<   2001年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2001年 04月 29日

ゴールデンウイーク・その1

<1>
小泉総裁が誕生し、日本社会の改革が期待される中、世の中はゴールデンウイークに入った。
今年は5/1・2の平日を2日間さえ休めば、9連休になるという素晴らしいカレンダーだが、
現実の世の中は、みんながみんな9連休取れるわけでもなく、
たとえ休日を取れたとしても、異常な混雑と異常な特別料金のせいで、
実際にはせっかくの長い休日もどこにも行けないし、どこにも行かない方がましだったりするという、情けない現実が待ち構えている。
連休を有意義に過ごせるような環境作りを政府がしてやれば、
税金をつきこんで公共投資などしなくても、消費者がお金を使って経済効果が期待できるのに、
そういった観点からの景気対策というのは、残念ながら既成の政治家の頭にはないのだろう。

僕もいわゆるゴールデンウイーク迷惑の被害者の一人で、
5/1・2は働かなくてはならないし、かといって4/28~30、5/3~6とぶつ切りされた連休に、どこか遠出することもできずにいた。
でもその7日間をただ家でごろごろ過ごすのはあまりにもったいないので、どこか近場で適度に遊べるところはないかと考えていた。

<2>
そこで思いついたのが「競馬」である。
学生の頃は一時期よくやって毎週競馬場に行った時もあったが、
社会人になって暇でなくなると、わざわざ行くのがかったるくなった。
すっかりご無沙汰した競馬だが、久しぶりに行ったらおもしろいのではないかと、
競馬新聞を買って、昼過ぎに東京競馬場に向った。

競馬の一つの楽しみとして写真を撮るという目的もあった。
このところ旅行に行っていないので、無性に写真が撮りたくて仕方がなかったのである。
e0171573_2313554.jpg

それはいつまでたってもちっともよくならない日本社会に対して、
たとえばアメリカで無差別に銃を乱射した高校生のように、
たとえば渋谷で無差別に包丁を振り回して通り掛かりの人を殺した17才のように、
僕は銃や包丁の代わりに、写真という銃を外界に向って乱射することによって、
フラストレーション(欲求不満)を解消させていたのかもしれない。
いわば写真を撮る事は「空砲」を発射させることに他ならなかった。

<3>
e0171573_23144313.jpg

写真を撮ることもおもしろかったが、競馬そのものも大いに楽しんだ。
競馬は実に知的なゲームである。様々な情報から馬の順位を予想する。
パドックでの馬の状態、前走のレース結果、今までのレース結果、距離適性、血統、
騎手、レースローテーション、馬の名前、枠順、馬場状態、レース展開、倍率、人気など、
いろんな複合的な要因を鑑みて、総合判断していく通りかを選択し馬券を買う。
こんなに頭を使うギャンブルはあまりないのではないか。
だからこそ当たった時には、お金がもらえることはもちろん、とてもうれしいのだろう。

さてさてかさこさんの3年ぶりの競馬結果はどうであったかというと、
いきなりはじめのレースで40倍の馬連を当てて幸先よくスタート。
図に乗って掛け金をアップさせて穴狙いしたが、
メインレースの青葉賞を含む4レース立て続けに外して、あっという間に収支はマイナス。
メインレースの後の最終レースに最後の望みをかけ、
「絶対これだ!」と思った馬連に1300円賭けて勝負に挑んだところ、見事に的中!!!
20倍のオッズがついて、結局1日の収支はプラス2万円。                               
ほくほく顔で競馬場をあとにした。

ゴールデンウイークは残念ながら異国には行けないけれど、
日本の中の異空間で存分に楽しませてもらった。


by kasakoblog | 2001-04-29 23:12
2001年 04月 28日

辛いだけじゃだめなのだ

<1> ら-めん 亜寿加
渋谷駅南口からすぐ近く。ラ-メン本に載っていてうまそうだったので行ってみる。
四川辛口の味噌ラ-メン780円を注文。さすがにス-プは辛い。辛すぎるともいえなくもない。
次に麺を食べてみると、全くス-プと調和していない。ス-プの辛さ、味が全くしみこんでいないのである。

しかし麺そのものはすごくおいしかった。各パ-ツもなかなかいい。
手を抜きがちなメンマは、ただでかいだけでなく、歯応があってさっぱりしていてうまかったし、
2枚しか入っていないチャ-シュ-もやわらかくてうまかった。
味噌ス-プをわざわざ辛くさえしなければ、まろやかでうまみがあっておいしい。
各パ-ツはそれぞれいいのに、すべてそれを台無しにしているのが、辛口のス-プなのだ。

「辛い」というのは簡単に味を誤魔化すことができる。
具が少なくても麺がまずくてもス-プがまずくても、とにかく辛ければ、人間はその辛さだけが気になって、他の味覚を感じない。
辛くすることによって麻痺させることができるのだ。
逆にいえば、せっかくうまい素材が集まっていても辛いために、その素材の旨味を殺してしまうことになる。
この店はまさにそうだった。

四川辛口にこだわるのも結構だが、うまいラ-メンを追求するなら、
辛くない普通の味噌ラ-メンをだせば、相当うまいものになるだろう。
残念な店だな。

<2> 芳久(四ツ谷)
四ツ谷の交差点角の二階にあるラ-メン屋。
二階ということもあり、大きな看板も出ていなかったのでわかりにくかったが、
そんな店の場所が、ひょっとしたらすごくおいしい店なのかもしれないと思わせる。

メニュ-は、芳久らあめん550円にトッピングしたものと四川らあめん650円にトッピングしたもの。
さらに鰹節豚骨らあめんにトッピングしたものと3種類あった。
どのラ-メンも店名や特製といった言葉がつけられていて、何がおすすめなのかようわからん。
とりあえず四川らあめんなのだろうと見当をつけて頼んでみる。

夫婦2人でやっているのか、よくさばいていたが、昼のピ-クはしんどそうで出てくるまで15分ちかくかかった。
期待して出てきたラ-メンはなんのことはない。ただの辛いラ-メンだ。坦々麺といってもいいのかもしれない。
ス-プは辛いわりにあっさりしていて、いいといえばいいが、少々物足りなさを感じた。
もっととろっとして味に深みをつけたス-プの方がうまいのではないか。
ス-プが辛いのに麺にその味がしみこんでいかない完全分離タイプ。
おわんも立ち食いそばやにでてくるような小さいもので、量も少なかった。

ここで食べるのなら、さるらあめんといういわばつけめん方式の食べ方があって、
これがこの店で一番おいしく食べれる方法かもしれないが、
そうすると普通のラ-メンにするより100円増しになってしまう。

夫婦二人で忙しい中よく客をさばいていた態度は立派だったので、あまりこの店の批判をしたくないが、
客観的にみれば、あれだけ待たされて普通のラ-メンならとりたてて行く必要は全くない。

この程度の店を「おいしいラ-メン屋」として紹介するメディアの側に大きな問題があるのではないだろうか。


by kasakoblog | 2001-04-28 23:26
2001年 04月 27日

恋をすればするほど、人に優しくなれた。

by kasakoblog | 2001-04-27 23:27 | フォトエッセイ
2001年 04月 26日

「歴史的大敗」を生かせるか

今日の朝4時半から、サッカー日本代表対スペイン代表の試合がある。
前回フランス戦での「歴史的大敗」のせいか、攻撃的MF中村俊輔を外し、
全体的に非常にディフェンシブなスタメンが予想されている。
ほぼ5バックにして、MFも守備的な選手で覆い尽くされている。
つまりは2トップ以外すべて守りといってもいいフォーメーションが想定されているのだ。

前回5点取られて負けたから、3バックが崩壊したから、だから守りの人数を単純に増やしましょうというのは、
非常にナンセンスで、後向きな作戦だ。
後向きな姿勢では、いつまでたっても世界の壁を突き破ることはできない。
守るということは、よくて引き分けを望むという非常に消極的なスタンスだ。
守りを増やして引き分けになって「善戦した」などと思ったら大間違いである。

サッカーは点取りゲーム。
守ることも大切だが、まず考えることは相手のゴールを狙うことではないか。
自分のゴールを守ることばかり考えているようでは、いつまでたっても「善戦マン」にしかなれない。

歴史的大敗という教訓を受けて、本来すべきことはもっともっと攻撃する意識を高めることではないかと僕は思う。
3バックが崩壊したから5バックにするのではなく、4バックに戻してサイドの2人は攻める。
中田・西沢・中山で3トップにしてその下に名波・中村俊輔をおき、どんどん攻めさせる。
これは極端な話だが、僕はそのぐらい攻める意識を持っていいと思う。
守って1-0で負けて「強豪スペインに惜しくも負ける」なんていう試合より、
6-2でボロ負けたけど強豪スペインから2点取れましたという方が、チームの成長にはなるはずだ。

守る意識は捨てて欲しい。日本はディフェンシブなフォーメーションで攻撃できるほど、強いチームではないのだ。
だから思いっきりオフェンシブなフォーメーションにして、失敗を恐れずどんどん攻めて欲しい。
今はまだ練習試合なのだ。ディフェンシブなフォーメーションなどいつでもできる。
とにかく今は攻めて攻めて攻めまくること。攻撃の意識を持ち続けること。
それが日本代表が世界でトップクラスになるために必要なことではないだろうか。

さてさて、今日の結果はいかに?


by kasakoblog | 2001-04-26 23:28
2001年 04月 26日

血液型カップル

ある大学のサークルにおける、サークル内カップルの血液型調査を行った。
調査対象は、現大学2年生から卒6年までの9学年70人。
調査目的-恋愛において血液型が関係するのかどうか。
      -サークル内カップルにおいて血液型別によるカップルになりやすいさ度があるのかどうか。
      -サークル内でカップルになる確率はどのぐらいあるのか。またその破局率は?
以上の調査趣旨に基づき、調査を行った。

表1:男女別血液型分布
  男       女      計
A 13(37%) 16(46%) 29(41%)
B 11(31%)  9(26%) 20(29%)
O  7(20%)  7(20%) 14(20%)
AB  4(11%)  3(8%)  7(10%)
計 35人 35人 70人

1.ある大学のサークル9学年の男女別血液型分布表である。
2.このサークル全体における血液型分布は、A:B:O:AB=4:3:2:1の割合である。
3.女性はA型が多い。

表2:サークル内カップル
    男        女            計
A 7/13(54%)   13/16(81%)  20/29(67%)
B 8/11(73%)   6/9(67%)    14/20(70%)
O 2/7(29%)    3/7(43%)    5/14(36%)
AB 3/4(75%)   2/3(67%)    5/7(71%)
計 20/35(57%)  24/35(69%)  44/70(63%)

*表の見方=サークル内でカップルになった人数/全体の人数
(たとえばA型の男性は13人中7人がサークル内でカップルになっているという見方)

1.男性ではB型、女性ではA型が、サークル内でカップルになりやすい。
(特に女性のA型のサークル内カップル率81%は驚異的な数字)
2.O型は男女ともサークル内ではカップルにはあまりならない。
3.AB型は男女とも少ないながら、そのほとんどがサークル内でカップルになる。
4.男性より女性の方がサークル内でカップルになる確率が高い。

表3:組み合わせ
組み合わせ 組数 割合 破局数 破局率
A-B    9組  36%  5組  56%
A-AB   5組  20%  2組  40%
A-A    3組  12%  2組  67%
A-O    2組  8%  1組  50%
B-B    2組  8%  2組 100%
B-O    2組  8%  2組 100%
B-AB   1組  4%  0組   0%
O-O   1組  4%  0組   0%
計     25組 - 14組  56%

1.A-Bカップルが実に36%と実に多い。
2.ABの相手はほとんどA型である。
3.同血液型カップルは少ない。
4.同血液型カップルの破局率は極めて高い。
5.2組に1組以上は破局する。
6.ちなみにこの25組の中で、結婚に至ったのは1組だけである。(現時点で)


by kasakoblog | 2001-04-26 23:13
2001年 04月 25日

スイスホテルの思い出

世界からのニュースではっとする時がある。
昨日もそんな出来事があった。
朝刊に載っていた、トルコ・イスタンブール「スイスホテル」に武装グループが乱入した事件。
「スイスホテル」と聞いて、「あっ!」と思った。
そこには5年前に行ったことがあったのである。

バックパッカーの僕が高級ホテル「スイスホテル」に泊まったわけではない。
「スイスホテル」にある日本料理屋に行ったことがあるのだ。

それはトルコ旅行での思い出深い一シーンだった。
僕はサークルの後輩と二人で旅行をしていた。
自由気ままな旅でとても楽しかったが、カッパドキアで二人同時に異変が起きた。
極度の下痢が襲ってきたのである。
どんどんひどくなる一方で、次第に元気がなくなり食欲もなくなっていた。
このままではせっかくの旅行がつまらないまま終わってしまう。
そんな時に二人は名案を思いついた。

「そうだ、とびっきりうまい日本食を食べよう。そうすればきっと元気になる」
そういってガイドブックを探して見つけたのが、スイスホテル内にある日本料理屋だった。
そのためにわざわざタクシーでホテルまで乗り付け、金にいとめをつけずに、
もう下痢なんか恐がっていても仕方がないと開き直って、たらふく日本食を食べたのであった。
そのおかげで、お腹の調子も良くなり、元気を取り戻し、トルコでの旅の日々を楽しんだのであった。

そんな思い出の舞台にまさか武装グループが乱入し、人質をとって立てこもっているとは、なんとも複雑な思いだった。
こういった形で、自分が旅した場所と出会うことがあるのだ。
できれば良いニュースで自分が旅した過去の場所を思い出したいものだ。

それにしても「スイスホテル」とはほんと懐かしいよね、旅を共にした須藤君。


by kasakoblog | 2001-04-25 23:30 | 旅行記
2001年 04月 24日

「辺境・近境」村上春樹著

村上春樹の本は基本的に結構好きだが、旅ものというか紀行ものには痛い思い出がある。
「遠い太鼓」というギリシア・イタリアの話は偉く退屈し、くそつまらなかったので、
この紀行本「辺境・近境」を読むのは避けていた。

しかし読んでみたところ、この本はなかなかおもしろかった。
特に印象的だったのが「ノモンハンの鉄場」。
ノモンハン事変の起きた現場へと、中国側・モンゴル側の国境を草の海を延々駆け抜け、その舞台に立つ。
当時の戦争の現場がそのまま残された世界でも珍しい場所だ。

こんなところに観光に来る人はもちろんいない。
鉄の墓場を目のあたりにした著者が、その光景に心を大きく揺さぶられる気持ちはよくわかる。
こんな、なにもない、ただ虫がうじゃうじゃといるどうしようもない荒地を巡って、
たくさんの命を犠牲にして争ったその戦争の残骸が、草原にとり残されているその光景は、
きっとそれはすさまじいものなのだろう。
人を震撼させるほどの光景が、ほんの数十年前、日本がかかわった場所にあるのだ。
そこはまさしくこの世の「辺境」の地といえる。

讃岐うどん紀行もなかなかだった。
ただおいしい地元の讃岐うどん屋を紹介するだけでなく、かなり変わった店も紹介していた。
たんぼの真ん中にあって、看板もなにもない、
店というより家に入って勝手に自分で置いてあるうどんをゆでて食べるという店があるそうだ。

「辺境を旅する」という談話記事でこう述べている。
「アメリカ大陸を車で横断するのと、四国で1日3食、3日間ただうどんを食べ続けるのと、
いったいどっちが辺境なのかちょっとわからなくなってくるところがある」
まさしく讃岐うどん紀行の方が「辺境」なのだ。

「秘境」がテレビや本であちこち紹介されるぐらい、今の時代には物理的な辺境地などありえなくなっている。
じゃあもうこの世に秘境はなくなったかといえばそうではない。
自分の心に「旅」する気持ちがあれば、
日本だって辺境を感じられるような場所があるということを、この本は示してくれている。

「心の中に辺境を作り出せること」
それができるかどうかが、インターネット席巻時代における、心の豊かさなのかもしれない。


by kasakoblog | 2001-04-24 23:37 | 書評・映画評
2001年 04月 23日

死者への意識

総裁選の真っ只中、前代未聞の出来事が起こった。
小泉さんを応援する田中真紀子さんの「お陀仏さん」発言で、党紀委員会にかけるというのだ。
おいおい、自民党の諸君、何バカなこといってんだい?
田中さんの発言が党紀委員会にかけるようなことなら、
日本の一大事にゴルフをして遊んでいた森総理こそ党紀委員会にかけるべきではないのか?

それにしても日本という国は、死んだ途端にその人物を賛美する傾向がある。
もちろん死者を大事に扱うことはいいことだと思うが、
だからといって死んだら、生きている時以上に過大評価するのはおかしいことだ。
過大評価も過小評価もともに死者を侮辱することに変わりはない。
ありのままを評価・批評することが、本当の意味で死者への礼儀ではないだろうか。

昨年、小淵首相が亡くなった途端、急にその功績を過大評価する風潮が表れ、僕はつぶやきで警告した。
(2000年5月16日のつぶやきかさこ)
今だに流通しない意味のない2000円札の発行と、500円玉対応の遅れ。
世界一の借金王と開き直る態度。
死んだからといってその悪政策への評価は変えることはおかしいと。

マスコミもおかしいのだ。
生きている間は、しょうもないスキャンダルを追い掛けまわして、特ダネと騒いでいるが、
死んだ途端にその人物の功績を褒めたたえるような内容しか伝えないというのは、
ある種の情報操作であり権力の悪用でもある。

イギリスの名探偵シャ-ロックホ-ムズがこんなことを言っている。
「僕は過大評価も過小評価も好まない。ありのままを評価することが最も正しいことだ」

死んだ途端、ロック歌手の人気が急に出たり、死んだ途端、表彰や勲章を与えたり、功績を褒め称えたり、
日本では死者に対する過大評価と、生きている人間に対する過小評価が見受けられる。
田中真紀子さんの発言に賛成するわけではないが、死者に対する過剰な反応は、
物事の本質を見失う危険性を伴っている。
死者も生者も正しく評価することが必要ではないだろうか。


by kasakoblog | 2001-04-23 23:41 | マスコミ
2001年 04月 22日

目先の利益か、十年後の未来か。

先日、自民党総裁候補4人によるテレビ討論を興味深く見ていた。
4人の候補は、政策で大きく2つに分けることができる。
目先の景気対策を優先する亀井さん・橋本さん・麻生さんと、長期的な構造改革をめざす小泉さんとにだ。

もうこの時点で総裁は誰になるか決まったようなものだ。
今の時代に、旧態依然たる景気優先政策を取ることは明らかに時代に逆行している。
目先の利益しか考えずに金をばらまいた結果が、バブル経済であり不良債権の温床となったのだ。
それをまた繰り返そうと考えている候補が3人もいることは誠に嘆かわしい。

3人の中で最も古い思考の人間が亀井さん。はっきりいって彼は論外。
しまいには国民人気取りのためか消費税3%などという政策を持ち出す始末。
彼の頭はほんと目先のことしか考えていないことがわかる。

その次に古い思考の人間が橋本さん。
番組の司会である筑紫さんが「橋本総理時代にかかげた構造改革は間違っていないのではないか」と質問した通り、
実は以前の政策は方向的には間違っていなかった。
しかし今度は党内のご機嫌うかがいなのか、構造改革路線を捨て景気優先政策に走った。誠に残念なことである。

そして今まであまり名の聞かなかった麻生氏。
彼は景気優先という括りながら、3人の中では最もきちんとした政策を持っている人だ。
短期・中期・長期と経済政策を3つに分けて考えていることなど他の2人には見られない傾向。
その政策の中身も実に現実的でよい。
小泉総理のもとで経済担当大臣になることがこの人にとっては一番最善の道のような気がする。

小泉氏の構造改革優先政策に対して、他の3氏は反対した。
特に亀井さんはこういった。
「今、構造改革をすることは失業率を上げ、自殺者を増やすだけだ」

その通りだと思う。しかし今やるべきなのだ。
今、景気対策優先したら一時的に失業率は減るかもしれないが、それは単につけを先送りしているだけ。
ここ1~2年の失業率を下げたところで、10年後に失業率が10倍になってしまえば意味がない。
構造改革せず短期的な景気対策を優先するというのはそういうことだ。
目先の景気優先のために日本社会の未来を潰してはならない。

今すべきことは、今までさんざんその場しのぎで先送りしてきた問題を、根本的に解決することだ。
手術は早ければ早いほうが治る確率は高くなる。
今まで痛み止めを打ってごまかしてきた日本は、今こそ根本的な害悪を取りのぞく手術をする必要があるのだ。
今の苦痛を抑えるために痛み止め(景気優先政策)を打ったところで、薬に慣れてしまっている重病患者(日本)にはもはや効かないだろう。

誰が総理になろうがどこの政党が政権を握ろうが、今やることは景気優先政策ではなく、構造改革でしかあり得ない。
今は、日本の社会そのものを変革する時期にさしかかっている。


by kasakoblog | 2001-04-22 23:47 | 政治
2001年 04月 21日

先輩

僕は今の会社にしても、前の会社にしても先輩に恵まれた。
特に仕事を直接教えてもらう教育担当の先輩にである。

アイフル時代の教育担当は2つ年上の先輩だったが、年の若さに似合わず、実にしっかりしていて面倒見がよかった。
仕事もできたし、仕事や会社に対する考え方も大人だった。
そんな先輩の元で仕事を教えてもらったのは、すごく勉強になった。

先輩の手から離れ一人でバリバリ仕事をこなすようになってからも、どこかで先輩が見守ってくれるという安心感があった。
ミスをした時や困った時にいざ頼れるのはその先輩だった。
だから、僕が入社して1年後に先輩が異動になったことは、心にぽっかり穴が開いてしまったような気がした。
仕事上では、先輩も抜き営業成績はダントツトップであったが、いざ先輩がいなくなるとすごく心細い。
でも逆に先輩の異動が、一人立ちする出発点となった。

そしてまた、今の会社でずっと仕事を一緒にやってきた先輩が会社を辞めることになった。
この先輩は同い年の女の子にもかかわらず、実にいろんなことを知っていたしよく面倒を見てくれた。
仕事はできるし、仕事以外の雑用もいとわず自分からやっていたよくできた人だった。
すごく仕事ができるので、それに甘えてしまったところもあったが、
その先輩の仕事ぶりを目の当たりにしながら仕事したことは、自分にとって大きな勉強になった。

転職2年目。異業種からの転職とはいえ、中途で入ったのだから、
そろそろしっかりした自分の実績というものを残さなければなと考えていた矢先に、先輩が辞めることになった。
それはショックでもあったが、自分が一人立ちする良いチャンスだとも思えた。
多分、仕事はしんどくなる。しかしその分、責任とやりがいがついてくる。
2年目の自分の飛躍にとっては大きな意味を持つことになった。

職場の上司や教えてくれる先輩によって、その人の仕事への取り組みは大きく変わっていく。
そしてまたそこから一人立ちするタイミングもまた重要である。
まだ僕は2つの会社しか知らないが、先輩との出会いには恵まれた。

先輩、ありがとう。


by kasakoblog | 2001-04-21 02:23 | 働き方