2008年 11月 08日
ぜひ聴き直したい小室音楽!
詐欺でつかまったどうしようもない男・小室哲哉氏だけど、
彼がこれまで手掛けてきた音楽作品の素晴らしさは、
まったく変わることがない。
というか、久々に「小室哲哉」の名を聞き、
「小室ミュージック聴き直してみようかな」
と思った人も多いんじゃないか。

私もその一人でiPodに小室音楽が相当数入っていて、
ここ数年聴いていなかった小室音楽を、
今、聴き直してみてるんですけど、やっぱりすごくいいんです。

というわけで私のおすすめ小室音楽を紹介します。
名曲があまりに多いんで、今回はTM NETWORKの紹介に絞りました。

■TM NETWORK
小室音楽の原点は90年代のプロデュース作品よりも、
キーボードとして参加した「TM NETWORK」に尽きる。
コンピュータで作ったような、
デジタルサウンドの先駆けともいうべき、
「安っぽい音楽」みたいなイメージが強いけど、
実は曲の多くは、青春時代に聴くと、
すごく切なくなるような、
心に沁みるものが多いことに気づく。

・SELF CONTROL(1987年)
言わずと知れたTM NETWORKの代表曲。
いやー、数年ぶりに聴いてるんだけど、
今、聴いてもむちゃくちゃいいんです!
リピートして何度となく今、聴いてます。

「教科書は何も 教えてはくれない
明日のことなど 誰もわからない」

甘く切ない気持ちを歌い上げるこの曲は、
自分に自信がなく、時代に翻弄されながらも、
どこかに希望を見出し、生きていこうとする人にとって、
とっても心に沁みてくる名曲だと思います。
ぜひ、今、聴き直してほしいイチオシの一曲です。

・Seven Days War(1987年)
宮沢りえブレイクのきっかけともなった、
大ヒット映画「ぼくらの七日間戦争」の主題曲。
映画のテーマに見事にマッチした曲。
特に歌詞がすごいいいんです。
ある意味、“かっこいい尾崎豊”的青春ソング。
思春期の葛藤や悩みを見事に描いた曲で、
これもまた実に切ないんです!

・WE LOVE THE EARTH (1991年)
「Love Train」との両A面シングルで発売されたため、
ややこの曲をあまり知らない人も多いかと思いますが、
私は結構この曲、好きなんですよね。

1990年以降、TMNに名称変更した後の作品って、
結構派手なサウンドが多くなってしまって、
ちょっと迷走していた感があるんだけど、
TM全盛時代の甘く切ない音楽を踏襲するこの曲は、
とってもいいです。

歌詞はそんなに深いわけじゃないんだけど、
すごく音楽とあっていて口ずさみやすく、心に残る名曲です。

・Just One Victory(1988年)
これまで紹介した甘く切ない曲とは違い、
切ないんだけど、前向きで結構力強い曲で、
ある意味ではアルバム「CAROL」の“答え”みたいな曲。

迷い悩み歩いて生きていく青年がたどり着いた、
一つのゴールみたいな感じで、
意外とこういう曲ってTMの中には少ないんですよね。
こういう曲がその後の連発して作れれば、
TMはもっと長く続いたかもしれない。
TMの到達点的作品かもしれません。

・Still Love Her(1988年)
これもアルバム「CAROL」から。
アルバムラストの曲なんだけど、
これがまたいいんです。
ボーカル宇都宮隆がささやく、
甘く切ない歌声を聴かせるために、
余計な贅肉をそぎ落としたすごいシンプルな曲ゆえ、
歌詞のメッセージがダイレクトに入ってくる。
TMの中でもこういうスローなバラードっぽい曲って、
すごい少ないと思うんだけど、とってもいいです。

他にも名曲いっぱいあるんだけど、
強いて5曲だけあげるなら私のベストはこれです。
ちなみに上記の曲ほか、TMの代表曲は、
「BEST TRACKS~A message to the next generation~」
のベスト盤と「CAROL」の2枚をレンタル屋で借りてくれば事足ります。
「BEST TRACKS」には「COME ON EVERYBODY」、
「DIVE INTO YOUR BODY」「GET WILD」など14曲のベストが。
そしてTMのアルバム最高傑作「CAROL」は、
1枚の物語としてぜひ通して聴くといいと思います。

多くのCDが最近のシングル2~3曲に、
実験的なアルバム曲を加えた、
寄せ集め的なものが多い中、
1枚のアルバムで物語を語れる、
コンセプチュアルアルバムの先駆けとしても、
最高傑作かと思います。

「小室世代」という言葉が、最近、聞かれるけど、
TMを解散しプロデュース作品を中心とした、
90年代の小室ミュージックを聴いた狭義の小室世代の方は、
ぜひ小室音楽の原点ともいうべきTMネットワークを、
今、聴き直してみてほしいなと思います。

*ちなみに私がTMを聴くようになったのは、
14歳、中学2年生の時につきあっていた、
(といっても手を握るぐらいと、
遊園地に1度か2度行ったぐらいのつきあいですが・・・)
クラスの同級生の女の子が、
TMが大好きで小室哲哉がかっこいいと、
絶賛して勧められたのがきっかけ。
当時、私はTMのよさも小室哲哉の良さも、
まったくといっていいほどわからなかったが、
高校生になってからその良さがわかるようになりました。

・おすすめTMアルバム
CAROL
BEST TRACKS


by kasakoblog | 2008-11-08 19:02 | 音楽


<< ipodtouchムチャクチャ...      アマゾンレビュー削除攻撃 >>