カテゴリ:一般( 239 )

2001年 03月 21日
二番煎じ(2)
牛丼といえば、本家本元は吉野屋だった。
早くて安くてうまいをモット-に、牛丼のチェ-ン店を確立させたパイオニアだ。
その二番煎じが松屋。
二番煎じが同じことをやっても売れるわけがない。
本家にはない特徴がない限りは、二番煎じは一生二番のままだ。

しかし二番煎じの松屋は徹底的に独自色を出した。
個人差にもよるだろうが、多分吉野屋の牛丼と松屋の牛丼は、はるかに吉野屋の方がうまいはず。
そこでまず松屋は、画期的なサ-ビスとしてみそ汁を無料でつけた。
吉野屋はまずいインスタント味噌汁が50円だが、松屋は吉野屋よりはるかにうまい味噌汁をただにした。
外食が多い男性単身者にとって味噌汁はどこかほっとするもの。
それが無料とはこれだけでも大きな特徴だった。

さらに松屋は牛丼だけにとどまらず、次々に新しいメニュ-を登場させた。
カレ-や定食など種類は実に豊富。牛丼しかない吉野屋とは別の存在価値を見いだしたのだ。
さらに松屋は400円の牛丼の定価を290円にするという大攻勢に出た。
二番煎じでありながら、先手先手を打つ攻勢は見事なもの。
今や松屋は本家をしのぐ存在となった。

二番煎じのロッテリアと松屋。本家のマクドナルドと吉野屋。
二番煎じだろうが、本家だろうが、関係はない。
問題は他社との競合に打ち勝つために、いかに特徴のあるサービスを出していくかだけなのだ。

二番煎じの明と暗。
本家マクドナルドの後追いで、しかも全く同じ価格戦略を展開するどうしようもない二番煎じ、ロッテリア。
二番煎じでありながら、本家吉野家にはない独自色を次々と打ち出し大攻勢をかける松屋。
同じ二番煎じでもこれだけ違う。
一番か二番かという問題よりも、いかに他社に先んじて攻勢を仕掛けられるかで、その勝敗は決まる。


by kasakoblog | 2001-03-21 01:45 | 一般
2001年 03月 20日
二番煎じ(1)
ばかだな、と思う。
マグドナルドが平日ハンバ-ガ-・チ-ズバ-ガ-を半額にし、驚異的な売り上げを伸ばしている中、
それに負けじと、ロッテリアでもマクドナルドと全く同額の、平日ハンバ-ガ-半額を実施した。
それを見て「この会社は潰れるな」と思った。

ハンバ-ガ-の値段は210円、チ-ズバ-ガ-の値段は240円だった。
それをマクドナルドが130円、160円という大幅値下げを定価にした。
これだけでも十分驚異的なことだった。
案の定この時も、ロッテリアはマクドナルドと全く同じ価格での値下げを行なった。

ファ-ストフ-ドの二番煎じであるロッテリアが、本家に追随して全く同じことをやって勝てるわけがない。
モスやケンタッキ-は、マクドナルドとは違った路線で市場での存在価値を確立している。
マクドナルドがハンバ-ガ-を半額にしたから半額にするなんて、
はっきりいってプライドがないのか、独自の経営方針はないのか、アイディアがないのか会社の能力を疑ってしまう。

半額にしたところでマックには絶対に勝てない。
仮に売り上げが伸びだとしても、定価は半額にしたために大幅に利益率は落ちる。
マックほどのインパクトがあれば、大量仕入によるコスト減と生産性のアップで利益を確保することができるだろうが、
二番煎じの中途半端戦略では、はっきりいって値下げ損の大打撃である。

たとえばマックのハンバ-ガ-半額戦略に打ち勝つために、ドリンクすべて半額セ-ルにして差別化を図るとか、
セットの値段を一律300円にするとか、ポテトSサイズ70円とか、
同じ価格戦略にしても、違った形で勝負しない限り、絶対に負ける。

ロッテリアが潰れるのはもう時間の問題だな。


by kasakoblog | 2001-03-20 01:46 | 一般
2001年 03月 15日
「先進的」
朝日新聞より、目にとまったおもしろい記事にこんなのがあった。
中国・北京で小中学生に出される宿題の時間を制限する新たな規定ができた。
受験競争が過熱し、未成年の睡眠不足が深刻化しているため、
小学生は1日の勉強量6時間、宿題30分以内、中学生は1日の勉強量8時間、宿題1時間半以内と決められたそうだ。
なおこの規定に違反した学校には懲罰を加えるという。

いやあ、ぜひとも日本にもこの規定を導入した方がいいんじゃないかな。
学校から強制される勉強、受験勉強という人権侵害的、人格矯正洗脳懲罰的勉強そのものをなくさなければならないが、
その前段階としての苦肉の策、時間制限は、ある意味いいのではないだろうか。
日本も中国の「先進的」事例に学んだ方がいいのでは?

先日、新聞に掲載されている求人募集をなんとなく見ていると、実におもしろい条件を課してあるところがあった。
「喫煙習慣のある方はご遠慮願います」
年齢とか経験での条件ではなく、たばこを吸うか吸わないかで条件を出すなんて、実に先進的。
将来的にはこんな条件をつける会社が増えるんじゃないかな。
というよりかさこ総理が言っている通り、たばこが合法的に売られるのは時間の問題だと思う。
マリファナや大麻なんかより、たばこの方が厳罰に処せられる時代が必ず来る。

そういえばこの前、新聞にこんな記事も載っていた。
イギリスでは、喫煙者は勤務中にたばこを吸って休んでいる時間が禁煙者より多いのだから、
喫煙者のみ30分勤務時間を長くすべきだということが真剣に論議されていたらしい。
いやはや、実に先進的。
ちょっと強引な論理なような気もするけど、そんなことするならいっそのこと、
禁煙者の健康に悪影響を及ぼしているというかどで、逮捕すればいいんだよ。

いやはやあちこちの「先進的」事例を見習ってほしいものだな。


by kasakoblog | 2001-03-15 01:50 | 一般
2001年 02月 26日
迷惑電話(2)
2月24日のつぶやきで書いた「ゆきちゃんからの電話」。
その2日後にまたまた実家宛てに今度は「テヅカ」という人から電話があったという。
またあいつらか。これは電話掛けないように懲らしめないといけないなと、使命感に燃えて電話する。

この前の「ゆきちゃん」の電話番号とは違ったが、例のごとく電話を掛けると、
社名を名乗らず「誰から電話いきました?」と若い女性が口にする。
電話口はかなりざわついた感じ。名簿かなんかで一斉にあちこちに電話を掛けているのだろう。
「テヅカさん」というと、例のごとく若い女性が出てきた。

「カサハラアキヒロさんですか」
おいおい、今度は俺宛てではなく弟宛てか。まあいい。とにかく懲らしめてやらんことに変わりはない。
「おたくはなんのカイシャなんじゃい」
「はっ?なんのカイシャって?」
「おたくから電話掛けとるんだから、どんなカイシャか名乗るのが筋だろうが」
完全に借金の督促モードで話す。相手はいきなりぶち切れている僕に困惑しているようだ。

「あの、失礼ですけど、カサハラアキヒロさんですか」
「あのね、私はアキヒロの兄なんですよ。この前もね、わけのわからん電話掛かって実家が迷惑してるんですわ」
「はあ、お兄様なのですか」
「あのね、おたくらどんな名簿から掛けてるか知らんけど、実家には住んどらんのだよ。
実家が非常に迷惑してるんだよ。二度と電話掛けてくんじゃねえよ。」
「はい、わかりました。」

相手の反応が素直だっただけに、もしかしてちゃんとした用件の電話だと困ると思い、相手の正体を突き止めておく。
「ところでおたくのカイシャは何やっとるカイシャなんですか」
「いえ、あの、そのプラスワンという会社なんですけど・・・」
「だから何やっとるカイシャなんじゃい!」
「情報産業とか教育産業と会社でして20代の社会人を対象としていまして・・・」
弟は社会人ではない。大学生だ。

「情報産業なんてどこもいってみれば情報産業みたいなもんじゃろうが。何やっとるカイシャかはっきり答えんかい。」
「あの、教育のイベントとかやっている会社でして・・・」
「ほう、ほう、イベントかね。そりゃたのしそうじゃね。」
といってブチっと電話を叩ききった。

それにしても立て続けに実家に電話を掛けてくるとは、全く持ってして困ったものだ。
弟がちょうど就職活動をやっているので、まさかその関連ではあるまいかと念のため弟に確認したら、
そんな会社全く知らないし、実家の電話番号を書くこともないという。

携帯電話全盛の時代に、古い名簿から実家の設置電話に掛けて、
わけのわからん商売の勧誘をしようという方法など、今時、時代錯誤なんじゃないか。
それでもまだこういう電話が立て続けに掛かってくるところを見ると、こういう商法に引っ掛かる人がいるということなのだろう。
どうせイベントだとか選ばれただとかいって、とんでもない高額の商品を詐欺まがい買わせて儲けてるに違いない。

こういう電話を掛ける行為自体が、他人に迷惑を掛ける重大な犯罪として罰則を強化しない限り、
いつまでたってもこの手の商法はなくならないのだろうな。


by kasakoblog | 2001-02-26 01:36 | 一般
2001年 02月 24日
ゆきちゃんからの電話
金曜日、夜21時。携帯電話に非通知で1件留守電にメッセージが残されていた。
誰かと思ったら、父親の声だった。しかしそのメッセージ内容が普段とは違っていた。
「家にイマデユキさんって人から電話がありました。
今日夜23時ぐらいまでに電話が欲しいといってました。電話番号は東京03-・・・・・

「イマデユキ?」聞いたこともない。そもそも実家に僕宛てに電話を掛けてくること自体おかしい。
もう実家を出て6年が過ぎようとしているのだから。
実家にかかってくるとしたら、中学とか高校の同窓会の案内ぐらいだろうが、そんな名前に覚えはない。
無視しようと思ったが、わざわざ父親が電話してきたことと、
23時までに電話が欲しいという時間を指定しているメッセージが気になって、掛けてみることにした。

「はい、もしもし。」と若い女性が電話口に出る。
この人がイマデユキさんなのかと思い「笠原と言いますけど電話もらったみたいなんですが?」
すると「誰から電話があったんですか?」というので、「いやうちの父親の方に連絡もらったみたいで」というと、
「いや、そうじゃなくて誰から電話があったんですか」というので、
この人はイマデユキさんじゃないんだと思い、「イマデユキさんから電話をもらったんですけど」というと、
やっと納得がいったようで、電話口に代わってもらえた。

「もしもし笠原さんですか。ゆきですけど、折り返しの電話ありがとう」
さっぱりわけわからん。
「うちは新宿にあるジュエリーショップなんですけど・・・」
それを聞いてなんだ下らんと電話をぶち切ろうとしたが、
なぜ現住所ではなく実家に電話を掛けてきたのが気になったので、
「どこでうちの電話番号調べたんですか」と怒り口調でいうと、それを交わすかのように馴れ馴れしい口調で、
「あれ、1週間ぐらい前にお手紙でご案内がいってなかったかしら?」と切り返してきた。
なんだそういうことか。どこからか名簿を調べて電話番号だけではなく住所まで知っているのだ。
全く実家に掛けて折り返し掛けさせるなんて、ひどい迷惑な話だと電話を切った。

今後このような電話は無視するようにと父親に電話を掛けた。
「いやあ、野郎じゃなくて若い女性からだというから、これは連絡してあげないと思ってね」
全く何考えてんだおやじ。変な気遣いはやめてくれ。
それにしても、こんな怪しい電話ってよくあることなのかな。


by kasakoblog | 2001-02-24 01:37 | 一般
2001年 02月 17日
イマジネーションの欠如
よくサッカーの試合を見ていると、解説者がこんなことを言う。
「日本のプレーにはイマジネーションが足りない」
11人対11人という非常に人数の多いスポーツであるサッカーにおいて、
敵味方含めて、自分以外の選手がどんな風に動くだろうかということを想像してプレーすることは大切だ。

イマジネーションの欠如は何もサッカーだけにとどまらない。
最近思うのだが、現代人のイマジネーションのなさにはあきれかえってしまう。
要は自分のことしか考えていない、自分中心自分勝手人間が増えて、他者への配慮が欠けているのである。

たとえば道端での歩きたばこ。
狭い歩道をすれ違う時、向こうから歩いてきた人が、たばこを持ちながら歩いていて、
あわやこっちにたばこがぶつかるのではないかということが何度もある。
全く他人への配慮というか、こうしたらどうなるという想像力が欠如しているのだ。
吸った灰が服に流れてくることもあるにもかかわらず、そういったことは全く気にしていないのだ。

また狭い歩道を歩いていると、横いっぱいに広がって歩いてくるバカどもがいる。
こっちが端に歩いていても、向こうの誰かがどかなくては通れない。
50m先でお互いの存在に気づいて、このままいけばぶつかるなとわかっているのに、
横いっぱいに広がっている方が全くどかないということが多々ある。
しかもそれが小さい子供ならわかるが、スーツを着たサラリーマン連中が平気でこういうことをするのだから驚きだ。
こいいう歩き方を僕は「Gメン歩き」と呼んでいるのだが、
かさこ総理に頼んで「Gメン歩き禁止法」を道路交通法に盛り込んで欲しいといつも願っている。

待ち合わせの時間に遅れてくるのも、他者へのイマジネーションの働かないバカども。
混んでいる車内で7人掛けに6人掛けしているバカどももよく見かける。
ほんとに最近、想像力の働かないバカどもが多くて、危険でろくに道も歩けない。
何も難しいことを要求しているのではなく、ちょっと考えればわかることを平気でしてしまうんだな。

だから犯罪も増えてるんだと思う。
誰だって人を殺したいと思ったことはあっても、本当にする人は限られている。
したらどうなるかということを普通の人は考えるからだ。
しかし昨今のイマジネーションの欠如状態が、その時の感情に任せて簡単に人を殺してしまったり、
犯罪を犯してしまうのだろう。

原因は教育にある。一問一答方式の丸暗記勉強させているから、想像力が養われないのだ。
想像力を養う教育にしないと、どんどん犯罪の若年化は進行するだろう。

社会に生きている以上、他者への行いは必ず自分にはねかえってくる。
きっと自分勝手な現代社会は、環境破壊で滅亡するのだろうなと思う。
まあ何年かかるかわからないが。


by kasakoblog | 2001-02-17 00:52 | 一般
2001年 02月 07日
都会の隙間(2)
朝9時。高円寺駅、総武線のホームで電車を待っていると、向かいのホームに中央線が到着した。
中央線の混みようは半端ではない。
あんな電車になんか乗りたくないなと眺めていると、最後尾の扉から乗ろうとした女の人に異変が起きた。

女の人の片方のサンダルが、混んだ電車に乗ろうとした瞬間、ホームと電車の間に見事に脱げ落ちたのである。
最後尾にいる車掌はそれに気づいたが、このくそ忙しいラッシュ時にそんなことで電車を止めていられないと、
見て見ぬふりをして、電車を発車させた。
女の人はその車掌に助けを求めようとしたが、
この電車が行かない限り、線路に落ちたサンダルが取れないことに気づいたのか、声を掛けるのをやめた。

電車が発車するとその女性は駅員を探したが、ホームを見渡す限りどこにも見あたらず、
片足裸足のままで、ホーム中央へと情けない姿で歩いていった。
電車は一向に間隔を空ける様子はなく、次から次へとホームに入ってくる。
まして電車は通勤客で超満員。たかがサンダル一つのために電車を止めるだろうか・・・?

新大久保駅での人身事故が起きて以来、まるで駅員の管理体制が悪いがごとき報道がされている。
しかしこんな光景を見てしまうと、駅員に同情したくなる。
そもそもこんなくそ寒い冬にサンダルなど履いている、TPOをわきまえない女が悪いのである。
このサンダルを落としたために、もし電車が止められるなら、
どれだけ他の乗客に迷惑がかかるか考えたことはあるのだろうか。
悪いのは駅の管理体制などではないのだ。

カップ酒を飲んで酔った客のように、自業自得で自分が死ぬならともかく、
他の乗客に迷惑をかけるのはやめてもらいたい。

そういえば大雪の日に異様にヒールの高い靴や、厚底サンダルを履いておっかなびっくり歩いている女性を何人も見かけた。
ファッションが大事なことはわかるが、
雪の日にすべりやすい安定性の悪い靴を履くようなアホな女がいくら綺麗でお洒落だとしても、
誰も見向きはしないだろう。
自分が痛い思いをするだけならいいが、頼むから、他人の迷惑になることはやめてほしい。


by kasakoblog | 2001-02-07 01:02 | 一般
2001年 01月 16日
感覚マヒ
e0171573_0501260.jpg

海外」というと、よく治安が悪いだとかすぐ物を盗まれるとかいう。
それはある意味では本当のことだが、その要因は、日本人の特殊性に帰することが多い。
海外でよく日本人が被害にあうのは、ちょっと荷物から目を離した隙に物を取られる置引き。
でもそれは日本人の感覚がおかしいから、よく被害に遭うのだ。

日本ではファ-ストフ-ドや食堂や図書館、さらには駅のホ-ムなどでも、
場所取りのために平気で荷物だけを置いてどこかに行ってしまう。
こういう感覚のまま海外旅行に出掛けて、ここは日本ではないんだという意識を持たなければ、
簡単に物を盗られてしまうのは当然のこと。
というより、物を盗んでくださいと自ら差し出しているようなものなのだ。
海外の治安が異常に悪いのではなく、日本人の感覚がズレているから起こるのだ。

日本なら荷物を場所取りにしても、盗られることは少ないだろうが、
最近、「いくらなんでもこれはねえ」と首をかしげてしまうのは、
携帯電話を置いてそのままにしていくことである。
いくら平和ボケした日本でも、携帯をおきっぱなしという感覚はちょっと信じられない。これが意外に多いから驚いてしまう。

もし取られてどこかに電話を掛けられたらどうするのだろうか?
すぐに電話会社にとめてもらったとしても、膨大な個人情報が流出する。
友達の電話番号だけでなく、メ-ル機能もついているから、メ-ルの履歴を読んでいけばいろんなことがわかってしまう。

財布に次ぐ貴重品であるはずの、携帯電話をそのまま置いてどこかに行ってしまうというのは、
「治安のいい」日本でもやめた方がいいのではないか。
ここまで感覚がズレた人間が、団体ツア-で日本人に囲まれ高級ホテルに泊まり、
まるで日本にいるかのような旅行をするから、物が盗られたり、カモにされたり狙われたりするのである。
つまりは、自業自得ということだ。

いくら僕がこんなことを言っても、自分の荷物が盗まれて痛い目にあわないかぎり、きっと無駄なんだろうな。
渋谷の町角を歩いただけで、無差別に金属バットで殴りかかられるという(昨年暮れの事件)、
日本の異常な程の治安の悪さを考えた時、携帯電話をほったらかしにする危機意識のなさは、
より事件事故を誘発させているといっても過言ではない。

この世は欲望社会。何も自分から事件の火種を蒔く必要はないのではないだろうか。


by kasakoblog | 2001-01-16 00:49 | 一般
2001年 01月 15日
チベットがなくなる日
人生には実に不思議なことがある。
僕は新聞は朝刊しか頼んでいないのだが、なぜか今日に限って、配達員が間違えたのか、夕刊が入っていた。
「別に夕刊なんか大して読むところないのに」と、何気に新聞を開いてみて驚いた。
一面のトップが、「チベットを鉄道走る」という記事だったのだ。

1999年、僕は中国・ゴルムドから約1100kmの道程を、バスで30時間かけてチベット・ラサに旅した。
平均標高4000m、5000m以上の峠を二つ越える難所の道程を、オンボロバスで走るのだ。
これほどきつかったバスの旅はなかった。
しかしその甲斐あって、到着したチベットは美しい場所であった。

その時、鉄道ができるという噂は聞いていた。
確かに中国ゴルムドからチベットに行く道の途中に、鉄道の路線を工事している箇所を何度か見掛けた。
しかし本当に建設するとは到底思えなかった。

全く何もない高原地帯に、しかも異常に標高の高い地に、
1000kmもの鉄道を敷設するというのは想像を絶する難事業のはずだからだ。
しかしこうして朝日新聞がトップで紹介するからには、本当に建設するのだろう。
チベットに行ったことがあるだけに、この記事を他人事とは思えず食い入るように読んだ。

チベットは中国から独立したがっていて、チベットの最高指導者ダライラマは現在インドに亡命中。
昨年は、高僧の一人がチベットから脱出してインドに亡命した事件もあった。
こんな非常に微妙な地区に鉄道を敷設するということは、単に「観光の切り札」としてだけではなく、
非常に政治的な意味を持ち合わせているのだ。

鉄道ができれば、中国人・中国文化・さらには高度成長真っ盛りの近代化文明までもが、
固有の文化を持った自然と共に生きるチベットに、一挙に運ばれることにある。
これは実に恐ろしいことだ。
鉄道が完成すればチベットの固有の文化は急速に失われ、中国の単なる一観光地としての位置づけに堕するだろう。
今でさえも、中国近代化の波と政治的抑圧によって、チベット文化が失われつつある。
現在では、チベット固有文化を残している地域は、チベット本土よりむしろネパールやインドに移ってしまっているのだ。

あの苦難のバス旅をせずに、鉄道でチベットに行けるということは、
旅行者にとっては非常に魅力的なことだが、そんな背景があるだけに手放しでは喜べない。

奇しくもこの夕刊を見た夜、僕はチベットで出会った旅行者と飲むことになっていた。
その旅行者も、僕の家に来るなり真っ先に目を奪われたのが、この新聞記事だった。

この先「チベット」がどうなってしまうのか。
「チベット」がなくなる日が、この鉄道建設によって大きく早まってしまう可能性は高い。


by kasakoblog | 2001-01-15 00:23 | 一般