2009年 04月 03日
他人に迷惑かけずに自殺すべき
死にたいやつは死ねばいい。
ただし絶対に他人に迷惑かけるな。

不況のせいか、はたまた物は豊かなのに、
心が貧しいせいなのか、自殺者が増えている。
ただ自殺について、
自殺を防止しようという動きのニュースを見る度に、正直うんざりする。

死にたいやつは死ねばいい。

そう心の中で思っている人は多いんじゃないか。
でも「自殺者はかわいそう」「自殺をとめなきゃ」
みたいな変な同情論があって、
そう思っていてもなかなかいえない。

赤の他人が自殺志願者に何ができるのか。
自殺志願者に「死ぬな」ということほど、
無責任なことはないんじゃないのか。

「死ぬな」というなら、
その責任をあんたはとれんのか。
死にたいほどの問題を、
あんたが解決してくれるのなら、
喜んで「生きよう」というんじゃないのか。
その問題を引き受ける覚悟があるのか。

なんでもかんでも理想論で、
自殺はいけない、自殺はするなということほど、
無責任なことはない。

死にたいという奴に、
死ぬなといえばいうほど、かえって逆効果の場合もある。
「死ねば」と軽く聞き流した方が、いい場合だってある。
(もちろんすべてではないが)

どうも最近の日本は「過保護」すぎる。
なんでもかんでも世話してかなきゃ、生きていけないのか。
なんでもかんでもお上頼みの腐った神経が、
自殺志願者を増やしている理由じゃないのか。

自殺者に対して我々がやるべきことは、
自殺防止対策ではなく、
「他人に迷惑をかけない正しい自殺の仕方」ではないか。

今日もJR田町駅で飛び込み自殺と思われる事故があり、
18万人に影響が出た。

ふざけるな。
死ぬなら、迷惑かけずに死ね!

そのぐらい声高に叫ぶコメンテーターがいてもいいんじゃないのか。
それを「不況だから企業が悪い、政治が悪い」
なんていたっりするから、自殺志願者がつけあがる。

死ぬのは勝手だが、他人に迷惑をかけずに死んで欲しい。
それが今、やるべき自殺対策ではないか。

ビルから飛び降りて巻き添えで亡くなった人がいる。
電車の飛び込みで何万人にも及ぶ通勤客に迷惑をかける。
硫化水素自殺で、周辺住民が避難する騒ぎまで起きている。

しかし、死んでしまえば、
日本人は死者への批判をつぐんでしまう。

今、必要なのは他人に迷惑をかける自殺者を、
真っ向から批判すること。
死ぬのは勝手だが、頼むから、
他人に迷惑かける死に方はやめてくれ。

死ぬなとはいわない。
死んでいいから迷惑かけるな。


by kasakoblog | 2009-04-03 14:08 | 一般


<< 検察の横暴      入社式前日に内定取消 >>