2017年 07月 14日
1日の出来事をブログ1記事に書いているそこのあなた!読まれないしもったいない!1記事1テーマで分割を
ブログを毎日更新しても
日記を書いたら読まれませんから。
日記を書いて読まれるのは芸能人だけ。

日記記事の代表的な例が
1日の出来事を書くこと。
朝は何をし、昼は何を食べ、
午後は何をし、夕食は何を食べ、
夜は何をしたみたいなもの。
誰にも読まれない日記を
書くためにブログを使っているなら
それはそれでいいけど
もし多くの人に読んでほしいとか
仕事につなげたいなら
1日の出来事日記はやめた方がいい。

そもそもちょーもったいない。
なぜなら1記事1テーマにして
分割した方が読まれるからだ。

たとえば最近目にした塾生のブログは
1日の出来事を1記事に書いてあった。

・福島郡山のおいしいランチ
・かさこ塾講義の名刺のダメ出し会
・卓球を習った話
・福島郡山のおいしいイタリアン(夕食)
・自撮りの仕方

この5つのネタが日記的に
1記事になっていて
あーなんてもったいないんだと。

これ5つの記事に分割した方が
間違いなく読まれる。
「福島郡山のおいしいランチ」で1記事。
「かさこ塾講義の名刺のダメ出し会」で1記事。
「卓球を習った話」で1記事。
「福島郡山のおいしいイタリアン」で1記事。
「自撮りの仕方」で1記事。

1記事が5記事になって
更新ラクになったぜラッキー
というメリットだけではない。

福島郡山でランチを探している人や
イタリアンを探している人に
検索で見てもらえる可能性があるし
友人知人にもおすすめ店だけ
別記事になっていれば紹介しやすい。

「名刺ダメ出し会」「卓球を習う」
「自撮りの仕方」などは
ノウハウ系の記事などで
それだけを読みたい人はいっぱいいるし
こちらも検索で見てもらえる
可能性もあり、また友人知人にも
記事ごとに紹介しやすい。

でもこれらの内容がすべて1記事に
なっていたら紹介しにくい。
そもそも自分で後から探し出せない。
1記事1テーマにして
記事を分割した方がはるかにいい。

もちろんそれとは別に
こんな1日でしたという
記事を書いてもいい。
でもそれを日記風に書くんじゃなく
たとえば
「かさこ塾は講義以外にこんなに楽しめる!
実録レポート」みたいにして
他のセミナーと違い
講義だけでなく前後の食事会もあり
卓球もでき
さらには卒業生から
ノウハウまで教えてくれる
みたいな書き方にすれば
日記ではなく人に役立つ記事になる。

1日の出来事をつらつら書いている
そこのあなた!
もし日記ブログではなく
多くの人に読まれたい
仕事獲得したいなら
1記事1テーマで書くとよい。

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

■好きを仕事にする
2時間凝縮ブログ術講義
・2017/7/24(月)金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/25758366/

・2017/7/27(木)盛岡
http://kasakoblog.exblog.jp/25767374/

・2017/8/2(水)和歌山橋本
http://kasakoblog.exblog.jp/25850580/

・2017/9/14(木)千葉・柏
http://kasakoblog.exblog.jp/25899694/

■好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧
・2017/9仙台
http://kasako.jp/?p=1004

・2017年9月:北九州小倉※満席キャンセル待ち
http://kasako.jp/?p=1006

・2017年9月:東京昼※満席キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・2017年10月:大阪予定
10/6、10/20、10/27、11/2の
13:30~15:30予定

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこ曲一覧ページ
http://mv.kasako.jp

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジンを無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私に手数料が入ります。
300万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-07-14 09:17 | ブログ術


<< まだいい人ぶってんの?イヤな人...      教えて塾長!副業禁止の会社だけ... >>