<   2009年 02月 ( 42 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 28日
ハワイにいます
取材で現在ハワイのオアフ島に来ております。
ほんの数日の滞在ですが、
取材の合間をみて、撮影したハワイの写真を順次お届けいたします。
※ちなみに海外旅行38回目にして初のハワイです。

e0171573_015242.jpg

e0171573_015359.jpg
e0171573_0155680.jpg
e0171573_0161548.jpg
e0171573_0163742.jpg
e0171573_0165472.jpg
e0171573_0171739.jpg
e0171573_0173346.jpg

ワイキキビーチ周辺を歩いただけですが、
砂浜も海も美しく、気候も過ごしやすく、
ある意味では完璧なビーチリゾート地で、
人気なのが納得できました。

それにしても道行く人の半分以上は日本人!
レストランもショップもほとんど日本語が併記されていて、
言葉に関しては不自由しない感じです。

不況とはいえ若い日本人グループやカップルも非常に多く、
特に20~25歳ぐらいの若い女性が多く、
ブランドの買い物袋を両手に引っさげているのには驚いた。
不況といいながら金は持っている一部の日本人のすごさをあらためて感じた。


by kasakoblog | 2009-02-28 00:17 | 【写真】海外
2009年 02月 26日
滞納が多い消費税
税金が足りないから消費税増税だと、
バカのひとつ覚えのごとく騒いでいる、
経団連、自民・公明議員、官僚だが、
消費税は滞納率も高く、
滞納額も多いというのをご存知だろうか?

滞納。つまりみなさんが支払った消費税が、
ちゃんと国に納められず、
消費税として預かったお金を、
私用に使っちゃっている企業や個人が、
非常に多いというとんでもない現実がある。

では実際に税金の数字を見てみよう。
(下記はすべて2007年度)

日本の税収は1年間で50兆円。
うち、所得税、法人税、消費税の3つで、
約80%を占めている。

・所得税:16兆円:32%
・法人税:14兆円:29%
・消費税:10兆円:20%

税金の滞納額は1年間で8800億円(滞納率1.7%)。
うちその約半分近い4000億円が、消費税の滞納なのだ。

・滞納額とその割合
消費税:4000億円:45%
所得税:2700億円:31%
法人税:1600億円:18%

税収の割合でいけば20%に過ぎない消費税が、
滞納額では2.5倍の45%を占める。
滞納率の低い法人税は下げようとして、
滞納されやすい消費税を、
増税しようとしている。
消費税率が上がれば、みなさんが支払った消費税が、
きちんと国に納められない額は、
大きく増えるだろう。

滞納率(金額ベース)で見てもひどい。
・消費税:3.9%
・所得税:1.7%
・法人税:1.1%

消費税の滞納率は、
所得税の2倍以上、法人税の3倍以上の3.9%。
たとえば、医療費を100万円確保したはずが、
滞納して支払われないお金が4万円もあり、
実際には96万円でやりくりしなければならなくなる。
いかに消費税の滞納率が高いかがわかるだろう。

※ちなみに相続税の滞納率は3.3%と比較的高いが、
年間税収は1兆円に過ぎず、消費税の1/10規模でしかないので、
滞納による影響度は消費税よりはるかに少ない。

仮に消費税を10%に上げたら、
滞納額は8000億円になると予想される。
われわれが税金として支払ったはずの、
消費税8000億円分が、国に入らず、
想定予算より不足することになる。

なぜ消費税は滞納されやすいのか。
消費税は売上高が1000万円超える事業者に、
納付義務がある。
別にスーパーやデパートなどの大手企業だけでなく、
たとえば私がフリーのカメラマンとして、
売上が1000万円以上なら、
私は消費税をお客さんからとることができる。
個人事業主の多くが対象となるのだ。

私の1年間の撮影代が1000万円だとしたら、
お客さんからその5%の50万円を消費税としてもらう。
しかし私がお客さんから「預かった」消費税を、
次の仕事のためにカメラ代や取材費が必要で、
銀行から融資を受けられず、
資金繰りが大変だからといって、
その「預かった」消費税を使っちゃう。
こういうことが消費税では起きやすい。
だから、消費税の滞納額は他の税金と違い、
異常に多いわけです。

お客さんから預かった税金を、
事業に使ってしまうなんてけしからん!
と思うかもしれないが、
なんせ課税対象者が1000万円とかなり低く、
滞納件数が異常に多い。
件数が何十万件とあるものを、
国がいちいちすべて細かくチェックし、
きちんと納めさせる労力は生半可なものじゃない。
だから滞納額が多い。

それどころか、昨今の不況や貸し渋りで、
事業資金がなくなって、
消費税を使ってしまった個人事業主や中小企業は、
払いたくたってお金がないというケースも増えるだろう。
だから滞納額がどんどん膨れ上がるわけです。

こんなデタラメな仕組みのまま、
消費税増税したらどうなるか?
たとえば5%なら、売上1000万円で、
消費税50万円の不足で済むが、
もし20%になったら、200万円ですよ!

私に撮影を頼んで消費税とられたのに、
私が国に税金払ってなければ、
みなさん、怒るでしょう。
増税すればするほど、
滞納額も倍倍ゲームで増えていくわけです。

消費税増税しても滞納額が増えれば、
予算不足になるわけで、また増税せざるを得なくなる。
しかし何度、増税したところで、
国民が払ったはずの消費税は、
国民のために使われない・・・。

こんな信じがたいことが起きる仕組みが、
今の日本の消費税なんです。
税金のムダ遣いをやめることが先決だけど、
滞納しやすい消費税にだけ頼っていいのか、
今の消費税徴収システムでいいのかという問題を放置したまま、
やみくもに消費税増税するなんて、
国民詐欺もいいところ。

税金滞納という面から見ても、
消費税増税議論に、
安易に「はいそうですか」とは、
到底うなずくことはできない。

国に納められない確率が高いお金(消費税)を、
簡単に支払うことに納得できますか?

完璧な徴税システムなどないし、
滞納をゼロにすることはできないが、
4%近い滞納率の消費税だけを、
税収のあてにするというのは、
非常に危険な考えだと思う。

消費税増税で国民は二重にバカを見ることになる。


by kasakoblog | 2009-02-26 20:17 | 消費税
2009年 02月 26日
税金を取り戻そう
世の中、今は確定申告の時期。
この日記を読んでいる多くの方は、
「私には確定申告なんて関係ない」
「確定申告なんかしたことない」
という人だと思います。

しかし関係がないと思っているサラリーマンでも、
確定申告をうまく使えば、
かなりの節税になる方法が書かれている、
「無税入門」(只野範男著、飛鳥新社)を読んで驚いた。

ここに書かれているのは、
自営業者と違ってほとんど節税ができないサラリーマンの、
究極の節税方法だった。

その方法は意外と簡単。
1:副業を持つこと(アフィリエイトなどでも可)
2:開業届けを税務署に出すこと
3:確定申告し、副業の収入を事業所得で申告する
これで無税も可能になるというのだ。

開業届といっても超カンタン。
紙切れ1枚に住所と名前と事業内容を書くだけ。
別に事務所を借りたり、会社を設立する必要はまったくない。

申告すると経理処理が面倒なのでは?と思うかもしれないが、
副業収入が300万円以下なら帳簿をつける必要はない。
申告の際に「旅費交通費10万円」「接待交際費10万円」という風に、
書けばいいだけだ。

実際、私は副業があり、この方法を今回実践。
さすがに無税までは難しいが、
この方法なら相当な節税になった。

簡単にからくりを解説しよう。
所得税も住民税も、
その人の所得に対して税金がかかる。
所得が多ければ多いほど税金は高くなり、
所得が低ければ低いほど税金は安くなる。

そこで確定申告で、副業を赤字にすれば、
サラリーマンの給与所得から、
副業の赤字分をマイナスすることができ、
課税となる所得金額を下げることができるのだ。


これは極端な例だけど、
アマゾンでもグーグルでもアフィリエイトをやって、
1年で1000円の収入がなかったとする。
しかしこの副業をするために、
パソコン代10万円、ネット接続代年間4万円がかかっているから、
事業としては13万9000円の赤字になるわけです。
この赤字分を給与所得から引けば、
課税所得が下がり、税金が安くなるというわけだ。

まあ上記のように、
かなり少ない収入しかなく、
何年も赤字申告していると、
税務署から目をつけられる可能性はある。
しかしそこそこの副業収入があれば、
このような節税方法が可能になるのだ。

さて、そんなわけで私もこの方法で、
今年から確定申告することにして、
昨日、確定申告を終えた。
無税は無理だけど、源泉徴収でとられた税金が、
かなり戻ってくるのだ。

私の場合、本の印税や原稿執筆などの副業収入がある。
(ちなみにアマゾンのアフィは1年で1万ぐらい、
グーグルのアフィは1年で5万ぐらい)
しかし執筆・撮影するにあたっては、
カメラを買ったり、取材に行くための交通費などが、
結構かかっている。

これらの経費を積み重ねていくと、
「赤字にできる」わけだ。
黒字にしたら税金を多く納めなくてはならないが、
赤字なら税金が戻ってくるとこういうわけだ。

ここがミソなのだが、
副業収入を雑所得で申告すると、
給与所得から赤字分を相殺することはできず、
節税効果はほとんどない。
ところが事業所得で申告すれば、
赤字分を相殺でき、給与所得を減らすことができる。

この雑所得か事業所得かは、
「無税入門」によると、
本人の意識の問題で明確な基準がないという。
ただ、税務署から突っ込まれないために、
開業届けを出しておき、
サラリーマンであっても、
今後、副業が本業になるかもしれないから、
ということにしておけば、
まず突っ込まれないというのだ。

「無税入門」の著者は、
ずっとサラリーマンだが、
イラストの副業が年に数万円あり、
それを赤字にすることで、
所得税も住民税も無税だというのである。

この方法は別に違法な脱税なわけではなく、
合法的な節税方法で、ネットで検索したら、
税理士のサイトにもこのような節税方法指南が書かれていたので、
かなり知られた節税法のようだ。

もしみなさんで副業収入がある方は、
このような申告をすれば、
かなりの節税ができますのでお試しください。

サラリーマンって税金の意識、
会社の経費に対する意識って、
すごい希薄だと思う。
消費税なら何%払っているかわかるが、
じゃあ1年間に自分が所得税、住民税を、
いくら払っているか答えられるだろうか?

よくサラリーマンで、
「俺はこんなに仕事してるんだから、
倍、給料もらったっていい」と、
会社に文句を言う人がいるが、
会社の事務所賃料、電気代、パソコンなどの備品代など、
1カ月にいくら経費がかかっているか、
すぐ答えられるサラリーマンはまずいないだろう。

確定申告をすると、
税金や経費について、
否応なく計算しなくてはならないから、
意識が鮮明になる。

自分がいくら税金を払っているのか。
その税金がどのように使われているのか。
天下り官僚が毎日ろくに仕事もせず、
渡りを繰り返して退職金をせしめた金に、
自分の税金が使われていると思えば、
税金なんて納めたくないと思うだろうし、
そういう使い方をさせている政治家に、
投票したくないと思うだろう。

サラリーマンという楽な職業にもかかわらず、
会社に愚痴ばかりいっている人は、
金を稼ぐためにどれだけの経費がかかるのか、
自分で確定申告してみれば、
ちょっとは経費意識が高くなるだろう。

国民のお金に対する意識を上げるためには、
サラリーマンもすべて確定申告させるのが、
一番なのになと私は常々思っている。

確定申告すると、
雲の上で行われているような、
税金だとか行政改革だとか政治だとかが、
すごく身近な世界として感じられると思います。

追記
「無税入門」の書籍もおもしろいですが、
下記サイトは無税入門の内容を、
かなりわかりやすくかつ詳しく書いてありますのでご参考まで。
http://fx-shinkoku.fool.jp/salaryman-setsuzei/kojinjigyonushi.html


by kasakoblog | 2009-02-26 19:58 | 金融・経済・投資
2009年 02月 25日
なぜお金が貯まらないのか?
お金が貯まらないんだよな~、
という人、多いと思いますが、
その理由はズバリ、

本当に買いたい物がないから

ではないでしょうか。

たとえば、10万円するある商品が、
どうしても欲しいと思えば、
10万円貯めるのに、必死で努力するでしょう。
すると目標があるからすぐ貯まる。
なるべくムダ遣いしないようになるし。
だってその商品が欲しいから。

お金が貯まらないのは、
買いたい物がなく、
○○万円貯めるぞ!という目標がないから。
もしくは貯金しても、
そのお金の使い道が決まっていないから。
まあ貯金の目標がないのは、
物質的には今の生活に満足しているからなのかもしれない
それはそれでいいことだとは思うけど。

そんなことを考えたのは、
今の私がそうだから。
今、どうしても買いたい物がない。
だから、いくら貯金しようとか目標がないから、
別にムダ遣いしたりはしないけど、
漫然とお金を使ってしまう。


お金と同じで時間もそう。
なぜ人は時間をムダ遣いしてしまうか。
やりたいことがないから。

もしどうしてもやりたいことがあれば、
何が何でもその時間を確保するために、
時間をムダ遣いしなくなる。

つまり、漫然と時間を過ごしているということは、
別にこれといってやることがないからだと思う。
(それ自体は別に悪いことではない。
やることがないというのはある意味では、
最高の贅沢なのかもしれないし)

お金をムダ遣いせず貯金をしたいと思うなら、
貯金して何に使うかを考えよう。
自分がどうしても買いたいものだったら、
自然とお金は貯まっていく。

時間をムダ遣いせず有意義に過ごしたいと思うなら、
その時間を使って何をしたいか考えよう。
自分がどうしてもしたいことがあれば、
自然とその時間を確保するべく、行動するだろう。

目的を持てば生活は変わる。
お金の使い方も時間の使い方も変わる。
ただ「ムダ遣いをしない」ではなく、
何のためにムダ遣いしないのかを考えれば、
労せずしてお金も時間もムダ遣いしなくなると思います。


by kasakoblog | 2009-02-25 20:30 | 生き方
2009年 02月 25日
世界遺産アユタヤアップ!
e0171573_2026283.jpg
e0171573_2026918.jpg


毎月連載している世界遺産コーナー。
今月はタイのアユタヤです。
http://www.josep.jp/?mode=show&act=magazine&category=4&page=288


by kasakoblog | 2009-02-25 20:27 | 【写真】海外
2009年 02月 24日
おすすめデートスポット!千葉港クルーズ
e0171573_23542317.jpg
e0171573_23543279.jpg
e0171573_23544281.jpg


都内近郊でちょっと普段とは変わったデートが楽しめるのが、
千葉港めぐり観光船クルーズです!
JR京葉線の千葉みなと駅から5分ほどの千葉港から、
毎日13時30分から40分、千葉港周辺をクルーズ。
気持ちよいクルーズをしながら、
主に工場地帯の光景を楽しめます。
乗船料は980円とそんなに高くないです。

千葉港クルーズ&工場写真を、
毎月連載しているエンジニアLiveに掲載しましたので、
よかったらご覧ください。
http://engineerlive.jp/life/article/article38


by kasakoblog | 2009-02-24 23:55 | 【写真】工場
2009年 02月 24日
apbankfes08DVD出ましたね!
apbankfes08のDVDが発売されましたね!
(発売日は明日ですが前日から売り出されてます)
早速買ってきて、ただいま見ておりますが、
あの夏の感動がよみがえってくるようで、
とてもうれしいです!

行けなかった人も多いと思うので、
フェスの雰囲気を味わいながら、
ライブ映像を見れるこのDVDはいいなと思ってます。
ライブ映像以外のリハーサル風景の映像とかも、
すごいおもしろいし。

まだフェスが終わってから1年もたってないのに、
随分昔のような気がするから不思議です。
私は今回が初参加で、
しかも前夜祭含め3日間は速報記者をやっていたので、
とっても思い出深いなと思いながら、
あの時の自分とシンクロさせながら、
あのうだるような暑いフェスを思い返してます。

といいながら、今、ミスチルはツアー真っ最中!
私は4月の横浜アリーナ参戦なので、
何を演奏したか曲がネタバレされちゃうのがいやなので、
なるべくミスチルニュースや日記は見ないように、
4月のライブを楽しみにしているところでございます。

・apfes08ミスチルライブレポート
http://www.kasako.com/mr.files/ap08live.html

・なぜかアマゾンが新品なのに異様に安い
apbankfes08DVD


by kasakoblog | 2009-02-24 23:50 | ミスチル
2009年 02月 24日
円安なのに株安の恐怖
今日の日経平均株価は一時、
バブル後の最安値を下回る水準まで下がった。
24日の終値は7268円で、
空前の7000円割れ目前の最低ラインにまで下がっている。

しかし私が今回の株安で恐ろしいと思うのは、
円安になっているのに株安になっている点。
最近の日本の株価は、
ほぼ為替レートに連動していた。
円高ドル安、円高ユーロ安になれば、
日本の輸出企業の利益が減るからといって株価は下がり、
円安にふれると株価は上がる傾向にあった。

ところが今回の株安は為替と連動していないのである。
1ドルは94円台で、
90円を割り込んだ円高より、
ここ最近では信じがたい円安水準だ。
ユーロも120円台で、120円を割り込む円高にはなっていない。

これまでだったら円安になれば株価は上がった。
しかし、ついに為替と連動しなくなった。
もはや「輸出企業の利益が減ったから株価が下がる」
という言い訳がなくなり、
本当の不況に突入したという可能性も高い。

まあ相も変わらず、アメリカの株価とは連動していて、
今回、株安になったのも、
前日のニューヨーク市場の株価が、
11年9ヵ月ぶりの安値をつけたからだ。

アメリカの株価が下がって円高になれば、
そりゃ、日本の株価も下がるだろう。
そう納得できた1つのファクターである為替が、
連動しなくなったのは、
今後の株価の動きが読みづらくなったので、
非常に恐い感じがする。

長期的に見れば1ドル=50円なんてのも、
当たり前の時代がやってくるとは思っているのだが、
さすがに世界を牛耳る胴元アメリカだけあって、
なかなかにしぶとく95円もしているのが驚き。

円安でも株価は下がるが、
もしドルの急落に見舞われたら、
日本の株価はどうなってしまうのか。

別に日経平均株価は、日本にある企業のなかで、
上場していてかつそのなかでも一部の企業だけの平均値だから、
株価水準が日本経済の全部を表しているわけではないにせよ、
いよいよ私が昨年予想した、
日経平均5000円台という空前の安値水準に、
転落していく可能性も高い。

大きく変動する株価に一喜一憂する経済システムを、
抜本的に変えないとまずいんじゃないか。
目先の株価を上げる対策では、
不十分なのではないかという気がしている。


by kasakoblog | 2009-02-24 20:58 | 金融・経済・投資
2009年 02月 24日
島猫写真~男木島・女木島の猫
e0171573_019447.jpg
e0171573_0192160.jpg
e0171573_0194128.jpg


2月22日はニャンニャンニャンで猫の記念日だったそうです。
先日、男木島・女木島で撮影した 猫写真アップしました。
http://www.kasako.com/0902takamatunekofoto.html

全国島猫写真
http://www.kasako.com/shimanekofoto.html


by kasakoblog | 2009-02-24 00:21 | 【写真】猫
2009年 02月 24日
家にこもることも大事
先週末は土日とも家にこもって、
一歩も外に出なかった。

カメラマン&ライターとして、
撮影や取材やらであちこち出回っているため、
「ほとんど家にいないのでは?」
と思われる私ですが、
土日2日間とも一歩も出ないことも結構多いんです。
というのも私が常々気にしているのが、
フィールドワークとデスクワークの時間配分。

これは何もカメライターの私に限らず、
誰にでもあてはまることだと思う。
外でやるべきことと家でやるべきことの時間配分。
遊び(外)と仕事(内)のバランスといっても、
良いかもしれない。

撮影に行きたい場所や取材したい場所は山ほどあり、
時間が空いていれば行ってしまえばいいわけだけど、
外ばかり出ていると、そこで撮影や取材したものを、
整理してまとめて発表する作業がたまってしまう。

外で撮影や取材したら、
それと同じだけの時間、
整理やまとめるのにかかるので、
フィールドワークが多いなと思ったら、
土日は出たい気持ちを抑えて、
デスクワーク作業に集中する。

自分だけで満足する趣味なら、
行きっぱなしで整理する必要ないんだろうけど、
人に見てもらいたい、誰かに知ってほしいと思えば、
撮影や取材で得た材料を編集する作業が必要になってくる。

そんな家こもり作業も結構、私、好きなんです。
むしろ外で撮影しているよりも楽しいかも。

インプットしたものはアウトプットしていかないと、
実にならないというのもある。
たとえば、みなさんが、
別にカメライターでなくても、
どこかで講演聞いたりとかした場合、
聞きっぱなしで終わると、
あっという間に忘れてしまう。

そこで聞いたことをメモして、
自分にとって重要なことは、
簡単にまとめておくという作業をすると、
聞いた知識がはじめて自分の身となるわけです。

まあどうでもいいことだったら、
そんな作業する必要ないんだけど、
もし何か自分にとって重要なことなら、
メモしてまとめる作業をするとよいと思います。
(読書、映画、講演やセミナー、人の話など)

というわけで、週末家こもりのおかげで、
大方やるべきデスクワークは終わりました!
5月に出す本の原稿も書き終えたし。
デスクワークを終わらせて、後の憂いをなくしたら、
また今週は新たなフィールドワークに出掛けます!


by kasakoblog | 2009-02-24 00:18 | 生き方