カテゴリ:セルフマガジン( 74 )

2016年 05月 21日
なぜよくできたセルフマガジン案を全とっかえ作り直しの「ちゃぶ台返し」をしたのか
やりたいこととずれていると感じたから。
見せたい読者とずれていると感じたから。
その人らしさが出ていないと感じたから。

クリエイターではなくアーティストなのでは
と思ったから。
だからちゃぶ台を返した(笑)。

個人最強の営業ツール・セルフマガジンの
有料サポートを期間限定で行ったのだが
その中の一人、異界絵師の緋呂さんが
まともでよくできたセルフマガジン案を
作ってきたのに「まったく別案の方が
いいのでは?」と私がアドバイスしたため
緋呂さんはせっかく作った
よくできたラフをすべて全ボツにし
一から作り直すことになった。

なぜそんなアドバイスをしたのか?
はっきりいって非常によくできたラフだった。
非常によくできた構成案だった。

でも私がまったく違うものにした方が
いいのでは?とアドバイスをしたのは
「この方はクリエイターではなく
アーティスト志向なのではないか」
「この人は絵の請負仕事をがつがつ
とりたいクリエイターなのではなく
売れようが売れまいが関係なく
自分の描きたいを絵を描き
それを気に入ってくれるごく少数の人に
気に入ってくれればそれでいいと
思っているのではないか」と感じたからだ。

だからまったく違う別案を提案した。
意味不明、理解不能、仕事獲得には程遠い
セルフマガジン。

でもそれが彼女のしたいことではないのか。
したいことを実現するツールが
セルフマガジンであって
したいとあまり思っていないけど
仕事がとれさえすればいいわけではない。

だから仕事獲得のために
非常にいい構成案ではなく
まったく意味不明な構成案を
作って送ってみせたのだが
それが彼女の心にヒットし
彼女自身、お行儀のよいラフ案を
全ボツにして
完全なる全とっかえ、作り直し、
まったく別方向の冊子を作ると
決心したのではないかと思う。

ツールや手段にふりまわされ
本来の目的を見失ってしまうことは
人にはよくあることだ。
ツールや手段を世間一般の
評価基準にあてはめ
そこでほめられるようなものを
作ったところで
それが自分のしたいことではないと
他人からほめられても
自分がイヤになってしまう。

セルフマガジン有料サポートをした
がまがまこと社労士の高瀬真理子さんもそう。

なんかまじめでしっかりした
セルフマガジンを作らなきゃって
多分思い込んでいた。
だから作らなきゃと思ったけど
なんかこうモヤモヤする。
そんな時にサポートの依頼がきたので
「仕事うんぬんじゃなく
がまがまの楽しさが伝わる
遊園地みたいなマガジン作っちゃえば
いいんじゃないの」的なアドバイスを
しょっぱなにしたところ
霧が晴れるように
彼女はマガジン作りに没頭し出した。

多分ツールや手段をいかにうまく作るか
ということにフォーカスしすぎて
人の目や一般的な評価を気にしすぎるあまり
マガジン作りの真の目的を
見失っていたのだろう。

だから仕事獲得うんぬんじゃなく
こんなおもしろいことやっている
私を見てっていうお遊びマガジンの方が
いいんじゃないかとアドバイスした。

あーでも間違ってほしくないのは
どの人にも一般受けやめて
ぶっとんだマガジン作っちゃいなよと
アドバイスしているわけではない。

ディズニー好きなイクメン税理士、
内田敦さんのセルフマガジンの場合、
冊子の目的が個人事業主や
小規模企業から税務相談の
仕事獲得をすることだったので
むしろ遊びの要素は抑え
かなりまじめな作り方にして
料金表やサービス内容も
しっかり載せているものにしてある。

また赤ちゃんフォトグラファーと
お寺のお坊さんの2つの顔を持つ
大江香子さんのマガジンも
ぶっとんだ遊びマガジンではなく
写真は写真獲得のための内容を、
お寺は気兼ねなく来てよという内容を
しっかり盛り込んだアドバイスをした。

目的を考えれば遊んだり
ぶっとんだりする必要はない。
やっていることの意義や
どんな活動やサービスがあるのかを
口頭で説明しなくても
一まとめに読んでわかってもらえるような
マガジンにすることが最重要だった。

だからセルフマガジンといっても
人によってぜんぜん違う。
なぜなら目的が違うから。
たとえ同じ職種であっても
目的が違えば作り方はまったく違う。

ただどうしてもツールを作ろうとすると
ツールをいかにうまく作るか
というところに焦点が当たってしまいがちで
つい本来の作る目的を忘れてしまいがち。

そこが間違ってしまうと
どんなに素晴らしいマガジンを作っても
いろんなミスマッチが起きてしまう。

なので私のセルフマガジンアドバイスは
作る目的とか自分がしたいことを
確認するところから始まる。
編集仕事歴16年の経験を活かし
できた構成案をよく見せる
誌面作りのテクニック的
アドバイスだけではダメなのだ。

そのような意味では
ラフまでできちゃったり
初校までできちゃったりした段階で
アドバイスしても手遅れなんだな
ということに今さらながら気づいた。

緋呂さんのようにラフまで作っていながら
全とっかえ案をのみ
作り変える覚悟のある人はそうそういない。
「ここまで作っちゃったんだから・・・」
「デザイナーに今さら悪いし・・・」
「それなりにいいものなんだし・・・」
ということになり
微妙なズレが生じたマガジンのまま
出してしまいかねない。

あー。アドバイスするなら
はじめのコンセプトづくりのところから
関わらないとダメなんだ。
何をしたいのかその人の本音を
確認してからでないとダメなんだと。

そんなわけでこれまで16年間
やってきた企業のPR冊子作りの
編集ノウハウを活かして
それを個人のセルフマガジンの
レベルアップにつなげる仕事を
した方がいいんじゃないかと思い
新名刺では「かさこ塾」「カメライター」
の他に「セルフマガジン編集者」
という3つ目の肩書きを無理やり加えた。

結構前からその必要性やニーズがあることは
感じていたんだけど
個人は法人と違って素人のため
手間がかかわるわりに
お金も法人並みにとりにくいので
どうやっても割が合わなくなってしまう。
それでずっとセルフマガジンサポートは
手を出さないようにしていた。

でも。
セルフマガジン大賞に応募された作品みて
思ってしまった。
「あーもう!全部私がやり直したい!
人も活動もいいのにその良さが
うまく表現できていない!」と。

期間限定でセルフマガジンサポートを
していたが私にとっては
割に合う合わない以前に
冊子作りがとことん好きだということを
再認識してしまった。

あーこの仕事、めっちゃ好きかも。
自分のマガジン作るのもおもしろいけど
人のマガジンを作るのもめっちゃおもしろい。

おもしろいならやろう。この仕事。
そう思ってセルフマガジン編集者
という肩書きを名刺に入れることにした。

とりあえず6月末までは
塾生限定でのサービスにしますが
塾生に限らず
いいセルフマガジンを作るための
アドバイスサービスを
始めようかと思ってます。

人によってまったく違うセルフマガジン。
だからこそおもしろい。
時々ちゃぶ台をひっくり返すような
アドバイスをするかもしれませんが
冊子の目的と本人の志向ににあった
マガジン作りのお手伝いを
これから活動の1つの柱に
加えていく予定です。

それはね、人助けになるからって
いうのもあるけど
何よりも私が楽しい、私が好きな仕事だから。
ただあまりに手間暇かかるようだったら
考え直すかもしれないけど。


・個人が作ったセルフマガジンが
約40種類ぐらい見れる
セルフマガジンコーナーあり。
優秀なセルフマガジンを
発表するセルフマガジン大賞もあり!
誰もが来れる入場無料イベント。
かさこ塾フェスタ5/29に飯田橋で開催。
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

・緋呂さんのセルフマガジン
有料サポート全やりとり記事
http://art-hiro-b.hatenablog.jp/entry/2016/05/19/222900

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<好きを仕事にする大人塾=
夢をかなえるブログ術を教える
かさこ塾開催一覧>
・6月東京かさこ塾昼※キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜※キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

・7月大阪かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24373879/

<2時間ブログ術講義>
・7/15金沢
http://kasakoblog.exblog.jp/24372911/

・誰もが来れる入場無料イベント!
かさこ塾フェスタ福岡6/25開催!
http://festa.kasako.jp/2016/fukuoka/

<誰もが参加できるオフ会>
・5/29東京
https://www.facebook.com/events/924836440964978/

・6/25福岡
https://www.facebook.com/events/532764363577015/

・7/15金沢
https://www.facebook.com/events/1803088499914883/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-05-21 01:12 | セルフマガジン
2016年 04月 14日
まだセルフマガジンできない言い訳しているの?この簡易なセルフマガジンを見よ!!!これぞお手本だ!
e0171573_2153394.jpg
e0171573_21535339.jpg

セルフマガジンできないとか
いつまでも弱音を吐いている人は
このセルフマガジンを見よ!!!

1日~2日でワードで作ったセルフマガジン。
ワードで2段組みにしてA4の表裏に
文章と写真を配置し
自宅のプリンターで印刷し
真ん中を折り曲げただけの
4ページのセルフマガジン。
めちゃめちゃ簡易な作り方だけど
でもセルフマガジンがあるのと
ないのとでは100万倍違う。
これぞセルフマガジンのお手本だ。

京都かさこ塾2期生の村川久夢さんが
1週間前に同じ塾生のチラシを見て
「やっぱり何か宣伝ツールが
あるのとないのとはまるで違う」
ことに気づき、この1週間内に
あっという間に作ってきたものだ。

いい?
中身も大事だけど
何よりも早く作ることが大事。
なぜなら「セルフマガジンがない」のは
自分がゼロ点であるのを容認しているからだ。
ねえ、それだったら10点でも20点でも
いいから早く作った方がいい。

そのためにわざわざ期日を設定した
セルフマガジン大賞という機会を設けた。
なぜなら一刻も早く
マガジンを作った方がいいからだ。

まだ間に合わないとか
先延ばしにする言い訳してるの?
個人の活動を紹介する冊子=
セルフマガジンづくりを
もうあきらめはじめた人たちがいる。
「やっぱり難しい」
「コンテストには間に合わない」
「フェスタにも間に合わないかも」

えっ?
何のためにセルフマガジン作るの?
自分の活動を宣伝するためでしょ?
ってことはだ。
クオリティや内容もさることながら
一刻も早く、1分1秒でも早く
セルフマガジンを作ることが何より重要だ。

完璧なもの、立派なものを作ろうとして
セルフマガジンが完成する期日を
のばせばのばすほど
自分の活動を紹介する
貴重なチャンスを逃している。

その時間ロスによる機会損失を
考えたことはあるのだろうか?

いい?
セルフマガジンを作る目的は
自分を知ってもらうこと。
そのためには一刻も早く作るのが
何より大事だ。
クオリティばかりに気を取られて
できる期日を先延ばしにしていたら
本末転倒だ。

とりあえずこんな簡易な形でもいいから
作ってみることだ。
そしてこの村川さんのように
作ってみたものを何人か見せて意見を聞き
その意見を聞いた上で
修正したものをまた作る。

そうやってまずは何でもいいから
作ってみてそれから50点にしたり
70点にしたりしていけばいい。
とにかくマガジンがないという
最低の0点という状況を
いち早く脱することだ。

A4を2つ折りでワードで宣伝文書を
作るぐらいだったら3時間ぐらいあればできる。

マガジンがないせいで
出会った人に自分の活動を
伝えることができないという
最悪の状況をいつ脱するのか?
今でしょ。

セルフマガジン大賞まであと1カ月もある。
やれることはいくらでもある。
大事なことはまずはじめの一歩を
踏み出すことだ。

いい加減、できない理由を見つけて
したいことを先延ばしにする
言い訳ばかりの人生におさらばしたい。

・村川久夢さんのブログ
http://ameblo.jp/happyend0108/entry-12148537726.html

・前回のセルフマガジン大賞の締切に
間に合わせてパワポで作った
鯰美紀さんのマガジンの意義についての記事
http://ameblo.jp/miki-um/entry-12149694244.html

・マガジンができないことを
言い訳にする人たちへの素晴らしい指摘
ダンサー大瀧冬佳さんのブログ
http://fuyukaohtaki.com/fuyuka/fuyukaohtaki-dance-41/

・感動した!多くの人は
この姿勢を100万回見習え!
画期的セルフマガジン
http://kasakoblog.exblog.jp/23795045/

・締切5/20!第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<セルフブランディングの基礎を教える
好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・札幌かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/
※10名以上集まれば開催

・広島かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・福岡かさこ塾
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

・千葉かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24298374/
※10名以上集まったら開催!

・東京かさこ塾昼
満席。キャンセル待ち受付中。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・東京かさこ塾夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

<セルフブランディング2時間講義>
・4/19札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/24030168/

・4/25横浜鶴見
http://kasakoblog.exblog.jp/24257344/

<5/29無料セミナー&対談イベント>
http://kasakoblog.exblog.jp/24292995/

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-14 21:55 | セルフマガジン
2016年 04月 08日
居酒屋のタッチパネルメニューと紙メニュー、みなさんはどっちが見やすいと思う?
居酒屋のタッチパネルメニューより
紙メニューの方が見やすいと思うのなら
セルフマガジンを作りなさい。

人件費削減や店舗運営の効率化、
さらにはコスト削減などから
居酒屋や飲食店などで
紙メニューが廃止され
タッチパネル式のメニュー&
注文システムが増えている。

店にとって紙メニューは面倒だ。
値段が変わったりメニューが変わったら
また印刷し直さなくてはならない。
印刷やデザイン変更などの
コストや手間がばかにならない。

でも。
客の立場にたってみるとどうだろう?
確かに注文はラクかもしれないが
メニューは紙よりタッチパネルの方が
見にくいのではないか。

何度も行っている店で
メニューがある程度わかっていて
注文が決まっているのなら
タッチパネルでもよいかもしれない。

でもそんなに行ったことのある店ではなく
どんなメニューがあるかもわからない店で
小さな1画面に8品程度しか表示されず
カテゴリーごとにいちいちタップして
1つ1つメニューを確認しなければ
ならないのは正直かなり見づらいのではないか。

「えっ!そんなメニューもあったの!」と
後になって後悔することも
あるのではないか。

視認性、一覧性という意味で
紙のメニューは非常に見やすい。
全体を把握しやすい。
パラパラと全体を眺めながら
気になるメニューをチェックできる。
いったりきたりもラクだ。

目的があって情報を探す人は
タッチパネルのような
デジタルの仕組みの方が探しやすい。
検索もできるしカテゴリーわけもできる。

でも。
明確な目的があるわけではなく
全体概要がわからない人に
情報を伝える手段としては
紙のようなアナログの方が優れている。

つまり。
自分のことを相手に知らせる手段として
ブログやホームページは
居酒屋でいうところのタッチパネルで
セルフマガジンが紙メニューにあたる。

自分のことをまったく知らない人に
自分のことを知ってもらうには
視認性、一覧性のよい
全体概要がわかりやすい
紙メニューであるところの
セルフマガジンの方がわかりやすい。

その上で特にここに興味を持った!
という方がホームページなり
ブログにいき、該当箇所を探して
より詳しい情報を見ればいい。

でもいきなりネットだと
よほど興味のある人でない限り
全体を見てはくれない。
トップページだけみて終わり。
「えっそんなこともやっているの?
知らなかった」ってことに
なりかねない。

だからみなさんにセルフマガジンを
作るのを勧めている。
セルフマガジンは手間なんです。
載せられるスペースも限られている。
作るのに手間もコストもかかる。
情報の更新ができないなど
デメリットは多いので
「だったら別に冊子なんかなくても
ホームページを充実すればよいじゃないか」と。

でもネットの場合は
全体感を伝えにくい。
だからセルフマガジンが必要なんです。

もしあなたは居酒屋の
タッチパネルメニューより
紙メニューの方が見やすいと思うのなら
セルフマガジンを作るとよいかと。

・締切5/15から5/20に延期!
第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・札幌かさこ塾(24期・札幌1期生)
6名申込、残席14名
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/
※10名以上集まれば開催

・広島かさこ塾(25期・広島1期生)
10名申込、残席10名
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・福岡かさこ塾(26期・福岡3期生)
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

・東京かさこ塾昼(27期)
満席。キャンセル待ち受付中。
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
13:30~15:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・東京かさこ塾夜(28期)
11名申込、残席9名
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
19:30~21:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

<2時間ブログ術講義>
・4/25横浜鶴見
http://kasakoblog.exblog.jp/24257344/

・4/19札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/24030168/

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
セルフマガジン大賞はここで発表!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-08 01:26 | セルフマガジン
2016年 04月 06日
セルフマガジンの作り方~表紙は冊子の顔!何案もつくる
e0171573_20482059.jpg

セルフマガジンで大事なのは表紙。
どんなに中身が素晴らしくても
表紙によって印象は大きく変わる。

どんな表紙にするか
作り方の主なパターンは
セルフマガジンの作り方講義再録DVDで
紹介しているけど
どんなパターンでいくか決まった後も
自分自身のラフ上で
いろんな案を作ってみることを
おすすめしたい。

もちろんお金を払えば
デザイナーに何案も作ってもらう
ということもできるけど
予算がない場合は自分自身で
いろんな表紙案を作って
どれがいいか検討してみるといい。

例えば私の「かさこマガジン」。
私の場合は仕事がカメラマンなので
表紙は自分が撮影した写真を使おうと
決めている。
とはいえどの写真を使うかで
印象は大きく変わるので
こんな風にいろいろあてこんで
どれがいいかを検討している。
e0171573_20482683.jpg
e0171573_20483141.jpg
e0171573_20483648.jpg
e0171573_20484062.jpg
e0171573_20484440.jpg
e0171573_20484995.jpg
e0171573_20485358.jpg
e0171573_20485954.jpg
e0171573_2049398.jpg
e0171573_2049875.jpg
e0171573_20491398.jpg

ぜひみなさんも表紙だけは
いろいろ案を作ってみて
インパクトがあり
自分らしさが伝わる表紙に
するとよいと思います。

・1カ月でセルフマガジンを作る!
いつまでに何をやればよいか10STEP公開!
http://kasakoblog.exblog.jp/24261309/

・セルフマガジンの作り方DVD販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/22102339/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

・第2回セルフマガジン大賞実施!5/20締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
セルフマガジン大賞はここで発表!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-06 20:50 | セルフマガジン
2016年 04月 04日
セルフマガジンの作り方:同じ内容でも見せ方が違うと印象は違う!
セルフマガジン作りで重要になるのは
中身を何を載せるのかというだけでなく
それをどう見せるのか。
デザインや切り口が重要になる。

同じ内容でもデザインが違えば
印象は変わる。
同じ内容でも切り口を変えれば
見え方が違う。

何を載せるのかが決まったら
それをどう見せるのか
考えるよいだろう。

・「かさこマガジン」による事例1
e0171573_27035.jpg
e0171573_27858.jpg

撮影している島猫写真を紹介するにしても
単に写真を並べるだけなのか
ランキング形式で紹介するのかで
意味も印象も変わってくる。

・「かさこマガジン」による事例2
e0171573_272579.jpg
e0171573_273223.jpg

プロフィールを時系列で
2段組みの文章で見せるのか
すごろく形式で見せるのかで
まったく見え方や印象は変わる。

・「かさこマガジン」による事例3
e0171573_274228.jpg
e0171573_274974.jpg

何かをまとめて紹介する際
きちんとボックスにして
きれいにならべて紹介するのか
写真を切り抜きなどして
多少写真の大小もつけつつ
フリーレイアウトにするのかでも
見え方が変わってくる。

・・・・・
どんな見せ方や切り口がよいのかは
いろんな雑誌やパンフレット、
他のセルフマガジンなどを参考にして
「こんな風に見せたらおもしろい!」
「こんな切り口で紹介するとよいかも」
みたいに他誌を参考にするのが
いい方法ではないかと思う。

・1カ月でセルフマガジンを作る!
いつまでに何をやればよいか
10STEP公開!
http://kasakoblog.exblog.jp/24261309/

・かさこマガジン1~5の
バックナンバーは冊子は
配布終了しましたが
PDFで閲覧できるので
参考にしていただければ!
http://www.kasako.com/kasakomz.html

・第2回セルフマガジン大賞実施!5/15締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・セルフマガジンの作り方DVD販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/22102339/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<好きを仕事にする大人塾
・名古屋かさこ塾(23期・名古屋2期生)
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24107902/

・札幌かさこ塾(24期・札幌1期生)
6名申込、残席14名
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/
※10名以上集まれば開催

・広島かさこ塾(25期・広島1期生)
9名申込、残席11名
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/
※10名以上集まれば開催

・福岡かさこ塾(26期・福岡3期生)
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

・東京かさこ塾昼(27期)
満席。キャンセル待ち受付中。
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
13:30~15:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・東京かさこ塾夜(28期)
11名申込、残席9名
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
19:30~21:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

<2時間ブログ術講義>
・4/25横浜鶴見
http://kasakoblog.exblog.jp/24257344/

・4/19札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/24030168/

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
セルフマガジン大賞はここで発表!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-04 18:05 | セルフマガジン
2016年 04月 03日
セルフマガジンがなかなか作れないのは欲張っているから~1テーマ決めなさい
個人版会社案内ともいうべきセルフマガジン。
あったらいいなと思い
いざ自分で制作してみると
なかなか中身や見せ方が決まらない人が
多いのではないだろうか。

なぜか。
ズバリ欲張りすぎているからだ。
目的は1つに絞った方がいい。
テーマを1つ決めた方がいい。
何個も欲張ろうとするから
中身も見せ方も決められないのだ。

目的とはたとえば
「新規の仕事獲得ツールとして使う!」とか
「ホームページに誘導する!」とか
「セミナー集客に役立てたい!」とか
「自己紹介として使う!」みたいなことだ。

1つの目的さえ決まれば
あとはその材料を集めていき
1:つかみ
2:中身
3:結論
の3段階で作っていけばいい。

作ろうと思っても
なかなか中身が決められないのは
目的をいろいろ欲張っているから
ないしはっきり決めていないことと
構成の3段論法である
「つかみー中身ー結論」を
意識しないからだ。

かさこ塾生にはおもしろい
ブログの書き方や
プレゼンの仕方を教えているが
セルフマガジンもそのやり方と
まさに同じだ。
ツールが変わっただけの話。
ブログやプレゼンの仕方と同様
そこでの展開の仕方を
セルフマガジンに応用すれば
話は早いだろう。

ただここでいう目的は1つというのは
複数のことを紹介してはいけない
という意味ではない。
自分の様々な活動内容を
網羅的に紹介するのはもちろんいい。
何も無理に1つのメニューに
絞れということではない。

たとえば「かさこマガジン1」は
私が撮影している写真は
いろんなジャンルがありますよ!
ということを知ってもらうために
作成したもの。

「カメラマンっていうけど
何を撮ってるんですか?」
とよく聞かれることがあり
いろいろ撮っているため
これを渡せば「これもあれも撮ってるのね」
とわかるような目的で作った。

たとえば最新号の「かさこマガジン6」は
「かさこ塾とは何?」という人に
見せるためのかさこ塾紹介が
一番の目的で作られている。

「かさこ塾って何?」って
聞かれることが多いものの
「これこれこういうものです」
という説明資料がなかったので
マガジンにその役割を託した。

とはいえ中身をみると
かさこ塾のことだけではない
と思うかもしれないが
私のこれまでの詳細経歴紹介は
すべてかさこ塾の教えにつながっていて
ようは私のように
今まで好きではない仕事をしていた人が
どうしたら好きなことが
仕事にできるようになるのかが
この冊子には1本の軸として
貫かれている。

好きを仕事にした私の人生。
好きを仕事にするための
ノウハウを教えているかさこ塾紹介。
その方法論としてのブログ術。

だからこそはじめのつかみが
「そろそろ自分に言い訳するのを
やめないか」からスタートし
最後は「本気で好きなことしか
成功しない」で締めくくられている。

そして冊子で一番目立つ
冊子中央のセンターページには
くすぶっている人を鼓舞する
私が作詞作曲した「OvertheRainbow」を
かさこ塾紹介ページの間に割って
わざとそこに入れ込んである。

40ページいろんなコンテンツがあるが
くすぶっていたり立ち止まっていたり
悩んでいたりさらなる飛躍をしたい
と思っている人の背中を押す
かさこ塾で教えていることが
全ページを通して
1本の軸として貫かれている。

1本の軸を決めれば
1つ目的を決めれば
ブレずに中身を作っていける。
ブレてなかなか決められないのは
はじめにきちんと目的設定が
なされていないからだろう。

目的があやふやなまま
中身や構成案に入るから
ああでもないこうでもないと
決まらない。

セルフマガジンを作る上での
手順をブログで紹介したが
一番大事なSTEP1に立ち返って
そこを固めてから進めると
なんとなくのマガジンではなく
軸がしっかりしたマガジン、
読者に訴えかけるマガジンが
できるのではないかと思います。

・1カ月でセルフマガジンを作る!
いつまでに何をやればよいか
10STEP公開!
http://kasakoblog.exblog.jp/24261309/

・かさこマガジン1~5の
バックナンバーは冊子は
配布終了しましたが
PDFで閲覧できるので
参考にしていただければ!
http://www.kasako.com/kasakomz.html

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

・第2回セルフマガジン大賞実施!5/15締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

<好きを仕事にする大人塾
・名古屋かさこ塾(23期・名古屋2期生)
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24107902/

・札幌かさこ塾(24期・札幌1期生)
6名申込、残席14名
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/
※10名以上集まれば開催

・広島かさこ塾(25期・広島1期生)
9名申込、残席11名
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/
※10名以上集まれば開催

・福岡かさこ塾(26期・福岡3期生)
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

・東京かさこ塾昼(27期)
16名申込、残席4名
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
13:30~15:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・東京かさこ塾夜(28期)
10名申込、残席10名
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
19:30~21:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

<2時間ブログ術講義>
・4/25横浜鶴見
http://kasakoblog.exblog.jp/24257344/

・4/19札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/24030168/

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
セルフマガジン大賞はここで発表!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-03 21:36 | セルフマガジン
2016年 03月 30日
1カ月でセルフマガジンを作る!いつまでに何をやればよいか10STEP公開!
e0171573_1223188.jpg
個人最強の営業ツール、
個人版会社案内のセルフマガジンを
多くの人に作ってほしいとの想いから
第二回セルフマガジン大賞を実施しますが
2016.5.15締切の大賞応募に
いつまでに何をすればよいのか
STEP10にわけて目安期日を設定してみました!

<大賞応募に間に合わせるための10STEP>
・STEP1:~4/1
作成目的を決めてください。

・STEP2:~4/1
どんな人に読んでほしいか決めてください。

・STEP3:~4/3
冊子に盛り込みたい要素を箇条書きで書いてください。

・STEP4:~4/3
冊子のページ数とサイズを決めてください。

・STEP5:~4/4
入れたい要素をページに割り振ってください。

・STEP6:~4/8
各ページにどんな要素を入れるのかラフを書いてください。

・STEP7:~4/15
ラフに基づいて材料をそろえてください。

・STEP8:~4/22
ラフに基づいてデザインしてください。

・STEP9:~4/27
デザインができたものを校正してください。

・STEP10:4/28
印刷所に入稿してください。

・GOAL:~5/15
完成した冊子をセルフマガジン大賞に応募!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

※あくまで目安です。
できるだけ前倒しが望ましい。
ページ数16ページぐらいまでを想定。
それ以上のページ数になると
時間がもっとかかる可能性があります。

・・・・・・・・・・・
何事も実現するには期日を決めて
逆算して何をいつまでにするかを
明確にすればクリアになります。
ぜひこの期日を目安に
進めていってみてください!

<まずは作り方を学ぼう!>
セルフマガジン作りにあたっては
作り方を解説した講義再録DVDを
ご覧いただくとわかりやすいです。

時間:約1時間半。WMV形式の動画。
内容:セルフマガジンの意義
セルフマガジンの作り方10ステップ詳細解説
画面には講演スライドが表示。
それに合わせた音声ガイダンス入り。
料金:
・データ(ネット経由で動画データ送信
※ギガファイル便利用)
代金:3000円(税込)
・DVD(データをDVDに焼いて現物郵送)
代金:4000円(送料込み・税込)

詳細
http://kasakoblog.exblog.jp/22102339/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-03-30 12:04 | セルフマガジン
2016年 03月 28日
セルフマガジン作り方のヒント~同じ内容でも見せ方によってこんなに変わる!
単なるそうめんを回転機で流せば
際立った名物になるように
文章やコンテンツもデザイン=見せ方によって
大きく印象が変わる。

個人最強の営業ツール。
個人版会社案内ともいうべき
セルフマガジンだが
デザインによって見え方が変わる
事例を紹介しよう。
e0171573_2335147.jpg

現在配布している「かさこマガジン6」の
制作過程を見てみよう。
「夢を叶えるブログ術」と題し
ブログの実践7ヵ条と
ブログをする7つのメリットを
紹介するページがある。
e0171573_23351217.jpg

はじめは単に文字をレイアウトしただけの
シンプルな白地のデザイン。
これはこれで見やすいといえば見やすいけど
冊子を開いた時のワクワク感や
にぎやかさには欠けてしまう。

そこで白地レイアウトのものに
私からデザイナーさんに
交互に色を塗っていただくよう指示。
さらに最上部の見出し部分を
写真にしたらよいのではないかと思いつき
写真を入れてもらってできあがったのが
完成系のデザインだ。
e0171573_23352266.jpg

e0171573_2335378.jpg

どうです?
同じ内容なのにぱっと見た印象は
きっと大きく変わるはず。

もちろん好みもあるので
一概にどちらがいいとはいえないけれど
楽しげでにぎやかなページなら
修正後のページの方がよいだろう。

またこのページのレイアウトは
修正前と修正後は単に色を塗っただけでなく
見やすくするよう細かな修正もしている。

それは左ページの7つと
右ページの7つのそれぞれの行数が
そろうように順番を入れ替えていることだ。
e0171573_23355082.jpg

見ての通りはじめの段階は
左右のページで行数が違うため
段違いになってしまっている。

そこで隣り合っている部分の
行数がそろうように順番を入れ替え
左右見開きで見た時に
きれいにみれるように工夫している。
e0171573_23423315.jpg

実は色を塗ったりデザイン処理したり
といったことよりも
こうした細かなレイアウトの調整が
全体の見た目の良し悪しを大きく左右する。

単にデザイン処理をすればいいのではなく
文字組みや文字量、左右のバランスなんかも
考えた上できれいに見える
レイアウトに調整していくと
ぱっと見た時に違和感なく
すっと入っていきやすくなると思う。

まあここまで細かいところに
気を使わなくても
冊子があるだけで絶大な効果を発揮するけど
でももしセルフマガジンを作ろうと
しているのなら、こうした部分も気にして
レイアウトやデザイン、見せ方を
考えていくとよいと思います。

・第2回セルフマガジン大賞実施!5/15締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

<セルフマガジン講座>
・3/31静岡
http://kasakoblog.exblog.jp/24192058/

・セルフマガジン作り方講義再録DVD
http://kasakoblog.exblog.jp/22102339/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<2時間ブログ術講義>
・4/19札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/24030168/

・4/25横浜鶴見
http://kasakoblog.exblog.jp/24257344/

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
セルフマガジン大賞はここで発表!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

<好きを仕事にする大人塾
=かさこ塾の受講者募集一覧>
・京都かさこ塾:満席。受付終了

・名古屋かさこ塾(23期・名古屋2期生)
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24107902/

・札幌かさこ塾(24期・札幌1期生)
5名申込、残席15名
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/
※10名以上集まれば開催

・広島かさこ塾(25期・広島1期生)
7名申込、残席13名
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/
※10名以上集まれば開催

・福岡かさこ塾(26期・福岡3期生)
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

・東京かさこ塾昼(27期)
14名申込、残席6名
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
13:30~15:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・東京かさこ塾夜(28期)
9名申込、残席11名
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
19:30~21:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-03-28 23:36 | セルフマガジン
2016年 03月 19日
セルフマガジンの作り方~かさこマガジン6はこの落書きから生まれた
e0171573_23483693.jpg
個人最強の営業ツールにもなり
自分の活動を端的に示すことができる
最強の自己PRツール「セルフマガジン」を
どうやって作ったらよいのか
私の制作例をもとに教えよう。

2万部印刷している私の最新セルフマガジン、
「夢を叶えるブログ術」(かさこマガジン6)
ですが、この落書きができたことで
セルフマガジンの方向性と構成案が明確になり
一挙に制作開始ができた。
(この落書きを書いたのが2015/11/23で
12/21には40ページを印刷入稿している)

何この汚い字の落書き?
と思われるかもしれないが
これこそがあの「かさこマガジン6」の
設計図の大元といっていい。
e0171573_23485242.jpg

セルフマガジンを作る上で問題となるのが
何を載せるかということと
それをどのような構成で載せるかということ。

いろんなことをアピールしたいと思う中で
読者の人がおもしろがり喜んでくれつつ
でも自分のアピールもでき
いろんなことが網羅されていながら
冊子として1つのストーリー仕立てになるには
どうしたらいいのか。
それには落書きが一番なんです。

こんな風にしたらどうか?
こんなもの載せたらどうか?
頭の中でぐるぐるしているだけでは
いつまでたっても考えがまとまらないので
まずは思いついたことを
紙に書き出す作業が重要なんです。

後々の制作工程を考えれば
メモ書きといえども
データ化しておいた方が便利なわけで
パソコンやスマホに向かって
メモを打ち込めばいいと思うかもしれないけど
いきなり機器を使ってしまうと
メモじゃなく清書しなきゃみたいな
意識が働いちゃうのと
アウトプットしたものを
柔軟な発想で自由に組み替えることが
しにくくなってしまうので
まずは落書きメモを勧めている。

ちなみにこの落書きだけど
今回のかさこマガジンを
3章仕立てでいこうというのが決まったもの。

「Ⅰ」と書かれているのは「かさこヒストリー」。
まず私が「好きを仕事に」するまでの
これまでの経歴を写真を交えて
より詳細に紹介して行こうというのを
決めたのがこの「Ⅰ」。

「Ⅱ」はブログ術。
私が「好きを仕事に」できたのは
ブログのおかげ。
読者にとってもブログをどう使うのか
興味がある内容だと思うので
「Ⅱ」ではブログ術を載せようと。

そして「Ⅲ」がかさこ塾の紹介。
単にかさこ塾の内容紹介ではなく
「なぜかさこ塾ができたのか」から紹介し
最終的にはかさこ塾をすることで
自立した個人を世の中に増やしていきたい
という想いがこの落書きに書かれている。

そうだ!この3章仕立てで
かさこマガジンを作っていけばいいのだ!
といろいろ考えながらの末にできた
この落書きによって
私のマガジンはほぼ完成したといっていい。
e0171573_23492059.jpg

この後、40ページに何を載せるのか
3章仕立てに沿ってばばっとラフを書き
あっという間に今回のマガジンの
原型となるものができあがったのだ。

ただこの落書きにいたるまで
何度もノートに思いついたことを
書き出している。
いろんなアイデアはあるけど
それをどうまとめるか
なかなか決まらなかったのだが
そうした材料を眺めながら
さてどうするかと考えた時に
この3本柱でいいと思いついて
あわてて落書きを書いた。

というわけでぜひみなさんも
セルフマガジンを作る際は
まず頭の中で思いついたことを
手書きのメモでどんどん落書きのごとく
アウトプットしていけばいい。
そうしているうちに
自分のマガジン構想が固まってきて
どんな内容をどんな構成で
載せるかが決まれば
あとは実作業をしていくだけで済む。

そんわけでぜひみなさん、
第2回セルフマガジン大賞もあるので
マガジン作ってみてください!

<セルフマガジン講座>
・3/23東京※残席わずか
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1104

・3/31静岡
http://kasakoblog.exblog.jp/24192058/

・第2回セルフマガジン大賞実施!5/15締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・セルフマガジン大賞優秀作品は
5/29飯田橋で行われる
かさこ塾フェスタ東京で発表!
開催日時:2016/5/29(日)11:00~18:30
場所:CST飯田橋
住所:東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル4F
交通:JR飯田橋駅西口改札より徒歩2分

*誰もが参加できるオフ会も開催!
19時~22時:飯田橋にて
https://www.facebook.com/events/924836440964978/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<好きを仕事にする大人塾
=かさこ塾の受講者募集一覧>
・名古屋かさこ塾(23期・名古屋2期生)
17名申込、残席3名
http://kasakoblog.exblog.jp/24107902/

・札幌かさこ塾(24期・札幌1期生)
5名申込、残席15名
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/
※10名以上集まれば開催

・広島かさこ塾(25期・広島1期生)
6名申込、残席14名
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/
※10名以上集まれば開催

・福岡かさこ塾(26期・福岡3期生)
15名申込、残席5名
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

・東京かさこ塾昼(27期)
10名申込、残席10名
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
13:30~15:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・東京かさこ塾夜(28期)
7名申込、残席13名
6/13(月)6/27(月)7/4(月)7/11(月)
19:30~21:30
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

<2時間ブログ術講義>
・4/19札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/24030168/

<誰でも参加できるかさこオフ会>
3/24名古屋
https://www.facebook.com/events/168604266836731/

・入場無料!誰もが来れるイベント
好きを仕事にする見本市=かさこ塾フェスタ
5.29(日)東京(CST飯田橋)、
6.25(土)福岡(警固神社)で開催!
https://www.facebook.com/kasakofestival/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-03-19 23:49 | セルフマガジン
2015年 12月 19日
年始の挨拶は年賀状ではなくセルフマガジンが当たり前になる時代
単に儀礼的な年賀状。
送るのにお金も手間もかかるのに
もらった側にも喜ばれない年賀状。
だったらそのお金と手間を使って
年賀状ではなくセルフマガジンを送りたい。

セルフマガジンとは個人紹介冊子。
今、どんなことをしているのか。
最近はどんな出来事があったのか。
今までどんな経歴を歩んできたのか。
どんな想いで活動をしているのか。
これからどんなことをしていきたいのか。

この冊子を送れば丸ごと自分がわかる。
自分の過去ー現在ー未来がわかる。
宣伝色の強いチラシではなく
自分のことを理解してもらえる
読み物風の冊子にしたら
きっと相手も喜んでくれるはず。

プライベートな出来事を加えたっていい。
たとえば今年結婚したとか
子供が生まれたとか。
こんな出来事があったとか。
近況報告もかねつつ
自分の仕事の宣伝もしながら
自分のことを思い出してもらえる
貴重なツールになる。

唐突にセルフマガジンを送っても
「なんだこりゃ?」という話になるけど
年賀状時期に発送したら
年賀状代わりなんだなと思ってくれるはず。
そう年賀状時期だからこそ送りやすい。

はがきサイズじゃ情報は入らない。
だから4ページでも8ページでもいいので
冊子を作って送ったら
いろんな情報を盛り込むことができ
詳しく近況報告ができる。
もしかしたら冊子をきっかけに
仕事が入ってくるかもしれない。

またこの時期にセルフマガジンを
作るのはいろいろとメリットがある。
まず自分自身がこの1年
どんな活動をしてきたのか
振り返るきっかけになること。

なぜ多くの人は自分のことを
客観視できないのか。
現在進行形で棚卸しすることなく
走り続けているからだ。
セルフマガジンを作るということは
その時点で時を止めて
自分の活動を整理しまとめ
客観的に振り返る絶好の機会になる。

またこの時期に作れば
来年からはこんなことしたいといった
目標を考えるきっかけにもなる。
だから年末年始のこの時期に
年賀状代わりにセルフマガジンを
作るととってもいい。

お金と手間をかけて
誰もトクしない年賀状を送るぐらいなら
セルフマガジンを作って送ろう。
プリントパックとかネットの印刷屋なら
かなり安く仕上げることができるし
少部数なら家のプリンターで印刷して
自分で製本したっていい。

私も年賀状をもらうより
セルフマガジンが届いたらすごくうれしい。
だって読みごたえがあるじゃないですか。
あけましておめでとうと
干支のイラストなんて別にいらないから。

そんなわけで私が年賀状代わりに
セルフマガジンを送るようになってから
今年で早いもので6回目。
私は年賀状は送りません。
お返しもしません。
ただ「かさこマガジン」40ページを
年賀状代わりに送らせていただきます。

ただ!!!
今年は制作が遅くなってしまい
年末年始にマガジンの発送が間に合わない!
そんなわけで2016年版かさこマガジンは
1月中旬頃の発送を予定してますので
しばしお待ちいただければと思います。

かさこマガジンですが
以前マガジン希望のメールを
送っていただいている方は
新たに希望メールを送る必要はありません。
以前いただいた住所に最新版も
毎年必ず送ります。

ただ住所変更している方は
お名前と新住所をお知らせください。
DM便で発送しているため転送はされません。
住所変更の知らせがないと
郵送料が無駄になってしまうため
住所変更した方は
kasakotaka@hotmail.com
でもツイッターやフェイスブックの
メッセージでも構いませんので
お知らせいただけるようお願いいたします。

また希望部数を変更したい方は
お名前と希望部数をお知らせください。
私負担で1部でも10部でも100部でも
500部でも送ります。
マガジンを知人友人に配ってくれるのは
大歓迎ですので遠慮なく
もらってください!

ちなみにかさこマガジンを
30部以上配布しれる方は約100人おり
100部以上配布しれる方は約30人以上います。
配っていただけるのはほんとありがたいです。

これまでかさこマガジンを
もらったことがない方は
郵便番号、住所(マンション名省かず)、
お名前、希望部数を
kasakotaka@hotmail.com
までお知らせください。
先に2015年版「かさこマガジン5」を送ります。

今まさに最新版かさこマガジン制作真っ最中。
ぜひ楽しみにしていただければと思います。

・8ページの冊子の作り方
http://kasakoblog.exblog.jp/23586920/

詳しい作り方については
1時間半にわたり作り方を紹介した
講義再録DVDを販売中。
http://kasakoblog.exblog.jp/22102339/

・好きを仕事にする大人塾=かさこ塾
仙台、大分中津、福岡、東京、鹿児島で開催。
参加者募集中。

・仙台(15期生)1/13、1/27、2/3、2/17
9名申込。残席12
http://kasakoblog.exblog.jp/23871721/

・大分中津(16期生)1/18、2/1、2/15、2/29
10名申込。残席5
http://kasakoblog.exblog.jp/23832441/

・福岡(17期生)1/19、2/2、2/16、3/1
20名満席※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/23832652/

・東京(18期生)1/28、2/4、2/18、2/25
20名満席※キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・鹿児島(19期生)2/8、2/22、3/7、3/22
6名申込。残席14
http://kasakoblog.exblog.jp/23880416/

・東京(20期生)3/2、3/9、3/16、3/23
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・2時間ブログ術講義:1/21大分
http://kasakoblog.exblog.jp/23891327/

・2時間ブログ術講義:2/9熊本
http://kasakoblog.exblog.jp/23938658/

・2時間ブログ術講義:3/15広島
http://kasakoblog.exblog.jp/23968697/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-12-19 23:24 | セルフマガジン