カテゴリ:【写真】海外( 178 )

2009年 03月 06日
ハワイ真珠湾は戦争賞賛地?
e0171573_22302988.jpg
e0171573_22304443.jpg
e0171573_22313174.jpg


ハワイの真珠湾(パールハーバー)には、
日本軍の真珠湾攻撃によって沈んだ、
戦艦アリゾナの記念館と、
第二次世界大戦終了後、
日本の降伏文書の調印式が行われた、
戦艦ミズーリ号が並べられ、
ともに観光名所として公開されている。

パンフレットによると、
戦争が始まった象徴(アリゾナ記念館)と、
戦争が終わった象徴(戦艦ミズーリ号)を、
パールハーバーでは一度で見れるという意図らしい。

戦争の悲劇を後世に伝え、
人類が二度と同じ過ちを繰り返さないために、、
広島・原爆ドームや長崎の平和記念公園、
アウシュビッツ強制収容所、
中国ハルピンにある、
日本の細菌・生物兵器開発部隊、
「731部隊」の建物跡など、
こうした場所を見るごとに、
どちらが悪い、誰が悪いという次元を超えて、
戦慄を覚えるがごとき戦争の悲惨さが感じられた。

そのような文脈上で、
ハワイのパールハーバーを訪れた。
日本軍の奇襲攻撃が2390名の命を奪ったのである。
もし日本軍が真珠湾を攻撃しなければ、
もしかしたら広島・長崎の悲劇はなかったかもしれない。
そのような意味でも、
ハワイに訪れてビーチリゾートでのんびりし、
免税店のショッピングに明け暮れるだけでなく、
日本人は訪れるべき場所であると思った。

しかし、私は正直、拍子抜けした。
戦艦アリゾナが沈んだ記念館や、
記念館でのドキュメンタリー映像を見ても、
戦争の悲惨さや、
二度と戦争を起こさないためといったメッセージ性が、
まったく伝わってこないのである。

一言でいうなら、
アメリカ人のナショナリズムを高めるための、
国威発揚施設とでも言うべきか。

戦争が悲惨だとか、戦争が悪いとか、
人が人を殺しあうことの愚かしさとか、
そういうメッセージはこれっぽっちも感じられない。

日本軍の奇襲によって沈められた戦艦アリゾナの記念館は、
世界の強国アメリカが、日本なんていうクズな国に、
いまだかつてない敗北を味わされた「不名誉」を、
決して忘れはならないという教訓のために、
わざわざ公開しているものであり、
でもアメリカはこの不名誉な敗北にも負けず、
真珠湾に公開されている潜水艦バウフィン号や、
戦艦ミズーリ号などの軍事兵器によって、
日本を叩きのめし、アメリカは勝利した、
戦争に強い国だということを、
第二次大戦という悲劇から70年以上が過ぎた今でも、
アメリカ人に自国の戦争力の強さを訴えるための施設としか、
私には受け止められなかった。

戦争の悲劇を訴えるのなら、
沈んだアリゾナ号の隣に戦艦や潜水艦を展示するだろうか?
日本で言うなら原爆ドームの隣に、
アメリカ戦闘機がかっこよく飾られているようなものであり、
アウシュビッツ強制収容所でいうなら、
収容所の隣にヒトラーの偉業記念館があるようなものだ。

確かに中国のこの手の施設は、
戦争の悲惨さを通り越し、
憎き日本の非道をやたら強調するきらいはあるけど、
それでもそこに展示されているものからは、
単なる反日教育だけでなく、
いかに戦争が愚かなものであるかは、
十分読み取れることができた。

しかしパールハーバーにはまったくそれがないのである。
むしろ真珠湾攻撃のようなことがあるからこそ、
戦争はすべきであり、軍事力は拡張すべきであり、
憎き敵国をぶちのめす戦力を持つべきだと、
訴えているように思える。

別に私がアメリカが嫌いだから、
そのように受け取ったわけではなく、
パールハーバーを訪れて素直に感じたことだった。

アリゾナ記念館からは人的被害の深刻さは伝わってこない。
やたらアメリカ国旗ばかりが目立つ記念館。
あまりおもしろくなかったアリゾナ記念館を後に、
戦艦ミズーリ号博物館や潜水艦バウフィン号博物館を訪れると、
「すげぇー、かっこいいな。戦艦とか潜水艦って」
と、人殺し兵器に感動してしまう自分がいた。

私は兵器や軍隊を一切持つなというような、
非現実的なあり得ない理想論的平和論は持ち合わせていないが、
だからといってこのように、
戦争の悲劇にかこつけて、
軍事力の必要性を煽るパールハーバー的観光化って、
はっきりいって常軌を逸しているとしか思えない。

戦艦や潜水艦をかっこいいと思いながらも、
これが単に人殺し以外に使い道がない代物に、
これほどの技術と金をかけるものかと、
その恐ろしさも感じた。

2000名以上の命が沈められた真珠湾が、
さらなる軍国主義を煽る再生産基地になっていることに、
アメリカの凄まじさを感じざるを得なかった。

そして最後にこう思う。

そういえば、ここはハワイだけど、
なんでハワイはアメリカの領土なの?と。

戦争がゼロになることが無理でも、
戦争を少なくしていく努力はできるはずではないか。
私はそう信じたい。

・アウシュビッツ強制収容所レポート
http://kasako.web.infoseek.co.jp/poland.html

・満州レポート
http://kasako.web.infoseek.co.jp/china.html


by kasakoblog | 2009-03-06 22:32 | 【写真】海外
2009年 03月 03日
ハレイワ写真(ハワイ)
日本人移民が多かったハワイのハレイワの町の写真です。
e0171573_3464212.jpg
e0171573_3465695.jpg
e0171573_3471463.jpg
e0171573_3473193.jpg
e0171573_3474553.jpg
e0171573_3481289.jpg
e0171573_3482819.jpg
e0171573_3484736.jpg
e0171573_34927.jpg
e0171573_3491833.jpg
e0171573_3493540.jpg
e0171573_3494817.jpg
e0171573_350789.jpg


by kasakoblog | 2009-03-03 03:49 | 【写真】海外
2009年 03月 02日
ハワイと日本人の密接な関係
日本から飛行機で約7時間も離れた南の島ハワイは、
意外にも日本人と密接な関係がある。

1:日本人観光客の莫大な収入
今、不況と言われているけど、
日本人は今もわんさかハワイにいます。
日本人専用といってもいい、
ビーチとショッピングセンターを結ぶ、
トロリーバスは何本も走っているにもかかわらず、
時に乗り切れないぐらいの混雑ぶりです。
夏休みでもGWでも年末年始でも好景気でもないのに。

e0171573_12544441.jpg


ハワイ経済は観光業で成り立っている。
昔は砂糖きびやパイナップルなどの、
農作物収入が主体だったが、
観光業の方が簡単にボロ儲けできるため、
農業は衰退している。

観光業による収入は30年前の6倍以上。
アメリカ人観光客も多いが、
日本人観光客の1日の出費は約260ドルで、
アメリカ人観光客の1.5倍以上。
日本人観光客は年間約210万人にも及ぶ。

日本人観光客なくして、
ハワイ経済は成り立たないといっても過言でないほど、
日本人に依存している。

2:真珠湾(パールハーバー)攻撃
ハワイと日本人で忘れてはならないのが、
1941年の真珠湾攻撃。
日本軍の奇襲により、アメリカ船舶21隻が沈没・撃破。
2390名のアメリカ軍兵士が死亡した。

e0171573_12551224.jpg


特に戦艦アリゾナは日本軍の攻撃により、
1177名の乗組員もろとも、海に沈んでいった。

ハワイに訪れたら絶対に訪れてほしいのが、
パールハーバー。
昨日訪れてきたので、後日、詳しく日記で書きたいと思います。

3:日本人移民が多かった町ハレイワ
ホノルルからバスで2時間。
戦前、日本人移民が多かったという、
ハレイワという町に行ってきた。
町の店には「マツモト」「ヨシダ」「アオキ」といった、
日本人姓の名が多く残っている。

e0171573_12554183.jpg


この町の名物はマツモト・ストアのかき氷。
今は砂糖きび移民の町ではなく、
サーファーの町として生まれ変わったが、
今日もかき氷目当てに、
多くのサーファーや観光客が列をなしていた。

こんな場所にも日本の名残りが感じられます。

仕事は終わり2日間フリーになったので、
パールハーバーとハレイワを訪れてきました。
写真と日記は後日、詳しくアップいたします。

3月3日にはもう日本に戻ります。


by kasakoblog | 2009-03-02 12:56 | 【写真】海外
2009年 02月 28日
ハワイにいます
取材で現在ハワイのオアフ島に来ております。
ほんの数日の滞在ですが、
取材の合間をみて、撮影したハワイの写真を順次お届けいたします。
※ちなみに海外旅行38回目にして初のハワイです。

e0171573_015242.jpg

e0171573_015359.jpg
e0171573_0155680.jpg
e0171573_0161548.jpg
e0171573_0163742.jpg
e0171573_0165472.jpg
e0171573_0171739.jpg
e0171573_0173346.jpg

ワイキキビーチ周辺を歩いただけですが、
砂浜も海も美しく、気候も過ごしやすく、
ある意味では完璧なビーチリゾート地で、
人気なのが納得できました。

それにしても道行く人の半分以上は日本人!
レストランもショップもほとんど日本語が併記されていて、
言葉に関しては不自由しない感じです。

不況とはいえ若い日本人グループやカップルも非常に多く、
特に20~25歳ぐらいの若い女性が多く、
ブランドの買い物袋を両手に引っさげているのには驚いた。
不況といいながら金は持っている一部の日本人のすごさをあらためて感じた。


by kasakoblog | 2009-02-28 00:17 | 【写真】海外
2009年 02月 25日
世界遺産アユタヤアップ!
e0171573_2026283.jpg
e0171573_2026918.jpg


毎月連載している世界遺産コーナー。
今月はタイのアユタヤです。
http://www.josep.jp/?mode=show&act=magazine&category=4&page=288


by kasakoblog | 2009-02-25 20:27 | 【写真】海外
2009年 01月 22日
世界遺産ハンガリー・ホッロークー
e0171573_1503931.jpg


世界で初めて村として世界遺産登録された、
ハンガリーの小さな村ホッロークーをご紹介します。
http://www.josep.jp/?mode=show&act=magazine&category=4&page=287


by kasakoblog | 2009-01-22 01:49 | 【写真】海外
2002年 06月 18日
子供写真館
e0171573_0525482.jpg

チベットからネパールへ、僕はヒマラヤ山脈を越えた。
標高3650mの首都ラサから、エベレストを横目に、
5000mにも及ぶ峠を何度か越えて、一路、ネパールをめざした。

真夏にもかかわらず、さすがに5000mの峠には雪が降り積もっている。
氷河が残る標高5045mのカローラ峠に差し掛かると、
車は一時の休息に入る。
ヒマラヤ山脈を見ながら用を足す。
こんな最高なことはない。
そしてまたこんな高いところにも、峠で休む旅行者を待ちうけて、
近くに住んでいるチベットの子供たちが寄ってくる。

「マネー、マネー」

しかし彼らのその言葉に悪意はなく、
見知らぬ人とのコミュニケーション代わりになっているようだった。
現世と隔絶された世界に生きる子供たちだからこそみせる、
このあどけなさに、僕は心洗われるのであった。


by kasakoblog | 2002-06-18 00:52 | 【写真】海外
2002年 01月 08日
メキシコ写真
e0171573_12161573.jpg


2001年末に旅行したメキシコ写真をアップしました。
http://kasako.web.infoseek.co.jp/worldfotot.files/mxfoto.html


by kasakoblog | 2002-01-08 12:11 | 【写真】海外