2008年 12月 22日
ラッシュライフ  伊坂幸太郎
はじめて伊坂作品読みましたがいいです!
何がいいかって、わかりやすいし、
読みやすいし、おもしろい。
小説にありがちな、気取った小難しさとかないし、
わけのわからないいっちゃってる感じもないけど、
でもちょっと現実から遊離している、
そのバランス感覚というか距離感が、
非常によく、おもしろいながらも、
どこかでしっかり考えさせられる、実によくできた小説です。

ラッシュライフ


by kasakoblog | 2008-12-22 01:15 | 書評・映画評


<< サウスバウンド 奥田英朗      さまよう刃 東野圭吾 >>