2017年 09月 08日
戦略がいらないのは強者だけ。あなたに飛び抜けた才能がないなら考えて戦略を練ろ
いい?
戦略がいらないのは圧倒的強者だけだ。
あなたに飛び抜けた才能がないなら
あなたに飛び抜けた能力がないなら
考えて考えて考えて考えて
とにかく考えまくって戦略を立てるんだ。
それが弱者が強者に勝つたった1つの秘訣。

にもかかわらず。
飛び抜けた才能がない人ほど考えない。
ただブログをやる。
ただ仕事くれという。
ただがんばるだけ。
ただまじめなだけ。
ただ教わる通りにやるだけ。

そんなんじゃ勝てない。
考えるんだ。
考えろ考えろ考えろ。
能力がなくても勝てるために
何をしたらいいのかを。

圧倒的に不利な織田信長が
桶狭間の戦いで勝利したのは
考えて考えて考えて
戦略を立てたからだろう。
逆をいえば、どんだけ不利でも
戦略によっては「強者」に
勝てる可能性が出てくる。

たとえば今はまっている卓球。
卓球は考えるスポーツだ。
相手の動きを考え
相手の弱点を考え
どこに打つかを考える。
ただやみくもに打つだけではダメだ。
考えろ考えろ考えろとは
日本の強豪卓球選手・水谷準選手を
育てたマリオコーチの言葉だ。

卓球だけではない。
どんな仕事でもどんな活動でも
どんなスポーツでもどんなゲームでも
どんなジャンケンでもそう。
考えることで勝つ確率を上げる。
考えることで強敵に勝つ。
ただやみくもにやっていただけでは
ただ負けるかまぐれで勝つだけだ。

ホリエモンの講演を聞きにいって
驚いたのはホリエモンの戦略脳のすごさだ。
ホリエモンは今儲かる商売はDJだといった。
でもDJは誰でも簡単にできる可能性があり
参入障壁が低い。
でもおいしいものを伝える
食のキュレーターは
時間もお金もいるから参入障壁が高いと。

おーだからホリエモンは
食のキュレーターになるべく
活動をしているのか。
自分の好きな分野はいろいろあっても
その中で考えて考えて考えて
勝てるところを探して勝負をする。

かさこ塾は好きを仕事にするための
セルブランディング&ブログを
教えるところだが
何よりも受講生自身が
仕事にするために何をすべきで
何をしないべきかを
自分自身で考え抜くことが求められる。
考えなければ未来はない。
考えることによって
飛び抜けた才能がなくても
成功することはできるのだ。

かさこ塾生たちと講義前後に
遊びでやっている
ジャンケンもそう。
人狼ゲームもそう。
卓球もそう。
すべては考えて考えて考えるのだ。

考えるには注意深く周囲を
観察する力が必要になる。
観察し、分析し、手の内をよみ
そこをつく。


勝敗は結果論に過ぎない。
ただ何も考えず
まぐれで勝っても意味はない。
考えることによって
どういう結果になったのか。
結果をまた考えることによって
次の勝負につなげていく。
その繰り返しによって
あらゆることで勝てるようになる。
自分の思い通りになれるようになる。

考える力が足りない。
というか考えようとしていない。
考えが浅い。
ちゃんと周囲を見ていない。

考えろ考えろ考えろ。
それがジャンケンに勝つコツであり
人狼ゲームに勝つコツであり
卓球に勝つコツであり
好きを仕事にするコツだ。

そのような意味で卓球は
考える力を養う訓練になる。
そこで考える力がつけば
仮に卓球で強い選手になれなくても
仕事や活動などあらゆる場面で
応用ができるだろう。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon




by kasakoblog | 2017-09-08 23:15 | セルフブランディング


<< これはヤバイ!昭和にタイムスリ...      会いたい人がいるなら近くにくる... >>