/%E5%A1%BE%E7%94%9F%E3%81%8C1000%E4%BA%BA%E7%AA%81%E7%A0%B4%E3%80%81%E3%81%8B%E3%81%95%E3%81%93%E5%A1%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A0%EF%BC%9F/


かさこ塾に通うとブログが続く理由は、
自由に書いていいから。

実はかさこ塾に通う前に、
他のブログ講座に通っていました。
そこでは、悪い言葉を書いてはいけない、
否定的な言葉を使ってはいけないと
教わっていました。

かさこ塾では、ああ書けこう書けと言われない。
(もちろん戦略も必要なんだけど)
目からウロコ。
自分が解放された気持ちになりました。
ブログって、自由に書いていいんだ〜!
うひゃ〜!

メイクもできるタロット占い師 菊地さちよ
http://sorahoshi.hatenablog.com/entry/2017/05/20/214711


地方にいても
子どもがいても
年齢、性別、居住地、職種、業種を超えて
いろんな人と繋がるチャンスがある。
これってすごいことなんです!

かさこ塾に入ることで
近くの人たちと繋がった。
ママ友でもなく
職場の人でもなく
しがらみのない仲間が
近くにいることの、心強さ。
本当にありがたいです。
鳩さん
http://hatosan8103.hatenablog.com/entry/2017/05/10/150000


かさこ塾ですが、何がよいかというと、
いろいろありますが、
①付かず離れずな適度な距離感。
去る者は追わず、来るものは拒まず、なので、
関わり方は自主性に任され、
どう関わるかを自分で選べるところです。
求めよ、さらば与えられる、なのです。
ATELIER usako
http://blog.livedoor.jp/atelier_usako/archives/5382091.html


ブランディングを見直すのに
非常に良いきっかけ&実践となりました。
最も良かったのは、かさこさんの添削。
まず、添削が早い。
宿題を出したと思ったら、
翌日には添削されてくるのはスゴイ。

さらに作った肩書やプロフィールに
「良い悪い」をつけるだけでなく、
具体的に「こんなのどうか?」
という例までつけてくれますので、
すごく参考になります。

「ある程度やりたいことが決まっていて
これから本格的に仕事にしたい方」
「起業したもののブランディングが
いまいち出来ていない方」
「ブログやSNSをもっと
うまく活用したい方」などにおススメ。

心理カウンセラー佐藤愛彦
http://sk-mori.org/sonota/kasakosapporo3.html


結婚に煮え切らない彼に
泣く泣く見切りをつけて。
婚活をしてみるものの
うまくいかず。
そんなときにかさこ塾で培った
アレやコレを駆使して
全国レベルで婚活アピール。

そこまでして
やっと一人だけ
口説いてきた男性がおられまして。
なんと同じかさこ塾の塾生。

なんだかんだとあったけれども
トントン拍子で事は進み
その彼は今結婚を前提に
同棲する大切なパートナー。

誰と付き合っても
うまくいかない人は
次から次へと新しい誰かを探すけど
誰と出会ってもうまくいかない。
それは相手じゃなくて自分の問題だから。
自分の改革が必要。

アロマセラピスト ちひろ の思ったことを書くブログ
http://blog.livedoor.jp/sarangoo/archives/21501996.html


フラットであるとか
ユルいコミュニティとか
色々かさこ塾を表現する言葉はあるけれど
私が一番近いと思うのは学校。
それも教師がいない学校。

なんかねえ、かさこ塾って
皆好きな事を好きなようにやってて。
そんで面白いことをそれぞれやってて。
オモロそうな企画には
参加したい人だけ集まって。

全く何も強制されたりせえへんのよね。
そのユルイ感じが、私にはたまらなく楽なのだ。

かさこ塾に期待してはいけない
そんな部分もある。
かさこさんが何か変えてくれるかも~
参加するだけで、売上上がるかも~
そんな他力本願系の人には
全くもって期待はずれになるだろう。
だってかさこ塾で大切なのは
自主性とやる気。
本気でやってみよう!
そう思う人には合うと思う。

薔薇の魔法師・ サイキックミディアム
奄海るか
http://blog.enjyudou.com/archives/30697


学校とか職場以外に出逢いは無くて
同じ業界でちょっと知り合いが出来る程度の
やっぱり小さな社会で生きて来た

結婚して子供が生まれて
ママ友とか、近所の人との付き合いが出来たり
SNSが普及して、色んな人と
簡単に知り合えるようになったけど
それでも繋がるのはやっぱり
同世代のママばっかりで
一歩飛び出して
好きな事を仕事にしてる人達と
繋がりたいなと思った

かさこさんは全然偉そうじゃなくて
塾生は普通にかさこさんと喋ってて
でもちゃんと締めるとこ締めてて
でも締め付けたりせず自由に泳がせて
みんなが集まる場所を作ってくれて
でも目立たず、どちらかといえば裏方で
塾長曰く透明人間
集まった人達が勝手に繋がる
こんなコミュニティを作れる人に
私もなりたい

小さなお店のイベント企画屋【さくらの木】
宮本さくら
http://ameblo.jp/sakulux1027/entry-12273831300.html


頑なな塾生に他者目線を教えてるでござる(笑)
「あやこ先生」誕生秘話

「かさこさんは「あやこ先生」
どうですか?って。
私は理由をいろいろ並べて
かたくなに抵抗、を何度も繰り返しで笑。
でも、かさこさんは決して強制はしないんです。

その後<あやこまごころ診療所>の
ファミリーミーティグの際に、
ファミリー達に聞いてみたんです。
私の揺れる心を打ち明けてみました。

したら、みんなが異口同音
すごくいいー!!!
あやこ先生ってめちゃ良いです!!!
って。そして次々に

女医さんっていうのがすぐわかる
ひらがなだと読み方に
間違えないし、子供も読める
優しい感じがする
親しみやすい

私も実はそう呼びたかったーーー!
私も!
私も!
あやこ先生ーー!!

びっくりしました。
今までの固定概念ってなんだったんでしょう。
他者目線って大事ですね。

≪あやこ まごころ診療所≫所長
3児のママ女医あやこ先生
http://ameblo.jp/ayako-harada/entry-12274411591.html


<かさこ塾の3つのポイント>
第一に、ブログ含めSNSのこと、
名刺のこと、セルフマガジンのこと、、
「自分をどうしってもらうか、つたえるか」
の具体的な方法を学べる塾。

第二に、第一の内容を活用するために
「まずは、どうしたいの?
どうありたいの? なにしたいの?」が、
宿題や受講したときの関わりから
あぶりだされる仕組みがある。
「教えてもらう」というより「気づかされる」
だから、動けるんですね。大変の方は。

第三に、塾長が本当に
「好きを仕事にしている」ことを
体現している。
口だけの先生はいっぱいいるかもしれない。
方法理論を学べる本や
ネット情報はあふれている。

でも、目の前で地道に会場準備したり、
カメラ調整したり、
丁重にマガジンをわたしたり、
名刺をわたしたり、、、
ブログはほぼ毎日17年?
18年?継続してアップされている。

実践を伴い、ご本人がトライ&エラーを
ガチで体現してくれるから、
塾生は「自分もやってみよう」になるのだと思う。


横浜わくわくラジオパーソナリティー
PAL
http://ameblo.jp/wakuwakuyamai/entry-12274496010.html


2016年9月にかさこ塾を卒業してから
約半年ほどの短期間で
私が今までやりたかったことが
一気に叶えられてしまった!

伝えたいことがある人
活動の場を広げたい人
仲間がほしい人
人前でセミナーをやってみたい人には
もってこいの場所

性被害女性の駆け込み寺カウンセラーゆりりん
http://ameblo.jp/aihime150/entry-12274306881.html


ブログを見る限り怖いよね。
毒吐きすぎだしガラスのハートな私は
顔見ただけでしっぽ巻いて
逃げちゃうかもとおもったよね。

でも、実際会ってみたら全然でした。
腰が低くてセミナーの準備も全部する。
静かにテーブルの角度を合わせる姿を見て、
誠意のある丁寧な人なんだろうな。
と思ったのが実は第一印象。

その後、名刺交換をしてくれたんだけど、
それもまた事務的すぎず
フレンドリーすぎず
なんとも説明難しいけど
「一歩寄ってきてもいいし
そのままでもいいし
あなたの距離感にあわせますよー」
という句読点を入れてくれてる感じ(笑)

子育て&障がい者応援チョークアーティスト麗華
http://blog.livedoor.jp/chalkart_sapporo/archives/1890755.html


かさこさんの魅力は、沢山ありますが、
「傾聴」と「肯定」
これは本当に相談する側にとって
勇気をもらえるんです。
ブログでは辛口のかさこさんですが、
実際お逢いすると仏のようですよ〜笑
最初は、このギャップに戸惑いますが、
それもかさこさんの
セルフブランディングの作戦??
かは分かりませんが。

絵日記作家&DIY職人&筋膜調整セラピスト
ゆう子
http://ameblo.jp/tarezou-momodon/entry-12274246504.html


『仲間』って、普通は既存の仲間に入るのに
ハードル高いけど、かさこ塾はハードルが低い。
むしろ、ない。
なんかわかんないけど、
受け入れてもらえるっていう

かさこ塾に入る前は、
『人生楽しむ』
って発想がなかったような。
仕事は我慢するものだし、
人付き合いは我慢するものだったし、
誰かに認められる、
とかそんなのあるわけなかったし、
人の役に立つことが、
とかそんなのもなかったなぁ。

スリングアドバイザー てるいなおこ
https://teruinaoko.com/2017/05/11/%E4%BA%BA%E8%A6%8B%E7%9F%A5%E3%82%8A%E3%81%A7%E4%BA%BA%E4%BB%98%E3%81%8D%E5%90%88%E3%81%84%E3%82%82%E5%AB%8C%E3%81%84%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%A7%81%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%8B/


自分という人間を等身大で
見てくれたかさこさんの一言で、
自分がすごく軽くなったのだ。

「無理して起業する必要は
ないんじゃないですか?
旦那さんの稼ぎがあるんだったら
無理しなくてもいいんじゃないですか?」

なんかよくわからないけど、
その時、すごく納得した。
スッキリしたというか。
爽快感すらあった。

子育て応援コーチやまぐちようこ
http://ameblo.jp/yokoyamaguchi4/entry-12273806774.html


私は全国のシニアの仲間たちに言いたい!
同世代とばかりつるんでないで、
たまには若い人と楽しもうよ!
かさこ塾で知り合った仲間は
平場で対等に付き合えるので、
年齢や経歴は関係ない。

若い人たちの集まりだと、
私のようなシニア世代は浮いてしまいがちだけど、
かさこ塾では仲間の一人として
一緒に楽しむことができる。
みんなみんな優しかった!

日本語教師&児童文学作家・ゆうきえみ
http://blog.goo.ne.jp/neko-pin/e/717934146a0c085831ce256890918a32


異業種交流会で消耗しているあなたにかさこ塾を勧める5つの理由
①多彩な人達が集結している
②卒業後の交流が楽しい
③強制が一切なくゆるい
④仕事の依頼が入るかも知れない
⑤日本全国はおろか世界の塾生と繋がれる
フリースタイルフットボーラー
&トリリンガルカメラマンmasato
http://masafreestyle.hatenablog.com/entry/2017/05/12/213828


金額が安いことも去ることながら
やっぱりね楽しそうっていうのが1番じゃないかな
そしてかさこさんが塾長らしくないっていうね
ブランディングを教えてるけど
取り繕ったところはなく
ブログはブラック極まりない
その等身大と塾生の自由な楽しそうな姿が
きどってない
嘘っぽくない
無理にキラキラしていない

女性専門発達障害カウンセラー幸根(たかね)
http://ameblo.jp/siratutakane/entry-12273883439.html


塾長のかさこさんは
普通の人に見えるけど
普通の人ではない
サイボーグ説もある人
今でも自分の自信がない言葉を
ひとつひとつ聞いて
全てを肯定してくれた日のことを
忘れることは出来ません

言の葉エッセイスト空野真生
http://ameblo.jp/mai2016-hanakotonoha/entry-12273478069.html


海外に在住して1000人以上の日本人と知り合う方法
それは、かさこ塾に入る事です。
しかも1000人と言っても、
「好きを仕事にしたい」
「自分を変えたい」
「楽しく生きたい」
と意志を持った面白い人ばっかりの1000人です。
年齢層も15歳~72歳、
サラリーマンや主婦から、社長から魔法使いまで
なんか訳分からんコミュニティです(笑)

海外にいると、日本で新しい人と
知り合う可能性なんて、ほぼ皆無。
自分から行動を起こさない限りは、
家族と移住前までの友人しかいないです。
それが、年に1回の帰省に、
「同期会やろー!」と
すでに企画してくれている
愛おしい同期たち、
「デートしよう」「おうちに来て♥」
と待っていてくれる人が
家族と移住前までの友人以外で
何人もできるとは、誰が想像しただろうか!?

イタリア・トスカーナ専門コーディネイター
くみこ
http://toscanajiyujizai.blog.jp/archives/70553865.html


かさこさんとの宿題添削メールのやりとり
(←ありがたいことに何度も何度でも
添削結果の返信をくださるのです!)の中、
ようやくのことで、かさこさんの言っている
「他者目線」と私が怖がっていた
「他者評価」とは別物であることが
分かってきました。
この気づきだけでも、
かさこ塾で学んだ甲斐があるってもんです(笑)!

手帳スケジューリングアドバイザー
山口尚子
http://ameblo.jp/naota289/entry-12274364429.html


かさこ塾に入ったのは自分を
ブランディングする能力が全然ダメだったんです。
営業に行っても、全く仕事取れず
ネットからも、仕事がくることはなく
売り込みの仕方が全く分かりませんでした。

そこで、かさこさんから肩書きや自己紹介文や
プロフィール写真やセルフマガジンや名刺の
アドバイスや添削など丁寧にいただけます。
そこ、かなり大きいです。
動物イラストレーター&絵本作家
さささとこ
http://ameblo.jp/sasasa-tk/entry-12274231010.html


かさこ塾も、講座が終わったら
もう同期とも、かさこさんとも縁が切れる、
と思っていました。
今まで受けた講座でも、
「集まってお茶しましょ」とか、面倒だったし。
講座の内容が聴けたら満足。

だったはずなのに、今の私の交友関係の大部分を
かさこ塾生が占めています。

他の出会いと、何が違うの?
私が素で書いているブログを読んで、
私に興味を持ってくれた人が
ダイレクトに繋がってくれるようになったから、
人間関係にムリがないんですね。
みんな、自分が好きなことに
まい進しているのも気持ちいい。

インタビュア&ライター・鯰美紀
http://ameblo.jp/miki-um/entry-12273625047.html


どうしたら“ブログ”を
書き続ける事ができるんだろうとお悩みの方へ
ズバリ!
かさこ塾をおススメします!

【ブログが前より面白くなった!】
と・・・読んでくださる方に言っていただきました。
少しの心持なのですが、
「他者目線を意識する」「日記を日記にしない」
(かさこ塾での学びです)

母娘ユニット「さつまっ娘」ピアニスト&ボーカルれいりん
http://yumemiruyumekosan.blog.fc2.com/blog-entry-212.html


Kasako-san is the second person in my life
who continuously tells me to follow my heart
and savor every moment.
Because he is a complete stranger
and nowhere related to me,
it is but natural that
his messages sometimes have a stronger impact.

インド・プネ在住
英日・日英フリーランス翻訳者
デシュムク陽子
http://asksiddhi.in/blog/display/644


かさこさんの、程よい距離の保ち方。
言うときはグサッと言ってくれるし
華麗にスルーされる時もある。

サイボーグと言われているけれど
時折、人間臭い感じが見える。
この人にも血が通っているのだなーなどと思う。

ピンクシャツ(たまーに黒)で、
一見爽やか優しいソフトな感じ。
ブログでもリアルでも言いたい事は言う
たまに花火みたいに火がついて、
真っ直ぐどっか行っちゃうような気がする時もあるけど
自分の方針、行き先、着地点を決めた上での
周りを動かす力はすごい。
(それに応える周りの塾生たちは
もっとすごいのかもしれない。)

リフレクソロジスト椎葉愛
http://ameblo.jp/mainichi-hiyori/entry-12274051250.html


かさこ塾に入ってあぶり出されたこと
やる自分、やらない自分双方を
自分だと思えるようになった。
やることばかりが賞賛されているように
見えるかもですが、
やるもやらぬも自分だということを
骨の髄までしみてます。
かといってやらない=☓じゃないですよ。
それもありと思えるのがポイントです。

筆もじスト かおりん
http://hudemojist.hatenablog.com/entry/2017/05/10/235628


2015年秋頃から、
仕事が半分になる収入不安に沈み、
精神的にすごく苦しい日々を送っていて、
もうどうしたらよいか
分からなくなっていたあの頃。
思えば自己否定のワナに
陥っていたんだろうと思います。
この一年強で、
すごく元気になったもんだなー。
先日のブログにいくつか書きましたが、
受講して変わったことの一番はソレです!
元気になった!
これに尽きます。

編集者しゲ
http://ameblo.jp/shige2010year/entry-12274235687.html


そんな出会いの宝庫かさこ塾
あっという間に
塾生1000人超えたらしい。
自立派の人におすすめです??
かまってほしいだけの人は……
名指し覚悟でどうぞ……(; ̄ー ̄A
隠れ家的おうちレイキサロン 竹田さちえ
http://ameblo.jp/reiki-jyu-den-ai-tumugu/entry-12273832450.html


1冊の本を読むより
1000人分の知識を
増やすことが出来る場所とは
それは、かさこ塾。

私なりのかさこ塾後の楽しみ方としては
1000人の「好きを仕事にしたい」塾生の
フェイスブックや、のブログの知識から、
「なるほど!」とか「うーんそうかな?私なら…」とか
自分の“知恵”として変換すること。

とにかく、色々な考えの人がいる。
その考えを考えることによって、
価値観の違いがわかってくる。
価値観の違いがわかると
人生は生きやすくなる。

鉱物ソムリエ 西内まこ
http://quartz-lumiere.com/?eid=147


1,000人のけったいなスペシャリストの集まりって、何そのカオス
めらっち
http://ameblo.jp/yukimera910/entry-12273823112.html


大ヒットの『美女と野獣』・・・ではなく『塾と野望』【祝かさこ塾1000人突破記念】
ペットと人のリンパケアセラピスト
大槻 哲子(るるる)
http://ameblo.jp/hikarun494/entry-12274369171.html


【1,000人を超えたかさこ塾、「はじめまして」から一年~1/1000の軌跡~ 】
人脈コーディネーターのりりん
http://ameblo.jp/nori-195/entry-12273889939.html


かさこ塾1000人記念、友達と友達予定含めて1000人?!
☆風水占い師☆シェアハウス&歯科運営コンサルタント☆華月ゆり
http://ameblo.jp/micchilily/entry-12276165219.html


・かさこ塾1000人突破記念の
かさこ塾受講生の感想ブログ記事一覧1
http://kasakoblog.exblog.jp/25764375/

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

※マガジン無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私に手数料が入ります。
300万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-05-13 23:02 | かさこ塾


<< 子育ても仕事も「今回だけは特別...      人間関係に悩んでいるあなたへ。... >>