カテゴリ:一般( 239 )

2015年 08月 18日
社外取締役を増やせばイカサマしないと考える、まったく反省してない原発企業・東芝の末路
1500億円ものイカサマ利益かさ上げをした犯罪企業東芝が、
監督機能を強化するため、
社外取締役を4人から7人に増やすという。

バカじゃないの。
おまえらぜんぜん反省してないのね。
東証1部上場企業が1500億円ものイカサマ会計という、
詐欺を行ったにもかかわらず、
社外取締役の数を増やせば、
対外的に言い訳できると思っている、
確信犯的犯罪者の匂いがぷんぷんする。

これほどのイカサマ会計を行った東芝は、
もともと建て前的には「立派な監督機能」のある会社のはずだった。

・社外取締役が経営を監督する
米国型の制度「委員会設置会社」を産業界でいち早く導入
・社外取締役を4人配置

にもかかわらず、とんでもない詐欺を行ったのだ。
なぜか。
いくら建て前的に制度を整備したところで、
制度を骨抜き形骸化したり、
経営陣に順法意識が皆無だったからだ。

欧米に比べて順法意識が皆無で、
未だに非効率な経営を行っている日本企業は、
社外取締役などを導入することで、
投資家からの信頼を得て、
効率的な経営にあらためようとしている動きは活発になっている。
今年からコーポレートガバナンスコードが導入され、
日本企業の企業統治が変わる!なんて、
アホみたいにもてはやしていた矢先の不正だ。

ところが日本企業の社外取締役は、
経営を監督するのが目的ではなく、
官僚と癒着するための天下りのポストと化している。
朝日新聞によると、企業の社外取締役の約2割が官庁出身だという。

企業経営もしたことのない、
民間企業の経験すらないであろう官僚を、
社外取締役にしたところで、不正など見抜けるわけもない。
というか天下りを受け入れて恩を売り、
国民を無視して自社に有利な、
政策や法制度を作ってもらうのが目的としかいいようがない。

東芝は4人の社外取締役のうち、
1人が経営経験者だが、あとの3人は経営未経験。
しかも2人は元外務官僚だ。

なぜ元外務官僚なのか?
もしかして原発?!
東芝が不振に陥った原因の一つ原発事業がある。
よりによって福島原発事故が起きる前に、
アメリカの原発企業を買収してしまった。

ところが原発事故が起き、逆風である。
日本じゃ原発なくても電気が足りることもわかってしまった。
そこで原発の死の商人である自民党安倍首相に、
海外での原発トップセールスに力を入れてもらっているわけだが、
海外で原発を売り込むために、
社外取締役に外務官僚を引っ張り込んだのだろうか?
いや海外に原発売り込みたくて官僚が必要なら、
社外取締役じゃなく、海外事業部なりで雇えばいいのに、
なぜ社外取締役なのかがさっぱりわからない。
結局は天下り先ポストを用意して企業と官僚が癒着し、
いらない原発を海外に売りやすくするための方法だったのかとすら邪推される。

東芝に限った話ではなく、
官僚を社外取締役に招くことで、
経営の監査や経営の効率性どころか、
よりおかしな企業経営をしているとしか思えないのが、
うすら寒い日本企業の「コーポレートガバナンス」の現状だろう。

そして何よりもいくら立派な制度を整備しようが、
仮に社外取締役を増やして、経営経験豊かな人材を招いたところで、
企業の経営陣が腐っているのだからどうしようもない。

毎日新聞によると東芝について、
「パソコン事業の利益水増しの舞台となった「部品押し込み販売」について
「1人の監査委員が懸念を指摘したにもかかわらず、
監査委員会で問題点を審議するなどの行動は行われなかった」という。」

と書かれている。
http://mainichi.jp/premier/business/entry/?id=20150724biz00m010013000c

なんといっても東芝は3代にわたる歴代社長が、
利益の「水増し」をしていたという、
経営者として終わっている、
というか人間として終わっている人間が、
トップになっているのだから、
どれだけ素晴らしい制度を整えたところで、
トップが聞く耳をもたず、
それどころかトップ自ら不正に手をそめているのでは、
もはやお話にならない。

それにしても東芝は、
1500億円以上の利益水増しを5年以上にわたって、
行っていると言われているのだが、
50億円程度の利益水増しを1年したライブドアは、
上場廃止になっただけでなく、
経営者のホリエモンは刑務所にぶち込まれた。

ライブドアの強制捜査もこれみよがしに行われ、
ライブドアショックと呼ばれる、
株式市場の暴落を招いた。

ライブドアやホリエモンより、
金額ベースで30倍悪いことをしている、
東芝は上場廃止になる気配はまったくなく、
経営陣もブタ箱に入る様子もなく、
「社外取締役を4人から7人にした。
どうだ、すげえだろう」レベルで、
幕引きを狙っている。

ほんと日本って素敵な国ですね。
どれだけ刑罰が恣意的なんだろう。

東芝のようなイカサマ会計をさせないためには、
もはや社外取締役がどうのとかいう問題ではなく、
1:不正を行ったら上場廃止
2:不正を行ったら経営陣を刑務所へ
3:不正を行った経営陣の財産没収と損害賠償
4:内部告発を握りつぶさず、告発しやすい環境の整備
の4つが必要ではないか。

自分の損得しか考えていない経営陣が、
不正会計に手を染めるわけで、
でも逆に言えば、こいつら自分のことしか考えてないから、
もし自分の在職中に不正会計があり、
刑務所にぶち込まれるとか、
財産が没収されるとなれば、
自分が損するから絶対に不正はしないだろう。

もう社外取締役がどうのとか、
コーポレートガバナンスコードがどうのとか、
実効性のないコーポレートガバナンスごっこはやめて、
不正が起きないような実行力のある仕組みを導入したらどうだろうか。

それにしても役人や政治家や財界やマスコミと仲良くしていると、
上場廃止にもならず、ブタ箱にも入れられず、
役人や政治家や財界やマスコミに嫌われると、
恣意的な捜査で上場廃止になり、ブタ箱にも入れられるという、
どんだけアレな国家なのでしょう。
この国は。

・戦争も東芝も原発も新国立競技場もすべては無責任体制
~なぜ日本はバカな過ちを繰り返すのか
http://kasakoblog.exblog.jp/23565430/

・ホリエモンを実刑にするから原発がなくせない
http://kasakoblog.exblog.jp/14681408/

・ホリエモンと一票の格差に見るルール皆無の日本社会
http://kasakoblog.exblog.jp/20010584/

・福島原発の設計に関わった元東芝技術者の警告
『原発を並べて自衛戦争は出来ない』
http://kasakoblog.exblog.jp/21552942/

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらに届かないので、別のメールでお送りください。

<どなたでも参加できるかさこオフ会>
・9/8福岡
http://kasakoblog.exblog.jp/23533732/

・10/18に都内老舗旅館でかさこオフ会
http://kasakoblog.exblog.jp/23558327/

<年内のかさこ塾=全4回の実践編の予定>
・京都:9/17(木)~定員18名、申込16名
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・東京・広尾:10/7(水)~定員15名※満席、キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/23488102/

・福岡:10/16(金)~定員20名、申込6名※10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23472519/

・東京サンクチュアリ:10/29(木)~定員20名、申込5名
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<2時間凝縮のブログ術講義+懇親会>
10/15佐賀
http://kasakoblog.exblog.jp/23510376/

11/7沖縄
http://kasakoblog.exblog.jp/23531194/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-08-18 14:49 | 一般
2015年 07月 14日
このカレーが1300円!高い!まずい!へぼい!おもてなしなき地方空港が地方のイメージダウンに貢献
e0171573_1245179.jpg
このくそまずそうなカレーライスは、
旭川空港のレストランで1300円するもの。
30年前ならともかく、空港という既得権益を利用し、
高い、まずい、へぼい料理を平然と出す、
地方空港のレストランが、旭川空港に限った話ではなく、
未だ多いことに唖然とする。

地方に旅行や出張してがっかりすることといえば、
地方空港のレストランの値段の高さ、料理のまずさ、サービスの悪さだ。
地方活性化だの地方創生だのと騒いでいるけど、
だったら、地方空港に地元の名物料理を出す、
選りすぐりの名店集めることをまずやれよと思う。

一昔前より地方空港のレストランのレベルは上がっていると思うし、
北海道の新千歳空港のように、選りすぐりのラーメン店を集め、
市内で食べるのと同じように、
おいしくてそんなに高くない店をそろえる空港も増えてはいる。
e0171573_1261317.jpg

(新千歳空港のラーメン。うまい!)
しかし地方空港のレストランは総じてひどい。

出張で地方で行く場合、わざわざ宿泊しなくても、
仕事だけして日帰りで帰れちゃうことが増えたが、
そんな時に唯一の楽しみは地方の名物料理を楽しむことだ。

日中は仕事で忙しくて町で店に行く時間がなかった。
ならばせめて帰りの飛行機に乗る前に、
空港で名物料理でも食べて帰るかと思うビジネスマンも多いと思うのだが、
そこでがっかりする人は多いのではないか。

「なにこれ?こんなんだったら東京で地方の名店に行った方がマシだよね」
「なにこのひどさ?だったら東京についてから食べるわ」

町への利便性が悪いという立地を悪用した、
地方空港の殿様商売ともいうべきか、
サービスは悪い、接客は悪い、値段は高い、
味もたいしておいしくない、量も少ない、
営業時間が短いなどなど、ろくでもないところもまだまだある。

地方空港に限った話ではないのだが、営業時間が短いのも問題。
早朝の飛行機を利用すると空港の飲食店や売店がやっていない。
いや客がそんなにいないならともかく、
羽田空港はひどくってね、
朝6時にならないと売店と飲食店がオープンしないもんだから、
その前から多くの人が店前で並んでいる。
e0171573_12141691.jpg

(写真:朝6時の羽田空港。開店と同時に大行列)

この光景を何度見たことか。
早朝便の利用者のこと考えて、
20分ぐらい早めに営業することはできないのだろうか。

空港の飲食店のラストオーダーも異様に早い。
最終便利用で空港ついて何か食べようと思っても、
もうすでにほとんどの店が閉まっているのに度々遭遇する。
空港利用者のことを考えて営業時間をもう少し長くできないのだろうか。

サービスや対応の悪さも空港はピカ一。
先日、ある地方空港でレストランを利用した際、
クレジットカードを出したら、「使えないから現金で」と店員。
いやいや使えるでしょと何度も押し問答。
結果、使えた。
この店員がカード決済のやり方が、
ちゃんとわからなかっただけだった。

わからないならわかる人呼べばいいのにさ、
平然と使えないといってしまう素晴らしき根性。
さすがは殿様営業の空港レストランの店員スタッフだけはある。

地方空港におもてなしの心がない。
出張に行った帰りに、東京ではなかなか食べれない、
とってもおいしい名物料理が食べられたら、
その地方の印象はむちゃくちゃよくなるだろうし、
「またこの料理、食べに来たいな」とか、
「今度は家族を連れてくるか」とか思うわけです。

しかも、近年になって、
地方の名だたる老舗や名物料理店が東京に支店を出するようになった。
地方に行かなくても、地方で食べなくても、
地方の名物料理が東京で食べられる。
名物料理の味を知った東京人にとって、
地方空港で出すまがいものの名物料理に、
見向きもしなくなるのは当然だろう。

もちろん「空港のレストランは総じてまずい」というのは、
今も多くの人にとって常識であり、
「空港のレストランで食事をするおまえが悪い」というのは、
最もなことだと思うのだが、
出張とか旅行とかでもなかなか時間がなくて、
市内で食べることができなかったり、
余裕を見て空港に着いたので、空港で食事してから帰ろうという人も多いはず。
そんな時にくそまずい料理をバカ高い値段で出すなんて、
わざわざ地方の印象を悪くするようなものだ。

まったく地方空港のおもてなしにも力を入れず、
地方が衰退しているからどうにかしろと、
自分たちは何の努力もせずに金だけせびり、
地方創生だのといって税金をネコババし、
しょうもない一過性のことだけに金をばらまき、
そんなんじゃ活性化するわけがないから、
また何年か過ぎると、衰退しているから金をくれという、
税金泥棒根性の地方。

まずはさ地方空港の食事レベルを上げることから、
地方活性化に取り組んではどうか。
目先の利益を得るために、
空港という殿様立地にあぐらをかいて、
高い、まずい料理を出していると、
その地方に出かける人は少なくなるのではないだろうか。

空港は地方の玄関口。
玄関口にわざわざまずくて高い料理を出してどうする?
国内出張者だけでなく外国人観光客も多い地方空港。
インバウンド消費バブルも地方空港の食事のレベルの低さで、
わざわざ日本や地方のイメージダウンを促している。

・中国人様様の地方観光地。インバウンド消費バブルもサービス精神なき地方商店も
http://kasakoblog.exblog.jp/23410836/

・名所がなくてもおいしい料理がある場所は旅の楽しみが10倍になる!
http://kasakoblog.exblog.jp/22891768/

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りください。

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

<楽しい仲間が増える!かさこ塾開催のお知らせ>
・大阪と京都でかさこ塾開催仮決定!
京都は11名申込!大阪は5名!※10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・待望の東京・土曜日開催!満席となり現在キャンセル待ち。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
※上限5000人に達している状態が続いているため、
友達申請は承認にお時間をいただく可能性があります。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-07-14 12:08 | 一般
2015年 06月 19日
少年Aの手記の出版賛否より精神異常や未成年を理由に極悪犯罪人の刑罰が甘すぎる
酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aが手記「絶歌」を販売したことが、
未だに大きな話題(その多くは批判)となっているが、
この手記騒動で考えなければならないのは、
日本が極悪犯罪人に対してあまりにも刑罰が甘すぎることではないか。

先日、電車内の週刊新潮の中吊り広告で、
「気を付けろ!『元少年A』が歩いている!」
というタイトルを見て、ぎょっとした。
何の罪もない小学生2人をなぶり殺し、
他3名も重軽傷を負わせた鬼畜が今は世の中に放たれていて、
もしかしたら電車内で隣に座っているかもしれないし、
町ですれ違うかもしれないということだ。
こんな恐ろしいことはない。

未成年だからとか精神異常だからという理由だけで、
何の罪も何の関係もない小学生2人が殺されたのに、
この極悪犯罪人は、税金で保護され、税金で心のケアを受け、
「更生」のために莫大なコストや時間をかけられている。

おかしくないか?
そんな金と時間があるなら、
被害者家族の心のケアのために、税金を注ぎ込めよ。
殺された子供も殺された子供を持つ家族も、
何にも悪いことはしていないのに、
たった1人の人間のクズのせいで人生を台無しにされ、
とてつもない心の傷を背負わされているのに、
鬼畜の加害者の人権が守られ、更生するために税金が使われる不思議。
殺された子供の人権はないのか。
被害者の人権はないのか。
被害者の許諾なしに出版したうんぬんなんて問題ではなく、
こんな犯罪人が堂々と世の中に放たれることの方が大問題だ。

更生可能性のあるような犯罪ならともかく、
何の罪もない子供をなぶり殺し、
頭部を切断して学校の正門前に置くような異常者だよ。
未成年だからとか精神異常だからとか、
何年もケアしたからといって世に放たれる必要はない。
それどころか再犯の可能性すらある。
どうするんだ。また被害が出たら?
殺されたら二度と生き返らないんだよ。
殺した人間が堂々と生かされるなんて信じられない。

例えばケンカしていて、
カッとなって殺してしまったとか、
そうした場合に何でもかんでも死刑にせよとは思わないけど、
少年Aはそんなレベルの犯罪じゃない。

「あなた方は、『加害者の側になる可能性がある』のだが、それは考えたことがないのか?」
なんてバカなこと書いてた元アナウンサーがいたけど、
どこの誰が小学生を殺して頭部を切断し、学校前に置くんだ?
そんな加害者になるやつなんて10年に1人いるかいないかの確率であって、
誰もがこんな鬼畜な加害者にはならない。
電車内でトラブルになって間違って人を殺してしまったとか、
そういうレベルの犯罪じゃないんだよ。

子供の頭部を切断して正門前に置く犯罪者を、
生かしておくことが社会の正義なのか、
まともに生きる圧倒的多くの人が、
犯罪に巻き込まれないリスクを減らすことが正義なのか。
私は断然後者だと思う。

鬼畜の人権は手厚く守られ、世に放たれて、
被害者感情をさかなでするだけでなく、
他の人たちの安全な生活を脅かすのが当たり前って、
どう考えてもおかしい。

未成年だろうが精神異常だろうが、
鬼畜な犯罪者は死刑か終身刑にすべきだ。
まともに生きる多くの人たちの人権を守るため。

ついでに裁判員制度なんてくだらない制度やめて、
被害者が刑罰を下せるようにしてはどうか。

18年前に小学生をなぶり殺した元少年Aは、
あなたのそばにいるかもしれない。
そんなに加害者の人権を守ろうとする意味が、
まったくわからない。

そういえば「検察官、悔しかったら死刑にしてみろ」
「刑務所出たらまた人を殺す」と叫んだ鬼畜は、
昨年3月に千葉県柏市で連続通り魔事件を起こし2人を死傷させた竹井聖寿被告。
彼の言う通り。
この極悪犯罪人を死刑にできない方が狂ってる。

極悪犯罪人に死刑または終身刑を。

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
(Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りいただければと思います)

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
※上限5000人に近づいているため、承認にお時間をいただく場合もあります。
フォローは遠慮なくどうぞ。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

<講義のお知らせ>
・6/28(日)取手(14:00-16:00)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/22950780/

・7/10(金)北海道・網走(18:30~20:30)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/23105629/

・2015年7月28日(火)広尾88スタジオ 昼の部14〜16時/夜の部19〜21時
住所:東京都渋谷区広尾5丁目21-5ライツェント広尾200(2F・公園側入口)
交通:恵比寿駅徒歩13分・広尾駅6分
受講費:4000円(税込) 定員:各回20名
申込:
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=265242

名古屋でのかさこ塾は残り2名に!定員20名、申込18名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23158780/

・待望の東京・土曜日開催!全4回の申込もスタートしました!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739


by kasakoblog | 2015-06-19 19:32 | 一般
2015年 05月 24日
客の良識に期待するのが間違っている。飲食店やイベントのドタキャン被害問題の唯一の対策
飲食店のドタキャン被害が最近にわかにネットで騒がしくなっている。
銀座の有名すし店が中国人客の予約を拒否したことから、
人種差別だ!と話題になったが、外国人客はドタキャンが多く、
店に多大の損害が出るため、ホテルのコンシェルジュか、
カード会社を通じた予約に限定しているとのことらしい。

有名店に限らず、外国人客に限らず、
飲食店や居酒屋の予約ドタキャン、無断キャンセル問題は深刻だ。
以前、何かの記事で見たが、会社の忘年会の予約をするのに、
複数の店を同時に予約で抑えてから、社員に意見を聞き、
1つの店以外はドタキャンするだとか、
何十名ものパーティーなのに無断キャンセルしたとか、
まあひどい客がこの世の中にはいるみたい。

またこんなブログもあった。

モノリスでも実際にドタキャン、無断キャンセルが大きな損害となっておりますし、
Face book 上でもキャンセルが同業者の悩みとなって頻繁に話題に上がりますし、
業界の為にあまり良くないと思い、インタビューを受けました。
特に小さな店には死活問題です。

http://ameblo.jp/le-monolith/entry-12030232098.html

ドタキャン損害は古くからあることなのかもしれないが、
もしかしたら近年、増えているのかもしれない。
とりあえず予約しておき、都合が悪くなったらキャンセルすればいいみたいな。

イベントやセミナーも同様だ。
とりあえず予約だけしておいて、ドタキャンや無断キャンセルする。
もちろんやむを得ない事情でキャンセルしなくてはならない場合もあるのだろうが、
仮押さえしておいて、直前になって気が向かないからいいやみたいな、
そういうドタキャンも多いような気がする。

仕事のキャンセルも同様。
仕事の発注があったから取り掛かったのに、
何らかの理由で仕事がストップになり、
最後まで仕事が終わってないからギャラは支払われないという、
そうした事態に泣かされる下請け企業やフリーランスも多くいるはずだ。

ただ思うんです。
飲食店もイベント主催者も仕事受注者も、
客のモラルをいくら訴えてもはっきり言って無駄無駄無駄。
もちろん世の中はドタキャン、無断キャンセルするひどい人ばかりではない。
というかそういう人の割合は全体的には少ないと思う。
でも少ないから客の良識に任せるというのがそもそも間違っているのではないか。
なぜならモラルのないひどい客が100件に1件であっても、
場合によってはそれによって被る実害は、
自分の生活基盤を揺るがしかねない死活問題になるからだ。

だからキャンセルポリシーをきちんと明記すればいい。
前払いにすればいい。予約金をもらえばいい。
予約時にちゃんと相手の個人情報を確認し、
無断キャンセルの場合は公開すればいい。

客のモラルに期待するからいつまでたってもこの問題は解決しない。
泣き寝入りに終わるだけ。
だからちゃんとキャンセルポリシーを定めて、
自分たちに損害のないようリスクヘッジをしておくべきだ。
それがプロの仕事ではないか。

ホテル業なんかはわりとこれ当たり前。
事前決済で、何日前からキャンセル料がかかるのは普通。
だから飲食業なんかもちゃんとそのようにすればいい。

実は私もキャンセルポリシーについては客のモラルに期待しすぎて、
失敗したことがある。
あるイベントで事前振込みなしにしたところ、
すぐに予約で満席になったのだが、
当日ふたをあけてみれば1/4近くがドタキャン、無断キャンセルする始末。
また事前に振込期限を設置しても、
そのギリギリまで「とりあえず予約」しておき、
振込期日のお知らせをした途端「やっぱりキャンセルする」という、
確信犯にも似た悪質なドタキャンもある。
こうしたドタキャン客のせいで「満席というからあきらめたのに、
空いているのなら行きたかったのに」というクレームも発生することになる。

でもそれをモラルに訴えてもダメなんだと思う。
この世の中にバカはなくならない。
そしてごく限られたバカのためにその他大勢のまじめな人が損をすることになる。

だからいい加減、飲食店は予約は電話やメールでの口頭約束ではなく、
予約人数に合わせて前金を振り込ませて本予約にし、
キャンセルについてもしっかりキャンセル料を取ればいい。
ホテルでできてるんだから飲食店でできないはずはない。

飲食店しかり、イベント主催者しかり、仕事の受注者しかり。
悪質な客が紛れ込むリスクを想定内に織り込んで、
きっちり前金、キャンセルポリシーを作ったらいい。

悪質な客のせいで実害を負担するなんてプロの仕事ではない。
代金を回収して始めてプロの仕事なんだと思う。

・キャンセルするなら連絡しろよボケカス!というカスな輩が多い件
http://kasakoblog.exblog.jp/22450864/

・無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。

かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-05-24 22:34 | 一般
2015年 05月 08日
高崎山サルの名前を批判するサル以下のバカどもに英王室「名前の付け方は所有者の自由だ」と当たり前の話
e0171573_292864.jpg
(昨年撮影した高崎山のサル写真)

日本人の中にはサル以下の知能しか持ちあわせていないバカどもが多数いることが判明したようだ。
高崎山の赤ちゃんザルの名前が「シャーロット」に公募で決まったところ、
なんと高崎山自然動物園の苦情が殺到。
「英国王室に失礼だ」
「日本の恥」
「なぜサルに王室の名前を付けるのか」
「問題は日本国内にとどまらないぞ」
「天皇家の方々のお名前を外国のサルに付けられたらどんな気持ちか」
「外交問題に影響するのではないか」
といった批判、苦情が相次いだという。

立派なご意見をお持ちの方々はサル程度の知能も持ちあわせてないのか。
日本のローカルなサル山の赤ちゃんザルに、
公募で多数だった「シャーロット」という名前をつけただけ。
英国王室に失礼とかいっているバカは、英国王室の親戚か側近か何かなのか。
最もダメな批判というのは、当事者でもないのに当事者気取りで批判することだ。
まさにこれ。

「福島の人がかわいそうだ」っておまえは福島の人なのか、
というのと同じで「英国王室に失礼だ」って、それはあんたの勝手な妄想であって、
英国王室が失礼だと文句言ってるわけじゃないだろ。
そもそも高崎山の赤ちゃんザルの名前が何になろうが、
抗議をしているバカどもに何の不利益もない。
それどころかこのバカ騒ぎのせいで、
高崎山の2本しかない電話は鳴りっぱなしで電話がつながらなかったり、
ホームページもアクセスが集中しているため見れないようだ。
ゴールデンウイークの最中だっていうのに。営業妨害としかいいようがない。

こんなことでわざわざ電話したりメールしたりして抗議をする暇人は、
高崎山に行ってサルの世話か電話番でもしてこいって話。
言っておくけど、群馬じゃないぞ。大分だぞ。
そのぐらいはわかってるよな。

ちなみに英王室広報担当者は7日、共同通信に
「(公式的には)あくまでもノーコメントだが、
名前の付け方は所有者の自由だ」と述べたそうだ。
http://mainichi.jp/select/news/20150508k0000m040118000c.html

サルに「シャーロット」と名前をつけたことが「日本の恥」なんじゃなく、
こんなことで大騒ぎして、英王室広報担当者にまで、
「日本ではこんな騒動になっていますがどう思いますか?」
って状況になる方が「日本の恥」だ。

サルの名前に何をつけようが、あんたは関係ない。
英国王室でもないのに英国王室は失礼と思うと、
あんたが英国王室の意見を代弁する資格はない。
たかがサルの名前が何になろうが、あんたに被害も不利益もない。
しかも公募多数で選ばれたんでしょ。
いいじゃないですか。
e0171573_212445.jpg

だいたいさ、抗議している連中は高崎山のサル、見たことあんのかよ。
全国の野猿公園でサルを撮っているけど、子ザル、赤ちゃんザルはね、
めっちゃかわいいのよ。
そういうサルをリアルで見たこともないから、「たかがサルになんて」と思うのだろう。
天使のようなかわいさなんだから、小さなサルは。

まあさすがに今回のようなことにイチャモンつける人は、
極めて少ないとは思うのだが、ただこの手の批判って案外多い。
自分は不利益を被るわけでもないし、別に違法行為を発見したわけでもないのに、
当事者でもないのに当事者気取りして「もしあの人が見たらどう思うんだ!」
みたいな勘違い批判が。

当事者の気持ちは当事者にしかわからないわけで、
あんたが気に食わないからといって、けしからんと、
わざわざ営業妨害してまでメールや電話をする必要はない。
気に食わないんだったら、自分のブログに自分の意見を書け。
英国王室が失礼だなんてとんちんかんなこと書くんじゃなく、
自分は気に食わないと書けばいいだけの話だ。

そういえば最近、為末大さんのサイトにこんな記事があった。

”あなたは間違えてる”はだいたい”君の考え方が気に食わない”だし
”あの人が傷ついているじゃないか”は”僕の気に入らないことをするな”だし、
太宰治に言わせれば”世間が許さないのではなくて、
それはあなたが許さないのでしょう”だろうと思う。


http://tamesue.jp/20150505/

まさにその通りだと思う。
自分が気に食わないことを「あの人がー」とか「世間がー」とか「みんながー」とか、
勝手にすりかえるんじゃない。
e0171573_2131391.jpg

それよりもこれを機に全国の野猿公園に行って、
赤ちゃんザルや子ザルのかわいさを生で見てこい。
きっとサルに対する考え方が変わるから。

ちなみにトリップアドバイザーが発表した、
「外国人に人気の日本の観光スポットベスト30」に野猿公園が2つもランクインしている。
(14位:嵐山モンキーパーク、21位:地獄谷野猿公苑)
サルも貴重な観光資源になることも知らないようだ。

・当事者でもないのに当事者気取りで批判するダメな人の例
http://kasakoblog.exblog.jp/21711771/

・昨年撮影した高崎山サル写真
http://kasakoblog.exblog.jp/22121022/

<全国の野猿公園に行って撮ったサル写真>
・長野地獄谷温泉
http://www.kasako.com/1201saru2.html

・京都嵐山モンキーパーク
http://www.kasako.com/0808kyosarufoto.html

・伊豆波勝崎苑
http://www.kasako.com/1105saru.html

・小豆島お猿の国
http://www.kasako.com/1103saru1.html

・淡路島モンキーパーク
http://www.kasako.com/1008sarufoto1.html

・動物園のサル山ほかサル写真一覧
http://www.kasako.com/zootop.html

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-05-08 02:13 | 一般
2015年 05月 06日
マクドナルドが破滅の道まっしぐら!フランチャイズ化加速でますます衰退か
日本でのマクドナルドの低迷ぶりはひどく、
時給1500円どころかこのままだと営業不振で店舗閉鎖が相次ぎ、
アルバイトの仕事すらなくなる状況だと思うのだが、

マクドナルド、380億円の赤字予想 190店を閉店へ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASH4J5HKDH4JULFA02F.html

マクドナルドが低迷しているのは日本だけでなく、アメリカも同様のようだ。
yahooのトップニュースに、

米マクドナルド、世界の9割FC化へ 低迷でコスト削減
経営不振が続く米マクドナルドは4日、再生計画を発表した。
フランチャイズ形式の店舗数を増やすことなどで、
2017年末までに年間3億ドル(約360億円)のコスト削減を実現するという。

と出ていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150505-00000020-asahi-bus_all

あー。そんなことしてるからまた衰退・破滅の道まっしぐらなんじゃないの?
たまたま先日「マクドナルド失敗の本質」小川孔輔著を読んだ。
この本はデータをもとにしっかり分析した良書なのだが、
この本によると、マクドナルドはハンバーガー事業をしている企業ではなく、
不動産リース事業が主体だと指摘する。
ようはマクドナルド本体は、フランチャイズ店に、
土地と店舗を貸すことで賃料をせしめて儲ける不動産リース業なのだと。

この米国流経営にシフトして大失敗したのが日本マクドナルドだ。
日本マクドナルドを創業した藤田田氏がトップの時代は、
直営店の方が圧倒的に多く、社員の待遇もよかったというのだが、
藤田田氏が退任し、原田泳幸氏が代表に就任すると、米国流経営に徐々に改められ、
また、米国流にせよとの本国からの圧力を受けたため、
直営店を売却し、次々にフランチャイズ化していった。

日本マクドナルドの不振の原因がフランチャイズ化だけではないが、
目先の収益を追い求める原田流&米国流により、
マクドナルドは、まずい、高い、遅い、汚いの4拍子そろった、
どうしようないチェーン店となったのだ。

私は1993年から1997年までの4年間、アルバイトだが、
マクドナルドのフランチャイズ店と直営店の両方で働いていたことがある。
FC店と直営店の両方でマネージャーとして働いていた経験を持つ人は、
そんなにいないと思うのだが、私のこの時の経験からするに、
FC店と直営店はあらゆる面でクオリティに格差があった。

マクドナルドの企業理念にQSCVがあるのだが、
Quality(品質) /Service(サービス) /Cleanliness(清潔さ) / Value(付加価値)
FC店はすべてにおいて直営店に劣っていた。
私が20年前に働いた2店舗での比較に過ぎないので一般化はできないと思うが、
まるで違うブランドの店といっても過言ではなかった。

もちろん直営店の方があらゆる意味で上。
商品を作る丁寧さ。接客対応の良さ。
マニュアルを厳格に守り、品質を保つことをはじめ、店内の清潔さしかり、
アルバイト店員の仕事のレベルやモチベーションも段違いだった。
私なんぞ、FC店でマネージャーになってから直営店に移ったのだが、
直営店ではマネージャーレベルに達していないとみなされ、
それどころか末端のアルバイトにも「そんなことも知らないんですか?」
と言われる始末で、直営店ではすぐマネージャーから降格し、
末端アルバイトからやり直し、マクドナルドのQSCVを叩き込まれることとなった。

FC店で培った技術は、いかに少ない人数で、いかに要領よく、
いかに必要最低限だけのことをやって、利益を得るかに集約されていたように思う。
しかし直営店はまったく違った。
目先の利益よりマクドナルドのブランドや誇りを第一に考え、
それがアルバイトにまで浸透していたのだ。

だから時給1500円なんかもらえず、マネージャーでも時給830円にもかかわらず、
なぜか自主的に1時間前に出勤したりして、
店のサービスがよりよくなるための改善提案レポートを書いたりなんかしていた。

まあもちろんこれは私の経験でしかないから、
他のFC店や直営店がどうだったかはわからないし、
2000年以降のFC店や直営店がどのようなスタンスで、
仕事に取り組んでいたのかはわからない。

ただFC化を進めれば進めるほど、どんどんQSCVは落ち、
株主も本社もFCも現場も目先の利益を追い求めるために、
あらゆるサービスの質を落としていくことになるのではないか。
それが結果としてマクドナルドの客離れにつながり、
今の日本マクドナルドの破滅的衰退をもたらしたのではないか。

本業であるハンバーガー業やサービス業の改善はさておき、
不動産賃料で手っ取り早く金が稼げるから、コストのかかる直営店をどんどん潰して、
フランチャイズ化しちまえば、本社のコストは削減され、
利益は上がるから一時的に数字的には再建できるのかもしれないが、
そんなことしたら、ますます現場も目先の利益を追うため、
サービスもひどくなり、客離れが進行するという、
日本マクドナルドが犯してきた失態を全世界で繰り返すことになるのではないか。

しかもFC化を進めて、FCに店舗運営やメニュー、価格設定など、
自由裁量があればいいが、FCに裁量はほとんどないため、
もはや他の日本の外食産業には太刀打ちできない高価格のメニューや、
単に長居するだけが目的の人しかこない100円メニューの併用により、
客はいるけど単価は低く、今まで中価格帯のセットメニューで、
ビジネスマンやファミリー層を取り込めていたのを高価格で逃し、
でもメニューは以前に比べてやたら増やされたので、
店舗の運営には手間がかかるという負の遺産は押し付けられるため、
もはやマクドナルドはスタバか吉野家かはなまるうどんに鞍替えするぐらいしか、
立ち直る方法はないんじゃないかというところまで追い込まれている。

短い期間での数字的成果を求める米国流経営のせいで、
短期的に売り抜ける株主だけは儲かるのかもしれないが、
企業として社会にしかるべき価値を提供することを放棄した、
フランチャイズ化促進により、マクドナルド破滅のカウントダウンはさらに早まったのではないか。

私もアルバイトした後もマクドナルドはかなり高頻度で利用していたけど、
2000年半ばぐらいになってからめっきり利用しなくなった。
このままだとほんと全部がスタバに鞍替えなんてことになってしまうかもしれない。
不動産リース業に転身するなら、マクドナルド店である必要はなく、
今、好調な外食店に貸せばいいだけの話。

米国流なのか何なのかわからないけど、
目先の利益を追い求める企業は早々に潰れるんじゃないか。
食の健康志向が高まっているうんぬんだけではなく、
マクドナルドは完全に自滅パターンだと思う。

・マクドナルドのことがわかる良書「マクドナルド失敗の本質」小川孔輔著

※ちなみに私が思うマクドナルド復活プラン
・メニューを少なくし、あらゆる手間やコストの削減
・高価格路線はやめる
・100円メニューなど単品長居させるメニューはやめる
・400円、500円、600円の3価格帯のセットメニューの復活
・時間や地域での価格変化をやめる
・米国本社との決別

<お知らせ>
・好きを仕事にするセルフブランディング術&ブログ術地方講義ツアー開催一覧と予約状況
http://kasakoblog.exblog.jp/22966614/
※【重要なお知らせ】yahooメールで講義申込をしたみなさまへ
http://kasakoblog.exblog.jp/22962112/

・6/2よりかさこ塾7期生募集開始。定員20名、申込16名。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・6/11より大分・中津でかさこ塾8期生募集開始。定員20名、申込11名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23009236/

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-05-06 21:35 | 一般
2014年 11月 29日
わが子を虐待するなんて信じられなくはない~周囲のサポートがないと育児ノイローゼになる
わが子を虐待して場合によっては殺してしまう事件まで起きている。
子供がいなかった時は「アホじゃないのか。信じられない」
と思ったのだが、子供がいると、わからなくもないというか、
ほんと一歩間違うと誰だって危ういよなと思う。

小さい子供はほんと手におえない。
意味不明に機嫌が悪くなる。
言うことを聞かない。
そもそも言うことを理解してもらえない。
あの手この手をつかって紛らわそうとしても、どうにもダメな時もある。

まだ時間と心に余裕があればいいが、あと5分で家を出なくちゃいけないとか、
急ぎの用件があるといった場合には親に心の余裕はなくなる。
そんな状況の中でわめき騒がれると、つい手が出てしまう親もいるのではないか。
自分は今までそんなことはしたことないし、してはいけないとは思うけど、
そうしてしまう親の気持ちはわかる。
だってほんとどうようもない時はどうようもないから。

不妊治療の末やっと生まれた、ものすごいありがたい子供であっても、
やっぱり育児は大変だよななんて思うのだから、
ましてやろくに何も考えず性欲の赴くままできちゃった親なんて、
より育児に対するストレスやノイローゼになりやすいと思う。

そんな時、育児を手伝ってくれる人がいると非常に助かる。
母親と父親の2人がかりになれば、
交代交代であやすことができるから相当、精神的な負担は軽くなる。

だからシングルマザーなんかだと、
子供と1対1で向き合うことになるから相当厳しいと思う。
誰も助けてもらえる人がいない状況が続くと、
いけないことであっても虐待がエスカレートしてしまう。

親2人がかりでも大変といえば大変なのだが、
そんな時に大いなる助っ人となるのが、おじいちゃん、おばあちゃんだ。
孫かわいさに、たまに子供を見てくれるだけで、
どれだけ親の負担が軽くなることか。
おじいちゃん、おばあちゃんの手助けが期待できる家庭と、
そうではない家庭とでは親のストレスは雲泥の差だ。

ただ複雑な家庭状況だったり、祖父母が遠方に住んでいるなどすると、
助っ人が頼めず、親が抱え込むことになり、
親に心の余裕がないと暴力に発展してしまうのだと思う。

昔と違って近所づきあいも少ないから、
近所の手助けも得られないと相当追いつめられると思う。

日本は少子高齢化、人口減少、不妊社会で、
言い方はよくないかもしれないが、子は国の宝。
以前、徳島の漁村・伊座利を取材した際、集落の人が、
「子供はみんなの子供だから、
みんなで叱ったり教えたり遊んだりするのは当たり前」
といっていたのが印象的だった。

都会で地域的なつながりによるサポートは難しいのかもしれないけれど、
逃げ切り世代で、金を持て余し、金もろくにつかわず、
これといった趣味もなく、ただテレビばかり見ているような、
暇な高齢者はいっぱいいるはずで、
うまく彼らを活用して、日々の生活にいっぱいいっぱいで、
心に余裕のない子供のいる親をサポートできる仕組みがあれば、
わが子を虐待して死なせてしまったというような、
悲しい事件は起きないのになと思ったりしている。

金も時間も余裕のある高齢者を、雇用延長して若者の職を奪うんじゃなく、
こうした高齢者を世代間格差是正のためにも、
若い世代の手助けにうまく活用できないかなと思う。

あとは小さな子供のいる世帯にこそ「年金」を支給する。
経済的余裕がないと親にも余裕がなく、
仕事の忙しさやストレスから子供にあたりがち。

「消費税増税で生活、苦しくなっちゃとのよ」と、
街頭インタビューなどでほざいている、
見るからに生活が苦しそうにない、年金ふんだんにもらっている、
プチ富裕層の逃げ切り世代の年金をカットして、
小さな子供のいる世帯に金を回すべきだと思う。

そういえば、自民党が前回の衆議院選挙で幼児教育の無償化を公約に掲げたのだが、
年収360万円未満の世帯の5歳児の保育料を無料にする、
幼児教育の一部無償化導入は財源確保が難しいとの理由で見送られた。
一体、何のために増税してるんですかね。

もしくは育児ノイローゼになりそうだと自分で危険を感じたら、
SNSとかでSOSを出して、SNSでつながっている人が、
うまく手助けできるようなことができたらいいのだけれど。

<お知らせ>
・11/30(日)13:30~15:20、二宮町生涯学習センター「ラディアン」にて
「世界30か国を旅したフォトライターが語るファインダーを通して見た世界」
という講演を行います。興味のある方はぜひどうぞ。
入場料300円。問い合わせ:熊澤0463-72-1051

・かさこ塾5期生募集開始。20名限定。現在9名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン5」が11月末に完成。
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


by kasakoblog | 2014-11-29 22:57 | 一般
2014年 10月 01日
どれだけ技術が進歩しても問題意識のない企業や人間に進歩はない~西友レジの行列問題
10年前、20年前と違い、ネット環境とかデジタルデバイスとか、
様々なものが進歩し、ものすごく便利な社会が実現できるはずなのに、
それを使いこなして世の中をもっと便利にしようとか、
無駄をなくそうとか、そういう発想が人間にない限り、
どれだけ技術が進歩しても社会に進化はない。

スーパーの西友鶴見店の話。
西友鶴見店は地下1階と1階の2フロアが食品売り場になっており、
どちらのフロアでお会計してもよいことになっているのだが、
時間帯によってレジの込み具合が極端に違う。

昨日は夜20時過ぎだったせいか、お惣菜などがある1階のレジ3~4台に、
7~8人の大行列ができていて、
「これは地下1階のレジの方が早いな」と、
1階で私がほぼ毎日食べ続けているポテチを買い込み、地階1階の食材が多いフロアに行くと、
レジはほとんど並んでいる人はおらず、すぐに会計ができた。
レジを済ませて1階に上がるとまだ大行列。

なぜこんなバカげたことをするのだろう。
昼間の時間帯は地下1階で食材を買い込んで調理する主婦の方が多いから、
地階1階に人員を増やせばよく、
夜の時間帯は仕事帰りの人が多く、これから料理を作る人より、
惣菜や弁当などを買って済ませる人が多い傾向があるのだから、
1階に人員を増やせばよいのに、いつまでたっても改善をする様子はない。

今時、多額の投資をする必要はなくても、
1階と地下1階のレジの様子は、デジタルデバイス使ったりすれば、
互いに簡単にわかるわけで、連絡しあって、
暇な地下1階のレジの人が1階に行けばいいだけの話なのだが、
たったそれだけのことができない。

何もこの話は昨日に限った話ではなく、2年前にも同様の記事を書いていて、
西友のお客様相談室に連絡したのだが、返信もなく、
その後もまったく改善する気もない。
いつも行く度に行列ができていると「ああまたか」という感じで、
自分で時間帯を見て、空いているレジのフロアに行くようにしている。
その方がはるかに早い。
たまに両方のレジが混んでいることもあるが、
だいたいはどちらかのレジが極端に混んでいることが大半だ。

客も客で何度もこの店に来れば、
どの時間帯がどっちのレジが混んでいるかわかりそうなもので、
アホみたいに7~8人も並んでいる行列に並ばなくても、
1つフロアを降りてさっさと会計済ませればいいわけだけど、
たったそれだけのことができない。

行列って時間の無駄じゃないですか。
どっちのフロアでお会計してもいいのに、
片方のレジががらがらで店員が暇そうにしていて、
片方のレジが大行列でてんやわんやしているなら、
店員をシフトすればいいだけの話。
これだけデジタルデバイスが進化し、
いろんなことがそれほどお金をかけなくてもできる時代になっても、
時間の無駄をなくそうとか、客を効率的にさばこうとか、
そういう改善意識のない人間が多い限り、
どれだけ技術や機器が進歩しても問題は解決しないんだなとしみじみ思う。

未だにメールで連絡すればいい話を、
わざわざ電話してきて、逆に連絡がとれないとか、
整理券配布すればいいだけの話なのにわざわざ並ばせたりとか、
意味不明なことが行われているのは、技術を使う側の人間に進歩がないからだろう。

人生に無駄は必要だと思うけど、しなくてもいい無駄が多すぎて、
でもそれは今の技術や機器があれば簡単に解決できるはず。
そうしれば企業側もコスト削減や売上アップにつながり、
客側も無駄な時間の削減や待たされてイライラすることもないわけで、
双方にとってメリットがあるんだから今の技術を使えばいいのにと思う。

そういえば寿司チェーン店のアルバイトが、
ハサミを天ぷらにした写真をネットに載せて炎上しているらしいけど、
スーパーしかり飲食店しかり、コスト削減のために、
社員を使わず、社員が店をしっかり見る余裕もなく、
アルバイトやパートを教育せず、効率的な対応や客への接客をちゃんと教えず、
ほったらかしにして安い給料でやらせているから、せっかくの技術をいらんことで使ったり、
片方のレジが暇で片方のレジが行列していようが、そこに問題意識を感じる人間もいない。

安い給料でバイトやパート任せにするから、
かえってアホなことされたり、客の対応が悪かったり、
要領が悪かったり効率が悪かったりして、
かえってコスト増になっているという問題に気づかないのだろう。

どれだけ技術や機器が進歩しても、
やる気のない、向上心のない企業や人間によって生み出される問題は、
何も改善される傾向はないようだ。

2年前にも西友に問い合わせて何の返信もなく、
未だにバカげたレジ対応しているわけだが、もう一回、問い合わせてみよう。
客に聞く耳がある企業かどうかはわからないけど。
まあ仕方がない。
鶴見駅前は競合がなく、西友の一人勝ちだから殿様営業ができるのだろう。

※2014/10/1 13時追記
2年前と違い、西友のお客様相談室よりメールがすぐにきて、
「指摘店舗への指導を行い、スムーズなレジ運営をします」
といった趣旨の丁寧なメールをいただきました。

<お知らせ>
・好きを仕事にするセルフブランディング術&ブログ術=かさこ塾四期生募集開始。
20名限定。現在19名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


by kasakoblog | 2014-10-01 01:03 | 一般
2014年 09月 02日
さびれた地方都市にビジネスホテルがなぜ乱立するのか
e0171573_22202146.jpg
支店や営業所がなくなり、出張対応が増えたから。

なるほど、そういうことか!
e0171573_22224021.jpg

5月に映画上映のため釧路を訪れ、
今日は別件の取材で釧路を訪れているのだが、
北海道を代表する都市であるはずの釧路のさびれ具合は痛ましい。
e0171573_22233219.jpg

繁華街は夜になると多少は賑わっているものの、
繁華街の中心地にある大きな商業ビルなど、
そこかしこに閉鎖されてしまった建物が多い。
e0171573_22235255.jpg
e0171573_2224597.jpg

ところが。
繁華街のさびれ具合とは反比例するように、
駅周辺にはビジネスホテルが乱立している。
東横イン、東急イン、ルートイン、スーパーホテル、ANAホテル、
プリンスホテル、コンフォートホテル、ラビスタ……。
結構、真新しいホテルもある。

「ひょっとして中国人観光客でも増えてるの?」
とも思ったが、ある地元の人に聞くと、どうもそうではないらしい。

「昔は釧路にも支店や営業所があった。
でもどんどん支店や営業所は撤退してしまい、
出張対応が増えてるんです。
それで出張客用のビジネスホテルが多い」

なるほど。そういうことか。
確かに言われてみればビジネスマンが多い。
そういえば香川の高松もそんな話を聞いたことがある。
「高松は支店や営業所を設置する企業が少なく、
ほとんどが出張対応なんですよね」

今はメールでいろんなことができちゃう時代。
わざわざコストをかけて、
小さな都市に人をはりつけておく手間を考えると、
どうしても行かなければならない時だけ、
出張対応の方が賢いのかもしれない。

でも今は地方出張でも泊まりは実に少なくなった。
朝一の飛行機なり電車で行って、最終の飛行機なり電車で行けば、
余裕で帰ってこれるからだ。
もはや泊まる必要すらない。

札幌、福岡なんかは便数も多いので、取材があってもほとんど日帰り。
名古屋、大阪、広島あたりも言うに及ばず。

実は交通手段が便利になればなるほど、出張対応でいいんじゃねとか、
泊まらなくても日帰りでいいんじゃねとかになり、
そういう面で地方に落ちる金って少なくなり、
ますます便の良い東京一極集中が進むのではないか。
東京本社でだいたいどこも日帰り出張対応でカバーできるよねと。
e0171573_2225537.jpg

それにしても本当は繁華街に放置された廃墟ビルを、
うまくリノベーションしてホテルに変えてくれれば、
資源や立地の有効活用になるはずなんだけど、
多分、そんなことするとかえってお金がかかっちゃうから、
閉鎖ビルは放置されたままになっちゃうのだろう。

これから空き家率増加も大きな問題になるけれど、
閉鎖ビルや閉鎖施設が取り壊されもせず、
そのまま放置されるのって結構やっかいな問題で、
その辺、うまく法律でどうにかできないのかな。

取り壊し費用をちゃんとプールさせるとか、
何年か放置していたら国が壊して没収しちゃうとか。
繁華街のど真ん中に閉鎖ビルがいっぱいあるのはなと思いながら、
ビジネスホテルが周辺にやたらと増えていく、おもしろい現象が起きている。

・・・・・・
ただ飛行機にせよ電車にせよ未だに交通費はバカ高い。
すると取材なんかでライターとカメラマンを2人派遣すると、
宿泊でなくて日帰り出張でも、交通費負担が2倍になってしまう。

そんなわけで「カメラライター」=カメラマン+ライター、
撮影もできて文章も書ける私のところに、
地方取材の依頼がやたら多く、やたら方々飛び回っているわけです。

今回の釧路行きも今年7月にクリエイターEXPOに出展した際、
名刺交換した人からの依頼だった。

「展示会場で見て、カメライターって目立ってましたよ!
名刺もインパクトあったし。
何人も名刺交換したけど、撮影もできて執筆もできる、
カメライターって人がいたなってすぐ思い出しました。
『カメライター』って肩書きじゃなかったら多分思い出さなかったでしょう」

かさこ塾でも教えているけど、肩書きってほんと大事。名刺ってほんと大事。
そして何より自分の個性なり他者との差別化を考えた時、
飛び抜けた才能がなくても、才能の組み合わせで、
他者とは違う付加価値が提供できる方法もあることをぜひ覚えておきたい。

そういえば今日、釧路で食べた「さんまんま」も、
ある意味では「才能のかけ算」で際立つ価値を出しているいい例。
カメライターみたいなもんだなと思った。

・釧路名物さんまんま
http://kasakoblog.exblog.jp/22353050/

<お知らせ>
・10/21スタート。かさこ塾四期生募集開始。20名限定。現在4名申込み。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・旅写真がうまくなる秘訣を教えます!
9/20(土)に旅写真家・三井昌志さん&かさこコラボ講演&懇親会開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/22264232/

・9/20土に個人最強の営業ツール・セルフマガジンの作り方講座開催
http://kasakoblog.exblog.jp/22271274/

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!3500部増刷+1500部増刷しました!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


by kasakoblog | 2014-09-02 22:25 | 一般
2014年 08月 26日
氷水かぶるよりALSについて調べてみた~誰でもなる可能性のある病気
氷水かぶるよりALSとはどんな病気かを知る方が、よっぽど有用だと思うので、
氷水かぶることなく、ALSについての情報をシェアします。

<難病ALSとは>
・誰もがいつなるかもわからない病気

・ゆっくり全身麻痺になり、やがて死ぬ

・徐々に体が動かせなくなり、
目玉しか動かせなくなる

・治療薬や治療法が今のところない

・日本でALS患者は約9000人

ということです。

特に私が驚いたのは「誰もが突然なる可能性がある」という点。
日本では藤田正裕さんという方が、
今までバリバリ普通に働いていたのに、
30歳の若さで突然ALS宣告され、
徐々に体が動かせなくなったというのを本で読み驚いた。

つまり、たまたま不幸にして生まれつき、
難病を患ってしまったごく限られた特定の人とかではなく、
今はむちゃくちゃ元気な人でも、
ある日、突然、なってしまうかもしれない病気であることを考えると、
他人事ではないことがわかり、単に氷水かぶって終わりというより、
ALSについてもう一歩、関心が高まるのではないか。

それにしてもALSのことについて伝えようと、
ネットで調べたけど、教科書的で難しい単語ばかりの説明で、
はっきりいってさっぱりわからない。
そもそも「筋萎縮性側索硬化症」といわれた時点で、
読めないし、覚えられないし、難しそう、はい終了!
ってことになりかねない。

どんな病気なのかという説明も、

運動神経(大脳からの運動の命令を筋肉まで伝える神経)が選択的に障害され、
運動神経以外(感覚神経や自律神経、脳の高度な機能)は
ほとんど障害されない進行性の神経変性疾患を、
総合的に運動ニューロン疾患(MND)といいます。
表的なのが筋萎縮性側索硬化症(ALS)というまれな疾患で、
特定疾患に指定されています。
多くは孤発性ですが、一部は家族内発症がみられます。

(Yahoo!ヘルスケア)

なんて言われても、わかったようでまったくわからない。
一番、わかりやすかったのは、

選挙違反で問題となった医療法人徳州会の、
徳田虎雄さんの姿を思い浮かべればいい、

と言われたこと。
意味不明な単語を並べられるより、何よりもわかりやすかった。

わかりやすくかみくだいた上記のALSについての説明は、
30歳の若さで突然ALS宣告された藤田正裕さんの著書、
「99%ありがとう ALSにも奪えないもの」を購入し、読んでみて、
そこからわかりやすい部分を抜き出して紹介した。

著書自体はフォトエッセイ風になっていて、
普通に元気だった小さい頃の思い出なんかも書いてあるので、
ALSについて詳しく書いてある本ではないので、
そうした本だと思うと「期待はずれ」と感じると思う。

ただこの本を読んで、外資系広告会社で、
バリバリ仕事をしていた人が、
30歳の若さで突然、難病になってしまうのか、
というのが何より恐ろしかった。
本では「99%ありがとう」なんて、きれいごとのタイトルより、
「99%ふざけんな!」というタイトルの方がふさわしいぐらい、
本文では、憤りや怒りも書かれている。

興味のある方は読んでみるとよいと思いますが、
わりと内容は薄く、「こんな人がいるのか」
ということがわかる程度のものではあります。

「99%ありがとう ALSにも奪えないもの」藤田正裕著

・・・・・
数週間前に初めて氷水をかぶる動画を見た時、
これがALSの認知を広げるための活動だとは、
まったくわからなかった。
いつもおもしろいことをしている人だったので、
「なんか、またアホみたいなことやってるな!」
と思って、動画を見て終えただけだった。

その後も何人か氷水をかぶる動画を見たが、
単なるおもしろい企画のチェーンメールなのかと思ったら、
この氷水をかぶることが、アイス・バケツ・チャレンジといって、
ALSを広めるために行われる活動だと、
氷水をかぶった人ではなく、ニュース記事で知った。

私にもメールが回ってきて、
その時、不思議に思ったのは、寄付先が書かれていないことだ。
指名された人は、24時間以内に
1:氷水をかぶる
2:ALS協会に100ドル寄付
またはその両方を行い、3名指名するというルールなのだが、
氷水かぶるなんてバカなことしても何の得にもならないし、
そもそも氷水かぶった人たちの動画って、
悪いけどALSのこと、まったく伝わってないから!
と思って、寄付しようかと思ったんだけど、
チェーンメールには寄付先が書いていない。

ALS協会で検索すると、日本ALS協会が出てくるのだが、
これってアメリカから広まったんだから、
寄付先ってアメリカのALS協会じゃないの?と思いつつ、
日本のサイトで検索してもすぐには出てこない。
でもいろいろ調べると、別にアメリカのALS協会じゃなくても、
どこでもいいらしい。
いろいろ検索するとEND ALSという団体も出てきた。

でもただ寄付するだけでALSって何か知らない人いっぱいいるよね、
私もぜんぜん知らなかったので、
じゃあALSとはどんな病気なのか、
調べてブログにアップしようと思ったのだが、
ネットに書かれている情報は難しすぎてわからない。
そこで藤田さんの本を購入し、ブログで紹介した次第です。

氷水をかぶることは賛否両論あるようで、
私もチェーンメール的な形で、
しかも誰の得にもならないバカげたパフォーマンスは、
まったくやる気はないし、ぜひみなさんもメールが回ってきたら、
氷水かぶるより、寄付するなり、ALSのことを調べて、
情報をみんなにシェアする方がいいんじゃないかと思うけど、
ただ我々一般人が氷水かぶる意味はないかもしれないけど、
ALSを知ってもらうためのプロモーション方法として、
氷水かぶるというバカげた行為を有名人がすることで、
あっという間に世界に広まったというのは、素晴らしい手法だとは思う。

寄付を募るだけのチェーンメールなら警戒されるだろうけど、
バカげたパフォーマンスがセットになっているからこそ、
広まったんじゃないかなと。

それこそ寄付を募るにせよ、難病について知ってもらうにせよ、
もしアイスバケツチャレンジのような手法を使わなければ、
莫大な広告費・宣伝費をかけて認知活動をしなければならないわけだ。

よく被災地支援なんかでも募金した先が広報活動に費用を使っていると、
「直接被災者に渡さず、無駄な金を使っている」
みたいなとんちんかんな批判もあるが、
世の中に認知してもらわなければ、お金も集まらないし、
人も助けられないわけで、広告宣伝活動というのはものすごい重要だ。

こうした中でアイデア1つでお金もかけずに、
これだけALSについて世界的に認知を広げたというのは、
特筆すべき素晴らしいことだと思う。

前述の藤田さんのブログには、
「一人でも一回でもALSと言う言葉を口にして頂けるなら
祭り騒ぎだろうが何でもありがたい事です。
百五十年程、無視されてきた病ALSの歴史で
こんなに多くの人が話題にするのは初めてです。」
と書いてある。

最近では企業が何かおもしろい仕掛けを考えることで、
ネットの拡散力を使って、お金をかけずにプロモーションしようと、
必死になって考えているわけで、
中にはそうした企画案を広告代理店とかに金を払って考えてもらい、
仕掛けをしてもらうこともあるわけだけど、
従来の広告手法とは違うネット拡散プロモーションって、
資金力がない企業や団体や個人でも活用できる可能性があるので、
とってもいいことだと思う。
ただ悪ふさげがすぎると逆に炎上してしまうだろうけど。

あらためてALSは誰もがなるかもしれない病気。
氷水をかぶるより、ALSを知ってもらうために、
自分が何ができるかという観点で、
それぞれの人がそれぞれの立場でやれることをすると、
いいんじゃないかと思います。

藤田さんのブログにも、
「色々と自分のポリシーでやらないのはリスペクトできますが、
そこまでいろいろと真剣に考えてくれてるなら、「動き」は止めないでください!
水かぶらないでいいです。
ALSを説明して指名するだけ、寄付して指名するだけ、
腕立てする、逆立ちする、自分にビンタして指名するだけなど。
とにかくバトンは繋げてください!」と書かれている。

ちなみに寄付がいいという方は、
調べた寄付先のURLをはっておきます。
(下記団体を寄付先として私が推奨しているわけではありません)

・一般社団法人 日本ALS協会
http://www.alsjapan.org/-article-705.html

・一般社団法人END ALS
http://end-als.com/#donate

ちなみにALSとは関係ないけど、寄付という意味で、
今、大変なのはエボラ出血熱。
(下記団体を寄付先として私が推奨しているわけではありません)
http://www.msf.or.jp/news/detail/pressrelease_1445.html

それと広島の土砂災害が大変なことになっており、
広島土砂災害募金も各サイトであります。
(下記団体を寄付先として私が推奨しているわけではありません)
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630011/



<お知らせ>
・9/20土に個人最強の営業ツール・セルフマガジンの作り方講座開催
http://kasakoblog.exblog.jp/22271274/

・旅写真がうまくなる秘訣を教えます!
9/20(土)に旅写真家・三井昌志さん&かさこコラボ講演&懇親会開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/22264232/

・10/21スタート。セルフブランディングを学ぶ、
かさこ塾四期生募集開始。20名限定
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!3500部増刷しました!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


by kasakoblog | 2014-08-26 17:25 | 一般