<   2009年 08月 ( 49 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

城写真集9月に発売!


e0171573_22304920.jpg
私が撮影した写真集「城・甲冑・古戦場・武具」
(グラフィック社、かさこ著)が、9月上旬に発売となります!

e0171573_2231243.jpg

全国24カ所の城に加え、関ヶ原など10の古戦場、
直江兼続、前田慶次などの甲冑写真約30点が掲載!
全650カット以上を175ページにわたって、
フルカラーで掲載しています。

城写真集は多くあれど、
古戦場や甲冑写真も加えたものは珍しいと思います。
巻末では、古戦場ガイド、城内配置図、
甲冑部位解説などの記事もあわせて掲載しています。

9月10日前後ぐらいから、
徐々に書店に並ぶと思いますので、
ぜひ大型書店などでちらっとご覧いただき、
気に入ったら購入していただければうれしいです。

e0171573_22311721.jpg

<掲載写真詳細>
・城
姫路城、熊本城、大阪城、二条城、
江戸城、小田原城、五稜郭、首里城、
仙台城跡、春日山城跡、米沢城跡、金沢城、
掛川城、駿府城、浜松城、松代城、
長浜城、岐阜城、名古屋城、清洲城、
山崎城跡、徳島城跡、岡城跡、鶴丸城跡

・古戦場
関ヶ原、桶狭間、川中島、壇ノ浦、巌流島、
賤ヶ岳、三方原、姉川、松川、山崎

・甲冑
直江兼続、前田慶次、伊達政宗、
真田昌幸、上杉謙信、上杉景勝など

・巻末
古戦場ガイド、城内配置図ガイド、甲冑部位解説


現在アマゾンで予約可能

<城写真コーナー>
http://www.kasako.com/sirofoto.html


by kasakoblog | 2009-08-31 00:31 | お知らせ
2009年 08月 30日

政治に競争原理が働いた

日本にはじめて政治に競争原理が働いたのが、
今回の選挙だったのではないか。

今までは自民党しか選べない状況。
野党があまりにへぼいから、自民は襟を正す必要はなく、
悪いことをわんさかやり、問題は先送りにし、
平然と国民を“騙し続けて”きても、
自民党が選ばれ続けてきた。
だって他に選択肢がないんだから。

しかしはじめてライバル=民主党が現れた。
いわば無人島で結婚相手が1人しかいなかった状態から、
国民ははじめてもう1人、別の相手を選べるようになった。

新たな相手=民主党が決して気に入ったわけじゃない。
しかし、今まで付き合ってきた相手があまりにひどかった。
こんなひどい相手なら、違う誰かなら誰でもいい。
そこで国民は民主党を選んだ。

民主党を不安視する声も大きいが、
今回は民主党しかあり得なかったと思う。
民主党に入れることで、自民党が反省し、
もう一度、まともな政党として立ち直る機会にもなったからだ。
惨敗で自民党が襟を正せば、
政治は前よりは確実に良くなるだろう。

民主党は圧勝したが、
小泉自民の大勝時の奢りは今のところない。
なぜなら“風”の恐ろしさを知っているからだ。
民主党はぶれまくりの政策で、
2005年衆議院選挙で惨敗を喫した経験もある。

しかし風が一転すれば、
これほどの大勝になるということを肌で感じ、
きっと恐ろしさも感じているだろう。
政権をとった後、失敗すれば、
今回の自民惨敗のような結果に、
自分たちがなることを十分認識しているはずだ。

日本の政治にはじめて競争原理が働き、
国民がはじめて2つの選択肢から、
相手を選ぶことができたのは、
非常に意義がある選挙結果だったと思う。

競争原理なき業界はサービスが向上しない。
そのために独占禁止法がある。
競争が激しい業界は、
消費者に自社商品を気に入ってもらうよう、
必死に経営努力やサービス向上に努める。

今までの日本政治にはそれがなかった。
だからいつまでたっても政治の“サービス”は向上しなかった。

ただ大きな危惧がある。
民主党がいい悪いの問題ではなく、
どの政党も経営体力=財政を度外視した、
安売りサービス合戦をはじめることだ。

民主が高速無料といったから、
自民・公明はあわてて高速1000円を実施した。
民主が子ども手当てを政策に入れたので、
今までマニフェストに入っていながら、
何にもやらなかった幼児教育無償化を、
自民はあわてて訴え始めた。

消費者に気に入られるために、
体力を度外視した安売り競争をすれば、
どちらの企業も倒産し、
結果、消費者にも迷惑をかけることになる。

今回のマニフェストを見て、
私は「バラマキ選択選挙」と名づけた。
すでに安売り合戦の様相を呈し始めていた。

政治に競争原理が働くことはよいが、
国民受けばかりを狙ったサービス合戦はやめてほしい。
今回、私は小選挙区も比例でも民主に入れたが、
(比例は、民主か共産かみんなの党かでかなり迷ったが)
高速無料も子ども手当ても高校無料も実施してほしくない。

民主党に期待するのは、
自民公明では絶対にできない無駄遣いの排除。
これがどこまでできるかで、
民主党の実力が問われると思う。

そしてひそかに期待しているのは、
政権交代が起きたことで、
これまでマスコミが報道してきた以上の、
とんでもない無駄遣いが発見され、
無駄を撲滅できるのではないかということ。

それができれば、民主党が果たす、
日本政治における役割は極めて大きいと思う。
ただそのせっかく浮いた金を、
高速無料や高校無償などという、
とんでもないバラマキには使ってほしくはないんだけど。

民主党がへまをすれば、
まず参議院選挙で民主が惨敗し、
次の衆議院選挙でも惨敗を喫することになるだろう。

今回の選挙で競争原理の恐ろしさを民主党が感じていれば、
たとえ大勝しても、
体力なきバラマキをしないと期待している。
逆にそれをしなければ、
今度は民主に大逆風が吹く番だ。

今回の選挙結果を生かせるのは、自民か民主か。
これからの政治が見物ではある。

それにしても民主党はタイミング的には、
相当な“貧乏くじ”をひいたといっていいだろう。
なぜなら来年の経済は、
自民・公明がむちゃくちゃやった、
需要の先食い景気対策の反動で、
まず景気は悪くなるからだ。

しかし景気が悪いのは時の政権のせいにされるだろう。
そこでまた「景気を良くしろ」という、
「バラマキ」圧力をマスコミや国民がかけると、
また同じ過ちを繰り返すことになる。

新型インフルが猛威をふるい、
経済や社会に大打撃を与える可能性もある。

つまり経済環境が逆風下のなかで、
政権の舵取りをしなくてはいけないというのは、
民主党が悪いわけではなくても、
民主党のせいだと見られる可能性が非常に高い。

マスコミも国民もその辺をきちんと見極めて、
何でもかんでも時の政権が悪いと批判するだけでなく、
何が原因で悪いのかを見極めた上で、
その批判の矛先を向けねばならないと思う。


by kasakoblog | 2009-08-30 23:54 | 政治
2009年 08月 30日

こんな投票、無効ですよ!

正しい投票用紙の書き方、知っていますか?
下記は全部無効。

○○○○さんへ
○○○○へ
○○○○!
がんばれ!○○○○
○○○○LOVE
○○○○◎
○○○○

これ、全部、無効。
小選挙区で候補者名を書く際、
名前以外のことを書いた場合は無効になるので注意。

ちなみに
○○○○さん
と「さん」だけ書いた場合は有効になると、
前回の参議院選挙で、
奈良県選挙管理委員会が指針を出したというが、
なるべく、「さん」「くん」「先生」といった、
無効が疑われかねないものは書かず、
名前だけを書きましょう。

あと当たり前ですが、
小選挙区では、政党名ではなく個人名を。
比例では、個人名ではなく政党名を書かないと無効です。

特に小選挙区で、候補者名書くのが面倒なので、
「○○党」と書いてしまう人もいるかもしれませんが、
無効になるので、くれぐれも名前を書きましょう。

若い人だと、ハートマークや◎とか、
マークをつけてしまう人、多そうだし、
高齢の方だと、呼び捨てなんて無礼だとか思って、
「さんへ」とかつけそうだし、
熱心な応援者だと「がんばれ!」「絶対!」とかつけそうで、
意外と無効票は多いのかもしれない。

投票した気になって、
実は無効だったなんて、
国民の知的レベルが疑われるので、
くれぐれも投票用紙の書き方は正確に。

<関連日記>
こんな政治家に投票しますか?
http://kasakoblog.exblog.jp/11000055/


by kasakoblog | 2009-08-30 13:32 | 政治
2009年 08月 29日

こんな政治家に投票しますか?

<1>西松建設から金をもらった政治家
■自民党
二階俊博/和歌山3区、比例近畿
加藤紘一/山形3区、比例東北
尾身幸次/群馬1区
川崎二郎/三重1区、比例東海
林幹雄/千葉10区、比例南関東
森喜朗/石川2区、比例北陸信越
山本公一/愛媛4区、比例四国
山口俊一/徳島2区、比例四国
古賀誠/福岡7区
渡辺具能/福岡4区、比例九州

■民主党
小沢一郎/岩手4区
山岡賢次/栃木4区、比例北関東

<2>賃料のない議員会館を主たる事務所にしながら、
事務所費を年間1000万円以上も計上した議員
■自民党
伊吹文明/京都1区、比例近畿
中川昭一/北海道11区、比例北海道
鈴木俊一/岩手2区、比例東北
金田勝年/秋田2区、比例東北
武田良太/福岡11区、比例九州
衛藤征士郎/大分2区、比例九州
遠藤利明/山形1区、比例東北
中山太郎/大阪18区
小坂憲次/長野1区、比例北陸信越
保岡興治/鹿児島1区、比例九州
加藤紘一/山形3区、比例東北

■民主党
松本剛明/兵庫11区、比例近畿
滝実/奈良2区、比例近畿

■国民新党
亀井静香/広島6区、比例中国

<3>事務所費問題で大臣を辞任した政治家
■自民党
赤城徳彦/茨城1区、比例北関東
太田誠一/福岡3区、比例九州
佐田玄一郎/比例北関東
松岡利勝→安倍内閣の大臣在任中に自殺

<4>サラ金から献金もらい灰色金利撤廃に反対した議員
■自民党
甘利明/神奈川13区、比例区南関東
西川公也/栃木2区、比例区北関東
保岡興治/鹿児島1区、比例区九州
山本有二/高知3区、比例区四国

<5>健康に問題のある政治家
■自民党
安倍晋三/山口4区、比例中国
(健康問題のため首相を突然辞任)
与謝野馨/東京1区、比例東京
(選挙出陣式でダルマに目を入れることすらできない)
久間章生/長崎2区、比例九州
(軍需商社との不透明な関係言い逃れのため突如入院)

<6>そのほか、問題が取り沙汰された議員
■軍需商社山田洋行との不透明な関係
額賀福志郎/自民党/茨城2区、比例北関東

■耐震偽装企業アパから献金
長勢甚遠/自民党/富山1区、比例北陸信越
森喜朗/自民党/石川2区、比例北陸信越
馳浩/自民党/石川1区、比例北陸信越

■耐震偽装ヒューザーとの密着関係
伊藤公介/自民党/東京23区、比例東京

■マルチ商法を擁護
野田聖子/自民党/岐阜1区、比例東海
前田雄吉/民主党/今回出馬せず
山岡賢次/民主党/栃木4区、比例北関東

■商品先物取引企業の迂回献金疑惑
与謝野馨/東京1区、比例東京

■道路公団が給料3100万円肩代わり
細田博之/自民党/島根1区、比例中国

■公共工事受注企業から献金
渡海紀三朗/自民党/兵庫10区、比例近畿

■女性は産む機械発言
柳沢伯夫/自民党/静岡3区

■酔っ払い朦朧会見
中川昭一/自民党/北海道11区、比例北海道

■自分の信条を理由に死刑執行せず
杉浦正健/自民党/愛知12区

■秘書給与詐欺容疑で有罪
辻元清美/社民党/大阪10区、比例近畿

■ライブドア偽メールを本物と信じ続けた
前原誠司/民主党/京都2区、比例近畿

■他政治家の誹謗中傷発言連発
田中真紀子/民主党/新潟5区


by kasakoblog | 2009-08-29 23:56 | 政治
2009年 08月 28日

20代の半分は投票しない

最近、政治に関心が高まっているとはいえ、
20代の投票率はなんと50%以下。
2人に1人は投票していないのが実情だ。

2005年衆議院選挙の投票率は67.51%。
年代別で見てみると、
20~24歳 43.28%
25~29歳 48.83%
で、20代はなんと50%以下!

投票率が一番多かったのは65-69歳で83.69%。
約2倍近い投票率の差だ。
2番目に多いのが、60-64歳の82.55%。
3番目に多いのが、70-74歳の80.97%となっている。
投票率は年をとるほど増える傾向にある。
つまり、若者の利害より、
高齢者の利害が優先されがちな政治になっている。

e0171573_2246381.jpg

表:衆議院選挙の年代別投票率推移

政治の争点として注目が高い、
年金問題や借金問題、税金の無駄遣いなどって、
結局は所得格差の問題ではなく、 実は世代格差の問題。

投票する有権者は60歳代が圧倒的に多く、
当選する政治家も60歳、70歳が多い結果、
面倒な問題は先送りされ続け、
目先のバラマキで特定業界や官僚の天下り団体などを潤わせ、
そのツケは全部、若者にしわ寄せされる。

これだけ政治に注目が集まっていながら、
これだけ政治のせいで、
自分たちの生活に大きな影響があるのに、
寝たきり老人でもない20代が、
2人に1人が投票しないというのはどうなんだろう?

「どうせ投票したって変わらない」
「既成政党は全部やだ」

もっともらしいけど、率直なところ、
ただ面倒くさいだけなのではないか。

今回、投票率はどうなるか。
私は全体の投票率は、 前回の衆議院選の67.51%を、
下回るのではないかと思っている。

e0171573_22471673.jpg

ちなみに過去の投票率推移を見ると、
1946年から1990年までの投票率は、
ほとんどが70%を超えている。

投票すれば政治がよくなるとはいえないけど、
投票もせずに政治や社会に文句を言う資格はない。

今回、20代の若者がどれほど選挙に行くのか。
高齢者世代中心で政治が行われること、
問題先送りによるツケを負わされることに、
問題意識を持てるかどうか。

全体の投票率もさることながら、
年代別の投票率にも注目したい。

投票率の推移(総務省・中央選挙管理会)
http://2009senkyo.jp/voting_percentage.html


by kasakoblog | 2009-08-28 22:47 | 政治
2009年 08月 28日

あなたの票は一票の価値がない?

いよいよ選挙だけど、
あなたの一票は一票の価値がないことをご存知だろうか?

例をあげると、今回の選挙で、
最も価値がない票は千葉4区のみなさん。
有権者48万9437人で1人しか選べない。

逆に最も価値ある票は高知3区のみなさん。
有権者21万2376人で1人選べる。

いわば、千葉4区の人は1票しか投票できないのに、
高知3区の人は2.3票も投票できることになる。

自分の一票の価値がいくらあるかは、
http://www.ippyo.org/checker.html
で計算できるので、確かめてみるとよい。
だいたい多くのエリアで、0.6票ぐらいしか価値がない。

※高知3区を1票とした場合
東京都新宿区など:0.47票  大阪府中央区など:0.57票
北海道札幌市:0.45票  沖縄那覇市:0.84票


民主主義というのは多数決だ。
投票数の多かった人が政治家として選ばれる。
ところが現実は、10万票で当選してしまう人がいるのに、
20万票でも落選してしまう人がいる。

選挙は、高校野球の県代表を決めるのとはわけが違う。
選挙権が、ある県では2票もあるというのは、明らかにまずかろうに。

もう選挙の区割りも終わり、
今さら一票の格差を問題にしても、
有権者は何もできないわけだが、
それに国民は物申すことができると、
すごい“過激”な意見広告が載っていて驚いた。

今回の選挙では、みなさん、
最高裁判所の裁判官の国民審査ができる。
裁判官としてふさわしくない人にバツをつけるという方式だ。

この過激な意見広告では、
今回、審査される9人の裁判官のなかで、
「一票の不平等を定める公職選挙法は、
憲法に違反せず有効である」
との意見を示している裁判官として、
那須弘平、涌井紀夫の名をあげ、
あたかもこの二人にバツをつけるよう、
全面広告で訴えているのだ。

この広告を見て、
一票の格差を容認するなんてひどい裁判官だ!
バツをつけろ!
とはすぐには思わない。

というのも、
・他の7人の裁判官が一票の格差を容認しているかはわからない。
(※1人は憲法の趣旨に沿うものとは言い難いとしている)
・一票の格差だけでなく、他の判決で、
裁判官としてふさわしいのかどうかを考える必要もある。
からだ。

ただ、どうだろう。
私もそうだけど、
9人の裁判官がどんな判決をして、
どんな考えを持って裁判にのぞんでいるのか、
詳しいことがよくわからない。

たとえば、冤罪が疑われる御殿場事件で、
上告を棄却した裁判長だった桜井龍子は、
バツをつけるべきだという意見が多い。

御殿場事件とは、女子高生が10人に強姦されたという事件だが、
被害を受けた女子高生の供述がころころ変わっているなど、
不審な点が多いことから、
冤罪ではないかとかなりテレビでも放送された事件だ。

ただ本当にこの事件が冤罪なのかどうか、
マスコミやネットの情報しかない国民が、
断言できるのかと思うと、
断言もできないのにバツをつけてもいいものかどうか、
迷ってしまう。
もし本当だったら国民自らが“冤罪”をしたことにもなるのだから。

そんなわけで、衆議院議員選挙と同時に行われる、
最高裁判官の国民審査というのは、
どうしたらよいのか、いつも迷う。

ただ一票の格差という忘れられた問題に焦点をあて、
大新聞に全面広告をうって、
裁判官を落とせという意見広告は、
かなりのインパクトがあった。

最高裁判官の国民審査をどうするかということよりも、
小選挙区制になったにもかかわらず、
未だに2倍以上もの票の価値の格差があることを、
今まで放っておいたのってどうなんだろうと。

人口増減があるから、すべてを平等にすることは不可能にしても、
いくらなんでも2倍以上も一票の格差があるというのは、
重大な憲法違反といっても過言ではないのに、
こんな状態が平然と続けられて、
問題にもならないというのは、不思議な国だなと。

結論なき日記だけど、
こんな問題がまだあるなかで、
選挙が行われているということは、
知っておいた方がいいんじゃいかと思う。

「一票の格差」2.3倍に拡大
http://www.asahi.com/politics/update/0818/TKY200908180340.html?ref=rss

一票の格差を問う意見広告
http://www.ne.jp/asahi/ippyou/kakusa/asahi090730.pdf


by kasakoblog | 2009-08-28 00:11 | 政治
2009年 08月 27日

ガンダム全話解説!第一弾

e0171573_1394291.jpg

お台場ガンダムを見たのをきっかけに、
久々に初代・機動戦士ガンダム全話を見返しております!
今、見てもむちゃくちゃおもしろいです!

ガンダム全43話のうち11話までの、
ダイジェスト解説いたします(ネタバレ注意)。

<序:ガンダムの舞台>
人類が増えすぎた人口を宇宙都市に移住させて半世紀。
地球から最も遠いサイド3がシオン公国を名乗り、独立宣言。
ジオン公国VS連邦政府の戦いで、
宇宙植民地100億人のうち半数が戦争で死亡した。

<1:宇宙篇>
●第1話:ガンダム大地に立つ!!
・新鋭戦艦ホワイトベース、サイド7に入る
・サイド7にザク3体スパイで進入。新型モビルスーツ開発キャッチ
・シャア登場
・アムロ、ガンダムを発見し搭乗
・アムロ初搭乗にしてガンダム、ザク2体撃破!
・ザク撃破の勢いでアムロ父、宇宙に放り出される

「避難民よりガンダムが先だ」アムロの父
「人間よりモビルスーツの方が大切なんですか?」アムロ

●第2話:ガンダム破壊命令
・ホワイトベース艦長が重傷を負う
・セイラ、シャアとはちあわせ、互いに兄妹と気づく
・サイド7の避難民連れ、ホワイトベース、サイド7脱出
・赤い彗星、シャアザクで登場!ガンダム初対決
・ガンダム、ザク1撃で仕留める
・ブライトに甘ったれるなとアムロ叱られる

●第3話:敵の補給艦を叩け!
・ミライが補給中のジオン叩けと攻撃進言
・シャアザク、ガンダムと2度目の対決
・ガンタンク初出撃(カイ&ハヤト)
・ガデムのザク撃破!

●第4話:ルナツー脱出作戦
・ルナツー寄港も地球へ行けとの指令
・仕官候補生と民間人が軍事機密を知ったということで、
ホワイトベース没収、ガンダム封印、一同監禁へ
・シャア、ルナツー攻撃し、ホワイトベース閉じ込める
・シャアザクVSガンダム3度目の戦い
・味方艦マゼランを撃破し、ルナツー脱出
・ホワイトベース艦長死す

●第5話:大気圏突入
・大気圏突入の際にシャア奇襲攻撃
・シャアザクVSガンダム4度目の対決
・ガンダム、ザク2体撃破!ザク1体は大気圏突入時に焼失
・ガンダム大気圏突破成功!
・ホワイトベース、ガンダム地球へ

<2:地球・ガルマ篇>
●第6話:ガルマ出撃す
・シャア、ガルマ・ザビ隊に合流
・ガルマ軍がマゼラ・アタック仕掛ける
・ガンタンクにアムロ&ハヤト搭乗
・連戦で疲労のアムロが奮起!ガルマ軍の大軍を撃破

●第7話:コアファイター脱出せよ
・アムロ、コアファイターで出撃し、
連邦本部と接触試みるもシャアの小ムサイの攻撃にあう
・陸戦兵器のガンダムが初空中戦
・シャアザク出撃!5度目の対決
・ホワイトベースにいる民間人、すぐ地球に降ろせと座り込み。
アムロ、身勝手な民間人に激怒

●第8話:戦場は荒野
・民間人を地上に降ろすのを理由に一時休戦
・ガンペリー不時着装い、ガンダム隠し、
後方からマゼラ・アタックを攻撃
・カイのガンキャノン初出撃
・ザク4体撃破!マゼラ・アタック退却

●第9話:翔べ! ガンダム
・アムロ、出撃命令も「戦いたくない」と拒否
・ブライト、アムロを殴る
「おやじにもぶたれたことないのに」アムロ
「今のままだったら貴様は虫けらだ。それだけの才能があれば、
貴様はシャアを超えられる奴だと思っていた」ブライト
・「シャア」の言葉にアムロ出撃
・ガンダム、ジャンプして空中戦!アムロ獅子奮迅の活躍
一度は腐ったアムロが快心の戦いぶりに一同感動
・ガルマ、失態を取り戻すため、自ら出撃
・シャア、無線を壊し、ガルマを孤立させる
・補給部隊のマチルダ中尉、初登場!

●第10話:ガルマ 散る
・ガルマの恋人、ジオンを憎む市長の娘イセリナ登場
・ホワイトベース、野球場に隠す
・隠れたホワイトベース探索にシャアザク出撃!
・シャア、ガルマを裏切る
・ガルマ、ガウでホワイトベースに特攻
「ジオン公国に栄光あれ」と叫び、戦死

●第11話:イセリナ、恋のあと
・ジオン公国の首都ズムシティでザビ家の面々登場
・イセリナ、ガルマの敵討ちのためガウ3機で出撃
・シャアが戦闘機でホワイトベースのエンジン撃破。
ホワイトベース不時着
・イセリナのガウがガンダムに特攻

・・・・・・
ぜひおもしろいのでレンタルして見るとよいと思います。
全43話は11巻のDVD。
そんなに長いの見たくないという方は、
3巻にまとまったダイジェスト版DVDもあります。

※全話解説の固有名詞はできる限り調べましたが、
間違っている箇所があるやもしれませんので、
その際はご指摘いただければ幸いです。

・お台場ガンダム写真
http://www.kasako.com/0908gundamfoto.html


by kasakoblog | 2009-08-27 01:40 | 書評・映画評
2009年 08月 26日

くせ毛と中傷する公明党

お坊ちゃま育ち。くせ毛がトレードマーク。

公明党ホームページの動画では、
民主党の鳩山代表を想定し、
「お坊ちゃま育ち。くせ毛がトレードマーク。」
と評し、民主党批判を訴える動画を制作している。

自民党だけでなく公明党もここまで落ちぶれたか・・・。
自身の政策より、他党の“誹謗中傷”に力を注ぐ、
自民党ならびに公明党。

よほど政策に自信がないのだろう。
政策論争では負けると判断したのか。
くせ毛と評して、相手を批判するなど、
小学生以下の知能だ。

それで「生活を守り抜く」と豪語されても、
まるで説得力がない。

「生活を守り抜く」というなら、
その方法を動画で説明すればいいじゃないか。
民主党がどうのなんて関係ないはずだ。

野党が与党を批判するために、
ネガティブキャンペーンするならまだわかるが、
自民党・公明党はこれまで政権を担ってきた、
立派な与党ですよ。

今までの実績なり、これからの政策なりを、
ネットで訴えたらいいじゃないですか。
いかにして国民の生活を守り抜くのか、
それを説明するのに力を入れれば、
くせ毛君の動画なんか作っている暇はないはずだ。

くせ毛と“中傷”する公明党。
政教分離うんぬんとか以前の問題で、
身体的特徴を揶揄するのは、
そもそも人間としてどうかと思う。

選挙活動は各党の“正体”がくっきり浮かび上がってくる。

もう期日前投票は始まっている。
各党の“正体”を見極め、投票したい。

「国民は投票するな!」と自民党古賀誠
http://kasakoblog.exblog.jp/10278395/

中身ない自民。民主批判に終始
http://kasakoblog.exblog.jp/10952623/

事務所費問題の政治家リスト
http://kasakoblog.exblog.jp/10932928/

サラ金の味方をした政治家リスト
http://kasakoblog.exblog.jp/10931520/

西松建設の政治家献金リスト
http://kasakoblog.exblog.jp/9759467/


by kasakoblog | 2009-08-26 18:36 | 政治
2009年 08月 26日

みんなに「いい顔」すると失敗するのはなぜか

特徴がなくなるから。
だから誰からも見向きもされなくなる。

企業の商品開発でも新サービスでも、
音楽でも書籍でもそうだけど、
売上アップのために、より多くの人に買ってもらおうと、
万人受けの商品開発をすると、たいがい失敗する。

みんなに受ければ、売上があがり、お金が儲かる。
しかしその「みんな」って果たして何なのだろうか?
「みんな」「大衆」「国民」「消費者」「読者」「リスナー」「一般向け」・・・。
さまざまな言葉があり、
大勢をひとくくりにする便利な言葉だけど、
一人一人の趣味志向はまったく違うわけだ。

そのため物を効果的に売るためには、
ターゲットを絞る必要がある。
でもターゲットを絞った商品開発、作品づくりをすれば、
万人に受けるものとはいえなくなり、
どこかの層は切り捨てることになる。

でもそういう特定ターゲットに絞った尖ったものは、
日本的同質社会では嫌がられる傾向がある。

「若者には受けるが高齢者を切り捨てていいのか」
「女性は喜ぶかもしれないが、男性は不快に思うかもしれない」
「都市部の人は売れるが、地方には売れないかもしれない」

そういう万人受け狙いの意見がどこからか出てきて、
その意見を聞いて商品を変えてしまうと、
どのターゲットにも中途半端な、
どっちつかずのどうしようもないものができ、
結果、すべての世代からそっぽを向かれる、
なんてことになりかねない。

情報や物があふれている今、
万人受けという名のもとに、
すべてをソフトケイトした物づくりをすると、
没個性となり、市場の渦の中に埋もれる結果になってしまう。

少数でもいい。
間違いなくそれを欲しているターゲットに役立つ商品を提供する。
たとえ他の属性の人に文句を言われても。
そういう割り切りというのはなかなかできないものだ。

企業の商品開発だけでなく、
音楽、書籍といった分野もそう。
どうしても「万人受けするものにしよう」という、
思考が働いてしまう。

私は9年間、ネットで毎日日記を書き続けているわけだけど、
アクセス数が少なかったりすると、
「万人受けする内容を書いた方がいいのか」とか思ってしまい、
自分がたいして興味がない話題でも、
みんなが興味を持っているから受けるだろう、
なんて書いた日記はたいがい“失敗”する。
アクセス数が多かったとしても、
自分の書きたいものではないし、
自分の興味のあるものではないから、
内容が薄く、ありきたりの内容で、
かえって読者を失うことになりかねない。

そんな問題にぶち当たっていたのが、
昨年メジャーデビューした、メリディアンローグというアーティストだ。
メジャーデビューしたからには数字を残さなくてはならない。
万人受けする曲を作らなくてはならない。
そういう無言・有言のプレッシャーを感じていた。

そんななかで、彼らが選択したのは、
万人受けする曲づくりではなく、
少数でもいいから好きといってもらえる曲づくりだった。
それでできたのが本日発売のシングル「アンバランス/ライカ」だ。

「万人受けするような、口当たりのいいものは、
今の世の中あふれている。
これだけ物があふれているなかで、
主張なきものは淘汰されていくと思うんです。

“一般大衆向け”という名の、
実体のない仮想大衆に向けた、
マーケティング理論で作られた音楽は、
すぐに忘れられていってしまう。
今のメリログを強烈に感じてもらえる、
自己主張の強いものが今回の3曲です」
(ドラム海保さん)

メジャーデビューしたことで、
自分たちの音楽の独自性を失い、
万人受けを狙って“つまらない”“平凡な”スタイルとなり、
埋もれていくアーティストは数多い。

そういう罠に気づき、
メジャーデビュー2作目となる新曲を、
万人受けではなく自分たちのこだわりを貫いたのは、さすがだと思う。

メリディアンローグのメンバー3人に取材し、
そんな話を聞いた時、わが身に置き換えて考えた。

自分は万人受け狙いの文章を書いていないだろうか?
自分は万人受け狙いの写真を撮っていないだろうか?
と。

万人受けという罠にはまり、
自分が好きでもないものを書いたり、撮ったりはしないだろうか。
そんな活動じゃ、自分がいつかイヤになって続かないだろうし、
受け狙いの文章では、文章や写真で、
人に喜んでもらえることはできないんじゃないかと。

今、毎日の私の日記は、
自分が好きなものを書き、好きな写真を撮り、
アップしている。
だから内容には何らかの偏りがあるし、
それをつまらないと思う人もいるかもしれない。

でも気に入ってくれる人の数を
増やそうとばかり気にするあまり、
自分の主張なき、薄っぺらいものにはしたくないと思って、
日々、毎日更新している。

世の中にはいろんな趣味志向の人がいるわけで、
すべての人を満足させるものなんてまずないと思う。
そんな幻想の万人受けばかり狙っていると、
今のマスコミのように、
妙に視聴者に迎合していながら、
どこかピント外れのおかしなものになってしまう。

私が好きなものを書いたり撮っていく活動を続けた結果、
それを気に入ってくれる人が、
ひとりでも多くなれば大変うれしい。
音楽という違う世界ではあれど、
同じような想いで活動している、
メリディアンローグに話を聞いたことで、
自分自身の活動を見直す、
いいきっかけになったと思った。

というわけで、私もさらに活動を活発化させていきます!
9月、12月に写真集が出版予定。
9月発売写真集については、
もうまもなくお知らせできると思います。

私が書いたメリログインタビュー記事は、
メリログ公式サイトのブログで8日間連続でわけてアップされます。
http://meriblo.blog92.fc2.com/

・メリログ新曲「アンバランス/ライカ」


by kasakoblog | 2009-08-26 01:02 | 働き方
2009年 08月 25日

うまい!Wのりポテチ

e0171573_2355566.jpg

多分、中学2年生頃から、ほぼ毎晩、
1袋ポテトチップスを食べ続け、
いたって健康、メタボでもない、
ある意味、かなりの変人な私ではありますが、
最近、新しい味にはまっております。

ポテトチップス・ダブルのり@カルビー

ここ4~5年ぐらいは「カルビーのりしお」と、
「湖池屋のりしお」の2種類を、
毎日ローテーションで食べていたわけですが、
たまたま店で見かけた「ダブルのり」を買ってみると、
これが実にうまい!
あっさりとハマってしまい、
今は毎日「ダブルのり」を食べております。

e0171573_2356382.jpg


何がおいしいの秘密かというと、
青のりと黒のりが、通常ののりしおの2倍入っていること。

ただよってくる香りもとってもよく、
ポテチ表面にありったけののりがつけられていて、
実に濃厚な味わいなんです。
しかもそれでいて、のりが多いだけなので、
そんなにくどくもなく、
案外ぱりぱりいけてしまう。
当面はこのWのり一本で行こうかと思います。
※残念ながらこのポテチ、
関東圏および長野、山梨、静岡限定です。

どんなことでもいい。
自分にとって、ささやかな楽しみが、
1日1つでもあれば、
毎日がんばれるし、毎日楽しく過ごすことができる。

何事も飲みすぎ食べすぎは禁物とはいえ、
合法な範囲で、自分のささやかな楽しみが1つでもあると、
つらいことやいやなことがあっても、
乗り切れたりするんじゃないでしょうか。

あ~、今日も1日が終わり、
ポテチを食べられた幸せ。。。

そんな小さな幸せが毎日続けられたら、
それはきっと大きな幸せなんだと思います。


by kasakoblog | 2009-08-25 23:57 | グルメ・ラーメン