好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 15日

クリエイターEXPO出展者が仕事獲得できるブース展示法の極意とは?!

ブース展示パネルにアホみたいに
作品だけ並べても無意味。
そんなことより値段とできることを
文字で大きく出しなさい。

たとえば値段。
イラストレーターなら
「1カット5000円から!」とか
デザイナーなら
「1ページ8000円から!」とか
ライターなら
「1000文字1万円から!」とか。

たとえばできることなら
「雑誌、書籍のイラスト描きます!」
「会社案内、パンフレットが得意!」
「金融、医療分野に精通!」
とか。

クリエイターEXPOは毎年1回、
約700名ものクリエイターが出展し
仕事獲得のためのブースを出す
イベントだ。
私も第2回~第5回まで
ライターで出展し
このイベントのおかげで
クライアントや案件を獲得し
数百万円の売上につながっている。

ただね。
当たり前の話だけど激戦なわけですよ。
700ものブースがある。
お客さんはさらっと通り過ぎて
めぼしい展示があれば目をとめる。

ところがだ。
特にイラストレーター、漫画家、
カメラマンあたりに多いんだけど
作品ばかりをやたら展示パネルに
はりまくっちゃう。

うもれるよ。
みんなそうしてるから。
ぱっとみ、何ができるか
わからないよ。

いい?ここは仕事獲得の場であって
同人誌の発表会でもなければ
作品発表会でもない。
写真展でもイラスト展でもない。
商談の場だ。

編集という仕事をしている
私の立場からするとね
もちろんイラストのタッチとか
作品も大事なんだけど
そんなことよりまず
・いくらでできるのか
・どんな分野が得意なのか
この2点に尽きる。

だからこうしたことを
文字でバカでかくアピールしなさい。
そしたら目立つから。
お客さんの目にとまるから。
仕事につながるから。

いい?
クリエイターとして
仕事とりたいんでしょ?
だったらビジネスマンとしての
感覚を持たないとだめ。

クライアントは作品の好みや
質も重視するけど
仕事として対応できる
クリエイターを求めてるわけですよ。
芸術家やアーティストを
求めてるわけじゃない。

限られた予算の中で
仕事しているわけですよ。
その中で予算に見合った人を
探したいわけです。

また特定の分野に強い人を
探しているわけですよ。
だったらそこをアピールしないと。

クリエイターとは
自分が作りたい作品を
みせびらかすことじゃない。
裏方としてクライアントの意向に沿い、
決められた予算、限られた期日、
クライアントの好みに応じて
納品できる人を求めてるわけです。

ビジネスとして仕事として
クリエイトできる人なのか。
それが大前提であり
そこをしっかり文字で
アピールすればかなり目立つ。

私の場合、ライターで出展して
文字でバカでかく
どんな分野に強いかとか
納期は取材当日でも可能
といった文言を出したところ
わんさかブースにお客さんがきた。

自分が書いた雑誌なんか
何冊並べたところで
あの展示会場では目立たない。

まずは椅子に座らせること。
座らせてから作品は見せればいい。

ライターゾーンでは
その効果をみた人たちが
文字だけ展示法を丸パクリしている
人が増えてきたけど
イラストレーター、デザイナー、
漫画家ゾーンではまだまだ少ない。

だから目立つ。
文字でできることと値段を
出しなさい。
そしたら700ものブースの中で
目に止めて席に座って
話を聞いてくれる人が増えるだろう。
そこで作品をブックかなんかで
見せればいいだけの話。

ここは商談の場であり
仕事獲得の場であって
作品発表会ではない
ということをしっかり認識すれば
自ずとそのような展示方法になるはず。

また今まで展示会に出た人なら
わかると思うけど
客目線でみて作品ばかり
ずらずら並べられても
かえって埋もれてしまう。

文字で大きく
値段とできることを
アピールしなさい。

ただ値段は安売りしなくてもいい。
高めでもいいんです。
それを見てブースにこない
客なんて客じゃない。

いるんですよ。
クリエイターEXPOに出てるとね
値段だけ聞き回っている客が。
今まで何回かあったけど。

そういう客は安ければいい
というクズな客だから
クリエイターEXPOに来ないで
クラウドソーシングで
安いなんちゃって
素人クリエイターを見つければいい。

値段を出すのは
この値段でもやってほしいという
まともな客を見極める手段にもなる。
安ければいいという
クズな客を事前に追い払うことが
できる。

ということでせっかく3日間も
大金かけて出るんだから
みんなと同じことしてたらダメ。

文字ででかでかとアピールしなさい。

あとね。
チラシはポイ捨てされるから
セルフマガジン作らないとダメだよ。

・セルフマガジンの作り方講義無料公開中!

https://www.youtube.com/watch?v=k8QnqOwlxcQ

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

■無料セミナー
・7/1福岡天神・警固神社イベントスペース
10:35~11:15:好きを仕事にする方法を解説する無料セミナー
13:55~14:35:ギター弾き語り無料ライブ
http://festa.kasako.jp/2017fukuoka/

■好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧
・2017/6札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/25317089/

・2017/9仙台
http://kasako.jp/?p=1004

・2017年9月:北九州小倉
http://kasako.jp/?p=1006

・2017年9月:東京昼
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・2017年10月:大阪予定

■好きを仕事にする
2時間凝縮ブログ術講義
・2017/7/7(金)高松
http://kasakoblog.exblog.jp/25755544/

・2017/7/24(月)金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/25758366/

・2017/7/27(木)盛岡
http://kasakoblog.exblog.jp/25767374/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこ曲一覧ページ
http://mv.kasako.jp

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジンを無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私に手数料が入ります。
300万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-06-15 19:07 | セルフブランディング


<< ママ起業したい人している人のた...      札幌でかさこ塾開催!2017年... >>