<   2009年 05月 ( 56 )   > この月の画像一覧

2009年 05月 31日
川中島&上杉謙信の居城跡へ行ってきた
e0171573_21541324.jpg

今日は長野から電車で約1時間半乗り、
上杉謙信の居城・春日山城跡へ。

標高約190mの山に造られた居城跡はすごかったです!
いや~、城ははりぼて復元より、
何もない城跡の方が想像力をかきたてられて、すごくよいです。
春日山城については後日、詳しく書きます。

e0171573_21544992.jpg

その後、長野に戻り、
長野からバスで20分の場所にある川中島古戦場へ。
上杉謙信が武田信玄に斬りこみ、
討ち取るか!と惜しいところまでいったものの、
運悪く逃してしまった一騎打ちの像などもご丁寧にあり、
これまで古戦場を訪れた中で、最も観光地化され、
かつそれで成功している(観光客がわんさかきている)、
珍しい古戦場でした。

e0171573_215533.jpg

写真:千曲川から川中島方面をのぞむ

e0171573_21553110.jpg

さらに川中島古戦場からバスで10分、
松代の町に松代城跡(海津城跡)へ。
武田信玄によって築かれた城で、
真田ゆかりの品を展示する真田宝物館なども近くにあります。

仙台ー米沢ー春日山(直江津)-長野と旅してきたわけですが、
米沢城は伊達政宗の生誕地でもあり、上杉謙信をまつった神社がある。
長野の川中島は、上杉謙信と武田信玄が激突している。

ちょっと場所を移動すると、
有力武将の影響力が二重に重なってしまうんです。
それほど互いの存在が大きな影響力を持ち、
互いを牽制しあいながら、時に協力、時に対決しながら、
戦国時代の世を生きてきたんだなと。

あらためて戦国というのはすごい時代だなと思った。
それぞれの地域で力あるものがのし上がり、
地域の代表が決まると、さらに隣接地で力を競い合い、
そうやってどんどん弱いものが淘汰され、
強いものが生き残っていく、
ある意味では非常に合理的な時代。
そして最終的に力あるものが全国を統べる。

戦国時代の合理的実力主義的な社会システムを、
今の時代の社会や政治の仕組みに、
うまく活かせないものだろうかと思って東京に帰ってきた。

そんなこというと弱者切り捨ての、
小泉改革みたいに思われるかもしれないけど、
“実力”ではない部分の力が幅を利かせているために、
様々な矛盾や歪みが生じている今の日本社会の悪い部分を見ると、
戦国のようなシンプルな基準で“風通しの良い”社会の仕組みが、
うまく取り入れられないかなと思った。

名家だろうが二代目だろうが、
ダメだな権力者は部下に謀反や下克上で、
容赦なく時代から葬り去られ、
古い常識人は淘汰され、新しい時代感覚を持った能力あるものが、 社会を運営していく。

戦国時代の歴史を知ることは、
きっと現代社会の矛盾を解決する、
一つの糸口になるんじゃないかなと。


by kasakoblog | 2009-05-31 21:55 | 旅行記
2009年 05月 30日
仙台→福島→米沢→宇都宮→長野にいます!週末おトク切符発見!
e0171573_2156137.jpg

今日は6:56東京発の新幹線に乗り、8:37仙台へ。

e0171573_21565047.jpg

青葉城跡を見た後、仙台駅で牛タンを食べ、福島へ。

e0171573_21573932.jpg

宮城限定クレヨンしんちゃん

福島に1時間滞在した後、
大河ドラマで騒がれている、直江兼続の「愛」の甲冑がある米沢へ。

e0171573_21592085.jpg

自動販売機も「愛」仕様

e0171573_215941100.jpg

上杉邸

米沢観光を終えた後、「そうだ、宇都宮に途中下車しよう!」と思い立ち、
宇都宮で餃子を食べる。

e0171573_221148.jpg


その後、宇都宮から大宮を経由し、長野に21:07着。
ただいま長野に泊まっております。

こんなアホみたいなスケジュールを組んでいるのは、
撮影のためなのですが、
新幹線乗りまくりなのに電車賃はたった1万8000円なんです!

週末旅行におトクな切符がJR東日本の「土・日きっぷ」。
東北新幹線(仙台の先の古川まで)、山形新幹線、
上越新幹線、長野新幹線の自由席が、
1万8000円で連続する土日、乗り放題!
しかも指定席は4回まで無料でとれるんです。
(新幹線だけでなく、フリーエリア内のJRも乗り放題)

これはすごい破格です。
例えば東京ー仙台の往復しただけでも2万1180円。
単に仙台往復だけに利用しても3000円おトクになる。

もちろん、そんな使い方ではなく、
この切符を利用して、何ヵ所かいくのがおすすめ。
例えば、仙台、米沢を訪れるとか、
長野、軽井沢、新潟を訪れるとか。

別に泊まりでなくても、こんな使い方もできる。
土曜日は日帰りで仙台に、
日曜日は日帰りで長野に、といった感じ。
正規で買うより、金券ショップで買うより、間違いなく割安です。

なぜこんなへんてこな切符を見つけたかというと、
週末、撮影のため新幹線を乗りまくるため。
ざっと計算したら、電車賃で6万円近くにもなる……。
参ったなと思っていたところ、
なんかこんなアホみたいに電車乗りまくる人のための、
フリー切符があるんじゃないかと思い、
窓口で聞いてみたところ、この切符を教えてくれたんです。

「いや、でもかさこさん、
こんな広いエリア、あちこち行けないですよ」
と言う方もいるかもしれないが、
新幹線を使うとムチャクチャ早いんです。

東京ー仙台はわずか1時間30分!
東京ー新潟は2時間。
東京ー長野は1時間40分。
だいたい2時間圏内で行けるので、日帰りも可能だし、
2日間で仙台、新潟、長野を回ることも、 そう難しくはないんです。

乗り放題なので、例えば、仙台や山形に行く途中に、
宇都宮で下車してギョーザ食べるなんて使い方もできる。

今、高速道路1000円乗り放題やっているけど、
渋滞して時間とられたらせっかくの時間がもったいない。
でも鉄道なら渋滞はない。
しかも新幹線使えれば、ものすごい広い範囲を瞬時に移動できる。

というわけで今日、この切符を使っているわけですが、
東京→仙台→福島→米沢→宇都宮→(大宮)→長野、
というわけで、現在は長野にいて、
今日は長野に宿泊予定です。 朝は仙台にいたのに(笑)

私みたいにクレイジーな使い方する人はあんまりいないと思いますが、
週末、北方面で新幹線に何度か乗る方は、
この切符を活用してみてはいかがでしょうか?
※6月26日までみたいです。
利用当日には切符を買えないので注意。

・JR東日本の土日きっぷ
http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?mode=top&GoodsCd=1420


by kasakoblog | 2009-05-30 22:04 | 旅行記
2009年 05月 30日
鹿島工場地帯探訪記アップ!
e0171573_162261.jpg
e0171573_163173.jpg

e0171573_165646.jpg
e0171573_17620.jpg


鹿島の工場探訪記を下記にアップしましたので
よかったらご覧ください。
遊覧船あり、展望台あり、とっても楽しい工業地帯です。
http://engineerlive.jp/life/article/article_moe8

e0171573_18228.jpg

それにしてもすごいのは展望台!
写真をご覧いただければわかりますが、
高さ52mの展望台テラスはなんと屋外で、窓なし!
見事な工場地帯の眺めが見えますが、マジで恐いです(笑)。

鹿島港内一周遊覧船ユーリカ号は土日祝日のみで1便。
なぜか乗車記念の粗品ももらえます。

そして工場めぐりに欠かせない自転車ですが、
工場地帯目の前!砂山公園にも近く、
東京からの高速バス・東部コンビナートバス停目の前の、
鹿島ポートホテルで宿泊するとチャリンコ貸してくれました!
*私が行った時には貸してくれましたが、
もし借りたい場合は事前にホテルに確認した方がよいと思います。

船、展望台、自転車の三種の神器がそろう工場地帯なら、
あらゆる角度から工場を楽しめるかと思います。

工場写真目次
http://www.kasako.com/kouzyoufotomokuzi.html


by kasakoblog | 2009-05-30 01:08 | 【写真】工場
2009年 05月 29日
ご当地しんちゃん増殖中!
e0171573_23302264.jpg


集めてます。
ご当地クレヨンしんちゃん。
私は旅行に行っても出張にいっても、
みやげは一切といっていいほど買わないのですが、
なぜかこれだけはまんまとハマってしまいました。

まあキティーちゃんみたいにアホみたいな数はなく、
非常に少ないので集めやすいのですが、
でもキティーちゃんの山の中から、
数少ないしんちゃんを見つけるのはなかなかに至難の業です(笑)。

子供に見せたくない番組筆頭のクレヨンしんちゃんですが、
昔の映画は大人に見せたい映画筆頭がクレヨンしんちゃんでございます。

かさこワールド・クレヨンしんちゃん映画コーナー
http://www.kasako.com/sintyaneiga.html

※このコーナーもミスチルの部屋に次ぐ、 アクセス数の多いコーナーなんです。


by kasakoblog | 2009-05-29 23:31 | 旅行記
2009年 05月 29日
人を殺し隠蔽しようとした輩がたった懲役6年
こんな軽い刑なら遺族のなかには、
わずかな懲役で出所した親方や兄弟子を、
まったく同じリンチ方法でなぶり殺す人も出てくるのではないか。
だってそれでも懲役6年で済むのだから・・・。

大相撲・時津風部屋の序ノ口力士で
当時17歳だった斉藤俊さんを
当時親方だった山本順一がビール瓶で殴打した挙句、
兄弟子に指示し、けいこ場の柱に縛りつけるなどの暴行。
これにより斉藤俊さんが死亡したが、
隠蔽するために遺族に無断で遺体を火葬しようとした。

こんな腐った犯罪者=山本元親方がたった懲役6年。
兄弟子のうち2人は懲役3年、執行猶予5年、
1人は懲役2年6月、執行猶予5年と実に甘い判決だ。

大相撲は完全に腐っている。
それを裁判所は正そうともしない。
そもそも人をなぶり殺し、隠蔽しても懲役たった6年で済む世の中。

17歳の命が奪われたのに、
こいつらはたった6年で無罪放免。

裁判所がなぜ存在しているのか。
こうした復讐的制裁をさせないためではないか。
凶悪犯罪者に刑が軽いなら、
世の中、復讐のリンチ殺人だらけになるだろう。

仮にけいこと称して殺してしまったとしても、
隠蔽しようとした悪質さが、
まったく反映されていない判決だと思う。


<追記>
でも裁判所が、国民の常識を無視した、
ふざけた判決しかできないからこそ、
裁判員制度は非常に有効なのに、
なぜ国民は、裁判員制度の実施に反対したり、
快く思ってないのか不思議でならない。

この判決に「軽すぎる!」と思っている人が、
日記を見る限り、大半だ。

ならば、裁判員制度を嫌がらず、
選ばれたら逃げることをせず、
積極的に参加して、
国民目線で犯罪者の量刑を決めることが、
大事なんじゃないかと思う。

by kasakoblog | 2009-05-29 11:18 | 一般
2009年 05月 28日
ツアーの食事がまずい理由を解説
食事付きのツアーで旅行に行く場合、
地元のグルメ三昧だ!と食事を楽しみにしていたが、
あまりおいしくなかったという経験をした人は多いのではないか。

ただ残念ながら、根本的に旅行ツアーで行くレストランの食事は、
おしいくないと思った方がいい。
なぜか。

1:旅行ツアーが行ける大型バスの駐車場がある
レストランが優先される。
(つまり味より駐車場の設備で選んでいる)

2:旅行ツアー客が大挙して押し寄せるレストランは、
大量の食事を一度に作らねばならず、
バイトを雇うなどして料理の質が落ちる。

つまり、旅行ツアーで行くレストランは、
そもそもまずい可能性がかなり高いというわけだ。
さらにこんな理由もある。

3:自分の好きな時間に食べられない。
ツアーで決められた時間に食べなければならず、
必ずしもお腹が空いた時に食べるわけではない。
だからおいしさが半減してしまう。
自分で腹が減った時間に行く方が、
おいしく感じるに決まっているわけです。

4:自分でメニューを選べない。
食事の楽しさって、メニューを選ぶところから始まるわけです。
ところがツアーではもうメニューはすでに決められている。
だから自分でメニューを選ぶ楽しさなく、
食事をするから、なんとなく食事が盛り上がらない。
だからあまりおいしく感じられない。

考えてみればわかるけど、
地元で評判のおいしいレストランに、
大型バスが何台も止まれる駐車場があるだろうか?
多分たいていはないんじゃないか。

仮に駐車場は他で探して、駐車場がない店に行くとしても、
そもそも30~40人もの団体客を受け入れられる店という時点で、
かなりのスクリーニングがされてしまっている。
少人数でしか入れないおいしい店は除外されてしまっているのだ。

たとえば地元名物のおいしいラーメンを食べたいとする。
しかし30~40人も一度に入れるおいしいラーメン屋があるだろうか?
10人ぐらいしか入れないおいしいラーメン屋は、
ツアーでは絶対に行けないのである。
だからおいしくない。

ツアー客を主な客にせず、
地元の個人客を相手にしているところは、
おいしくなければ、淘汰されてしまう可能性がある。
だから味やこだわりを重視する。
だからそういう店に行く方が、
ツアーで案内される店よりおいしい可能性が高いのだ。

個人旅行をしたことがある人ならわかると思う。
ツアーで案内された有名店より、
個人で探した名もなき店の方がおいしかったという経験、
結構あるんじゃないか。
そっちの店の方が、うまくて安くてボリュームがある確率ははるかに高い。

私は15年ぐらい前に一度、中国に団体ツアーで行ったことがあるが、
何の変哲もない中華料理の連続にうんざりした覚えがある。
その後、何度となく個人で中国旅行をしているが、
ツアーで行くような店ではなく、
多少不衛生だが、ガイドブックにも載っていない、
その辺の店に入って、毎日、中華料理食べても、
おしいし、安いし、飽きることはほとんどない。

自分でメニューを選べるし、中華料理は種類が豊富だし、
「今日はチンジャオロース食べたから、
明日はマーボー豆腐にしよう」とか、
「まだ、トマトと卵の炒めもの食べてないから、
明日はそれにしよう」とか、
いくらでもバリエーションがあるので、
おいしくないと思ったことはほとんどない。

日本人が未だに団体ツアーを信奉するのは、
修学旅行のせいではないか。
あのような特殊な旅行の仕方がオーソゾックスな旅行だと、
思い込まされているから、
とっても楽しい個人旅行を敬遠してしまう。

もちろん団体ツアーによる利便性・メリットが大きい場所もあるけど、
個人旅行の楽しさを覚えたら、
団体ツアーなんて絶対にしたくなくなる。
それは食事1つとっても上記のように段違いだし。

はじめて海外に行く際、
不安だからとツアーを利用し、
食事を楽しみにしていたのにがっかりし、
食事がおいしくないから、旅行中も楽しめず、
「海外旅行はつまらなかった」と思ってしまう人が多い。

それは海外旅行がつまらないのではなく、
ツアー旅行だからおもしろくないのだ。
同じ場所に行っても、
ツアーで連れてかれる店ではなく、
その辺の店に入った方がどれだけおいしいか。

ぜひ旅行は団体ツアーではなく、
個人旅行をおすすめしたい。

もちろん個人で行くと、
手間もかかるし、失敗することもある。
でもそれこそが思い出に残る旅行ではないだろうか。
別に仕事で行くわけじゃないんだから、
ツアーを利用して要領よく数多くの場所を回る必要なんか、
ぜんぜんないわけだし。


by kasakoblog | 2009-05-28 22:10 | 旅行記
2009年 05月 28日
消費者庁、最初の仕事はエコポイントの排除命令
消費者庁が今秋発足するそうだが、はじめにやるべき仕事は、
詐欺商法・悪質商法・誇大広告のエコポイント制度に排除命令を出すことだろう。
何に交換できるかもわからないのに、
ポイントを付与して消費を煽る制度は、
悪質商法・詐欺商法もいいところ。
こんなムチャクチャな制度が見切り発車されていることが信じられない。

そもそもエコポイントというネーミングが誇大広告だ。
家電を買い換えることがエコなのか?
省エネ性能に優れていること=エコなのか?
エコを騙った誇大広告であり詐欺制度というほかない。

そもそも天下り団体がメーカーの説明書をうのみにして、
省エネ評価し、省エネ対象が嘘っぱちだった、
省エネラベルそのものが詐欺ではないか。

国民の生活本位、消費者のために、
消費者庁を発足する前に、
麻生自民・公明政権の詐欺商法をすみやかにやめることが、
国民のための政治ではないだろうか。


by kasakoblog | 2009-05-28 20:08 | 政治
2009年 05月 27日
ユーティリティープレイヤー
サッカーや野球などで複数のポジション(役割)をこなせる選手を、
ユーティリティープレイヤーと呼ぶ。

プロゆえ、あるポジションの技能に秀でた、
スペシャリストの集合体ではあるわけだけど、
チーム事情や思わぬ選手のケガなどにより、
本来のフォーメーションで戦えない事態が起きる。
そんな時に重宝されるのが、
ユーティリティープレイヤーだ。
攻撃も守備もできる選手がいれば、
誰かの穴をうめることが可能になる。

スポーツに限らず、会社などの組織でも、
ユーティリティープレイヤーは重宝されると思う。

「私は事務だから営業はできない」
「私は技術系だから営業はできない」
「私は営業だから総務はできない」

大企業で人材がわんさかいれば、
営業は営業だけやればよく、
技術職はそれだけやっていればいいということもあり得る。

しかし人というのは思わぬアクシデントなどが起こりがちで、
特に人数の少ない企業などでは、
自分本来の得意とするポジション以外にも、
欠員などをカバーする上で、
違う役割をこなさなくてはならないことも多い。

そうした時に「自分はできません」というか、
「自分はその役割もこなせますよ」といえるかは、
組織にとっての人材の重要度、貢献度が大きく変わってくる。

つまり組織において自分の存在価値を認めてもらう場合、
スペシャリストをめざす道もあるが、
ユーティリティープレイヤーをめざす道もあると思うのだ。
「何でも卒なくできる」社員は重宝されるだろう。

なぜそんなことを書いたかというと、
私がめざすべき道はユーティリティープレイヤーなのかな、
とふと思ったからだ。

私の職種的には、編集業、ライター業、カメラマン業の3つがある。
大きな出版社などは編集業しかできない人が多く、
自分で文章を書けない人はいる。
小さな編集プロダクションになれば、
ほとんどが編集とライター業を兼務する。
そして私の場合、それに加えて、カメラマンもできる。

3役こなせる人ってあまりいない。
10年前、私が編集業界に入った会社で、
ちょうど今の私と同じ年の先輩が、
まさにこの3役をこなして重宝されていた。

今日は編集者として仕事をし、
明日はライター業、明後日はカメラマン業・・・。
私が複数のポジションをこなせるユーティリティープレイヤーならば、
その時その時の仕事状況に応じて、
役割を変化させることができ、
組織が機動的にフォーメーションをつくることができる。

そういう形で私は組織に貢献できるのではないか、
そういう力量に到達したのではないかと、
10年前に憧れだった先輩の姿を思い浮かべながら、
今まさに自分はそれだなと思っている。

編集、ライター、カメラマンだけでなく、
営業もできるとも思っている。
そもそも大学卒業後はサラ金で営業マンしてたわけで、
電話帳や名簿リストから電話営業したり、
アポなし飛び込み営業も相当やった。
アポなし飛び込み営業で、
新規の貸金業者から紹介案件をもらい、
社内で最高融資額となる6000万円の案件を成立させたこともある。

まあそれは随分古い話だが、
最近では写真集が何冊も出ているのは、
何のコネもない出版社にいきなり電話して営業したからだった。

超ニッチな分野のスペシャリストになるのもいい。
しかしなかなか特殊技能を身につけるのは、
一般の人には難しいと思う。
ならば何でもできる、
ユーティリティープレイヤーをめざしてみてはどうだろうか。

組織に1人か2人、ユーティリティープレイヤーがいると、
不況でも、いや不況だからこそ重宝されると思う。


by kasakoblog | 2009-05-27 23:40 | 働き方
2009年 05月 27日
アマゾンで新刊は買わない方がよい
村上春樹の最新刊のアマゾンでの予約が1万冊を超え、
過去最多の予約数を記録したというが、
いち早く最新刊を読みたい人は、
アマゾンで予約は絶対にしない方がいい。
なぜか。
だいたい書店発売日の2~3日後に届くからだ。

アマゾンで新刊を発売前に予約すれば、
書店に行かずとも発売日に家に届くなら、
なんて便利だろうかと思い、予約したことがあるが、
発売日に一向に届かず、3~4日たってから、
やっと本がきて、バカらしい思いをしたことがある。
周囲の書店にはすでに売っているのに、
アマゾンで予約してしまったばっかりに、
買うこともできず、いつくるかもわからず、
ただひたすら毎日ポストをのぞく羽目になった。

アマゾンで新刊を予約しても届くのが遅い、
というのは私だけでなく、
アマゾンをよく利用している知人からも聞いた。

もちろんすぐに欲しい本でなければアマゾンは便利だが、
もしいち早く手に入れたい本があるなら、
絶対に現段階では書店で買うことをおすすめする。

村上春樹の本をアマゾンで予約した1万冊の届け日は、
はたしてどうなることか。
1万冊の予約という尋常ならざるシェアを拡大したアマゾンだが、
読者の期待を裏切れば、せっかくのビジネスチャンスが、
クレーム多発の機会に変わるだけだ。

新刊、新譜欲しい人は要注意です。
アマゾンがこの点を改善してくれるなら、
書店に行かなくてもいいのでうれしいのだが。


by kasakoblog | 2009-05-27 21:44 | ネット
2009年 05月 27日
世界最長小説が未完に!!!
私が大好きな小説で現在126巻が発売されている、
「グイン・サーガ」の著者・栗本薫さんが、
お亡くなりになってしまいました!

超ショック!!!
126巻読んでも物語はまだ途上。
この先どうなるのか、ほぼ隔月で出される最新刊が出るのを、
この20年あまりずっと楽しみにしてきただけに、
未完が決定してしまったことに、
大いなる衝撃を受けています。

ただ最近、著者の体調が悪いことは、
あとがきから知っていた。
もしかしたら未完になるのでは?と思い始めたので、
今まではグインサーガはおもしろいから、
ぜひ読んで欲しいと度々紹介していたが、
126巻も読んで未完のものは他人には勧められないと思い、
日記で取り上げるのをやめてきた。

最新刊が出る度にアマゾンのレビューでは、
早く物語を進ませてほしいと書いてきたが、
心のどこかで、あの速筆でバイタリティあふれる著者が、
グインを未完にして死んでしまうわけはないと思っていた。

ただすごい変な話なんだけど、
先月発売された126巻の最新刊より、
今から数十年前に発売された外伝1巻の方が、
物語の内容は先をいっていることもあり、
未完といえど、きっと大まかな筋書きは、
すでに作ってあったと思われる。

もう完全版を読むことはできなくなってしまったけど、
著者が残しているであろう、
物語が終わるまでのストーリーを、
ぜひこれまでの読者のために、
何らかの形で発表してほしいなと思う。

これまで20数年間、グインサーガを楽しませてくれてありがとう。
非常に残念ですが、心よりお悔やみ申し上げます。

※かさこアマゾンレビュー現在293位!
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A1LR7ZDOBZTGW1

※かさこワールド・グインサーガの部屋
http://www.kasako.com/sakuhin.files/guintop.html


by kasakoblog | 2009-05-27 12:26 | 書評・映画評