カテゴリ:生き方( 753 )


2017年 02月 16日

塾生じゃないからといって遠慮は不要。多くの人の人生好転のきっかけになりたい。ただそれだけ

かさこ塾生じゃないから
セルフマガジンをもらっては
まずいんじゃないか……。
塾生じゃないからフェイスブックの
投稿のコメント欄に書き込むのは
遠慮した方がいいのか……。

そんな空気を感じたので
はっきり言っておきます。
塾生じゃないからといって
遠慮する必要はなし。
どうぞ遠慮なく、好きを仕事にする
7つの武器を解説した
「かさこマガジン」を希望してください。
別にかさこ塾に入る予定がなくても
ぜんぜん構わない。

塾生じゃないからといって
フェイスブックのコメント欄に
コメントするのを遠慮する必要はないです。
どうぞ思ったことを書き込んでほしい。

なぜなら私がめざしているのは
一人でも多くの人が
人生好転させるきっかけになりたいから。
だから塾生とか塾生じゃないとか
そんなの関係ないんです。

だからこそブログで
かさこ塾で教えていることを
ダダ漏れしている。
だからこそフェイスブックで
かさこ塾で教えていることを
ダダ漏れしている。
だからこそかさこマガジンで
かさこ塾で教えていることを
ダダ漏れしている。

かさこ塾に来ようが来まいが
私の発信をみて何かに気づき
思い悩んでいたことが解決したり
やりたいと思ったことが
できるようになったり
人生がいい方向になったり
いい人との出会いがあったりしたら
私にとって幸せなことはない。

こんなキレイゴトを言っているのは
何も私が犠牲的精神で
社会に貢献したいと
思っているからじゃない。
回り回って自分のためになるからだ。

いやいや仕事をしている人が減れば
自分が購入したサービスや商品に
はずれはなくなるだろう。
好きなことをしている人が増え
思い悩んだり、迷走している人が減れば
自ら連絡しないで
キャンセルするバカがいなくなり
私が心地よく暮らせるだろう。
社会に迷惑行為する人が減り
生産性の低い働き方をする人が減り
回り回って私も幸せになれる。
つまりすべては自分のためにやっている。

極端なことをいえばね
社会に迷惑をかけている人は
好きなことをしていないから。
だからおかしなことをする。
だから社会や他人に迷惑をかける。
その迷惑行為が何らかの形で
私にふりかかってくる。

でも世の中、好きなことをする人が
増えれば、社会の迷惑行為は
ぐっと減ると思う。

地域活性化論でよく出る話だけど
自分の町だけよくなっても
隣町もよくならなければ
結果的には自分たちの町も
ダメになってしまう。

自分さえよければいいとか
自分の町さえよければいいとか
自分さえ儲かればいいとか
自分の塾生だけよければいいとか
それでは「幸せ」にはなれない。
幸せじゃない人が迷惑をかけるからだ。

自分が幸せになるには
自分が心地よく暮らせるようになるには
みんなが幸せにならないとダメなんです。
自分や自分の家族や自分の町や
自分が主宰する塾や自分の地域や
自分の国がよくなるには
みんなが幸せにならないとダメなんです。

たとえば日本だけがいくら
素晴らしい国になったところで
隣国にくそみたいな国があれば
迷惑を被ってしまう。
日本がよくなるには隣国もよくならないと
日本の平和が実現できないのと同じこと。

だから塾生じゃない人も
遠慮しないでください。
ブログを読んでノウハウを学び
フェイスブックで絡んでいただき
セルフマガジンも遠慮なく
無料でもらっていただければ。

私のブログなりフェイスブックなり
セルフマガジンなりがきっかけで
みなさんが人生好転する
きっかけをつかんでいただけたなら
それは回り回って
私にもプラスになるし
塾生にもプラスになるし
社会全体のプラスにもなる。

もちろんかさこ塾には来て欲しい。
ブログやかさこマガジンや
Youtubeの動画に塾で教えることが
ダダ漏れになっていたとしても
塾に来るのと来ないのとでは
雲泥の差だから。

受講費5万円以上の価値を
提供できると自負している。
塾生になれば個別添削を
してもらえること。
いろんな仲間とつながることで
自分を他者目線で見つめ直す
きっかけとなり
自分が活躍するフィールドを
塾によって広げることができるから。
塾で楽しいイベントにも参加できるから。

塾生か塾生じゃないかは
そこに大きな差はあるものの
でも塾で教えていることは
できるだけ公開していきたい。
塾に通えない人でも
ブログやフェイスブックや
かさこマガジンをきっかけに
人生好転するチャンスを
つかんでほしいから。

そんなこともあって今日思いついた。
そうだ、私のフェイスブックの
タイムラインを活用してもらい
塾生も塾生じゃない人も
人生よくなるきっかけに
してもらおうと。

そこで私のフェイスブックの投稿の
コメント欄を自己紹介&宣伝する
場としてFB上の友達に公開した。

私には約5000人の友達がいて
約9000人のフォロワーがいる。
いわば1万4000人が見ている
メディアのようなものだ。
そのコメント欄で宣伝できれば
いろんなチャンスがめぐってくる
可能性がある。

FB上には塾生だけが入れる
非公開のグループがあり
そこではそうしたことは
すでにしている。

でも塾生じゃない人にも
いろんな人とつながる場を
提供できたらと思い
そんな方法を思いついたのだ。

自分のタイムラインのコメント欄に
他人が宣伝するのを嫌がるのが普通。
でも多くの人が人生好転する
きっかけとなれる場を作れるのなら
こんなよいアイデアはない。

塾生だろうが塾生じゃなかろうが
下記リンク先の投稿欄で
遠慮なく自己紹介や宣伝をして
多くの人とつながってほしい。

また普段の私の投稿を見て
感じること、思うことがあれば
塾生じゃなかろうが
気軽にコメントしてほしい。

コメントすれば1万4000人に
自分の存在を知ってもらうチャンス。
もちろん変なコメントすれば
逆ブランディングになるわけだけど
いいコメントやおもしろいコメントを
頻繁にしていれば
自分の宣伝につながるわけだ。

塾生だろうが塾生じゃなかろうが
いい意味で「かさこ」という
「メディア」を活用して
自分の人生をよくするきっかけに
使っていただければ。

「きっかけはかさこさん」。
そんな風に思っていただけたら
私にとってはこの上のない幸せ。

・フェイスブックのお友達の方
https://www.facebook.com/kasakotaka/posts/1516366115059198
のコメント欄に自己紹介&宣伝どうぞ。

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

※マガジン無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私にアフィリエイト収入が入ります。
500万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon

■かさこ無料セミナーもあり!
4/16(日)かさこ塾フェスタ開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/25251107/

5/21広島、7/1福岡、10/28大阪でも
かさこ塾フェスタ開催!

■好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾
・2017/3浜松※満席キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

・2017/5東京昼夜
東京昼夜申込ページ

・2017/5京都
http://kasakoblog.exblog.jp/25297908/

・2017年6月札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/25317089/

■2時間凝縮ブログ術講義
・2017/2/24(金)熊本※被災地無料
http://kasakoblog.exblog.jp/25179006/

・2017/3/14(火)那須塩原
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)午後:川越
http://kasakoblog.exblog.jp/25196251/

・2017/4/5高知
近日中に告知

・2017/4/18(火)夜:沖縄那覇
http://kasakoblog.exblog.jp/25207366/

・2017/5/16(火)午後:松本
近日中に告知

■海外2時間ブログ術
・2017/6/7(水)イタリア・フィレンツェ
http://kasakoblog.exblog.jp/25227736/

・2017/6月上旬、フランス・パリ、
オランダ・デンバーグで予定

■気軽につながってください。
・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2017-02-16 00:37 | 生き方
2017年 02月 13日

DV暴力毒親に巻き込まれる子供を救う方法はないのか

夫からDV(暴力)を受けている女性が
ここ数ヶ月、フェイスブックに
夫の横暴ぶりを投稿している。
投稿を見る限り、この夫は異常。
完全に精神いかれてる
精神病患者といってもいい。

暴力をふるうだけではなく
お金の使い方がずさんすぎるなど
完全に人として破綻している様相だ。

こうした投稿を見て
FB上の友達が心配し
コメント欄に投稿しているのだが
でも当人はこのクズ夫とは
離れられないようで
夫の横暴を投稿したかと思えば
「いやでもその後は優しくしてくれた」
「いやでもいいところもある」
「ケンカは終わって仲直りした」
「原因はわかったからもう大丈夫」
という投稿がされる。

この繰り返しが数ヶ月続いている。
つまり何も問題は解決していない。

だからだんだんと友達が
減っていく。
心配して「そんな夫なんか
別れた方がいい」といっても
「いやそんなことはない」
と言われてしまうと
だんだんとバカらしくなってしまう。

なぜならその女性自身が
DV被害者でいることを楽しんでいるから。
DV被害者でいたいと思っているから。
抜け出す気がないから。
もっといえばDV夫になるよう
仕向けているから。

だからみなバカらしくなり
心配するコメントもしなくなり
繰り返される投稿にいやけがさし
友達から去っていってしまう。

私も別れた方がよいと
何度もコメントしている。
暴力をふるう時点でアウト。
問答無用でアウト。
さらにお金もずさん、
仕事も続かないなら
もはや一緒にいる意味がない。

でも当人は堂々巡りでループしており
被害投稿したかと思えば
夫をかばう投稿の繰り返しなので
「あー単なるかまってちゃんを
楽しんでいるのか」と思い
本当なら即刻友達から外し
面倒なコメントなどしないのだが
彼女を見捨てられない理由が2つある。

1つはダメ夫がいる前の彼女は
素晴らしかったこと。
変な男に引っかからなければ
ダメダメ女にならずになれる人なので
いつか気づくのではないかと。

そしてもう1つ。
彼女には連れ子の
小さな娘さんがおり
クソ夫が娘さんに
暴力をふるっている可能性があることと
仮に娘さんに暴力をふるってなくても
頻繁にお母さんに暴力をふるう姿を
見せられ続けられている
可能性があるからだ。

これは見捨ててはおけない。
子供には何の罪もないからだ。

DV被害を演じて楽しんでいる
女性自身はある意味、自業自得だから
周りが指摘したことに耳をかさず
DV被害と夫をかばう投稿を
ループさせることで
楽しんでいるだけなら
勝手にやればいいし
自らダメ夫を選んだ彼女が
どうなろうが
赤の他人である私には
知ったことではない。

でも小さな娘さんがいる。
娘さんは完全な被害者だ。
なぜなら親を選べないから。
お母さんがダメ夫を連れてきて
しまったがために
今までの生活から一転し
毎日が修羅場のような
毒親劇場を見せ続けられている。

これはスルーできない。
だから彼女の投稿に
しつこく何度も投稿している。
別れた方がいい。
これはDV。
子供がかわいそうと。

大人はいい。
自分で選べるのだから。
でも子供は親を選べない。
まして実父でもない。

子供は賢いから
お母さんから聞かれても
「大丈夫」というかもしれない。
でも大丈夫なんかじゃない。
暴力ふるう姿を連日
見せ続けられることにより
確実に心を傷つけられていく。

他人の家庭の問題は難しい。
他人が勝手に既存の価値観を
持ち込んで家庭の事情に
とやかくいうべきではないと
私は思っている。

でも。
これはやばい。
これはスルーしてはいけない。
他人の家庭とはいえ
子供が「虐待」されているのを
見てしまったのに
見てみぬふりはできない。

お母さん自身がどうなろうが
知ったことではないけど
子供は別。
このまま何年も
クズ夫と一緒に暮らせば
確実にお子さんの心は
壊されていく。

どうにか救う手立ては
ないのだろうか?
他人の家庭だから
介入するのは難しいのだろうか?
いや介入したところで
お母さん自身が
ダメ夫のダメさ加減、
異常さ加減に気づき
本気で別れようと思わない限り
介入したところで
問題は解決できないのではないか。

どうしたらいいのだろう?
しかもこうした問題は
この家庭に限った話ではなく
全国あちこちで起きている問題だ。

幼少の頃に親から
虐待を受けていたある人は
なぜ誰も助けてくれないのか?
なぜ家庭の問題は
他人が介入しちゃいけないのか?
毒親のせいでつらい幼少期を
送らざるを得なかったこと、
それを他人が介入しないせいで
つらい思いを続けざるを
得なかったことに
強い憤りを発信している人もいる。

そりゃそうだよね。
家庭外で暴力をふるえば
大きな問題になり
ブタ箱に入れられる。
でも家庭内なら暴力を
ふるってもいいのか?
ましてや子供に。

いいわけがない。
でも犯罪として立件しにく。
他人が介入できない。
でもそのせいで子供は
心の傷やトラウマを抱え
人生が生きにくくなってしまう。

こうした問題を解決する
方法はないのだろうか。

ここにあげた彼女は
まだループし続けている。
ループし続けているので
別れた方がいいと
まともなコメントする人は
どんどん減っていき
まだコメントしているのは
彼女に嫌われたくない
彼女に好かれたいと思っている
クズな人間ばかり。

ループしているのに
「よかったですね!」
「すごいですね!」
「解決したのですね!」
などなど。

おまえらバカか。
何も解決してねえだろう。
犯罪加害者に加担する
共犯者にでもなりたいのか。

挙句の果ては
「本人達の気持ちとか想いとか
一切見ずに「暴力!?
ダメダメダメ絶対!!!!!」
っていう固い思い込みが
あるように見えてます(*´▽`*)」
という暴力を肯定する
人間のクズまで表れる始末。

嫌われたくないから
そうしたコメントをする。
そしてそうしたコメントに
安心した彼女は
DVを受けているのに
DVじゃないから大丈夫と
またDVを肯定する方向に
向かっていってしまう。

でもその後ろには
お子さんがいるんだよ。
バカ親のせいで
「泣いてる」子供がいるんだよ。

想像力の欠如。

どうしたらいいんだろう?
私は引き続きコメントしたり
メッセージしたりして
当人には伝えていきたいけど
でもやりすぎれば
うざがられて
私もブロックされるかもしれない。

毒親バカ親DV夫から
子供を救う手立てはないのだろうか?

ダメ夫と一緒になる前の
凜としたあなたの姿に
戻ってほしい。
凜としたあなたの姿に。

■気軽につながってください。
・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。
申込フォーム

■好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾
・2017/3浜松※満席キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

・2017/3東京※満席キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・2017/5東京昼夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・2017/5京都
http://kasakoblog.exblog.jp/25297908/

・2017年6月札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/25317089/

■2時間凝縮ブログ術講義
・2017/2/24(金)熊本※被災地無料
http://kasakoblog.exblog.jp/25179006/

・2017/3/14(火)那須塩原
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)午後:川越
http://kasakoblog.exblog.jp/25196251/

・2017/4/5高知
近日中に告知

・2017/4/18(火)夜:沖縄那覇
http://kasakoblog.exblog.jp/25207366/

・2017/5/16(火)午後:松本
近日中に告知

■海外2時間ブログ術
・2017/6/7(水)イタリア・フィレンツェ
http://kasakoblog.exblog.jp/25227736/

・2017/6月上旬、フランス・パリ、
オランダ・デンバーグで予定

■かさこ無料セミナーもあり!
4/16(日)かさこ塾フェスタ開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/25251107/

5/21広島、7/1福岡、10/28大阪でも
かさこ塾フェスタ開催!

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-02-13 10:58 | 生き方
2017年 02月 11日

「本気を出せばこんなもんじゃない」って言っているあなたはいつ本気を出すんですか?

「本気を出せばこんなもんじゃない」
と言っているそこのあなた。
「また次がんばればいい」と言い訳して
目の前のことに全力を尽くさないあなたへ
あなたに次のチャンスはめぐってこない。
目の前のことに全力を尽くさない人間には。

「本気を出せばこんなもんじゃない」とか
「また次がんばればいい」と言っていいのは
目の前のことに全力を尽くした人間だけが
言える言葉だ。

「本気を出せばこんなもんじゃない」
「また次がんばればいい」
という言葉の裏に
「今回は手抜きをしてもいい」
「今回、忙しいから仕方がない」
「今回がんばらなくても
次の機会にがんばればいい」
「次回、本気を出せば成果が出せる」
という意味で使っているなら
やめた方がいい。

なぜなら負け癖がつくから。
人生の負け癖。
また次やればいいと永遠に言い続けて
一生、成長はのぞめない。
チャンスをものにできない。
チャンスすら与えられない。

全力を尽くしてダメでもいい。
全力を尽くせば次につながる。
でも次があるから手を抜けば
次にはつながらない。
成長しないまま
私できないごっこのループを
一生続けることになるだろう。

人は見ていないようで見ている。
全力を尽くした人間には
次なるチャンスが与えられるけど
「こいつ、手を抜いてるな」
と思われたら
あなたにチャンスは二度と回ってこない。

目の前の課題に真剣に
取り組まない人間など
信用できないからだ。

そんな私も昔は
目の前の課題に全力を尽くさない
クズな人間だった。

たとえば学生時代の部活や
体育の授業、マラソン大会など。
いっつも100%の力を出さず
70%の力でやっていた。
100%の力を出すのが
かっこわるいと思っていたから。
100%の力を出して
ぶっ倒れたらかっこわるいと
思っていたから。
100%の力を出したのに
負けたら悔しいから。

だからレギュラーにもなれなかったし
うまくもならなかったし
順位も悪かった。

でもね。
私はいっつもこう思っていた。
「本気を出せばこんなもんじゃない」と。

それであなたはいつになったら
本気出すんですか?
本気を出さない癖をつけていると
本気を出せなくなる。
あなた自身の力は
どんどん劣化していく。

目の前の課題に本気を出せ。
目の前の課題に全力を尽くせ。
それではじめて次につながる。

かつての私のように
自意識過剰でプライドが高く
それを必死で守るために
毎回70%の力でのぞんで
言い訳している人生を
送っている人がいたら
今すぐやめなさい。

毎回、真剣勝負。
チャンスはこの時しかない
という思いでやらねばダメ。

そんな思いで毎回真剣勝負を
していけば
あなたは飛躍的に成長できるはず。
「次がんばればいい」
という言い訳を封印し
「本気出せばこんなもんじゃない」
という見苦しい言葉も封印し
一つひとつ、ささいなことでも
目の前のことに全力を尽くしていけば
あなたの人生はひらけるように
なるだろう。

・遊びも真剣!
塾生に手を抜かない卓球動画

https://www.youtube.com/watch?v=b4dAk-k_Dwc

■全力で楽しむ!
好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾
・2017/3浜松※満席キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

・2017/3東京※満席キャンセル待ち
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・2017/5東京昼夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・2017/5京都
http://kasakoblog.exblog.jp/25297908/

・2017年6月札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/25317089/

■2時間凝縮ブログ術講義
・2017/2/24(金)熊本※被災地無料
http://kasakoblog.exblog.jp/25179006/

・2017/3/14(火)那須塩原
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)午後:川越
http://kasakoblog.exblog.jp/25196251/

・2017/4/18(火)夜:沖縄那覇
http://kasakoblog.exblog.jp/25207366/

・2017/5/16(火)午後:松本
近日中に告知

■海外2時間ブログ術
・2017/6/7(水)イタリア・フィレンツェ
http://kasakoblog.exblog.jp/25227736/

・2017/6月上旬、フランス・パリ、
オランダ・デンバーグで予定

■かさこ無料セミナーもあり!
4/16(日)かさこ塾フェスタ開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/25251107/

5/21広島、7/1福岡、10/28大阪でも
かさこ塾フェスタ開催!

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。
申込フォーム

■気軽につながってください。
・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-02-11 01:07 | 生き方
2017年 01月 24日

他人に嫉妬して醜い批判をしている人間のクズなあなたがクズから脱する方法

嫉妬している人間を超えること。
ただそれだけ。
批判とかイヤがらせとか
している場合じゃないから。

SNSを見ていると
実に醜い嫉妬コメントや
嫉妬投稿がある。

「儲かってるくせに」
「美人のくせに」
「のろけやがって」
「主婦のくせに」
「そんなの非常識」
「好き勝手しやがって」
などなど。

ほんとこういうコメントを
SNSという記録に残る形で
コメントするバカって
ほんと人間のクズだと思うんだけど
でもなぜそんな
コメントしちゃうかっていうと
妬んでいるから。
うらやましいから。

コイツ、ムカつく!
好き勝手しやがって!
批判してやる!
いやがらせしてやる!

あのさ。
ほんとにその人にムカついてるなら
嫉妬の醜い批判コメントや
いやがらせしてる場合じゃないって。
そんなことすればするほど
その人はますますヒーローになり
コメントしたあなたが
ネットという衆人環視のもと
バカ面をさらけだすことになる。

批判したい相手をより輝かせるための
演出道具になっていいんですか?
あなたがクズな行動をとればとるほど
ますますその人は輝き
あなたは誰も相手にされなくなる。

嫉妬してもいい。
妬んでもいい。
コイツ、ムカつくと思ってもいい。
そのエネルギーを
醜い批判コメントや誹謗中傷や
的はずれな意見を述べることに
向けるんじゃなく
そいつを追い抜くための
自分の努力に注ぎ込むんだよ。

「あいつ儲かってるムカつく」
と思うならあいつより稼いでみろ!
「あの人は美人でモテてずるい」
と思うならそいつよりモテる努力をしろ!
「あの人は好き勝手やってずるい」
と思うならその人以上に
自分の好き勝手やってみろ!

それが嫉妬した相手への真の勝利だ。
嫉妬した相手がムカつくなら
そいつを超えてみろよ。
そうした努力にエネルギーを
注ぎ込めよ。

たとえばキングコング西野氏を
的外れ批判している頭の悪い連中。
ムカつくならぎゃふんと言わせるため
西野氏を超えて23万部以上
本を売ってみろよ。
ムカつくならぎゃふんと言わせるため
西野氏以上に成功してみろよ。
ムカつくなら西野氏以上に
有名になってみろよ。

できないのか?
できないのか?
できないのか?

負けを認めるのか?
負け犬の遠吠えのごとく
誹謗中傷やいやがらせや
的はずれな批判や
感情論での好き嫌いコメントしか
できねえのかよ。

本気でムカつくなら
ムカつくやつを実力で超えてみろ。
それができないんなら
きゃんきゃん騒ぐんじゃねえ。

嫉妬はしてもいい。
ただその嫉妬のエネルギーを
相手への攻撃に使っても
ますますあんたがみじめになるだけ。

本気でムカつくなら
勝ちにいけ。
正々堂々と勝負して
結果であっといわせてみろ。
そしたらムカつく相手を
あっといわせることが
できるじゃないか。

いつまで嫉妬の感情を
マイナスなエネルギーに使ってるんだ。
悔しかったらそいつを超えてみろ。
それができれば
きっと人間のクズなあなたも
ハッピーな人生を送れるだろう。
嫉妬をプラスのエネルギーに変えて
自分の努力に向けろ。

<かさこマガジン7到着予定>
・21部~400部希望の方
1/24~1/26前後/宅急便

・2部~20部希望の方
1/26~1/29前後/ヤマトDM便

・1部希望の方
1/25~1/27前後/ヤマトDM便

・海外在住の方
2月~3月前後

・「好きを仕事にする7つの武器」を
解説した無料冊子「かさこマガジン」
希望の方は下記フォームにご記入ください。
申込フォーム

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・2017/2高崎※満席キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24838072/

・2017/2山口下関
http://kasakoblog.exblog.jp/24857135/

・2017/3浜松
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

・2017/3東京
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<2時間凝縮ブログ術講義>
・2017/2/24(金)熊本
※被災者無料。売上被災地に全額寄付
http://kasakoblog.exblog.jp/25179006/

・2017/3/14(火)那須塩原
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)午後:川越
http://kasakoblog.exblog.jp/25196251/

・2017/4/18(火)夜:沖縄那覇
http://kasakoblog.exblog.jp/25207366/

・2017/5/16(火)午後:松本

<海外2時間ブログ術>
・2017/6/7(水)イタリア・フィレンツェ
http://kasakoblog.exblog.jp/25227736/

・2017/6月上旬、フランス・パリ、
オランダ・デンバーグで予定

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-01-24 01:49 | 生き方
2017年 01月 24日

プレゼンもイベントも音楽ライブも卓球も。やったら終わりではなく反省し課題を明確にせよ

本番まで練習する人は多い。
でも本番が終わると
それで一安心してしまい
反省することを忘れてしまう。

もっと成長したいなら
次はもっとうまくしたいのなら
終わった直後に反省しなくてはならない。

たとえば音楽ライブ。
新年会でギター弾き語りをしたのだが
自分の動画を撮影しておき
何度も何度も見直している。
自分が好きなナルシストだからではない。
次にもっとうまくなるためだ。

なんとなくやった感ではなく
動画で客観視すると
あーここがダメだ、
ここもダメだってことが
明確にわかる。

いやこのままでもいいのかもしれないけど
でももっとよく見せたい
もっとうまくなりたいから
動画をもとに課題を明確にし
次の本番が決まっているわけじゃないけど
終わった翌日から
本番で明らかになった
課題克服のための練習を始めた。

卓球もそう。
打倒かさこと騒がれ
随分と相手が練習し始めた時に
私の課題は明確だったので
その課題を克服するための練習をした。
完全に克服できたわけではないが
その練習をしたおかげで
かさこ塾九州卓球大会で優勝できた。

自分の課題は何かを明確にし
そのための練習をし
次に臨めば間違いなく成長できるが
そうしたことをしない人が意外と多い。

本番に臨む際にも
テーマや課題を決めておくとよい。
たとえば私の場合、
新年会でギター弾き語りをすると決めて
10月ぐらいから練習し始めたんだけど
意外と早く仕上がったから
1月の新年会の前に
11月の名古屋フェスタで
チャレンジすることにした。
場数を踏める経験はそんなにないからだ。

で、そこの本番である程度
できたなという感触があったので
新年会では別の曲をすることに
変更した。
ある程度できる曲を
また新年会でしても意味がない。
もしかしたら単独ライブみたいな
話になった時に
1曲しか歌えないのでは話にならない。
これは絶好のチャンスとばかりに
新たな曲を新年会でやるという
課題設定にした。

単なる飲み会でも交流会でも
何かのイベントでも
事前に自分自身の課題を決めておくとよい。
このイベントではこんなことに
挑戦してみようとか
これをできるようになろうとか。

そして終わったらその課題に対して
自分がどれほどできたのかを
ちゃんと反省した上で
次に備えて新たな課題に取り組む。
その繰り返しをすることで
レベルアップすることができる。

何も考えず
ただ場数だけ踏めばいいとか
ただチャレンジすればいいとか
ただ練習するだけでは
うまくはならない。

課題設定→挑戦→できたところと
できなかったところの振り返り→
新たな課題の設定→挑戦という
サイクルを回していかないと。

どんなことでもそう。
ただ漠然とやるだけじゃなく
戦略的計画的に考え
課題の明確化と反省をすれば
一つ一つの積み重ねが無駄にならず
成長機会に変えることができるだろう。

<かさこマガジン7到着予定>
・21部~400部希望の方
1/24~1/26前後/宅急便

・2部~20部希望の方
1/26~1/29前後/ヤマトDM便

・1部希望の方
1/25~1/27前後/ヤマトDM便

・海外在住の方
2月~3月前後

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・2017/2高崎※満席キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24838072/

・2017/2山口下関
http://kasakoblog.exblog.jp/24857135/

・2017/3浜松
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

・2017/3東京
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<2時間凝縮ブログ術講義>
・2017/2/24(金)熊本
※被災者無料。売上被災地に全額寄付
http://kasakoblog.exblog.jp/25179006/

・2017/3/14(火)那須塩原
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)午後:川越
http://kasakoblog.exblog.jp/25196251/

・2017/4/18(火)夜:沖縄那覇
http://kasakoblog.exblog.jp/25207366/

・2017/5/16(火)午後:松本
・2017/6/7(水)イタリア・フィレンツェ
・2017/6月上旬、フランス・パリ、オランダ・デンバーグで予定

・「好きを仕事にする7つの武器」を
解説した無料冊子「かさこマガジン」
希望の方は下記フォームにご記入ください。
申込フォーム

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-01-24 00:17 | 生き方
2017年 01月 18日

あなたを束縛しようとする人はすべてガンである

「ほんとは~~したいんですけど
旦那が反対していて……」
「ほんとは~~したいんですけど
親が反対していて……」
「ほんとは~~したいんですけど
所属している協会が反対していて……」
「ほんとは~~したいんですけど
師匠が反対していて……」
「ほんとは~~したいんですけど
前に通ったセミナー講師が
反対していて……」

したいことを合理的な理由なく
ただただ反対する人は
あなたにとってガン。
言うことを聞く必要はない。
なぜならあなたのためを
思っているのではなく
その人たちが都合のいいように
あなたを支配下におきたいだけだから。

好きを仕事にする大人塾=かさこ塾を
していると受講生から
上記のような悩みを受けることが結構ある。
受講生が何の考えもなく
無謀な試みをしようとしているならともかく
本人が考えに考えて
でもやっぱりこれをしたいということを
反対するガンがいかに多いことか。

過度に束縛するのは
あなたのことを何も考えていない。
自分の手元にあなたを
おいておきたいだけだ。
あなたを自分の都合よく
使いたいだけだ。

別にその人から離れるわけではないのに
自分の思い通りに動かない「コマ」を
全力で否定しにかかる。
自分に自信がないから
他人に「盗られる」のでは
ないかと束縛する。

なぜ束縛するのか。
なぜ反対するのか。
あなたを1人のまともな人として
評価していないからだ。
あなたをおもちゃかペットだと
思っているからだ。
だから全力で反対する。
あなたがしたいことを阻む
抵抗勢力となる。

もし本当にあなたの味方なら
したいことをするための
方法を考えてくれるだろう。
ただやめろというだけでなく
やるのであればこんなリスクがあると
教えてくれるだろう。
反対するなら感情論ではなく
合理的な理由を述べて
説明してくれるだろう。

でもほとんどはそうではない。
ただただ気に食わない。
ただただ自分の手元においておきたい。
ただそれだけだ。

あなたのしたいことを阻む
たった1人の抵抗勢力のために
したいことができずに
我慢し続けるつまらんくだらん人生を
歩み続けなければならないのか?

あなたがその人の奴隷になりたいのであれば
したいことを我慢し
ご主人様の言うことをハイハイ聞けばいい。

それでいいんですか?
あなたの人生はあなたの人生で
誰かの人生ではない。
どんなに親しい存在であっても
あなたの人生の責任はとってくれない。
あなたの人生を生きるのは
あなた自身であって
誰かが代わりに生きるのではない。

「本当はしたいんだけど
~~さんが反対するから」
と言い訳しているうちは
自分の人生を自分で生きる覚悟がないだけ。
束縛されて奴隷のように生きて
それが快感なら奴隷人生を歩めばいい。

あなたは抵抗勢力の奴隷ですか?
それでいいんですか?
はっきりノーと言わない限り
あなたは一生奴隷のままだろう。

そろそろ言い訳をやめて
自分がしたいことをする人生に
シフトしたら?

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・2017/1横浜鶴見※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24878483/

・2017/2高崎かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24838072/

・2017/2山口下関かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24857135/

・2017/3浜松かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

・2017/3東京かさこ塾
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<2時間凝縮ブログ術講義>
・2017/2/24(金)熊本
http://kasakoblog.exblog.jp/25179006/

・2017/3/14(火)那須塩原
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・2017/3/26(日)午後:川越
・2017/4/18(火)夜:沖縄那覇
・2017/5/16(火)午後:松本

・好きを仕事にする7つの武器を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-01-18 21:18 | 生き方
2017年 01月 16日

どんなに魅力的な男でも暴力をふるう男と金遣いが荒い男は今すぐ別れなさい

好きになっちゃうと見えない。
好きになっちゃうと抜け出せない。
でもね。
暴力をふるう男は今すぐ別れなさい。
「いや時々優しいから」とか関係なし。
暴力をふるうというのは犯罪者ですから。
人でなしですから。
優しいなら絶対に暴力なんか
ふるわないですから。
暴力ふるわれてるのに
愛されてるとか好きだからとか
優しいからとかバカですから。
洗脳されてるだけですから。
だから今すぐ別れなさい。

あと金遣いが荒い男。
これもダメダメダメ。絶対にダメ。
借金したりギャンブルしたり
平然と高い買い物したり
お金の使い方に計画性がなかったり。
こんなクソ男と付き合ってると
生活が破綻する。
だから今すぐ別れなさい。
他がどんなに魅力的であっても。
金遣いが荒いのはなかなか治らない。
金がないと生活に悪影響を及ぼす。
しないでもいい苦労をすることになる。

特に結婚しているならなおのこと。
お金は大事。
っていうかさ、男の役割って
こういう言い方したら
誤解があるかもしれないけど
金を稼いでくることだよ。
金を稼いでエサを獲得してくる。
これが男の役割。
それができずに借金しちゃったり
貯金食いつぶしたり
お金稼げなかったり
金遣い荒いっていうのは
生物学的に見て無価値な男ということ。
だから金遣いの荒い男は
今すぐ別れなさい。

いい加減、目を覚ませよ。
でないとしぬぞ。マジで。

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする7つの武器を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-01-16 15:38 | 生き方
2017年 01月 13日

死にたいなら死ねば。それがかまってちゃんへの最善のアドバイス

世の中には困ったフリして
単にかまってほしいだけの
かまってちゃんがいる。
相談などと称して
悲劇のヒロインを演じて
単に自分に注目してほしい、
かまってほしいという
やっかいな人種だ。

先日あったのは死をほのめかす相談。
もう私はこの世に生きている意味はないので
かさこマガジンはいらないので
配信停止にしてくださいといった内容だ。

「了解しました!」

私の返信は以上。

もうなんていうかありありと
わかっちゃうんですよ。
メール文面から。

死をほのめかすことでかまってほしい。
「えっ死ぬなんてダメだ」
という返信を期待しているのが
わかるから、そんな返信はしない。

「死んだらダメだ」と返信すれば
「いや」「でも」「だって」
と延々とくだらんつぶやきがはじまり
それに付き合わされることになる。

死ぬ気もないのに
かまってほしいがために
死をほのめかし
それを否定してもらうことで
延々、話し相手になってほしいだけだ。
だから付き合わない。
「死にたいなら死ねば。
ただし他人に迷惑かけないように」
私のアドバイスはそれだけだ。

いやでもそれでその人が死んだら
どうするんだ!と言われるかもしれないが
そうなったらそうなったで
それは仕方がないこと。
だって私はその人の親でも子供でも
恋人でもない。
その人がそうしたくって
そうしちゃったなら
それはその人の人生なのだから仕方がない。

つい先日もこんな相談があった。
借金してまでもやりたいことを
したいけどどう思うという相談だ。

これもね、文面からありありと
こう答えてほしいというのが
わかっちゃう。

「そんな借金なんかしてまで
やっちゃダメだ」
でもそんな風に言ったら
「いや」「でも」「だって」
というのが目に見えている。

いやさ、自分で借金しても
やりたいって決まってるんだったら
相談する必要ないでしょ
っていうのが私の答え。

まさかの答えに不服そうだったけど
だって単にかまって欲しいだけでしょ。
否定されたら反論して
その議論を楽しみたいだけ。
そういうかまってちゃんは
私は相手にしないということを
過去の様々なかまってちゃんとの
苦い経験から学んだ。

時々いるんですよ。
そういうかまってちゃんが。
でも相談された相手は
嫌われたくないから
「死んだらダメだ!」とか
「借金なんかしちゃダメだ」とか
いっちゃう。
でもそれは相手の思うツボ。
そういう答えを期待して
かまってほしいだけなんだから。
そして本人の中では
答えはもう決まってるんだ。
だから無駄な時間に
付き合わない方が懸命。

本気で悩んでいる、迷っているなら
真剣に相談にのる。
でもかまってちゃん目的の
相談を私にしても
突き放してはい終了ですから。

「やりたいならやれば。
やりたくないならやめれば。
だって私の人生でもないし
私は何も困りはしない」

いい加減、甘えや依存のごまかしから
脱却してさ
自分の本音に向き合って
自分で自分の人生に責任もてよ。

いつまでもかまってちゃんしてると
どんどん人は離れていくよ。
そしてかまってちゃん相談がきたら
真に受けて真剣に相談にのってはいけない。
悩んでいるわけではなく
かまってほしいだけなのだから。

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

・好きを仕事にする7つの武器を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・2017/1横浜鶴見※キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24878483/

・2017/2高崎
http://kasakoblog.exblog.jp/24838072/

・2017/2山口下関
http://kasakoblog.exblog.jp/24857135/

・2017/3浜松
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

・2017/3東京
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<かさこセミナー>
・2017/3/14(火)那須塩原で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-01-13 23:45 | 生き方
2017年 01月 11日

学び続けて他人に評価されたい病にかかり、いつまでも満たされないあなたへ

自分に自信がない。
だからいろんなことを学ばなきゃいけない。
勉強してがんばればきっと自信がついて
人から認めてもらえるのではないか。
ダメな自分から脱却できるのではないか。

そんな風な思いから
終わりのない勉強病になっている人
結構多いのではないか。

この資格とったらあの資格。
この資格とったらさらに上の資格。
このセミナーで学んだら
今度はあのセミナー。
この分野を学んだら
今度は違う分野のお勉強。

学べば学ぶほど
自分に力がつき自信がつくはずだったのに
学べば学ぶほど不安になる。

これはできたけど、まだあれはできてない!
この分野も勉強しないと
マスターしたとはいえない!
学べば学ぶほど逆に自分の不十分さを
知ることになり
終わりなきマナビ病に陥ってしまう。

ねえ。いい加減、気づいたら?
学び続けてもあなたは
満足することはできない。
いろんな資格をとっても
いろんなセミナーにいっても
いろんな知識を学んでも
あなたは一生、自信を持てない。
なぜなら他人の評価を軸に生きているからだ。

他人から評価をされるために
いろんな鎧を身につけるために
あれもこれもと勉強したところで
自信がつくどころか不安になるだけ。

だから他人の評価を気にして
学ぶのはいい加減やめた方がいい。
自信をつけるために
いろんな「鎧」を身にまとうために
学び続けるのはやめた方がいい。

他人の評価がどうのとか関係なく
実務上、これがないと仕事にならない
と思うものだけ学べばいい。

たとえば車の免許がなければ
車に乗れずに地方で移動に困るなら
これは何が何でも勉強し
免許を取得しなければならない。
そのぐらい実生活上に
何が何でも必要なものは
しっかり学べばいい。

でもそうではないものを
次から次へと学ぶ必要があるのか?
いつまでお勉強ごっこをしているのか。
必要なことを最低限学び
あとは机上の空論ではなく
実務で現場で学べばいい。
その方がはるかに生きた知識になるし
はるかに稼げる力になる。

それではじめて真の実力がつく。
それではじめて他人の評価軸に
振り回されることなく
自分軸を持って自信を持って
生きていけるようになる。

外面ばかり気にしているから
他人の評価ばかり気にしているから
お勉強ごっこをやめられない。

お勉強ごっこはいわば
とっかえひっかえ
いろんな人と付き合っても
いつまでたっても満たされないのと同じ。

最低限必要な学びとは何なのか。
何のために学ぶのか。
目先の自己満足を得たいがために
学びに逃げるのか。
学び続けてがんばっている自分が
かっこいいとしか思っていないのではないか。
学び続けている姿を他人に見せることで
満足しているだけではないか。

学んで何かを「修了」すれば
「ステータス」を得られるから
学んでいるだけに過ぎないのではないか。

いつまでたっても
ダメな自分を演じ続けているから
学び続けないと気がすまないのではないか。

自信がなくて他人に評価されたい人の
深刻な病「オトナのマナビ病」。
大丈夫?
病気になってない?

そんな理由で学び続けていると
いつまでたっても満足も
自信も得られないよ。

いい加減、ダメな自分を演じるのをやめて
今ある自分を認めた上で
本当に実務上必要なものだけ学び
あとはお勉強ごっこではなく
実践で磨いていくことこそ
本当の自信につながるのではないだろうか。

・他人軸から自分軸へ。
ぜひ読んでほしい本。
「嫌われる勇気」

・好きを仕事にする7つの武器を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-01-11 23:42 | 生き方
2017年 01月 10日

コミュニケーション下手な人も、みんなも仲良くなる手っ取り早い方法

ゲームやスポーツをともにすること。
これだけで仲良くなれる。
これだけでコミュニケーション下手な人も
みんなと仲良くなれるきっかけがつかめる。

大人になるとゲームやスポーツなんて
なかなかしない。
一人でゲームをしたり
一人でスポーツジムに通ったり
みたいなことはあっても
みんなでわいわいゲームや
スポーツをする時間というのは
大人になると皆無ではないか。

でもね。ゲームやスポーツって
あっという間に仲良くなれる便利なツール。
会社内でやってもいいかもしれないし
仲間同士でやってもいいかもしれない。

今、好きを仕事にする大人塾=かさこ塾で
流行っているのが卓球と人狼ゲーム。
みんなおもしろくってハマる人続出。
塾の講義を終えた後や
何かのイベントごとで集まる度に
卓球やったり人狼ゲームやったりしてる。
それも何時間も。

卓球や人狼ゲームやったって
何のトクにもならない。
時間のムダかもしれない。
でもおもしろい。
多くの人が気軽に楽しめる。

飲み会や交流会で話しかけずらくても
スポーツやゲームを通じて
交流するきっかけが生まれ
その後、仲良くなったりもする。

スポーツやゲームって
決まりごとがあるから
コミュニケーションがしやすい。
かつ単なる娯楽だから
あまりいろいろ気にせず楽しめる。

別にかさこ塾は組織でも会社でも
団体でもない。
でも純粋に卓球が楽しい。
人狼ゲームが楽しい。
だからともに長時間過ごす。

そんなくだらないことに
時間を費やして楽しみながら
交流を深めていけるって
スポーツやゲームだから。

ぜひみなさんもスポーツや
ゲームを活用して
社内でもチームでも仲間でも
コミュニケーションの円滑化を
はかってみてはいかがだろうか。

・好きを仕事にする7つの武器を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

<かさこセミナー>
・2017/1/13(金)長崎で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/24779745/

・2017/3/14(火)那須塩原で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/25132190/

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・2017/1横浜鶴見
http://kasakoblog.exblog.jp/24878483/

・2017/2高崎
http://kasakoblog.exblog.jp/24838072/

・2017/2山口下関
http://kasakoblog.exblog.jp/24857135/

・2017/3浜松
http://kasakoblog.exblog.jp/24883983/

・2017/3東京
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2017-01-10 23:59 | 生き方