カテゴリ:ネット( 229 )

2015年 12月 04日
SNSのタイムラインは誤解の宝庫!他人を勝手に勘違いしている可能性大
SNSのタイムラインを見て
他人のことをわかった気になり
でも実はとんだ勘違いをしている人も
増えているのではないか。

例えばこんな勘違い
・あの人は毎晩のように飲んでいる
・あの人は家に帰らず方々外出している
・あの人はいつも豪勢な料理ばかり食べてる
・あの人はいつもあの人とつるんでいる
・あの人は何の苦労もなく幸せそう

タイムラインに流れてくる情報を鵜呑みにし
タイムラインの印象だけに左右され
タイムラインがまるでその人のすべてを
表していると錯覚する。

錯覚や誤解だけならまだしも
勝手に他人をSNSだけの情報で判断し
友達なんかに「あの人、いっつも
高いものばかり食べてるよねー」
みたいな勘違いデマを流す拡散者になる。

いやいやSNSのタイムラインって
その人のすべてじゃないですから!

例えば私は方々出かけていて
ほとんど家に帰っていないという
イメージを持つ人が多い。

でもそれって冷静に考えればわかるけど
旅行したり遠方に行っている時ほど
いろんなことをつぶやきたくなるわけで
当然、外出している時の投稿が多くなる。

一方ずっと家にいる時に
家にいるとかトイレに行ったとか
テレビを見ているとかいちいち
投稿したりはしない。
だから家におらず
しょっちゅう外出している印象が
できあがる。

いやでも出かけまくってるでしょ、
かさこさんと言われるかもしれないが
例えば11月は月の半分=15日間は
ほとんどずっと家にいた。
保育園の送り迎えと近くのコンビニに
行くぐらいでほとんど外出していない。
2日に1度はずっと家にいるって
信じられないかもしれないけど
でもこの月、徳山、下関、福岡、
鹿児島、沖縄、八王子、藤沢などに
出かけていて、外出すると外出ネタの
投稿が増えているので
月に半分家どころかほとんど家に
帰っていないみたいなイメージになるのだ。

こうした事実確認もしないで
SNSのタイムラインだけ見て
他人のことを勝手な妄想をネットに
書いてしまうバカも時々いて
私が一度しか会っていない人なのに
その人のブログを度々シェアしていたので
「何度も会っている」などという
デマを流す人なんかもいる。

何度も会ってねえよ。
一度だけだよ、ばーか。
事実確認もせず勝手に他人のことを
わかった気になって書くな
ボケカスShine(※注)なんて
思うこともたまにあったりもする。

だからみなさん気を付けなければ
ならないのは
他人のタイムラインを鵜呑みにして
他人を判断しないようにすること。

逆にいうとみなさん自身も自分の投稿により
人から勝手にあることないこと
思い込まれている可能性もあるので
注意した方がよい。

飲みに行った時だけ
飲み会の写真を投稿しているだけで
そんなに頻度は高くなくても
「あの人はいつも飲み歩いている」
みたいに思われちゃうし
悪いことがあったら投稿せず
いいことだけを投稿したら
「あの人は悩みもなくいつも幸せそう」
みたいな勝手な誤解を
されているかもしれない。

さらにこうした勝手な誤解を逆手にとれば
意図的に他人に自分の勝手なイメージを
植え付けることもできるのだ。

例えば実際にいたのだが
ネットワークビジネスをしている人がいて
(それがわかってきったけど)
その人の投稿っていっつも
ホテルのラウンジみたいなところで
大人数が集まって楽しそうみたいな
写真ばっかり。
見る人は見れば
「なんかネズミの匂いがするな」
とわかるんだけど、勘が悪いと
「この人とっても金持ちそうで
成功していてて自由ですごい人だ」
みたいなイメージを刷り込むことも
できるわけだ。

こうしたイメージ戦略をして
興味を持たせてネズミの説明会に
来させることもできるのだ。

だからみなさんもSNSのタイムラインだけ見て
他人を判断するのは気を付けた方がいい。
また自分の投稿も
イメージコントロールしないと
変な勘違いされる可能性もある。

今はSNSで個人を判断するだけでなく
ニュースにしても店にしても企業にしても
ネットだけ見て勝手に勘違いして
判断しているケースも多いと思うので
ぜひネットだけで判断せず
自分で本人や実地で確かめるくせを
つけておきたい。

※Shineについてはこちらを
安倍首相のブログ“SHINE!”に海外メディア、「●●と命令」と珍報道。 
http://news.livedoor.com/article/detail/8998493/


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-12-04 20:33 | ネット
2015年 12月 01日
私のフェイスブックの投稿にコメントが5893件!FBを楽しむ新たな使い方!
フェイスブックっていろんな機能があり
それが便利でもあり面倒でもあるわけですが
シンプルながらみんなで楽しめる
新たな使い方を紹介します。

それはコメント欄で
友達同士でチャット大会!
距離が離れた友達同士などで
時間を決めて誰かのタイムラインに集まり
「チャット大会はじめよう」みたいな
投稿をしておき
そこに友達同士、ただやみくもに
思いつくままいろんな話を
コメントで投稿し合うというもの。
グループメッセージだと追うのが大変だが
投稿のコメント欄なら追いやすいし
いろんな人とつながれるのでおもしろい。

そんなことをやってみたいと思い
11/20に実験的にやってみたところ
数時間でコメント数は2000件以上に!
30数人が入り乱れ
はじめましての紹介やら質問やら
映画やお菓子に関する話題やら
リアルタイムのチャット状態で
大いに盛り上がった。
その投稿は12/3現在
なんとコメント数が5893件にも!

いやほんといい時代になった。
複数人でネットで情報交換を
気軽にしあえる場所がある。
私のこの投稿は全国各地の
かさこ塾生中心に参加。
九州の人もいれば関西の人もいれば
名古屋もいれば東京もいて
でも場所に関係なく
一堂に集まり、コメント欄による
「おしゃべり」を楽しめる。

でもふと思った。
私、15年前にも同じようなこと
すでにやっていたんだなと。
まだネット黎明期の2000年。
私は「かさこワールド」という
ホームページを立ち上げ
毎日記事を更新し始めたんだけど
当時はブログもSNSもなかったが
無料のチャットルームがあったので
それを設置して友達に呼びかけ
「今度は土曜日の20時から
チャット大会開催します!」なんて
いって10数人でチャットを
楽しんでいたことがある。

もちろん今なんかよりも遅い遅い。
ダイアルアップ接続だし。

でもね。なんか15年過ぎて
ネットや通信機能は便利になって
5000件以上にも及ぶ
コメント欄によるチャット大会を
この前やったわけだけれども
なんだ、15年前も似たようなことを
私自身がすでにしていて
自分がしていることって
変わっているようで案外
変わらないんじゃないかとも
思っている。

ネットのコミュニケーションの
いいところは距離を超えて
多くの人とつながれること。
私が何の広告宣伝することもなく
全国各地の地方で講義を開いて
集客できるのも
ブログの発信が距離に関係なく
日本全国、さらには世界に
発信できるからだ。

世界になんていうと多さげな
というかもしれないけれど
かさこ塾生にはイタリア在住、
タイ在住、インドネシア在住の
日本人の方もいるし
「かさこマガジン」は30通ぐらい
海外在住の日本人にも送っていて
この前、八王子の講義には
ルクセンブルグ在住の読者の方も
きてくれた。

ネットで発信するって
こんな素晴らしいツールはない。
ブログで毎日発信し続ければ
全国各地、世界各地の人とつながれて
リアルイベントであったり
SNSをチャットのように活用し
いろんな人とつながれる。

ネットツールを使わないなんて
こんなもったいない話はない。
ぜひみなさんもブログで発信することで
いろんな人とネット上でつながったら
フェイスブックのコメント欄を利用し
いろんな人を集めて
チャット大会をやってみては
いかがだろうか。

・5893件にも及ぶコメント欄
https://www.facebook.com/kasakotaka/posts/1132293050133175

・2時間凝縮ブログ術講義:12/3福岡※あと5名!
http://www.reservestock.jp/events/92623

・2時間凝縮ブログ術講義:2016/1/21大分
http://kasakoblog.exblog.jp/23891327/

・どなたでも遊びに来れる
入場無料の「かさこ塾祭り」
12/13に開催!
私出演無料トークライブ3本あり!
http://kasakoblog.exblog.jp/23734970/

全4回の好きを仕事にする
セルフブランディング&ブログ術
かさこ塾開催予定一覧
(仙台、大分中津、福岡、東京、鹿児島)
http://kasakoblog.exblog.jp/23894481/

<重要なお知らせ>
・かさこマガジンを以前もらった方で
住所変更した方はお知らせください。

・セルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

by kasakoblog | 2015-12-01 00:16 | ネット
2015年 11月 04日
デマはこうして作られる!~最近出回っている私に対するデマについて断じて許さん!
みなさまに報告せねばならない。
最近出回っている私に対する
悪質なデマ・誤解について。
ここで真っ向から否定しておかないと
いつまたデマを信じてしまう人が
増えてしまわないとも限らない。

私に対するデマとは
ポテトチップスを食べるのを
やめたということだ。

ば、ば、ば、ばかやろー!!!
だ、だれがそんなこといった!!!
一言もそんなこと言ってないぞ!

いやね。この2カ月。
会う人会う人その第一声が
「かさこさん!ポテチやめたんですね」
なんです。
えっ?ポテチやめてないけど。
えっ?やめてないんですか?
毎日食べるのをやめただけです。
なんだーそっかー。

この会話をこの2カ月
少なくとも10数人と繰り返した。

なんだーそっかーじゃない!
なんか私が意志薄弱者みたいじゃないか(笑)

事の発端は2015/9/3のブログ記事。
「ほぼ毎晩1袋ポテチを
15年以上食べ続けていたのをやめました」
という記事を書き
なぜかこのしょうもない記事が
やたらとアクセス数が多くて
みんな、ポテチ食ってることに
注目していたのか!なんて思ったわけだが
ここではこう書いてある。

・・・・・
どうよ?
15年以上毎晩食べ続けていたポテチを
今や4日に1度ぐらいにスパッと減らせる
この意志の強さ!
・・・・・

今もポテチは食べてます。
ただ毎晩食べるのをやめただけなんです。
たまには食べます。
ただ毎晩食う必要なくね?って気づいて
やめてみたらできたので
毎晩食べるのはやめましたという話。

でも実際には
「4日に1度ぐらいにスパッと減らせる」
と書いてあっても
「かさこさん、ついにポテチ食べるの
やめたみたいよ!」と受け取る方が
こんなにも多いという事実をみるに
いかに事実を事実として伝えることが
難しいかがわかるわけです。

いやあの別にポテチごときだから
実は私もどうでもいいんですよ(笑)
毎晩食べてたのをやめたというのを
完全にやめたと誤解されても
デマが流れても私にたいした悪影響はない。

でももしこれがポテチの話では
なかったらどうだろうか?
私はきちんと正確に文章に
書いてあるにもかかわらず
ぱっと読んだ印象だけで
事実とは異なることを記憶に刷り込み
実際の私を見た時に
「なんだ、かさこ、ウソつきじゃねえか」
みたいな誤解やデマがないともいえない。

それは完全な読者の誤解にもかかわらず
でもそれが多くの人の印象として
事実として誤認されてしまうと
それがあたかも事実のように思われ
まるで事実を言っている私が間違っていて
間違っていることを言っている人が
正しいみたいなことになりかねない。

人間関係をおかしくする
原因の多くは誤解。
伝える方の説明不足だったり
聞く側の理解不足だったりして
そこに事実とは違うデマが作られ
それが既成事実として一人歩きする。

逆に言えば気に食わない輩を
おとしめるために
さも自分は直接本人から
聞いたり体験したかのように装って
わざと悪質なデマを流し
営業妨害したり誹謗中傷したりすることも
可能になるということだ。

特に最近はSNSがあるために
事実を確認せず
タイトルだけ見てシェア・リツイートし
デマを拡散することに加担する人が
いかに多いことか。

まあポテチを毎晩食べなくなっただけか
完全にやめたのかなんて
多少の誤認があっても私には何の影響もないし
多くの人にもたいした影響はないだろう。
でもポテチですらちゃんとブログに
「4日に1度ぐらいにスパッと減らせる」
と書いてあっても
「完全にやめた」と誤認してしまうように
ちゃんと文章を読んでいないがゆえに
他のことでも勝手に誤解を事実だと思い込み
それが重大な影響を与えている場合も
あり得るということだ。

えっ、そんなこと書いてないけど?
えっ、そんなことしてないけど?
えっ、そんな話してないけど?
と本人が言ったところで
悪意・悪意じゃないを問わず
多くの人が情報を誤認して
受け止めている可能性がある。

今やいろんな情報をネットで得る。
だから
タイトルだけの印象で事実を誤認したり
ろくに本文も読まずにわかった気になったり
ありもしない捏造話を信じたり
デマを拡散することに加担したりすることに
注意をしなければならない。

くれぐれも情報はきちんと読み解き
正確に理解することに努めたい。

だ、だからだよ!
私がポテチ食べたとかつぶやいても
「なんだ、あのウソつきは」
とか思わないように!
毎晩は食べてないから(笑)

あとくれぐれも他人が
他人に対してああだこうだ
言っていることは信じず
大事なことは本人に直接確認するように。


・セルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<かさこ塾2016年開催予定>
・大分中津(かさこ塾15期)
http://kasakoblog.exblog.jp/23832441/

・福岡(かさこ塾16期)
http://kasakoblog.exblog.jp/23832652/

<2時間凝縮ブログ術講義>
・11/7沖縄※残席2名
http://kasakoblog.exblog.jp/23531194/

・11/9鹿児島※残席4名
http://kasakoblog.exblog.jp/23680082/

・11/16八王子
http://kasakoblog.exblog.jp/23793706/

・11/29下関
http://kasakoblog.exblog.jp/23793511/

・12/3福岡
http://www.reservestock.jp/events/92623

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-11-04 23:46 | ネット
2015年 10月 06日
イベント告知の投稿に「参加できない」コメントっていらないから!~空気が読めない残念な人たち
なんなんですかね、あれ。
フェイスブックとかで
イベント告知した途端
「その日は行けないです!」
「残念!またの機会に!」
「私は行けませんがご盛会をお祈りします」
「夜だったら行けたのに」
みたいな不参加表明コメントしてしまう
空気の読めない残念な人たちっていうのは。

いやさ、いらないでしょ。
イベント告知している人に失礼でしょ。
投稿した側の気持ちを1ミリも考えてない。
っていうかさ
イベント主催したことないから
主催する側の気持ちが
まったくわからないだろう。

いやほんとうざいと思われているから
やめた方がいいですよ、マジで。
参加できないならスルーすればいいんです。

でもね、そういう空気の読めない
残念なコメントをしてしまう人たちって
悪気があってコメントしている
わけじゃないんです。

でもね。だからたちが悪い。
悪気がないのにやってしまうことほど
自分じゃわからないから
これほどたちの悪いものはない。

なぜこんなアホなコメントを
してしまうのか。

1:条件反射で投稿されたコメントに
何も考えず書きこんでしまう。

2:自分に呼びかけられたような気がして
(いやそれは勘違い)
返答しなければとコメントをしてしまう。

3:とっても行きたいイベントだったので
日程が合わず残念すぎて
思わず書きこんでしまう。

うんうん、気持ちはわかる。
でもね。
コメントいらない。
不参加表明する場じゃないでしょ。
相手がどう思うか考えてみれば
すぐわかりそうなことだと思うけど。

いやね、たとえばメンバーが限定されている
コミュニティとかでのイベント告知で
主催者に行けないことを伝えるのに
書きこむというのはあり得ると思うわけです。
そういう場面なら不参加コメントは
主催者も把握できるからいい。

でもさ、一般告知しているイベントで
別にあなただけに呼びかけている
わけではないイベントにさ
わざわざ行けないって書きこむ
まったくないわけよ。
悪気がなくて条件反射かもしれないけど
そんな条件反射はいらん。

行く時だけコメントすればいい。
行けないならスルーすればいい。
もし開催日時とかに要望があるなら
直接メッセージして
「ぜひ行きたいので夜も開催してください!」
とか「今度はぜひ土日開催も!」
と伝えてくれれば主催者としては
ありがたいわけです。

まあでもほんと人間って
自分がその立場にならなければ
本当の意味での気持ちって
絶対にわからないんだろうな。

ぜひ自分でイベント主催してみれば
不参加表明コメントが
いかにうざいかがわかると思う。

みなさん、気を付けてくださいね。
イベント告知投稿に不参加コメントしてると
主催者は何も言わないかもしれないけど
何気に「こいつうざいな」と思っている
可能性大なので。

・無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-10-06 21:14 | ネット
2015年 09月 04日
五輪エンブレム公募?もうオリンピックは開催返上しようロゴ作ってみました
e0171573_16552892.jpg

すったもんだのあった
五輪エンブレムといい
未だにすったもんだやっている
1500億円ものムダ金使って建設する
競技場問題といい
もうなんていうかさ、
オリンピックなんて無駄イベント、
やめたらどうかって話。
その予算使ってさ、
社会保障費に回せばいいじゃん。

というわけで未だ福島原発事故も
収束していないのに原発再稼働する
この日本でオリンピック開催を
中止することをご提案します。

今ならまだ引き返せる!

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-09-04 16:58 | ネット
2015年 09月 03日
ネットリンチが過剰になるのは無責任体制と刑罰が甘すぎるから~佐野氏騒動に学ぶ
五輪エンブレム使用中止になった、
佐野氏の所業はひどかったが、
問題の本質が見極められないまま、
ネットでは集団暴行=リンチに近い、
誹謗中傷や的外れな批判も多い。

佐野氏を擁護する気はまったくないが、
佐野氏に限らずニュースで話題になった、
批判対象に対して、
あるべき批判を超えた、
犯罪的誹謗中傷やバッシングが、
ネットで行われる背景には、
8月15日に書いたように、
日本はあらゆることにおいて、
無責任体制が罷り通っているからだ。

不正会計を行った東芝が、
上場廃止にもならず、
経営者はブタ箱にも入れられない。
当初予算1300億円だったはずなのに、
2500億円もの費用で、
競技場をゴリ押ししたがために、
批判をあびて白紙撤回になり、
60億円もの無駄な損失が発生させたのに、
誰一人として責任をとらない。

原発事故の危険性を指摘されていながら、
対策を怠った東京電力や、
「事故なんて起きねえから、
対策なんていらねんだよばーか」
的な答弁をかつてしていた、
安倍首相も何の責任もとらず、
安全だから再稼働とかいいつつ、
原発を再稼働しても、
事故が起きた場合の責任は、
みなでなすりつけあいをしている。

一票の格差が2倍あっても、
憲法違反ではないと言い張り、
憲法違反を続ける政治家。

年金の様々な問題。

酒鬼薔薇聖斗という鬼畜が、
厳罰に処されることなく、
本を出して印税で稼げること。

何が悪いかまったくわかっておらず、
挙句の果てに国民が悪いといわんばかりの、
「こんなアホな会見は絶対やっちゃダメ」
と悪い会見の見本例を見せてくれた、
あまりにもアホすぎて愚かな、
幕引きのはずが、さらに炎上するという、
前代未聞の史上最低のクソ会見を行った、
東京オリンピック・パラリンピック
競技大会組織委員会や、
取材拒否をして「逃亡する」
佐野エンブレム審査委員の面々。

こうした様々な悪事やミスや、
問題が起きても、誰も責任を問われない。
刑罰すらかされない。
刑罰があってもあまりにも甘すぎる。
問題が起きたにもかかわらず、
へんちくりんな会見や、
形式上の辞任だけして、
問題の原因や責任の究明を行わず、
再発防止すら適当で、
以前として不透明な意思決定過程が、
残されたままという状態。

こんなおかしな状況だから、
ネットリンチがエスカレートし、
本来あるべき批判の度合いを超えて、
誹謗中傷や犯罪レベルの行為に、
発展してしまうのではないか。

誹謗中傷や悪質な行為をしている、
ネットリンチした人間にも、
重大な厳罰を処すべきだと思うのだが、
でもネットリンチが起きるのは、
悪質行為を行っていて、
国民に損害を与えている腐った輩が、
既得権益とのお仲間というだけで、
責任はとらない、
刑罰はかされない、
不透明な体制のまま、
以前として既得権益は手放さない、
といった悪質行為を続けているからだ。

東芝しかり。
憲法違反の法案を通す政治家しかり。
予算オーバーの建設をゴリ押しした輩しかり。
過去に鬼畜犯罪を行った輩しかり。
内部資料のはずなのに、
写真を公開したがために、
著作権侵害に問われる事態を招いた、
あり得ない組織委員会しかり。
佐野氏を選んだ審査委員しかり。

問題行為を行った腐った輩が、
責任もとらず、刑罰もかされず、
そのままの地位にいられるという、
その責任に対する甘い処遇こそ、
「許せない」
「頭おかしい」
「法律違反なのに」
「なぜホリエモンだけブタ箱に?」
という国民の怒りを増幅させ、
刑罰がかされないなら、
「私刑」をしようとネットリンチが、
エスカレートするのではないか。

日本に蔓延する無責任体制。
ここにメスが入らない限り、
ネットリンチは今後もさらに、
エスカレートしていくだろう。
憲法違反を続けていれば、
デモはテロに変わるだろう。

問題行為に対する制裁が甘い状況では、
ネットリンチが行き過ぎても、
「あの腐った輩なら、
そのぐらいの私刑は当然だよね」
という雰囲気が蔓延し、
ひどい誹謗中傷や制裁行為までも、
容認する社会になってしまう。

いつまで無責任体制を続けるのか。
それにしても佐野氏を足きりして、
自分たちの責任は国民のいいがかりだ、
的な居直りをするおかしな、
組織委員会や審査委員会のメンバーは、
使用中止に対する損害賠償を、
ぜひ個人で弁償していただきたい。

ただ何度もこのブログで書いているけど、
エンブレム自体は盗作ではないと思うし、
問題はデザインのパクリではない。
写真の無断転載と、
内部資料なのにそれを公開した、
バカな委員会の対応と、
一般人が理解できない、
おかしな選考過程の不透明さが問題。

デザインのパクリ疑惑は、
ことの発端であって、
問題の本質ではないし、
エンブレムに限った話でいえば、
パクリが確定したわけではない。

そういえば、今回の騒動の発端となった、
ベルギーの劇場ロゴデザイナーは、
使用中止決定に「私たちの勝利だ」
とかほざいているみたいだけど、
あんたのパクリじゃなかったことが、
証明されたってことわかってんのかな。

原案は別のパクリ疑惑があって、
それを修正したら、
あんたのデザインに似てしまった。
つまりどれもこれも、
平凡でシンプルでありふれたデザインだ、
ということだ。

ちなみに下記サイトの記事は、
佐野氏騒動のどこからが誹謗中傷なのか、
詳しく書いてあるので読んでみるとよいが、
ベルギーの劇場ロゴだって、
そもそも何かのパクリなんじゃねえ?
という指摘もあるので見ておくとよい。

あのね、デザインなんて似るから。
もちろん悪意を持ってパクる可能性も、
十分あるけど、
悪意はなかったけど似てしまうのは、
あり得るし、それをパクリなら、
世の中、何もデザインできなくなるから。

・盗作問題でデザイナー佐野研二郎氏が在日認定&誹謗中傷された件を真相究明
http://blog.ks-product.com/tokyo-olympic2020-logo/

・戦争も東芝も原発も新国立競技場もすべては無責任体制~なぜ日本はバカな過ちを繰り返すのか
http://kasakoblog.exblog.jp/23565430/

・絶望的ポンコツチームの東京オリンピック組織委員会は即刻、解体せよ
http://blogos.com/article/131418/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-09-03 11:41 | ネット
2015年 09月 01日
佐野氏五輪エンブレム中止に学ぶ。みなさんもネットから無断で写真を借用しないように
佐野氏を批判しているみなさん。
まさかブログにネットから、
写真を無断転用してないよね?!
ネットで画像検索して出てきた画像は、
無料で勝手に使えるとか、
勘違いして使ってないよね?
それってみなさんも「佐野レベル」で、
著作権法違反に問われる場合もあるって、
わかってるよね?

ついに五輪エンブレム佐野氏デザインが、
使用中止になった。
ただ勘違いしてはいけないのは、
デザインパクリ疑惑が理由ではない、
ということだ。

ベルギーの劇場ロゴデザイナーが、
「私たちの勝利だ」などと、
佐野レベルデザインで喜んでいるが、
言い訳会見で明らかになったように、
佐野氏はベルギーの劇場ロゴを、
パクッたのではなく、
もとは別のデザインをパクッたと
思われるぐらい、
別のデザインに似ていた。
それを修正したらベルギーのロゴに似た。
ようはデザインなんて似るんだよ。
だからデザインがパクリでない可能性も、
残されている。
(まあ佐野氏のこれまでの、
ひどい所業を見るに、
パクリ疑惑は濃厚だが)

ただ今回は議論の余地がある、
デザインパクリの問題ではなく、
審査資料の写真をネットから無断で、
借用したことが大問題だ。
これは言い逃れようがない。
なぜならデザインみたいに、
たまたま似ちゃったのではなく、
写真そのものをかっぱらったからだ。
NHKニュースでは、
「無断で複製なら著作権法違反に当たる」
と指摘している。

ただ、思うんだけど、
今、ネット上の写真パクリはもはや常識。
だってそうでしょう?
みなさん、勝手にネット上の写真を、
「拾って」ブログとかに使ってない?
使っている人が多数。
「えっ?何が悪いの?」みたいな世界。
それって佐野レベルでしょ。
佐野と同罪でしょ。
勝手にパクッたら著作権侵害だから。

ただ写真の「引用」ならいいとして、
今や出展元を明かせば、
勝手に写真をパクって載せることが、
当たり前になっている。
これもなかなかに微妙な問題。
出展元さえ明記すれば、
勝手に写真をパクっていいのかは、
かなり法律的には微妙な問題だと思う。

またもう1つ微妙な問題がある。
今回、問題になった佐野氏による、
写真パクリが審査資料であった点だ。
今回はバカな組織委員会が、
資料を公表しちゃったために、
(まあ佐野氏が騙したからだが)
佐野氏も組織委員会も、
著作権侵害をした
加害者になったわけだが、
本来、内部資料であれば、
実務上は著作権侵害に、
問われない可能性が高い。
一部の人間にのみとどめておくからだ。

これについては、栗原潔弁理士の記事が、
参考になる。
記事を要約すると、

組織内での検討用の資料として、
限られた人でのみ使う場合、
私的使用なら法律上問題ないが、
業務上の使用の場合は問題だが、

実際上は、社内検討資料は
仮でネットの写真を使っておいて、
最終案をパンフレット等で
広く公表するときに正規の写真
(撮りおろし、または、
ライセンス購入したもの)に
差し替えるケースもあるのでは
と想像します
(これも厳密に言えば
著作権侵害の可能性が高いのですが
社会通念的には
許容され得るかもしれません)。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kuriharakiyoshi/20150829-00048935/

まさにその通りだと思う。
内部資料であれば、社内資料であれば、
最終案前であれば、公表しないのなら、
法律上は違反に問われる可能性があるが、
実務上は許容されている。

実際にコンペでデザイン案を作る際、
採用されるかもわからない段階で、
そこに使う写真を購入することはないし、
撮影主に許諾をとっているケースは、
少ないのではないか。

ただ今回はこの内部資料を、
公表しちゃったから、
著作権侵害の問題が浮上したのであって、
公表しなければ、法律上は問題だが、
実務上は問題にならなかったはずだ。

ただ佐野氏が悪質なことに、
自分がさも撮影したかのように、
写真に撮影主の名前が書かれた表記を、
カットしてしまうという、
確信犯的犯罪者だったので、
今回のケースは大きな問題となった。

でもどうだろう?
佐野氏は悪質だ!といったところで、
みなさん、内部資料で、
ネットから画像を勝手に、
拝借していないだろうか?
内部ならいい。一部だけならいい。
公表しなければいい。
ネットに載せたりしなければいい、
と思っていないだろうか?

私も恥ずかしながら、かつて講演時に、
ネットから2枚、無断で画像を拝借した。
ブログに載せて、
公表するわけじゃないからいいだろう、
講演を聞きに来た人、
数十人が見るだけだからいいんじゃないか。
だから2枚ぐらいならいいのでは、
と思ったが、有料で金をとっているわけだし、
完全な著作権侵害だ。
無断で使用した画像の撮影主に連絡し、
謝罪して使用料を支払いたいと思う。

ただ他の人の講演を見ても、
パワポ資料にネットから無断で、
写真を使うのがわりと当たり前になっている。
今回の佐野氏騒動のように、
資料を公表するという、
バカな行為をしなければ、
著作権侵害はバレないのが実情だ。

最近驚いたのは、
アマゾンでベストセラー1位になっている、
「社内プレゼンの資料作成術」
(前田鎌利著、ダイヤモンド社)。
プレゼン資料の作り方ノウハウの中身は、
実に素晴らしい内容なのだが、
ここでも堂々と無断でネットから、
画像を使うことが何の罪意識もなく、
普通に書かれている。

本書P117~P119には、
社内プレゼン資料に掲載する写真は、
Googleの画像検索を使えばいい。
かつ見栄えのいい写真を使うため、
高画質の画像を検索すればいい、
といった内容が書かれている。

ただ引用元を明記すべしとも、
撮影主に許諾をとりましょうとも、
フリーの画像だけ使いましょうとも、
どこにも書いていない。

多分この本は社内資料の作り方本なので、
社内資料だったら、ネットの画像は、
無断で勝手に使っても、
法律的には問題にならないという、
スタンスなのだろうが、
一言も著作権についての配慮がないのは、
佐野氏に限った話ではなく、
今の多くの一般人にとって、
ネット画像は検索して、
そこから拾ってくればいいというのが、
当たり前になっているからではないか。

いやいやネットにある画像を、
勝手に使っちゃダメだから。
許諾をとらないまでも、
せめて引用元を載せないと。

でも多くの一般の人には、
無料に勝手に使っていい、
フリー素材サイトにある写真と、
Googleの画像検索で出てきた、
写真との区別はわからないのではないか。
ネットにある写真は自由に使っていいと、
思い込んでいる人多数ではないのか。

だから今回の佐野騒動で、
佐野氏を叩くだけでなく、
みなさんもネットにある写真を、
勝手に無断で使用するのはやめた方がいい。
引用元を載せればいいという考えもあるが、
そもそも画像検索で出てきた掲載元が、
そもそもどこからか画像をパクっており、
そこの引用元を載せたところで、
本当の撮影主・権利主の、
引用元表記になっていないというのを、
多く見かける。

デザインパクリに議論の余地はあるが、
写真のパクリはアウト。
みなさんも佐野氏のような、
最低の人間にならないよう、
ブログや資料でネットから勝手に、
写真を掲載することはやめたほうがいい。

どうしても載せたいのなら、
許諾をとるなり、
使用料を払うなりすればいい。

今回のエンブレム中止騒動を教訓に、
第二、第三の佐野が出ないことを祈る。

・NHKニュース
「佐野氏 使用例の画像 無断転用認める」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150901/k10010212111000.html

・セルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので、
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-09-01 21:27 | ネット
2015年 08月 26日
批判の9割は被害妄想~ホリエモン障害者差別発言の捏造騒動
「ホリエモン「障害者は働くな。無駄」
「多くは社会的にはプラスには
ならないよ。したいならやり方を考えよう」」
という記事のシェアが回ってきて、
あれ?おかしいな?と思った。

ホリエモンってそんなこと言う人ではない。
多分また何かねじ曲げられて、
発言を抜き取られているのだと思ったら、
「【検証】障害者差別発言とされている
ホリエモンのツイッターを順番に
読んでみた(解説付き) 」という記事が
回ってきて、それ見たら、納得。

ホリエモンは障害者のことを
話していたわけではないのに、
障害者の話だと勘違いする応答があり、
障害者の話が出てくる以前の
ホリエモン発言を、
障害者差別のように恣意的に並べ替えて、
「ホリエモンは障害者差別発言した」
とでっちあげたのだ。

でっちあげたバカはきっと確信犯で、
わざとそうなるように仕立てのだろうが、
そういうバカは法的な責任にも
問われかねないリスクを考えた方がいい。
バカは厳罰に処せば消える。
東芝の利益かさ上げした連中と同じで、
損得でしか判断しないから、
自分が厳罰に処されるとなったら、
即刻辞めるだろう。

ただ恐ろしいのは、ホリエモンが、
障害者のことを話していないのに、
「これは障害者のことだ!」
みたいに勝手に思って絡んでくる人。
こういうのはわざと
やっているわけじゃなく、
本当にそう思い込んでしまっているから、
確信犯の犯罪者よりもたちが悪い。

ネットに限った話ではないが、
批判の9割は被害妄想だと思う。
私もよくあるんだけど、
ブログ記事で批判的なことを書くと、
「私のこと書かれた」って人が、
何人も出てきて困ることがある。
実際につい最近もあったのだが、
「私のこと批判して書いたのよね」
っていわれて驚いた。

えーーーーーーーー。
ぜんぜん違うから。

でも当人にとって
ネット上の文言を見た時、
「これ私のこと批判されてる」って、
思い込んでいるから、
「いや違うから」といっても通じない。

ホリエモンが障害者のことを
話してないのに、
「これ障害者の批判でしょ!」みたいに、
被害妄想で受け止める人がいて、
そういう人が絡んでくると、
当人にしては「はあ?何それ?
ぜんぜん違うでしょ」ってことなんだけど、
思い込まれたらどんなに否定しようが、
相手は余計に自分のことだと思い込む。

こうしておかしな誤解が助長され、
しかもそういう人が「声のでかい」人で、
ネットやリアルで、
「あの人にあんな風に陰で批判された」
みたいにデマを流すことになり、
中にはそれを真に受けて、
信じてしまう人も出てきて、
デマが真実のように捏造されるのだ。

でも思うんだけどさ、
被害妄想の人多すぎ。
誰もあんたにそんなに注目してないし、
誰もあんたのこと
批判するほど暇じゃないし、
一般論として言っていることもあるし、
そもそもぜんぜん関係のない
話の場合もある。

でも心に傷を持った自信のない人って、
すべての発言を「自分が攻撃された」
と捉えてしまう。
自分以外はすべて敵。
すべての発言や行動は、
自分に向けられた攻撃だ。
だから言い返せねばならないみたいな、
完全イカれた被害妄想に
とりつかれているわけ。

1つには自分を過大評価しすぎ。
みんながみんな自分のことを、
攻撃してくるなんて、
そんなに注目されていないから大丈夫。
ただもう1つあるのは、
きっと過去のトラウマなんだと思う。
いじめられたとか虐待にあったとか、
だから過剰反応ですべて身構えてしまう。
でもそれは過去の話であり、
誰か特定の人がそうしていただけであり、
別に大人になってみんながみんな、
よってたかってあなたのことを話し、
あなたのことを批判するわけじゃない。

でもきっと条件反射で、
すべての発言を自分に向けられたと
勘違いし、しかもそれをいい風に
解釈することは絶対になく、
曲解して悪い方に解釈し、
「私は攻撃されている」
「私は批判されている」
という被害妄想から、
トンチンカンなことを、
相手に言ってしまうのだろう。

こういう被害妄想癖があり、
なんでもかんでも自分のことだと
勘違いし、
自分は批判されているから、
攻撃し返せねばと思う、
ある意味、病気の人には、
どう対処したらいいのか。
しかも悪意があって自分の利益のために、
発言を捏造してPV稼ぐ目的のような、
確信犯じゃないから、
ほんとたちが悪いっていうか、
本人に言っても気づかないんだよね。

でもほんと頼むから、
ちゃんと文脈読め。
まず自分のことだと思う先入観は捨てろ。
誰か別の人のことを言っていると、
思って読め!みたいにしないと、
ダメなのかもしれない。

それにしてもホリエモンの
障害者差別発言捏造はひどい。

あとぜひ被害妄想癖のある人は
「嫌われる勇気」を読んでほしい。
http://kasakoblog.exblog.jp/21697708/

・この検証記事が秀逸
http://yasuyukiarakawa.hatenablog.com/entry/2015/08/24/100929

・ハリネズミさんへ
http://kasakoblog.exblog.jp/22776465/

・セルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので、
別のメールでお送りください。

<年内のかさこ塾=全4回の実践編の予定>
・京都:9/17(木)~定員18名、申込16名
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・福岡:10/16(金)~定員20名、申込7名※10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23472519/

・東京サンクチュアリ:10/29(木)~定員20名、申込8名
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<2時間凝縮のブログ術講義+懇親会>
10/15佐賀
http://kasakoblog.exblog.jp/23510376/

11/7沖縄
http://kasakoblog.exblog.jp/23531194/

<どなたでも参加できるかさこオフ会>
・9/8福岡
http://kasakoblog.exblog.jp/23533732/

・10/18に都内老舗旅館でかさこオフ会
http://kasakoblog.exblog.jp/23558327/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-08-26 01:40 | ネット
2015年 08月 16日
デザイナー佐野氏のパクリ疑惑なんてどうでもいいと思ったのだが!我が敬愛する「ぶりぶりざえもん」が!
2020年東京五輪公式エンブレムでパクリ疑惑が持ち上がった、
デザイナー佐野研二郎氏だが、
当初は業界関係者から「そんな人じゃない!」と擁護の声が上がり、
きちんと説明もして「これはパクリじゃないのかも」と思いきや、
ネット上で他の佐野氏デザインについてのパクリ検証が行われ、
なんとサントリーのバッグのデザイン60種類のうち8種類について、
共同で制作していたデザイナーが、
第三者のデザインをそのまま使っていたことが発覚した。

うわー。マジでパクリやってたのか。
しかもたまたま似ちゃったとかではなく、
このバッグのデザインについては完全にクロだ。

ただ思うんだけどさ、今の人たちって、
ネットにあるものは何でも「拾って」きて、
平気でブログやSNSに勝手に転載してるよね?
パクったデザイナーがどういう人なのかわからないけど、
「ネットコピペの何が悪いの?」世代なのだろうか。
いや世代の問題ではなく、
ネットリテラシーのない年配世代も、
意外と平然とネット上の写真やイラストをパクったりするのだが。

ただ佐野氏がパクったかパクってないかなんて、
わりとどうでもいいことなんだけど、
っていうかもうオリンピックなんて無駄金使う事業、
とっととやめろうということしかないわけだけど、
佐野作品パクリ疑惑に見逃せない一品が!!!
なんとTBSの豚キャラが佐野デザインではないか!
e0171573_21583128.jpg

Boo Channel(TBSテレビ)より
http://www.tbs.co.jp/boobo/profile/

あのTBSの豚も佐野氏だったのか。
いや佐野氏なんてこの騒動が起きる前まで名前知らなかったのだが、
このTBSの豚、前々から気になっていたのだ。
ぶりぶりざえもんのマネじゃね?!って。
e0171573_2214641.jpg

パクリ疑惑検証一覧サイトに、
ぶりぶりざえもんがパクリ元ではないかとの指摘があり、
驚いたのだ。
やっぱり、そう思う?!
似てるよねって。

なんたって私はクレヨンしんちゃんのお菓子のおまけに、
稀に入っているぶりぶりざえもんフィギュアを、
ネットオークションで1体1500円ぐらいで落札し、
6体ほど持っているぶりぶりざえもん好きで、
クレヨンしんちゃんアニメで時々しか出てこない、
ぶりぶりざえもんの出演話だけを集めた、
超スペシャルなDVD
「クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん ほぼこんぷりーと」
ももちろん購入して持っているぐらい、
ぶりぶりざえもんが好きなので、
あのTBSの豚は前々から気にはなっていたのだ。

それがよりによってパクリ疑惑のデパート佐野氏のデザインとは!
やっぱりあれか。
ぶりぶりざえもんの素晴らしい愛くるしいキャラをマネて、
TBSの豚キャラに使ったのか!と感情的に怒りたいところなのだが、
ただやっぱりそこは冷静に見極めたい。
e0171573_21563584.jpg

いやね、私ぶりぶりざえもん大好きだけど、
でも豚を題材にしてイラスト描けば、
まあだいたいこんな風にはなるんじゃね。
もちろん日本のアニメ史上、一、二を争う、
素晴らしいキャラだと私が勝手に思っている、
ぶりぶりざえもんを参考にした可能性は高いが、
バッグデザインの丸パクリの完全クロとは違い、
これまで「パクリ」「盗作」というのは、
ちょっとどうかなと。

いやもちろんパクリ疑惑の宝庫佐野氏デザインと知る前から、
ぶりぶりざえもんLOVEな私は、
「TBSの豚、ぶりぶりざえもんに似ているな」
と我が敬愛するキャラを汚された感じでイヤな気分にはなったけど、
いやでもぶりぶりざえもんLOVEという変態的な愛を差し引いてみれば、
「豚ってだいたいこんな感じになるよね」
というのが冷静な判断ではないか。

だからパクリ疑惑、盗用疑惑って難しい。
完全クロの場合もあるけど、
たまたま何らかのものに似るというのは可能性としてあるわけで、
しかも豚といったよくある動物を題材にすれば、
まあ五十歩百歩にはなるよなと。
参考にするということも十分あるわけだし。

そもそもパクリ疑惑のオリジナルといわれているものが、
実は何かのパクリかもしれないわけで、
そこまですべてのパクリ検証はできないよなとか。
「私のオリジナルをパクリやがって!」
といっている作品が、実は同じようなデザインが、
昔にあったのかもしれないわけだし。

パクリ、盗用はいけないけれど、
1つパクリだったからといって、
他のも全部パクリだというのは言い過ぎだし、
よくあるデザイン、よくあるイラストの範疇なのかって、
意外とどこまでで線引きするかってかなり難しい。
e0171573_22134982.jpg

我が敬愛するぶりぶりざえもんフィギュア6体は、
子どもが誤飲すると困るので、しばらく封印していたわけだが、
すっかりこのパクリ騒動でぶりぶりざえもんLOVEを思い出し、
久々にフィギュアを取り出し、観賞して癒されている次第です。

というわけで、みなさんも、
佐野氏はひどいやつだ!とか批判している前に、
自分自身が他人の写真やイラストや漫画を、
「拾った」とかいって勝手に盗んで、
ブログやSNSに掲載しないように気を付けたい。

もちろん、そんなことよりも、
ぶりぶりざえもんの偉大さを知らない人は、
ぜひこの機会にぶりぶりざえもん出演DVDを見るように。
マジでこのキャラ、素敵すぎるから!

「感動!ぶりぶりざえもんの物語」
http://kasakoblog.exblog.jp/13509474/
※この日記はクレヨンしんちゃん映画、
「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」のネタバレを含みますので、
お気をつけください。

・DVD「クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん ほぼこんぷりーと」

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらに届かないので、別のメールでお送りください。

<どなたでも参加できるかさこオフ会>
・9/8福岡
http://kasakoblog.exblog.jp/23533732/

・10/18に都内老舗旅館でかさこオフ会
http://kasakoblog.exblog.jp/23558327/

<年内のかさこ塾=全4回の実践編の予定>
・京都:9/17(木)~定員18名、申込16名
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・東京・広尾:10/7(水)~定員15名※満席、キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/23488102/

・福岡:10/16(金)~定員20名、申込6名※10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23472519/

・東京サンクチュアリ:10/29(木)~定員20名、申込5名
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<2時間凝縮のブログ術講義+懇親会>
10/15佐賀
http://kasakoblog.exblog.jp/23510376/

11/7沖縄
http://kasakoblog.exblog.jp/23531194/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-08-16 22:01 | ネット
2015年 06月 28日
意味がわからずフェイスブックレインボー~伝わらなければ何の意味もない
多くの人がフェイスブックのプロフィール写真をレインボーにし始めた。
多くの日本人が何か流行りの診断物サービスぐらいの認識で、
おもしろおかしくレインボーにし始めた。
一方で「なぜみんな写真をレインボーにしているの?」と、
不思議がっている人も多数。

理由は、米国連邦最高裁判所で同性婚を憲法上認めるとの判決が出たから。
そこで「素晴らしい判決が出た!」ということで、フェイスブックでは、
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の
活動シンボルとして知られている虹色仕様に写真を変えられるようになり、
多くの人がレインボー色に変更したというわけだ。

アメリカ人やアメリカ在住日本人なら、
なぜプロフィール写真をレインボーにしたのかは、
わざわざ説明する必要はない。
でも多くの日本人にとっては謎。
結局、おもしろそうと思った人だけが、
意味もわからずレインボーにしてみて、
それがデマメールやチェーンメールや、
ITリテラシーの低い人がする診断系ネットサービス拡散のごとく、
広がっていく。
バカじゃないのかと思う。

大事なのは伝わること。伝えること。
そのためにレインボーにするのは手段に過ぎない。
友達に日本人が多いのなら、なぜ虹色にしたのか、
ちゃんと説明すればいいのに。
実際、私もはじめなぜレインボーにしているのか、
単なる悪ふざけかと思ったが、
アメリカに旅行に行っている友達が、
LGBTの説明をした上でプロフィール写真を虹色にした理由を、
フェイスブックに投稿していたのではじめてそれで知った。

アメリカでは当たり前のことでも、日本では当たり前ではない。
アメリカで同性婚が認められたという事実を多くの人に知ってほしい、
と思うのなら、単に便乗お祭り騒ぎのごとく、
写真を虹色にするだけでなく、説明するなり、
そのニュースをシェアするなりすればいいのに。

意味もわからずレインボーにしている人はバカだ!
と思うかもしれないけど、いやわからないですよ。
手段だけがシェアし、目的がシェアされないとするなら本末転倒だ。

せっかくSNSという情報共有ツールがあるのだから、
SNSの機能を使って見にくい虹色写真にする前に、
アメリカで同性婚が認められた!と投稿すればいいのに。

そういえば似たような騒動が昨年にもあった。
アイス・バケツ・チャレンジだ。
ALSという難病を知らしめるために、
氷水をかぶる動画をアップするのが、
チェーンメールのように流行り出したが、
私ははじめそれを見た時、単なる悪ふざけかと思った。
なぜならなぜ氷水をかぶっているかの説明もなければ、
ALSについての説明もなければ、寄付先も明示されていないからだ。

氷水をかぶるとかプロフィール写真を虹色にするとか、
何か伝えたいことがあってするわけで、
でも手段だけがネットでおもしろおかしく拡散しても、
その目的や真意が伝わらなければ何の意味もない。
特にネットではおもしろい部分だけが切り取られ拡散していく。

まあそこまで真剣に考えていないから、
こういうことになるんだろうけど、
伝えたいことがあるなら伝わるようにしないと、
ネット上の単なる悪ふざけとして見られて終わってしまうのではないか。

ちなみに私はプロフィール写真を虹色になんて愚かなことはしない。
別に同性婚がアメリカで認められたことが反対とかいうわけではなく、
とにかく見にくいことと、誰かわからなくなることと、
ネット上のアイコンはブランディングの核となる重要なツールの1つだからだ。
アイコンがコロコロ変わると誰だがわからなくなる。
こんなくだらないことするなら、
アメリカで同性婚が認められたというニュースがあったことを、
ブログなりSNSで伝えた方がよっぽどいい。

目的は何か?
何を伝えたいのか?
まるで何も考えず、はなまるうどんで「かけ小」を頼んでしまう、
同調圧力と同じ原理ではないかと思う。

・みんながはなまるうどんで「かけ小」を頼んでしまうというおもしろい記事(いばや通信)
http://ibaya.hatenablog.com/entry/2015/06/27/115744

<2時間凝縮講義のお知らせ>
・7/10(金)北海道・網走(18:30~20:30)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/23105629/

<かさこ塾開催のお知らせ>
・大阪と京都でかさこ塾開催仮決定!10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・名古屋でのかさこ塾は残り1名に!定員20名、申込19名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23158780/

・待望の東京・土曜日開催!全4回の申込もスタート!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
(Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りいただければと思います)

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
※上限5000人に近づいているため、承認にお時間をいただく場合もあります。
フォローは遠慮なくどうぞ。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-06-28 12:18 | ネット