2008年 12月 22日
ウルトラ・ダラー 手嶋龍一
国際情勢をめぐる問題に、
様々の立場の人間が入り乱れ、
それぞれの利害でうごめいていく様相と、
単なる偽札づくりにとどまらない、
問題の広がりはなかなかおもしろい小説だった。

ウルトラ・ダラー


by kasakoblog | 2008-12-22 01:18 | 書評・映画評


<< ミスチル「SUPERMARKE...      白い砂丘 長野慶太 >>