2009年 02月 11日
自殺が死因トップの20~30歳代
年代別死因トップ(2007年厚生労働省データ)
20~39歳:自殺
1~19歳:不慮の事故
40~89歳:悪性新生物

一番希望に満ち溢れていてもよさそうな、
20~39歳の死因のトップが、
事故でも病気でもなく、自殺という悲しい国ニッポン。

自殺のいい悪いは別問題にして、
自殺にはいろんな原因があるにせよ、
若い人の自殺が多い社会というのは、
やっぱり何か社会がおかしくなっている
証でもあるのかなという気もする。

ただ社会が悪いから自殺しましたでは許されない問題もある。
自殺の方法によっては、
関係のない第三者を巻き込むケースも多い。

ビルから自殺した人のせいで、
通行人が巻き添えになる。
硫化水素による自殺で、
周辺住民にも巻き添えを及ぼす・・・。

迷惑をかけない自殺なんてあるのかわからないし、
自殺するのは本人の権利なんていう、
自由論者もいるかもしれないけど、
自殺することによって他人に迷惑はかけないでほしいと思う。

それが自殺者の最低限のマナーだろう。

踏切内に男女 抱き合い自殺か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090210-00000058-jij-soci

by kasakoblog | 2009-02-11 01:15 | 一般


<< 社員に副業すすめる大企業      室外機フェチ >>