好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ミスチル( 75 )


2017年 06月 12日

【ネタバレ注意!】ミスチルセトリ&ライブレポ!2017ドーム&スタジアムツアー「Thanksgiving25」

ネタバレ注意!
セットリストもあり!
ネタバレOKの方はお読みください。

ほぼ毎回ミスチルツアーには参加し
ライブレポ書いている
カメライター(カメラマン&ライター)
かさこです。

ミスチルデビュー25周年を記念した
Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017
Thanksgiving 25の
2017/6/11のナゴヤドームに行ってきました!

涙!感動!躍動!のライブでした!

下記、セットリストと
ネタバレライブレポです。
まずはセトリから。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

1:CENTER OF UNIVERSE
2:箒星
3:シーソーゲーム
4:youthful days

5:GIFT
6:君が好き

7:ヒカリノアトリエ
8:CROSS ROAD

9:innocent world
10:Tomorrow never knows
11:車の中でかくれてキスをしよう

12:思春期の夏

13:抱きしめたい
14:Any
15:名もなき詩
16:1999年、夏、沖縄

17:こんな風にひどく蒸し暑い日
18:ランニングハイ
19:掌
20:ニシエヒガシエ

21:himawari(新曲)
22:足音

23:Dance Dance Dance
24:跳べ
25:fanfare
26:エソラ

En1:蘇生
En2:Marshmallow day
En3:終わりなき旅

・・・・・
<総括レポ>
なんと29曲!3時間半にも及ぶ
長時間ライブ!
セトリ見ての通り
名だたる大ヒット曲を
これだけやるライブは
なかなかないので
全体的にはよいセトリだとは思いますが
ただなんというか長時間だけに
もう少しメリハリつけた方が
よかったんじゃないかなと。
前半飛ばしすぎて
後半22曲目あたりで
完全に終わった感が後の
4曲盛り上がりはさすがにきつい。

あとこれはトイレ休憩に
行ってくださいという意味なのか
桜井さんを休ませるための
やむを得ざる措置なのかと思いますが
ドラムJENボーカル曲
「思春期の夏」はいらない!
特に前置きの映像もかなり長く
このライブの中ではやや
異質感というか違和感があるので
ここはいらないかなと。

ただ!
3時間30分です。
さすがにずっと立ちっぱなしは
つらいです。
トイレ休憩とりたくなる人も
いるかも。
それならここ!
「思春期の夏」にトイレ休憩を!
ここ以外は基本抜けたくない
セトリなので。

とはいえ涙!感動!躍動!のライブ。
「1999年、夏、沖縄」のMCは
感動的で涙!涙!

10周年の時はね、
素直に喜べなかったって
桜井さんがいうんです。
どうせあと何年かしたら
自分たちのブームがさって
お客さんたちが
いなくなっちゃうんじゃないかって。

でも25周年を迎えて
こんなにもお客さんがいて
本当にうれしいといった内容のMCは
思わず涙してしまう感動的MCです!

しかも「1999年、夏、沖縄」が
素晴らしい。
こういう曲、もっとセトリに
組み込めばいいのに。
「タガタメ」とか。

本当にすごいことだと思うんです。
25年も音楽活動を続け
しかもトップを走り続け
人気を維持し続けるのは。

MCでもいってましたけど
同世代のミュージシャンが
病気やなくなったりして
歌えなくなる人もいる中
こうしてこれだけの大人数の前で
歌い続けられるミスチルって
ほんとにすごい!

あとは最後の「終わりなき旅」。
もうこの曲だよね、
やってない名曲っていったら
ってことで最後にやるわけですけど
「終わりなき旅」が最後の曲って聴いて
演奏がはじまると自然に涙があふれてきた。

多くのファンがそうであるように
きっとこの「終わりなき旅」を
何度も何度も何度も何度も聴き
何度も何度も励まされた人多いんじゃないか。

ミスチルの歴史とともに
私たちの歴史もあり
この名曲を聴く度に
その当時の自分の思いとか
つらかったこととかを思い起こさせ
でもこの曲のおかげで
救われた人がこの世界に
どれほどいることか。

だから。
ミスチルファンなら
きっとこの曲最後ねって
桜井さんが言って演奏したら
もう感無量というか
涙があふれでてくるんじゃないかと。

ちなみに躍動で最高だったのは「跳べ」!
この曲、あんまりライブで
やってないんじゃないかと
思うんだけどめちゃめちゃ
盛り上がった。
「ニシエヒガシエ」とか
「エソラ」とか「Dance Dance Dance」とか
盛り上がりの定番曲は
いい意味でも悪い意味でも安定感というか
意外性がない感じはあるんだけど
「跳べ」でこんなに盛り上がれるなんて!

「シーソーゲーム」
「Marshmallow day」
もやばいです!
すごいです!
盛り上がりまくりです!

ということで長時間なので
ペース配分に気をつけながら
存分に楽しめるライブです。

<詳細レポ>
■はじめのノリノリ4曲!
1:CENTER OF UNIVERSE
2:箒星
3:シーソーゲーム
4:youthful days

はじめは盛り上がれる4曲から!
個人的には「箒星」なくても
いいかなと。
2曲目で「シーソーゲーム」で
テンションMAXの方が気持ちよいかも。

■じっくり聴く4曲
5:GIFT
6:君が好き

それぞれの色で輝いていいんだよという
優しい応援歌「GIFT」は
心に染み入る名曲!
「君が好き」も悪くはないんだけど
もっと他の曲でもよかった気が。

■はやくも前のステージで2曲
7:ヒカリノアトリエ
8:CROSS ROAD

この2曲めちゃめちゃ
素晴らしかったんだけど
3時間半の長丁場で
唯一転換一休みができる
前方ステージ演奏は
もうちょっと後ろでよかったのでは
ないかなと。

■名曲3連発!
9:innocent world
10:Tomorrow never knows
11:車の中でかくれてキスをしよう

大ヒット曲2曲は何度聴いても
心にしみる。
25周年には欠かせない曲。
「車の中でかくれてキスをしよう」も
セトリの中でとってもいい味出してた。
やや単調気味になりがちな
セトリではあったので
じっくり聴かせる曲が
要所要所にあるとメリハリがついてよい。

■あーいらない
12:思春期の夏

長い動画。
もしかして「進化論」?!
もしかして「365日」?!
と期待をもたせて
やや悪ノリのおふざげ動画の後に
まさかのドラムJENの「思春期の夏」。
ひいきめにみても
せっかくの貴重な時間を
長い動画とこの曲に費やす必要は
ないかなと思うんだけど
強いていうなら
ここでトイレ休憩すると
時間は有効活用できるかも。

■感動4連発!
13:抱きしめたい
14:Any
15:名もなき詩
16:1999年、夏、沖縄

言わずと知れたミスチル史上の
大ヒット曲3連発の後
めちゃめちゃ感動したのが
「1999年、夏、沖縄」。
多分このライブのセトリには
「1999年、夏、沖縄」みたいな
隠れた名曲で
じっくり歌を聴かせられる曲が
もっと必要。

それにしてもこの曲が
よすぎてやばいだけでなく
MCがマジで感動的で
思わず涙してしまう。
この4曲で1つ前半の
大きな山場を終えた感があります。

■激しい曲4曲
17:こんな風にひどく蒸し暑い日
18:ランニングハイ
19:掌
20:ニシエヒガシエ

感動4曲と感動MCから一転して
激しい曲たちにいくのは
いいと思うんだけど
やや選曲がどうかなと。
特に「こんな風にひどく蒸し暑い日」
じゃなくてもいいような。

意外なシングルB面曲を
取り入れるのはいいと思うんだけど
さすがにこの曲はB面すぎるかなと。
「旅人」とか「フラジャイル」とか
「ILLBE」とか「Worlds end」とか
ここで「Dance Dance Dance」を
もってくるとか
次の「ランニングハイ」含めて
2曲は選曲違った方がよかったかも。
「ニシエヒガシエ」は安定の鉄板で
間違いなく盛り上がれます!

■ここで締めくくり感のある2曲
21:himawari(新曲)
22:足音

新曲「himawari」かっこいいんですけど
さすがに聴いたことがないのと
次どんな感じなるか展開が
読みづらい曲ではあるので
事前に配信とかしてくれていて
予習してこれたらめっちゃ
盛り上がれるだろうなと。

そして「足音」がくると
もうこれでひとまず
アンコール以外は終わりかと
思わせてしまう。

時間的にも結構いっぱいいっぱいな
感じなので、ここで締めるか
まだまだいくぜってことなら
この2曲はこのあとの4曲より
後ろでもよかったかなと。

■盛り上がりの4連発も疲労感
23:Dance Dance Dance
24:跳べ
25:fanfare
26:エソラ

新曲と「足音」で終わったのか!
と思いきやまさかここからの
4曲怒涛の激しい曲に
ややとまどいと疲れが。

「跳べ」は疲れを吹き飛ばす
すさまじい威力を持った
素晴らしい存在感でしたが
あとの3曲はライブ盛り上がりの
最近の定番感もあり
時間的な疲労感もあり
盛り上がるにはやや観客の
体力的に大変かも。

■ヤバイ!すごい!アンコール3曲!
できればもう1曲!
En1:蘇生
En2:Marshmallow day
En3:終わりなき旅

もうこの3曲は文句なし。
アンコールからの「蘇生」は
定番感はあるものの
この「蘇生」を聴くと
「終わりなき旅」と同じように
泣けてくる。
この曲に励まされた人は
どれだけ多いことだろう。

そしてやばいのが
「Marshmallow day」!
ライブで最高に盛り上がれる
すごい曲!
そして最後に持ってくるのが
にくい「終わりなき旅」で
フィナーレというのは
最高の締めくくりかと。

ただこれだけ長時間ライブなので
アンコールは最低でも
4曲はあるんじゃないかと思ったので
3曲で終わってしまうのは
ややもったいないかなと。
「未完」とか「Starting Over」とか
「擬態」とか最近曲での
鉄板名曲を取り入れてほしかったなと。

とはいえ全体的には
申し分のないライブだったと。

とにかく思った以上に長いです。
そして長く感じさせてしまう
セトリでもあるかなと思うので
ペース配分に注意して
思う存分25周年の感動ライブを
楽しんでください!

・ミスチルサイトライブレポサイト
http://www.kasako.com/mrchildren.html

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこ曲一覧ページ
http://mv.kasako.jp

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

■無料セミナー
・7/1福岡天神・警固神社イベントスペース
10:35~11:15:好きを仕事にする方法を解説する無料セミナー
13:55~14:35:ギター弾き語り無料ライブ
http://festa.kasako.jp/2017fukuoka/

※マガジンを無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私に手数料が入ります。
300万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-06-12 01:25 | ミスチル
2017年 06月 11日

【ネタバレ注意!】ミスチル(Mr.Children)2017ドーム&スタジアムツアー「Thanksgiving25」セットリスト

ほぼ毎回ミスチルツアーには参加し
ライブレポ書いている
カメライター(カメラマン&ライター)
かさこです。

2017/6/11のナゴヤドームでの
ミスチルライブツアー
Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017
Thanksgiving 25のセットリストです!

ネタバレ注意の方はお気をつけください。
下記7行下からネタバレセットリスト

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

1:CENTER OF UNIVERSE
2:箒星
3:シーソーゲーム
4:youthful days

5:GIFT
6:君が好き

7:ヒカリノアトリエ
8:CROSS ROAD

9:innocent world
10:Tomorrow never knows
11:車の中でかくれてキスをしよう

12:思春期の夏

13:抱きしめたい
14:Any
15:名もなき詩
16:1999年、夏、沖縄

17:こんな風にひどく蒸し暑い日
18:ランニングハイ
19:掌
20:ニシエヒガシエ

21:himawari(新曲)
22:足音

23:Dance Dance Dance
24:跳べ
25:fanfare
26:エソラ

En1:蘇生
En2:Marshmallow day
En3:終わりなき旅

詳しいライブレポは別記事で書きます!

・ミスチルサイトライブレポサイト
http://www.kasako.com/mrchildren.html

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

かさこ曲一覧ページ
http://mv.kasako.jp

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

■無料セミナー
・7/1福岡天神・警固神社イベントスペース
10:35~11:15:好きを仕事にする方法を解説する無料セミナー
13:55~14:35:ギター弾き語り無料ライブ
http://festa.kasako.jp/2017fukuoka/

※マガジンを無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私に手数料が入ります。
300万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-06-11 23:42 | ミスチル
2015年 07月 20日

【ネタバレ注意】ミスチル未完ツアーライブレポート&セットリスト!:2015.7.19ヤフオクドーム(福岡)

『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』
2015.7.19ヤフオクドーム(福岡公演)に、
行ってきましたが、すごい!楽しい!すさまじい!

さすがミスチル!マジ最高!
近年のやや不満が残るツアーに比べて、
この『未完ツアー』は格段に素晴らしい!!!

ネタバレ注意

なんといってもヤバすぎるセットリストが素晴らしい。
やっぱりアルバムは予習してからライブに望む方が10倍楽しい。
2015年前半に行われた『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』に比べて、
『未完ツアー』は曲数も多いし、アルバム予習できるし、
過去の名曲もこれでもかというぐらいやるので、
めちゃくちゃおすすめのツアーです!

まずはセットリスト!

ネタバレ注意

<全27曲。約3時間半>
1:未完
2:擬態
3:ニシエヒガシエ
4:光の射す方へ

5:CHILDREN'S WORLD
6:運命
7:FIGHT CLUB
8:斜陽
9:I Can Make It

10:忘れ得ぬ人
<「愛」について長いMC>
11:and I love you
12:タガタメ

13:蜘蛛の糸
14:REM
15:WALTZ
16:フェイク
17:ALIVE

18:進化論
19:終わりなき旅
20:幻聴
21:足音~Be Strong

アンコール

22:I wanna be there
23:overture~蘇生
24:fantasy
25:Tomorrow never knows
26:innocent world
27:Starting Over

どうです?!
予想を上回る過去の名曲ぞろい!
アルバム「REFLECTION」を中心にしながらも、
「ニシエヒガシエ」「光の射す方へ」「and I love you」「タガタメ」
「ALIVE」「終わりなき旅」「蘇生」に、
挙句の果ては「Tomorrow never knows」「innocent world」!!!
これだけ過去の名曲を惜しげもなく披露したライブツアーは、
近年記憶になく、このセットリストを見ただけでもよだれもの!
そして何より今回のアルバム「REFLECTION」が素晴らしすぎるので、
過去の名曲と今回のアルバムをミックスして、
27曲もやったライブツアーは実にすごかった!

っていうか、2015年前半に行われた、
『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』は何だったのか?!って話。
アルバム発売前にやるという楽しめないシチュエーション。
過去の名曲も少ない。今回の比べて曲数も少ない。
っていうか映画とほとんど一緒やんけ!

私は3月に前橋の『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』ツアーに参加したけど、
ミスチルライブで帰り道にあれほどがっかりしたのははじめてだった。
もちろんアルバム「REFLECTION」に収録予定の、
未完、幻聴、足音、進化論はすげえ!!!と思ったけど、
いかんせん、予習ができない。
他の曲もいい曲なんだろうけど、映画で一度聞いただけでは、
とてもじゃないけどノリきらない。

ぜひミスチルさんは今回の教訓を生かし、
アルバム発売前にライブをやるという横暴はやめて、
今回のようにアルバム発売して、ツアーをやり、
最新アルバムを中心にしながら過去の名曲を披露する、
今回のようなツアーを普通にやってくれれば何の不満もないのにと、
切に願います。

とはいえ今回の未完ツアーのセトリはやばい!
詳細レポをセトリにそって書いていきます。

■1:しょっぱな4曲で大盛り上がり!
1:未完
2:擬態
3:ニシエヒガシエ
4:光の射す方へ

そうだよね。そうだよね。そうだよね!!!
やっぱ「未完」からだよね!
だって1曲目にふさわしいし。
ちょっとドームの反響音にまだ慣れてないのと、
1曲目ということもあって、どちらもやや硬い感じなので、
前回ツアーのように終盤で聴く「未完」より、
やや正直見劣りする感はあったものの、
でもやっぱりこの曲から始めるべきでしょう!

ほんと素晴らしい名曲。
「未完」聴くためだけにアルバム購入してもいいぐらい。

さてその後、盛り上がったまま突っ走る2曲目は「擬態」!
アルバム「SENCE」の中で前向きに力強くなれる明るい曲で、
かつライブでのれる曲!
「擬態」はみんな大好きな曲のせいか大合唱!
2曲目にして会場大興奮に輪をかけて、
な、な、な、ななんと!!!!!!!!!

もう!もう!もう!!!!
「ニシエヒガシエ」だ!!!!!!

ミスチルライブで最も盛り上がり、
やる頻度も最も多いとどっかのテレビ番組で紹介していた、
あの「ニシエヒガシエ」をなんと3曲目に持ってきた!
すごい!

いやきっと「ニシエヒガシエ」はやるだろうと思ったんだけど、
後半戦の「REM」「WALZT」あたりにはさみこんでくるのかと思いきや、
出し惜しみすることなく3曲目に!
これまた予想外のうれしい選曲に観客大興奮!!

そして4曲目はこの流れで「光の射す方へ」。
一時期のミスチルライブには「ニシエヒガシエ」「光の射す方へ」の
2曲は欠かせないといっても過言ではないぐらい多用された、
あのなんか昔のライブの懐かしい感じを思い出して、
盛り上がるというより安心して楽しめて聴ける感じ。

それにしてもまさかの選曲!

■2:驚きの一曲!+アルバム「REFLECTION」から4曲
5:CHILDREN'S WORLD
6:運命
7:FIGHT CLUB
8:斜陽
9:I Can Make It

しょっぱなの大盛り上がり4曲が終わって、
通常ミスチルライブではここからしっとり系の曲が、
ずらりと並ぶ時間帯なのだが、
「よく小さなライブハウスでやっていた曲で
約20年ぶりにやります!」とのアナウンスのもと、
まさかの5曲目は「CHILDREN'S WORLD」!!!!!

おお!おお!おお!おお!おお!!
感動!感動!感動!
すごい!えらい!すばらしい!

私がミスチルのライブに毎回行くようになったのは、
1995年の「STADIUM TOUR Hounen Mansaku 夏祭り1995 空(ku:)」からなんだけど、
多分「CHILDREN'S WORLD」をライブで聴くのははじめて!

なんたって1992年のファーストアルバム収録曲。
ミスチルが大ブレイクする前のアルバム曲ゆえ、
残念ながら会場はわりと「知らないこの曲」みたいな感じだけど、
おまえらアホか!ちゃんとファーストアルバムまでさかのぼって全部聴け!
めっちゃ素晴らしい名曲よ。

昔からのファンだけがむちゃくちゃテンションあがって、
手拍子してたけど、私もその一人。
っていうか「CHILDREN'S WORLD」みたいな昔の曲だと、
最近の曲とは違って完璧に歌詞覚えていて歌えるぐらい、
聴きこんでいるから感慨もひとしお。

100いいね!したい素晴らしい選曲。
ライブの楽しみって、意外な曲をやってくれて、
その曲の良さを思い出させてくれることなんだと思う。
この曲、知らなかった人。
ファーストアルバム「EVERYTHING」を買いなさい。

さてさて次はアルバム「REFLECTION」の{Naked}のみ収録の「運命」。
隠れた名曲でとっても優しい曲。
ライブでこうした曲やってくれると、
家に帰った後、曲を聴く親しみが増すからとってもうれしい。

このまましっとり系に行くのかと思いきや「FIGHT CLUB」!
この曲、めちゃめちゃ盛り上がれる素晴らしい曲で、
だけど前回ツアーでは聴きこんでないので、
多くの人がノリたいんだけどうまくノレずじまいな感じだったけど、
今回はみんなアルバム聴きこんでいるからノリがぜんぜん違う!
もっと終盤の盛り上がりのところに使ってもいいのでは、
と思いながらも、この曲が変わるとまったりモードから、
一挙にハイテンションモードに変われるとってもライブ向きの曲。

その後は「斜陽」。
うーん。そうだよね。でもなんか一工夫欲しいよね。
「FIGHT CLUB」「斜陽」ってつなげて聴くと、
それで1つのパッケージみたいな印象があって、
とっても相性はいいんだろうけど、
せっかくライブでやるんだからこのパターンではなく、
少し過去曲をはさむとか「斜陽」は今回はスルーするとか、
少し前回ツアーとは違う工夫をしてほしかったというのは正直なところ。
でもこの曲が悪いわけじゃなく、むしろすっと安心して聴ける曲ではある。

そして最後が「I Can Make It」。
これまたアルバム「REFLECTION」の{Naked}のみ収録曲。
前回ツアーで予習ができない状況でこの曲聴いた時、
なんともとらえどころがなかったんだけど、
今回は予習ができたので少しは聴きやすくなった。
でもやっぱり{Drip}には収録されなかった、
B面っぽい曲ではあるよねという印象。
どうせ{Naked}からやるなら、
「ROLLIN’ ROLLING ~一見は百聞に如かず」か
「街の風景」にしてほしかったな。

■3:例によって花道前方での演奏
10:忘れ得ぬ人
<「愛」について長いMC>
11:and I love you
12:タガタメ

ミスチルライブではもう定番となった、
「遠くの人が見えないから少しでも近づいて演奏を」
といういつものパターン。
ちょっとパターン化してきたので、新鮮味がないけど、
でも今回の花道前方での3曲は素晴らしかった。

まずはアルバム「REFLECTION」から「忘れ得ぬ人」。
アップテンポな曲が多い中、しっとりしたバラード。
いい曲。しんみり聴けます。

ここでまさかの長いMC。
そんなに長いこと話すのは少ない桜井さんなんだけど、
「座ってくれてもいい」と指示するぐらい、
「愛について」というMC。
やや話がまどろっこしすぎて、
もうちょっと短くてもよかったのかなと。

でもこのあとの2曲が神!神!神!!!!
「and I love you」懐かしい!
名曲!いい曲!意外とライブでやらない印象。
久々にライブで聴けたのであらためて名曲と認識。

そしてなんといってもヤバかったのが「タガタメ」。
花道前方でしっとりおとなしくといういつものコンセプトとは違い、
この曲、この曲の歌詞が持つすさまじい力は、
花道前方でこじんまりと歌っている感じとはまったく違い、
いたいほど歌詞がしみこんでくる、
本ライブの名シーンの一つだったのではないか。

ましてや安保法案が強行採決されたり、
いろんな凶悪犯罪が増えている中、
「タガタメ」が持つ歌詞の威力は実にすさまじいものがあった。

■4:後半戦の狂夜曲ラッシュ!
13:蜘蛛の糸
14:REM
15:WALTZ
16:フェイク
17:ALIVE

さてステージに戻って後半戦。
「タガタメ」がすさまじすぎて「蜘蛛の糸」で休憩した後、
きたよきたよきたよ!!!
ミスチルライブの真骨頂。
狂夜曲ラッシュの時間帯。

まずはアルバム「REFLECTION」収録の「REM」。
この曲、ネットで聴いたとき、ついにミスチル狂った!
と思ったけど、その狂いっぷりがたまらなく、
時にライブで聴くと光るんです、この曲が。

狂った曲シリーズが始まったぞ!
次はやっぱり前回ツアー同様、アルバム曲順同様「WALTZ」!
そうだよね。「REM」「WALTZ」の流れはいいよね。
でもこの間になんか過去曲はさんでほしかったなと思いつつ、
前回ツアーで最もしびれた曲が「WALTZ」。

就活生を落ち込ませるすさまじい歌詞として話題になったほど、
絶望や悲哀に満ちた感じのある「WALTZ」なんだけど、
こういう曲があるからこそミスチルの振れ幅が広くって、
飽きもせず、いつまでも魅力あるアーティストとして、
君臨できるゆえんだと思う。

さてさてその次はなんだ!
できれば「Worlds end」こい!と思っていたが「フェイク」。
「フェイク」は「ニシエヒガシエ」や「ロックンロールは生きている」
なんかと組み合わせてライブで狂夜シーンの際に使われる曲。
悪くはないんだけど「Worlds end」ぐらいの破壊力、疾走力のある曲を、
この辺ではさむとより効果的だったんじゃないかなと思う。

ここで狂夜シーンは終わりと思いきや、まさかの「ALIVE」!
世の中いやになってもう全部放り出したいという歌詞が、
なんとも多くの人の心をぐっとつかむファンの間では知られた名曲。
「ALIVE」はいいです!

■5:終盤に「終わりなき旅」を「REFLECTION」に混ぜ込んだ見事なセットリスト!
18:進化論
19:終わりなき旅
20:幻聴
21:足音~Be Strong

怒涛の狂夜曲が終わり、そろそろアンコール前の終盤、
残りはあれとあれとあれだよなと計算し始める時間帯に、
前回ツアーと同じく「進化論」を説明する映像イントロがあって「進化論」へ。

いやーこの曲、名曲すぎる!!!
落ち着いたトーンなのにこんなに心にしみる曲を作れるなんて、
ミスチル天才だと思う。
「進化論」ほんと名曲です。
まだ聞いたことない人いたら、すぐさまアルバム「REFLECTION」購入した方がいい。
名曲です!

さああとは「足音~Be Strong」「Starting Over」で、
アンコール前は終わりかと思いきや!!!!
出た!「終わりなき旅」!!!!!!
何度聴いてもいい。
ミスチル名曲中の名曲。
ひょっとしたらこの曲がミスチルの中でも、
一番の代表曲なのかもしれない。
「進化論」の後に入れてきたなんてすごい!
なんとうか最新アルバムもいいんだけど、
でも最新アルバムは発売されてからまだ1カ月ちょっとで、
多くの人はそんなにまだ聴きこんでいない中、
「終わりなき旅」って多くの人にとって、歌い込み、聴きこんだ、
人それぞれに思い入れのある曲だけあって、
会場の盛り上がりも半端なくすごかった!

そしてこの後に「幻聴」!
ミスチルの得意分野である前向きな曲。
「擬態」とか「蘇生」と系統的には似ているんだけど、
でも似ているけどこの曲も好き。
ミスチルって心にブレーキかけている人の背中を押すのがうまくって、
「幻聴」もそんな勇気づけられる曲。

そしてアンコール前ラストはもちろんこの曲。
「足音~Be Strong」。
すごい盛り上がる曲というわけではないんだけど、
一歩一歩踏みしめていこうと思える地に足ついた曲で、
安心してかみしめて聴ける曲。

■6:史上最高のアンコール!!!
22:I wanna be there
23:overture~蘇生
24:fantasy
25:Tomorrow never knows
26:innocent world
27:Starting Over

アンコール1曲目はまさかの花道前方。
しかも照明を落として「みなさんのスマホで明るくして」と、
観客のスマホの灯りがきれいなステージで、
アルバム「REFLECTION」の{Naked}のみ収録曲「I wanna be there」。
あんまりまだこの曲聴いてないんだけど、
ライブでこんな演出して聴かせてくれるととっても好きになれる。

そして!
ままさか!!!
あとは残り考えたら「fantasy」と、
「Starting Over」で終わりだろうと思ったら、
これまた過去の名曲中の名曲「蘇生」!
この「蘇生」によってどれだけ勇気づけられたか。
どれだけ前向きになれたことか。
アンコールで「蘇生」が出てくるとは思わず、
これまた予想外のうれしいセレクト!
観客もみな大合唱してた。
みんな励まされてるんですよ、きっとこの「蘇生」で何度となく。

そしてアルバム「REFLECTION」で残っている代表曲の「fantasy」!
いや~やっぱりこういう曲は事前にアルバム聴いて、
ライブにのぞむのとそうでないのとではぜんぜん違う。
前回ツアーでもやったけど、予習できてないし唐突すぎて、
私含めほとんどのお客さん、この曲初見で聴いてノレなかったけど、
今回はぜんぜん違う!
「待ちに待ってました!」ってな感じで大盛り上がり。
やっぱりさ、ライブはアルバム発売後にやってほしいよね。

「fantasy」はアルバムの中でやや小ぶりな感じもするんだけど、
歌詞がめちゃくちゃいいわけ。
歌詞カード読み込んでからライブで聴くとぜんぜん印象が違う。
心に染み込んでくる。

あとはもうついに最後の「Starting Over」で終わりかと思ったら、
まさかまさかの「Tomorrow never knows」に「innocent world」!
ミスチルの大ヒット曲。「innocent world」はともかく、
「Tomorrow never knows」はあんまり最近やらないかなという気がするので、
とっても懐かしくていい。
しかも立て続けに惜しげもなく「innocent world」ってのがにくい演出!
いやーこのツアーすごすぎ!
こんなにアンコールもたっぷりやるなんて!!!

そして最後はもう待ちに待ってた「Starting Over」。
前回ツアーのファイナルでしかやらなかった曲。
アルバムに封入されているアルバム制作ドキュメンタリーより、
はるかによかったNHKでやったミスチルアルバム制作密着ルポで、
フィーチャーされていた「Starting Over」だけど、
あのNHKの密着番組みたら「Starting Over」を何が何でも生で聴いてみたい!と思うはず。

前回ツアーではファイナル以外ではやらなかっただけに、
ほとんどの人がライブで聴くのは初となると思うんだけど、
ほんとこの「Starting Over」は最高すぎる!
こういってはなんだけど「足音~Be Strong」はかすんでしまうぐらい、
いろんな心の葛藤を曲に凝縮し、爆発力を秘めた名曲。

もうほんとこの曲最後に聴けてよかった。
「未完ツアー」は、アルバム「REFLECTION」は、
名曲いっぱいあるけど「未完」と「Starting Over」の2曲が、
すごい核をなしているように思う。

というわけでなんと27曲!約3時間半!
アルバム「REFLECTION」の名曲もきっちりやりながら、
過去の名曲もこれだけ披露したミスチルライブは、
ここんところなかったんじゃないかというぐらい、
最高のライブツアーだったと思います!

前回ツアーもその前のツアーもライブDVD出ても買う気は失せるけど、
この「未完ツアー」はセットリストがやばすぎて、
ライブDVDが出たら購入して何度も聴きたい素晴らしいライブです。

ミスチルは前作アルバムでずっこけて、
アルバム発売ライブとか意味不明なことして、
一体どうなっちゃったんだろうと心配する部分もあったけど、
名曲ぞろいのアルバム「REFLECTION」と、
新旧の名曲織り交ぜた素晴らしい「未完ツアー」ライブで、
完全復活したのではと思ってます。

やっぱミスチル最高!
ほんとすさまじい威力を持った曲群を、
あますことなく披露してくれます!!!

アルバム「REFLECTION」{Drip}は絶賛おすすめします!
「REFLECTION{Drip}」初回盤

・ミスチルファンコーナー
http://www.kasako.com/mrchildren.html

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらに届かないので、別のメールでお送りください。

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

・好きを仕事にした26人のインタビュー集
「マイナスな人生でもプラスになれる生き方」2015年6月に出版!

<楽しい仲間が増える!かさこ塾開催のお知らせ>
・大阪と京都でかさこ塾開催仮決定!
京都は11名申込!大阪は5名!※10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・待望の東京・土曜日開催!満席となり現在キャンセル待ち。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-07-20 00:06 | ミスチル
2015年 07月 19日

【ネタバレ注意】ミスチル・未完ツアー・セットリスト:2015.7.19ヤフオクドーム(福岡)

『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』
2015.7.19ヤフオクドーム(福岡公演)のセットリストです。
ネタバレ注意のため下記より
12行下からセトリを書いておきます。
くれぐれもネタバレですので、
閲覧ご注意ください!

ネタバレ注意
ネタバレ注意
ネタバレ注意
ネタバレ注意
ネタバレ注意
ネタバレ注意
ネタバレ注意

セットリスト

1:未完
2:擬態
3:ニシエヒガシエ
4:光の射す方へ

5:CHILDREN'S WORLD
6:運命
7:FIGHT CLUB
8:斜陽
9:I Can Make It

10:忘れ得ぬ人
11:and I love you
12:タガタメ

13:蜘蛛の糸
14:REM
15:WALTZ
16:フェイク
17:ALIVE

18:進化論
19:終わりなき旅
20:幻聴
21:足音~Be Strong

アンコール

22:I wanna be there
23:overture~蘇生
24:fantasy
25:Tomorrow never knows
26:innocent world
27:Starting Over

ヤバすぎるセットリスト!
やっぱりアルバムは予習してからライブに望む方が10倍楽しい。
2015年前半に行われた『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』に比べて、
『未完ツアー』は曲数も多いし、アルバム予習できるし、
過去の名曲もこれでもかというぐらいやるので、
めちゃくちゃおすすめのツアーです!

アルバム「REFLECTION」{Drip}は絶賛おすすめします!
「REFLECTION{Drip}」初回盤

・ミスチルファンコーナー
http://www.kasako.com/mrchildren.html

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらに届かないので、別のメールでお送りください。

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

・好きを仕事にした26人のインタビュー集
「マイナスな人生でもプラスになれる生き方」2015年6月に出版!

<楽しい仲間が増える!かさこ塾開催のお知らせ>
・大阪と京都でかさこ塾開催仮決定!
京都は11名申込!大阪は5名!※10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・待望の東京・土曜日開催!満席となり現在キャンセル待ち。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-07-19 22:22 | ミスチル
2015年 06月 03日

マイナス思考でウジウジしている輩は今すぐミスチルアルバム「REFLECTION」を買え!100回聴け!

自分なんかできないとか、自分には才能ないとか、
いつまでもクズクズ言ってる、プライド高いくせして、
失敗が怖いから小賢しい言い訳ばかりがうまくて、何も行動しないウジウジ野郎!
いい大人して、いつまでウジウジしてるんだ!
恥ずかしくないのか?

何?もとからネガティブでポジティブになれない?
黙れ!
クソみたいな言い訳はいいから、今すぐミスチルのニューアルバム「REFLECTION」{Drip}を買え!
そして100回ぐらい聴け!100回ぐらい歌え!100回ぐらい歌詞を書き写せ!
そしたらな、そのウジウジ病は少しはマシになるだろう。

2013年12月に発売された前回アルバム[(an imitation) blood orange]が、
あまりに駄作過ぎて完全に終わったかと思ったミスチルだったが、
解散宣言か無期限休養宣言しそうな2015年6月4日に発売されたニューアルバム、
「REFLECTION」はマジすごい!

ミスチル最高傑作。
すごい。すごい。すごすぎる!
これぞ文句なしのミスチル最高傑作。

ミスチルの素晴らしさ。
それはウジウジしているマイナス思考の人の気持ちを、
理解した歌詞が多いからだ。
しかもぐるぐる自分の頭の中でマイナス思考に陥って状態から、
一歩、足を踏み出してみようと思える、
マイナスからプラスへ転化する歌詞の曲が実に多い。

これまで私はミスチルの曲に何度も助けられてきた。
マイナス思考で頭でっかちで行動しないバカだった私を、
救ってくれたのはミスチルの曲であり歌詞だった。

そんなミスチル真骨頂ともいうべき、
マイナスからプラスへ転化する力強い曲が、
今回のアルバムは特に多い!
しかも曲的にもかっこいいし、のれるし、勇気がわいてくる。

1曲目。「未完」。
ウジウジしている輩は14曲聴く必要はない。
まずこの「未完」を1日30回ぐらい、3日間ぐらいずっと聴き続けたらいい。
聴いたら今度は歌ってみればいい。
そしたら歌詞を手書きで100回ぐらい書き写してみればいい。

ウジウジしている自分があっという間に吹き飛ぶだろう。

この曲はすごい。すごすぎる。
これほど力強い曲が世の中にあっただろうか。
心震わせる曲があっただろうか。
「未完」1曲聴くためだけでもアルバム代は惜しくない。

「未完」で勇気が出たら、12曲目の「進化論」を聴け。
100回ぐらい聴いたらいい。
スローテンポながらぐっと歌詞が染みこんできて、
前向きに生きていこうと思えるはず。

私なんか店頭でCD買ってあわててファミレスに入り、
このアルバム聴いてたんだけど「進化論」聴いてたら涙が出てきた。

生きること。自分と世界。命。変化。行動。
「進化論」を100回ぐらい聴き、自分の身にこの曲を染み込ませたら、
命を大切に、変化をいやがらず、一歩一歩歩んでいこうと思えるのではないか。

そしたら今度は13曲目の「幻聴」を100回聴け。
ウジウジから脱し、一歩一歩踏み出すことができるようになったら、
今度はイメージするんだ。
夢みたいなことを。
心の声に素直になる。
そんなメッセージを「幻聴」を聴いて自分の心にチャージする。
そしたらウジウジから脱するだけでなく、
もっと明るく楽しい未来を予感することができるようになるだろう。

そして最後は14曲目の「足音 ~Be Strong」で締めろ。
100回ぐらい聴け。
人生、うまくいかないこともいっぱいある。
でも一歩一歩、前に進んでいけば、きっと必ずいいことある。

セルフイメージが高すぎるんだよ。
一挙にラクして成功しようとかアホみたいなこと考えてるから、
何もできないんだよ。
そんな理想論じゃない。
現実を見据えながら着実に足を踏みしめていく大切さを、
この曲から噛みしめることができるだろう。

あえて4曲ピックアップしたが、このアルバムは名曲ぞろい!
他の曲もすさまじくいい。
でも特にこの4曲は自信がないとかいっている人におすすめしたい。

ミスチルを聴け。
それが何よりもマイナス思考から脱するいい方法。

自分の人生の一歩をミスチルアルバム「REFLECTION」をきっかけに、
踏みだそう。

ちなみに23曲入りの「REFLECTION」{Naked}もありますが、
こちらはマニア好み、シングルB面っぽい曲がいっぱい追加された感じなので、
よほどのミスチルマニア以外はおすすめしません。

14曲の「REFLECTION」{Drip}を絶賛おすすめします。
私ももう何度も聴いて心にプラス思考をチャージしてる。

※ミスチルは2015/6/4にツアーファイナルで、
無期限休養ないし解散宣言するのではと予想しています。

「REFLECTION{Drip}」初回盤

・ミスチルファンコーナー
http://www.kasako.com/mrchildren.html

<好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術1day地方講義は残り4つ!>
・6/7(日)甲府(9:40-11:40)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/23022532/

・6/13(土)札幌(14:00-16:00)残席わずか
http://kasakoblog.exblog.jp/22927575/

・6/28(日)取手(14:00-16:00)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/22950780/

・7/10(金)北海道・網走(18:30~20:30)残席あり
http://kasakoblog.exblog.jp/23105629/

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-06-03 21:38 | ミスチル
2015年 03月 15日

【ネタバレ注意】ミスチルTOUR2015「REFLECTION」ライブレポート&セットリスト2015.3.15前橋

2015.3.14からスタートした
「Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION」の2日目、
2015.3.15の前橋に行ってきました!
セットリスト&ライブレポートを紹介します!!!

<セットリスト>
・序盤4曲
1.fantasy
2.ロックンロールは生きている
3.旅人
4.fanfare

・新曲4曲
5.Melody
6.FIGHT CLUB
7.斜陽
8.I Can Make It

・前方演奏で既存曲3曲
9.口笛
10.HANABI
11.口がすべって

・新曲4曲
12.蜘蛛の糸
13.REM
14.WALTZ
15.放たれる

・終盤新曲3曲
16.進化論
17.足音~Be Strong
18.幻聴

・アンコール4曲
19.Everything(It’s you)
20.エソラ
21.Marshmallow day
22.未完

<全体的感想>
1:えっ?ほとんど映画(FC限定ライブ)と同じ?
うわー。ほぼ映画(FC限定ライブ)のセトリと同じ。
ここまで一緒だと意外性なくちょっとがっかり。

映画(FC限定ライブ)に行った時、
「旅人」や「Everything(It’s you)」やって、
鳥肌立つほど感動したけど、また同じかーとか、
新曲披露するにも映画(FC限定ライブ)の構成とほとんど同じかーとか、
映画(FC限定ライブ)にもネットやテレビにも披露されていない、
アルバム収録曲いっぱい聴けるのかなと思ったら、
えっ「WALTZ」だけ???みたいな拍子抜け。

いや確かに今度のアルバムは名曲ぞろいだと思うし、
再び大きなライブ会場で聴けるのはうれしいんだけど、
まるで映画と同じ構成でなんかもうちょっと工夫できなかったのかな。

映画とどんかぶりの既存曲
(「旅人」「Everything(It’s you)」「口笛」)を変えるとか、
同じ新曲披露するにも順番を入れ替えるとか。
かなり予定調和な曲順だったので、
意外性や驚きがなくちょっと物足りなかったなというのが一番。

2:新曲めちゃくちゃいいのに家で聴けない!アルバム早く出せ!
予定調和なセトリとはいえ、でも今回の新曲たちはすごすぎる。
序盤に披露された「Melody」「FIGHT CLUB」「斜陽」はとってもいいし、
今回初披露となった「WALTZ」もすごくよかった。
「蜘蛛の糸」「I Can Make It」はライブで初見だと、
ちょっと馴染みにくいけど、アルバムで聴きこめば、
ライブでの聴こえ方はうんと変わってくるスルメな曲。
そして何よりも「進化論」「幻聴」「未完」の3曲は神すぎる!!!

にもかかわらず、アルバムの発売は6月4日。
なぜ?
ツアー最終日だ。
MCによると3月前半までレコーディングやってたからというけど、
それでもやる気になれば4月ぐらいには出せるだろうし、
そもそもCDに入りきらなくてUSBアルバムとかいってんなら、
配信でアルバム先行販売すればいいわけだ。

多分、アルバムで聴かせず、
新曲をライブではじめて聴かせると、
どういう反応なのかということを知りたいがために、
わざとツアー終了日にアルバム発売するんだろうけど、
ライブに行って曲がすごくよかったのに、
家に帰ってもその曲が聴きこめないって腹が立つ。
なぜにそんなことするわけ?

しかもまったくの未発表ならともかく、
続々とタイアップが決まり、
テレビでサビだけ流されるという、
中途半端な曲のだだもれ状態になっている。
なんか曲の発表の仕方間違ってないか?

あとはやっぱりツアーやるなら、
アルバム聴きこんでからツアーにのぞみたいなと、
今回のライブでしみじみ思った。

今回のライブで客が特に盛り上がってたのは、
「旅人」「fanfare」「エソラ」「Marshmallow day」の4曲ぐらい。
やっぱり聴いたことのない曲をいっぱい聴かされて、
確かに名曲だから悪い感じはまったくしないんだけど、
やっぱり事前に曲を聴きこみ、歌詞も読みこんで聴くのとでは、
ぜんぜん意味合いが違ってくると、
今回のライブでの観客の反応を見てしみじみ感じた。

アンコールになって「エソラ」「Marshmallow day」になった時の、
まるで今まで病人だった観客が、
生き返ったかのように盛り上がる姿を見て、
曲を知ってる、知ってないって大きいことなんだなと。

いやもちろんバンドによっては、
事前にアルバム聴きこまなくても、
ライブでのれてその時、楽しめればいい!
ってバンドもあると思うけど、
ミスチルの曲ってそういうのではない。
例えば、「Everything(It’s you)」なんかは、
盛り上がる曲じゃなくて、新曲の時と同じように、
しーんとしているわけだけど、
でも何度となく聴いている曲をしみじみ味わえるわけです。

今回はなんかのきまぐれで、
アルバム発売前にツアーにしたんだろうけど、
申し訳ないけどミスチルさんはもうそういうことはやめてほしいなと思う。
まあなぜかアルバム発売後にまたツアーが発表されたので、
多分そっちのツアーの方が断然盛り上がるし、断然おもしろいと思う。
アルバムを事前に聴きこめるし、
映画とほとんど同じ構成というわけではないだろうから。

まあでもなんかこの1年の狂ったようなミスチルのおかしな活動は、
ツアー終わったら無期限休養宣言とかしそうな予感するけど。

3:ただ間違いなく次回アルバムはすごい名曲ぞろい!
ただ今回のライブに様々な不満はあるものの、
前回アルバムで大ゴケしてミスチルは終わったかと思った不名誉を大挽回し、
ニューアルバム「REFLECTION」は超名曲ぞろいということを再認識できた!
ミスチル完全復活!
というかマジで進化していてすごい!!!
アルバムはかなり期待が持てます。
すでにアマゾンでも予約がスタートし、私も速攻予約しました。
(ライブ会場での予約会はたいした特典もなく、
並ぶのもバカらしいのでアマゾンで予約しました)

・ニューアルバム「REFLECTION」23曲入りバージョン

・ニューアルバム「REFLECTION」14曲入りバージョン

というわけでここから詳細ライブレポ!

・1:序盤4曲
1.fantasy
2.ロックンロールは生きている
3.旅人
4.fanfare

何から始まるのかワクワクの中、
無難な新曲「fantasy」でスタート!
この入り、とってもいいと思います。
「fantasy」は新曲の中ではかなり影が薄くなりそうな、
わりと今までのミスチルっぽい曲なんだけど、
CMタイアップのおかげもあって、新曲の中でもメジャー感があり、
でも映画(FC限定ライブ)では披露されていないので、
フルで聴けたお得感があってなかなかよいです。

そして2曲目は「ロックンロールは生きている」!
こういう曲があるからミスチルファンをやめられないんです。
ただ優しく甘いメロディーだけでなく、
激しさのある曲があるからこそミスチル。
でも2曲目でいきなり「ロックンロール~」は早すぎかな。
もうちょっと体とテンションがあったまってから、
中盤の激しい曲ラッシュの一角に使ってほしい。

3曲目はなんと「旅人」!
はじめて観客がライブ会場と一体となり、
のりにのれた曲。
「旅人」は中途半端なシングルカットのB面っぽい扱いのせいで、
しかもアルバムにも収録されなかったため、
ファンは知っていても一般にはなじみのないミスチル曲なんだけど、
ミスチルを代表する素晴らしい曲!
映画(FC限定ライブ)でもやったけど、「旅人」は何度聴いてもいい!!

これで序盤が終了し、小休憩はさんで新曲披露かと思いきや「fanfare」。
いやー、「旅人」の流れで一挙に盛り上がろうってセトリなんだけど、
「fanfare」投入もちょっと早すぎるんじゃないかな。
かなり盛り上がってはいたけど、
もっと終盤で盛り上がってきた時に使った方が効果的なんじゃないか。

・2:新曲4曲
5.Melody
6.FIGHT CLUB
7.斜陽
8.I Can Make It

ここから新曲4曲披露。
アルバムの中でも名曲を選んでの披露だと思う。
FC限定ライブではじめて聴いた時には、
ちょっと奇をてらいすぎてないかとも思ったんだけど、
FC限定ライブ、映画と2回聴いたせいか、
「FIGHT CLUB」「斜陽」は今までのミスチルとは違った感じで、
新鮮味があってとってもいいです。
「Melody」は名曲だけど今までのミスチル路線を踏襲といった感じもある。
いい意味で安定感はある名曲。
「I Can Make It」は桜井さんがソロになったらやりそうな、
アコギ一本弾き語りで成立しそうな、ちょっと暗めの曲だけど、
事前にアルバムで聴きこめば、味のある名曲として認識できそう!

・前方演奏で既存曲3曲
9.口笛
10.HANABI
11.口がすべって

新曲ラッシュでややぽかーんとしている観客も多い配慮なのか、
花道の前方に出てきて5人で演奏。
キーボードは小林武史さんではなくサニー。

口笛は例のごとく1番を観客に歌わせるという、
もういい加減絶対にやめてほしいうんざりする演出。
一応、桜井さんのMCでは、
「歌いたい人が多かったらお客さんに歌ってもらい、
歌いたい人が少なかったら僕が歌う」といっていたものの、
観客に歌わせるバージョンに。
あと「口笛」はライブで多用しすぎかなという感じもして、
あまり新鮮味がなかった。

その後、MC。
桜井さんがペットをいろいろ飼っていて、
金魚の水替えをした時に思いついたのが「HANABI」だという。
「HANABI」じゃなく「金魚」に聴こえてきた(笑)けど、
HANABIは名曲だなーと思う。

そして意外に良かったのが「口がすべって」。
私、正直、あんまりこの曲、好きな方ではない。
アルバムでは必ずここをスキップする。

でもなんか前方に出てきての簡易演奏バージョンでの、
軽やかな感じの「口がすべって」はとってもよかった!
ライブの醍醐味ってこういうのなんです。
アルバムで聴いていた時、あまりぴんとこなかった曲が、
ライブによって生き返り、思わぬ再発見し、
帰ったら聴きこんでしまうみたいな。
こういう意外な選曲だけど、結構よかったみたいな曲が、
どれだけライブに組み込めるかが大事だと思うんだけど、
今回のライブは予定調和なセトリだったので、
意外だったのは「口がすべって」ぐらいだったかな。


・新曲4曲
12.蜘蛛の糸
13.REM
14.WALTZ
15.放たれる

さあ!いよいよ後半戦!
そろそろ激しく狂った感じの曲が続くんじゃないかな!
と期待したところ「蜘蛛の糸」というバラード風のゆったりした曲だったけど、
映画で聴いた時よりすごくよく聴こえた。
嵐の前の静けさみたいなセトリの順番がよかったからなのかも。

そしてついに「REM」!
フルバージョンのPVがとっくの昔にYoutubeにアップされていたまま、
でもライブでは初披露!
マジでこんな曲つくれる桜井さんはすごい!
ライブで初めて聴く「REM」はすごいよかったけど、
意外とのりにくい曲なのかも。

ここからついにこの流れで「ニシエヒガシエ」とか「フェイク」とか、
「Wolrds end」とかに突入するのか!!!と思いきや、
初披露の「WALTZ」。
しかしこの曲がものすごくよかった。
かなり異質。テンポはあやしい感じなんだけど、
今までにないミスチル曲で、
かつ「REM」の流れからがすごくよかった。
それにしてもこんな曲まであるなんて、
次回のミスチルアルバムやばし!!!

よし、今度こそこの流れで、
「ニシエヒガシエ」とか「フェイク」とか「Wolrds end」か!
と思いきや「放たれる」。
この曲、個人的にあんまり好きではないし、
何より名曲ぞろいの次回アルバムの中では、
かなり見劣りする感じなんだけど、
「WALTZ」の後だったせいか、ぱっと雰囲気が変わってよく聴こえた。

・終盤新曲3曲
16.進化論
17.足音~Be Strong
18.幻聴

そしてここで映像が流れる。
FC限定ライブで桜井さんが「進化論」についてMCで説明したことを、
作りこんだ映像で説明するという流れで、
もう映画(FC限定ライブ)で証明された鉄板の終盤3曲へと突入。

まずは「進化論」。
いやほんとこの曲、名曲。
派手さはない。わりと淡々としている。
でもすごく歌詞が深い。
いろんな感情を想起させてくれる。
次回アルバムのタイトルは「進化論」でもよかったんじゃないか、
と思うぐらい、名曲中の名曲。
せめてこの曲だけでも先行配信してほしい。

そしてフルバージョンのPVが上がっている「足音~Be Strong」。
ミスチル正統派の名曲。
今のミスチルが歌う「終わりなき旅」であり「GIFT」的な曲。

そして最後は「幻聴」。
この曲もほんといいです!
ミスチル正統派の名曲!
「蘇生」とか「擬態」的な流れの曲ね。
でも新鮮な感じもする。
ミスチルほんとやばいっす!

・アンコール4曲
19.Everything(It’s you)
20.エソラ
21.Marshmallow day
22.未完

えー18曲でもうアンコールかよ!と思ったら、
4曲やってくれた。
はじめはなんと「Everything(It’s you)」。
ほんとこの曲、むちゃくちゃ大好きなんだけど、
映画(FC限定ライブ)でやっちゃったから意外感がない。
もっと違う昔の名曲をセレクトしてほしかった。

そして一挙に観客の雰囲気が変わったのが、
「エソラ」と「Marshmallow day」!
今まで死んだように静かだった観客が、
知っている曲でかつのれる曲が続いたことで、
ライブ会場の雰囲気が一挙に変わった!

いやほんとはライブ前にアルバム発売してくれれば、
終始こんな感じになるんだけどなーと思いながら、
「エソラ」と「Marshmallow day」の2曲はとってもよかったです。

そして最後はもちろん「未完」。
もうこの曲なしでは終われない。
絶対にやってほしい新曲の中でも名曲中の名曲。
まだ2回しか聴いてないけど、素晴らしい曲で、
なんか最後に「未完」やって涙が出てきた。

なんだろう。この曲。
すごすぎす。素晴らしすぎる。
歌詞もないし曲を何度も聴いているわけではないので、
どんな曲かを言い表すのは難しいんだけど、
なんだろう、人生を考えさせる曲というか。

アルバム発売後のツアータイトルが「未完」でしょ。
MCで桜井さんが言っていたように、
ミスチル=このバンドはいつまでも完成されない。
でもそれがいいんだ。みたいなことで「未完」って曲なんだけど、
なんかこの「未完」を最後にしめて、
しばらく無期限休養とか解散宣言とかしないかどうかかなり不安。

なんかそんなことも予感させるような、
エンドロールに流れるのにふさわしい、
完成された名曲なんです。

以上、詳細ライブレポでした。
いずれにしてもニューアルバムは超楽しみ!

・ニューアルバム「REFLECTION」23曲入りバージョン

・ニューアルバム「REFLECTION」14曲入りバージョン

・ミスチルファンサイト
http://www.kasako.com/mrchildren.html

<かさこマガジン5について>
人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-03-15 22:25 | ミスチル
2015年 03月 15日

【ネタバレ注意】ミスチルTOUR2015「REFLECTION」セットリスト2015.3.15前橋

2015.3.14からスタートした「Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION」の2日目、
2015.3.15の前橋に行ってきました!
後ほど詳細レポあげますが、先にセットリストをお知らせします!


※ネタバレ注意
※ネタバレ注意
※ネタバレ注意


<セットリスト>
1.fantasy
2.ロックンロールは生きている
3.旅人
4.fanfare

5.Melody
6.FIGHT CLUB
7.斜陽
8.I Can Make It

9.口笛
10.HANABI
11.口がすべって

12.蜘蛛の糸
13.REM
14.WALTZ
15.放たれる

16.進化論
17.足音~Be Strong
18.幻聴

<アンコール>
19.Everything(It’s you)
20.エソラ
21.Marshmallow day
22.未完

・・・・・・
あ~~~~~~~~~~~!
基本的にFC限定ライブとほぼ同じ!
すなわち映画とほぼ同じ!
映画の再現+アルファって感じ!

もっと映画(FC限定ライブ)と違うセットリストかなと期待したのに。
23曲入りアルバム発売が発表されたので、
映画(FC限定ライブ)でやってない新曲いっぱい聴けるのかな、
と期待したけど「WALTZ」だけか・・・。

アルバム発売後のツアーの方が、
アルバム聴き込んだ後だし、
今回のセットリストとはまったく違いそうだし、
そっちの方がはるかに期待が持てるかも!!!

ただ今回のライブに行って思ったのは、
前回アルバムで大ゴケしてミスチルは終わったかと思ったけど、
ニューアルバム「REFLECTION」は超名曲ぞろい!!!!
早く聴きたい!
ライブに行って曲聴いて、アルバム聴きこみたいのに、
アルバムが6月4日発売なんてなめてる!!!

とりあえずツアーでの予約会に並ぶのはバカらしい
(たいした特典があるわけではないので)
アマゾンで予約しました!

後で詳細ライブレポ書きますが、
基本的にFC限定ライブレポ&映画レポを読んでいただければ。

・ニューアルバム「REFLECTION」23曲入りバージョン

・ニューアルバム「REFLECTION」14曲入りバージョン

・ミスチル映画「REFLECTION」はFC限定ライブそのままのライブ映像。新曲は名曲多し!
http://kasakoblog.exblog.jp/22811883/

・ミスチル・ファンクラブツアー・ライブレポート!(Zepp DiverCity Tokyo)
http://kasakoblog.exblog.jp/22396349/

<お知らせ>
・いよいよ来週からスタート!全国12カ所。
「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」地方講義ツアー開催!
3/19仙台、3/22郡山、4/3京都、4/16宇都宮、4/18大阪、
4/19岡山、4/24大分、4/25福岡、4/30秋田、5/15名古屋は決定。
札幌は6月で検討。網走は7/10で検討。
http://kasakoblog.exblog.jp/22867080/

<かさこマガジン5について>
人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-03-15 20:29 | ミスチル
2015年 02月 16日

ミスチル映画「REFLECTION」はFC限定ライブそのままのライブ映像。新曲は名曲多し!

ミスチル映画「REFLECTION」見てきましたが、ファンクラブ会員限定といいながら、
ほとんどのファンクラブ会員の人が行けなかった、
2014年9月に行われたFCライブそのままの動画です。
ほんのちょっと差し込みで映像あるものの、
基本はほぼノーカットのライブ映像で、
逆にいうと映画限定の特別なインタビューとか映像はないです。
映画を見に行く方は、FC限定ライブのライブDVDを大画面で見る、
という腹づもりで見に行ってください。

奇跡的にFCライブに当選した人は、なのであえて見に行く必要はないかも。
FCライブに行けなかった!3月から始まるツアーに行く予定だけど、
でもFCライブの様子をどうしても見てみたい!という方は映画に行くとよいかも。
3月からのツアーに行く予定の方はあえて行かなくてもよいかもしれません。
曲がかぶる可能性があるので。

ただ未発表の新曲が多く、なぜかツアー前にアルバムをあえて発売しないという、
暴挙に出たミスチルの行動を疑問に感じ、
ツアー前に新曲を一度でもいいから耳にした方が、
絶対にツアーで楽しめるはず!という方は、
映画を見ておくと、たった一度ですが予習になります。

私は奇跡的にFCライブに当選して見にいくことができたので、
その時に書いたライブレポートの感想がほぼそのまんま映画の感想ですので、
下記にそのままその時のレポを掲載しますが、
今回あらためてライブ映像を見て思ったのは、
「前回のアルバムはミスチル終わったかと思ったぐらいずっこけたが、
今回の新作アルバムはかなり期待できる名曲ぞろい!」ということ。
それだけにツアー前にアルバム出せ、バカヤロー!
どういう頭の悪いプロモーションしてるんだ!と腹が立つわけですが、
3月の前橋のライブに行く予定なので、またライブレポを速攻上げたいと思います。

「進化論」「足音」「幻聴」「未完」は神!
この4曲すごすぎる!
「Melody」もとってもいいですね。
「fight club」「斜陽」はちゃんとアルバムで何度も聴けば、
すごくいい曲に聞こえてくると思う。
「蜘蛛の糸」「I can make it」はかなり微妙かも。
「放たれる」は先行して配信で発売されているけど微妙な曲だなと個人的には思う。

とにもかくにも「進化論」「足音」「幻聴」「未完」!
ほぼライブ映画もこの順序で演奏されるのだが、鳥肌ものの4曲です!!!

というわけで映画感想にかえてFCライブのレポを再掲載します。
映画で違ったのは桜井さん弾き語りが「Simple」ではなく「花」だったことぐらいです

■まずはセットリスト!
1:Everything(It's you)
2:旅人
3:名もなき詩

4:Melody(新曲)
5:fight club(新曲)
6:斜陽(新曲)
7:蜘蛛の糸(新曲)
8:I can make it(新曲)
9:放たれる(新曲)

10:サビのみの未発表曲(“ゴミの歌”)
11:Simple(アコギver)

12:進化論(新曲)
13:足音~Be Strong(新曲)
14:幻聴(新曲)

<アンコール>
EN1:口笛(リクエストNo.1曲)
EN2:未完(新曲)
EN3:独り言

全17曲。新曲は11曲。演奏時間は約2時間。
通常のライブツアーよりは短く曲数も少ない感じで、
演出も照明のみで派手な映像などはなく、
いわゆる普通のオーソドックスなライブハウスのツアーという感じです。

正直、前回アルバム[(an imitation) blood orange]でずっこけて、
「REM」がネットで発表されて期待したものの、
映画『青天の霹靂』主題歌として発表された最新曲「放たれる」を聴き、
ほんと申し訳ないけど、ミスチルは終わってしまったのではないかと思うぐらい、
「放たれる」にはずっこけてしまって、
次なるアルバムもそれほど期待できるのか?とファンクラブ会報を読んでいましたが、
今回のライブツアーで新曲11曲聴いて、
「まだまだミスチルは終わっていない!前回よりはるかにすごいアルバムができそう!」
と思いました!

■パート1:これまでのミスチル曲
さて注目の第一曲目は何から始まるのか、
ワクワクドキドキしつつ、知らない新曲だとのれないよな、
と思いながら、始まったのはな、な、なんと!!!
「Everything(It's you)」!!!!

素晴らしい!
鳥肌立った!
涙出てきた!

過去の名曲。
そう頻繁にライブでやるわけではないけれど、
この切なくてもどかしくて、でも思いを解き放ちたいみたいな、
ミスチル真骨頂ともいうべき 「Everything(It's you)」なんて幸せ!
新曲想定だったのでいい意味でうれしい誤算だった!

そして2曲目はなななななななんと!!!!!!!!!!!!!!
「旅人」!
うぉーーーーーーーーーーーーーー
と叫びたくなるうれしい選曲!
過去ライブツアーで1回ぐらいしかやってないんじゃないかな。

ミスチル隠れ名曲ナンバーワンといってもいい曲。
発売当初、シングルB面扱いではなく、
なぜこれをシングルにしてくれなかったのかと思うぐらい、
シングル曲としてもおかしくないファンの人なら知っている、ミスチルを代表する名曲!

社会風刺の歌詞とリズミカルなメロディーで、
一挙にファンのボルテージがヒートアップ!
いや~「旅人」やってくれるなんて泣けてくる!
うれしい!たまらない!

3曲目は「名もなき詩」。
ここでメンバー4人に加えて久々キーボードにサニーさん登場!
ひょっとしてこのツアーも小林武史さんかなと思ったら、小林さんは不在みたい。

あれ?でも新曲主体のツアーじゃなかったの?
既存曲が3曲も立て続けに!
ひょっとしてこんな感じで既存曲主体でやってくれたら、
それはそれでうれしいなと思いながら、ミスチル代表曲を聞きつつも、
ただ「名もなき詩」はツアーで何度もやっていて、
正直もうちょっと間隔あけて使ってもらった方がいいかなということと、
ここで観客に歌わせる演出。

いらない!

この後も何度も観客に歌わせる演出あるが、
別に観客の素人合唱聞きたいわけじゃなく、
桜井さんの歌を聞きたくてみんな来てるんだから、
観客に歌わせる演出、冷めるからほんといらない。

ライブの中で1曲だけしかもサビだけぐらいならいいけど、最近これ多用しすぎ。
はっきりいってアーティストの自己満だと思う。
素人の歌ならカラオケで聴けば十分。
桜井さんの歌をちゃんと聞かせてほしい。

■パート2:素晴らしい新曲が立て続けに2曲も!
「名もなき詩」が終わって「これが最後の曲」と連呼していた桜井さん。
その意味するところははじめの3曲までが「これまでのミスターチルドレン」で、
これからいよいよ新しいミスターチルドレン、すなわち新曲やりますよということ。

なるほどそういうセットリストにしたのか。
たった3曲で既存曲が終わってしまうのは惜しいなと思いつつ、
でもどんな曲なのか聞いてみたいという興味もわく。

注目の新曲1曲目は「Melody」。
ズバリ、とってもいい!
シングルでもいい!
名曲!すごい!

雰囲気としては「Sign」をバージョンアップした、明るいトーンのラブソングっぽい感じの曲。
初期のミスチルっぽさもところどころに感じ、「LOVE」なんかに少し似ているかも。

でも過去の曲を貼り合せた感じじゃなく、
新しい素敵な曲として、はじめて聴いたのに、とっても心地が良かった!
観客の反応もよかった。

ミスチルでは珍しく「クリスマス」というフレーズがでてきて、
キラキラした感じのアレンジもあるので、クリスマスシーズンの名曲になるかも!
この新曲、とってもよいです!!!

新曲2曲目は「fight club」。
これもズバリ、よいです!
曲が始まる前に随分と詳しく桜井さんが曲の説明をしてくれたが、
正直、曲の印象を聴く限り、この説明はいらないかなと。
その説明とは1999年に公開されたブラッドピットも出演している、
映画「ファイトクラブ」からその曲名をとったとのこと。
1999年の時にブラッドピットに憧れる20歳の若者が、
何者かを敵に仕立て上げながら、がんがっていて、
時を経て2014年、35歳になってもがんばっている、
みたいな設定で作った曲とのことだそうだが、
正直よくわからない説明で、別に説明なくても、
盛り上がる系の激しい曲でとってもよいと思います。
似ているといえば「ランニングハイ」みたいな曲。

この曲、事前に音源で何度も聞いていて、
大きな会場でのライブでやったら、すごい盛り上がりそうな曲です。

■パート3:がっかりした新曲4曲
すげー。ミスチル。
立て続けに2曲やった新曲すごい。
今までのミスチルとは違う感じもありつつ、
でもミスチルらしさもある曲作れるなんて。
新曲2曲の出来栄えの素晴らしさに期待が高まる中、
ここから4曲、新曲ずっこけます。
私だったら「お蔵入り」にしたい・・・。

まず「斜陽」。
THEアルバム曲。言い方悪いかもしれないけど、正直完全な「捨て曲」かなと。
今回のツアーで300円の有料販売しているファンクラブ21周年祭特別号の新曲解説では、
「ロシア民謡の要素も入っている」「聴いたことのない感じすぎて、よく解んないかもね」
とコメントがあるように、まさにその通りの曲だった。
申し訳ないけど、ぜんぜんわからなかった。
まだ事前にアルバムで音源聞いていれば、
こういう曲がいぶし銀的に光って聞こえてくるのもあるかもしれないけど、
新曲でライブでいきなりやられてもなんともいえない曲だった。

次が「ちょっと大人のラブソング」という「蜘蛛の糸」。
これもライブ初出ではまったくよさがわからなかった。
メロディーの感じは「つよがり」に似ているかなという感じもあるけど、
「つよがり」ほどの名曲には程遠く、スローテンポな微妙な曲だった。

そしてまたもや新曲「I can make it」。
こちらもスローなテンポでなんとも微妙な感じの曲。
思いっきりロック調のアレンジにするとか、
思いきって桜井さんのアコギ弾き語りのみにするとか、
アレンジを大きく変えれば救われる曲かも。
聴いたところ、捉えどころのないびみょーな曲だった。

そして前半最後の新曲「放たれる」。
ネットで聞いてずっこけたんだけど、
ライブで聴けば変わるかなとも思ったけど、
やっぱり私にはこの曲ずっこけてしまう。
メロディが変なのか歌いにくいのか桜井さんに合っていないのか、
むちゃくちゃ歌が下手に聞こえる。
新曲が21曲もあるんだったら、真っ先にこの曲はお蔵入りにしてもらいたい!
こんな曲流れると、アンチミスチルファンから、
「やっぱり桜井さんってめっちゃ歌下手だよね」って言われても反論できないから!

■パート4:素晴らしい桜井さんの弾き語り2曲!
4曲連続して微妙な曲を聴かされて、
「やっぱりミスチルは終わったかもしれない」との印象を強く受けた後、
ここで前半後半の折り返し地点で、桜井さん1人の弾き語りコーナー。

そこで披露されたのが驚くべきことに、
なんとスタッフにもメンバーにも聴かせていない、
サビしかできていない未発表曲を披露するという!

しかも「災害でボランティアに行っている人をテレビで見ながら、
酒飲んでいるだけのどうしようもない自分を描いた歌」というので期待が高まる中、
弾き語りで披露されたのは、確かこんな感じの歌詞だった。
(一部不正確かもしれません)

俺はタダのゴミ、ゴミ、ゴミ、いらねえ、いらねえ
何の役にも立ってない

これがね、すごく耳になじみやすいキャッチ―なメロディで、
すごく覚えやすくていい曲だった!

「こんなのMステじゃ歌えない!
ゴミ、ゴミなんてミスチルどうした?なんて言われかねない」
と桜井さんは言っていたけど、観客の反応はとってもいい。
すごく聞きやすいし、メッセージもダイレクトだし、
4曲の変に懲りすぎたしょうもない新曲なんかよりはるかにいい!
ぜひこの曲も収録してほしい。
マジで「放たれる」なんかより100倍以上いい曲だと思う。

桜井さんギター弾き語り2曲目は「Simple」。
10/4に友達の結婚式で頼まれているから、
その練習をここでさせてくれという半分本気のようなジョークを交えながら、
ギター本で「Simple」を演奏するのを聞いて確信した。

これまでのミスチルにない曲をムリに作ろうと、
変なアレンジにしてみたり、歌い方を変えてみたりする必要なく、
桜井さんがギター弾き語りするだけで十分なんじゃないか。
そのぐらいとってもよかったです。
ちなみに「Simple」は今回のリクエスト第4位だったそうです。

■パート5:ミスチルらしい新曲3曲
ここから後半戦ラストスパート。
後半戦3曲のうちの1曲目は「進化論」。
なんだろう。曲名だけで絶対にいい曲!とわかるように、とってもいい曲!
この曲も詳しく桜井さんが解説。

キリンの首が長いのは生存競争のために長くなったのではないか、
でも実はそうではない説もあるとしながらも、
「強く望む」ことによって変化して生きていく強さを歌う、
非常に壮大なスケールの、例えるなら「終わりなき旅」っぽい雰囲気のある曲。
多分、次回のアルバムのコンセプトを体現している中心曲が、
この「進化論」になるんじゃないか。
(頼むからちゃちいキリンの絵や、妙にリアルなキリンの写真とか、
そういうダサいジャケ写は勘弁してほしいが)

「終わりなき旅」ほど暗い雰囲気はなく、「彩り」っぽい感じもあるんだけど、
日常っぽさというよりは広大な世界観みたいな、
スケール感を感じさせる壮大な曲でとってもいいと思います。

これにもし大きなライブ会場で映像と交えて演奏とかしたら、
きっとすごく印象に残る曲になるはず!

後半戦2曲目が「足音~Be Strong」。
悪くはないけど「進化論」に似ているトーンな感じもありつつ、
正直、「終わりなき旅」や「GIFT」の劣化版みたいに聞こえてしまった。

多分この曲もものすごい次回アルバムの押し曲なんです。
3ヵ月も擁して作られた大作とのことで、
期待が入っていることもありありと伝ってきて、悪い曲ではぜんぜんないし、
「また一歩」「次の一歩」を踏み出していけ!
みたいな「蘇生」みたいな感じの希望を感じさせる歌詞もあるので、
メッセージ性もすごくあり、勇気づけられる曲なんだけど、
ライブで一度聞いた感じだと「進化論」ほどの新しさがなく、
「終わりなき旅」もどきを作ったけど、
やっぱり「終わりなき旅」には勝てないよねという風には聞こえてしまった。

ただこの曲はちゃんと音源で聴けばその懸念は払しょくはできると思うのと、
「進化論」の次にやったのが似た感じだったので、
「なんか同じような曲」と感じさせてしまったのかもしれない。

そしてアンコール前の最後の曲が「幻聴」。
さすがは最後に持ってくるだけはあって素晴らしい曲!
新曲の中で観客の反応が最もよかった曲ではないか。
「fanfare」までぶっ飛んだ感じまではいかないけれど、
「蘇生」よりははるかにリズミカルな印象で、
ある意味では「擬態」っぽい感じなんだけど、
力強く前向きになれて、しかものれる曲なので、ものすごくいい曲だと思います!

ただ「幻聴」というマイナスイメージなタイトルより、
歌詞に何度か出てくる「宝島」の方がタイトルとしてはいいと思う。

■パート6:少し残念なアンコール3曲
ここで一旦終了し、アンコールが3曲。
今回のツアーのためにファンからリクエストを募ったところ、
約1万通のリクエストがあったとか。
5位が「終わりなき旅」。
4位が「Simple」。
3位が「旅人」。
2位が「I'll be」。
そして1位がなんと「口笛」!

「口笛」かあ~~。
名曲だけど1位かなと思いつつ、
アンコール一発目に「口笛」を披露したんだけど、
なんと一番を全部観客に歌わせるという横暴!

だから観客に歌わせる演出いらんって!
しかも1番まるごと全部歌わせるって、カラオケ大会じゃないんだから!
頼むからこの勘違い演出、今後のツアーで一切やめてほしい。
聴きたいのは桜井さんの歌声なんだから。

そしてこれぞ最後!という曲が新曲の「未完」。
これすごい!!!!超名曲!!!!
これも「幻聴」と並んで観客が自然に盛り上がり、のれた曲。
これはまさしく「蘇生」って感じの歌なんだけど、
サビもかっこいいし、バンド4人の演奏だけで、
十分迫力のある力強い曲になっていて、手拍子も自然と出てくるほど、
観客の反応がすごくよかった名曲。

「蘇生」系「擬態」系は似たような曲でも、
前向きさがあるからとってもいいんだとなと思った。

ここでまた一旦メンバーが舞台から下がったものの、
もう一度のアンコールに応えてくれて、最後はなんと「独り言」。
しぶい選別。中盤にやってくれれば楽しめたかもしれないけれど、
何も最後にこんな根暗な曲を持ってこなくても・・・。
しかも観客に何度も「ひとりごと~~」と歌わせても盛り上がらないから!

最近のミスチルの傾向として、最後に盛り上がる曲を持ってきちゃうと、
逆に観客のトーンが冷めないまま終わってしまうから、
アンコール最後の前の曲に一番盛り上がる曲を持ってきて、
最後は「さようなら、また会おう!」みたいな感じで、
あえて盛り上がる激しい曲ではなく、スローテンポな曲を持ってくるセットリストは、
よく考えられていていいと思うんだけど、何も最後に「独り言」はないよな・・・。

正直、新曲「未完」ですごいいい盛り上がりで終わったのに、
最後にもう一曲と期待したら冷や水浴びせられたみたいな感じで。
「独り言」という曲が悪いだけじゃなく、
アンコールの最後にっていうのはないんじゃないかなと。

この冷め具合が東京で認識できれば、
さすがに次回の福岡、愛知、大阪、北海道で、
「独り言」は変えるんじゃないかというか変えた方が絶対にいいと思うけど、
場所によってセットリストはあまり変えないので、どうかなとは思います。

■まとめ
いろいろ不満な点はありつつも、全体的には満足できる内容。
前回アルバムでずっこけただけに心配していたけれど、
次回アルバムはミスチル復活が期待できそうです。
ただ良し悪しの明暗が両極端な曲が混在したアルバムにはなりそうですが。
早いとこアルバムを出してほしい。

・映画特設サイト
http://www.mr-reflection.jp/

・毎回ライブレポート書いてます「ミスチルの部屋」
http://www.kasako.com/mrchildren.html

<かさこマガジン5について>
人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-02-16 17:11 | ミスチル
2014年 11月 07日

ミスチル新曲・足音~Be StrongのMVがアップされてます!


https://www.youtube.com/watch?v=ShhoC3nHX8E
ミスチル新曲・足音~Be Strong

・ミスチル・ファンクラブツアー・ライブレポート!(Zepp DiverCity Tokyo)
http://kasakoblog.exblog.jp/22396349/

・毎回ライブレポート書いてます「ミスチルの部屋」
http://www.kasako.com/mrchildren.html

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。1万3500部印刷し残り800部!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数(1~80部)を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


by kasakoblog | 2014-11-07 13:22 | ミスチル
2014年 09月 18日

ミスチル・ファンクラブツアー・ライブレポート!(Zepp DiverCity Tokyo)※ネタバレ注意

Mr.Childrenの21周年ファンクラブツアー、
2014/9/17に行われたZepp DiverCity Tokyoのライブに奇跡的に当選。
行けなかった多くのファンの方々のために詳細ライブレポートをお送りします!

※私はファン歴20年。
1995年の「空(ku:)」ツアーからほぼ毎回、ライブツアーに参加し、
レポートも書いている大のミスチルファンですが、
無批判にベタ誉めだけするレポートは書きませんのでご容赦ください。

<ネタバレ注意!!!>

■まずはセットリスト!
1:Everything(It's you)
2:旅人
3:名もなき詩

4:Melody(新曲)
5:fight club(新曲)
6:斜陽(新曲)
7:蜘蛛の糸(新曲)
8:I can make it(新曲)
9:放たれる(新曲)

10:サビのみの未発表曲(“ゴミの歌”)
11:Simple(アコギver)

12:進化論(新曲)
13:足音~Be Strong(新曲)
14:幻聴(新曲)

<アンコール>
EN1:口笛(リクエストNo.1曲)
EN2:未完(新曲)
EN3:独り言

全17曲。新曲は11曲。演奏時間は約2時間。
通常のライブツアーよりは短く曲数も少ない感じで、
演出も照明のみで派手な映像などはなく、
いわゆる普通のオーソドックスなライブハウスのツアーという感じです。

正直、前回アルバム[(an imitation) blood orange]でずっこけて、
「REM」がネットで発表されて期待したものの、
映画『青天の霹靂』主題歌として発表された最新曲「放たれる」を聴き、
ほんと申し訳ないけど、ミスチルは終わってしまったのではないかと思うぐらい、
「放たれる」にはずっこけてしまって、
次なるアルバムもそれほど期待できるのか?とファンクラブ会報を読んでいましたが、
今回のライブツアーで新曲11曲聴いて、
「まだまだミスチルは終わっていない!前回よりはるかにすごいアルバムができそう!」
と思いました!

■パート1:これまでのミスチル曲
さて注目の第一曲目は何から始まるのか、
ワクワクドキドキしつつ、知らない新曲だとのれないよな、
と思いながら、始まったのはな、な、なんと!!!
「Everything(It's you)」!!!!

素晴らしい!
鳥肌立った!
涙出てきた!

過去の名曲。
そう頻繁にライブでやるわけではないけれど、
この切なくてもどかしくて、でも思いを解き放ちたいみたいな、
ミスチル真骨頂ともいうべき 「Everything(It's you)」なんて幸せ!
新曲想定だったのでいい意味でうれしい誤算だった!

そして2曲目はなななななななんと!!!!!!!!!!!!!!
「旅人」!
うぉーーーーーーーーーーーーーー
と叫びたくなるうれしい選曲!
過去ライブツアーで1回ぐらいしかやってないんじゃないかな。

ミスチル隠れ名曲ナンバーワンといってもいい曲。
発売当初、シングルB面扱いではなく、
なぜこれをシングルにしてくれなかったのかと思うぐらい、
シングル曲としてもおかしくないファンの人なら知っている、ミスチルを代表する名曲!

社会風刺の歌詞とリズミカルなメロディーで、
一挙にファンのボルテージがヒートアップ!
いや~「旅人」やってくれるなんて泣けてくる!
うれしい!たまらない!

3曲目は「名もなき詩」。
ここでメンバー4人に加えて久々キーボードにサニーさん登場!
ひょっとしてこのツアーも小林武史さんかなと思ったら、小林さんは不在みたい。

あれ?でも新曲主体のツアーじゃなかったの?
既存曲が3曲も立て続けに!
ひょっとしてこんな感じで既存曲主体でやってくれたら、
それはそれでうれしいなと思いながら、ミスチル代表曲を聞きつつも、
ただ「名もなき詩」はツアーで何度もやっていて、
正直もうちょっと間隔あけて使ってもらった方がいいかなということと、
ここで観客に歌わせる演出。

いらない!

この後も何度も観客に歌わせる演出あるが、
別に観客の素人合唱聞きたいわけじゃなく、
桜井さんの歌を聞きたくてみんな来てるんだから、
観客に歌わせる演出、冷めるからほんといらない。

ライブの中で1曲だけしかもサビだけぐらいならいいけど、最近これ多用しすぎ。
はっきりいってアーティストの自己満だと思う。
素人の歌ならカラオケで聴けば十分。
桜井さんの歌をちゃんと聞かせてほしい。

■パート2:素晴らしい新曲が立て続けに2曲も!
「名もなき詩」が終わって「これが最後の曲」と連呼していた桜井さん。
その意味するところははじめの3曲までが「これまでのミスターチルドレン」で、
これからいよいよ新しいミスターチルドレン、すなわち新曲やりますよということ。

なるほどそういうセットリストにしたのか。
たった3曲で既存曲が終わってしまうのは惜しいなと思いつつ、
でもどんな曲なのか聞いてみたいという興味もわく。

注目の新曲1曲目は「Melody」。
ズバリ、とってもいい!
シングルでもいい!
名曲!すごい!

雰囲気としては「Sign」をバージョンアップした、明るいトーンのラブソングっぽい感じの曲。
初期のミスチルっぽさもところどころに感じ、「LOVE」なんかに少し似ているかも。

でも過去の曲を貼り合せた感じじゃなく、
新しい素敵な曲として、はじめて聴いたのに、とっても心地が良かった!
観客の反応もよかった。

ミスチルでは珍しく「クリスマス」というフレーズがでてきて、
キラキラした感じのアレンジもあるので、クリスマスシーズンの名曲になるかも!
この新曲、とってもよいです!!!

新曲2曲目は「fight club」。
これもズバリ、よいです!
曲が始まる前に随分と詳しく桜井さんが曲の説明をしてくれたが、
正直、曲の印象を聴く限り、この説明はいらないかなと。
その説明とは1999年に公開されたブラッドピットも出演している、
映画「ファイトクラブ」からその曲名をとったとのこと。
1999年の時にブラッドピットに憧れる20歳の若者が、
何者かを敵に仕立て上げながら、がんがっていて、
時を経て2014年、35歳になってもがんばっている、
みたいな設定で作った曲とのことだそうだが、
正直よくわからない説明で、別に説明なくても、
盛り上がる系の激しい曲でとってもよいと思います。
似ているといえば「ランニングハイ」みたいな曲。

この曲、事前に音源で何度も聞いていて、
大きな会場でのライブでやったら、すごい盛り上がりそうな曲です。

■パート3:がっかりした新曲4曲
すげー。ミスチル。
立て続けに2曲やった新曲すごい。
今までのミスチルとは違う感じもありつつ、
でもミスチルらしさもある曲作れるなんて。
新曲2曲の出来栄えの素晴らしさに期待が高まる中、
ここから4曲、新曲ずっこけます。
私だったら「お蔵入り」にしたい・・・。

まず「斜陽」。
THEアルバム曲。言い方悪いかもしれないけど、正直完全な「捨て曲」かなと。
今回のツアーで300円の有料販売しているファンクラブ21周年祭特別号の新曲解説では、
「ロシア民謡の要素も入っている」「聴いたことのない感じすぎて、よく解んないかもね」
とコメントがあるように、まさにその通りの曲だった。
申し訳ないけど、ぜんぜんわからなかった。
まだ事前にアルバムで音源聞いていれば、
こういう曲がいぶし銀的に光って聞こえてくるのもあるかもしれないけど、
新曲でライブでいきなりやられてもなんともいえない曲だった。

次が「ちょっと大人のラブソング」という「蜘蛛の糸」。
これもライブ初出ではまったくよさがわからなかった。
メロディーの感じは「つよがり」に似ているかなという感じもあるけど、
「つよがり」ほどの名曲には程遠く、スローテンポな微妙な曲だった。

そしてまたもや新曲「I can make it」。
こちらもスローなテンポでなんとも微妙な感じの曲。
思いっきりロック調のアレンジにするとか、
思いきって桜井さんのアコギ弾き語りのみにするとか、
アレンジを大きく変えれば救われる曲かも。
聴いたところ、捉えどころのないびみょーな曲だった。

そして前半最後の新曲「放たれる」。
ネットで聞いてずっこけたんだけど、
ライブで聴けば変わるかなとも思ったけど、
やっぱり私にはこの曲ずっこけてしまう。
メロディが変なのか歌いにくいのか桜井さんに合っていないのか、
むちゃくちゃ歌が下手に聞こえる。
新曲が21曲もあるんだったら、真っ先にこの曲はお蔵入りにしてもらいたい!
こんな曲流れると、アンチミスチルファンから、
「やっぱり桜井さんってめっちゃ歌下手だよね」って言われても反論できないから!

■パート4:素晴らしい桜井さんの弾き語り2曲!
4曲連続して微妙な曲を聴かされて、
「やっぱりミスチルは終わったかもしれない」との印象を強く受けた後、
ここで前半後半の折り返し地点で、桜井さん1人の弾き語りコーナー。

そこで披露されたのが驚くべきことに、
なんとスタッフにもメンバーにも聴かせていない、
サビしかできていない未発表曲を披露するという!

しかも「災害でボランティアに行っている人をテレビで見ながら、
酒飲んでいるだけのどうしようもない自分を描いた歌」というので期待が高まる中、
弾き語りで披露されたのは、確かこんな感じの歌詞だった。
(一部不正確かもしれません)

俺はタダのゴミ、ゴミ、ゴミ、いらねえ、いらねえ
何の役にも立ってない

これがね、すごく耳になじみやすいキャッチ―なメロディで、
すごく覚えやすくていい曲だった!

「こんなのMステじゃ歌えない!
ゴミ、ゴミなんてミスチルどうした?なんて言われかねない」
と桜井さんは言っていたけど、観客の反応はとってもいい。
すごく聞きやすいし、メッセージもダイレクトだし、
4曲の変に懲りすぎたしょうもない新曲なんかよりはるかにいい!
ぜひこの曲も収録してほしい。
マジで「放たれる」なんかより100倍以上いい曲だと思う。

桜井さんギター弾き語り2曲目は「Simple」。
10/4に友達の結婚式で頼まれているから、
その練習をここでさせてくれという半分本気のようなジョークを交えながら、
ギター本で「Simple」を演奏するのを聞いて確信した。

これまでのミスチルにない曲をムリに作ろうと、
変なアレンジにしてみたり、歌い方を変えてみたりする必要なく、
桜井さんがギター弾き語りするだけで十分なんじゃないか。
そのぐらいとってもよかったです。
ちなみに「Simple」は今回のリクエスト第4位だったそうです。

■パート5:ミスチルらしい新曲3曲
ここから後半戦ラストスパート。
後半戦3曲のうちの1曲目は「進化論」。
なんだろう。曲名だけで絶対にいい曲!とわかるように、とってもいい曲!
この曲も詳しく桜井さんが解説。

キリンの首が長いのは生存競争のために長くなったのではないか、
でも実はそうではない説もあるとしながらも、
「強く望む」ことによって変化して生きていく強さを歌う、
非常に壮大なスケールの、例えるなら「終わりなき旅」っぽい雰囲気のある曲。
多分、次回のアルバムのコンセプトを体現している中心曲が、
この「進化論」になるんじゃないか。
(頼むからちゃちいキリンの絵や、妙にリアルなキリンの写真とか、
そういうダサいジャケ写は勘弁してほしいが)

「終わりなき旅」ほど暗い雰囲気はなく、「彩り」っぽい感じもあるんだけど、
日常っぽさというよりは広大な世界観みたいな、
スケール感を感じさせる壮大な曲でとってもいいと思います。

これにもし大きなライブ会場で映像と交えて演奏とかしたら、
きっとすごく印象に残る曲になるはず!

後半戦2曲目が「足音~Be Strong」。
悪くはないけど「進化論」に似ているトーンな感じもありつつ、
正直、「終わりなき旅」や「GIFT」の劣化版みたいに聞こえてしまった。

多分この曲もものすごい次回アルバムの押し曲なんです。
3ヵ月も擁して作られた大作とのことで、
期待が入っていることもありありと伝ってきて、悪い曲ではぜんぜんないし、
「また一歩」「次の一歩」を踏み出していけ!
みたいな「蘇生」みたいな感じの希望を感じさせる歌詞もあるので、
メッセージ性もすごくあり、勇気づけられる曲なんだけど、
ライブで一度聞いた感じだと「進化論」ほどの新しさがなく、
「終わりなき旅」もどきを作ったけど、
やっぱり「終わりなき旅」には勝てないよねという風には聞こえてしまった。

ただこの曲はちゃんと音源で聴けばその懸念は払しょくはできると思うのと、
「進化論」の次にやったのが似た感じだったので、
「なんか同じような曲」と感じさせてしまったのかもしれない。

そしてアンコール前の最後の曲が「幻聴」。
さすがは最後に持ってくるだけはあって素晴らしい曲!
新曲の中で観客の反応が最もよかった曲ではないか。
「fanfare」までぶっ飛んだ感じまではいかないけれど、
「蘇生」よりははるかにリズミカルな印象で、
ある意味では「擬態」っぽい感じなんだけど、
力強く前向きになれて、しかものれる曲なので、ものすごくいい曲だと思います!

ただ「幻聴」というマイナスイメージなタイトルより、
歌詞に何度か出てくる「宝島」の方がタイトルとしてはいいと思う。

■パート6:少し残念なアンコール3曲
ここで一旦終了し、アンコールが3曲。
今回のツアーのためにファンからリクエストを募ったところ、
約1万通のリクエストがあったとか。
5位が「終わりなき旅」。
4位が「Simple」。
3位が「旅人」。
2位が「I'll be」。
そして1位がなんと「口笛」!

「口笛」かあ~~。
名曲だけど1位かなと思いつつ、
アンコール一発目に「口笛」を披露したんだけど、
なんと一番を全部観客に歌わせるという横暴!

だから観客に歌わせる演出いらんって!
しかも1番まるごと全部歌わせるって、カラオケ大会じゃないんだから!
頼むからこの勘違い演出、今後のツアーで一切やめてほしい。
聴きたいのは桜井さんの歌声なんだから。

そしてこれぞ最後!という曲が新曲の「未完」。
これすごい!!!!超名曲!!!!
これも「幻聴」と並んで観客が自然に盛り上がり、のれた曲。
これはまさしく「蘇生」って感じの歌なんだけど、
サビもかっこいいし、バンド4人の演奏だけで、
十分迫力のある力強い曲になっていて、手拍子も自然と出てくるほど、
観客の反応がすごくよかった名曲。

「蘇生」系「擬態」系は似たような曲でも、
前向きさがあるからとってもいいんだとなと思った。

ここでまた一旦メンバーが舞台から下がったものの、
もう一度のアンコールに応えてくれて、最後はなんと「独り言」。
しぶい選別。中盤にやってくれれば楽しめたかもしれないけれど、
何も最後にこんな根暗な曲を持ってこなくても・・・。
しかも観客に何度も「ひとりごと~~」と歌わせても盛り上がらないから!

最近のミスチルの傾向として、最後に盛り上がる曲を持ってきちゃうと、
逆に観客のトーンが冷めないまま終わってしまうから、
アンコール最後の前の曲に一番盛り上がる曲を持ってきて、
最後は「さようなら、また会おう!」みたいな感じで、
あえて盛り上がる激しい曲ではなく、スローテンポな曲を持ってくるセットリストは、
よく考えられていていいと思うんだけど、何も最後に「独り言」はないよな・・・。

正直、新曲「未完」ですごいいい盛り上がりで終わったのに、
最後にもう一曲と期待したら冷や水浴びせられたみたいな感じで。
「独り言」という曲が悪いだけじゃなく、
アンコールの最後にっていうのはないんじゃないかなと。

この冷め具合が東京で認識できれば、
さすがに次回の福岡、愛知、大阪、北海道で、
「独り言」は変えるんじゃないかというか変えた方が絶対にいいと思うけど、
場所によってセットリストはあまり変えないので、どうかなとは思います。

■まとめ
いろいろ不満な点はありつつも、全体的には満足できる内容。
前回アルバムでずっこけただけに心配していたけれど、
次回アルバムはミスチル復活が期待できそうです。
ただ良し悪しの明暗が両極端な曲が混在したアルバムにはなりそうですが。

早いとこアルバムを出してほしい。
そしてファンを失望させる小規模会場ではなく、
ファンクラブの人が全員当選できるツアーを、
ちゃんとどこかでやってほしいと切に願います。

またファンクラブに入っていても通常のドームツアークラスですらチケット確保が難しく、
せっかくファンクラブ限定でやるのに2000人規模のライブハウスじゃ、
多くのファンが行けないことは自明で、
行けなかった多くのファンが嘆き、悲しみ、怒り、諦め、妬むなど、
ファン無視のファンクラブ運営のひどさは今に始まったことではないものの、
落選した多くのファンのためにも、本来ならライブレポ即日サービスぐらい、
ファンクラブ主体でやってくれよとも思いながらも、
そうしたファンの気持ちを一向に考える様子はなく、
ツアー限定のグッズ販売という金になることだけはしっかりやるという、
そういう気遣いだけは立派なファンクラブですが、
ファンクラブに文句を言っても何も始まらないので、
運よく当選したものとして、ライブ詳細レポートを書きました。
ひどい会報誌の内容の刷新も含め、ファンのことを考えた、
ファンクラブ運営を行ってほしいと願います。

なんなら私が無償で会報誌制作携わってもいいし。
今のくそみたいな会報誌よりはるかにいい会報誌作る自身あります。
それは私のセルフマガジン「かさこマガジン」を見ていただければわかると思う。

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・ミスチルライブ前に書いた記事
「ファン歴20年の私が選んだミスチルベスト曲15!」
http://kasakoblog.exblog.jp/22394727/

・毎回ライブレポート書いてます「ミスチルの部屋」
http://www.kasako.com/mrchildren.html

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

<お知らせ>
・9/20土に個人最強の営業ツール・セルフマガジンの作り方講座開催
http://kasakoblog.exblog.jp/22271274/

・旅写真がうまくなる秘訣を教えます!
9/20(土)に旅写真家・三井昌志さん&かさこコラボ講演&懇親会開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/22264232/

・10/21スタート。
好きを仕事にするセルフブランディング術&ブログ術=かさこ塾四期生募集開始。
20名限定。現在7名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


by kasakoblog | 2014-09-18 00:47 | ミスチル