2017年 09月 18日
待合室が畳?診察室がソファ?お茶だけでもOK?!画期的な診療所が群馬にオープン!あやこまごころ診療所
e0171573_2119196.jpg
なぜ病気でしんどいはずの患者が
背もたれもないしょぼい丸椅子に
座らせることに誰も疑問に思わないのだろうか?
なぜ医者だけがエラそうな椅子に座って
ふんぞりかって診察しているのだろうか?

なぜ病院は無機的なのか。
なぜしんどい患者を
くつろげない待合室で待たせるのか。
何時間も待たせて数分診察して
薬を出して帰すだけが
本当の医療なのか・・・。
e0171573_21193973.jpg

長年、勤務医として勤めていた
原田あやこ先生は疑問に思っていた。
患者さんがくつろげる診療所を作りたい。
ついにその構想が実現する。
2017年9月19日に群馬県安中市に
これまでの病院の概念をくつがえす
画期的な診療所「あやこまごころ診療所」が
オープンする。

建物の外観からして診療所には見えない。
道の駅か和食レストランか
地域の公民館のように見える。
e0171573_21201041.jpg

入って驚くのは待合室!
和のカフェのように
畳でテーブルがあり座布団がある、
そんな待合室だ。
病院の無機質な感じはまるでない。
高齢の方でもゆったりリラックスして
くつろげるような待合室にしたいとの
あやこ先生のこだわりだ。
畳に直接座るのがつらい人には
もちろん椅子もある。

しかもお茶を出してくれる
カウンター席まであり
なんとお茶を飲みにくるだけでも
いいという。
看板には「おしゃべりだけでもどうぞ」
と大きく書かれている。

本当におしゃべりだけでいいのか?
診療所が暇な高齢者のたまり場になり
仕事どころでは
なくなってしまうのではないか?
そんな懸念はあやこ先生にはまるでない。

「地域のよりどころとして
お茶を飲みにくるだけでもいい。
でもわざわざ診療所に来るのは
何か問題を抱えているはず。
おしゃべりにきた時に
早めにいろんな問題に気づける可能性がある」
と話す。

診察を終えた患者さんにも
カウンターでゆっくりお茶を
飲んでいってもらい
社会福祉士のスタッフが雑談をし
病気の背景になっていることを
察知するようにつとめる。

「たとえば熱中症で倒れた高齢者なら
その場で点滴を打ち
今後は気をつけるようにといって
それで終わってしまうのが
今までの病院です。
でも熱中症になるには
何らかの原因があるはず。

以前に熱中症の患者さんに話を聞くと
一人暮らしで庭の草がぼうぼう
生い茂ってしまうので
一人で真夏に草むしりをして
倒れてしまったそうです。
そこで草むしりをお願いできる
サービスや人を紹介してあげる。
そしたら今後も熱中症にならずに済むわけです」
e0171573_21205636.jpg

驚くべきことは待合室だけではない。
診察室はなんとソファ。
先生の隣に座って病状を見てもらうのだ。

「勤務医時代から違和感を覚えていたこと。
それは患者が丸椅子で
医者がエラそうな椅子に座るのは
おかしいのではないかと。
患者を回すのではなく
医者が回ればいい。
しんどい患者さんがゆったり
座れる椅子にしたい。
医師と対峙する形ではなく
そばによりそって診察をしたい。
そんな思いでソファーをおいた
診察室を作りました」

ずっと感じていた病院への違和感。
こんな病院があったらと
患者本位で考えた理想の診察所を作った。

病院としては手間もかかり
儲からないが
患者さんのことを考えて院内処方に。
e0171573_21211965.jpg
e0171573_21212758.jpg
e0171573_21241670.jpg

スタッフに気軽に話しかけやすいよう
看護師や医師などスタッフは
名前を大きく書いた
ネーププレートをぶら下げている。

あやこ先生の親は医師ではない。
でも子供の頃から医師になりたかった。
35歳で結婚した後
3人の子供を育てるママでもある。

理想の診療所といっても
リスクは当然ある。
でも作りたかった。やりたかった。
今の医療に一石を投じるために。

オープン前の内覧会には
なんと500人もの人が集まった。
通りすがりの人が何かおもしろそうな
イベントやっていると来た人もいる。
ブログやSNSの発信を見て来た人もいる。

誰もが気軽に来やすい診療所であり
地域のよりどころとなる診療所。
e0171573_2121448.jpg
e0171573_21215653.jpg
e0171573_2122498.jpg
e0171573_21221756.jpg
e0171573_21222529.jpg
e0171573_21223611.jpg

ハードも画期的だがそれだけではない。
あやこ先生のまごころが詰まった診療所だ。
「あやこまごころ診療所」で
病院のあり方が大きく変わるかもしれない。

・あやこ先生ブログ
https://ameblo.jp/ayako-harada/

かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
かさこツイッター(フォローどうぞ)

・好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
申込フォーム

■好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧
・2017年10月:大阪*キャンセル待ち
http://kasako.jp/?p=1044

・2017年10月:金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/25934326/

・2017年11月:名古屋
http://kasakoblog.exblog.jp/25994492/

・2017年11月:横浜鶴見
http://kasakoblog.exblog.jp/26020648/

■無料セミナー、無料ライブ
2017/10/28(土)大阪・淡路町
http://kasakoblog.exblog.jp/26004007/

■好きを仕事にする
2時間凝縮ブログ術講義
・2017/9/29(金)新潟
http://kasako.jp/?p=1064

・2017/10/10(火)群馬桐生
http://kasako.jp/?p=1100

・2017/10/18(水)福岡
http://kasakoblog.exblog.jp/26028655/

・2017/10/12(木)尾張一宮※満席キャンセル待ち
http://kasako.jp/?p=1047

・2017/10/13(金)宮崎
http://kasakoblog.exblog.jp/25967076/

・2017/10/26(木)倉敷
http://kasakoblog.exblog.jp/25933335/

・2017/11/1(水)奈良
http://kasako.jp/?p=1049

・2017/11/10(金)徳島
http://kasako.jp/?p=1093

・2017/11/17(金)島根出雲
http://kasako.jp/?p=1107

・2017/11/28静岡掛川で予定

・かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
かさこ曲一覧ページ
ホームページ「かさこワールド」

※マガジンを無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私に手数料が入ります。
300万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-09-18 21:23 | 生き方


<< 10/28(土)大阪で誰もが来...      ブログ記事に入れる写真探しで苦... >>