カテゴリ:セルフマガジン( 60 )

2016年 10月 31日
必見!読まれるセルフマガジンを作るためのツカミの作り方!
個人最強の営業ツール、
個人版会社案内のセルフマガジンですが
単なる宣伝くさいパンフレットになったら
誰も読んでくれない可能性大!

宣伝臭さを消して
はじめのツカミで
読者の関心をひくには
表紙タイトルと2ページ目が重要。
こんな風に作ったら
多くの人に読まれるであろう
セルフマガジンになるヒントを紹介しよう。

■ポイント1:表紙タイトル
読んでもらうためには
無料でノウハウを提供します
的なことがわかるタイトルがよい。
なのでタイトルは
~~~の方法
~~~術
みたいなものがよい。


好きを仕事にするための7つの方法
夢を叶えるブログ術
モテ男に生まれ変わるための合コン術
誰でも簡単!英語会話術
忙しい主婦のための簡単レシピ
売上アップのためデザイン術
個人最強の営業ツール!セルフマガジンの作り方

どうですか?
表紙に上記のようなタイトルがあったら
思わず手に取りたくなるはず。

またターゲットを明確にした
投げかけサブタイトルをつけてもいい。


人間関係に迷うあなたへ。
人間関係改善アドバイザー〇〇マガジン

集客に悩んでいる方のための
ブログ集客術

■ポイント2:2ページ目は投げかけスタート。
タイトルのノウハウを紹介するにあたり
読者への投げかけをして
興味をひくページにする。

例1
「ブログ集客に困っているあなたへ」
みたいな大見出しではじまり
どうやったらブログで集客できるのか
16年間毎日更新していた私が
そのノウハウを教えますみたいな
導入文言があると知りたいと思い
先に読み進めてくれる。

例2
チェックリストみたいなものを用意し
下記にあてはまる方はぜひお読みください
的なスタートにすると
「あてはまるから読まなくっちゃ!」
と思える。

□ブログを更新しているけど
アクセスが増えない
□ブログの更新が続かない
□ブログとSNSの使い分けをしりたい

みたいな自身の冊子テーマに沿って
読者ターゲットを意識した
チェックリストを2ページ目に
載せるとよい。

例3
チャート診断みたいなものを
載せてイエス・ノーで答えて
タイプ別診断にして
AタイプならサービスAがおすすめ
BタイプならサービスBがおすすめ
といったように
読者の関心から自身のサービス紹介に
つなげるものを2ページ目に
持ってくるといい。

例4
インパクトのある自身の経歴を
はじめに載せて興味をひく。

たとえばラファエラマガジンは
「娘が亡くなりました」
という大見出しからはじまる。
たとえば大瀧冬佳マガジンは
「親からの虐待を受けた家庭環境でも
ダンスがあったからこそ生きてこれた」
という大見出しからはじまる。

過去の衝撃的なエピソードから
はじめると読者の関心は一挙に高まる。

・・・・・・・・・・・・・・
こんな風に表紙タイトルと
2ページ目に何を持ってくるかで
手に取ってもらえるかどうか
先を読み進めたいかどうかが変わる。

この部分を特に意識して作ると
読まれるセルフマガジンになるはず。

セルフマガジンは効果的な
営業ツールになるので
ぜひ作ってみてください!

・セルフマガジン講義再録データ販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/22102339/

・12/20(火)大阪で
セルフマガジンの作り方講義開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24775538/

・11/26(土)名古屋かさこ塾フェスタの
かさこ無料セミナーで
セルフマガジンの作り方ヒントを紹介
http://festa.kasako.jp/2016/nagoya/

・第3回セルフマガジン大賞開催!
作品募集!12月20日締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24680833/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾受講者募集一覧>
・11月鹿児島かさこ塾
13名申込、残席5名
http://kasakoblog.exblog.jp/24559129/

・2017/1名古屋かさこ塾
11名申込、残席9名
http://kasakoblog.exblog.jp/24700789/

・2017/1札幌かさこ塾
20名申込、残席2名
http://kasakoblog.exblog.jp/24701175/

・2017/1大阪かさこ塾
13名申込、残席9名
http://kasakoblog.exblog.jp/24753352/

・浜松で2017年3月に
10名以上集まれば
かさこ塾開催予定。

かさこ塾地方開催希望グループ
https://www.facebook.com/groups/1635100003467635/

・かさこ塾とはどんなところかが
よくわかる動画

https://www.youtube.com/watch?v=HMjz4qE5EiI

<かさこセミナー>
・11/9(水)新横浜で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24684413/

・11/26(土)名古屋でかさこ塾フェスタ!
無料セミナー2本あり。
http://festa.kasako.jp/2016/nagoya/

・11/30(水)山梨甲府で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24693276/

・12/13(火)北海道釧路で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24750566/

・12/21(水)香川丸亀で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24774987/

・2017/1/8(日)福島会津で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24775646/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
顔写真でフェイスブックをアクティブに
使っている方は友達申請していただければ
メッセージなしでも承認します。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-10-31 09:34 | セルフマガジン
2016年 06月 20日
女僧侶と写真家という2つの顔を持つ人だからこそできた両A面セルフマガジン制作話
e0171573_2165954.jpg
なかなか人にはマネのできない斬新な冊子。
それが両A面冊子。
惜しくもセルフマガジン大賞を逃したが
大賞をとってもおかしくなかったのが
女性でありながら僧侶で
赤ちゃんを撮るカメラマンでもある
大江香子マガジンだ。
このマガジンが両A面冊子になっている。
e0171573_217926.jpg

両A面冊子とは、表も裏も表紙になっていて
表からも裏からもページが展開していくもの。
裏を裏にするのはもったいないので
裏も表紙にすれば表も裏も二度おいしいし
表からも裏からも注目して読んでもらえる
メリットがある半面
真ん中ページで表からと裏からのページが
出会った時に両者に共通するような中身でないと
両A面にする必然性がなくなってしまうので
実はかなり難しい構成だ。

ほとんど両A面冊子って見ないし
あったとしても両A面にしている
意味が見い出せないと
単に物珍しさをアピールしただけの
読みにくい冊子になってしまう。

大江香子さんからセルフマガジンサポートの
依頼があったのは4/21。
セルフマガジン大賞に間に合わせるには
超ギリギリもギリギリだった。

大江香子さんからは
カメラマンの活動とお寺の活動の両方を
知ってもらう冊子を作りたいとのことで
はじめは12ページの無難な構成案だった。

<大江さんから送られてきた構成案>
1P:表紙(ベビグラファー&女性僧侶)
2~3P:ベビグラファーとは
4~5P:出産・子育て、ベビーマッサージとの出会い
6~7P:教室の紹介、教室写真
8~9P:女性の働き方、資格のこと
10~11P:お寺のこと、年間活動、若坊守
12P:裏表紙

ただ大江さんからの依頼があって
私はぴんとひらめいたのだ。
大江さんなら両A面冊子にできるかもしれない。
e0171573_2181932.jpg

ただオーソドックスな手法ではない。
構成やデザインに失敗すると
イタイ冊子になりかねない。
いやーでも大江さんなら
両A面にできる格好の材料だ。

そこで大江さんにすぐさま

もしベビグラファーとお寺のことを
だいたいほぼ均等に載せるのであれば
両A面みたいな両方表紙冊子
というパターンもあります。
具体的には表面はベビグラファー
としての表紙からはじまり
ベビグラファーの紹介をしていく。
裏面も表紙にしてしまい
こちらはお寺の表紙としてスタートし
縦書きで寺のことを紹介していく。
そしてちょうど中間ページに
ベビグラファー&お寺の
共通するようなことを載せる
(教室、プロフィールなど)

両A面の場合はおもしろさがあるのと
変わった感があるのと
別々の2つの顔を持つ人にとっては
いい手ではありますが
やや奇をてらった戦法では
ありますがいかがでしょうか?!

とサポート翌日に提案したところ
大江さんもそれにのってきてくれて
両A面の冊子で進めることになったのだ。

両A面の肝はセンターページで
両者が最後に融合できるかどうか。
写真やベビーマッサージの活動も
お寺の活動も場所はお寺が中心なので
センターページに
お寺の住所や地図などを載せ
大江さんの2つの顔の写真を載せて
経歴を入れればここで
おさまりがつくと判断し
見事にきれいな両A面の構成案ができたのだ。
e0171573_2174322.jpg

ただデザイナーの力量が問われるので
時間がないこともあり
私の懇意にしているデザイナーに頼み
私が編集に入ってコントロールして
両A面冊子を作り上げていった。
e0171573_2183743.jpg
e0171573_2184398.jpg

今時、1つの職種や1つの仕事しか
していない人は少ないので
2つの顔を持つ人は
両A面のセルフマガジンを
作れる可能性もあるのだが
とはいえ実際にやるとなったら
大江マガジンのようにうまくいくかは難しい。

オーソドックスに
まずAという仕事もやってます
次にBという仕事もやってます
の方がまとまりがいい場合がほとんどだ。

うまく2つの顔が関連し合い
最後に見事にセンターページで
融合できるネタがあるかどうかが
両A面冊子の肝になるだろう。

いやーそれにしても
私も一度作ってみたかったんです。
両A面冊子。
だから大江さんという絶好の材料がきて
これはなんとしても両A面にして
うまく調理していいマガジンを作りたいと思い
かなり細かなラフなども作って
燃えに燃えました(笑)。
e0171573_219466.jpg
e0171573_2191271.jpg

編集って冊子を作れる楽しさがある。
いい素材が来た時に
いかにうまく調理するかが
編集の腕の見せ所であり
それが実に楽しい。

大江香子マガジンはほんと
素晴らしい冊子だと思うので
ぜひ欲しい方は大江さんに
請求していただければ。
(もしかしたらもう在庫がつき
増刷待ちになるかも)

今後もいい素材にめぐりあい
いいセルフマガジンを
この世に送り出す手伝いを
していきたいなと思います。
e0171573_2110080.jpg

そんなわけで新名刺には
「セルフマガジン編集者」
という3つ目の肩書きを入れてます。

・大江香子さんのブログ
http://ameblo.jp/tsumugikko/entry-12168787340.html


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-20 21:09 | セルフマガジン
2016年 06月 09日
セルフマガジン大賞作品を作り変えるプロジェクト全貌~ダンサー大瀧冬佳マガジン
e0171573_23441036.jpg
セルフマガジン大賞に選んだ作品を
私が編集に入って私の自腹で
デザイナーにギャラを払い
冊子をリニューアルするという
酔狂なことをやっております。

個人最強の営業ツールとなるセルフマガジン。
第二回セルフマガジン大賞に選んだのは
ダンサーの大瀧冬佳さんの冊子だけど
もちろん48作品の中で一番素晴らしく
今のままでもいい冊子なのですが
ただいろんなところで惜しい点があり
作り直しています。

大賞作品のどこをどんな風に変えるのか。
セルフマガジンづくりで大事な
構成、デザイン、内容の3点に沿って
リニューアルプロジェクトの全貌を紹介。

1:構成
ふゆかマガジンで惜しいな
と思ったのは構成。
構成とはページの順番。
現在の冊子の構成では
e0171573_2345175.jpg
e0171573_23452742.jpg
e0171573_23453858.jpg
e0171573_23454980.jpg
e0171573_2346012.jpg

2P:導入
3P:ラインナップ
4P~7P:インタビュー
8P:五か年計画
9P:お知らせ
10~11P:締め?!
となっているが
・導入の後のラインナップが唐突
・最後の締めが締めになっていない
という点が問題だと考え
ページの構成を変えることに。

リニューアル後の構成(台割)
2~7P:インタビュー
8~9P:ラインナップ
10~11P:旗揚げ公演のお知らせ
とした。
e0171573_234628100.jpg
e0171573_23554035.jpg
e0171573_23555015.jpg
e0171573_23555884.jpg
e0171573_2356651.jpg

まず知ってほしいのは壮絶な過去と
それを乗り越えたのは
ダンスのおかげというインタビュー。
なので表紙の次からは
インタビュー3見開きにして
まず大瀧冬佳とは何者かを
知ってもらうようにした。

その後に現在の冊子で「ラインナップ」
「五か年計画」「お知らせ」に
分かれているのを見開き2ページで
「ラインナップ」に統一し紹介。

最後の落としどころ、締めがないので
今回、本人にお願いし
何を落としどころにしたいか
ヒアリングして来年の旗揚げ公演を
最後に持ってくることにした。

2:デザイン
デザインはプロのデザイナーに
お願いしているので
大きな問題はないものの
一番気になったのは
インタビューページの見せ方。
e0171573_23472374.jpg

現在の冊子は小見出しがないため
文字がうわっといっぱい
入っている印象なので
ぱっと目に飛び込んでくる
読みたいと思わせるフレーズが
どこにもない。

そこで長いインタビュー原稿でも
興味を持って読んでもらえるよう
各見開きに大見出しと小見出しを
つけることに。

・つけた大見出し
親からの虐待を受けた家庭環境育ちも
ダンスがあったからこそ生きてこれた

過去を理由にいつまで被害者ぶってるの?
今を全力で楽しめば必ず幸せになれる

子育てや生活を言い訳に逃げていた私
でも私にはダンスしかないと気づいた

・つけた小見出し
閉鎖病棟から退院できたのはダンスのおかげ
虐待や暴力があるのが「普通の家庭」と思っていた
被害者ぶって生きる人生からの脱却
英国ロイヤルバレエ団合格も母の死と閉鎖病棟入院
シングルマザーなら夢を捨てなきゃいけない?
仕事をクビになってダンスの道を再び歩む

現在の冊子にあった見出しは
大瀧冬佳ってどんな人?気になるとこをインタビュー
なぜ、そこまで踊るのか。
執念と自由をかんじさせる大瀧冬佳のダンス
の2つののみ。
e0171573_23475466.jpg

リニューアル版では
見出しの数を増やし、さらに
読者が読みたいと思わせる
興味を持つワードをちりばめた。

さらに本文の文章と
メリハリをつけるため
大見出し、小見出しの文字の大きさを
大きくしてぱっとみて
わかりやすいようにした。
e0171573_23481688.jpg

レイアウトをどう見せようかについては
まずこのような落書きを
私の方で書いている。
この落書きの意味するところは
・大見出しを縦書きでどんと出す。
・小見出しを色をつけるなどして
各ブロックごとに入れる。
というラフ案。
e0171573_23483562.jpg

e0171573_23493052.jpg

この手書きラフ案から
自分でパワポでざっとラフを作り
その上でデザイナーに
レイアウトをしてもらっている。
※ラフ案は原稿を読みやすい
白地ありパターンと
インパクト重視の写真たちおとしの2案。
フェイスブックでの反応や
本人の意向をふまえて
原稿の読みやすさを多少犠牲にしても
インパクトのある写真たしおとし案に。
e0171573_23494143.jpg

また現状の冊子は
無意味に同じような写真が
何枚も載せられているだけなので
1枚大きくどんと載せた方が
表紙の世界観からの続きに見えるのと
インパクトがあるので
写真をどんと使っている。
写真は本人から何枚ももらって
その中からレイアウトしやすく
インパクトがあるものを選んでいる。

3:内容
内容も悪くはないけど
肝心なところが抜けている!
と感じた箇所が多かったので
原稿整理し大きく書きかえている。

1つはインタビュー原稿。
約3000字の原稿を書きかえた。

ポイントは読者の知りたい内容に
原稿を書きかえること。
読者が知りたい内容とは
大瀧冬佳さんがこれまで
どんな人生を歩んできたか。

壮絶な過去をきちんと
説明していきながら
でもその中でいかにダンスの存在が
大きかったかを浮き彫りにするような
原稿に変えている。

現在の冊子で載せてある原稿で
「これはいらない」と思い
ばっさり削除したのは
・子供がブログを読んでどう思うか
(別に読者には関係ない)
・人生を終える数カ月の生き方
(別に読者には関係ない)
のところ。

逆に現状の原稿では唐突突過ぎて
その過程を省かれて
しまっていることを加筆し
経歴をわかるようにしている。
(ダンサーとして独立に至る経緯、
寶船との出会い)

もう1つはラインナップ。
現状の冊子にはラインナップや
5か年計画などが書いてあるが
具体的にどういうことをしているのか
どんなサービスを
提供しているのかがわからず
仕事や具体的な活動に結びつきにくい。

ラインナップについては
具体的な内容を本人に
送り直してもらった。

・・・・・・・
こんな風にして、
1:構成
2:デザイン
3:内容
を編集、執筆、デザインの部分で
全面的にリニューアルした。

同じ内容でもどういう順番で
載せるのかという構成で
大きく印象は変わる。

同じ内容でもどういう見せ方
=デザインにするかで
大きく印象は変わる。

同じ構成でもどんな内容を
取捨選択するかでも
読者の印象は大きく変わる。

もちろん好みの問題もあるので
単純に良い悪いはいえない部分もあるが
構成、デザイン、内容を見直し
リニューアル版を作成した。

現在の冊子でも完成度の高い
大瀧冬佳マガジンだが
さらにグレードアップして
リニューアル版が近いうちに
印刷・配布されるのではと思う。

ここまで私が本気になって
マガジンリニューアルに
入れ込んだのは
誰よりも大瀧冬佳さん自身が
このセルフマガジン作りに
真剣勝負を挑んでいたから。

大の大人がああだこうだと
不平や不満を言う中
彼女は自分自身で考え抜き
手伝うべきところはプロに頼み
期日に合わせてあれだけの
素晴らしい冊子を作り上げた。

だからこそもっといい冊子にしたい。
セルフマガジンを通じて
仕事的にも経済的にも
成功してほしい。

大瀧冬佳さんの
セルフマガジンづくりに対する情熱が
私のセルフマガジンづくりに火をつけた。

彼女の生き様をみよ。
まだ20代だよ?

恥ずかしくないのか。
こんなに真剣に不器用なのに
何事にも挑んでいる20代がいるのに
経済的にも環境的にも恵まれて
人生経験でも年数的には
豊富なはずの人たちが
真剣勝負ができないなんて。

どこかに言い訳を用意して
生きているんじゃないのか?

多くの人はまだまだ
自分の人生に対する
真剣味が足りないんだよ。
ぬるま湯なんだよ。
言い訳ばかり考えてんだよ。
他人のせいにしようとしてるんだよ。

マジで生きている時間は
限られているんだよ。

何事にも真剣に取り組み
全力で楽しんだものだけが
幸せな人生を送れる。

大瀧冬佳の生き様、
ダンス、ブログから
生きることを学んでほしい。

・大瀧冬佳さんのホームページ&ブログ
http://fuyukaohtaki.com/


かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-09 23:54 | セルフマガジン
2016年 06月 03日
チラシ作りから始めれば超簡単にできる!セルフマガジンの作り方
個人最強の営業ツール=セルフマガジンを
どうやって作っていいかわからない人のために
超簡単に作れる方法を教えよう。
ズバリ、A4のチラシを作るところから
はじめてみてはどうか?
ということだ。

セルフマガジンを作る目的は
様々だが多くの場合は
仕事獲得の宣伝のため。

ならばいきなりセルフマガジンで
というとハードルが高いので
A4表面だけのチラシを作ってみることから
はじめてみればいいのだ。

載せるもの
1:サービスメニュー
2:プロフィール
3:連絡先
e0171573_22424733.jpg

仕事獲得のためのチラシなら
最低限この3つが必要になるだろう。
でも仕事獲得のために裏面を使って
よりいろいろな情報を伝えたい。

ではどんな情報を載せたらよいか。
4:お客様の声
5:これまでの実績
e0171573_22425880.jpg

これで表裏両面のA4チラシが完成。

両面のA4チラシを二つに折れば
4ページの冊子になる。
これでなんとセルフマガジンの
できあがりだ!
でも4ページだと
まだ冊子っぽくないし
チラシだと表紙もなく
やや情報がごちゃごちゃしているので
もう1枚、A4を加えて
二つ折りして加えれば
8ページの立派なセルフマガジンになる。

ではあと4ページに
何を載せたらよいのか。
6:表紙
7:自身の商品やサービスの必要性
8:サービスメニューの詳しい説明
9:自分がこのサービスを始めた想い
e0171573_22431197.jpg
e0171573_22431689.jpg

これだけ載せれば
見事セルフマガジンのできあがり。

つまり自身のサービスメニューの
チラシを作ろうというところから
スタートさせればあっという間に
セルフマガジンができるのだ。

これをセルフマガジンを作る上での
叩き台にして、その上で
どういう順番に載せたら
効果的に読者に
訴えることができるのかを考え
内容を精査し
ビジュアル映えする写真やイラストや
図表などを手配し
プロにデザインしてもらえれば
あっという間に8ページの
セルフマガジンが完成する。

無論、叩き台ができてから
どんな構成でどんな内容を
どういう順番で
どういう見せ方がいいのかは
編集のプロに入ってもらった方が
効果的なセルフマガジンにはなるが
プロに頼むにせよ頼まないにせよ
まずは自分で叩き台を
作ってみることが大事。

ぜひこの方法で
セルフマガジン作りを
してみてはいかがだろうか?

・より詳しいセルフマガジンの
作り方講義再録データ販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/22102339/
e0171573_22434985.jpg

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」をご覧ください。
希望の方は、郵便番号、
住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

・いろんな人のセルフマガジンが
見れる!誰もが来れる入場無料イベント
かさこ塾フェスタ福岡6/25開催!
http://festa.kasako.jp/2016/fukuoka/

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/

・7月大阪かさこ塾※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24373879/

・9月千葉船橋かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24426185/

・9月静岡三島かさこ塾※10名以上で開催
http://kasakoblog.exblog.jp/24428780/

・9月福島郡山でも開催予定
9/16(金)9/30(金)10/14(金)10/28(金)
時間:13時30分~15時30分

・9月東京でも開催予定
9/1(木)9/15(木)9/29(木)10/6(木)
19:30~21:30 サンクチュアリ出版にて

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

<誰もが参加できるオフ会>
・6/25福岡
https://www.facebook.com/events/532764363577015/

・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-06-03 22:44 | セルフマガジン
2016年 05月 30日
第2回セルフマガジン大賞発表!全48エントリー冊子の全講評1
e0171573_032333.jpg
エントリー48作品の中から
よくがんばった!敢闘賞3作品、
素晴らしい冊子の優秀賞4作品を選出。
優秀賞4作品の中から
最も優れた作品を大賞に選出します。

あくまで私の独断と偏見です。
選出されなかったとしても
セルフマガジン大賞という期日に間に合わせ
セルフマガジンを作ったというだけで
ここにエントリーしてくださった方は
すべて素晴らしいと思っています。

<大賞>
e0171573_23481672.jpg

ダンサー大瀧冬佳
A5/12P

圧倒的インパクトがありかっこいい表紙!
作り途上でフェイスブックにちらっと
この表紙が見えただけで思わず「大賞!」
と言ってしまいたくなるインパクト。
驚くべきことにこの表紙デザインの原案は
デザイナーではなく彼女自身が作ったという。
冊子全体はプロのデザイナーに頼んでいるので
非常に読みやすくてよい。
e0171573_23483920.jpg
e0171573_23484958.jpg

載っているコンテンツは
自分を知ってもらう、宣伝するなど
必要情報が網羅されていてよいのだが
残念なのは構成。

いきなりP3にラインナップがくるのも
対向の写真ページとのかねあいで違和感あり。
インタビューページも見出しがないので
ぱっと目に飛び込んでこない。

質問の前に見出しをたてるか
もしくはQ&A体裁にして
質問になっている部分を
大きくみせるなどの工夫が必要。

P8の五か年計画ページは
写真を入れるか色文字にするか
デザイン処理するなどして
もう少し目に飛び込んでくるような
デザインにしたい。

P9のお知らせは最後のページの方がいい。
最後に唐突に見開きで出てくる
カラー写真ページの位置付けが
わかりにくいので
むしろこうしたページははじめの見開きに
もってくるのか
もしくは写真を見やすいよう
センターページに持ってくるなどした方がよい。

構成面で残念なところがかなりあるものの
全体としては申し分ない
セルフマガジンだと思います。

特にデザインはデザイナーの
山田クニヒロさん(仙台かさこ塾)に。
写真はカメラマンの
中田幸三さん(名古屋かさこ塾)に。
一部原稿をライターの
鯰美紀さん(東京かさこ塾)に頼むなど
優秀なクリエイターを集めて
それをうまくコントロールした
その編集力・采配力も光り
チームとしての総合力の勝利といっても
過言ではないほどの出来栄え。
今回のエントリー作品の中で
最もよかったと考え大賞とさせていただきます。

なお大瀧冬佳さんは
かさこ塾生のため大賞賞金として
塾受講費をキャッシュバックします。

<優秀賞>
e0171573_234996.jpg

ベビグラファー&
浄土真宗本願寺派僧侶(若坊守)
大江香子
A5/24P

赤ちゃん写真を撮るカメラマンのことと
お寺のことをやっている2つのことを
両面表紙で紹介していき
センターページで合体するという
おもしろい構成。
e0171573_23491874.jpg
e0171573_23492670.jpg
e0171573_23493322.jpg

中の構成案は練り込まれており
表紙をめくったら見開きのページで
写真をつかってメッセージをいれ
その後に想いを入れ
最後にサービスメニューや活動内容を紹介するという
非常にわかりやすい構成。

あとはなんといってもカメラマンだけあって
載せてある写真がきれい。
きれいな写真があれば凝ったデザインなどせずとも
写真を配置しているだけで
全体的に見栄えのする冊子になっている。

24Pものボリュームがありながら
各ページの構成にメリハリがついているので
非常に読みやすい冊子にもなっている。

<優秀賞>
e0171573_2349591.jpg

粋女育成塾塾長
粋女アドバイザー
fuami
A5/12P

素晴らしい表紙!
まるで書籍のよう!
人が読んでみたくなるような
冊子タイトルも見事!
書籍帯風のデザインのアイデアも
素晴らしいと思います。
表紙はエントリー作品の中で
文句なしの一番か二番のでき。
e0171573_23501589.jpg

中の構成も5つのサービスメニューを
できるだけ文字数や写真点数を
合わせる形で紹介してあるのもよいです。

ただ残念なのが中面のデザイン。
こだわりすぎたせいか
書体が読みにくいのと飾りが多すぎて
ごちゃごちゃしてしまっているので
ここまでこだわりすぎて作り込まなくても
もう少しシンプルにした方が
中面は圧倒的に読みやすくなるはず。
あとは行間がややあきすぎているので
ぱらぱら見えてしまうところもあるので
文字組みのメリハリをつけるだけでも
かなり見やすくなるはず。

<優秀賞>
e0171573_2350391.jpg

異界絵師・緋呂
A5/8P

インパクト抜群。
ご自身の世界観を見事に冊子に表した
デザインと構成。
製本の仕方も普通のページものではなく
開いていくと4Pの表裏になるという
体裁の工夫もおもしろい。
何よりデザインが素晴らしい。
e0171573_2351411.jpg

仕事の詳細は書かれていないものの
これだけインパクトのある冊子があれば
個人の活動に興味を持って
もらえるのではないかと思います。

<敢闘賞>
e0171573_1462633.jpg

シュガークラフトデコレーター
らぶ
変形A5版/12P
e0171573_1463635.jpg

正方形サイズで非常に見やすく
紙もつるつるした紙質で
さわり心地もよい。
変にデザイン処理せず
白地ベースに余白も活かしながら
ご自身の作品を紹介しているので
非常に活動内容がわかりやすい冊子に
なっている。

残念なのは写真があまりきれいではないので
プロに撮影してもらえば
より作品自体も冊子自体も見栄えがよくなるのと
依頼の流れやご依頼前の確認事項は
囲みや矢印などを使って
デザイン的にわかりやすく見せた方がよいかも。

でも全体的には非常にクオリティの高い
わかりやすい冊子になっていると思います。

エクセルだけで作ったというのもすごい。

<敢闘賞>
e0171573_23523615.jpg

遠隔専門ヒーラー・占い師
ハスノ
A5/8P

特別なデザイン処理をしているわけでもなく
写真を多用しているわけではないものの
見出し+説明、見出し+説明という
フォーマットがきちんとしていて
文字もつめこみすぎておらず
非常に読みやすい冊子。
e0171573_23525223.jpg

ワードで作っているそうだが
ワードでもすごく読みやすい。
また縦長ではなく
横長にしているのも見やすい。
個人の活動を紹介するための
必要要素も網羅されており
内容的にもよいと思います。

これをデザイナーさんに頼んで
さらにしっかりしたデザインにすれば
もっとよくなると思いますが
今のままでも申し分ないセルフマガジンに
なっていると思います。

<敢闘賞>
e0171573_2353477.jpg

ひとり税理士・井ノ上陽一
A5/16P

中身がめちゃくちゃおもしろい!
雇われない雇わない生き方という
テーマに沿って
やらないことリストを作るが1カ条目にきて
実際に自身のやらないことリストを
掲げているのが目をひく。
e0171573_23532448.jpg

各ページ見出しをしっかりたてて
かつ文字いっぱいで紹介するのではなく
7つのポイント紹介を各ページに
展開しており非常に内容が
みやすくわかりやすい。

ただ残念なのはデザイン。
これをこのままきちんとプロに
デザインしてもらえば
大賞候補になるぐらいの
いいマガジンになるのではないかと思います。

・それ以外の全作品の講評は下記へ
http://kasakoblog.exblog.jp/24421555/

・・・・・・・・・
あくまで私の独断と偏見です。
選出されなかったとしても
セルフマガジン大賞という期日に間に合わせ
セルフマガジンを作ったというだけで
ここにエントリーしてくださった方は
すべて素晴らしいと思います。

ぜひ今回のセルフマガジンを
いろんな方に配って反応を見ながら
アップデートした作品を
作っていったらよいと思います。

なお選考基準で特に注意して見ているのは
1:デザイン
2:内容
3:構成
の3点。

デザインが見やすい、わかりやすいかどうか。
PRすべき内容や読者が興味を持つ内容などが
掲載されているか。
順番にめくっていく冊子として
どこのページにどういう順番で何をのせるのか
考えているか。
この3点を注視してみています。

今後セルフマガジンを作る際は
1:デザイン
2:内容
3:構成
の3点に注意していただければと思います。

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・6月東京かさこ塾昼※キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜※キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/

・7月大阪かさこ塾※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24373879/

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・誰もが来れる入場無料イベント!
かさこ塾フェスタ福岡6/25開催!
http://festa.kasako.jp/2016/fukuoka/

<誰もが参加できるオフ会>
・6/25福岡
https://www.facebook.com/events/532764363577015/

・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-05-30 23:54 | セルフマガジン
2016年 05月 22日
イラレを使えればデザイナーじゃねえんだよ!自称デザイナーかプロのデザイナーかを簡単に見分ける方法
e0171573_22545234.jpg
文字組みを見よ。
そうすれば自称かプロかすぐわかる。

第2回セルフマガジン大賞の
審査をしているのだが、文字組みがひどい。

いやね。デザイナーじゃなく素人さんが
がんばってセルフマガジン作って
文字組みがボロボロなのは仕方がない。
プロのデザイナーなんじゃないんだから。

でも「デザイナー」に頼んだはずなのに
まったくデザインの基礎がなっていない
ひどい文字組みのものが結構あり
あまりにもひどすぎるというか
こんなんで「デザインできますよ」と
言っちゃうのは詐欺だろ!
というのが結構あったので
セルフマガジン大賞発表の講評前だけど
先にブログで書いておく。

またプロのデザイナーに頼むと
お金がかかってしまうので
自力でデザインせざるを得ない人は
セルフマガジン作りの際に
下記の点に気を付けるだけでも
同じ内容の冊子でも
見違えるようによくなるので
覚えておきたい。
e0171573_22483970.jpg
e0171573_22484416.jpg
e0171573_2248494.jpg
e0171573_22485465.jpg
e0171573_22485910.jpg
e0171573_2249335.jpg
e0171573_2249751.jpg
e0171573_22491218.jpg
e0171573_22491653.jpg
e0171573_22492164.jpg
e0171573_22492589.jpg

いやーもうこんなあり得ないダメな例を
「デザインできる」とか「デザイナー」とか
言っちゃってるのは詐欺だから。

あのさ、デザイナーって
イラストレーター使えたり
インデザイン使えたり
デザインソフトを使える人が
デザイナーなんじゃないから!

いや実際にセルフマガジン大賞見ていて
驚いたのは
デザイナーでもなんでもない素人さんが
パワーポイントやエクセルといった
デザインソフトではないもので
セルフマガジンを作っているのに
自称デザイナーよりきれいに
文字組みしているという皮肉。

デザインで金をとるなら
ちゃんと文字組みの基礎ぐらい
習っておけって話。

私はデザインはできない。
だから「かさこマガジン」は
お金を払ってプロのデザイナーに
頼んでいる。

せっかく中身が素晴らしくても
活動内容が素晴らしくても
その人が素晴らしくても
デザインの基礎がなってない
セルフマガジンだと
何割も低く見られてしまう。
そもそも冊子を見てもらえなく
なってしまう可能性もある。

デザインってのはやたら色を使ったり
やたら過度な飾り付けをすることじゃなく
基本は文字組みなんだよ。
文字組みがきれいなら色使わなくても
デザイン処理しなくても見やすくなる。

ぜひセルフマガジン作りの際には
文字組みに気を付けていただきたい。

※行末の文字ぞろえが
そろっていないのはパワポで
簡易に作ったためで
当たり前の話ですが
実作業では当然そろえます。

・48作品応募の中から
セルフマガジン大賞を
誰もが来れる入場無料イベント。
かさこ塾フェスタで発表!
5/29(日)CST飯田橋17:10~17:45。
大賞作品は果たしていかに?
*イベント詳細
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/
e0171573_22525772.jpg

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

<好きを仕事にする大人塾=
夢をかなえるブログ術を教える
かさこ塾開催一覧>
・6月東京かさこ塾昼※キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜※キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

・7月大阪かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24373879/

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・誰もが来れる入場無料イベント!
かさこ塾フェスタ福岡6/25開催!
http://festa.kasako.jp/2016/fukuoka/

<誰もが参加できるオフ会>
・5/29東京
https://www.facebook.com/events/924836440964978/

・6/25福岡
https://www.facebook.com/events/532764363577015/

・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-05-22 22:53 | セルフマガジン
2016年 05月 21日
なぜよくできたセルフマガジン案を全とっかえ作り直しの「ちゃぶ台返し」をしたのか
やりたいこととずれていると感じたから。
見せたい読者とずれていると感じたから。
その人らしさが出ていないと感じたから。

クリエイターではなくアーティストなのでは
と思ったから。
だからちゃぶ台を返した(笑)。

個人最強の営業ツール・セルフマガジンの
有料サポートを期間限定で行ったのだが
その中の一人、異界絵師の緋呂さんが
まともでよくできたセルフマガジン案を
作ってきたのに「まったく別案の方が
いいのでは?」と私がアドバイスしたため
緋呂さんはせっかく作った
よくできたラフをすべて全ボツにし
一から作り直すことになった。

なぜそんなアドバイスをしたのか?
はっきりいって非常によくできたラフだった。
非常によくできた構成案だった。

でも私がまったく違うものにした方が
いいのでは?とアドバイスをしたのは
「この方はクリエイターではなく
アーティスト志向なのではないか」
「この人は絵の請負仕事をがつがつ
とりたいクリエイターなのではなく
売れようが売れまいが関係なく
自分の描きたいを絵を描き
それを気に入ってくれるごく少数の人に
気に入ってくれればそれでいいと
思っているのではないか」と感じたからだ。

だからまったく違う別案を提案した。
意味不明、理解不能、仕事獲得には程遠い
セルフマガジン。

でもそれが彼女のしたいことではないのか。
したいことを実現するツールが
セルフマガジンであって
したいとあまり思っていないけど
仕事がとれさえすればいいわけではない。

だから仕事獲得のために
非常にいい構成案ではなく
まったく意味不明な構成案を
作って送ってみせたのだが
それが彼女の心にヒットし
彼女自身、お行儀のよいラフ案を
全ボツにして
完全なる全とっかえ、作り直し、
まったく別方向の冊子を作ると
決心したのではないかと思う。

ツールや手段にふりまわされ
本来の目的を見失ってしまうことは
人にはよくあることだ。
ツールや手段を世間一般の
評価基準にあてはめ
そこでほめられるようなものを
作ったところで
それが自分のしたいことではないと
他人からほめられても
自分がイヤになってしまう。

セルフマガジン有料サポートをした
がまがまこと社労士の高瀬真理子さんもそう。

なんかまじめでしっかりした
セルフマガジンを作らなきゃって
多分思い込んでいた。
だから作らなきゃと思ったけど
なんかこうモヤモヤする。
そんな時にサポートの依頼がきたので
「仕事うんぬんじゃなく
がまがまの楽しさが伝わる
遊園地みたいなマガジン作っちゃえば
いいんじゃないの」的なアドバイスを
しょっぱなにしたところ
霧が晴れるように
彼女はマガジン作りに没頭し出した。

多分ツールや手段をいかにうまく作るか
ということにフォーカスしすぎて
人の目や一般的な評価を気にしすぎるあまり
マガジン作りの真の目的を
見失っていたのだろう。

だから仕事獲得うんぬんじゃなく
こんなおもしろいことやっている
私を見てっていうお遊びマガジンの方が
いいんじゃないかとアドバイスした。

あーでも間違ってほしくないのは
どの人にも一般受けやめて
ぶっとんだマガジン作っちゃいなよと
アドバイスしているわけではない。

ディズニー好きなイクメン税理士、
内田敦さんのセルフマガジンの場合、
冊子の目的が個人事業主や
小規模企業から税務相談の
仕事獲得をすることだったので
むしろ遊びの要素は抑え
かなりまじめな作り方にして
料金表やサービス内容も
しっかり載せているものにしてある。

また赤ちゃんフォトグラファーと
お寺のお坊さんの2つの顔を持つ
大江香子さんのマガジンも
ぶっとんだ遊びマガジンではなく
写真は写真獲得のための内容を、
お寺は気兼ねなく来てよという内容を
しっかり盛り込んだアドバイスをした。

目的を考えれば遊んだり
ぶっとんだりする必要はない。
やっていることの意義や
どんな活動やサービスがあるのかを
口頭で説明しなくても
一まとめに読んでわかってもらえるような
マガジンにすることが最重要だった。

だからセルフマガジンといっても
人によってぜんぜん違う。
なぜなら目的が違うから。
たとえ同じ職種であっても
目的が違えば作り方はまったく違う。

ただどうしてもツールを作ろうとすると
ツールをいかにうまく作るか
というところに焦点が当たってしまいがちで
つい本来の作る目的を忘れてしまいがち。

そこが間違ってしまうと
どんなに素晴らしいマガジンを作っても
いろんなミスマッチが起きてしまう。

なので私のセルフマガジンアドバイスは
作る目的とか自分がしたいことを
確認するところから始まる。
編集仕事歴16年の経験を活かし
できた構成案をよく見せる
誌面作りのテクニック的
アドバイスだけではダメなのだ。

そのような意味では
ラフまでできちゃったり
初校までできちゃったりした段階で
アドバイスしても手遅れなんだな
ということに今さらながら気づいた。

緋呂さんのようにラフまで作っていながら
全とっかえ案をのみ
作り変える覚悟のある人はそうそういない。
「ここまで作っちゃったんだから・・・」
「デザイナーに今さら悪いし・・・」
「それなりにいいものなんだし・・・」
ということになり
微妙なズレが生じたマガジンのまま
出してしまいかねない。

あー。アドバイスするなら
はじめのコンセプトづくりのところから
関わらないとダメなんだ。
何をしたいのかその人の本音を
確認してからでないとダメなんだと。

そんなわけでこれまで16年間
やってきた企業のPR冊子作りの
編集ノウハウを活かして
それを個人のセルフマガジンの
レベルアップにつなげる仕事を
した方がいいんじゃないかと思い
新名刺では「かさこ塾」「カメライター」
の他に「セルフマガジン編集者」
という3つ目の肩書きを無理やり加えた。

結構前からその必要性やニーズがあることは
感じていたんだけど
個人は法人と違って素人のため
手間がかかわるわりに
お金も法人並みにとりにくいので
どうやっても割が合わなくなってしまう。
それでずっとセルフマガジンサポートは
手を出さないようにしていた。

でも。
セルフマガジン大賞に応募された作品みて
思ってしまった。
「あーもう!全部私がやり直したい!
人も活動もいいのにその良さが
うまく表現できていない!」と。

期間限定でセルフマガジンサポートを
していたが私にとっては
割に合う合わない以前に
冊子作りがとことん好きだということを
再認識してしまった。

あーこの仕事、めっちゃ好きかも。
自分のマガジン作るのもおもしろいけど
人のマガジンを作るのもめっちゃおもしろい。

おもしろいならやろう。この仕事。
そう思ってセルフマガジン編集者
という肩書きを名刺に入れることにした。

とりあえず6月末までは
塾生限定でのサービスにしますが
塾生に限らず
いいセルフマガジンを作るための
アドバイスサービスを
始めようかと思ってます。

人によってまったく違うセルフマガジン。
だからこそおもしろい。
時々ちゃぶ台をひっくり返すような
アドバイスをするかもしれませんが
冊子の目的と本人の志向ににあった
マガジン作りのお手伝いを
これから活動の1つの柱に
加えていく予定です。

それはね、人助けになるからって
いうのもあるけど
何よりも私が楽しい、私が好きな仕事だから。
ただあまりに手間暇かかるようだったら
考え直すかもしれないけど。


・個人が作ったセルフマガジンが
約40種類ぐらい見れる
セルフマガジンコーナーあり。
優秀なセルフマガジンを
発表するセルフマガジン大賞もあり!
誰もが来れる入場無料イベント。
かさこ塾フェスタ5/29に飯田橋で開催。
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

・緋呂さんのセルフマガジン
有料サポート全やりとり記事
http://art-hiro-b.hatenablog.jp/entry/2016/05/19/222900

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<好きを仕事にする大人塾=
夢をかなえるブログ術を教える
かさこ塾開催一覧>
・6月東京かさこ塾昼※キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜※キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

・7月大阪かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24373879/

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・誰もが来れる入場無料イベント!
かさこ塾フェスタ福岡6/25開催!
http://festa.kasako.jp/2016/fukuoka/

<誰もが参加できるオフ会>
・5/29東京
https://www.facebook.com/events/924836440964978/

・6/25福岡
https://www.facebook.com/events/532764363577015/

・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-05-21 01:12 | セルフマガジン
2016年 04月 14日
まだセルフマガジンできない言い訳しているの?この簡易なセルフマガジンを見よ!!!これぞお手本だ!
e0171573_2153394.jpg
e0171573_21535339.jpg

セルフマガジンできないとか
いつまでも弱音を吐いている人は
このセルフマガジンを見よ!!!

1日~2日でワードで作ったセルフマガジン。
ワードで2段組みにしてA4の表裏に
文章と写真を配置し
自宅のプリンターで印刷し
真ん中を折り曲げただけの
4ページのセルフマガジン。
めちゃめちゃ簡易な作り方だけど
でもセルフマガジンがあるのと
ないのとでは100万倍違う。
これぞセルフマガジンのお手本だ。

京都かさこ塾2期生の村川久夢さんが
1週間前に同じ塾生のチラシを見て
「やっぱり何か宣伝ツールが
あるのとないのとはまるで違う」
ことに気づき、この1週間内に
あっという間に作ってきたものだ。

いい?
中身も大事だけど
何よりも早く作ることが大事。
なぜなら「セルフマガジンがない」のは
自分がゼロ点であるのを容認しているからだ。
ねえ、それだったら10点でも20点でも
いいから早く作った方がいい。

そのためにわざわざ期日を設定した
セルフマガジン大賞という機会を設けた。
なぜなら一刻も早く
マガジンを作った方がいいからだ。

まだ間に合わないとか
先延ばしにする言い訳してるの?
個人の活動を紹介する冊子=
セルフマガジンづくりを
もうあきらめはじめた人たちがいる。
「やっぱり難しい」
「コンテストには間に合わない」
「フェスタにも間に合わないかも」

えっ?
何のためにセルフマガジン作るの?
自分の活動を宣伝するためでしょ?
ってことはだ。
クオリティや内容もさることながら
一刻も早く、1分1秒でも早く
セルフマガジンを作ることが何より重要だ。

完璧なもの、立派なものを作ろうとして
セルフマガジンが完成する期日を
のばせばのばすほど
自分の活動を紹介する
貴重なチャンスを逃している。

その時間ロスによる機会損失を
考えたことはあるのだろうか?

いい?
セルフマガジンを作る目的は
自分を知ってもらうこと。
そのためには一刻も早く作るのが
何より大事だ。
クオリティばかりに気を取られて
できる期日を先延ばしにしていたら
本末転倒だ。

とりあえずこんな簡易な形でもいいから
作ってみることだ。
そしてこの村川さんのように
作ってみたものを何人か見せて意見を聞き
その意見を聞いた上で
修正したものをまた作る。

そうやってまずは何でもいいから
作ってみてそれから50点にしたり
70点にしたりしていけばいい。
とにかくマガジンがないという
最低の0点という状況を
いち早く脱することだ。

A4を2つ折りでワードで宣伝文書を
作るぐらいだったら3時間ぐらいあればできる。

マガジンがないせいで
出会った人に自分の活動を
伝えることができないという
最悪の状況をいつ脱するのか?
今でしょ。

セルフマガジン大賞まであと1カ月もある。
やれることはいくらでもある。
大事なことはまずはじめの一歩を
踏み出すことだ。

いい加減、できない理由を見つけて
したいことを先延ばしにする
言い訳ばかりの人生におさらばしたい。

・村川久夢さんのブログ
http://ameblo.jp/happyend0108/entry-12148537726.html

・前回のセルフマガジン大賞の締切に
間に合わせてパワポで作った
鯰美紀さんのマガジンの意義についての記事
http://ameblo.jp/miki-um/entry-12149694244.html

・マガジンができないことを
言い訳にする人たちへの素晴らしい指摘
ダンサー大瀧冬佳さんのブログ
http://fuyukaohtaki.com/fuyuka/fuyukaohtaki-dance-41/

・感動した!多くの人は
この姿勢を100万回見習え!
画期的セルフマガジン
http://kasakoblog.exblog.jp/23795045/

・締切5/20!第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<セルフブランディングの基礎を教える
好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・札幌かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/
※10名以上集まれば開催

・広島かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・福岡かさこ塾
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

・千葉かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24298374/
※10名以上集まったら開催!

・東京かさこ塾昼
満席。キャンセル待ち受付中。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・東京かさこ塾夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

<セルフブランディング2時間講義>
・4/19札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/24030168/

・4/25横浜鶴見
http://kasakoblog.exblog.jp/24257344/

<5/29無料セミナー&対談イベント>
http://kasakoblog.exblog.jp/24292995/

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-14 21:55 | セルフマガジン
2016年 04月 08日
居酒屋のタッチパネルメニューと紙メニュー、みなさんはどっちが見やすいと思う?
居酒屋のタッチパネルメニューより
紙メニューの方が見やすいと思うのなら
セルフマガジンを作りなさい。

人件費削減や店舗運営の効率化、
さらにはコスト削減などから
居酒屋や飲食店などで
紙メニューが廃止され
タッチパネル式のメニュー&
注文システムが増えている。

店にとって紙メニューは面倒だ。
値段が変わったりメニューが変わったら
また印刷し直さなくてはならない。
印刷やデザイン変更などの
コストや手間がばかにならない。

でも。
客の立場にたってみるとどうだろう?
確かに注文はラクかもしれないが
メニューは紙よりタッチパネルの方が
見にくいのではないか。

何度も行っている店で
メニューがある程度わかっていて
注文が決まっているのなら
タッチパネルでもよいかもしれない。

でもそんなに行ったことのある店ではなく
どんなメニューがあるかもわからない店で
小さな1画面に8品程度しか表示されず
カテゴリーごとにいちいちタップして
1つ1つメニューを確認しなければ
ならないのは正直かなり見づらいのではないか。

「えっ!そんなメニューもあったの!」と
後になって後悔することも
あるのではないか。

視認性、一覧性という意味で
紙のメニューは非常に見やすい。
全体を把握しやすい。
パラパラと全体を眺めながら
気になるメニューをチェックできる。
いったりきたりもラクだ。

目的があって情報を探す人は
タッチパネルのような
デジタルの仕組みの方が探しやすい。
検索もできるしカテゴリーわけもできる。

でも。
明確な目的があるわけではなく
全体概要がわからない人に
情報を伝える手段としては
紙のようなアナログの方が優れている。

つまり。
自分のことを相手に知らせる手段として
ブログやホームページは
居酒屋でいうところのタッチパネルで
セルフマガジンが紙メニューにあたる。

自分のことをまったく知らない人に
自分のことを知ってもらうには
視認性、一覧性のよい
全体概要がわかりやすい
紙メニューであるところの
セルフマガジンの方がわかりやすい。

その上で特にここに興味を持った!
という方がホームページなり
ブログにいき、該当箇所を探して
より詳しい情報を見ればいい。

でもいきなりネットだと
よほど興味のある人でない限り
全体を見てはくれない。
トップページだけみて終わり。
「えっそんなこともやっているの?
知らなかった」ってことに
なりかねない。

だからみなさんにセルフマガジンを
作るのを勧めている。
セルフマガジンは手間なんです。
載せられるスペースも限られている。
作るのに手間もコストもかかる。
情報の更新ができないなど
デメリットは多いので
「だったら別に冊子なんかなくても
ホームページを充実すればよいじゃないか」と。

でもネットの場合は
全体感を伝えにくい。
だからセルフマガジンが必要なんです。

もしあなたは居酒屋の
タッチパネルメニューより
紙メニューの方が見やすいと思うのなら
セルフマガジンを作るとよいかと。

・締切5/15から5/20に延期!
第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・札幌かさこ塾(24期・札幌1期生)
6名申込、残席14名
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/
※10名以上集まれば開催

・広島かさこ塾(25期・広島1期生)
10名申込、残席10名
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・福岡かさこ塾(26期・福岡3期生)
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

・東京かさこ塾昼(27期)
満席。キャンセル待ち受付中。
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
13:30~15:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・東京かさこ塾夜(28期)
11名申込、残席9名
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
19:30~21:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

<2時間ブログ術講義>
・4/25横浜鶴見
http://kasakoblog.exblog.jp/24257344/

・4/19札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/24030168/

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
セルフマガジン大賞はここで発表!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-08 01:26 | セルフマガジン
2016年 04月 06日
セルフマガジンの作り方~表紙は冊子の顔!何案もつくる
e0171573_20482059.jpg

セルフマガジンで大事なのは表紙。
どんなに中身が素晴らしくても
表紙によって印象は大きく変わる。

どんな表紙にするか
作り方の主なパターンは
セルフマガジンの作り方講義再録DVDで
紹介しているけど
どんなパターンでいくか決まった後も
自分自身のラフ上で
いろんな案を作ってみることを
おすすめしたい。

もちろんお金を払えば
デザイナーに何案も作ってもらう
ということもできるけど
予算がない場合は自分自身で
いろんな表紙案を作って
どれがいいか検討してみるといい。

例えば私の「かさこマガジン」。
私の場合は仕事がカメラマンなので
表紙は自分が撮影した写真を使おうと
決めている。
とはいえどの写真を使うかで
印象は大きく変わるので
こんな風にいろいろあてこんで
どれがいいかを検討している。
e0171573_20482683.jpg
e0171573_20483141.jpg
e0171573_20483648.jpg
e0171573_20484062.jpg
e0171573_20484440.jpg
e0171573_20484995.jpg
e0171573_20485358.jpg
e0171573_20485954.jpg
e0171573_2049398.jpg
e0171573_2049875.jpg
e0171573_20491398.jpg

ぜひみなさんも表紙だけは
いろいろ案を作ってみて
インパクトがあり
自分らしさが伝わる表紙に
するとよいと思います。

・1カ月でセルフマガジンを作る!
いつまでに何をやればよいか10STEP公開!
http://kasakoblog.exblog.jp/24261309/

・セルフマガジンの作り方DVD販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/22102339/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

・第2回セルフマガジン大賞実施!5/20締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
セルフマガジン大賞はここで発表!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-06 20:50 | セルフマガジン