2017年 05月 31日
ぜひ見て欲しい感動巨編!!!映画「君の名は。」感想
これやばい。
すごすぎ。
めちゃめちゃ感動。
まだ見てない方、ぜひ見てください。
すごいです。
アニメなので子供でもおもしろいかも。

<ここからネタバレ注意>

いやね。
話題になってて映画見に行く時間なんて
ないから本を買ったわけですよ。
本読んだたら数ページみて
見る気うせちゃったわけです。

なーんだ。
単なるあり得ん設定の男女の物語なのかと。
そんなくだらんもん、見てる暇ねえわと。

ここからネタバレ注意

男女が入れ替わるという話。
女の子が男の子になり
男の子が女の子になる。
心だけ入れ替わる。

うーん。
それでその2人が最終的に出会って
ラブラブなって終わりなのねって
なんか先がよめてしらけちゃった。

だって心が入れ替わるなんてあり得ないし
そこから何か導き出される
教訓みたいなものはないと。

でもね。
それはしらけたのは書籍だったから。

映画で見たらおもしろい。
映像があって音楽があって声があって
だとあり得ん設定でもおもしろいわけ。

でもそれだけだったら単なる暇つぶし。
でもそれで終わらなかった。
この話は。

なんと。
女の子の住む町が
彗星が落下し全滅するという話が
盛り込まれていたのだ。

映画みて驚く。
これすごい。
単なるあり得ん設定の
どうでもいい恋愛話じゃないと。

そこからまたほんとおもしろくって
感動感動の嵐だった。
細かいネタバレはしないので
このあたりはぜひ映画見て味わってほしい。

突如として自然災害で町が壊滅する。
それは東日本大震災を彷彿とさせた。

でもそれは単なる偶然ではなく
何代も何代も先祖代々から
この地は津波が襲ってくると
言い伝えられてきたはずだった。

でも。
こうした先人の知恵を無視し
伝統や言い伝えを無視し
効率優先で「神事」をおろそかに
したがために町は壊滅することになる。

そんな人間の浅はかさを伝えるために
この映画には男女が入れ替わる
=つまりはこのままでいくと
災害が起きてあなたの町は
なくなり死んでしまうという
「予言」ができるようになる。

ここに男女入れ替えという
設定の妙味があり
単に男女の恋愛話ではない
おもしろさがある。

記憶。
忘れてはならない人。
忘れてはならない町。
忘れてはならない歴史。

それは単なる恋愛対象としての
男女なのではなく
人が生きる上での根源的な
大切なもの。

あなたの人生の中で
忘れてはならない人は
いなかっただろうか?
もう忘れてしまっただろうか?

あなたの人生の中で
忘れてはならない町は
なかっただろうか?
もう忘れてしまっただろうか。

人は忘れやすい生き物。
でもね。
人は過去の積み重ねで生きていて
人は出会った人との積み重ねで
生きていて
そして町や故郷に育てられて
生きてきたんだ。

それを忘れてはいけない。

つなぐ。
時をつなぐ。
糸。
というモチーフも
効果的な意味をもたせている。

そう。私は、あなたは、私たちは
点じゃなく線で生きている。
点じゃなく線上で生きていることを
忘れちゃならないんだよ。

歴史を伝統を言い伝えを出会いを
線を人を大事にすることで
大切な人や町を救えるかもしれない。

2011年。東日本大震災と原発事故。
二度と帰れない死の町ができた。
津波だけではなく
それこそ隕石落下というのもあり得るわけで
もっと日本であり得るのは
火山噴火などによる町壊滅。

人を、町を救うのは
「忘れてはならない」記憶、過去。歴史。

そんなことをこの映画は教えてくれる。

映画に出てくるRADWIMPSの音楽も最高。
これは書籍じゃなく映画で見るべき。

すごいです。この映画。
素晴らしいです。
まだでしたらぜひ見てください。

映画DVD
・映画で出てくるおすすめ曲
前前前世 (movie ver.)
なんでもないや (movie ver.)
スパークル (movie ver.)
夢灯籠


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-05-31 22:16


<< ヨーロッパの教会が荘厳すぎて震...      「肩書き1つしかない名刺なんて... >>