好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 24日

ゲーム「どうぶつの森」は日本社会の嘲笑か?

今さらながら、ニンテンドーDSのゲーム「どうぶつの森」にはまっている。
どんなゲームかというと、村の住人となり、
自分の部屋の家具を集めたり、村の他の住人と仲良くなったりする、
たまごっち的というかポスペ(ポストペット)的なゲームである。
通信機能を使えば、どうぶつの森をやっている他の人とも遊べる。

このゲームのおもしろいところは、リアルタイムに時が流れること。
季節に応じてイベントがあったり、木になる果物の種類や捕れる虫の種類が変わったり、
時間に応じて外が明るくなったり暗くなったりして、夜になると店も閉まる。
こうしたリアルタイムと錯覚してしまう時間設定が、
現実と錯覚しかねないバーチャルリアルとして楽しめるのだろう。

とまあ、おもしろそうだしかなり流行っているし、やってみたのだが、
私は急にばからしく思えてしまった。
なぜならこのゲームの最大の関心事は住宅ローンの返済にあるからだ。

自分の家があるのだが、部屋を広くしたり部屋数を増やす度に、
かなりの住宅ローンが背負わされる。
それを支払うために、ただひたすら、
変わり映えのしない小さな村で、

1:貝や魚や虫や果物を拾う
2:それを村に1軒しかない商店で売る
3:郵便局で返済していく

の繰り返しなのである。

もちろんその合間につり大会やどんぐり大会などイベントがあったり、
村の住人が家に遊びに来たり会話をしたりという付随要素はあるものの、
結局は拾った物を金にし、ローンを返済することをし続けるゲームでしかないのだ。
だったらローンなんか組まなければいいと思うかもしれないが、
家を広くしていかないと、いろいろな家具を置くことができず楽しめないのだ。

その原理がわかってしまうともうゲームなんかどうでもよくなる。
なんでゲームの世界でも住宅ローンを支払うために、
あくせく働かなきゃいけないのだと。

しかし思えばこのゲーム、もしかしたら、
今の日本社会の痛烈な皮肉によって、わざとこのように作られているのかもしれない。
住宅ローンを返済するために一生の大半を、ただあくせく働くことに費やす。
働いても働いても家に家具や服が増えるだけで、
それを楽しむためにまたローンを組んで家をでかくしなければならない。
住宅ローンを返すために働くことが最大の目的になり、
人生を楽しむ暇も時間もない。

そして住宅ローンを完済した暁には(このゲームには家を大きくできる限度が決まっている)、
のんびり余生を楽しもうと思うわけだけど、
結局もうその頃には、疲れ果ててしまい、遊ぶ気力もなく、
また、物にいっぱい囲まれているものの、だから何ができるわけでもない。
何より、住宅ローンを返済するという具体的な目標を失ってしまった今、
何を生きがいにして生きていけばよいのかがわからない。
これまさしく「どうぶつの森」のゲームの仕組みであり、
まさに、今の日本社会の映し鏡になっているのではないか。

ちなみに勧誘のしつこい保険屋がたびたび家の前をうろうろし、
一度話をしてしまうと保険に加入するまで離してくれないとか、
株もあって、値段も上下する。
どうせなら一層のこと、金融学習ゲームにしてしまい、
サラ金とかクレジットカードとか不動産投資とかも、
このかわいらしいゲームに混ぜ込んでしまえば、
それはそれでおもしろかったかもしれないが、
残念ながらただひたすら住宅ローン返済ゲームなのである。

なんとも皮肉なゲーム。
それでも私たちは住宅ローン返済のためにあくせく働くしかない。
それが嫌だから、親と同居することで、
悠々自適の暮らしをしているニートやフリーターが増えるんだろうな。


by kasakoblog | 2006-10-24 23:30 | 書評・映画評
2006年 10月 23日

地球環境に貢献する原子力発電所

地球環境を「破壊する」原子力発電所なら想像つくだろうが、
地球環境に貢献するのが原子力発電所なのである。
という、私は記事広告を作成したのだが、
はじめは「嘘くさいな」と思ったが、
原稿を作成するため資料を読んでいくと、
なるほどロジックは完璧なのである。

原子力発電所は危ないから反対!
教師が悪いからいじめが起こる。やめさせちまえ!
赤字垂れ流しのテーマパークは早く潰せ!
と我々国民はいいながら、
電気を消費する量を減らそうとしない、
親としての子供の教育には責任を持たない、
子供の遊び場がないから潰さないでほしいとぼやく。
だから原子力発電所がボンボンできるのである。

地球環境によい原子力発電所のロジックとは、
二酸化炭素排出量の少なさである。

化石燃料を燃やすため二酸化炭素排出量が増えている

それによって地球温暖化が深刻化し、砂漠化などさまざまな環境問題が起きている

二酸化酸素を大量に排出する火力発電所ではなく、
二酸化炭素を排出しない原子力発電所が「クリーン」なエネルギー

というものだ。

確かに原子力発電所は二酸化炭素を排出しないという意味ではクリーンだが、
放射能汚染漏れといった重大な環境破壊につながる可能性もある。
でもその問題は防げますという前提に立つと、
原子力発電所は地球環境に貢献するということになる。

それでもこれに「胡散臭い」と思う人もいるかもしれない。
でもね、結局、電力消費量は増えているけど、
二酸化炭素は減らさなければいけないという2つの課題を解決するには、
原子力発電所しかないわけだ。
だから日本だけなく、アメリカ、イギリスなど欧米では、
今まで非原子力政策を一転して、原子力発電所増設に乗り出している。
もちろんインドや中国はボンボンつくる。

自分たちの暮らしの質は落としたくない。
車が使えなくなると不便。
買い物袋を持ち歩くなんて面倒。
シャワーは毎日浴びたい・・・。

自分の生活態度は改めず、二酸化炭素を放出し続けているくせに、
原子力発電所というだけで「そんな危ないものダメ」と反対する。
だったら、自分の生活を改めて、
自動車に乗らない、電気の使用量を減らすなど、
二酸化炭素の放出量を減らす生活できますか?
ほら、できないでしょ。
だからね、原子力発電所が必要なの、っていう論理が、
説得力を持ち、必要性を増してしまう。

環境問題っていうのは多分、民度の問題だと思う。
環境を取るか、「便利」な生活を取るか、
その二者択一でしかないのに、
自動車を不必要に乗り回していながら「原子力発電所建設反対!」なんていうから、
政治家や官僚や企業に「こいつらバカだな。だから国民はダメなんだ。
こいつらの言うこと聞いていたらダメだ。
自分たちだけでやるべきことをやろう」ってことで、
勝手に政治家・官僚・企業主導で進められてしまう。

民度が低いと為政者からバカにされている。
だから国は国民の言うこと聞かずにやってしまう風潮がある。
それが今の日本なのではないか。
民度が低いから、程度の低い政治家しか現れない。

週刊新潮がいじめ自殺に追い込んだ教師の実名と写真を掲載したのだが、
その同じ号に、なんくせつける愚かな父兄問題が取り上げられていた。
「うちの娘が絶対ケンカさせないよう園長が念書を書け!」
「学校の敷地内の桜の咲き具合が悪いのは学校教育がおかしいからだ」
となんでもかんでも学校になんくせつけて文句を言う、
たちの悪い父兄がいるという。
こういう程度の低い父兄がいるから、
学校や教師が開き直ったりバカらしくなってしまうんだろう。
まさに程度の低い国民の悪の連鎖。

知識詰め込み学力教育ではなく、
自分の頭で考え、自分の考えで行動できる、
まっとうな教育をすることで民度をあげていかないと、
いつまでたってもこの悪の連鎖はなくならないと思う。


by kasakoblog | 2006-10-23 12:11 | 一般