<   2012年 12月 ( 38 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 31日
年末年始は自分の2012年を振り返ろう
年をとればとるほど1年があっという間に感じる、
という人が多いのではないでしょうか。
日常は自分で止めない限り、
ただ明日へ明日へと流されていくばかり。
年末年始に自分のブログやフェイスブックや日記や手帳などを、
振り返ってみて、どんなことをしたのか、
棚卸ししてみることをおすすめします。

私も毎年ブログを1年分振り返り、
「ちょっと前までこんなニュースが話題になっていたのに、
もう消えているな」とか、
いろんな気づきがあります。
そこで今年1年のブログを振り返ってみました。
「ああ、そういえば、かさこさん、
そんなこと書いていたな」なんて思い出しながら、
「そういえば、この記事、見てない!」
なんて振り返りながら、楽しんでいただければと思います。

■1月
年末年始はフィリピンのセブ島にいました。
この時、もしかしたら年明けのミーティングで、
社長とケンカになり、
会社を辞めざるを得ないかもしれない、
赤ちゃんができたことが判明したのに、
はてどうしようかなんて、
セブ島のビーチリゾートホテルのプールサイドで、
あれこれ今年の計画を考えていた。

でもバカらしくなった。
考えてもどう転ぶかもわからない。
それよりも今せっかくフィリピンにいるのだから、
プールサイドで難しいこと考えているより、
現地の村に行ってみようと思い、
ホテルを出ると、
村の子どもたちがいろいろ案内してくれて、
とってもうれしい幸先のいいスタートをきれました。

・1月1日:幸せを呼び込む笑顔~セブ島の子供たち
http://kasakoblog.exblog.jp/17154447/

「かさこマガジン2」の反響から、
読者の方で被災地支援をしている方が、
「物産展でかさこさんの被災地写真を展示したい」
というありがたい申し出を受け、
鎌倉で物産展の脇で被災地写真展を行うことになりました。
この時、山形や大阪から見に来てくださった読者の方もいて、
写真会場で話をすることもできました。

・1月15日:遠くからでも継続的にできる自立支援を普通の主婦が行う
http://kasakoblog.exblog.jp/17222512/

かさこマガジンを多くの知人に配ってくれた、
名古屋の臼井正己さんの紹介で、
元Jリーガーの林一章さんとお会いすることができ、
インタビューしました。
大学でサッカー部に入学すらできなかったのに、
Jリーガーになれたという話はとても勇気を与えてくれます。

・1月29日:サッカー部に入れなかったのにJリーガーに!
~元Jリーガー林一章インタビュー
http://kasakoblog.exblog.jp/17291702/

■2月
7年勤めた会社と社長との亀裂が決定的になり、
2/20で会社を辞めることに。
しかしその原因の1つは実は意外なものだったことが判明。
私が社長の息子が出版した本について、
アマゾンで高評価をしなかったのを、
ずっと根に持っていたことがわかった。
まさかそんなことが原因なんて・・・。

・2月12日:アマゾンレビューの「ステマ」を強要された話~マネーヘッタチャン
http://kasakoblog.exblog.jp/17361713/

・2月4日:かさこ独立宣言!会社に文句があるので会社を辞めます!
http://kasakoblog.exblog.jp/17319007/

でもこのタイミングで会社を辞めることができたのは、
結果としてはとてもよかったと思う。
会社を辞めるきっかけを与えてくれた、
社長と中身のない社長の息子本に感謝!

かさこマガジン2を1300部発行したものの、
あっという間になくなってしまい、
広告を入れて増刷印刷費用をまかない、
新たに2000部増刷することにもなりました。

なので、かさこマガジン2は2種類あります。
広告なしバージョンと広告ありバージョンと。

・2月18日:かさこマガジン増刷完成!
http://kasakoblog.exblog.jp/17389314/

そして2月20日をもって会社生活を終了し、
2月21日から独立することになりました。
「えっ、かさこさんってフリーじゃなかったの?」
と驚く人もいますが、
私のおもしろい経歴を紹介しておきます。

・2月20日:会社に通う最後の日!
http://kasakoblog.exblog.jp/17397103/

2月25日に急きょ第三回目となるオフ会を横浜で開催!
この時、出会った人に本当に今年はお世話になりました。

・2月26日:異業種交流会が苦手な私がオフ会をする理由~第3回かさこオフ会終了!
http://kasakoblog.exblog.jp/17426834/

■3月
今年1冊目となる著書「検証・新ボランティア元年」を発売。
2011年の東日本大震災での取材をまとめたものですが、
「ここまでよく書けましたね」という、
大手マスコミが報道しにくい、
被災地に渦巻く本音の部分をいろいろとあぶり出した、
ある人にとっては大変耳が痛い本を出しました。
でもだからこそ意義がある本ではないかとも思います。
http://kasakoblog.exblog.jp/17492313/

3月11日には鎌倉の支援イベントにて、
被災地写真展の開催および、
防災についてのディスカッションに登壇しました。

・展示した写真
http://kasakoblog.exblog.jp/17504682/

・ディスカッションの動画
http://www.youtube.com/watch?v=yKd-pf-Pvts

続いて今年2冊目となる著書、
背景資料集「戦う場所」が発売!
この本を出すきっかけとなったのも実はブログ。
そしてある出版社とのケンカ(笑)。
災い転じて福となす一例です。
本のタイトルもすごい(笑)。

・3月17日:背景資料集「戦う場所」本日発売!
http://kasakoblog.exblog.jp/17541214/

さらに3月20日には44名を集めたかさこオフ会開催!
この時、被災地取材を通した防災講演も実施しました。

・3月21日:ネットからリアルが当たり前の時代~かさこ講演会&オフ会、44名参加!
http://kasakoblog.exblog.jp/17569970/

このオフ会で知り合ったかさこ読者の一人が、
福島で被災した猫のボランティアをしているとのことで、
早速、取材同行させていただくことに。

一般の人の立ち入りが禁止されている、
福島原発20キロ圏内にも突入してきました。
私にとってこの時の恐怖が、
強烈に脱原発を主張する原体験となっています。

・3月31日:原発20キロ圏内に突入してきた
http://kasakoblog.exblog.jp/17654420/

死の町となったDASH村付近にも行ってます。

この時、被災した猫を助ける活動をしているのが、
「にゃんだーガード」さんです。
今も猫を助ける活動を継続中ですので、
ぜひ猫好きの方、支援をお願いいたします!
http://nyanderguard.org/

■4月
3月の防災講演がきっかけで、
講演の依頼をしてくださった読者がいて、
宮崎県高千穂の限界集落・秋元に行ってきました!

・4月15日:宮崎の限界集落で講演1日目終了!
http://kasakoblog.exblog.jp/17776559/

そのついでに2011年7月に福島の南相馬で、
被災地支援で出会った宮崎県門川町のおっちゃんに再会し、
家に泊めていただくことに!

・4月17日:70の敵がいてもいい。30の味方がいれば~宮崎の門川町にいます!
http://kasakoblog.exblog.jp/17784021/

4月18日にはかさこオフ会初の地方開催、
名古屋でオフ会を開催しました!

4月21日には西武ドームのミスチルコンサートに。
http://kasakoblog.exblog.jp/17842776/

4月22日には初心者向けの写真教室・外での実技編を初開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/17835978/

さらに民主党を離党した30歳の若手議員、横粂勝仁氏に、
インタビューしました!
(先の選挙では善戦も落選)
http://kasakoblog.exblog.jp/17836345/

そしてずっとずっと行きたいと思っていた、
インドに再訪しました。
インドすごすぎ!

・4月28日:インド2日目にして完全ノックアウト負け!
http://kasakoblog.exblog.jp/17873084/

・4月30日:インドの結婚式?!に出くわす!~インド4日目
http://kasakoblog.exblog.jp/17886303/

■5月
インドから帰ってきたGW明け、
茨城に竜巻が襲ったということでその撮影に。
東日本大震災かと思った・・・。

・5月7日:竜巻のすさまじさ~茨城の現場に行ってきた
http://kasakoblog.exblog.jp/17939705/

そしてなぜかインドから帰ってきたら、
突然、曲を発表・・・。

・5月17日:はじめて作詞作曲した曲を公開してみました
http://kasakoblog.exblog.jp/17999202/
※上記はその当時のデモ音源。
ちゃんとレコーディングしたものはこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=b3WJek0Rvlw

5月22日23日は福島のいわき市に被災地取材に。
・津波被災者の心の叫び「原発避難者ばかりなぜ優遇・・・」
http://kasakoblog.exblog.jp/18069956/

というわけでご覧の通り、フリーになってから5月ぐらいまでは、
ほとんど仕事もせず、仕事もなく、
でも個人活動は忙しいという状況が続いていた。
「そろそろ仕事しないとまずい!」ということで、
5月末にかさこマガジン2を200社にまいたところ、
4~5社から仕事をいただけるように。
かさこマガジンすごい。

■6月
ぜひ取材をしてほしいとメールが来たバンドマンの方に、
5月に取材した記事を6月にアップ。
ものすごい大反響となった。
ツイッターにアップして10分ぐらいで、
あっという間に100リツイートされて、
すさまじい勢いだった。

・6月8日:バンドと客を食い物にする音楽業界からの脱却
~元ビジュアル系バンドマンインタビュー
http://kasakoblog.exblog.jp/18141274/

音楽関連の記事をちょくちょくアップしていた関係で、
ある読者から「こんなこと書いている音楽家さんもいるよ」
とブログを紹介してくれたのを見て、
なんじゃこりゃ?と思って、このブログ記事の批判を書いたら、
すごいことになった今年一番の話題記事、
・6月20日:金がないから「いい音楽」作れない?
~ビジネス感覚なき職業音楽家の末期症状
http://kasakoblog.exblog.jp/18220333/

半数は批判、半数は同意という感じで、
相当炎上な感じだったが、
批判した音楽家からまさかフェイスブックで、
直接メッセージがくるとは思ってもみなかった。

ちなみにいろんな意見があったが、
一番この騒動について的確なコメントをしていたなと思うのが、
「明和電機」さん(@MaywaDenki)がツイッターにて、
「現在の音楽産業について二つの対極の意見。
それぞれもっともだ。考えさせられる。
「これまで派」>http://masahidesakuma.net/2012/06/post-5.html
「これから派」>http://kasakoblog.exblog.jp/18220333/ 」
とつぶやいていたのが印象的だった。

炎上マーケティングだろ、なんて言われたけど、
たまたまかさこ読者の方が、
この音楽家の現状に私も共感するのではないかと思い、
ブログURLを送ってきたのがきっかけで、
こんなに盛り上がるとは思いもしなかった。
炎上なんて狙ってできるものではないし、
狙ってやったものはだいたいがクズです。

でも私がこの一連の騒動を通じて、
「なぜ私がこんなに気に食わないと思ったのか」
という原因がよくわかった。
それは今の時代の「不景気」を、
「デフォルト(既定値)」=当たり前だと思って、
金がなくてもどう工夫するかを必死に考えているバブル未経験世代と、
「昔はよかった。今はダメ」という、
常にバブルを基準にして考えてしまう、
バブル経験世代との世代間価値観の断絶が、
その原因なんだと思う。

・6月25日:ロスジェネがロスジェネという言葉を嫌う理由
http://kasakoblog.exblog.jp/18253772/

ちなみにこの騒動をきっかけに、
ブロガーの記事が集まるサイト「BLOGOS」に、
つぶやきかさこが転載されるようになりました。
http://blogos.com/blogger/kasako/article/

時代が変わりゆく中、元Jリーガーの林一章さんと、
来たるべきフリーエージェント時代についての対談イベントも行いました。
http://kasakoblog.exblog.jp/18268102/

またこの頃、官邸前で原発再稼働反対デモが盛り上がりを見せ、
その取材に行きました。
311で多くの人が変わり始めた。
http://kasakoblog.exblog.jp/18281689/

■7月
自分で作詞作曲を始めたこともあり、
今はお金をかけなくても宅録で相当なことができるのを、
直接体験する意味もかねて、レコーディングし、
「70億分の1セカイ」を、
新曲無料配信サイト「フリクル」に登録し、配信しました。
http://frekul.com/artists/profile/kasako

「70億分の1セカイ」PV
http://www.youtube.com/watch?v=zVx56yhCrFc

7/5~7/10まで6日間にわたって、
被災地取材に出かけました。
復興の兆しもかいま見えるように。
でもまだまだというか、
もとに戻すのは不可能だと思う。

・7月10日:復興の兆し?被災地に観光バス続々。テントで営業する津波被災者
http://kasakoblog.exblog.jp/18349955/

・畑が仮設住宅の被災者を救う
http://kasakoblog.exblog.jp/18539089/

7/20~7/24は中国の北京へ。
中国のネット規制はすごく、
ツイッター、Youtubeが見れないのはもちろん、
ブログの更新もできなかった。
しかし過去60年で最大となる、
記録的大雨を北京が襲ったが、
日本の原発報道規制に比べれば、
はるかに中国の方が民主的かもと思ったり。

・7月27日:北京大雨の報道規制?!北京にいたけど日本の原発報道規制は?
http://kasakoblog.exblog.jp/18482666/

■8月
外での実技写真教室を始めたものの、
夏は暑くて参加者がまいってしまうことを考え、
屋内での座学の写真教室を8月5日にサンクチュアリ出版で開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/18559211/

31名の方に参加いただき、その後の懇親会も楽しく、
夜24時過ぎに家に帰ってくると、
妻の体調が急変し、予定日より早く、
その翌日に子どもが生まれました。

いろいろ事情があり、
子どもが生まれたことをブログで紹介したのは、
8月14日の記事にて。
しかもさらっとしか書かれてないので、
見落としている人もいたかも。
http://kasakoblog.exblog.jp/18620846/

「いろいろな事情」というのは、
この時、作った曲「あたりまえ」を聴いていただけると、
なんとなくわかるかも。
http://www.youtube.com/watch?v=TjcFCc8GRG0

かさこマガジン3にはその事情について、
より詳しく書いてあります。
欲しい方は無料でお送りしますので、
郵便番号、住所、お名前、希望部数を、
メールしていただければ。
kasakotaka@hotmail.com

たまたまブックオフに行った時に出会った、
「レバレッジ・リーディング」という本に、
今までの読書習慣の常識を覆す驚きを感じ、
この頃から多読・乱読をするようになりました。
http://kasakoblog.exblog.jp/18703061/

フリーになったので、
ブロガーとして一定の収入が得られないだろうか。
でも広告だらけのみっともないブログにはしたくない。
有料メルマガにすると新規の人が見れないから、
縮小均衡してしまうので成長がない。
何かいい方法はないかと考えたのが、
アマゾンのアフィリエイトです。
ぜひご協力いただければ幸いです。

・8月25日:有料メルマガはブロガーの成長を止める~有料メルマガに頼らない私の方法
http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

■9月
今年、多くの反響があった記事の1つが、
9月2日の「通勤ストレスでベビーカーまでもがいじめの対象の恐怖社会」。
http://kasakoblog.exblog.jp/18770366/
なんかみんな心に余裕がなくイライラしている。
その精神状態がよくないと思う。

取材のついでにいった群馬のB級スポットも、
結構反響がありました!
http://kasakoblog.exblog.jp/18791171/

この時、民主党政権がムダをやめる、
コンクリートから人への象徴的な話題となった、
八ッ場ダム現場へ。
野田民主になり、すっかり人からコンクリートに変わっていた・・・。

・復興予算で沖縄と北海道の道路工事。民主党政権崩壊は官僚のクーデター~懐かしい八ッ場ダム訪問
http://kasakoblog.exblog.jp/18982784/

かさこオフ会に来てくれた読者の方が中心となり、
子どもが生まれたということで、
驚きの工場夜景貸切クルーズの、
サプライズイベントを開催してくれました!
http://kasakoblog.exblog.jp/18826059/

またこの月はブログの更新頻度を増やし、
中でも写真と文章を組み合わせた、
フォトエッセイシリーズをアップしました!
http://kasakoblog.exblog.jp/i39/

■10月
原発がやばすぎる。
どうにかしなくてはならない。
そんな思いから、新潟の柏崎刈羽原発の取材へ。
それにしても原発はあり得ないぐらいひどい、
お粗末な実態がわんさか。

・10月7日:あなたの電気料金で4870人の村に40億円のサッカー場オープン
http://kasakoblog.exblog.jp/18997625/

・10月9日:原発誘致で財政危機に陥った柏崎市~原発麻薬の恐ろしさ
http://kasakoblog.exblog.jp/19004306/

・10月18日:2007年の中越沖地震で原発をやめるべきだった
http://kasakoblog.exblog.jp/19059035/

10月13日にはサンクチュアリ出版にて、
「誰だって本は出せる!
サラリーマンだった私が18冊本を出版できた方法」講演を開催!
私の変わった経歴を紹介しながら、
本を出す方法を指南しました。

10月26日には中学校のキャリア教育の一環として、
「好きから逃げた人生からの脱却~つまらない大人にならないために~」
の講演を行いました!
http://kasakoblog.exblog.jp/19108669/

10月にはかさこ読者の紹介で、
壮絶な人生体験を持つカリスマセラピストさんに、
インタビューさせていただきました!

・10月17日:3月に死ぬと言われた難病患者の想いと壮絶な半生
http://kasakoblog.exblog.jp/19050331/

■11月
10月、11月頃になって、
ようやく個人の仕事がいろいろ入ってきて、
忙しくなってきた時期。

11月には写真集「恋する場所」発売!
http://kasakoblog.exblog.jp/19140948/

同じく11月に執筆協力した、
「『株式投資は儲からない』は本当か?」が出版!
http://kasakoblog.exblog.jp/19135289/

そんな中、またまた講演を。
山形の酒田市で2日で3講演&写真展を行いました!
行動すれば道が拓けるというのを、
身を持って感じた貴重な経験だった。
http://kasakoblog.exblog.jp/19240553/

被災地支援をしている酒田の方にも取材をすることに!
http://kasakoblog.exblog.jp/19247774/

そして4月に講演に呼ばれた宮崎の高千穂で、
再び防災についての講演イベントを実施。
講演を終えた後、高千穂での1年に1度の大イベント、
夜神楽を徹夜でぶっ通しで見てきました!
http://kasakoblog.exblog.jp/19267985/

宮崎から帰ってくると、
今度は熊本の温泉取材の依頼が!
しかもなんとその温泉地は、
今年、被災地写真をイベントで展示してほしいので、
使いたいというメールが来た人が働いている温泉地だった!
というわけでその方にもお会いすることができました。
http://kasakoblog.exblog.jp/19288054/

11月から、かさこマガジン3制作のために動き出す。
今回から制作前から広告を募集することになり、
9人の方が出稿していただくことになり、
もろもろその打ち合わせなども行いました。

■12月
急きょ解散総選挙が決まり、
民主党はダメだけど、
自民に戻してはいけない、
イカサマ維新もダメだということで、
かなり何度となく選挙関連の記事を書きました。

しかし違法ダウンロードの刑事罰化をゴリ押しした、
自民・公明政権が誕生してしまうという残念な結果に。

・違法ダウンロードの刑事罰化をゴリ押しした自民・公明に投票しますか?
http://kasakoblog.exblog.jp/19313177/

・今度の選挙を彼氏選びにたとえて解説~3年前に別れたDV彼氏(自民)とヨリを戻しますか?
http://kasakoblog.exblog.jp/19363284/

ただ残念な結果になったものの、
「社会を変えるのは選挙だけではない。
一人一人の日々の仕事や活動も大事」
という思いを強くした。
http://kasakoblog.exblog.jp/19368050/

そんな中、仕事で12/10~14まで香港に!
この夜景写真がかなり反響がありました!
http://kasakoblog.exblog.jp/19354534/

12月16日、選挙の日には前々から決まっていた、
サンクチュアリ出版での旅写真教室を開催。

年末にかけては、かさこマガジン3の膨大な作業に。
12/28に完成品が到着。
封筒印字に1日、封入作業に2日かかり、
12/30、12/31に希望者には発送しました。

新たな取り組みとして、
フェイスブックに「かさこマガジン」ページを作りましたので、
マガジンが届きましたら、
このページでも構いませんし、
ツイッターでもメールでも構いませんので、
かさこマガジンを紹介する記事や感想を書いていただき、
そのURLを送っていただければ、
リツイートなどさせていただければと思います。
またネットで感想や紹介記事を書いていただいた方には、
何名かの方にプレゼントをしたいと思っています!

長々と2012年のかさこ活動を振り返しましたが、
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
まずはみなさんのもとに届く「かさこマガジン3」が、
私の2013年のファーストメッセージになるかと思います。

※まだまだ在庫はありますので、
希望の方は遠慮なくお申し出ください。
kasakotaka@hotnmail.com

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-12-31 02:34 | ネット
2012年 12月 30日
生き方・働き方を考える年末年始に読みたい本~2012年に読んだ本ベスト10
時間がある年末年始に、
今後の自分の生き方や働き方を考える良書を紹介します。

1位:「辞めて生きる技術」藤井孝一著
いつ会社を辞めさせられても、
自分で独立して生きていけるようになるための概略が書かれた本。
実践的・具体的で参考になります。
全会社員必見の本でしょう。

内容紹介記事:
http://kasakoblog.exblog.jp/18753893/

2位:「媚びない人生」ジョン・キム著
教科書にすべき国民全員が必ず読んでおきたい。
この本には人生を後向きに生きず、
幸せに楽しく生きるための秘訣が、
簡潔な言葉で見事に網羅されている。

内容紹介記事:
http://kasakoblog.exblog.jp/19147170/

3位:「ワークシフト」リンダ・グラットン著
大企業に属した会社員という働き方が、
ここ10数年で終わる可能性があることが、、
日本だけの話でもなく、
世界的な流れであることがよくわかる。
今後の未来予想図を書いた良書。
ただしあまりにも長いので、
第4部だけ、もしくは第1部と第4部だけ読めば十分です。

内容紹介記事:
http://kasakoblog.exblog.jp/19083255/

4位:「僕は君たちに武器を配りたい」瀧本哲史著
痛快!爽快!今を生きるための社会常識が詰まったおもしろい本!
今、漠然とただ流されて生きているだけでは、
既得権益に食い物にされ、働けど働けど報われず、
挙句の果てに将来、何も残らず、
路頭に迷うといったことになりかねない。

今、世間に流布している既得権益側のでまかせ常識ではなく、
社会の真のからくりを知る上で、
ぜひ読んでおきたいのが本書。

内容紹介記事:
http://kasakoblog.exblog.jp/19180986/

5位:「スピード・ブランディング」鳥居祐一著
会社に頼って生きることがリスクな時代に変わりつつある。
この時代を生き抜くためには、
会社員であろうがフリーランスであろうが、
個人の力をつけなければならない。
でもどうやって?
それに明確に応えた良書。

内容紹介記事:
http://kasakoblog.exblog.jp/18852355/

6位:「稼ぎたければ、働くな。」未来工業創業者・山田昭男著
もう爆笑!おもしろすぎ!痛快!
こんなことを言ってくれる人を待ってました!
ぜひ全ビジネスパーソン、特に中小企業の社長は読むべき本。

内容紹介記事:
http://kasakoblog.exblog.jp/19413188/

7位:「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」四角大輔著
タイトルは青臭くてダサイ感じもするけど、
20代というよりむしろ30代、40代におすすめしたい。
今の時代にふさわしい生き方指南本。

内容紹介記事:
http://kasakoblog.exblog.jp/18975722/

8位:「ノマドワーカーという生き方」立花岳志著
タイトルと内容は違い、
個人がブログでどうやって生きていくかを書いた本。
人生あきらめるもんじゃない。
好きを仕事にできる。
はじめるのに年齢が遅いなんてない。
前職なんてぜんぜん関係ない。
多くの人に勇気が出る内容です。

内容紹介記事:
http://kasakoblog.exblog.jp/18803535/

9位:「ライフネット生命社長の常識破りの思考法」出口治明著
日本の本末転倒な働き方や実態とはかけ離れた顧客第一主義など、
おかしな建て前を見事なまでに指摘し、
そうした建て前に捉われないネット生命保険会社を作った社長の本ですが、
すべてにうんうんうなずいてしまうぐらい、素晴らしい本です。
ぜひ会社員の方、特に幹部クラスや経営陣が読んでいただき、
建て前ばかりの無駄な働き方や会社のあり方を全面的に見直していただきたい。

内容紹介記事:
http://kasakoblog.exblog.jp/18821716/

10位:「年収150万円で僕らは自由に生きていく」イケダハヤト著
年収がいくらみたいなタイトルを見ると、
「またこの手の本か」とイヤになる人もいるかもしれないが、
単に少ない年収だけで生きていこうという内容だけでなく、
社会のセーフティーネットを考える上で、
非常に示唆に富む「公共を取り戻せ」という話にも、
かなりの分量が割かれているのでおすすめしたい。

内容紹介記事:
http://kasakoblog.exblog.jp/19297050/
「ワークシフト」以外はさらっと読める本ですので、
ぜひ何冊か購入して年末年始に読んでみてください。
またこれらおすすめ本を多読・乱読する前に、
読書の仕方、常識が変わる本として、
「レバレッジ・リーディング」本田直之著
を読んでおくといいでしょう。

内容紹介記事:
http://kasakoblog.exblog.jp/18703061/


Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-12-30 16:00 | 書評・映画評
2012年 12月 30日
【ネタバレ注意!】ミスチルライブレポート@2012.12.28さいたまアリーナ
Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour』。
2012年12月28日さいたまスーパーアリーナのライブに行ってきました!
とてもよかったです。
下記10行下より、ネタバレ有り、セットリスト有りの、
ライブレポート記載しますので、
ネタバレがイヤな方はご注意ください。










ライブ前はちょっと心配していた。
というのも最新アルバム「(an imitation) blood orange」が、
正直イマイチだったからだ。
でもライブを終えた感想はとてもよかったと思います。
アルバムツアーらしい、ミスチルライブらしい、
まとまりのあるいいライブだったなと。

ただ私は昔からのファンだからこのライブは結構楽しめたけど、
もしミスチルライブが今回がはじめてとか2回目の人には、
ものすごく物足りないライブだったかもしれない。
だってアルバム以外の曲は、
過去の曲の中でもマニアックなものばかり!
過去の大ヒットシングルはほとんどなし!
しかもはじめの9曲のうちシングルはなんと「抱きしめたい」だけ!
でも「抱きしめたい」は1992年の曲。
最近ミスチルファンになった人はちんぷんかんぷんではないか。

いやだからこそミスチルファンとしてはむしろ、
「おいしい」ライブなんだけど、
前半のマニアックすぎるセットリストは、
これがミスチルライブはじめてとかいう人には、
かなり酷だよなと思ったりもして(笑)。

ただ最近のミスチルライブの傾向でいうと、
まず新しいアルバム発売後わりとすぐに、
「これしか講演ないのかよ!どんだけチケット争奪戦すごいことになるのか・・・」
というちょびっとツアー日程が発表され、
こちらのツアーのセットリストは最新アルバム中心で、
その他の曲にもほとんど過去の大ヒット曲はやらない。

そのうち新たなツアー第二弾が発表され、
こっちの方がむしろいくつも講演があり、
わりとこっちのツアーの方が、
最新アルバム関係なく、
過去の名曲をとりそろえたセットリストになるので、
ミスチルライブ初心者、最近ファンになった人は、
後半のツアーを選んだ方が無難かも。

そんなわけでこのライブレポートを読むと、
というか下記セットリストを見ると、
「かなりしょぼそう」に見えるが、
何回もミスチルライブに行き、
昔からのファンにとってはいいライブだったと思います。

ひとまずセットリスト。

1:過去と未来を交信する男
2:LOVEはじめました
3:Worlds end
4:End of the day

5:靴ひも
6:マーマレード・キッス
7:抱きしめたい

8:Surrender
9:Pink~奇妙な夢
10:常套句
11:pieces

12:CENTER OF UNIVERS
13:fanfare

14:イミテーションの木
15:かぞえうた
16:happy song
17:hypnosis
18:Tomorrow never knows
19:エソラ
20:Marshmallow day

<アンコール>
21:天頂バス
22:HERO
23:空風の帰り道

ではここから曲順に沿ってライブレポート紹介します。

<ミスチル真骨頂の4連発!>
1:過去と未来を交信する男
2:LOVEはじめました
3:Worlds end
4:End of the day

この4曲。素晴らしかったです。
というか前述のように、
最新アルバムの曲群は、
当たり障りのない、あまり起伏もない、
どれも似たような曲ばかりの、
どれも優等生だけどつまらないみたいな、
そんな曲が多かっただけに、
「このライブは楽しいだろうか?」
とはじめてミスチルライブに対して不安を覚えたのだが、
「優しいだけがミスチルじゃない!」
という意気込みを感じる、
序盤からすっ飛ばした素晴らしいセットリストだった。

はじめの1曲目は最新アルバムの中でもまともな、
「過去と未来を交信する男」。
なんとマントをかぶって顔も隠した3人の男が、
ずっと座っていて歌うという、
ミスチルにしては珍しい演出がとってもうれしい。

ただこの時、思ったのは、
音楽って視覚の要素が大きいんだなってこと。
はじめはこの演出がすごくにくくてよかったんだけど、
サビの盛り上がる時になって、
歌っている人の姿が見えないというのは、
盛り上がりにかけるんだなってことに気づかされた。
音楽って普段は耳だけで聴くものだけど、
でもライブって歌っているボーカルを見ながら聴いているんだと。

だからサビで盛り上がる時には、
3人がマントで顔隠したままでも、
立って身振り手振りしながら歌うか、
もしくはサビになってマントを脱ぎ捨てた桜井さんが現れて、
熱唱するとか、そういうのをずっと期待していたんだけど、
ずっと座ったままというのはちょっと残念かな。
でもミスチルがこういう工夫をするのは珍しいので、
アイデアはとってもいいとは思うけど。

続いて「LOVEはじめました」!
優しいだけのミスチルじゃない。
口当たりがいいだけのミスチルじゃない。
2曲目から観客に向かって、
「まずはおまえらが死刑になりゃいいんだ」
という歌を歌って盛り上がれるミスチルが素晴らしい。
これぞミスチル!
口当たりのいいラブソングなんていくらでも世間にあふれている。
このぐらいぶっ飛んだ曲もできるのが、
ミスチルの強さであり魅力だと思う。

さらにこのハイテンションな期待に答えて、
だいだいだい好きな「Worlds end」!
もうライブには欠かせない盛り上がれる力強い曲。
それがこんな序盤に聴けるなんて!
まさかの怒涛の3連発に観客大盛り上がりです!

3連発に続けてやや強引に、
桜井さんがアコギをがちゃがちゃ鳴らして叫んで、
「End of the day」に。
この曲は最新アルバムの中でもとってもいい曲なんだけど、
3連発の流れを一度断ち切ってしまうような、
出だしの入り方をしなくてもよかったのになあと思いつつ、
でも曲が始まると前向きで希望が持てる曲でとってもいい感じで、
序盤の4曲を終えた。

<2:マニアックすぎる選曲群!>
5:靴ひも
6:マーマレード・キッス
7:抱きしめたい
8:Surrender
9:Pink~奇妙な夢

ここからがマニアックですさまじかった!
まずは「靴ひも」。
ライブで聴いたのとっても少ない曲だと思うけど、
すごくリズミカルで心地いいメロディで、
隠れた名曲だな、なんて思って聴いていた。

この次がほんと驚いたのが「マーマレード・キッス」。
1993年発売の3rdアルバムの「Versus」から。
超超超がつくマニアックな曲。
何故にこのタイミングでこのツアーで?!
というような曲。
ファンでもすぐに曲名が出てきた人は少ないのではないか。
「Versus」は名曲多いいいアルバムなんだけど、
その中ではあんまり聴かない曲。
昔懐かしい曲をやってくれるのは大変うれしいのだが、
何もここで唐突にこんなマニアックな曲をやらなくても・・・
と思ったりもした。

マニアックな曲でもライブで聴いて好きになる、
ということはあるんだけど、
「マーマレード・キッス」は正直どうかなと。
序盤の盛り上がった心を冷めさせるという狙いなら見事だが。

次に久々「抱きしめたい」!
久々でこの曲はとってもよかったんじゃないか。
昔のライブは必ずといっていいほど「抱きしめたい」があって、
何度も聴いていると「もういいかな」「できれば別の曲やってくれないかな」
と思ったりもするんだけど、
最近はバラードといえば「365日」を多用する傾向にあったので、
「抱きしめたい」は全然やってなかったのだが、久々に聴くととってもいいです。
こう、日常のもやもやした気持ちが洗い流されていくような、
そんな心地良さがあった。

そして今度はまたしてもマニアックな「Surrender」。
「Surrender」は前に一度ライブでやって、
マニアックな選曲だけどいい曲だな!って改めて思えた、
そのサプライズの印象が強かったので、
「またか」という感じはあって、
そんなに驚きはなかったんだけど、
何より驚いたのは、ギターの田原さんがコーラスをしていたこと。
これにはみんな驚いた!
いい声。一瞬別人なのかと思った。

それにしてもすさまじいマニアックすぎる曲だなと思って、
次は何かと思ったらまたしてもマニアックすぎの「Pink~奇妙な夢」!
ミスチルどうしちゃったんだ?!
昔からのファンクラブ会員限定の、
大ヒット曲はやらないマニアックライブの間違いかと思うほど、
ファンでもすさまじいと感じる選曲なんだけど、
でもこの「Pink~奇妙な夢」はすごいよかった!
ライブ映えするといか、
このマニアックセットリスト群を抜け出し、
いよいよ新たなステージが始まるぞ!ってことを予感させるような、
そんな胎動を感じさせるような曲で、
「この曲って意外といいな」って思えた。
そしてこの曲をギアチェンジに、
ちょっと早いけど、ミスチルライブならではの、
狂夜モードタイムに入るのかと思ったら・・・

<3:とりあえず最新アルバム>
10:常套句
11:pieces

と思ったら、盛り上がる激しい曲ではなく、
なんと「常套句」でまたトーンダウン。

「君に会いたい」の連呼。
もし私が今までミスチルを聴いたことがなく、
テレビでこのフレーズが何度も聴こえてきたら、
「いい曲だな」と思って聴きこんでしまうと思うんだけど、
個人的にはもうこの手の曲はもういいかなと。

どうも今まで出したミスチルの何かの曲に聴こえてしまう。
「CANDY」なのか「君が好き」なのか「しるし」なのか「Sign」なのか。
悪い曲ではなく、よくできた曲だと思うんだけど、
長らくファンを続けてきたものからすると、
新しさがないというか過去の焼き直しに感じてしまうので、
個人的にはどうかなという曲ではありました。

ああでもここからモードが変わって、
今までマニアックすぎる曲でも9曲も使っちゃったけど、
いよいよ後半はアルバムツアーらしく、
アルバムの曲をちゃんとやっていくんだな、
というはじまりという意味ではいいと思うんだけど。

その流れで最新アルバムより「pieces」。
アルバムでも「常套句」→「pieces」の順なので、
やや予定調和な感はあり。
この曲も似たような曲の中の1つという印象だったんだけど、
ライブで聴いたらサビからの部分が、
一挙にわっと盛り上がる感じで、
CDで聴くより断然よく、
もうちょっとセットリストを考えて、
ここじゃなくてむしろアンコールの最後とか、
そういうタイミングの方がよりいい曲に聴けるんじゃないかと思った。

<4:おお!やってきた狂夜バージョン!>
12:CENTER OF UNIVERS
13:fanfare

ミスチルライブで何が盛り上がるって、
激しい曲を立て続けにやる中盤から後半にかけてのところなんです。
「ニシエヒガシエ」を筆頭に、
最近では「ロックンロールは生きている」をすごくよく、
「ミスチルのライブってラブソングばかりで盛り上がらないんじゃ」
って昔、友人が言っていたけど、ぜんぜんそんなんじゃなく、
この狂夜バージョンが最高なんです、
このバージョンにいつくるのか、ライブではいつも楽しみにしていて、
今回はそれを始めの3曲でいきなりやったわけだけど、
それが「ついにきた!」という感じで、「CENTER OF UNIVERS」。

こういう社会風刺系の激しい曲こそ、
他のアーティストにはできないミスチルならではの強み。
「CENTER OF UNIVERS」はほんといい。
「CENTER OF UNIVERS」が収録された「Q」のアルバムを、
まだレコード店があちこちにあった時代に、
勤務途中に発売日にすぐ買って、
一刻も早く最新アルバムを聴きたくて、
CDプレイヤーに入れて銀座線の渋谷駅で聴いた時のこの衝撃!

こういうすさまじいエネルギーというか驚きというか、
そういうのが最新アルバムにはないんだからつまらないんだよな、
と思いながら、こういう激しい曲が、
ライブで聴けるのが何よりいいんです。
これぞミスチルの魅力!

そのままの勢いで「fanfare」!
この曲を聴いた時も度肝を抜かれた。
「ミスチルついにとち狂ったか!」と思ったほど、
今までにない斬新な曲調。
でもそれをモノにしてしまうすごさ。
ここ最近のライブで一番と言っていい盛り上がりを見せるのがこの「fanfare」。
マジすごすぎます!

<5:最新アルバム消化モード>
14:イミテーションの木
15:かぞえうた
16:Happy Song
17:hypnosis
18:Tomorrow never knows

「CENTER OF UNIVERS」「fanfare」と来て、
いよいよ今度は「ニシエヒガシエ」か、
「ロックンロールは生きている」なんて期待していたら、
2曲で盛り上がる曲は終え、
ペイントしたというギターの話が中心の、
ミスチルにしては随分と長いMC。
ちょっと長すぎるかな、このMC。
それに長いわりにこのギターに深い意味が感じられない。
でもこの流れの中で、最新アルバムの中では唯一何度も聴いた、
アルバムの核となっている「イミテーションの木」を披露。

この曲はとってもいい曲です。
「彩り」とかぶると思うとそれまでなんだけど、
歌詞もやや負け組でもいい、まがいものでもいい、
と認めてしまうのがちょっとどうかなとも思うけど、
でもミスチルらしい、とってもいい曲であることには間違いないです。

この流れで最新アルバムの曲順通りに「かぞえうた」。
東日本大震災支援ソングとして急きょ作られた歌。
そういう意味ではアルバムの中ではかなり異質で、
むしろアルバムに入れない方がよかったのでは、
と私も思ったし、他のファンからも同じような意見を聞いたけど、
名曲であることには変わりないです。

いろんな想いが想起する、
悲しい現実があってもプラスに生きていこうと後押しする、
ミスチルのコンセプトといってもいい、
「マイナスからプラスへ」というメッセージを投影した、
味わい深い1曲です。
まあだからこそ「イミテーションの木」の歌詞のように、
「マイナスのままでいい」という妙な優しさは、
いらないような気もするんだけど。

そしてまたまたアルバムツアーらしく、
最新アルバムから「Happy Song」。
アルバムではほとんど聴いてないです。
でもライブだとみんなで歌える感じがいいのかな。
ライブで聴いて意外といいかなと思えた。

そしてまたまた最新アルバムから「hypnosis」。
この曲はほんとミスチルらしい曲という感じで、
桜井さんが叫ぶ感じのところもあって、
なかなか聴かせどころもあるんだけど、
どうも「常套句」と同じで、
「以前のミスチルの何かの曲に似ている」と感じさせてしまって、
もうこの手の曲はいいかなと思えてしまう。
ライブではいいと思うし、いい曲だと思うけど、
いろんな過去の曲を混ぜわせて平均点以上に作ってみました、
って感じがしてしまうのは、私の気のせいなのかな。

でももう随分終盤。
アルバムツアーとしての義務も、
残すは「Marshmallow day」と、
「祈り ~涙の軌道」だけだから、
次は何くるのかなと思ったらなんと「Tomorrow never knows」!

こういう曲が聴きたいんです。
過去の名曲、何度聴いても素晴らしいです。
厳しい現実でも自分の力で一歩一歩踏み出していくみたいな曲は、
ミスチルらしくてとってもいいと思います。

<6:明るい2曲で締め>
19:エソラ
20:Marshmallow day

この辺までくるとファンは心配になるわけです。
もう残りは少ないぞ。
でもまだアルバムでいえば、
「Marshmallow day」と「祈り ~涙の軌道」はやってないし、
やるだろう。
でもライブ定番の「ニシエヒガシエ」も「終わりなき旅」もない。
過去の名曲でいえば「名もなき詩」もない。
最近でいえば「GIFT」や「HANABI」は?
「Tomorrow never knows」の流れでいえば、
「innocent world」や「CROSS ROAD」は?
なんて思っていたりして、
楽しみになりつつ、ちょっと焦ってくるわけだけど、
ここで持ってきたのは、最近のライブには欠かせなくなった「エソラ」!

ほんとこの曲はすごいです。
この曲がかかるだけで目の前かカラフルな虹色の世界になったような、
そんな明るい雰囲気に一変させてくれる。
音楽ってすごいなって思える、
ミスチルもこんな明るい歌が歌えるんだっていう、
素晴らしい曲の1つです。

「エソラ」が来たらかぶるけど、
このタイミングで使うしかないよねという思い通り、
「Marshmallow day」。
この曲もいいんですよ。
サビの歌詞のチューインガムなんて覚えやすくて最高。
目の前の世界がバラ色に変わるようなとっても明るい曲。
でもこの曲を始めて聴いて思ったのは、
「エソラ」とどんかぶりで、
でも「エソラ」よりはあんまりよくないかな、ということ。
まあでもライブで「エソラ」にだめ押しして、
「Marshmallow day」をやるというのは、
「ニシエヒガシエ」の後に「フェイク」を入れる感じで、
ライブのセットリストとしては、
盛り上がれる感じでとってもよかったです。

そしてここでアンコール前のラストが終了に。

<7:またしても意外なアンコール3曲>
21:天頂バス
22:HERO
23:空風の帰り道

ここまできてしまうとアンコールは残すところ3曲。
どんなに多くても4曲。
あれもこれも残ってるぞ!どうするんだ!
と思いきや、何より今回のライブでうれしかったのが、
マニアックだけどとってもいいナイスな選曲「天頂バス」。

最近ファンになった人はあまり聴かない曲かもしれないけど、
毎回ライブの度に「天頂バス」やったら盛り上がるのにな、
なんでやらないのかなと不思議に思っていた曲だけど、
久々やってくれました!
この曲、途中でギアチェンジして激しくなる感じが、
ライブ映えするし、とってもいいんです。
もっとこの曲、ライブでやってくれればいいのに、
と思うこの「天頂バス」を久々にやってくれてとってもよかった!
でもこの思いは他のファンにもいたようで、
ライブが終わった後「天頂バス」やりましたね!
というメールがきたので、この曲に期待している人、
結構多かったんじゃないかなと。

そして2曲目は「HERO」。
過去の名曲シングルの中で、
アンコールで持ってきたのは「HERO」か・・・。

正直ライブで何度もやっている感じがあって、
もういいかなという気もする。
悪い曲ではぜんぜんないんだけど、
意外と曲調としては単調。
どうせやるなら「HERO」より「Any」でしょ!
と思うのは私だけだろうか。

そして最後は花道前方に出てきて「空風の帰り道」。
とってもよかったですが、
「これで終わりか」とやや不満な思いをする人も、
結構いるだろうなとは思いつつ、
でもわりとこうした曲で終わるというのは、
締めとしてはいいんではないかなと思った。

・・・・
そんなわけでアルバムツアーらしい内容のライブ。
個人的にはわりとまとまりがあって、
余韻としてはとってもよかったなとは思います。
もちろん今までのツアーに比べると、
選曲があまりにもマニアック過ぎて、
過去の名曲シングルも少な過ぎで、
いつもの狂夜バージョンがないじゃないか!
とセットリストを見て思うんだけど、
不思議とライブを通して聞いた感じだと、
これはこれで最新アルバムを中心としながら、
昔からのファンにしては意外な選曲も多くて、
あっちいったりこっちいったりするセットリストではなく、
まとまりがあってよかったと思います。

今度は2月に新潟に行きます。
こちらではがらっとセットリストが変わるでしょう。
またライブレポートします!

※そういえばライブ中、スマホで撮影しているバカがいた。
アリーナBゲート16列目の多分18番近辺。
(16列目は確かだが18番かもしくはその隣のどちらかかもしれない.。
16列目は確かだが席番が正しくないかもしれないので、
主催者に報告するわけにもいかず残念。
左から2番目あたり。暗くて男性か女性かはわからなかった中性的な感じの人)
桜井さんが袖側に来た時にスマホを取り出し、2~3枚撮影していた。
ああいうバカは絶対に許せない。
注意するタイミングがなかったのが悔やまれる。

・ミスチルファンサイト
http://www.kasako.com/mrchildren.html

・「かさこマガジン3」5500部刷ります!年賀状代わりに無料配布!
http://kasakoblog.exblog.jp/19283082/

・1/11(金)大阪でオフ会開催!(現在15名参加予定。参加者募集中!)
http://kasakoblog.exblog.jp/19329623/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-12-30 00:40 | ミスチル
2012年 12月 29日
バカげたことを大マジメにやる。それが閉塞した時代の突破口
e0171573_201525.jpg
個人で数十万円も自腹をきって、
個人とは思えない5500部も注文し、
40ページ・フルカラーの冊子を無料で郵送するという、
とってもクレイジーなことが、
我が家の年末年始の恒例行事になりつつある。

でも思う。
そのぐらいバカげたこと、思いきったこと、
突拍子もないと思えること、人を驚かせることしなくちゃ、
閉塞感あふれる今の時代に突破口は開けない。
右へならえ、みんなと同じことしていればいいという発想でいるから、
がんばっているのに、楽しくない、儲からない、
ストレス多くて、忙しくて、でも給料上がらず、
仕事はつまらないみたいな悪循環になる。

どうせやるなら思いきったことしよう。
人を驚かせるぐらいのことしなくちゃダメ。
自分が楽しいと思うことにチャレンジしてみる。
リスクを怖がらず、リスクをとる。

守ろうとするから守れなくなる。
攻める姿勢を忘れたらダメ。
待ちの姿勢ではダメ。
自分からどんどん新しいこと仕掛けていかないと。

でもかさこマガジンの発行は3度目になるが、
数十万円かけるに十分な、いやそれ以上の、
自分にとっての価値が毎回返ってくる。
このマガジンのおかげで飛躍ができている部分も大きい。

金曜日が仕事納めで、今日から年末年始の休みに入った人も多いのではないか。
年末年始は、今年はどんな年だったのか、
来年はどんなことをしようかを考える、数少ない貴重な時期。

人と同じことやってたらダメ。
毎年同じことの繰り返しではダメ。
何か1つでもいいから新しいことに挑戦してみる。
別に仕事じゃなくても趣味でも地域活動でも、
家族とのコミュニケーションでも何でもいい。
それも中途半端なことじゃなく、思いっきりとことんやってみる。

それが閉塞感漂う社会の中で、
自分の人生を切り拓く突破口になるのではないかと。

かさこマガジンですが、木曜日に封筒が2000部届いたので、
そのうち1400部に宛名をプリント。
木曜日の夜22時過ぎぐらいからはじめて、
まさかまさか朝の5時過ぎまでかかるとは思わなかった。

プリンターに封筒が30部ぐらいしか入らないから、
ずっとプリンターのそばにいて、
一回一回、入れ替えなければならない。
その間の待ち時間は、池井戸潤の「下町ロケット」を読んでいて、
これがむちゃくちゃおもしろかったので、
そんなに退屈はしなかったものの、
まさか朝5時までかかるとは思わず、ヘロヘロに。

またせっかくなのでどこの県にどのぐらい送っているのか、
データ上で仕分けするのはえらい面倒なので、
印字された封筒で分けてみようと、
好奇心からまた面倒な仕事を一つ増やしてしまい、
その作業にも時間がかかったのだが、
都道府県別配布数がわかっておもしろかった。
e0171573_203615.jpg
1位は圧倒的に東京。
2位は神奈川。
3位埼玉、4位大阪、5位千葉、
そして6位に福島、7位愛知、8位がなんと北海道、
9位兵庫、10位宮城といった順になってました。

そして見事、47都道府県すべてに配布していることがわかりました!
1~3人ぐらいしか配布していない県もあるとはいえ、
全都道府県制覇は素晴らしい。
(海外にも数カ国送ってます)

そんなわけで6時過ぎに寝たのはいいけれど、
今度は10時過ぎに印刷会社から、
ついにかさこマガジン現物が納入!
5500部のうち1700部は各所に配っているため、
うちにくるのは3800部。
それにしてもものすごい量!
改めてクレイジーなことやってるなと思いつつ、
もうワクワクして楽しくて仕方がない。

金曜日はミスチルのライブがあったので、
土曜日から封入作業にとりかかり、
順次、ヤマトのメール便でみなさまに発送していく予定です。

また、かさこマガジンについての感想や、
かさこ読者同士のつながりの場として、
フェイスブックに「かさこマガジン」ページを作成しましたので、
いいね!を押すと、そこに書き込まれた情報がシェアできます。
かさこマガジン作成裏話なども順次アップしてます。

また今回もかさこマガジンにプレゼントコーナーを掲載。
今回はクイズではなく、
かさこマガジンの紹介や感想を、
ブログやツイッターやフェイスブックで書いていただき、
そのURLをお知らせいただいた方の中から、
私の気分次第で写真集や著書をプレゼントしますので、
ぜひご自身のネットツールでご紹介ください。

バカげたことを大マジメにやる。
それが閉塞した時代の突破口になることを、
私が身を持って実践することで、
みなさんに行動するきっかけを作れたらなと思います。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon



by kasakoblog | 2012-12-29 02:01 | 生き方
2012年 12月 28日
ミスチルライブセットリスト@2012.12.28さいたまアリーナ
ネタバレ注意!
Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour』
2012.12.28のさいたまスーパーアリーナのセットリストです。
10行下にあります。









1:過去と未来を交信する男
2:LOVEはじめました
3:Worlds end
4:End of the day

5:靴ひも
6:マーマレード・キッス
7:抱きしめたい

8:Surrender
9:Pink~奇妙な夢
10:常套句
11:pieces

12:CENTER OF UNIVERS
13:fanfare

14:イミテーションの木
15:かぞえうた
16:happy song
17:hypnosis
18:Tomorrow never knows
19:エソラ
20:Marshmallow day

<アンコール>
21:天頂バス
22:HERO
23:空風の帰り道

詳細ライブレポート
http://kasakoblog.exblog.jp/19433776/

ミスチルファンサイト
http://www.kasako.com/mrchildren.html

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-12-28 23:08 | ミスチル
2012年 12月 27日
生活が180度変わった2012年
年末になり、外出する機会が減ったせいか、
家から一歩も外に出ず、ずっとパジャマのまま、
赤ちゃんが泣けば、かけつけ、
昼食は台所で自分で作り、
それ以外の時間はパソコンに向かって、
ひたすらライター仕事の原稿書きや、
撮影仕事の写真整理に追われている。

でもふと思った。
自分でも想像すらしなかった生活の変化。
1年前とはまるで違う生活をしていることに、
何より自分が一番驚いている。

2012年の仕事納めという人も多いだろうが、
みなさんはどんな年だっただろうか?

私は会社を辞めるつもりはまったくなかったが、
社長と正月のミーティングでケンカし、
2月に急きょ辞めることになり、フリーランスになった。
8月に子どもが生まれた。
今までとは丸っきり違う生活。
恐ろしいほど劇的に生活習慣が変わった。
自分の予想しないことが起こる。
それが人生の怖さでもあり、おもしろさだなと。

最近は会う人会う人に、
「かさこさんは家にいるのは1ヶ月にどのくらいなんですか?」
なんて常時出払っているように思われているのだが、
実は普通の会社員よりもはるかに多くの時間を家で過ごしている。
都内で取材や打ち合わせがあることもあれば、
地方や海外に取材に出かけることもあるけど、
それはほんの一部に過ぎず、
あとはほとんど文字通り家から一歩も外に出ず、
パジャマ姿で引きこもりのごとく、
パソコンに向かっていることが多いんです(笑)。

思えば10年前の2002年も大きな転機だった。
突如、椎間板ヘルニアになり、手術をして1ヶ月の入院をし、
編プロを退職して、なぜかそのタイミングで結婚し、
プー太郎のままロンボク島に新婚旅行に行き、
しばらくフリーランスとして仕事をしていたが、
とても食えそうになく、
編プロに転職活動を開始し、
念願のトラベルライター仕事ができる、
編集プロダクションに転職ができた。

あれから10年。
夢に向かって毎日手を抜かず、
ひたすらがんばってきた。
どんなに忙しくても毎日更新ブログを欠かしたことはない。
この間、ネットが普及してくれたおかげで、
私の夢にとっては追い風になった。
よくもまあ忙しい編プロに勤めながら、
10冊以上も個人で本を出したなと思う。

でも考えてみたら今年になって、
やっと新しい本当のスタートラインに立ったのかもしれない。
4社15年の会社員生活を終え、フリーになったのだから。

ちなみに勘違いしているかもしれないが、
私はフリーランス=起業独立賞賛主義者ではない。
できることなら会社に勤めながら、個人の仕事もする、
二足のわらじが一番いいとも思っている。
でもそういうことを認める度量のある会社はあまりなく、
そしてまた会社勤めがいいと頼ったところで、
いつ会社がどうなってしまうかもわからない時代に、
フリーランスになる覚悟はしておいた方がいいし、
ならざるを得ない場面がやってくるという意味でも、
フリーやノマドの記事を多く書き、
生き方や働き方への問いかけを行っている。

2012年は会社を辞めて、
まさか独立するとは思ってもみなかっただけでなく、
自分でも驚くようないろんな活動も行った。

でもいろんな不安がある中、私の助けになったのは、
このブログを読んでくださる読者の方だった。
多くの方とはじめてリアルでお会いし、
私の活動をサポートしてくれたり、
私のことを広めてくれたりしてくれた。

そんな読者の方々に感謝の気持ちを込めて、
今年もかさこマガジンを送ります。
新規で申し込みしてくれる方の中には、
毎日ブログを読んでます!といった、
うれしいメッセージもいただき、
とても励まされている。

またブログの記事をきっかけに、
生き方や働き方を見つめ直したという人も多くいる。
昨日もたまたまライブ撮影に行ったら、
なんとブログの読者さんが来ていて、
「3月にかさこオフ会に参加し、かさこさんに出会ってから、
私の人生は大きく変わったんです」
と言ってくださる方もいた。

これからも毎日いろんな情報を発信し、
私の意見にすべて賛成・共感して欲しいわけではなく、
こんな考えや見方もあるんだという、
視野を広げる一助になってもらえれば、
大変うれしく思います。

いつもは年末年始は沖縄や海外に旅行に行っていますが、
今年はフリーになり、子供も生まれたので、家にいて、
充電したいと思います。

つぶやきかさこは年末年始も関係なく、
毎日更新したいと思いますので、
また引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


・フェイスブックに「かさこマガジン」ページ作成!
かさこマガジンが届いたら、ぜひブログやツイッターやフェイスブックなどで、
感想を書いていただけたらありがたく思います!
http://www.facebook.com/kasakomz

・「かさこマガジン3」5500部刷ります!年賀状代わりに無料配布!
http://kasakoblog.exblog.jp/19283082/

・1/11(金)大阪でオフ会開催!(現在15名参加予定。参加者募集中!)
http://kasakoblog.exblog.jp/19329623/


Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-12-27 23:29 | 生き方
2012年 12月 27日
住所変更した方、連絡いただければ!~かさこマガジン発送
12/28に「かさこマガジン3」が完成品が到着します。
以前「1」「2」を希望していただいた方にはお送りいたしますが、
もし住所が変わっている方いましたら、
メールでお名前と変更先の住所をお知らせいただければ助かります。
kasakotaka@hotmail.com

かさこマガジンは、郵便ではなく、
ヤマトのメール便で送るため、
引越し先には転送されません。
私のところに戻ってきてしまいますので、
連絡いただければ助かります。

今日、封筒が2000部きて、
印字作業を始めたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに新規で欲しい方は、
まだまだ在庫あり、
まとめて発送作業をしてしまいたいので、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数をメールいただければと思います。

・フェイスブックに「かさこマガジン」ページ作成!
http://www.facebook.com/kasakomz

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-12-27 16:23 | お知らせ
2012年 12月 27日
尖閣問題から学ぶ、被害者の落ち度が犯罪を増やす
選挙で右傾化もどき内閣ができたため、
中国が活発に動きを見せている。
中国機が12月13日に尖閣諸島の領空侵犯を行い、
さらにここ3日連続で領空に近づいているという。

この問題を解決するにはただ1つ。
早急に民間人を尖閣諸島に移住させ、町を作ることだ。

尖閣諸島を巡る対応で、
民主党政権を弱腰だと批判した自民党だが、
なぜ今までの自民党政権時代も、
尖閣への民間人移住をしなかったのか。
民主党にすべての責任をなすりつけ、
その印象を真に受けている国民も多いが、
「ほったらかし」にしていたのは自民党も同じだろう。

尖閣諸島がなぜこれほど問題になるのか。
それは日本がほったらかしにして、
無人島にしていているからだ。
しかも日本の有人島からは遠く離れた島。
こんな状態なら、どうぞ中国さん、
乗っ取ってくださいといっているようなものだ。

フィリピンではまさに中国に乗っ取られた例があるわけで、
本当に国益を守る重要な島なら、人を常駐させるべきだ。
誰も行かないのなら、国難だからといって、
東京都知事を放り出し、80歳でもわあわあわめいている、
石原慎太郎とその一族にでも永住してもらえればいい。

管理もろくにしていない島を無人で放置して、
領有権を主張したところでまったくの無意味。
法律だのルールだのなんて結局はすべて後づけ、
権力者のいいようにできているものに過ぎないのだから、
日本が行儀正しく「国際正義」を訴えても無駄。
というかほったらかしにして正当性が認められなくなる恐れもある。

それは身近な例えでいうならこういうことだ。
例えば、カフェで場所取りのために、
札束がいっぱい入った財布をぽんと置いておいて、
10分ぐらい放置した。
これで盗まれた!ひどい!と騒いだところで、
多くの人はこう思うのではないか。

「なんでそんな無防備なことしたのか。
そんなことしたら盗まれるに決まってるだろう。
盗まれたものはかえってこないよ」
今、日本がしていることはこれと同じだ。

尖閣諸島に限った話ではなく、
個人レベルでもこういう危機感のない人が多い。
歩きながらケータイに夢中になっていたせいで、
前方不注意で人にぶつかってケガをした。
それは歩きながらケータイやってるあんたが悪いという話だ。
無防備なこと、不注意なことは、
「被害者」であっても、その落ち度は被害者にもある。

ちなみに3年前に、ケータイに夢中になっていた31歳の会社員が、
ホームから転落して電車にひかれた死んだ事故があった。
無防備、不注意なことをやっている人間が、
死んでしまうのは致し方がないとしても、
そのせいで通勤ラッシュ時の電車遅延がひどく、
社会に大迷惑までかけてしまう。
http://kasakoblog.exblog.jp/9767095/

危ないところに一人でいったら襲われた。
それは加害者が悪いとしても、
なぜ危ないところと知りながら一人で行ったのか、
被害者の落ち度も大きい。

女性がのこのこ男性の家に一人で遊びに行って、
そこで“襲われた”としても、
なぜそんな不注意なことをするのか、
その行動自体が犯罪を誘発させている重大な落ち度だ。
事前に危険がわかっているのに、
そこに自ら飛び込んでいってしまうから犯罪が起きてしまう。
そんなことしなければ、
その男性が女性を襲うことはないだろう。
「被害者」のマナーなき軽はずみな無防備、不注意な行動が、
世の中に犯罪と問題を増やしている側面も強い。

犯罪を誘発させないよう、最低限の注意を払うことはマナーだ。
発展途上国に海外旅行に行って、
高価なアクセサリーや装飾品をつけて、
日本人まるだしで歩いていれば、狙われるに決っている。
でも「盗みたいな」と現地の人に出来心を思わせないよう、
注意をすれば、犯罪は十分減らせるはずだ。
被害者の落ち度が犯罪を増やしている要因も強い。

世の中、いい人ばかりではない。
いやたとえいい人であっても、
大金見せびらかせて歩かれたら、
しかもそれが無防備な状態になっていれば、
ついつい出来心で犯罪をしてしまう人も出てくる。

尖閣をそうしないためには人を住まわせる以外に方法はない。
それをやらないなら、
いくら憲法改正して国防軍と呼ぼうが、
徴兵制を導入しようがなんの実効性もない。
右傾化もどき内閣でないなら、
早々に尖閣に人を住まわせるべきだろう。

中国がいくらならず者でも、
石垣島や沖縄本島には領空侵犯はしない。
なぜならそこには人が住み、
ちゃんと日本人が管理しているからだ。
尖閣が狙われるのは無人でほったらかしにしているから。
せっかく右傾化を標榜する内閣ができたのだから、
さんざん民主党を弱腰だと批判したのだから、
そのぐらいのことは早急にやっていただきたい。
でないとフィリピンみたいに中国に乗っ取られちゃいますよ。

個人レベルでも犯罪を誘発させるような、
年末の忘年会で酒の飲み過ぎとか、無防備な行動は、
特に年末なので気をつけたい。

・米軍撤退で中国に領土を奪われたフィリピン~尖閣諸島と米軍基地問題
http://kasakoblog.exblog.jp/18924977/

・「かさこマガジン3」5500部刷ります!年賀状代わりに無料配布!
http://kasakoblog.exblog.jp/19283082/

・フェイスブックに「かさこマガジン」ページ作成!
http://www.facebook.com/kasakomz

・1/11(金)大阪でオフ会開催!(現在13名参加予定。参加者募集中!)
http://kasakoblog.exblog.jp/19329623/


Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-12-27 00:45 | 政治
2012年 12月 26日
抱腹絶倒の超おすすめ本!全ビジネスパーソン必読の本!「稼ぎたければ、働くな。」
「稼ぎたければ、働くな。」未来工業創業者・山田昭男著。
もう爆笑!おもしろすぎ!痛快!
こんなことを言ってくれる人を待ってました!
ぜひ全ビジネスパーソン、特に中小企業の社長は読むべき本。

ご存知の方も多いと思うが、未来工業はものすごい会社だ。
年間140日の休み。年末年始は19連休。残業一切禁止。
ゴールデンウィークも夏期休暇も10日。
「日本で一番休みが多い会社」として有名な会社だ。
でも創業以来、40年、赤字はゼロだという。

私は、政治に景気を求めるから、
だからダメなんだと何度もブログで書いている。
景気が悪いなんて関係ない。
企業や経営者や社員の工夫次第でどうにでもなると。

そのことを実践しているすごい会社の創業者の、
「非常識」極まる経営はすごすぎる!

例えば

・ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は一切禁止。
なぜなら自分の頭で考えなくなるから。
・人事部はいらない。金の無駄。
・失敗しないと怒られる。
・タイムレコーダーは廃止。
タイムレコーダーあるからズルをしたり、
暇なのに残業する輩が出てくるから。
・会社に鍵もかけないし、警備員も置かない。
・売れない商品でも客から喜ばれれば作る。
なぜならそれが「撒き餌」になるから。
・営業ノルマを廃止したら業績が上がった。
・日本の市場は十分大きいから、
わざわざ海外進出なんかしない。
・社員のサークル活動に年間1000万円出す。

などなど、単に休みが多いだけでなく、
世の中から見れば、トンデモナイことを、
会社で次々と実践している。
そしてそれがすべて結果が出ている。

こうした突飛とも思えるルールについて、
一貫して共感できるのは、
これらはキレイゴトでやっているわけではないということだ。
すべて儲かるためにやっている。
社員のヤル気を出させれば、
不景気だろうが円高だろうがそんなもん関係なく、
間違いなく、企業は成長し、儲かる。
だからやっているというスタンスがいい。

著者はいう。

日本にはざっと600万社あり、
そのうち1年間で4000万円以上儲かっている会社は、
たったの3%しかない。
だからみんなと同じことをしていたら儲からない。
だからいつまでたってもうまくいかない。
ならばみんながやっている常識と逆のことをすれば儲かる。
ただそれだけの話。

この本を読むと、いかに多くの日本企業、日本国民がダメかがわかる。
常識に囚われて、みんなと同じことしなくてはいけないという、
バカの壁が強固だから、
まじめに働いても報われないということが、
よ~くよ~くわかる。

いつまで政治に景気対策を求めるのだろう?
企業も国民も。
そんなスタンスでいるから、いつまでたっても儲からないのだ。
円高だからダメ?ホント?
この本を読めば、海外進出するバカさ加減がよくわかる。
読んでいて痛快すぎて爆笑してしまう話も多くある。

いつまでも小難しい顔して、
景気が悪いから儲からないのは仕方がないと考え、
従来の悪習を変えずに、
まじめに働けばいつか報われるなんて、
アホみたいな幻想に囚われていてはダメ。
この本を読めば、きっといかに自分たちがバカの壁によって、
成長機会を逸しているかがわかるだろう。

全ビジネスパーソン、特に中小企業の経営者はこの本、必読。
しかもこの本に書かれていることは、
すぐに実践できることも多いので、
ぜひ読んで、アホな慣習は辞めるべきだと思う。

経営者の本を読んで、こんなに笑えるおもしろい痛快な本は初めて。
おすすめです。

・「稼ぎたければ、働くな。」未来工業創業者・山田昭男著

・政治に景気対策を求める国民が国を滅ぼす
http://kasakoblog.exblog.jp/19376596

・「かさこマガジン3」5500部刷ります!年賀状代わりに無料配布!
http://kasakoblog.exblog.jp/19283082/

・1/11(金)大阪でオフ会開催!(現在13名参加予定。参加者募集中!)
http://kasakoblog.exblog.jp/19329623/


Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-12-26 16:18 | 書評・映画評
2012年 12月 25日
アンパンマンの軍門に下る時~赤ちゃんおすすめおもちゃ
私もついにこの時がやってきた。
避けては通ることができない通過儀礼。
アンパンマンの軍門に下る時がやってきたのだ。

クリスマスということで、0歳児の子どもに、
何かおもちゃを買ってあげようと、
都内で取材仕事を終えた後、
財布のひもが緩くなる魅惑の店舗、
アカチャンホンポに行ってきた。

そこにはクリスマス用にと、
子どもが欲しくなるようなおもちゃがいっぱい並べてあった。

幸いにして、子どもが生まれてから、
おもちゃを一度も買っていない。
お祝いにと、いろんな方からおもちゃをいただき、
そのおもちゃでまかなえていること。

それとAmazonのVineメンバー(優れたアマゾンレビューを書いている人)
になっているので、毎月、提示された商品群の中から、
無料で1つ商品をもらえることができ、
そこでもらった「6WAYジムにへんしんメリー」という、
ベッドにとりつけて、音がなり人形が回るおもちゃと、
e0171573_23544613.jpg

おどる! バイリンガルわんわん」という、
いろんな音楽とともに機械音を立てながら踊る人形が、
e0171573_23551088.jpg

想像以上に大活躍で、赤ちゃんにかなり好反応なので、
あまり買う必要は感じていなかったのだが、
日に日に大きくなるにつれ、
どうやら音を出し、動くものに興味があるようで、
上記2つの商品にもう1つ、何か、
エース級となる3本柱が欲しいと思い、
クリスマスもかねてアカチャンホンポに行ってきた。

そこで私が求めていた、音を出し、動くもので、
そんなに高くないもので、見事にフィットしたのが、
リトミックダンスアンパンマン」だった。
e0171573_23552467.jpg
アンパンマンか・・・。
別にアンパンマンでもいいんだけれど、
どうせなら何か別なキャラの方がいいなと思ったのだが、
他にこれといって良さそうなものがない。
しかもアンパンマンのわりに4280円と手頃な値段だ。
そしてついにかなり早いかなと思いつつ、
アンパンマンの軍門に下ることを決意し、買ったのだった。

家に帰って早速ためしてみると、
これがものすごくいい!
同種の人形「おどる! バイリンガルわんわん」もいいのだが、
それよりも機械音がほとんどなく、
しかもかなりいろんな動きをする。
音楽のバリエーションも多い。
子どもの反応も上々だ。
まだ赤ちゃんには少し早いが、
もうちょっと大きくなると、より使い勝手がよくなるので、
これはこれはいい買い物をしたと思った。

ただ先程、アマゾンで値段を調べてびっくり。
同じ商品が3672円、送料無料で売っているではないか!
600円違うとなれば、もう1つ、小さなおもちゃを買えるわけで、
家電量販店に行って欲しいものがあったら、
必ず価格コムでチェックすべきように、
アマゾンも必ずチェックした方がいいなと思ったのであった。

アマゾン恐るべし。

※これからもいいおもちゃがあったら紹介していきます。

リトミックダンスアンパンマン

おどる! バイリンガルわんわん

6WAYジムにへんしんメリー

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2012-12-25 23:57 | ネット