2017年 12月 06日
ペンかシェイク?まだペンで消耗してるの?卓球ラケットどっちがいいって断然シェイクです
e0171573_22121523.jpg

卓球歴1年4ヶ月。
ペンからシェイクに4ヶ月前に
転向した私がペンかシェイクかの
論争に終止符を打つ。
断然シェイクです。
よっぽど特別な理由がない限り
ペンを使う意味は見いだせない。
断然シェイクです。
間違いなくシェイクです。
e0171573_22123617.jpg

卓球のラケットは2種類ある。
片面でしか打てないペンと
両面で打てるシェイクだ。
昭和な世代の人は
ペンしか知らないと思うのだが
今やシェイクが主流で
ペンを使う人は昭和な人以外
ほとんどいないかもしれない。

そんな私も昭和。
そんでもって1年前までは
卓球なんてつまらんスポーツだと
思っていた。
ラケットで知っているのは
学校の授業で少しだけやった
ペンしか知らないから
卓球にはまるようになってからも
ずっとペンを使っていた。
そしてペンでマイラケットも買った。

シェイクが主流だというのは
後から知った。
シェイクの方が両面打てるので
打ちやすいということも知った。
しかも卓球がうまくなるための本や
Youtube動画をみても
ほとんどシェイクの打ち方ばかりで
ペンの打ち方などほとんどない。

でもペンにこだわっていた。
シェイクが主流とかいわれれば
いわれるほど
ペンの方がかっこいいんじゃね?とか
シェイク全盛時代にペンで
強くなったらかっこいいよね
なんて思ってたからだ、
というのは半分ウソで
シェイクにチャレンジしてみたが
ペンとはまったく打ち方が違い
とてもシェイクへの転向は
難しいと考えたからだ。

しかし。
しかししかししかし!
2017年8月のこと。
かさこ塾卓球部で京都にて
2日間の卓球合宿を行い
20人あまりと総当りのリーグ戦を
2日間行ったのだが
私はそこでペンの限界を
まざまざと知ることになった。

ちょっと前までは
私が勝利していた
かおるさんと岡ふみこさんに
負けたことだ。

この2人はペンからシェイクに
直近で転向していた。
そしてシェイクになり
明らかにパワーアップしていた。
そしてそのために勝てなかった。

ダメだ。
このままではダメだ。
この2人に勝てない。
何がダメなのか。
原因ははっきりしていた。
ペンかシェイク。
ただそれだけだ。

片面でしか打てないペンに
こだわっていた私は
明らかにバックが苦手だった。
しかしシェイクに転向した二人は
バックの弱みを克服し
強い球をバック側に打てるように
なっていた。
そこで私は完全に負けていた。

2日間の合宿を終え
この2人の敗北から
私は決断した。
シェイクにしないとダメだと。

でも。
やはりシェイクは厳しい。
やはりペンを極めるべきか。

そんな時、たまたまかさこ塾で
ちょー弱い人とやる機会があり
そうだ!弱い人とやるなら
遊びでシェイクを使ってみようと
思った。

するとどうだ!
以前シェイクに挑戦した時は
あまり使えなかったのに
弱い相手とはいえシェイクの
感触がめちゃくちゃよかった。

私は決めた。
シェイクにチェンジする。
8月に私はシェイクを購入。
すぐに試したくって
すぐさま捕まりそうな
ナマズを捕まえ
試しにやってみたら
これまた良好だった。

ただ。
はじめの2週間ぐらいは
かなり違和感があった。
思うように入らない。

でももう後戻りはできない。
シェイクでなれるしか
上にはいけない。
そう思い、シェイクでひたすら
練習した。

ペンからシェイクに転向して
4ヶ月。
いまやシェイクにまったく
違和感はない。
というかよくあんな
ペンなんていう
へんてこなラケットで
打っていたなと思うぐらい。

ペンのラケットを
見てもらえばわかるが
持ちてのところが
黒で変色している。
手がすれて汗もびっとりで
あんな色になってしまった。
いかに持ちにくかったか
手に負担がかかっていたかがわかる。

それに比べてシェイクの
持ちやすさといったら
素晴らしい。

あーちくしょう。
なんでもっと早く
シェイクに変えなかったのか
と思ったほどだ。

私みたいに卓球部でも
なんでもなくって
ろくに卓球したことないなら
ペンなんてすぐさまやめて
シェイクにした方がいい。

たとえば学生時代、長年
ペンでやっている
みたいな人なら
ペンでもよいと思うけど
そうでないなら
断然シェイクに変えるべきだ。

はじめは違和感はある。
でも2週間ぐらいすれば慣れる。
そして慣れたら
ペンよりはるかに
パワーアップできるはず。

かさこ塾の卓球ブームは
すさまじく
続々と強者が入ってきている。
いっておくけど1年4ヶ月前
卓球がおもしろくって
卓球大会を塾ではじめて
やった時は
卓球部の人はご遠慮願う形で
素人卓球大会にしていた。

それが今やどうだ。
卓球部出身の強者が続々と入り
私を含め卓球なんて
やったこともない連中も
めきめきうまくなり
連日全国各地で
かさこ塾生が卓球に夢中になり
レベルアップがすさまじい。

そんな中、ペンでは上にいけない。
上をめざすならシェイクだ。
シェイクしかない。

もしまだペンにこだわっているなら
私に負けるだろう。
現にシェイクに転向してから
今まで勝てなかった上位陣にも
まぐれとはいえ勝てるようになった。

もっと上をめざしたいのか?
もっと勝ちたいのか?
ならばペンなんかで
消耗してるんじゃない。

シェイク。シェイクにするんだ!

*かさこ塾は卓球部ではありませんが
塾後に卓球をやることは頻繁にあり
卓球の強者を募集しています。
卓球が強いというだけで
かさこ塾内で知名度があがり
本業の仕事にもプラスになるかも!
e0171573_22163828.jpg

■好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧
・2018年1月:東京*キャンセル待ち申込受付中
http://kasakoblog.exblog.jp/26206931/

・2018年1月:掛川
http://kasakoblog.exblog.jp/26128067/

・2018年1月:尾張一宮
http://kasakoblog.exblog.jp/26158033/

・2018年2月:福岡
http://kasakoblog.exblog.jp/26179700/

・2018年2月:東京(四ツ木)
http://kasakoblog.exblog.jp/26217516/

■ギターライブ
・2017/12/20仙台ライブ*残席8名
https://www.facebook.com/events/252612425268656/

■トークライブ
・12/21東京
家庭環境が上流・中流・下流に育った
3人が語る!それぞれのコンプレックスの
乗り越え方と仕事獲得術を教える
スペシャルセミナー
http://kasakoblog.exblog.jp/26177794/

■2018/1/12締切!第5回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/26146694/

■96ページの無料書籍!
2018年1月頃6万部発行予定の
好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布!
http://kasakoblog.exblog.jp/26220480/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
かさこ曲一覧ページ

※マガジンを無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私に手数料が入ります。
300万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-12-06 22:13 | 卓球


<< ホントに顧客第一主義?!トラブ...      驚愕!赤色がわからなくても運転... >>