好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 22日

フセイン大統領誕生!

アメリカ新大統領に、バラク・フセイン・オバマ氏が就任した。
オバマ大統領就任演説が生中継されていたが、
間違いなく時代の「チェンジ」を感じた。

オバマ氏が大統領になり、
単純に初の黒人大統領就任ということだけで、
喜んではいられないとは思うけど、
アメリカでミドルネームが、
「フセイン」の名を持つ人が大統領になったというだけで、
時代の変革を感じる。

なんたって、前米国大統領は、
ありもしない大量破壊兵器があるとイラクになんくせつけ、
フセイン大統領を捕獲し、ろくに裁判することなく、
短期間で処刑したのだから。

オバマ氏の就任演説の中で、
随分とイスラム圏を意識した言葉が出てきた。
イラクは撤退するが、アフガニスタンは増強するというオバマ氏は、
単純な平和論者ではなさそうだが、
イスラムに対する強行姿勢一辺倒という、
前大統領の能無し政策とは大分違うことは期待はできる。

それと環境や再生エネルギーなどの単語を、
就任演説に交えたというのも「チェンジ」といえるだろう。
京都議定書にも調印しない、環境害悪国アメリカが、
大統領の就任演説で温暖化を防止するといった言葉を入れるあたり、
実際にやるかやらないかは別として、
時代の大きな変化を感じる。

もちろんオバマ氏は「グリーンニューディール」政策の名のもと、
環境を新たなビジネスの商機にすることで、
アメリカの構造的不況問題に、
大きな起爆剤を与えようという、
経済対策的理由から環境政策を進めるに過ぎず、
ある種の「歪んだ環境政策」は危惧されるところだが、
環境バブルで一時の経済危機はしのげるだろう。
かつてのITバブルのように。

また就任演説では、国民に痛みや責任を求める言葉が、
随所に織り込まれていた。
まるで不況期に日本では珍しく、
圧倒的国民人気があった小泉総理のように。

ようは経済危機で大変だから、
国だけに頼るんじゃなく、
国民もちゃんとしなきゃダメだということを、
オバマ氏は随所にちりばめていた。
「遊びより仕事」「痛み」など。

政府や政治家のせいだけにするな。
国民も行動しろ。国民も痛みや負担に耐えろ。
そして政府や政治家に協力しろと、
経済危機の国難を煽って、団結心を煽っている。
日本のように内輪もめして遊んでいる場合じゃないと、
国民にくさびを打ち込んだ形だ。

あと、オバマ氏にチェンジのにおいを感じたのは、
経済至上主義からの「修正」だ。
オバマ氏は演説で、
GDPの大きさだけでなく富がみなにいきわたること、
みたいなことを言った。

これはすごいことですよ。
GDP至上主義のグローバル経済が、
大きな転換点を迎えている証左だからだ。
未だにGDPの数値増減でしか考えられない日本政府とは大違いだ。

GDPが増えればそれでいいのかということではなく、
富の分配など、ある意味では、
社会主義的共産主義的発想を取り入れていかないと、
今の資本主義ではダメだということを、
資本主義の胴元であるアメリカ大統領が述べたというのは大きい。

また市場万能主義にも懐疑を示し、
市場に規律が必要だとも述べた。
金融危機を見れば誰しもがそう思うだろうが、
自由市場主義から規制市場主義にうまく移行できれば、
なんでもかんでも儲かればいいという、
強欲金融資本主義経済体制にくさびを打つことにもなる。

以上がざっとオバマ大統領就任演説を聞いて感じたこと。
私は別に彼を大絶賛する気もないし、
過度な警戒心も現時点では持っていない。
(だってまだ就任したばかりで、何をするかはわからないから)

ただ間違いなく、彼は世界体制の大きな大きな、
100年に一度の変革期にふさわしい考え方を持つ、
大統領なのではないかと就任演説の言葉の端々からは感じた。

世界的な時代の変革期の中、
大きな経済社会システムの移行に際し、
当然、日本にも旧来の考え方に縛られない、
時代を先取りした政治家が必要だ。

しかし残念ながら今の政治家に、
オバマ氏のような人材はいないんじゃないか。
自民・公明は言うに及ばず、民主にもその他、野党にも、
「チェンジ」を感じさせる政治家はいない。

だからせめて次の選挙で日本人ができることは、
政党のチェンジ=政権交代ぐらいしかできないのだろうが、
本当はそれでは何の問題の抜本的解決にもならないとは思う。

オバマ氏のような政治家が日本にも登場してくれないか。
オバマ氏は黒人ということで注目されているが、
47歳という若さの方に私は注目したい。

オバマ氏のような政治家が日本に登場しなければ、
私が45歳になったら政治家になって、
社会を変えていきたいと思っているが、
そんな悠長なことを言っていられないぐらい、
今、時代が大きく変わろうとしている変革期を迎えている。

そもそも麻生のままじゃ、
オバマは日本を相手にしないだろうな。
だってすぐ変わるかもしれないから。

変えるんだったら早い方がいい。
でないとこれから起きる世界の変化に、
日本は対応できなくなると思う。


by kasakoblog | 2009-01-22 01:52 | 一般


<< 漢字本ブーム!麻生効果で      世界遺産ハンガリー・ホッロークー >>