<   2009年 07月 ( 59 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

私はレーザー手術で失敗した

レーザーで視力回復するレーシック手術を受けた患者で、
感染症被害が多発し、病院を訴えたというニュースがあったが、
私は2002年、腰痛(椎間板ヘルニア)でレーザー手術を受けたが、
腰痛は悪化し、歩けなくなり、
手術代60万円は無駄となり、
整形外科で切開手術を受け直すという体験をしている。

健康保険の効かない“最先端”医療って難しい。
たった15分程度のレーザー手術で、
視力が回復し、めがねもコンタクトもいらないのなら、
こんな素晴らしい治療方法はない。

椎間板ヘルニアも同じ。
私ははじめ整形外科に通ったが、
切開手術を勧められた。
しかし手術後、1ヵ月の入院が必要で、
しかも手術は全身麻酔で体を切る。
1ヵ月も会社休めないし、
全身麻酔で体を切るってやっぱり恐い。

そんな時、
体を切らずにレーザーで治る!
入院不要の日帰り手術!
という椎間板ヘルニアのレーザー手術のうたい文句に誘われた。
テレビでも紹介されていた。
しかしまんまと失敗してしまい、
結果、時間もお金もロスすることになった。

何が難しいかって、
すべてが失敗するわけではないということ。
実際にレーザーで成功している人はたくさんいるわけです。
私はたまたま失敗しただけで、
もしかしたら成功したかもしれない。
だから絶対にレーザーがダメとは言い切れないし、
もしそうだとしたら、
レーザー手術自体が禁止されているはずだし。

レーザーで視力回復。
なんとも魅力的で画期的な手術方法だと思う。
今回、レーシックで被害が出たのは、
レーシックそのものの問題ではなく、
衛生管理の問題が原因かもしれない。
そうだとすれば、それさえしっかりすれば、
失敗することはないといえるかもしれない。

ただ私がうさんくさいと思うのは、
レーシックにしてもヘルニアのレーザー手術にしても、
いいことばかりしか書いていないこと。
「レーシックは最も安全な手術方法」
「失明することはない」
「金利0%ローンで手術代を払える」
「友人を紹介すれば3万円キャッシュバックする」

この世の中に100%安全といえるものがあるのだろうか。
ましてや医療で。
別にレーシックやレーザー手術を否定するつもりはないけど、
100%安全とかいうよりも、
手術にはこんなリスクもあり、
こんな風に失敗する可能性もあるけど、
それでもやりますか?といわれた方が、
むしろ信頼ができると思う。

そもそも100%安全なら、
過剰に顧客を優遇した金利0%とか、
多額のキャッシュバックとかする必要ないわけです。
堂々と手術代を取ればいいわけです。
しかし優遇政策をしないと客が集まらないのかと、
逆に不安に思ってしまうわけです。

投資の儲け話でよく騙されたのがニュースになるけど、
そういうのって、ほとんどいいことばかりしか言っていない。
絶対に儲かるとか、損はしないとか。
でもそれこそがうさんくさいわけで、
信頼のおける投資商品なら、
こんな場合は損をします、
もしかしたら元金の半分になってしまうこともあるとか、
正直に言ってくれた方が納得できるわけです。

どんなサービスや商品についても、
いいことばかりを言う宣伝手法は信用ならないから、
やめた方がいいんじゃないか。
だってこの世の中に完璧なものなんかないんだし。
きちんと商品のデメリットもいう。
その方が消費者から信頼されるし、
後から文句を言われることも少なくなるだろう。

消費者の側もいいことばかりを信用しないことだ。
たとえばある手術の成功率が99%だとしたら、
100人に1人は必ず失敗するわけで、
その1人に自分がなるかもしれない。
そのリスクを賭けてでも、
めがねもなくコンタクトもない、
裸眼の視力回復をしたいと思うならすればいいわけで、
失敗した場合のリスクを考えておいた方がいいと思う。

私はレーシックは当面する気はない。
なぜなら私の職業=カメラマンは目が命だからだ。
めがねで撮影することに不便さはそれほど感じていない。
もちろん、めがねなしの方がいいに決まっている。
でも1%なのか0.1%なのかわからないけど、
失敗するリスクがごくわずかでもあるなら、
そのリスクを賭けてまでとてもじゃないけどできない。
だって失敗=失業になってしまうわけだから。

失敗する確率をどう捉えるかは、その人次第。
1%の失敗はすごく低いと思うなら、
手術後の便利さを考え、手術を受けたらいいし。
人によっては50%の成功率しかなくても、
それでも手術を受けたいという人もいるだろうし。

大事なことは100%と言えるものは、
この世の中にほとんどないということ。
いいことばかり書いて、
デメリットについて書かない話は、
たいてい裏があること。

それを踏まえたうえで、
何を選択するかは個人の自由だと思う。

私の腰痛の場合、レーザーは失敗したけど、
受けてよかったとは思う。
日帰り手術で成功する可能性に、
はじめから目をつぶってしまい、
いきなり1ヵ月入院の切開手術を選んだら、
きっと「レーザー受けたら日帰りで治るかもしれないのに」、
と後悔した状態で切開手術にのぞんだだろうし。

ただ私のようにレーザーで失敗する人もいる、
ということは、何を選択するかという上で、
多くの人に知っておいてほしいと思う。

椎間板ヘルニアドキュメント
http://kasakoblog.exblog.jp/10740955/


by kasakoblog | 2009-07-31 00:50 | 一般
2009年 07月 31日

椎間板ヘルニアドキュメント

2002年、27歳の時に突然腰痛に襲われ、
レーザー手術に失敗し、切開手術をし、
その入院生活を記録したドキュメントです。


More

by kasakoblog | 2009-07-31 00:21
2009年 07月 31日

椎間板ヘルニアドキュメント2

椎間板ヘルニアドキュメント2です。

More

by kasakoblog | 2009-07-31 00:10
2009年 07月 31日

椎間板ヘルニアドキュメント3

椎間板ヘルニアドキュメント3です。

More

by kasakoblog | 2009-07-31 00:03
2009年 07月 31日

椎間板ヘルニアドキュメント4

椎間板ヘルニアドキュメント4です。

More

by kasakoblog | 2009-07-31 00:02
2009年 07月 29日

人生に迷ったら

e0171573_21332100.jpg

四国八十八ヶ所巡りのような目標が明確で、
かつ達成するにはそこそこの苦労が必要で、
でも何年もかからない、数ヶ月もあればできる、
“単純作業”をやってみるのがいいかもしれない。

先日、徳島の漁村帰りに少し時間があったので、
徳島中心部からそう遠くない、
四国八十八ヶ所巡りの一番札所、
霊山寺(りょうぜんじ)に行ってきた。

e0171573_2135365.jpg

真夏の最中、最寄駅から10分ほど歩いただけでも、
汗でびしょびしょ。
突然、強雨が降ってきて、
門で雨宿りを強いられたりした。

たった1箇所、行くのだって、
それなりに大変なのに、
八十八箇所も回るなんて、
ましてやそれを徒歩で回ろうとすれば、
とてつもない大変なことなのに、
でも人はなぜ八十八箇所も回るのだろうかと考えてみた。

人生70~80年。
一生を生きる膨大な時間のなかで、
死にたいぐらい嫌なことや、
とんでもない大失敗や、
かけがえのない人の死や、
漠然とした人生の悩みや不安、
迷いなどを抱くことはある。

何か明確な目標に向かって生きている時は人は強い。
でもその目標を失ってしまうと、
何を頼りに生きていいかわからなくなり、
心に“空白”ができてしまう。

e0171573_2142122.jpg

そんな時、単純で、でも少し困難で、
でもがんばれば目標達成可能な、
八十八ヶ所巡りのようなものを、
当面の目標にすれば、
その間は心の“空白”を埋めることができる。

しかもただひたすら歩くような“作業”の場合、
歩いている最中、いろんなことを考え、
否が応でも自分と向き合わなくてはならない。
つまり日常の忙しさにかまけて、
問題から逃れることができず、
直視しなければならない状況に追い込まれる。

そうやって悩みや迷いと正面きって向き合いながら、
八十八ヶ所全部回るという単純な目標のために、
ひたすら地道に歩いていく。

そうすれば、そこそこ大変だけど、
自分があきらめない限りは、
“簡単”に達成できるわけです。
簡単というと誤解を生むかもしれないけど、
たとえば今からプロ野球選手になれとか、
100万部大ヒットする小説を書けとか、
自分が努力しても達成できない目標ではない。
ただひたすら歩けば実現できる。

でもそれなりに大変だから大きな達成感がある。
目標を見失い、自信を見失っていた自分が、
やればできるんだという“小さな”成功体験を、
持つことができる。
それよって自信を回復し、人生を前向きに考え、
また新たにがんばっていこうと思える。
そういう仕組みが八十八箇所巡りのような“巡礼”ではないか。

別にお遍路さんでなくてもいい。
全国を自転車で縦断するとか、
山手線一周歩いてみるとか、
3000ピースのパズルを完成させるとか、
JR東日本でやっているポケモンスタンプラリーを、
コンプリートするとか、何でもいいんです。
単純作業で時間さえかければできることであれば。

八十八箇所すべて巡れば願いが成就する。
きっとそれって、全部回ると目標を立て、
途中であきらめずに達成できるほど、
自分に信念と行動力があれば、
どんな人生の願いでもかなうという暗喩ではないだろうか。

小さな成功体験を積み上げていけないと、
やっぱり人生という旅路のどこかでつまずいてしまう。
お遍路のような小さな成功体験をすることで、
人生においても大きな成功体験につなげていく。

宗教における巡礼や修行とは、
もしかしたらそのような意味があるのではないか。

人生に迷ったら、何でもいい。
バカバカしいかもしれないけど、
いやバカバカしいほどいいかもしれないが、
数が多い単純作業のコンプリートに挑戦してみる。
それによって自信が回復できれば、
きっと人生もうまくいくのではないだろうか。

霊山寺写真
http://www.kasako.com/0907ryozenfoto.html


by kasakoblog | 2009-07-29 21:04 | 生き方
2009年 07月 29日

漁村の子供たち

e0171573_110358.jpg
e0171573_1104954.jpg
e0171573_111577.jpg

徳島の漁村・伊座利の子供たちの写真をアップしました。
http://www.kasako.com/0907izarikodomofoto.html

小中学生あわせて10人以下となってしまい、
一時は廃校の危機にあったこの漁村ですが、
さまざまな取り組みにより、
漁村留学(一時的に移住)する家族が増え、
今では20人以上の子供たちがいます。

田舎に移住しろというのは、やっぱり無理がある。
でも伊座利では、
子供の数年を海や山や川など、自然に囲まれた環境で、
数年間だけ子供と親が一緒に住んでみませんかという、
“漁村留学制度”という形をとったことで成功し、
子供たちが増えることにつながったようです。


by kasakoblog | 2009-07-29 01:12 | 【写真】国内
2009年 07月 27日

何もないけど何かある伊座利

e0171573_22263267.jpg

“何もないけど何かある伊座利”
思えば、都会は、
「いっぱいあるけど何もない」のかもしれない。
だから何かを求めて漂流したり、
物欲に満たされながら、どこか心が虚ろだったり、
何をやっても満ち足りない人たちが多いのかもしれない。

人口約120人。
三方を山々に囲まれた陸の孤島、
徳島県の小さな漁村・伊座利。
交通の便は最悪。
商店が1軒。カフェが1軒。
観光名所もなければ、残念なことにお遍路の寺もない。

3月に偶然、仕事で訪れたこの場所を、
7月に個人的に再訪することに、
ちょっぴりためらいがあった。
考えてみれば何もないじゃないかと・・・・・・。

しかし再び訪れて、
伊座利の人たちに囲まれて、
この漁村がキャッチフレーズにしている、
「何もないけど何かある」という意味が、十二分にわかった。
そう、まさにその通り。
ここは何もないけど何かある。
だからまた来たいと思ってしまうのだ。

でもそんなこと言われたって、
行ったことのない人にとって、
この漁村の魅力は何だかわからない。

「何かある」の「何か」とは何なのか。
私なりのその答えが、伊座利のおっちゃんたちだった。

e0171573_2227457.jpg

ここのおっちゃんたちはおもしろい。
来るものを拒まず、去るものを追わない、
適度な距離感で異邦人を迎え入れてくれる。
閉鎖的な感じはまったくないけど、
だからといって外の人を過剰に接待することもない。
荒くれ者の漁師という感じはまったくなく、
それぞれがマイペースで適度につきあってくれる。

話すとおもしろい。
なぜおもしろいかというと、
村の未来を考え、実践的行動に移しているからだ。

子供が少なくなり村の学校がなくなる危機に瀕したことから、
村のために何をしたらいいか、
みんなが集まっていろんな話をし、
「海の学校」というイベントをしたり、
カフェをつくったり、漁村留学をすすめたり、
都市の人と交流を図ったり、いろんなことをしている。

その考えと行動が実を結び、廃校の危機はまぬがれ、
子供たちの人数が徐々に増えてきている。

e0171573_22274540.jpg

“何もないけど何かある”
伊座利の「何か」とは、
このおっちゃんたちの魅力ではないか。

だからおっちゃんの写真ばかりを撮った。
おっちゃんたちの顔からにじみでる“何か”を感じてもらえたら、
きっと伊座利の魅力の一端を、
わかってもらえるのではないかと。

大阪に勤めていて、毎月、伊座利の実家に、
帰ってくる人がこんなことを言っていた。

「今の都会の人たちは、笑顔がない。
笑えないから生活がつらくなり、
心の病にかかってしまったり、自殺してしまったり、
自暴自棄になって凶悪犯罪をしてしまったりする。
でもこの伊座利に来ると、みんな笑っている。
だから1ヵ月に1度、この伊座利に来ると、
自分自身も都会の心の疲れを癒すことができ、
また都会の生活をがんばろうと思える」

おっちゃんたちの写真を見て驚いた。
笑っている写真が異様に多いのである。
特に意識して笑顔の写真を狙ったわけではないのに、
笑顔の写真ばかりが写っている。
つまり、いつも笑ってばかりいるのが普通なのだ。

e0171573_22282345.jpg

仕事を終えると、漁協組合の前の“たまり場”に、
人が集まってきて、ビール片手にバカ話に花を咲かせる。

よく笑う伊座利の人たち。
漁村の危機を乗り越えて、
もちろん今でも悩みはあるだろうけど、
人生楽しまなきゃ損、やりたいことやらなきゃ損ってな感じで、
人生を肯定的に捉えて、前に進んでいくために、
実際に行動に移していけている人たちだからこそ、
笑顔がたえないのだろう。

人生を悲壮感漂う旅路と捉えている感じはない。
にこにこしながら生きている。
そんな笑顔とその空気に魅せられて、
伊座利のファンになり、
何度も訪れたり、応援したりする人が増えている。

「何もないけど何かある」。
おっちゃんたちの笑顔を、たっぷりとご覧ください。

伊座利おっちゃん写真
http://www.kasako.com/0907izarifoto1.html


by kasakoblog | 2009-07-27 22:30 | 【写真】国内
2009年 07月 27日

天気の恐ろしさ~旅行は直前に決めたい

九州では記録的な豪雨、その前の週は山口周辺で豪雨、
その前は、北海道の山で強風による気温低下で、
登山ツアー8人が死亡するという事故・・・。

夏休みで旅行や帰省する方も多いと思うが、
旅行はできるだけ直前に決めたい。
前々から決めてしまうと、天候リスクに対応できず、
とんでもない事故に巻き込まれてしまう可能性もある。

天気はもちろん自分の体調も、
直前になってみないとわからない。
でも前々から旅行手配をしてしまうと、
多少、天気が悪かろうが、
体調が思わしくなかろうが、
旅行を決行せざるを得なくなってしまう。
それで事故が起きる。

本当は2~3日前に、天気と体調を考えて、
旅行に行くかどうか決めて、
飛行機や鉄道、ホテルの手配をするのが理想的だ。

無論、現実にはそうはいかない。
仕事を休む場合には、
事前に申請しなくちゃいけないとか、
直前では交通機関やホテルの手配ができない可能性もあるし、
そもそも安いパッケージツアーの場合は、
10日前ぐらいまでに申込しないと、
予約を受け付けてもらえないことも多い。
イベントなどはそもそも日程が前々から決まっているから、
前々から手配せざるを得ないし。

ただ、今どうしても行く必要があるわけではない旅行は、
できるだけ直前に手配したい。
前々から決めてしまい、悪天候で強行しても、
楽しい旅行ができるとは思えないし。

私は旅行の中心が写真撮影なので、
国内の場合、旅行の手配は、
できるだけ2~3日前にするようにしている。

7月の3連休は山口か岡山に行こうと思っていたが、
2日前に天気が思わしくなさそうなのでやめ、
雨がふらなそうな予報の最終日に、
日帰りで栃木へ行くことに変更した。

毎回こんな風に直前に決めることができるといいんだけど、
なかなかそうはいかず、
遠隔地かつ混雑期の場合には、
やむなく前々に手配し、
雨でも決行せざるを得ないこともあるんだけど、
天気が悪い時に無理に旅行しても、
楽しいとはあまり思えなくなってしまう。

ちなみに天気予報だが、週間予報はほとんどあてにならない。
1~2日前ぐらいでやっと当たる確率がぐんと増す。
(最近の不安定な天候では、1日前でも大はずれの場合もある)

それと天気だけでなく、必ず風速もチェックしておきたい。
雨予報でなくても風速予報が10m近い時には、
外出はのぞましくない。

せっかくの夏休みの旅行を、
楽しい思い出でなはく悲劇にしないためにも、
できるだけ直前に、旅行に行くか行かないかを決めて、
旅行手配をするとよいと思う。


by kasakoblog | 2009-07-27 10:07 | 旅行記
2009年 07月 26日

徳島ご当地グルメ

今日は漁村・伊座利を早朝に出発し、徳島に戻ってきました。
町に戻ってきて、うまいものめぐりをしております。

e0171573_1629933.jpg

・写真1枚目・・・釜玉うどん(小)280円
四国といえば讃岐うどん!
店:うどん・まなの
場所:四国八十八ヶ所の一番目の霊山寺すぐそば

e0171573_16292065.jpg

・写真2枚目・・・すだちみぞれ500円
徳島名産のすだちの蜜をかけた、超さっぱりとしたかき氷!
店:福寿庵
場所:四国八十八ヶ所の一番目の霊山寺すぐそば

e0171573_1629285.jpg

・写真3枚目・・・徳島ラーメン(肉玉中)
B級感たっぷりの徳島ラーメン。
見た目はぐろいかもしれませんが、結構いけます!
店:いのたち
場所:徳島駅から徒歩15分

※伊座利とはどんな漁村なのかは、
3月に取材した記事をご覧ください。
http://kasakoblog.exblog.jp/9913849/


by kasakoblog | 2009-07-26 16:31 | グルメ・ラーメン