好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2002年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2002年 03月 30日

狂牛病騒ぎはどこへ・・・

<1>
あれだけ騒いだ狂牛病だが、今はすっかり過去の出来事となった。
がらがらだった焼肉店は、狂牛病対策のために、
毎日肉を100円引きにしたり、ドリンク1枚目100円にしたり、
涙ぐましい努力をしていたにもかかわらず、全然客は入っていなかった。
僕なんかはそんなこと気にせず、
(というより今さら騒いだところで、前に食べていれば意味がない。
第一狂牛病の肉を食べてすぐに死んだという人はいない)
安いことをいいことに焼肉屋はしばしば利用していた。
狂牛病という大逆風の中、来てくれる珍客とあってか、随分、店員にも親切にしてもらった。

ところが。
日曜日の夜行くと、雨の降る中、外で3,4組、焼肉屋に並んでいるのだ。
もちろん安売りは全くしていない。
狂牛病対策であわててメニューに加えていた豚・鶏肉は、
ほとんど見向きもされず、みんなあの2,3ヶ月前に態度はどこへやら。
牛肉をほおばるほおばる。

店員のレベルも随分と下がった。
間に合わせのアルバイトを集めて、「あったかいお茶をくれ」といって全然こなくってしばらくたつと、
同じ店員が、「食後にあったかいお茶か冷たいお茶をお持ちしましょうか?」という始末。
これにはあきれてものも言えなかった。

<2>
マスコミに踊らされて、その場その場で、
食べたり食べなかったりしても、安くしたり値段を戻したりしても、
そういう一貫性のない態度をとっている人間に危機は乗り切れない。
食べないなら食べない。食べるなら食べる。
騒ぎの時は店員も親切で値段も安いが、
騒ぎがおさまってしまったら、店員のサービスレベルは下がり、値段は高くなる。
こういった態度は「臨機応変」ではなく単なる場あたり主義だ。

僕は卒論で「なぜ日本が無謀な戦争に突入していったのか?」というテーマで書いた。
その要因の一つに、「場あたり的外交」をあげた。
激変する国際情勢だからこそ、きちんとした長期的視野を持ち、
終始一貫した態度をとらないと、必ずおかしなことになる。
勝手にいいように解釈して「これはいける」と短絡的に戦線を拡大していったがために、
引き返すに引き返せずに、泥沼にはまって敗戦せざるを得なかった。

日本は今、社会も経済も厳しい情勢にある。
こんなときだからこそ、消費者も生産者も、政治家も官僚も、
その場限りの対応ではなく、長期的視野を持つ必要があるのだ。

狂牛病騒ぎであれだけ焼肉屋を避けた消費者が、列をなし、
あれだけ必死になって企業努力していた店が、殿様営業になる。
そういういい加減な日本人を見ていると、この国の大衆を操るのは簡単なことだなと思う。


by kasakoblog | 2002-03-30 22:23 | マスコミ
2002年 03月 28日

注目の一戦

昨日行われたサッカー日本代表とポーランドの試合は、注目すべき試合だった。
本番まで約2ヶ月となったトルシエジャパンの「実験室」は終わりを迎えた。
これからやるべきことは、海外組と国内組のレギュラー想定メンバーのコンビネーションの強化だ。

その意味で昨日の試合は久々に中田英・小野・川口と勢揃いした特筆すべき試合。
(わざと稲本を抜いている理由は後述)
しかもポーランドという強豪相手にヒデが決め、2-0で勝ったということは非常に大きな意味がある。

昨日の試合で結果を残した選手は、なんといっても市川だ。
本番では前半からスタメンで出て積極的に点にからむ仕事をし、
後半途中で選手交代(負けていれば三都主や中村俊輔、勝っていれば波戸や服部)をすればいい。

そしてもう一つ、小野の急成長ぶりだ。
昨日の試合では中田英と同じぐらい大きな存在感があった。
攻守ともによく働き、自分のポジションにとらわれず、その場その場の状況で、 最も良い判断を下していたのではないだろうか。
これはサイドがなかなか決まらなかった日本代表にとっては大きな出来事だ。

ちなみに海外移籍組で冴えがなく交代させられた稲本は、個人的にはあまり好きではない。
中田英や川口らの精悍な顔つきに比べて、あのぽっちゃり太っちょ顔はなんだ?
ああいうだらしのない顔つきの選手はフィールドに立って欲しくない。

昨日はポーランドの調子が悪かったのか、たまたま点が取れて勝ったが、
根本的に日本代表の決定力不足は変らない。 (日本の選手層で最もレベルの低いのがFW陣だから)
本番もこんな風に行くとは到底思えない。
決定力不足のまま、良くて引き分け。一瞬の隙をつかれて1点取られて0-1で負ける。
きっとそんなパターンが続くだろう。

だから日本は決定力不足を補うために、前半はオフェンシブに行くべきだ。
僕の考えうる現段階での日本代表メンバーは、以下の通り。

FW:柳沢・鈴木
トップ下:森島
サイド:小野・市川
ボランチ:名波・中田英
DF:松田・森岡・中田浩
GK:川口

キープ力のある鈴木と、決定的チャンスに走り込む柳沢の2トップ。
他のFW陣はいまいち。場面によって使うとしたら中山ぐらいで、あとははっきりいってくずだ。
展開によっては中田英をFWに使ってもいい。

ポイントはトップ下に森島を置くこと。これは決定力のないFW陣を補うためには絶対必要。
トップ下というより3トップに近い感じか。決定力のないFW陣が外したところを森島が狙う。かきまわす。

そして両サイドは、ポーランド戦で絶妙のバランスを見せた小野ー市川コンビ。
これはかなりいいですよ。自ら攻撃の起点となりうるし、ある程度ディフェンスも見込め、状況判断に優れている。

そしてボランチに名波と中田英。
ダブルボランチというより名波が完全に守りで、中田英が森島のすぐ下にくる司令塔。
ポーランド戦のように司令塔の位置にいる中田英を、各チームとも絶対にフリーにさせないだろう。
中田がボールをキープし、適切にパスを供給し、試合をコントロールしていくためには、
強豪相手ではボランチの位置まで下がらなくてはだめだと思う。
DF、GKに関しては不動かな。

これで日本代表は前半から後半20分あたりまでで1-0もしくは2-0とリードする。
その後はFWをワントップにし、中田英を前に上げ、中盤に守備力のある選手を多用する。
これが今の日本代表の勝ちパターンではないだろうか。

FW:鈴木
トップ下:中田英
サイド:波戸・小野
ボランチ:戸田・名波・服部
DF:松田・森岡・中田浩
GK:川口

逆に負けている時に活きる選手が、三都主・中村俊輔・中山の3人かな。
まあこんな風にしてやれば、夢にまで見た決勝トーナメントも不可能ではないような気がする。
かさこフォーメーションはいかがですか?


by kasakoblog | 2002-03-28 22:23
2002年 03月 27日

ふざけんな!くそばばあ

辻元議員の記者会見。
何考えてるんだ、こいつ!
にこにこ笑いながら、まるで自分が悲劇のヒロインみたいに、自分の不正を棚にあげて、
私は辞職を悩みましただの、政治不信を解消したいだの、かっこいいことぬかして、
事件の核心に迫られると申し上げたくない。それは言えない。

ほんとたちわるい。このくそあま。
こいつ、何か勘違いしてるんじゃないか。
ムネオ以上のむなくそわるい輩だ。

なぜ彼女に同情的な人間が多いか不思議でならない。
不正を行ったものは、二度と公職につけないようにしてほしい。


by kasakoblog | 2002-03-27 22:24 | 政治
2002年 03月 26日

康龍

「本日オープンしましたラーメン店『康龍』です」
赤坂見附、あさっぱからラーメンの新店オープンのティッシュを配っていた。
「ティッシュを配布して客寄せするようなラーメン店などたいしたことはない」
そう思っていたが、いざ夕食を食べに松屋に行こうとしたら、その店が目の前にあったので、
入ってみることにした。

メニューはシンプル。基本的にはラーメン750円しかない。
「豚骨唐辛子ラーメン」と割り箸に書いてある。
おもしろいのは、ラーメンの食券を購入した後に、ことこまかに好みをつけること。
麺の硬さや味の濃さ、油加減の好みをボールペンでつける。

さらに、トッピングを8種類の中から自分で選べる。
チャーシュー4枚追加、煮たまご、追加博多ねぎ、有明のり、小フカヒレ、
高菜ザーサイ、メンマ、味付けクラゲの中から選ぶ。
これで750円なので、なんだかうれしい。

チャーシューは標準で2枚ついているのでトッピングで選ぶと6枚になる。
薄くて大きくて柔らかくてこれはうまい!
スープはとんこつみそっといった感じでかなりこってり感がある。
いわゆるとんこつとはちと違う。
このこってり感は好みが分かれるところだろう。

トッピングはすごく充実していて、さほどとりたててうまいと騒ぐほどではないが、よくまとまっていて好感が持てた。
ただ具のトッピングに力を入れ過ぎたせいか、麺の量が極端に少ない。
これはいただけない。

トッピングを4種類選べるという話題性で一度は行ってみてもいいかもしれない。
赤坂だけでなく、目黒・渋谷・新宿・横浜にあるようだ。


by kasakoblog | 2002-03-26 22:25 | グルメ・ラーメン
2002年 03月 25日

小泉首相の秋休み提案

「疑惑の百貨店」と騒がれた鈴木宗男のあちこちの犯罪は、
大概はすべて建設利権に関わっているわけである。
ようは国民の税金の予算をぶんどって、特定の企業に公共事業としてまわして、
そこからピンハネしようという、税金の泥棒なわけである。

こんなことが鈴木宗男に関わらずあちこちにまかり通っている中で、
景気が悪いから未だに景気刺激策を公共事業という形にして、
国民の何の役にも立たないものを建てて(ムネオハウスなどその最たる例だが)、
特定企業と官僚と政治家でおいしい思いをしようと考えているわけである。
そういった無駄な事業が財政を圧迫し、税金負担が増え続け、景気は良くならないという、
どうしようもない悪循環を繰り返しているわけである。

しかし小泉首相の登場で、少しは明るい兆しが見えてきた。
一時期、ヒステリックばばあ田中真紀子を切ったことで、支持率急落だとマスコミに騒がれていたが、
これまでの歴代首相と比べたら雲泥の差だ。

小泉首相の先進性を改めて感じさせる記事が最近あった。
小泉首相が景気対策として、秋の大型連休を提案していたそうだ。
「税金を使わないで経済効果が出る」案として実に素晴らしいと思う。
かさこ内閣総理大臣もつぶやきかさこで度々「休暇景気対策」を提唱しているが、
やっとそのようなことを考える現役政治家が出てきたことにほっとしている。

しかし残念ながら政治家にとって何の利権にもならない「休暇景気策」は、「奇策」として葬られようとしている。
残念ながら小泉首相の意見は従来の政治家から見れば「変人」としか見られないようだ。

鈴木宗男を追求した辻元議員の不正が発覚した。
結局今いる政治家は程度の差こそあれ、みんな似たようなことをしている。
官僚も政治家もそうとっかえしなければ、小泉首相のような先進性が生きない。
何をやっても意味はないだろう。
いっそうのこと、国民から官僚・政治家の希望者を募って、
抽選で決めた方が今よりましな政治ができるんじゃないかと思うほど、今の官僚・政治家はひどい。

小泉首相の休暇景気策を受け入れる、先見の明ある政治家連中は現れないのか?

※余談
特殊法人の廃止といい休暇景気政策といい、
ひょっとして小泉さん、かさこ内閣総理大臣を参考にしているのでは?


by kasakoblog | 2002-03-25 22:26 | 政治
2002年 03月 24日

「できちゃった婚ベビー」が4人に1人という大変な事態!

凶悪犯罪が増える日本社会だが、なんといってもその大きな原因となっているのが教育だ。
超ウルトラクイズ的記憶力偏重教育をしているから、
超難関大学に合格した大学生が小学校の算数を解けないという逆説が発生している。

今後の教育で早急に対応しなければならないのは、性教育と金融教育であると思う。
特に性教育は重大だ。
信じられないことだが、最近の新聞記事によると、
結婚前に妊娠して生んだ「できちゃった婚ベビー」が4人に1人はいるというのだ。
おいおいどうなってるんだ。
きちんとした性教育を行っていないからこういうことになるのだろう。

できちゃった婚によって幸せな家庭が築けるならいいが、
「できちゃったから仕方がない」というけじめのない結婚で、はたして今後うまくいくのかが疑問で仕方がない。
そういったことが離婚率の上昇につながっている一因なのかもしれないし。
一時エイズが話題として取り上げられた時には、
日本の性教育も見直さなければならないといったブームが起きたものの、
やはり単なるブームで終わってしまい、その後、議論の盛り上がりがなくなってしまっている。

こういったことから倫理が乱れてるから、犯罪が簡単に引き起こされてしまうのだろうし、
社会状況が悪化してしまうんだと思う。
第一できちゃった婚の子供が、果たして本当に二人の子供なのかもしれたものではない。

家族の崩壊が社会悪化の権化となり、社会悪化が家族崩壊の権化となり、悪循環が続いている。

まあ社会に不満でやりたいこともなくって、刹那主義的享楽主義に走り、
若いあまりあるパワーを、とりあえずセックスに向けるのは簡単なことだが、
あまりできちゃった婚というのは、いいことではないように思う。

子供の計画がつかない夫婦が、きちんとした家族設計ができるのか?
子供の教育やしつけができるのか?

まあ日本っていうのは今あちこちに狂いや乱れが生じている、その一つの端的な事例かなと思う。


by kasakoblog | 2002-03-24 22:26
2002年 03月 23日

「旅人の木」辻仁成著

辻君、なかなかやるじゃないか。というのが読み進めていた時の感想。
タイトルからするとなんだか軽いエッセイみたいな感じだけど、なかなか奥深い作品だ。
はっきりいってタイトルを変えた方がいい。
たとえば僕なら「鏡像」とかつけるな。
「旅人の木」じゃ、この本の内容がなんだかわからないから。

テーマはリアリティのない現代社会に生きる若者が、失踪した兄を探すことによって、
現実とバーチャルな世界の狭間で揺れ動き、
最後にみつけた兄によって殴られることによって「生きる」ことを知るという実によくできた物語。

10年ぶりに再会した兄は、何を言わず殴ってまた消えていった。
「今まで殴られたことがあるのははじめてだ」現代社会のバーチャルな社会を端的に表している言葉だ。
現代の若者は、殴られたことないからこそ、痛みを知らないから、
簡単に人を殺してしまったり、狂暴ないじめをしてしまったりする。

死闘ごっこを演じていた兄は、自分の肉体を傷つけることによって、空虚な社会で自分の存在を確認しようともがいていた。
兄探しの途中で、まるで探している弟がまるで兄そのものになっていくような、
ひょっとして探している兄なんていなくいて、それは自分自身なのではないかと思わせるようなところが実におもしろい。
また兄の元恋人と互いに兄の消えた存在を、セックスで埋め合わせしていくのも、
空虚な現代社会にいきる若者の唯一のリアリティを感じる方法としてのセックスという意味で非常によくわかる。

よくできた話だが、200ページに満たずに終わってしまい、ちょっと物足りない感じはあったが、
「兄」という現代を象徴する存在を探し求める物語はよくできている。


by kasakoblog | 2002-03-23 21:44 | 書評・映画評
2002年 03月 22日

「サヨナライツカ」辻仁成著・書評

「冷静と情熱のあいだ」以来、なかなかおもしろくてはまっている辻作品だが、
これはつい最近出たものなのだが、つまらなかった。
おもしろい話にしようがあっただけに残念だった。

第一部は、主人公豊が結婚を前に、突然現れた美女と恋に落ちる話。
日本に婚約者がいる間、バンコクで夢のような一時を送る二人。
主人公も婚約者をとるか恋人をとるか迷い、恋人も身を退くか退かないか迷うわけだが、
結局お互い惹かれ合いながらも、別れることになる。

さあこれからどうなるんだろうというところで、第2部になると、突然25年が過ぎてしまう。
もうお互い50歳過ぎで、そこで突然の再会があるわけだが、
もう今更再会したからどうというわけでもなく、その割には若かりし頃の一思い出という以上に、
深刻に愛し合っているという設定がなんとも無理がある。

偶然の再会がせめて5年後ぐらいなら、まだいかようにもストーリーが展開しようがあるのに、
50歳過ぎで再会されても、第一部であれだけセックスシーンばかりを描いていたので、
その再会のなせる意味があまりない。

再会をもっと早くし、どちらを選ぶか葛藤するシーンを描くか、
互いに現状の生活は変えないまでも、頻繁にやりとりがあって、二重生活を25年間続けてきましたとか、
そういったストーリーならおもしろかったのに。

また第一部でもバンコクの2人の仲が知人や会社の人間に知れ渡っていたにもかかわらず、
その噂話が結婚相手の妻に全く知られないというのも不自然。
また妻があまり出てくることがなく、
ただ一方的に恋人の方を褒め上げるのは、物語的に葛藤にはならずおもしろくない。

どうしたんだろう辻君。
昔の作品の圧倒的なおもしろさというより、
人間関係の深さみたいなものがこれには全く感じられなかった。
残念で仕方がない。

それにしても辻君の作品にはやたら不倫相手が出てくるが、
よほど今の妻に不満があるのかそれともしょっちゅう不倫しているのか、
そう思われたりしないのだろうか。


by kasakoblog | 2002-03-22 21:45 | 書評・映画評
2002年 03月 18日

チベットでの出会い

<1>
つい先日、2年前にチベットで出会った人と再会した。
元不動産会社の社長秘書で、その後はAV男優、今はカメラマンという40歳になる男性だ。
彼と日本で会うのは2回目にもかかわらず、昔からの知り合いのように、いろいろなことを話せた。
多分どこかで気が合うのだろう。新宿で朝まで飲んでいた。

大人になればなるほど、しょっちゅうあう友達というのは少なくなり、昔からの友達は疎遠になったりする。
にもかかわらず大人になると、出会ってからの長さや付き合いの長さではなく、
瞬間的に「この人とはなんとなく合うな」と思うと、
会う頻度が少なく、出会ってからそれほど深い話をしているわけでもないのに、すごく仲良くなったりすることがある。
彼もそんな一人だ。

<2>
思えば不思議な出会いだった。
チベットの首都ラサから200kmのところに、サムイエという巨大寺院の残る小さな田舎村がある。
そこには外国人が行くためには中華人民共和国の悪名高き公安局に許可を申請しなければならない。
チベット土着文化の残る地域に外国人が入って、
中国からの独立運動に変な知恵つけられるのが恐いからなのだろうか。

僕は標高3500mを流れる川を渡った秘境の地サムイエにどうしても行きたいと思っていたので、
ラサの公安局に許可申請にいったものの、
「個人旅行に許可は出ない。5人以上のツアーでなければだめだ」と突き返されてしまった。
サムイエにはどうしても行きたいと思っていたので、
僕は万が一のためにとチベットに入る前に中国のデパートで買った、
いかにも中国人民服みたいな服を着て、トルファンで買ったウイグル帽子を深々と被り、
黒縁ださい眼鏡をかけて、いかにも私は中国人ですといった風を装って、
サムイエ行きのローカルバスに乗り込んだのだ。

ところがサムイエに行くための渡し舟乗り場に着くと、結構外国人がいたのである。
しかも許可証を特別に取っていないようなのだ。
渡し舟でサムイエに向う途中、川ですれ違った舟にも日本人が乗っていて、
「許可証持ってますか?」とこちらの舟の日本人に声を掛けてきた。
「いや、取ってないです」と答えると、
「公安に見つかると罰金取られますよ。気を付けて下さい」といった会話がなされていたのだ。

やはりみなこの秘境の地に行きたいらしく、許可無しで行っているのが現状のようなのだ。
ただ僕は見つかりたくないという一心から、日本語を一切しゃべらず、
舟の日本人とも言葉を交わさないようにしていた。

<3>
サムイエに着いて一つしかないホテルの食堂でめしを食っていた時のことだった。
髪を短く刈り込み、ボロボロのシャツとスボンでいかにも長期で旅行をしているなという人が、
「ひょっとして日本人ですか?」
と僕に話しかけてきた。それがカメラマンとの出会いだった。

彼はエネルギーに満ち溢れ、カメラマンというから20代後半か30代の前半かと思いきや、
39歳と聞いてびっくりした。そのぐらい若々しさに満ち溢れていた。
年下の僕にも謙虚で敬語を使うその丁寧な姿勢が、
長期旅行者にありがちな「俺はおまえよりいろんなところを旅してるんだぞ」という嫌味がなく、好感を持った。
またただの学生旅行ではなく、カメラマンであるということが僕の興味を引いたのである。

そこで彼と話したことは、今後チベットからネパールへと行く方法であった。
残念ながらチベットからネパール国境までの公共バスは走っておらず、
旅人同士が集まって車をチャーターしていく方法しかなかった。
ちょうど二人がネパールに行きたい時期が一致したので、
一緒にネパールまで行きましょうという話になったのだ。

その後、ネパールまで行く4、5日間を行動を共にした。
ネパールに到着してからは、昼間は互いに勝手に行動し、夜になると食事を一緒にとった。
旅行者天国・長期旅行者の沈没都市ネパールの首都カトマンズでは、旅行者向けのレストランが充実していて、
超豪華ステーキやら超うまピザ&パスタを300円の大金はたいて食べにいったり、
40円ぐらいでやきそばやギョーザを食べたりして過ごしていた。

<4>
それから日本に帰って彼に会ったのは先日で2回目だった。
旅行をともにしたということも大きな要因かもしれないが、
旅で出会っても、旅だけの出会いで、日本に帰ってきても必ずしも連絡を取りあうというわけでもない。
そういう意味では、本当に彼とは不思議な出会いだった。

彼はインドやチベットを中心に写真を撮っているので、しょっちゅう海外に行っているので、日本にはほとんどいない。
だから会う頻度は少ないかもしれないが、
それでも会えばお互いを分かりあえる不思議な関係は続くだろう。


by kasakoblog | 2002-03-18 21:46 | 旅行記
2002年 03月 17日

ゴウモン

先日、異様な腰の痛みが発生し、病院に行った。
「ヘルニアの疑いがある」と言われ、MRIという磁気による検査をすることになった。
丸い土管のようなところに入れられ、そこで異様な音が何度もならされる。
寝かされたまま固定されて動けず、30分ほどそのようなところにいた。

その時、ふと思った。
人間の意志を変えさせたりする洗脳や拷問をするには、暴力だ駆け引きだ金なんて使わなくても、
このMRIのような部屋に入れて、もっと強力な不快音にすれば、
大概の人間は簡単に言うことを聞かせることができるだろうなと。

恐いなと思った。
狭いところに閉じ込め、それこそ不快な音を流すだけで、
多分一人の人間を廃人にすることも可能だろう。
音というのはどんな暴力よりも力を持つものだなと知った。

それにしてもなんで腰の検査であれほど不快な音を浴びせなければならないのか。
まだまだ医療技術も科学の進歩も大したことないなと思う次第である。


by kasakoblog | 2002-03-17 21:47