カテゴリ:東日本大震災・原発( 292 )


2017年 03月 11日

311東日本大震災直後に私が考えたことは、会社に泊まりスラムダンク全巻読むかどうかだった~震災の教訓

あれほどすさまじい災害となった
東日本大震災だが
恥ずかしながら私が震災が起きて
考えていたのは
家に帰れなかったら
会社に泊まって何をしようか?
そうだ、同僚から借りた
漫画「スラムダンク」全巻読めば
時間が潰せるからいいか
といったことだった。

すさまじい地震が起きても
いかに想像力もなく
事態を把握できていなかったかが
わかると思うのだが
案外、そういう人も
いるのではないか。

東京でも311は何十回となく
大きな地震に見舞われた。
でもまさかずっと続くとは思わなかった。
大きな地震があって
しばらく余震が終われば
それで電車も動き出し
家に帰れると思っていたのだ。

東日本大震災のように
大きな地震の後も何度も何度も
大きな地震が連発するといった
経験は今までになかった。
だから想像ができなかったのだ。
まさか大きな地震が何日も
終わることなく続くなんて
思いもしなかったから。

当時会社員だった私の関心事は
家に帰れるのか帰れないのか
ただそれだけだった。
まさか東北でとんでもない
ことが起きているとは知らず。

ネットのニュースを見ていたが
文字情報だけでは
まったく実感がわかなかった。
夜になって東北の海岸沿いで
200人の死亡が確認されたといった
ニュースをネットで見た時にも
「そんなバカな」と思っていた。

でも意識が変わったのは映像だった。
会社にテレビはなかったが
テレビがネットでも放映を始めた。
社員が共用で使う大きなパソコンで
ネット経由でテレビの放送を見て
愕然としたのだ。
とんでもない被害が
起きているのだと。

東北の被災者に取材をしたが
ある被災者はこんなことを
話していた。
「携帯からテレビをみて
津波のヤバさを知って
あわてて海から離れた」

そう。テレビがないと
映像がないと
文字ニュースだけでは
町のアナウンスだけでは
多分危機感がわかないのかもしれない。

でもテレビの映像を見て
はじめてとんでもない事態が
起きていることに気づかされ
会社に泊まって漫画全巻読もうか
どうかなんて愚かしいことを
考えていた頭がふっとんだ。

この時、素晴らしかったと思うのは
首都圏の人は無理して家に
帰るのはやめるようにという
政府の発表と
いち早くJRが運行中止を決めたことだ。
おかげで私はじたばたせず
あのすさまじい揺れの中
無理に何時間も歩いて
家に帰るのをあきらめることができた。

運行再開をあきらめなかった
私鉄で帰れる人たちは
会社にいてもずっとそわそわしていた。
私のようにJRが動かなければ
もう帰れないと割り切れず
もしかしたら動くかもしれないと
ひっきりなしにニュースや
運行状況をチェックしたり
駅に行ってみようかとか
右往左往していたのを覚えている。

それでも震災当日の311は
まだどこかでここまですさまじい
事態にはなるとは思わなかった。
テレビニュースは死亡者数を
競って発表していた。
◯人が死亡。◯◯人が死亡。
まるで死亡者数を発表することだけが
仕事のように。
でもまさか町ごとなくなるような
とてつもない被害があるとは
思いもしなかった。

激しい揺れが続いていた
東京にいてもこんな意識だった。
翌日家に帰れて土日2日間休んだ後
原発で事故が起きても
多くの会社員は月曜日から
会社に行くことを考えていた。
私も「なぜこんな激しい揺れが
起きている時に会社なんか」
と思いながらも
でも人の目がこわい、
いかないと怒られるかもと思い、
月曜日は休んだものの
火曜日から揺れも激しく
原発事故が起きている最中
どうせ会社に行っても
電話が通じないし
まともに仕事などできるわけないのに
普通に出社していたのだ。

今から考えるととんでもない
クレイジーなことだが
でも多くの人は
そうだったのではないか。

東京でもこんな感覚だったので
翌週の連休に西日本に旅行に行った時
同じ日本にもかかわらず
津波も地震も原発事故も
なかったかのような
普通の日常に驚いた。

買い占めパニックなどはない。
物はある。
電気もついていて明るい。
東京にいる時の変な空気は
まったくなく
まるで遠い外国に来たかのように
東日本とはまるで違っていた。
温度差というのは実に恐ろしい。

でも後から被害が次々に
明らかになっていき
津波被害がとんでもないことや
深刻な原発事故が起きたことに
気づきやっとのことで
すさまじい災害が
現在進行形で起きていて
とんでもないことになっていると
認識できたのだった。

甚大な被害のあった
被災地支援に行かねばならぬ
と思ったのは
震災から1ヶ月ぐらいたってからだ。
今から思えばなんて
遅いことだろうと思う。
いち早く行動していた
ボランティアやメディアが
いたにもかかわらず
どうしていいかわからなかったのと
甚大な被害の想像が
ニュースを見ていても
ピンときていなかった。

東京にいてもこんなものだ。
地震が起きて会社に泊まったら
暇だけどどうしようか、
そうだスラムダンク全巻読めば
暇をつぶせるなんて
考えていたのだ。
原発事故が起きても
電車が動いてないのに
なんとか出社する方法を
考えていたのだ。

近い将来また日本で災害が起きるだろう。
その時はぜひ想像力を働かせてほしい。
そのためにはテレビの映像がいい。
見すぎるとおかしくなるかもしれないが
でもやっぱりどれだけ
ネットニュースを見ても
甚大な被害が起きていることを
リアルに感じることができず
危機意識を感じることができなかった。

テレビの映像を見たから津波から
逃げられたという被災者がいたように
テレビの映像の力は絶大。
もちろん見れる環境にあるかどうかは
わからないが
テレビ局はいち早くネットでも
放送してくれれば
スマホなどで見ることができるだろう。

そして自分がある程度落ち着いたら
動ける人はなるべく早く
被災地支援に動いてほしい。
迷惑ボランティアもいるけど
でもボランティアがいち早く
かけつけたおかげで
どれだけ多くの人が救われたことか。
いち早くでなくても
甚大な被害がある場合には
継続的な支援が必要なだけに
ぜひ後でも支援に行ってほしい。

できれば現地に行くのが
一番よいと思う。
特にこの目でこの肌で
被災現場を感じると
妄想の世界ではなくなり
現実のこととして感じられるからだ。

ただ何が何でも行けばいい
ということではなく
自分の生活基盤があやういのに
無理して行く必要はないし
物や金を送るとか
情報を届けるとか
現地に行かなくても
できることはある。

災害に必要なのは
想像力なんじゃないか。
一度でも大きな災害を
経験していれば
上記のような想像が働くけど
一度も経験していないと
私のように
漫画を全巻読むかどうかを
迷うといったバカなことに
なりかねない。

この先、日本にいる限り
どんな場所でも災害に
見舞われる可能性がある。
自然災害を防ぐことはできないが
事前の準備で減災はできる。
災害後、想像ができれば
人災を減らすことができる。
支援をすることができる。

東日本大震災が起きた311の時だけでも
災害について考えてほしい。
東日本大震災で起きたことを
知ってほしい。
そしたら未来の被災地・被災者になっても
被害を減らせることができるだろう。

・東日本大震災被災地レポ一覧
http://www.kasako.com/110311top.html

・東日本大震災写真一覧
http://www.kasako.com/110311.html

・忘れゆく311
http://kasakoblog.exblog.jp/25567496/

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

■好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧
・2017/4鹿児島
http://kasakoblog.exblog.jp/25517594/

・2017/5東京昼夜
東京昼夜申込ページ

・2017/5京都
http://kasakoblog.exblog.jp/25297908/

・2017/6札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/25317089/

・2017/6福島郡山
http://kasako.jp/?p=929

・2017/6広島
http://kasakoblog.exblog.jp/25447848/

・2017/6神戸
http://kasako.jp/?p=926

■2時間凝縮ブログ術講義
・2017/3/14(火)那須塩原
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)川越
http://kasakoblog.exblog.jp/25196251/

・2017/4/5高知
http://kasakoblog.exblog.jp/25378509/

・2017/4/13佐賀
http://kasakoblog.exblog.jp/25384645/

・2017/4/18(火)沖縄那覇
http://kasakoblog.exblog.jp/25207366/

・2017/4/24(月)青森八戸
http://kasako.jp/?p=937

・2017/5/16(火)午後:松本
近日中に告知

■海外2時間ブログ術
・2017/6/7(水)イタリア・フィレンツェ
http://kasakoblog.exblog.jp/25227736/

・2017/6月上旬、フランス・パリ、
オランダ・デンバーグで予定

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

■2017/6/15締切!
セルフマガジン大賞開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/25470406/

■誰もが参加できる
入場無料のイベント
かさこ塾フェスタ開催!
4.16東京、5.21広島、7.1福岡
http://festa.kasako.jp/

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私にアフィリエイト収入が入ります。
500万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-03-11 20:41 | 東日本大震災・原発
2017年 03月 10日

避難所にいる人だけが被災者ではない~行き渡らない支援~東日本震災の教訓を学べぬニッポン

自然災害が起きた時に
テレビの映像で度々流されるせいか
避難所にいる人たちが被災者
と思いがちだが
避難所に行かずに
被災している人もたくさんいて
そういう人たちに支援が行き渡らないのは
2011年東日本大震災でも問題になったし
2016年の熊本地震でも同様だった。

被災した人の分類
1:避難所にいる人
2:避難所の外で車中避難する人
3:自宅で待機している人
4:自主避難した人

支援が集まるのは当然避難所。
でも避難所も人でいっぱい。
でも避難所の中に入らず
車中で避難している人もいる。
自宅で待機している人もいる。

電気、ガス、水道が使えない状況で
店もやっていない状況の中
避難所のみならず
車中で避難している人や
自宅で待機している人にも
物資の支援をしていく必要がある。

みなさんが被災者になった時に
ぜひ覚えてほしいのは上記のこと。
避難所に入る被災者になるとは
限らないということだ。

車中避難や自宅待機で
自分たちのところに支援物資が
回ってこないと嘆いていても仕方がない。
避難所にいって分けてもらうなり
支援に来たボランティアなどに
積極的に声をかけて窮状を訴えるなり
ツイッターやフェイスブック、ブログが
発信できる環境にあれば
自身の窮状を訴えて
支援を呼び込まなくてはならない。

もちろん避難所にいても
支援は不足がちになるだろうから
発信していく必要があるし
またもし避難所で物資が余っていたら
避難所外にいる人や
自宅待機している人にも目を向け
物資を配分してあげることだ。

そういう意味でも
普段から備蓄は大事。
津波で家が流されたり
地震で家が倒壊しない限りは
家の備蓄が生命線になるわけで
備蓄に水や食料があれば
避難所に入れなくても
なんとか食べていける。

避難所同士や被災者同士で
ネットワークができれいれば
物資の融通のしあいもできる。
東日本大震災の時にあったが
こっちの避難所には食料がいっぱいあり
捨てるぐらいきているのに
近くの避難所にはほとんどない
といった事態もあり
避難所同士、被災者同士が
連絡をとりあっていれば
そこのミスマッチが解消されるのだが
いざ被災したらそこまで
気が回る人はほとんどいない。

でも避難所同士、被災者同士で
物資の融通がうまくいけば
助かる人も多いはずだ。

また普段からSNSを使っておくといい。
災害になってあわてて
発信したところで
多くの人に見てもらえない。
あやしいアカウントと
思われてしまう可能性もある。

普段からSNSで発信し
いろんな人とつながっておけば
いざ被災した時に
ネットで助けをもとめれば
瞬く間にその情報が拡散し
支援が回ってくるかもしれない。

ただ発信する際は
発信日時を入れること。
3/11の17時時点で~~の場所で
~~が不足といったように
日時の記載をしておかないと
ネットで拡散され
足りた後にも大量に物資が
送られてくる事態になるからだ。

未曾有の大災害、東日本大震災から
まもなく6年が過ぎようとしている。
そろそろまたどこかで
でかい地震が起きないとも限らない。
自分がまさか被災者になるとは
思ってもみなかった人が
まさかの被災者になり
避難所に入れず
物資に困ったりする事態が
起きるかもしれないということを
頭の中に入れておくだけでも
被災した時に冷静に
行動できるのではないか。

日本にいる限り
いつ地震や津波や竜巻や台風や
火山噴火や原発事故により
被災者になるかもわからない。

東日本大震災の教訓をもとに
災害後の賢い行動で
人災を減らし、減災に努めていきたい。

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

■好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧
・2017/4鹿児島
http://kasakoblog.exblog.jp/25517594/

・2017/5東京昼夜
東京昼夜申込ページ

・2017/5京都
http://kasakoblog.exblog.jp/25297908/

・2017/6札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/25317089/

・2017/6福島郡山
http://kasako.jp/?p=929

・2017/6広島
http://kasakoblog.exblog.jp/25447848/

・2017/6神戸
http://kasako.jp/?p=926

■2時間凝縮ブログ術講義
・2017/3/14(火)那須塩原
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)川越
http://kasakoblog.exblog.jp/25196251/

・2017/4/5高知
http://kasakoblog.exblog.jp/25378509/

・2017/4/13佐賀
http://kasakoblog.exblog.jp/25384645/

・2017/4/18(火)沖縄那覇
http://kasakoblog.exblog.jp/25207366/

・2017/4/24(月)青森八戸
http://kasako.jp/?p=937

・2017/5/16(火)午後:松本
近日中に告知

■海外2時間ブログ術
・2017/6/7(水)イタリア・フィレンツェ
http://kasakoblog.exblog.jp/25227736/

・2017/6月上旬、フランス・パリ、
オランダ・デンバーグで予定

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

■2017/6/15締切!
セルフマガジン大賞開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/25470406/

■誰もが参加できる
入場無料のイベント
かさこ塾フェスタ開催!
4.16東京、5.21広島、7.1福岡
http://festa.kasako.jp/

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私にアフィリエイト収入が入ります。
500万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-03-10 00:14 | 東日本大震災・原発
2017年 03月 09日

311から6年過ぎても人が1分で死亡する福島原発~東日本震災の教訓を学べぬニッポン

e0171573_20214675.jpg
みなさん、ご存知だろうか?
2011年3月11日から6年も過ぎているのに
原発事故が起きた福島原発は
まだ大変な事態であるということを。

2017年2月に事故を起こした犯罪企業、
東京電力の発表によると
福島第1原発2号機内部の
放射線量は最大毎時530シーベルト。
人が1分弱で死亡する線量だったという。

事故から6年が過ぎてもこのありさま。

原発再稼動容認派のみなさま。
福島原発に入ってきてください。
1分で死にますから。
事故が起きた直後の話ではない。
東日本大震災が起きた
6年が過ぎた今もだ。

事故が起きて溶け落ちた核燃料の
取り出しも未だ困難な状況。
しかも内部調査が進んでいるのは
人が1分弱で死亡する2号機だけで
水素爆発を起こした1号機と3号機は
高い放射線量にはばまれ
内部調査は進んでいないという。

出所:毎日新聞2017/1/30、2/2
http://mainichi.jp/articles/20170131/k00/00m/040/117000c
http://mainichi.jp/articles/20170203/k00/00m/040/079000c

6年前の東日本大震災で
日本人が学んだことは
日本人に原発を動かす資格はない
ということだ。

原発は安全だから事故なんて起きない。
何重にも防護されているから
万が一事故が起きたとしても
大丈夫だというのは
まったくのデタラメだった。

しかも事故から6年が過ぎてもなお
人が入ったら1分で死亡する
高い放射線量のところもあり
溶け落ちた燃料すら取り出せず
内部調査すらままならない状況だ。

つまり日本人に原発を管理する能力は
まるでなかったということだ。
しかも事故前さんざんウソをついて。

にもかかわらずだ。
6年前の東日本大震災の教訓を学ばず
必要でもないのに
電気は足りているのに
原発動かさなくても
江戸時代になんか戻ってないのに
次々と原発を再稼働させようと
していることだ。

バカなんですかね日本人は。
いや日本を破滅させるテロリスト
なんですかね。
原発再稼働容認派は。
事故が起きて6年過ぎても
まともに事故処理すらできない国が
各地で地震が多いこの国が
東日本大震災でとんでもない
原発事故を起こしたにもかかわらず
その解明や調査すらできていない
にもかかわらず
他の原発を動かしてしまうなんて
クレイジーとしかいいようがない。

すっかり風化した原発事故。
でも事故を起こした福島原発は
この有様だ。

地震や津波で甚大な被害があった。
でも原発がなければ
また故郷に戻ることはできただろう。
管理のできない日本が
原発麻薬に手を出してしまったがために
地震や津波の被害だけでなく
原発という人災被害を拡大させ
6年過ぎた今も様々な人災を起こしている。

原発のせいで人が住めない
死の町ができた。
風評被害という名の
様々な実害が生じた。
原発いじめまで起きている。
原発がなければ
こうした人災は一切起こらなかった。

これから先、日本では
どんな場所でも地震が起きるだろう。
「熊本なんか大地震は起きない」
と思っていた人が多かったにも
かかわらず2016年4月に大地震が起きた。

でも原発事故が起きなければ
故郷には帰れる。
復旧も復興もできる。
でももし福島と同じように
九州で原発事故が起きていたら
とんでもない事態になっていただろう。

東日本大震災の教訓を学べない
愚かなニッポン。
日本に原発を運用する能力はない。
6年過ぎても人が1分で死亡する原発。
未だ事故処理すらできない原発。

東日本大震災とは
地震や津波という自然災害の
おろそしさだけでなく
原発事故という人災のおそろしさを
まざまざと見せつけられた出来事だった。

もう二度と原発事故を起こしてはならない。
もう二度と死の町を作ってはならない。
原発の管理ができない
日本人に原発を動かす資格はない。

あのすさまじい原発事故が起きても
未だ原発再稼働に賛成している人は
福島原発に行って
溶け落ちた燃料を取り出してきてほしい。
1分で死にますから。

・30年以上の前に
原発の危険性に気づき
原発計画を阻止した
和歌山と徳島の住民に取材した
ドキュメンタリー映画「シロウオ」
30分無料公開版動画

https://www.youtube.com/watch?v=cjZSvtWeO8s

e0171573_22322387.jpg

・原発PR看板・原発推進看板を証拠隠滅のため撤去(福島県双葉町)
http://kasakoblog.exblog.jp/23982398/

・原発20キロ圏内レポート
~あなたの家や町が立入禁止になる恐怖
http://kasakoblog.exblog.jp/17660549/

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私にアフィリエイト収入が入ります。
500万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-03-09 08:41 | 東日本大震災・原発
2017年 03月 06日

「熊本から福岡に逃げるのか!」自主避難者をバッシングする無意味~東日本震災の教訓を学べぬニッポン

地震が起きた時に人災を誘発するのが
自主避難者を「逃げた」といって
バッシングすることだ。

これは2011年の東日本大震災でも
起きたが2016年の熊本地震でも
同様のことが起こっていた。

熊本市内で被災した家族。
家は無事だが電気、ガス、水道は
ストップし、揺れも続いているので
家族4人で避難所には行かずに
車中泊を続けていた。
しかし何日も過ぎると
だんだんとしんどくなってくる。

そこでお母さんのみ一度
福岡の知り合いのところに
身を寄せ、自身の気分転換と
必要な物資の調達をしてこようと
思ったところ、こう言われたという。

「みんながんばってるのに
熊本から逃げるのか?」

この話を先日熊本で聞いた時
がっくりきた。
東日本大震災の教訓が
まったく活かされていない。
東日本大震災の時とまるで同じ。
自主避難者を逃げたといって
避難する風潮は九州でも起こっていた。

自主避難者をバッシングするのは
まったくの無意味だ。
逃げれる人は逃げた方がいい。
なぜならその方が
自主避難できない人のためになるからだ。

災害直後は物資も少なく
避難所にも十分なスペースがない。
そんな時、無理に避難所や
被災地にとどまるより
逃げられる人は逃げたらいい。

被災地で物資がなくても
少し遠くにいけば
そこには何不自由なく
普通の生活ができる場所がある。
自主避難するには金銭的負担が
かかるが
逃げられる人は逃げてもらえれば
その分、自主避難できない被災者に
物資も行き渡るし
十分な避難所スペースも確保できる。

自主避難した人が
被災地と被災地外との橋渡しとなり
被災地支援に回った方がいい。

ところがだ。
地方に行くとそうはいかない。
玉砕ニッポンよろしく
苦しいところから
逃げるのは悪とされ
合理的な行動ではなく
みんなと同じ
沈む船に残ることが求められる
風潮が根強くある。

東日本大震災でも
自主避難者が「逃げた」といって
バッシングされる話を
いやというほど何人からも聞いた。
自主避難者が被災地に残れば
あんたたちの物資は減るし
場所も減るけどいいんですか?
逃げられる人は逃げてもらえば
いいじゃないですか。
そしたらその分、
逃げられず被災地に
とどまっている人に
支援がいきやすくなる。

というか被災地に避難所を作って
支援するより
被災者を一時的に安全な場所に
全部移してそこで支援した方が
よっぽどよいのではないか。

すぐ復旧できる災害ならともかく
長い時間かかるのであれば
被災者ごと移動させてしまえばいい。
たとえば熊本の被災者を福岡にとか。

そしたら支援ボランティアも
わざわざ危険をおかして
大量の物資を持って
ずたずたな道路の中
物資を配り歩くといった
非効率的なことをしなくていい。

たとえば東日本大震災では
絶対に起こらないとウソをつき
でもとんでもない事故が起き
放射能汚染によって死の町と化した
福島の町は埼玉に町ごと移動し
埼玉の避難所ぐらしをしていた。
原発事故のせいで
二度と住めない死の町になったから
こうした措置がとられたわけだけど
何も原発事故ではなくても
帰還見込みのある被災地でも
復旧に時間がかかるなら
県外避難所に住民を移す方法は
もっとポピュラーになっても
いいのではないか。

その間、被災地は自衛隊が仕切り
一般人は立入禁止にし
プロのみ復旧作業に没頭すればいい。

とはいえなかなかそこまでの判断は
原発事故で死の町になったところで
ない限りは難しいとは思うので
だからこそ被災地外に
自主避難できる人を「逃げるな」
といって批判するんじゃなく
どんどん逃げてもらえばいい。

そしたら被災地の負担が軽くなる。
自主避難者も心休まる。
自主避難者が被災地支援の
窓口になれる。

でも。
そんな東日本大震災の教訓は
活かされることなく
2016年の熊本地震でも
自主避難者をバッシングしていた。

次なる未来の被災地では
ぜひこのような無意味な
バッシングはやめた方がいい。
危ないところから
逃げられるのであれば
逃げるべきだ。
逃げられるのにとどまられたら
逆に多くの人に迷惑になる
ぐらいの感覚が
当たり前になってほしい。

そして自主避難できない人たちの
ために手厚い支援がなされれば
支援もうまくいくのではと思う。

・東日本被災地レポート
「感情的判断が合理的判断を
抹殺する日本のあやうい全体主義」
http://kasakoblog.exblog.jp/15644690/

・東日本大震災被災地レポ
http://www.kasako.com/110311top.html

・美談ではない震災後に起きる
被災地の歪みや妬みを取材した
拙著「検証・新ボランティア元年」

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

■好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧
・2017/4鹿児島
http://kasakoblog.exblog.jp/25517594/

・2017/5東京昼夜
東京昼夜申込ページ

・2017/5京都
http://kasakoblog.exblog.jp/25297908/

・2017/6札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/25317089/

・2017/6福島郡山
http://kasako.jp/?p=929

・2017/6広島
http://kasakoblog.exblog.jp/25447848/

・2017/6神戸
http://kasako.jp/?p=926

■2時間凝縮ブログ術講義
・2017/3/14(火)那須塩原※残1
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)川越
http://kasakoblog.exblog.jp/25196251/

・2017/4/5高知
http://kasakoblog.exblog.jp/25378509/

・2017/4/13佐賀
http://kasakoblog.exblog.jp/25384645/

・2017/4/18(火)沖縄那覇
http://kasakoblog.exblog.jp/25207366/

・2017/4/24(月)青森八戸
http://kasako.jp/?p=937

・2017/5/16(火)午後:松本
近日中に告知

■海外2時間ブログ術
・2017/6/7(水)イタリア・フィレンツェ
http://kasakoblog.exblog.jp/25227736/

・2017/6月上旬、フランス・パリ、
オランダ・デンバーグで予定

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

■2017/6/15締切!
セルフマガジン大賞開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/25470406/

■誰もが参加できる
入場無料のイベント
かさこ塾フェスタ開催!
4.16東京、5.21広島、7.1福岡
http://festa.kasako.jp/

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私にアフィリエイト収入が入ります。
500万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-03-06 23:27 | 東日本大震災・原発
2017年 03月 05日

東日本震災の教訓を学べぬニッポン~熊本城写真は熊本の恥さらしと断罪した本当の恥さらし

e0171573_22351275.jpg
(写真は2017/2かさこ撮影したもの)

震災直後に熊本城の写真をアップするなんて
熊本の恥さらしだ。

2016年4月にまさか起きるとは思わなかった
熊本を中心とした九州大地震。
地震後に起きた様々な「人災」は
2011年起きた東日本大震災の教訓を
学んでいれば相当程度軽減できたはずだ。

その一つが冒頭の
震災後に熊本城の写真をアップするなんて
熊本の恥さらしだ出来事だ。

熊本地震が起きた後、地元の方が
「観光客に少しでも熊本に来てほしい」
という思いで
【《頑張ろう熊本》市役所14階から見た
【熊本城】&【ダイニングカフェ彩】
のランチ】という記事をあげたところ
大バッシングを受け記事削除に
追い込まれたという。

熊本市役所14階が罹災証明関連の窓口に
なっていたということが
「ふざけるな」「被災者に失礼だ」
といった批判を増長する
要因になったこともあるだろうが
しまいには「熊本の恥さらし」
呼ばわりされたという。

震災後、熊本城の写真をアップして
それが「熊本の恥さらし」なのだろうか?
しかも県外の人がしたわけではなく
地元の人だ。
観光客に知ってほしい来て欲しい
という思いにもかかわらずだ。

しかしこうした問題は
大きな自然災害の後には必ず起きる。
東日本大震災から2017年3月11日で
6年が過ぎようとしているが
東日本大震災直後も
「不謹慎だ」「自粛しろ」という
もっともらしいけど
まったく無意味なバッシングにより
人々が萎縮し、被災地に目を向けず
復興のマイナスになりかねない
といった事態が多発した。

たとえば東日本大震災が起きた時に
花見して酒を飲んでいる場合じゃない
と自粛発言をしたのは
今、豊洲市場の件でも
大問題になっている石原慎太郎元都知事だ。

しかし東北の被災地からは
「花見を自粛しないで
東北の酒を飲んで欲しい。
それが復興のつながる」と
偽善者ぶった自粛発言に
反発する声をあげた人もいた。

大きな災害が起きると
不謹慎だという名の
まったく無意味なバッシングにより
余計、被災地に経済的損害を
与えてしまうことになる
という教訓は東日本大震災で
学んだはずだったが
残念ながら2016年の熊本地震でも
あまり活かされなかったといえよう。

誰が本当の熊本の恥さらしだったのか。
熊本の現状を震災ニュースとは
違った視点で伝えようとした
地元の人を恥さらしと
バッシングした人たちこそ
偽善でとりつくろった
復興をさまたげる真の恥さらしだ。

この先、日本では何度も大地震が起き
どんな場所でも被災地、被災者に
なるかもしれない。

そんな時「不謹慎だ」という
まったく無意味な言葉で
活動を萎縮させて復興を妨げるような
ことはしないようにしたい。

ちなみに熊本のシンボルともいえる
熊本城は震災で大打撃を受け
2017年2月に行ってきたが
深刻な被害状況だった。
徐々に復旧に向けての工事が
やっと始まっているものの
復旧にはほと遠い現状。

入場はできないものの
ひと目でいいから
あの素晴らしい熊本城を見ようと
遠くから城を見れるスポットには
観光客が来ていた。

私は2009年に城写真集出版のために
熊本城撮影に来ていたが
その時、熊本城では観光客誘致のため
城の施設を次々と復元させようと
していた。
そんな城が観光できなくなっている。

そこで2月に熊本で行った
2時間ブログ術講義の県外受講生の
受講費4万8000円と
2016年に震災寄付のために
行ったかさこ塾フェスタ名古屋での
ポストカードの売上7376円を
熊本城の復旧・復元を目指す
「復興城主」に全額寄付しました。

2月に被災者の何人かを取材した際
「熊本城なんかより
被災地の生活再建が優先」
といった話も聞いたが
熊本城の復旧・復元により
観光客が増えれば
経済波及効果が期待できることと
私自身が震災前の熊本城を
撮影していたこともあり
熊本城復旧に全額寄付することに。

不謹慎だとかいって
地元の人同士がいがみあい
県外から人が来にくくなれば
ますます悪循環に陥る。
それは東日本大震災で
経験済みのはずだが
残念ながら東日本大震災後に起きた
様々な「人災」の教訓を
学んでいない人が多くいる。

地元だけでは震災など
起きなくても地方は疲弊する。
だからこそ遊びでもいいから
県外や国外の人に来てもらって
お金を落としてもらわないと。

東日本大震災からもうすぐ6年。
九州大地震からもうすぐ1年。
今度起きる被災地で
無意味な不謹慎バッシングは
避けたい。

・東日本大震災被災地レポ
http://www.kasako.com/110311top.html

・美談ではない震災後に起きる
被災地の歪みや妬みを取材した
拙著「検証・新ボランティア元年」

・震災後の熊本城写真(2017年2月かさこ撮影)
http://kasakoblog.exblog.jp/25520836/

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

■好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧
・3/24までに8名集まれば開催!
鹿児島かさこ塾!
http://kasakoblog.exblog.jp/25517594/

・2017/5東京昼夜
東京昼夜申込ページ

・2017/5京都
http://kasakoblog.exblog.jp/25297908/

・2017/6札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/25317089/

・2017/6福島郡山
http://kasako.jp/?p=929

・2017/6広島
http://kasakoblog.exblog.jp/25447848/

・2017/6神戸
http://kasako.jp/?p=926

■2時間凝縮ブログ術講義
・2017/3/14(火)那須塩原※残1
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)川越
http://kasakoblog.exblog.jp/25196251/

・2017/4/5高知
http://kasakoblog.exblog.jp/25378509/

・2017/4/13佐賀
http://kasakoblog.exblog.jp/25384645/

・2017/4/18(火)沖縄那覇
http://kasakoblog.exblog.jp/25207366/

・2017/4/24(月)青森八戸
http://kasako.jp/?p=937

・2017/5/16(火)午後:松本
近日中に告知

■海外2時間ブログ術
・2017/6/7(水)イタリア・フィレンツェ
http://kasakoblog.exblog.jp/25227736/

・2017/6月上旬、フランス・パリ、
オランダ・デンバーグで予定

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

■2017/6/15締切!
セルフマガジン大賞開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/25470406/

■誰もが参加できる
入場無料のイベント
かさこ塾フェスタ開催!
4.16東京、5.21広島、7.1福岡
http://festa.kasako.jp/

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私にアフィリエイト収入が入ります。
500万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-03-05 23:37 | 東日本大震災・原発
2017年 02月 25日

まだ仮設住宅で暮らしている人がいる現実~熊本地震

e0171573_19491928.jpg
まさか九州で、まさか熊本で
起きるはずがないと思われた
大地震が起きたのは2016年4月のことだが
地震発生から1年が過ぎようとしているものの
まだ仮設住宅で暮らしている人たちが
いることをご存知だろうか。
e0171573_19493544.jpg

熊本県内の仮設住宅がすべて完成したのは
地震発生から7ヵ月たった
2016年11月のことで4303棟が完成。
今もなお仮設住宅という名の
狭く不便な仮住まいで
暮らしている人がいる。
e0171573_194950100.jpg
e0171573_1950272.jpg
e0171573_19501790.jpg

現地に行ってももうだいぶ
片づけが進んでおり
見た目には普通に見えるが
それでも今もなお倒壊した建物や
斜めに傾いて住めなくなった家、
ブルーシートに覆われた家なども
見かける。

熊本地震で被害がひどかった
益城町最大の仮設団地である
「テクノ仮設団地」に行ってきたが
なんと516戸数もある。
熊本空港そばの辺鄙な場所のため
交通も不便で完成当初は
100戸以上ものキャンセルが出たというが
今は仮設団地内にイオンが
あったりもして
当初の状況よりは改善されたようだが
でも今もって仮設住宅暮らしを
余儀なくされている人たちがいる。

地震被害はまばらのため
地域によっても人によっても
状況が違う。
同じ町でも同じ市でも同じ県でも
すでに「温度差」が生まれている。

特に県外の人にとっては
すでに遠い過去の出来事で
忘れている人も多いかもしれない。
でも今もなお自然災害のために
苦しい状況に追い込まれている人がいる。
e0171573_19503890.jpg

いつあなたが被災者になるかもわからない。
いつあなたの地域が被災地に
なるかもわからない。
だから支援できる手段があれば
それぞれができる支援を考えたい。

私自身は東日本大震災時には
何度となく被災地を訪れ
取材などをしたものの
熊本地震は大分の被災地に
一度訪れただけで熊本の被災地は
今回がはじめて。

でも。
被災地に行かなくてもできることはあるし
何よりもあれだけすさまじい
地震が起きたら1年過ぎようが
大変な状況はまだまだ続くだろう
と思っていたので
2016年のかさこ塾フェスタ5カ所では
ポストカードを販売して
そのお金を熊本地震関連に寄付したほか
写真無断転載していた会社から
使用料としてぶんどった5万円を
寄付したりもしていた。

そして今回。
長崎に1月に行われた2時間ブログ術講義に
熊本在住の方がわざわざ来てくれて
震災後の熊本でもぜひ講義を
やってほしいといわれたので
2月24日に開催することに。

被災地こそ発信力が大事
という思いもあったので
被災者の方は無料に。
被災者でない受講者の受講費は
全額熊本地震関連に寄付することにし
被災された17名を無料に、
それ以外の12名の受講費合計
4万8000円は熊本震災関連に
寄付したいと思います。

なぜこんなことをわざわざ
書くかっていうと
すでに被災地のことを
忘れている人が多いから。
もちろん熊本だけでなく
東日本大震災だってまだまだ大変だし
その他の自然災害で傷ついている
被災地も多いだろうけど
ぜひみなさん自身ができることを
してほしいなという思いで書いている。

なぜなら。
それは自分のためになるから。
未来の被災者であるあなたは
今の被災者を助ければ
自分が大変になった時に
必ずその恩は返ってくるから。

まだまだ仮設で暮らしているという現実。
いろんな支援の形があると思いますが
みなさん自身ができる方法で
支援をしたらよいのではと思います。

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

■好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾
・2017/5東京昼夜
東京昼夜申込ページ

・2017/5京都
http://kasakoblog.exblog.jp/25297908/

・2017年6月札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/25317089/

・広島
6/16(金)、6/30(金)、7/14(金)、7/21(金)
の13:30~15:30予定

・神戸
6/22(木)、7/6(木)、7/13(木)、7/20(木)
の13:30~15:30予定

■2時間凝縮ブログ術講義
・2017/3/14(火)那須塩原※残1
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)午後:川越
http://kasakoblog.exblog.jp/25196251/

・2017/4/5高知
http://kasakoblog.exblog.jp/25378509/

・2017/4/13佐賀
http://kasakoblog.exblog.jp/25384645/

・2017/4/18(火)夜:沖縄那覇
http://kasakoblog.exblog.jp/25207366/

・2017/5/16(火)午後:松本
近日中に告知

■海外2時間ブログ術
・2017/6/7(水)イタリア・フィレンツェ
http://kasakoblog.exblog.jp/25227736/

・2017/6月上旬、フランス・パリ、
オランダ・デンバーグで予定

■多種多様な人と出会える!
かさこ無料セミナーもあり!
誰もが参加できる
入場無料のイベント
かさこ塾フェスタ4/16(日)開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/25251107/

18:30~20:30交流会あり!
https://www.facebook.com/events/1728762224037078/

5/21広島、7/1福岡、10/28大阪でも
かさこ塾フェスタ開催!

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私にアフィリエイト収入が入ります。
500万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2017-02-25 19:50 | 東日本大震災・原発
2016年 10月 26日

前代未聞の大川小判決。自然災害時の避難指示を「結果論で」間違ったら賠償しろというすさまじい判決

e0171573_1732871.jpg

とんでもない判決が下った。
東日本大震災で大半の児童と先生が
津波で死亡・行方不明になった
宮城県石巻市大川小学校だが
山側に避難せず津波に巻き込まれたのは
避難指示が間違っていたとして
判決では学校側の責任を認め
石巻市と県に14億円の賠償命令が下った。

これやばい判決ですよ。
自然災害時で避難指示を
「結果論」として間違ったら
賠償しなくてはならない。
この論理がまかり通るのであれば
全国の学校はもちろん公共施設や企業でも
自然災害の避難指示を間違ったら
多額の賠償責任を負わなくてはならない。
e0171573_21465768.jpg

(2011/10/8かさこ撮影:大川小学校)

大川小の争点はなぜあの震災で
よりによって山側ではなく
川側に逃げてしまったかということだ。
結果論としてみれば確かにそうだ。
バカじゃないのか。
あんな大きな津波がくるのに
なぜ山に逃げなかったのかと。
だから多くの人が亡くなった。
だから責任取ればかやろーという。

でも誰があんなにすさまじい津波が
くると予測できただろうか。
東日本大震災発生時に
あれほどの大津波がくると
わかった人はどれほどいたのか。
ほとんどいなかったのではないか。

ようは結果論に過ぎない。
私も現地に行ったことがあるけど
なぜよりによって川の方に
逃げちゃったのか、信じられんと思ったけど
じゃあその時その場で
あれだけの大津波がくると確信できたのか?

もしじゃあ山側に逃げたせいで
その後の余震でがけ崩れがおき
そのせいで子供たちが亡くなったら
どうなるのか?
きっと「なぜ山側なんかに逃げたんだ!
ばかやろー!川側に逃げれば
被害がなかったのに!
金払えばかやろー!」という
話になるのではないか。

だからさ、ようは結果論なんだよ。
結果論で自然災害の
避難指示間違いを防げなかったら
賠償しろってめちゃめちゃ
おそろしい判決だ。
e0171573_1732871.jpg

そもそも大川小学校は津波が来ないと
予測されていた場所だった。
でもあのすさまじい震災のために
来ないと予測された場所に津波がきて
多くの方が亡くなった。

事前に大川小に津波がくると
断言できる人はいたのか?

もしこの判決の論理がまかり通るなら
もはや津波がきそうなところに
学校は作れなくなるだろう。
っていうかもうここまで
すさまじい判決が下されるなら
津波がきそうな学校に通わせた
親の責任だって問われそうだし
津波がきそうにもかかわらず
なぜ親はすぐ学校に迎えに
いかなかったのかという
責任だって問われそうだ。

予測可能な自然災害もあるだろう。
でも自然災害が予測可能なんてあり得ない。
その時の避難指示が的確かどうかなんて
結果論でしかわからない。

それを結果論で断じてしまう
おそろしい判決。
もはや学校も公共施設も企業も
結果論で避難指示を間違えることなく
完璧な指示をしないと
とてつもない額の賠償を請求されることになる。

何度も言うけど結果論でいえば
なぜ川側に逃げたのか。
バカじゃないのか。
山側に逃げれば死ななかったのに
と多くの人は思うかもしれない。
でもそれは結果論だよ。

山側に逃げたせいで
その後、雪がふってきて
凍え死んでしまったかもしれない。
山側だって大津波がすごくて
津波に巻き込まれたかもしれない。
結果論として山に逃げていれば
助かったはずだというだけで
天候とか余震とかその後の状況で
避難指示が的確か間違いかなんて
判断できるわけがない。

いやね、私だって同じ状況で
子供をなくしたとしたら
なぜ山側に逃げなかったんだ
ばかやろー!と糾弾するかもしれない。
でも結果論だよ。
そう避難指示した先生だって
10人亡くなってる。
自分たちだって生き延びるために
避難指示をしたはずであって
死ぬための選択を
わざわざしたわけではないはず。

これほんとやばい判決。
みなさんもなんらかの管理責任を
問われる仕事をしていた際に
津波や地震や火山噴火で
避難指示を間違えたら
多額の賠償請求をされる恐れがある。

この判決、考え直した方がいい。
明らかに津波予測ができ
明らかに山側に避難すればよかったってのは
何度もいうけど結果論に過ぎない。

・被災地取材で感じた津波の危険性

https://www.youtube.com/watch?v=93okbuIJD-A

・<大川小訴訟>石巻市と県に14億円賠償命令
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-00000019-khks-soci

・大川小学校写真
http://kasakoblog.exblog.jp/17356544/

・被災地レポ~東日本大震災
http://www.kasako.com/110311top.html

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
顔写真でフェイスブックをアクティブに
使っている方は友達申請していただければ
メッセージなしでも承認します。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-10-26 17:01 | 東日本大震災・原発
2016年 08月 14日

第二の敗戦の教訓も学ばず、命のバトンと故郷のバトンを失わさせる原発再稼働する自爆ニッポン

日本は日本国民はバカなんですかね。
バカなのは一部だとは思うけど
愛媛・伊方原発を再稼働させるという。
いい。
伊方原発で事故が起きたら愛媛が
「死亡」するだけじゃなく
対岸の大分を中心とした九州も
瀬戸内海も対岸の山口や広島も
「死亡」する可能性が十分にある。

8月15日は言わずとしれた敗戦の日。
無謀な戦争をしたがために
国がズタズタになり
多くの国民が無駄死にさせられた
忘れてはならない日だ。

ただ国や国民が滅ぶのは
何も戦争だけではない。
敵が外にいる場合だけとは限らない。

2011年3月11日の福島原発事故は
日本の第二の敗戦といってもいい。
絶対に原発事故は起きない。
原発は安全だ。
万が一事故が起きても
何重もの防護で放射能漏れ事故は起きない。

それがすべてデタラメだと
わかってしまった311。
日本は原発を運用する能力は
まるでないとわかってしまった311。

そして福島原発事故のために
海も山も土地も人も食べ物も汚染され
人が住めない死の町ができた。
さらには放射性廃棄物がとどまることを知らず
山のように積まれていく。

日本は815で負け311で負けた。
815は敵に負けたのかもしれない。
戦争で負けたのかもしれない。
でも311は自らの「自爆テロ」で
かけがえのない故郷や自然を失った。
ある地域を死の町にし
いってみれば国土を失ったのだ。

原発事故が起きてから
全国各地の原発は止まったが
電気が不足して江戸時代に戻ることは
一度もなかった。
原発が動いてなくても電気は足りた。
電気代が高くなり
企業の倒産や個人の破産が相次いだかといえば
まったくそんなことはない。
原発なしでもやっていけることが
証明されてしまった。

にもかかわらず。
必要性もないのに
ろくに運用・管理もできないのに
地震が相次いでいるのに
九州で大地震が起きたのに
愛媛伊方原発を再稼働するという。

原発再稼働を容認する輩は
言ってみれば日本を滅亡させる
自爆テロリストだ。

やれ尖閣がどうの沖縄の米軍基地がどうの
中国がどうのなんて一切関係なく
原発再稼働による自爆テロにより
日本は再び国土を失うリスクを負う。

本当に馬鹿げている。
誰が国を破滅させるのか?
中国?ロシア?アメリカ?
敵が攻めてくる前に
311が起きたにもかかわらず
原発再稼働容認している
非国民のバカが日本を滅亡させるんだよ。

敵が攻めてくるなら
備えようはあるだろう。
でもね、原発事故が起きたら
防ぎようがない。

原発事故が起きたら
先祖代々のおかげで
私たちが生きていられるような
命のバトンを断絶させる恐れがある。

原発事故が起きたら
先祖代々のおかげで
守り育ててきた故郷や自然を
失う恐れがある。

原発再稼働を容認するバカには
天罰が下るだろう。
地震、火山噴火、竜巻、台風など
思いもよらぬ自然災害だけならともかく
原発再稼働による人災のせいで
大切な命や故郷を再び奪い
日本にまた死の町を誕生させるだろう。

わかりやすい仮想敵国を作って
そのための防衛をすれば
国が守れるわけじゃない。
それももちろん必要なことだけど
自爆テロを行う内なるテロリストを
ストップさせない限り
敵が攻めてこなくても
日本は自爆するだろう。

ただ。希望はある。
唯一再稼働していた鹿児島川内原発だが
先の参議院選挙と同日に行われた
鹿児島知事選挙では、原発推進知事が破れ
脱原発を訴えた元キャスターの
三反園訓氏が当選したのだ。

敵は外だけではない。
恐ろしい敵はうちにもいる。
原発再稼働を容認する
自爆テロリストと戦い
自爆テロリストを引きずりおろせば
原発再稼働を阻止でき
大切な命や故郷や自然の恵みを
守れるかもしれない。

815の敗戦だけではなく
311の敗戦から学ばなければ
再び日本は負けるだろう。

・95歳のおばあちゃん(撮影当時)が語る
戦争と原発は同じ。お上の言うこと信じたらあかん

https://www.youtube.com/watch?v=PEA83PueKDI

・原発計画を阻止した町は30以上もある。
原発計画を阻止した和歌山と徳島の
住民に話を聞いたドキュメンタリー映画
「シロウオ~原発立地を断念させた町」。
(私が監督を務めました)
http://www.kasako.com/eiga1.html

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を希望の方は
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールいただければ
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<来年からは大都市中心にシフト。
地方参加はいまのうち!
好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧>
・静岡三島かさこ塾
9/6(火)9/13(火)9/20(火)9/27(火)
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・千葉船橋かさこ塾※キャンセル待ち
9/7(水)9/14(水)9/21(水)9/28(水)
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・福島郡山かさこ塾
9/16(金)9/30(金)10/14(金)10/28(金)
http://kasakoblog.exblog.jp/24465389/

・京都かさこ塾
9/26(月)10/3(月)10/17(月)10/24(月)
http://kasakoblog.exblog.jp/24497801/

・広島かさこ塾
10/4(火)10/20(木)11/1(火)11/15(火)
http://kasakoblog.exblog.jp/24511227/

・福岡かさこ塾
10/5(水)10/19(水)11/2(水)11/16(水)
http://kasakoblog.exblog.jp/24486162/

・鹿児島かさこ塾※10名以上開催
11/4(金)11/17(木)12/2(金)12/15(木)
http://kasakoblog.exblog.jp/24559129/

・上記以外の地域で開催希望の方は
地方開催希望グループに参加リクエストの上
同地域の希望場所があればそこにコメントを、
なければ新規投稿をお願いします。
https://www.facebook.com/groups/1635100003467635/

<かさこ講義&講演一覧>
・9/3(土)大分中津(無料セミナー)
「ブログで仕事とファンを獲得するための
「嫌われる勇気」実践術」

9/11(日)講演@高崎
9/17(土)2時間ブログ術講義@青森
10/12(水)2時間ブログ術講義@長野
・10/16(日)講演@福島会津
近日中に詳細告知します

<誰もが来れる!入場無料!
かさこ無料セミナーも聴ける
かさこ塾フェスタ>
9/3大分中津
10/23京都
11/26名古屋

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-08-14 21:58 | 東日本大震災・原発
2016年 07月 25日

9/20(火)東京調布で原発ドキュメンタリー映画「シロウオ~原発立地を断念させた町」上映

e0171573_22134191.jpg

原発立地を断念させた
和歌山と徳島の住民を描いた、
ドキュメンタリー映画
「シロウオ」の上映会のお知らせです。

日程:2016年9月20日(火)
時間:
上映1回目10:00~11:45
上映2回目14:00~15:45
上映3回目18:30~20:15
※開場は上映30分前

場所:調布市文化会館(たづくり)映像シアター
住所:東京都調布市小島町2-33-1
交通:調布駅から徒歩4分
入場料:前売1000円
(当日1500円、大学生以下500円)
前売購入について:
ご芳名、住所、電話番号、
午前・午後・夜の区分、枚数を
明記してFAX042-381-7770へ
主催:映画「シロウオ」調布上映実行委員会
担当:矢間(やざま)042-381-7770

・映画紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=FxL9ZYqRZNE

・映画公式ページ
http://www.kasako.com/eiga1.html

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2016-07-25 20:50 | 東日本大震災・原発
2016年 06月 17日

なぜ山本太郎氏はペットボトルのラベルをはがすのか~芸能人が原発反対と言えない理由~講演会レポート

e0171573_9473816.jpg
芸能人の一番おいしい仕事はCMだから。
数日働くだけで中堅俳優でも
2000万円ぐらいの収入が得られるから。
企業にきらわれないために
CM仕事をとりたい芸能人は
原発反対などとは言えない。
原発反対は電力会社を敵に回すだけでなく
あらゆる企業を敵に回すことになるから――。

昨日山本太郎氏講演会が行われた。
主催者側として私が山本太郎氏のために
用意したペットボトルの水の
ラベルは外しておいたが
山本太郎氏自ら持参したペットボトルも
やはりラベルをはがしていた。

なぜペットボトルのラベルをはずすのか。
そんな話から山本太郎氏は
芸能人の多くが原発反対を言えない理由を
説明し始めた。

山本太郎氏のような「中堅俳優」クラスでも
企業の宣伝をするCM仕事なら
数日働いただけで年間2000万円もの
収入が得られるという。

映画や舞台、ドラマなどは
おもしろい仕事ではあるが
拘束時間も長く
わりよく稼げる仕事ではない。
でもそうした仕事をしたい。
でも生活もしなくてはならない。
そんな時に一番おいしい仕事がCMなのだ。

CM仕事がいつきてもいいように
特定の企業を応援しているような
行動はできるだけ避けたい。

だからペットボトルのラベルをはずす。
ラベルでメーカーがわかれば
「あの芸能人はA社をひいきしている」
という話になり、A社以外の仕事が
こなくなってしまう可能性があるからだ。

またすでに何らかのCMに出ている場合
競合他社の宣伝をしてしまう可能性もあり
その場合は多額の違約金が
発生することもある。
だから企業名がわかる
ラベルをはずしたり隠したりする。

山本太郎氏は現在議員なので
気にする必要はないかもしれないが
本人いわく「長年のくせではずしてしまう」
といった話をしていた。
そもそも山本太郎氏は
芸能界をやめたわけでも
俳優をやめたわけでもなく
ただ「原発反対」といっていたら
仕事が激減しただけにすぎない。

芸能人にとってCMはおいしい。
だから企業に文句を言うようなことを
大っぴらには言えない。
原発反対といえば
電力会社を敵に回すだけでなく
原発建設メーカーや
電力会社の株主となっている大企業や
電力会社に融資している金融機関なども
敵に回すことになりかねない。
つまり単に電力会社から
嫌われただけでは済まされないのだ。

だから多くの芸能人は
原発反対と言いたくても言えない。

ただ山本太郎氏はいい意味で
変わったのかもしれない。
もしかしたら以前なら
原発反対と声をあげない芸能人なんて
人間のカスだぐらいのことを
言ったかもしれないが
(あくまで私の想像)
芸能人は芸能人の立場があり生活があり
すぐにすぐ自分のように
言動で示せる人は少ないことに
ここ数年の活動で理解するように
なったのではないか。

でもだからといって
あきらめたらそこで終わりだ。
だから、できることからやろうと
呼びかけている。

芸能人が原発反対と言えないように
テレビをはじめとしたメディアも
広告収入で成り立っているため
原発にとって不利益になるような
報道はしにくい。

もちろんあれだけの原発事故が起きたので
黙っているのは不自然だし
そこそこの報道はされるようになった。
でもどこまで踏み込めるかも疑問であり
取り上げるにしても扱いを小さくするなど
相当な配慮の上での報道ではないかと
山本太郎氏は指摘する。

またある意味では一定のガス抜きのために
原発反対報道をさせている面も
あるのではないかと指摘する。

なぜテレビが無料で見れるのか?
テレビが無料なのは当たり前という
世界の中で生きてきた私たちにとって
そんなことは考えもしない
ことかもしれないけれど
テレビが無料なのは企業が大金はらって
CMを流しているおかげ。

だからこそ大金はらっている
企業に逆らうことはできない。

お金の力というのは本当に怖い。
だから私は安易に人に
おごられることも含めて
支援とか広告とかスポンサーとか
クラウドファンディングとか
対価なしにお金をもらうことに
ものすごく警戒心をもっている。

なぜならお金を出した人間に
逆らえなくなる可能性があるからだ。

きちんとこちら側が商品なり
サービスなりを提供した対価として
お金をもらうならそれはそれでいい。
お互いの関係が対等になれるから。

でも「ただ」でお金をもらってしまったら
お金を出す側がお金だけあげて
口を出さないことはあり得ない。

対価なくお金をもらってしまった側は
お金をもらっている人に
配慮せざるを得なくなる。
活動資金を依存すれば
自分の信念を曲げたことも
せざるを得なくなってしまう。

そんな生き方でいいのか?
それにノーをつきつけたのが
山本太郎氏だ。

でも山本太郎氏もはじめは
うまいことやろうと思っていたらしい。
でも国の原発事故対応の
あまりのひどさに我慢しきれず
事務所を辞めざるを
得ない事態になってしまったものの
リスクを覚悟で原発反対を叫び始めた。

なぜ?
山本太郎氏は目立ちたかったから?
ヒーローになりたかったから?
社会的使命を感じたから?

多分、違うのではないか。
山本太郎氏の大好きな仕事は俳優。
その想いは今も変わっていないようだ。
今も俳優をやめたわけではない。
ただ仕事が減ってしまっただけだ。

その俳優を続けるためにも
遠回りかもしれないけれど
多くの人が長生きし
この日本が安全に暮らせて
いろんなことが物言える社会にしたい。
でないと俳優という仕事も
ゆくゆく続けられなくなってしまう。

だからこそとりあえず今は
優先すべき原発問題や
政治の世界にうってでた。
でもきっと山本太郎氏は
これからも俳優をしたいのではないか。

だからこそ今の経験はいい意味で
「芸の肥やし」と自分に言い聞かせ
「茨の道」を歩んでいるのだと思う。

でも一昔前の
ヒステリックに過激に
原発反対と言っているような
イメージとは違った。
山本太郎氏は自分でも言っていたが
「賢く」なった。

ただ原発反対だけを叫んでいても
現実は変わらない。
過激に発言しただけでは
バッシングされたり
誤解されたりしかねない。

現実を変えるために
現実の戦略をどう組み立てていくか。
崇高な理念だけではなく
少しでも現実を良くするために
現実的に何をしたらよいのか。

山本太郎氏の好き嫌いや
支持するかしないかは重要ではない。
大事なのは一人ひとりが
自分の生活をよりよくするために
政治に関心を持ち
最善でなくても現状でベターなものを
きちんと選択をしていくこと。

そのためには誰かに頼るのではなく
一人ひとり自ら声をあげ
発信していくことだと思う。

声をあげずにだんまりを
決め込むことこそが
政治や社会を悪くしている原因。

山本太郎氏はこんなことを
講演で言っていた。
「今の政治が悪いのは
政治家が悪いんじゃなく有権者が悪い。
今の政治家を選んだのは有権者であり
また政治に無関心でいる人が多いから」

政治が悪い社会が悪い景気が悪いと
他人のせいにする前に
一人ひとりが自分の意見をきちんと発信し
小さなことでもできることからしていくことが
社会をよりよい方向に
向けていくことにつながるのではないか。

できることからしよう。
ブログを書いて発信してもいい。
共感する記事や応援した人の記事を
シェアやリツイートするだけでもいい。
できることはたくさんあるはず。
大それたことは無理でも
小さなことなら。

・なぜ山本太郎氏は
俳優失業のリスクを負ってまで
原発反対に声をあげたのかが
よくわかる本
「山本太郎 闘いの原点: ひとり舞台」

・7/2(土)王子で原発ドキュメンタリー映画
「シロウオ~原発立地を断念させた町」上映
http://kasakoblog.exblog.jp/24300537/

・原発をテーマにした
ドキュメンタリー映画「シロウオ」DVD販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/23983432/

・山本太郎氏講演動画

https://www.youtube.com/watch?v=Uow5IZLFaDc

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・6/25福岡で3本無料セミナー実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24454466/

<好きを仕事にする大人塾
=かさこ塾受講者募集一覧>
・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/

・7月大阪かさこ塾※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24373879/

・9月千葉船橋かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・9月静岡三島かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・9月福島郡山でも開催予定
9/16(金)9/30(金)10/14(金)10/28(金)
時間:13時30分~15時30分

・9月東京でも開催予定
9/1(木)9/15(木)9/29(木)10/6(木)
19:30~21:30 サンクチュアリ出版にて

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・7/29新潟
http://kasakoblog.exblog.jp/24447542/

<誰もが参加できるオフ会>
・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

・7/29新潟
https://www.facebook.com/events/512543748953592/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」をご覧ください。
希望の方は、郵便番号、
住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-17 09:51 | 東日本大震災・原発