カテゴリ:旅行記( 281 )


2017年 01月 14日

機内で凍える笑いが起きたアナウンス



「新千歳空港は昼になって
気温がかなり上がり、
暖かくなりました。
現在気温はマイナス13度です」
e0171573_23553980.jpg
e0171573_23554748.jpg

札幌かさこ塾のため北海道へ。
新千歳空港に10時頃到着すると
上記のようなスッチーのアナウンスが。
乗客から凍える笑い。
e0171573_2356597.jpg

千歳市の天気を見てみると
朝方はなんとマイナス21度!
確かにマイナス13度は暖かいかも(笑)
e0171573_23561854.jpg

ちなみに4000件以上もリツイートされてます!

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-01-14 23:56 | 旅行記
2016年 09月 23日

開かずの扉を開けた!難攻不落!電気がつかない岐阜中津川の超レア珍スポット桑原寺の見学成功物語

e0171573_22522197.jpg
見学不可能な珍スポ界のレアスポット!
岐阜県中津川にある
桑原寺(そうげんじ)の見学に成功しました!
8000体?!の聖徳太子像や
超あやしげな開運十界めぐりができる桑原寺。
ぜひ行ってみたいと思ったのだが大問題が。
ほとんど開いていないというのだ。
e0171573_22544712.jpg

ならば電話をかけてアポイントをとればいい
と思ったのだが寺にかけても
電話はまったくつながらず。
そのためあきらめていた場所だったのだが
名古屋のかさこ塾生・ぶんちゃんが
「かさこさん、珍スポット行きましょう!」
「なんとしてもこの寺に行きましょう!」
と方々リサーチした結果
管理をしている人とのコンタクトに成功。
鍵を開けてもらえることになったのだ。

やった!開かずの扉を開け
夢にまでみた珍スポットに行ける。
そんな思いで名古屋に1泊し
現地に向かったのだがなんと思わぬ大問題が!
e0171573_225257100.jpg

1:8000体?!の聖徳太子像は見学できるが
電気がつかない
2:開運十界めぐりは入口のシャッターが
開かないので入れない
というのだ!!!!!!!!!

電気がつかないのが原因らしい。
しかしわざわざこのために
岐阜の中津川まで来た。
こんなところであきらめるわけにはいかない。

「電気がつかなくても
シャッター開くんじゃね?」と考え
管理人に断り4人がかりで
力づくで開けることに。
e0171573_2255245.jpg

するとするするっと少し開いた。
お!これなら開けられるのでは!と思ったが
ある一定のところでどうにもあがらない。

あっでもこの超せまい隙間から
人一人ぐらいなら内部に入れるのでは?
とも思ったが内部は窓がなく
暗闇のため侵入できたとしても
写真も撮れなければ何も見れない。
e0171573_22551926.jpg

そこで困り果てていたのだが
寺内部をいろいろ探していたところ
なんと電気のブレーカーが
落ちているだけではないか!
ブレーカー入れればシャッターも動くし
電気もつくのではと思ったのだが
残念ながらまったく反応なし。
管理人いわく電力会社との
契約がきれているからではないかと。

いや、ならば今日1日だけでも
電気料金払うからつけてもらえないかと
名古屋かさこ塾1期生のかとちゃんが
電力会社に電話してみようと
管理人了承のもと
電力会社に電話してみることに。

すると!
なんと契約は続いているので
電気はつくはずだというのだ。
しかしまったく電気がつかない。
そこで電力会社の人に来てもらい
見てもらうこととなった。

電力会社の人が来るのが
何時間か後になるというので
管理人の携帯電話番号を聞いておき
電力会社から連絡があったら
管理人に連絡することになり
それぞれ寺をさり、昼食をとることに。

13時頃に電力会社の人が来れるというので
管理人の携帯電話番号に連絡すると
なななんと!
出たのは管理人ではなく奥さん。
奥さんの番号だという。
旦那さんである管理人は
携帯を持っていないという。

そそんなバカな!
電力会社が来る時間なので
寺に戻っているかもと思ったら
管理人はいない。
管理人はどこへ消えた?!
しかし奥様情報によると
寺の付近の喫茶店によく行っている
という情報を聞きつけ
そちらに探しにいくことに。
ところがその喫茶店にもいない。

喫茶店のマスターいわく
管理人は、寺と自宅と喫茶店の
3ヶ所以外どこかに
行くような人ではないという。
再び寺に戻ると管理人がいるではないか!
e0171573_22555059.jpg

電力会社の人もきてみてもらうと
もう1つの大元のブレーカーの
調子が悪いらしく
そこをちょちょっと見て直してくれた。
e0171573_22555654.jpg

す、す、すると!!!!
電気が灯ったではないか!
8000体?!の聖徳太子像も姿をあらわし
シャッターも開けることができ
開運十界めぐりもできることになった。
e0171573_22561878.jpg
e0171573_2256293.jpg

今まで申し訳なさそうにしていた
管理人のおじちゃんが
電気がつくとめちゃめちゃうれしそうな
表情に変わったのが印象的だった。

管理人の奥様にも旦那さんが見つかり
電気も復旧したことをかとちゃんが報告。
奥様も「えええええ!!!!
電気がついたんですか!!!
ありがとうございます!」
とうれしそうな声が。

そして最後に奥様が一言。
「で、あなたたちは
どこかの工事業者さんですか?」
との質問に
「いえ、ただの珍スポ探検隊です。
この寺を見にきただけです」と回答。

「えっ?ま?あっそうなんですか・・・
あっでも電気ついたんですね!」
ということで無事に電気もつき
我々は珍スポ撮影の任務を
果たせたのであった。
めでたしめでたし。

・開運十界めぐり写真
http://kasakoblog.exblog.jp/24676937/

・8000体?!の聖徳太子像写真
http://kasakoblog.exblog.jp/24676915/

・開運十界めぐり動画

https://www.youtube.com/watch?v=BJNqdb1Xxb4

珍スポット目次
http://www.kasako.com/japanfototop.html

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を新規で欲しい方は
下記フォームから申し込みください。
申込フォーム

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

かさこ講義一覧
http://kasako.jp/event

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-09-23 22:57 | 旅行記
2016年 08月 14日

サハリン(樺太)に1週間います。サハリンからブログ更新予定



かつての日本領だった
ロシアのサハリン(樺太)の
ユジノサハリンスクに来ています。
撮影旅行のため1週間滞在予定。

サハリンってどこ?って人が多そうですが
北海道からわずか43キロの距離。
成田直行便で飛行時間はわずか1時間40分。
かつて南半分は日本の領土でしたが
第二次世界大戦の終戦間際に
ソビエト連邦が樺太に侵攻し
1945年8月28日に占領しています。

日本の遺構も残っているサハリン。
中でもかつての日本の製紙工場跡が
まだ残っているとのことで
その撮影のため1週間サハリンに滞在します。

サハリンの州都ユジノサハリンスクでは
ホテルのWifi、
日本で借りてきた海外Wifiレンタルともに
ネット環境は申し分なく
ブログの更新、SNSの投稿、
メールの確認や返信はできると思いますが
8/15(月)と8/17(水)が地方都市宿泊のため
もしかしたらネット環境がなく
ブログの更新やSNSの投稿、
メールの確認や返信ができないかもしれません。

それ以外はユジノサハリンスク滞在ですので
通常通りメールのチェックなどは
できると思いますが
ほぼ朝から晩まで移動と撮影で
出っぱなしの1週間となるため
返信などが遅くなるかもしれませんが
よろしくお願いいたします。

サハリンは3年前にも行こうと思ったものの
料金が高いことや不確定要素が多く
その時は断念。
今年は8月1カ月まるまる休みの予定で
家でのんびりしようと思ってましたが
せっかく1カ月休みがあるので
どこか国内でも旅行しようかと
北海道のガイドブックを見ていたところ
サハリンのことを思い出し
1カ月前にサハリンに行くことに決めました。

どこかで遺構が残っているのか
不確定な部分もありますが
写真を順次アップしていきたいと思います。

それにしても距離は日本から近いのに
ほとんど馴染もなく
渡航者も少なく情報も少ないサハリン。
政治や国の体制、戦争などにより
近くても遠く感じてしまう場所が
あるのだなと感じています。

現地よりサハリン情報を
アップしていきたいと思います。

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を希望の方は
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールいただければ
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<来年からは大都市中心にシフト。
地方参加はいまのうち!
好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧>
・静岡三島かさこ塾
9/6(火)9/13(火)9/20(火)9/27(火)
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・千葉船橋かさこ塾※キャンセル待ち
9/7(水)9/14(水)9/21(水)9/28(水)
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・福島郡山かさこ塾
9/16(金)9/30(金)10/14(金)10/28(金)
http://kasakoblog.exblog.jp/24465389/

・京都かさこ塾
9/26(月)10/3(月)10/17(月)10/24(月)
http://kasakoblog.exblog.jp/24497801/

・広島かさこ塾
10/4(火)10/20(木)11/1(火)11/15(火)
http://kasakoblog.exblog.jp/24511227/

・福岡かさこ塾
10/5(水)10/19(水)11/2(水)11/16(水)
http://kasakoblog.exblog.jp/24486162/

・鹿児島かさこ塾※10名以上開催
11/4(金)11/17(木)12/2(金)12/15(木)
http://kasakoblog.exblog.jp/24559129/

・上記以外の地域で開催希望の方は
地方開催希望グループに参加リクエストの上
同地域の希望場所があればそこにコメントを、
なければ新規投稿をお願いします。
https://www.facebook.com/groups/1635100003467635/

<かさこ講義&講演一覧>
・9/3(土)大分中津(無料セミナー)
「ブログで仕事とファンを獲得するための
「嫌われる勇気」実践術」

9/11(日)講演@高崎
9/17(土)2時間ブログ術講義@青森
10/12(水)2時間ブログ術講義@長野
・10/16(日)講演@福島会津
近日中に詳細告知します

<誰もが来れる!入場無料!
かさこ無料セミナーも聴ける
かさこ塾フェスタ>
9/3大分中津
10/23京都
11/26名古屋

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-08-14 20:48 | 旅行記
2015年 11月 28日

日本の自爆テロリスト訓練基地跡・大津島を訪ねる~人間魚雷「回天」

e0171573_23115459.jpg
ISのテロや中東での自爆テロなど
近年、テロという言葉を頻繁に
ニュースで聞くようになったが
かつて日本では特攻という名の
自爆テロリストを養成していた。
敗戦が濃厚になり
無謀なことでもしない限り
勝ち目がなくなったからだろう。
e0171573_23122254.jpg

飛行機で突っ込む方法だけでなく
魚雷に人が乗り、大量の爆薬を搭載し
突っ込むという海の特攻も行われた。
そんな海の自爆テロともいうべき
人間魚雷「回天」の訓練基地となったのが
山口県周南市にある大津島である。
e0171573_23124210.jpg
e0171573_23125496.jpg

大津島には魚雷発射試験場跡が残り
また人間魚雷「回天」の歴史がわかる
資料館「回天記念館」もある。
e0171573_23153446.jpg

大津島は新幹線も停車する
徳山駅から徒歩5分ほどの港から
船で約20分ほどの場所にある。
e0171573_23131472.jpg

それにしてもなんとおぞましいことか。
全長14.75m・直径1mの魚雷の中に
大量の爆薬を積みこみ
入ったら身動きがとれない
密室空間に人間一人閉じ込められ
死ぬために敵に突っ込むという
恐ろしさ。

しかも老害が駆り出されるならまだしも
回天搭乗員の大半が20歳前後の若者。
訓練を受けた搭乗員は1375人に及び
回天による戦没者は145人、
没時の平均年齢は21.1歳という。
e0171573_2313351.jpg

必死必殺――。
必ず死に、必ず殺す。
なんとおぞましい言葉だろう。
出撃前に残された手紙には
そんな言葉も残されている。

ただ記念館で知って驚いたのは
この人間魚雷という自爆テロ攻撃を
2人の青年士官が発案したのだが
軍務局ははじめ人間魚雷を脚下したという。
なぜなら「必死」を前提とした
兵器だからだったという。

死ぬことが前提の兵器なんて
根本的に発想としておかしい。
しかしはじめは却下されたものの
戦局悪化に伴い1944年に採用されたという。

戦争やテロの戦い方に
よいも悪いもないと思う。
すべては人殺しだからだ。
でも特攻という名の自爆テロ、
攻撃したものが生き残ることはできず
必ず死ぬ戦い方って
根本的におかしいと思うわけです。

生きてこそ。
命あってこそ。
それがはじめから死ぬ前提なんて
人間を人間とも思わない
狂気の沙汰としかいいようがない。
e0171573_23143042.jpg

しかし今の自爆テロしかり
日本の特攻しかり。
必ずしも強制されたわけではなく
それが国家や家族のためになると
信じ込んで志願している
その気色の悪い洗脳ぶりが恐ろしい。
まるでカルト教団だ。
もはや国家ではない。
国民を守るために国家があるのであって
国家を守るために国民がいるのではない。

しかし悲しいかな、戦後70年が過ぎ
カルト教団的自爆テロリスト集団的な
日本の過去の過ちを忘れ
現政権は戦争やテロに
突っ込もうとしている。

それで国民の安全が守れるのか?
フランスを見れば明らかだ。
空爆という名の無差別テロを行った結果
かえって国民を危険にさらし
パリのテロで多くの犠牲者を出した。

空爆が許されるのならテロも許される。
なぜならその卑劣さは同じだからだ。
だから報復の連鎖が続き
犠牲者は拡大する。

日本はかつて戦争に突入した結果
どうなったのか?
ボロボロに惨敗し
そのせいで戦後70年過ぎた今も
アメリカの植民地支配下に
おかれているような状況だ。

私は軍隊を持つななんて
そんな青臭い理想論を
主張する気はない。
国民を守るために軍隊は必要だろう。

しかしそこに歯止めがなければ
歯止めどころか自ら率先し
戦争に突っ込んでいけば
パリの二の舞になり
また自爆テロリストを養成する
基地が作られてしまうような
おそろしい社会になってしまうと思う。
e0171573_23151875.jpg

日本人ならぜひ大津島の回天記念館と
鹿児島の知覧特攻平和会館は行くべきだ。
かつてのカルト教団的狂気は
他人事ではない時代になりつつある。
自分を守り、自分の愛すべき人たちを
守るためにぜひ一度訪れてほしい。

・ぜひ読んでほしい
人間魚雷をテーマにした小説
「出口のない海」横山秀夫著

・回天記念館
http://www.city.shunan.lg.jp/section/ed-sports/ed-shogai-bunka/kaiten/

・人間兵器の飛行場跡・鹿児島知覧を訪ねる
http://kasakoblog.exblog.jp/10572145/

・地図から消された毒ガス製造の島・大久野島
http://www.kasako.com/japanfoto.files/ookunofoto.html

・かさこマガジンを以前もらった方で
住所変更した方はお知らせください。

・セルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-11-28 23:16 | 旅行記
2015年 05月 28日

蛇口をひねると、うどんのだしが出る!さすがはうどん県in高松空港

e0171573_18594059.jpg
うどん県こと香川県には蛇口をひねると、
温かいうどんのだしが出る場所が!
香川県の空の玄関口、高松空港にあります!
こんなおもしろいものがコンビニの片隅、
非常にわかりにくい場所にそっと設置されています。
e0171573_190531.jpg

しかもこの殺風景なシンク。
一瞬、うどんのだしが出るというのは、
観光客を騙す悪い冗談なのかとも思ったほど。
しかし蛇口をさわると熱い。
ひねるとだしが!
そしてうまい!!!
e0171573_1902260.jpg

高松空港ビル2階のファミリーマートそばにある、
観光特産品展示コーナー「空の駅かがわ」の奥、窓側にあります。
ちなみに1日限定200人分でなくなり次第終了との話も。

それにしてもうどん県、恐るべし。

<お知らせ>
・6/11より大分・中津でかさこ塾8期生募集開始。定員20名、申込10名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23009236/

・7/6より名古屋でかさこ塾9期生の募集開始!定員20名、申込10名。
http://kasakoblog.exblog.jp/23158780/

<好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術1day地方講義>
・5/30(土)静岡(9:40-11:40)
http://kasakoblog.exblog.jp/22946275/

・6/7(日)甲府(9:40-11:40)
http://kasakoblog.exblog.jp/23022532/

・6/13(土)札幌(14:00-16:00)
http://kasakoblog.exblog.jp/22927575/

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-05-28 19:00 | 旅行記
2015年 03月 28日

国内旅行の日帰りバスツアーって意外といいかも~HISのツアーでマザー牧場に行ってきた

e0171573_22131196.jpg
国内でも海外でも個人旅行、個人手配が当たり前だし、
それが最もよいと思い込んでいたけど、
使いようによっては旅行会社のバスツアーっていうのもいいなと思った。
e0171573_22154149.jpg

先日、マザー牧場にHISの日帰りバスツアーで行ってきた。
マザー牧場はいつか行きたいなと思っていたけど、
自動車を運転しない私にとって、
電車とバスを乗り継いでいくのはかなり面倒で、
かつ時間がかかるので、行けずじまいになっていた。
そこで今回HISのバスツアーを利用した。
バスツアーってなんか不便で嫌だなと思っていたけど、なかなかよかった!
e0171573_22142229.jpg

何がいいって、交通が不便なところを、
運転いらずでダイレクトで行ってくれること。
効率よく何箇所も回ってくれること。
意外と個人で手配するよりリーズナブルに行けること。
ツアーだけの参加特典があること。
e0171573_22155196.jpg

マジで撮影メインに行く時にはツアーでは行かない。
時間の融通もきかないし、事前予約したら天候が読めないからだ。
でも撮影メインではなく子連れの家族旅行なんかだったら、
とっても便利だなと。
e0171573_22144732.jpg

ただツアーの食事なんてしょぼいだろうと思い、
昼食前にマザー牧場でいいおお値段する、
3本で1300円するソーセージを頼んだんだけど、
ツアーについていた「名水もち豚のせいろ蒸し」は、
おいしくて量もあり、よかった!
e0171573_22152252.jpg

意外と料理ちゃんとしているのねっと驚いた。

ただ前述したように、ツアーの場合、
事前予約が原則だから、明日雨だからやめようとか、
体調が悪いからやめようとなった場合、
個人旅行と違いキャンセル料がかかってしまうので、
その点はデメリットだけど、
特に撮影がメインではなく、家族やカップルで、
効率よくリーズナブルにただ楽しみたい程度なら、
意外とこの手のバスツアーを利用するのもいいかも。

※私が利用したツアー
http://bus.his-j.com/T8.php?jcd=11&dept_area_cd=KT&tour_cd=TK-FTH0005-095B

・マザー牧場菜の花写真
http://kasakoblog.exblog.jp/22910887/

・アヒルの大行進動画

https://www.youtube.com/watch?v=k75JjCtzpmw

<かさこマガジン5無料配布中!>
人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-03-28 22:15 | 旅行記
2015年 03月 20日

名所がなくてもおいしい料理がある場所は旅の楽しみが10倍になる!

e0171573_1114825.jpg
e0171573_112239.jpg

かさこ地方講義第一弾、仙台での講義が無事に終了しましたが、
講義前に松島に出かけて食べた牡蠣がうまい!
かき丼食べたけど、お腹いっぱいにならず、
思わず別の店に入って、焼きがきを食べてしまった!

国内外いろんなところを旅したり取材で行ったりしているけど、
最近思うのはその場所においしい料理があるかどうかで、
旅の楽しみやテンションが変わること。

私の旅の最大の楽しみは、圧倒される自然や景色や遺跡だったり、
おもしろおかしな珍スポットなどを訪れて写真に撮ることなんだけど、
仮に写真に撮りたいと思えるようなスポットがなかったとしても、
そこにおいしい料理があれば、それだけでも行く価値があるんだよな、
ということを最近しみじみ感じる。

極端な話、食べる目的だけでも、
わざわざお金と時間をかけてでも、
旅をしてもいいかなとも思うし、
そういうことがこの世の幸せであり、
最高の贅沢なんじゃないかとも思う。

仙台での講義開催が決まり、まず珍スポットを探し、
行こうと思っていた仙台市内の珍スポットがあったんだけど、
雨予報だったので屋内で見れるところがないかと、
ガイドブックやらネットやらでリサーチしまくっていたところ、
おもしろそうな屋内珍スポットとして発見したのが、
松島にある「みちのく伊達政宗歴史館」。
e0171573_113863.jpg
e0171573_1132210.jpg
e0171573_1133554.jpg

なんと250体以上ものろう人形があり、
政宗の生涯を紹介しているというので、
ここはおもしろそうと思って、松島に行くことに決めた。

でもそれだけではない。
ガイドブックで松島のページに目がとまったのは、
とってもうまそうな牡蠣やあなごがあったから。
これはぜひ食べたい!

いやほら仙台といえば牛タンが有名だけど、
でもいまや東京に仙台の有名牛タン店はいっぱい出店してるし、
わざわざ仙台で牛タン食べなくても東京で食べれちゃうわけです。
それに仙台が初めてならともかく、
何度も来ているともう別に牛タンじゃなくてもいいかなと。

そんな時にめっちゃうまそうな牡蠣&あなごを発見し、
牡蠣は東京じゃ安くて大量には食えないなと思い、
珍スポットがあるから以上に、
うまいもんがあるから松島に行くことにした。

地域活性化のために観光ってとっても大事なことで、
外から金を落としてもらうので、
地元経済にはとってもよいわけだけど、
でもバブルの遺産を見ればわかる通り、
地方にしょうもないテーマパーク作ったり、
特徴のないハコモノ作っても別に行きたいとは思わない。
むしろかつてのテーマパーク廃墟なら行きたいけど。

でも食べ物は違う。
その土地でしか味わえないうまいものがあれば、
それはハコモノとか世界遺産とか観光名所なんかより、
ある意味では観光客をひきつける武器になる。
しかも名所だけ見るなら日帰りでとっとと帰っちゃうけど、
めしがうまいともなれば、昼も食べても夜も食べて、
それから帰ろうとなるわけで、
その分、その場所の滞在時間が長くなる。

たださっきも書いたように、
最近、地方の名店が続々東京に出店してきて、
別に地元の本店で食べる必要まったくないよね、
みたいなことが増えてきた。
だからこそその土地でしか食べれない新鮮なものとか、
東京で食べるより安いとか、
もしくは東京には進出できないけど、
地元の人が食べるB級グルメみたいなものは、
観光客にとっては大きな魅力になる。

私が沖縄が好きで何度も行くのは沖縄料理が好きだから。
もう沖縄に行くと毎食楽しみなんです。
今日は何を食べようか、明日は何を食べようかって。

海外では何度も中国に行っているんだけど、
中華料理も好きなので中国旅行の際は毎回食事が楽しみ。
逆に食べ物の楽しみがあまりない場所だと、
むちゃくちゃテンションが下がるわけです。
極端な話、おいしい食べ物がないところは、
行くのをやめようかとすら思ってしまう。

そういえばかさこ地方講義で4/16に宇都宮で開催するんだけど、
正直、宇都宮で人集めるの難しいなと思ったんだけど、
でもぜんぜん人集まらなくても宇都宮でやりたい!と思ったのは、
珍スポットの宝庫であることもさることながら、
やっぱり宇都宮餃子が食べたいからなんです。

宇都宮で餃子何度か食べてるけど、
やっぱり東京よりも安くてうまい!
私が食べることが好きだからというのもあるけど、
食べ物って旅先を決める上でものすごく重要だなと。

ご当地ラーメンでもいい。
上品でお高い名物料理じゃなくても、
安くてうまいB級グルメっぽいものでもいい。
魅力的な料理のコンテンツがいくつかあると、
地方活性化の一助になるんじゃないかなと思います。

そういう意味では仙台に来て思ったのは、
地方講義むっちゃ楽しい!ということ。
珍スポットめぐりも名物料理も食べれる、
楽しい旅行ができるじゃないかと。
そんな目的もあって、引き続き地方講義ツアーをしながら、
珍スポットやらB級グルメやら名物料理を、
ブログで紹介していきたいと思います。

何事も自分が楽しいが基本。
自分が楽しまなきゃ、人を楽しませることなんてできるわけないし。
これこそが「好きを仕事にする」ことのメリット。
自分がつらくて大変な思いをしてやってる仕事なんて、
人を楽しませることなんてできないから。

<かさこマガジンについて>
「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-03-20 01:18 | 旅行記
2015年 02月 05日

インドよりひどい?!ベトナムの10倍ぼったくりバイクタクシー

e0171573_19211173.jpg

アジアに行くとタクシーやバイクタクシーなどでぼったくり被害にあうわけだが、
あの悪名高きインドより、悪質なケースに昨年末遭遇した。
ベトナムだ。

ベトナムでもバイクタクシーは移動するのに欠かせない手段。
ただメーターもないので事前に料金交渉をしておく必要があるわけだが、
私が出会ったベトナム・ホーチミンのバイクタクシーは実に悪質だった。
この手口で多くの観光客を何度も騙していると思われるので報告しておこう。

ベトナム・ホーチミン市内にある戦争博物館から、
展望台のあるビルまでバイクタクシーに乗った。
だいたい20分ぐらいの距離だ。

博物館前にいたバイクタクシーに、
「展望台のビルまで行ってくれ」といったら、
「わかった、まあ乗れ」ってな感じで事前に料金を言わない。
これは絶対にトラブルになるので、「いくらか?」と聞いたのだが、
「まあまあいいから乗れ」といって料金提示をしない。
これは絶対にあやしい。
後でぼったくるタイプだ。

料金提示をしない限り絶対に乗ってはならない。
「いいからいくらか答えろ」と問い詰めたら、
しぶしぶ電卓を取り出し、「45」という数字を叩いて示した。

「45?」

ベトナムドンは1万ドンで60円ぐらい。
だから45ドンというのはあり得ないし、
そもそもそんな紙幣がない。

こいつ、桁数詐欺だなと思った。
わざと「45」としか提示せず、
後からゼロを増やす気だろう。

そこで普通に考えれば4万5000ドン=270円ぐらいだと思うので
「45000?」と口頭で聞いたのだが、
「45(フォー・ファイブ)」としか言わない。
こいつあやしいと思い、
後で証拠を残しておくためにと、
紙を取り出し「45000」と書いた。
彼は「45」と「000」の間に「,」を書き加えた。
「45,000」。

いやあんたね、「,」加えても4万5000は4万5000だから。
何度も確認する私に根負けしたのか、
「わかった」といった。

ところが!
というか。
やはり!

こいつ。観光客を何度も騙す桁数詐欺犯であることが判明した。
乗車前の料金交渉のおかしなやりとりから、
きっと降車後になんか変なことを言ってくるに違いないと思い、
到着地に着く前からこっそりビデオカメラを回していた。

で。
目的地に着き、事前に交渉通り、
4万5000ドン=270円を払おうとすると、
「ノー!」といって彼はある紙を取り出した。
e0171573_19231438.jpg

そこにはバイクタクシーの写真が貼ってあり、パソコンで印字された文字で、
ホーチミン市内の移動は「450000ドン」、
すなわち45万ドン(2700円)と書いてあったのだ。

こいつ。いつもこの手口で観光客騙してるんだな。
20分バイクタクシーに乗って2700円なんてあり得ない。
観光客を騙す悪名高きインドのリキシャーだって、
ぼったくるけど、せいぜい2倍か3倍ぐらいの話。
それを「0」一個増やして10倍もの値段をふっかけるとは。
e0171573_19232519.jpg

そんなことだろうと思ったんだよ。
だからこそ料金は口頭でなく紙に書いておいた方がいい。
私は「4万5000」と書かれたメモを出し、
アホみたいな10倍のお金はもちろん払わなかった。

しかし、こいつ。許せない。
こうやって他の観光客を騙してる!

そう思って4万5000を払うと、かさこ必殺、
いつもの捨てゼリフを吐き捨てた。

「バカヤロー!死ね!」

あー。
そういえばインド人にも死ねだの地獄に落ちろなど言っていた。
あー。
アジアに来ると私の品格が落ちる・・・。
まあいいか。品格なんてあったもんじゃない。
それよりあんな事前に紙を用意しておいて、10倍詐欺することが許せなかった。

ベトナムってなんとなくイメージから、インドなんかよりひどい感じはなく、
優しい国のように思うかもしれないが、
主要観光都市には外国人観光客と見るやいなや、
10倍ぼったくりをする輩がいるので注意したい。

インドより迫力はないですが(笑)、
このバイクタクシーとのやりとりの動画をアップしておきました。


https://www.youtube.com/watch?v=Ih5F8HNiPaQ

またホーチミンの中心部にあるベンタイン市場でも、
10倍以上の金額をふっかける輩がいたので注意したい。

https://www.youtube.com/watch?v=Hjjw_Wvnkq4

それにしてもベトナム。何気にインドのぼったくりより悪質!

<今後の講演予定>
・3/1、柳内啓司さんとのコラボイベント
正社員全滅時代を生き抜く!会社を辞めず、『2枚目の名刺』で
好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=934

・4/1~かさこ塾6期生募集中(20名限定6名申し込み)
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

<かさこマガジン5について>
人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-02-05 19:23 | 旅行記
2015年 01月 22日

カメラを持てば英雄になれた

e0171573_20145591.jpg

カメラを持てば英雄になれた
凡人な自分も英雄になれた
e0171573_2017391.jpg

カメラをぶら下げていればヒーローになれた
「撮って!」「撮って!」と子どもたちに囲まれて
e0171573_20172753.jpg

カメラがあれば言葉が交わせた
たとえ言葉が話せなくても
e0171573_20184599.jpg

カメラを持つと人を好きになれた
人と話すのが苦手な自分でも
e0171573_2019375.jpg

カメラがあればさみしさを紛らわすことができた
世界と自分をつなぐ相棒がいるから
e0171573_20192043.jpg

誰も知らない異国の町だから
心が自由になれた
e0171573_20175980.jpg

二度と訪れることはない町だから
人との出会いが気楽になれた
e0171573_20182290.jpg

異国の地だからこそ恥もプライドもいらない
ただただ素の自分を出せるから
旅が好きだ
e0171573_2016404.jpg

子どもたちの純真な目に射抜かれて
子どもたちの純粋な好奇心にとまどって
異国の地を歩いてゆく
e0171573_20194264.jpg

いつだってそう、カメラが頼り
だってカメラがなければ
ヒーローになれないじゃない?
e0171573_20155829.jpg

子どもたちのあどけない笑顔に見つめられ
忘れかけた自分の子ども心を必死に取り戻す
e0171573_202085.jpg

無邪気なあの時の自分
好きなことにまっすぐになれた自分
イヤなことやイヤといえた自分
e0171573_20204658.jpg

旅で出会う人は自分の心の映し鏡

大人になってえらくなったと勘違いして
大切な自分の想いを置き忘れてきたことに気づかされ
必死になってシャッターを切り
必死になって子どもたちと同化したいと願う
e0171573_20152981.jpg

「見せて!」「見せて!」と画面をのぞきこむために
一斉に寄ってくる子どもたち

子どもたちに囲まれてちょっとしたヒーロー気分を味わう
たったそれだけのこと
でもそれがきっと旅の幸せ
e0171573_20203418.jpg

たった一瞬の出会い
その積み重ね

今を思い出に変え
まだ見ぬ未来を思い出に変えていく

それが人生


・インドの子どもたちとの動画

https://www.youtube.com/watch?v=SFYJ786Xynw

・子どもたちと出会うまでの路地裏散歩動画

https://www.youtube.com/watch?v=QF-l0PcGWS8

<かさこマガジン5について>
人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-01-22 20:11 | 旅行記
2015年 01月 16日

ガンジス河沿いでインド人カメラマンに50ルピー(100円)で記念撮影してもらった!

e0171573_22595623.jpg
インド人のカメラマンにに50ルピー(100円)で撮影してもらい、
その場でプリントアウトしてもらいました!
いやー。いい記念!
e0171573_2301587.jpg

インド・バラナシのガンジス河沿いのガート(沐浴場)には、
外国人観光客狙いのうざいボート乗り、マッサージ、みやげもの売りなど、
いっぱいいるわけだが、決して外国人観光客に話しかけてこない人たちがいた。
そこそこ大きなカメラバックをかついでいる、インド人カメラマンたちだ。
はじめはカメラを持っているのはインド人観光客なのかと思いきや違った。
ガンジス河に沐浴に来るインド人をターゲットに、
その場で記念撮影をしているカメラマンたちらしいのだ。
e0171573_2302293.jpg

なぜやたらでかいカメラバックを持っているのかもわかった。
その中にはレンズやカメラが入っているのではなく、
その場で印刷できる機械が入っていたのだ。

なるほど。こういう商売もあるのか。
外国人はターゲットにしてないらしく声をかけてこないのだが、
「他のどうしようもないうざい客引きと違い、
カメラマンは使えるかも!」と思い、声をかけた。
小さなプリントなら50ルピー(100円)で1枚くれるというので、撮ってもらうことにした。
まさかインドでインド人に撮影してもらうことになるとは(笑)。
e0171573_2304010.jpg

ちなみに私は人呼んで「歩く3カメ男」状態。
1つは首から常にデジタル一眼レフカメラをぶらさげ、
こちらは写真メインだけど動画もとれる。
2つ目はリュックの脇に小型ビデオカメラGoproをつけておき、
ぼったくりインド人とのバトルや、インド人とのやりとりを、
気づかれずに自然な形で動画で撮影。
3つ目は動画専用のビデオカメラで、
基本、三脚を立ててしっかり動画を撮る時はこれ。

こんな風にして写真やら動画やらを撮影してます。

<かさこマガジン5について>
人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-01-16 23:00 | 旅行記