2008年 09月 19日
ヒルズ企業の不祥事続発の怪~グッドウィル、リーマン、ライブドア、村上ファンド、椿総合法律事務所
破綻したリーマンブラザーズの日本支社は、六本木ヒルズにある。
六本木ヒルズといえば、強制捜査を受けたライブドア。
インサイダー取引で逮捕された村上ファンド。
違法派遣や介護事業コムスン不正請求で、
大問題となったグッドウィルグループ。
株の信用取引をめぐり投資家の代金未払いで、
証券会社に20億円の損害を出して失踪した椿総合法律事務所。
これらの企業、すべて、
六本木ヒルズにオフィスを構えていた連中だ。

ここ数年のうちに、
ここまで同じビルから不祥事企業が出るのは、かなり異常だ。
「ヒルズ族」なんて持ち上げていた頃が嘘のよう。

なぜ六本木ヒルズから、
不祥事企業が続発したのか。
何の根拠もないが、私の邪推。

都内でもあんな交通の便が悪いところに、
オフィスを構えるのはどうかしている。
六本木って非常に行きにくい。
しかも駅からヒルズまで遠い。
ビジネスをする上でそもそも、
こんな場所を選ぶ経営者の資質が疑われる。

ようは、流行者に目がないだけの“田舎者”。
自分たちの会社にブランド力がないから、
六本木ヒルズにあやかった企業が多かったのではないか。

外見が流行のビルなら、
客を「騙せる」んじゃないかと。
だからこんな結果になったのではないか。
そんな風にも思えてくる。


by kasakoblog | 2008-09-19 19:18 | 一般


<< ラダック      タバコ税収試算に意味なし。社会... >>