<   2013年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 31日

アカウント晒されたくないなら、いい加減な発言するな。ツイッターやめろって話

ツイッターで、時々、変に絡んでくる輩や、
いい加減なことを書いて私を貶めるような発言をしているバカ者がいると、
おおむねスルーはしているものの、
許せないもの、しつこいもの、悪質なものについては、
アカウントを明記して批判ツイートをすると、
「フォロワー数が多いかさこさんが、フォロワー数の少ない人を晒すとは何事か」
「乙武氏が店舗名を晒したツイートを批判したかさこさんは同じ愚を繰り返すのか」
という意見をいただくことが最近、何回かあった。
しかしこうした意見は的外れだと思っている。

第一に、ツイッターのアカウントを晒す/晒さないって議論がおかしい。
ツイッターとは自分のアカウントを晒して、
全世界に公に意見発表をしている場だ。
そもそも自らアカウントを晒してネットで情報発信しているわけだ。

アカウントを晒すというと、
個人のプライバシーを勝手に暴露したみたいな印象だがまったく違う。
アカウントを晒すというのは、
アカウントに書かれていない実名を暴くとか、
電話番号や住所を書くとかそういうものではない。

自分で大っぴらに意見発信しているんだから、
おかしなことを発言していればアカウントを晒されるのは当たり前の話だ。
そのためのツイッターだろう。
匿名掲示板ではない。何のためのアカウントなのか。
晒されたくないなら、ネットで情報発信するな。
晒されたくないなら、いい加減な発言するな。
もしくは承認した人以外は見れないようロックすればいい。

もちろん「晒された」アカウントがおかしなことを言っているからといって、
「死ね」とか「金玉あんのか」とか誹謗中傷するのは論外だ。
おかしいと思うならおかしいことを論理的に批判すればいい。

第二に、フォロワー数が多い人が晒すなという意見もおかしい。
もちろんフォロワー数が多い人ほど発言を慎重にすべきだと思う。
でもじゃあフォロワー数が少ないから、慎重に発言しなくていいのか?
フォロワー数が少ないのをいいことに、
フォロワー数を多い人への誹謗中傷や事実と違うことを垂れ流していいのか?
いいわけがない。

そもそもツイッターのいいところは、
フォロワー数うんぬんとか有名人がどうのとか、
そういうのに関係なく、フラットにコミュニケーションができること。
今まで直接コミュニケーションとることができなかった、
芸能人とか政治家とか有名人とかに意見し、その返信が返ってくることもある。
しかもDM(ダイレクトメッセージ)でない限り、そのやりとりは他の人も見れる。
だからフォロワー数多い少ないにかかわらず、フラットな関係ができる。

そこを勘違いしたバカ者が、
有名人に非礼極まりない誹謗中傷やナンクセつけるツイートを、
投げかけたりしているのを見ると、そりゃ有名人だって怒るだろうと思う。
彼らだって一人の感情を持った人間に過ぎない。
有名人が実名や芸名を明記し、基本的に顔写真も出してツイートしているのに、
名前も写真もない、どこぞの誰かもわからないアカウントから、
私信ではなくネットという公の場でおかしな批判をされたら「おまえ誰だボケ!」と思うだろう。

自分の名前と写真を明記し、いわば評判や人気で商売している有名人に対し、
たとえフォロワー数が少なくても、事実無根の勝手なつぶやきをすることは、
下手をすると商売に悪影響を及ぼしかねない。
はっきりいってフォロワー数が多い方がこの点は不利だ。
フォロワー数が少なく、アカウントから名前も顔もわからないような輩は、
いい加減な発言をしたところで、何も自分にダメージはない。
また新しいアカウントを作ってあることないこと書けばいい。
フォロワー数が多いから強者で、フォロワー数が少ないから弱者ということはない。

例えば有名ミュージシャンのあるファンが、
ミュージシャンの事実ではない批判をツイッターで繰り返していたら、
フォロワー数が少なくても、多くのファンの目にとまる可能性があり、
何分の一かはそうしたデタラメな話を信じてしまうかもしれない。

例えば大手ファーストフード店の前で、
おかしな客が店の前で店のあることないこと文句を言っていたら、
行きたいと思っている人も、その店には近づかなくなってしまう。

つまりフォロワーが少ない戯言であっても、
フォロワーの多いはずの強者に大ダメージを与える可能性もある。
最近の言葉で言うなら「レピュテーションリスク」。
世間の評判リスクをいかに管理するかは、非常に重要な課題になっている。
レピュテーションリスクはフォロワー数が少ない人より、多い人の方が大きい。
深刻な問題だ。

だからツイッターがバカらしくなって、
ツイッターをやめてしまう有名人も多い。
多くのファンにとっては“本人の生に近い声”を、
リアルタイムで聞ける貴重なツールなのに、
ほんの一部の不届き者が、不愉快にさせるツイートを投げかけるがゆえにやめてしまう。
でも事実無根の誹謗中傷をかけば、
フォロワー数が少なかろうが、営業妨害や名誉棄損で損害賠償になりかねない。

第三に、乙武氏がナンクセつけて、ツイッターで店舗名を晒した件を、
私が批判したことを持ち出して、
「かさこさんが乙武氏と同じようにアカウントを晒すのか」
というのもとんだ勘違い批判だ。

私が乙武氏を批判したのは、言っていることがおかしかったからだ。
予約時に車椅子だと言え。ただそれだけの話。
にもかかわらず言わずに現場で対応できなかった店を批判するのはおかしい、
といっているだけに過ぎない。

だから私自身は、おかしな対応した店舗やアカウントがあれば、
どんどん晒すべきだと思っている。
ツイッターだろうがフェイスブックだろうがブログだろうが、
「あの会社はおかしい」「あの店はおかしい」ということがあれば、
どんどん実名を挙げて批判すべきだ。
なぜならそれによって社会が良くなるからだ。

日本人はそういうのを「チクった」みたいな言い方をして悪者扱いするが、
そういう体質だからブラック企業が横行したりするのだ。
明らかにおかしいことは内部告発だろうが外部告発だろうが、
ネットでどんどん発表すべきだ。

ただアカウントや実名や企業名を晒すからには、
きちんとした証拠なり、状況説明が必要だ。
この話は、6月に行った「ブログ術講演」でも話をしている。

私は乙武氏批判記事の件で、
晒すのが悪いといっているわけではなく、
根拠もないいい加減な発言で晒すのはおかしい、
と言っているだけに過ぎない。

日本の国民性なのか知らないが、
やたらと弱者批判を嫌う傾向が強い。
障がい者を批判するなんてもっての他。
被災者を批判するなんてもっての他。
フォロワー数が少ない人を批判するなんてもっての他。

その感覚がおかしい。
私が最も気に食わないのは、
弱者を気取って、ムチャクチャなことを言う輩だ。
だから乙武氏も批判したし、フォロワー数が少ない人を批判したりもしている。

もちろん人間だから間違うこともある。
時には不適切な発言をすることもあるだろう。
それは気をつけるべきだけど、気づかないこともある。
ならば削除するなり謝るなりすればいい。
私にも当然間違いはあり、間違いがあれば削除するなり訂正する。

ただそれは事実関係の話であって、意見の話ではない。
そこを勘違いして議論をふっかけるバカもいて、
意見が違うのを無理やり自分の意見にさせようと、
何度となく、しつこくレスしてくる輩がいる。
意見が違うなら、こっちにレスしてないで、
自分の意見をブログなりツイッターなりで書けよ。

私は赤の他人なんだから、記事にすべて賛同できないのは当たり前の話。
1つでも意見が違うからフォローを外すとか、友達をやめるとか、
そういう考えの狭い人間だからこそ、道を誤るのだ。
ネットのいいところはいろんな意見を読めること。
すべてに賛同する必要なんかない。

所詮ネットだから仕方がないのかもしれないけれど、
もうちょっとまともな意見表明の場や情報交換の場にならないものかと思う。

私は完璧な人間でもなければ、感情のない機械でもない。
できるだけスルーするとはいえ、
事実関係とは違うことを、勝手に書いて批判している輩は、場合によっては許さない。
当たり前の話でしょ。
そんなこと放置してると、あることないこと書かれかねない。

フォロワー数が多い人がフォロワー数の少ない人のアカウントを晒すなと、
筋違いの意見を言う前に、フォロワー数やアクセス数に関係なく、
ネットであっても自分の発言に責任を持て。
ましてや人を批判する時には勝手な憶測で批判するなというだけの話。

私ももちろんこうした間違いもあるので、自戒も込めて、
あらためてネットでの発言は気をつけたい。

・失言メディアのツイッター。まとまった意見ならブログを書くべき
http://kasakoblog.exblog.jp/20539656/

・「mixi疲れ」卒業したのに今後は「facebookうつ」?!
http://kasakoblog.exblog.jp/20847936/

・約30名の方にご購入いただいてます。ブログ術講演DVD販売
http://kasakoblog.exblog.jp/20700792/

<今週日曜日に写真教室開催!約20名参加。残席あり>
・8/4(日)東京の写真教室参加者募集中
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=636

・9/22(日)奈良県文化会館(先着15名!)
http://kokucheese.com/event/index/102600/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-07-31 22:34 | ネット
2013年 07月 30日

サラリーマンは消費税の仕組みがわからない~下請けいじめの消費税内税強要

「個人の方は消費税は内税でお願いします」
ある取引先に、他の取引先と同様、
ギャラに消費税5%を加えた請求書を送ったところ、
上記のような回答をされた。
私は驚きのあまり言葉を失った。
えっ、そんなことしたらまずいんじゃないの?

これは完全な下請けいじめだし、
こうしたことを防ぐために「消費税転嫁法」が成立したわけだが、
ろくに仕事ができなくても、きちんとした知識がなくても、
毎月給料がもらえてしまうサラリーマン根性丸出しの担当者なのか、
消費税は内税だと拒否してしまった。

無知な担当者に何を言っても仕方がないので、
代表から問い合わせをしたところ、
「個人だからといって内税強要することは会社としてあり得ない」
との回答をいただき、きちんと消費税外税で、経理処理していただけた。

まあこのサラリーマン根性丸出しの担当者が悪いというより、
複雑怪奇な消費税という仕組みがそもそも悪い。
実は同じような経験を、私も3年ぐらい前に会社員時代にしている。

編プロに勤めていた時のこと。
今まで消費税を請求してこなかった外注の個人のカメラマンが、
消費税をつけて請求書を送ってきた。

消費税の申告・納付が必要なのは売り上げが1000万円を超えた人、
というのは知っていたが、それ以外の消費税の詳しいことについて、
サラリーマンだった私は何も知らなかった。

消費税を請求されてぎょっとした。
なぜこのカメラマンは個人のくせに消費税請求してくるのかと。
今まで請求してこなかったじゃないか。
1000万円超も売り上げあったとは思えないのだが、
もらい得でもしようと思っているのだろうか。
そもそも案件ごとに、外注費を管理していて、
そこには消費税請求前のギャラで計算していたので、
消費税分上乗せされてしまうと、上司に報告していた数字と違ってきてしまう。
簡単にいえば、消費税分、自社の利益が得るので、
上司から怒られるのではないかと思ったのだ。

そこで経理担当の人に話を聞いたら、
「消費税請求されたら断っちゃダメよ。
別に取引先が会社でなくて個人であっても、
消費税を請求する権利はあるし、
請求されたらきちんと支払わなければならないんだから」

でもあのカメラマンが売り上げ1000万超えているとは思えない。

「売り上げが1000万円超えるかどうかなんて、
1年終わってみなければわからないわけ。
だから超えるかどうかにかかわらず、消費税は請求できるのよ」

そんな風な仕組みになっていたのかと知ったのだが、
随分おかしな仕組みだなと思った。
1000万円超えなければ、請求した消費税はその人のギャラになってしまうって、
どう考えてもおかしいだろうと。

でも私もその時、個人で仕事をしていて、
消費税を請求していないのに、
消費税をつけて支払う会社もあった。
「いや、私、消費税納税義務者でないから、
消費税もらっても困るんですけど」と話したところ、
「いえ、個人だろうがなんだろうが、
うちはきちんとすべての取引先に、
消費税をつけて支払うことが決まりになっていますので」
と話をされて、驚いた記憶がある。
消費税納税義務がない私のギャラが勝手に5%上がったのだから。

そういえば、前に勤めていた会社でも、
経理に確認せず、フリーランスの人に、
「消費税はつけないで請求してくれ」と断っていた人がいた。
「いや、それはダメなんですよ」と教えてあげたが、不服そうな顔をしていた。
まあ感覚的に消費税分、会社が損した。
なぜ個人ごときに消費税を支払わなければならないのだろう、
という思いはわからないでもない。
でも消費税免税事業者だろうが、消費税は請求してもよいのだ。

そんなわけで、未だにサラリーマンの中には、
無知な担当者がいるわけで、
「個人だから内税」とか勝手に決めて対応してしまう人もいる。
でもそれは一歩間違えば、大問題になりかねない。
下請けいじめのブラック企業だという話になる可能性もある。

いや、もとから提示したギャラは消費税込みの値段です、
と言っているなら、それはいいが、そうではない場合は、
下請けいじめの内税強要会社になりかねない。

というかフリーになって思うんだけど、
はじめにギャラの提示をしないで仕事をふる会社が多い。
何年も付き合いのある会社で、
互いに信頼関係があるならともかく、
ギャラを提示しないで仕事をふれる神経が信じられない。
自分でギャラの設定ができないなら、
作業範囲を明確にして、その上で見積もりをくれといえばいいわけだし。

未だに口約束が当たり前。
口約束すらなく、仕事終わってからどうしようか、
みたいなところが多いから、いろいろともめるのだ。

だから私は極力、仕事関係のやりとりは、
電話だけで済まされるのを避けるようにしている。
電話でギャラがいくらといわれても、証拠に残らないので、
後で言った言わないでもめるケースがあるので、
きちんとメールで送ってもらうようにしている。
その時に、消費税込みなのかそうでないかも、
きちんと明記できるわけだし。

まだ今は消費税が5%だから、よほど大きな金額でない限り、
内税にされたところで、まあ少額だし仕方がないかとも思う。
でもこれが8%になり、10%になったりして、
それで内税扱いにされたら、個人事業主には大変な負担になる。

まあ今回のケースは無知な担当者が悪いだけでなく、
会社全体で無知な担当者が出ないように、
特にお金の支払いについてはきちんとした教育をしてほしい。

しかし消費税が増税になればなるほど、
消費税転嫁法が成立したとはいえ、
内税強要する下請けいじめ企業が増えそうだなという気もしている。
というか、消費税ってほんとおかしな仕組みだし、複雑すぎる。
増税するなら所得税にすればいいのにと思う。

<消費税の転嫁拒否等の行為の是正に関する特別措置(公正取引委員会)>
禁止される行為
1:減額
本体価格に消費税分を上乗せした額を対価とする旨契約していたが,
消費税分の全部又は一部を事後的に対価から減じること

2:買いたたき
原材料費の低減等の状況変化がない中で,消費税率引上げ前の税込
価格に消費税率引上げ分を上乗せした額よりも低い対価を定めること

3:購入強制・役務の利用強制・不当な利益提供の強制
消費税率引上げ分を上乗せすることを受け入れる代わりに,
取引先にディナーショーのチケットを購入させること

4:税抜価格での交渉の拒否
消費税抜価格(本体価格)で交渉したいという申出を拒否すること

5:報復行為
転嫁拒否をされた事業者が,①~④の行為が行われていることを
公正取引委員会などに知らせたことを理由に,
取引の数量を減らしたり,取引を停止したりするなど,不利益な取扱いをすること

http://www.jftc.go.jp/tenkataisaku/index.files/131001leaflet.pdf

※当たり前の話ですが、すべてのサラリーマンが、
消費税の仕組みがわからないと言っているわけではありません。
ただ税務の仕組みについて無知な方が多いと感じています。

・あなたが支払った消費税は税収にはなりません。私の小遣いになります
http://kasakoblog.exblog.jp/18599769/

・サラリーマンの給与にも消費税をつけて支払えばいい~問題だらけの消費税
http://kasakoblog.exblog.jp/20794162/

<写真教室、東京&奈良の詳細決定!>
・8/4(日)東京の写真教室参加者募集中
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=636

・9/22(日)奈良県文化会館(先着15名!)
http://kokucheese.com/event/index/102600/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-07-30 22:01 | 働き方
2013年 07月 30日

震災前と震災後の被災地比較写真~記録としての写真の重要性

e0171573_124041.jpg
この巨大船があるのは、東日本大震災で甚大な被害のあった宮城県石巻市牡鹿半島の鮎川港。
ここに来る方の多くが、
「津波でこんなに巨大な船が上がっちゃったんですね」
と勘違いするというのだが、そうではない。
「おしかホエールランド」といって、震災前からあった観光施設だ。
日本の捕鯨の中心地だったことから、
全長68mにも及ぶ捕鯨船「第十六利丸」が展示されていた。

私は震災前にこの場所に二度来て泊まっている。
この鮎川港から猫が神様の島である田代島への船が出ていることと、
素晴らしいホテル廃墟がある金華山という島への船が出ていることが理由。
一度目に訪れた時には田代島へ。二度目に訪れた時には金華山を訪れた。
その際、せっかくなのでと思い、
この「おしかホエールランド」も見学しているが、
まさかこの場所が津波で被災し、
施設がなくなってしまうとは思いもしなかった。

2013年7月28日に鮎川港を再訪した。
船は残っていたが、船の隣にあった展示施設は、
被災したこともあり、解体・撤去されてしまった。
それだけではない。
船乗り場の前にあった食堂やおみやげやも、
港周辺にあった集落も津波によって流されてしまった。

何もなくなってしまった鮎川港の様子を見て、
ある後悔の念が湧き上がってきた。
「こんなことになるなら、震災前の街並みやホエールランドの写真を、
もっと撮っておけばよかった」と。

鮎川港の震災前(2010/1/23撮影)と震災後(2013/7/28撮影)の写真比較
e0171573_1252182.jpg
e0171573_127561.jpg
e0171573_1271213.jpg
e0171573_1271786.jpg
e0171573_1272266.jpg
e0171573_1272859.jpg
e0171573_1273394.jpg
e0171573_1273958.jpg
e0171573_1274411.jpg
e0171573_1275058.jpg
e0171573_1275576.jpg
e0171573_128115.jpg
e0171573_128768.jpg
e0171573_1281388.jpg
e0171573_128215.jpg
e0171573_128282.jpg


震災後の被災した悲惨な写真は世間にイヤというほどあふれている。
でも被災者の方は「震災前の写真が見たい」という人が多い。
実際、こうしたニーズに応えるため震災前の写真集も作成された。
その際、私は石巻の日本製紙の写真を提供した。

あたりまえの日常を写真に撮ることはなかなかない。
とりたてて何か特徴があるわけではない、
普通の街並みを写真に撮ることはなかなかない。
なぜなら、あたりまえの日常は永遠に続くと思っているからだ。

しかしある日突然、思いもよらぬ自然災害や原発事故、戦争などにより、
毎日、目にしていたあたりまえの光景が失われてしまうことがある。
その時になってはじめて人は気づく。
何事もないあたりまえの日常の幸せの偉大さに。
そしてその幸せを思い起こす手段として、
記録としての写真は絶大な力を持つ。
なぜなら人の記憶などあいまいだからだ。

ある日突然失われる風景。
ある日突然失われる家族や友人。
たった1枚、写真を撮っておけば。
そんな風に思った人は震災で多かったのではないか。

私がまだ被災地についての記事を書く理由。
それは被災地は他人事ではないからだ。
いつ自分たちが被災者、被災地になるかもわからない。
被災地取材でほとんどの被災者がこう話した。
「まさか自分が被災者になるとは思わなかった」と。

でもどんなに悲しい出来事があっても、
過去の一瞬を記録した写真1枚で、
人はがんばろうと思えたりもする。

最近ではスマホの普及により、
気軽に簡単に写真を撮れるようになった。
今はなんてことない写真だとしても、
5年先、10年先たった時に、
懐かしくて涙が出るほどうれしい写真も出てくるかもしれない。

だからこそカメラマンとして、多くの人に写真を撮る楽しさを伝えたい。
どうせ撮るならうまく撮れる方法を教えたい。
そんなこともあって、写真教室を開催しています。

今、あまりありがたみを感じていない、
あたりまえに存在している家や町や会社や家族や同僚や友人や知人が、
ある日突然、奪われてしまうということがある。
後悔する前に今あるあたりまえの幸せを写真に収めておけば、
きっと後から写真を撮っておいてよかったと思う日が来ると思う。

<写真教室、東京&奈良の詳細決定!>
・8/4(日)東京の写真教室参加者募集中
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=636

・9/22(日)奈良県文化会館(先着15名!)
http://kokucheese.com/event/index/102600/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-07-30 01:33 | 東日本大震災・原発
2013年 07月 28日

復興予算をネコババした皆様、今も二重ローンで仮設住宅暮らしで苦しんでいます~被災地レポート

e0171573_2340872.jpg
「明日は4時から石巻××××さんと津波全損の家の残ローンの話し合い
去年の今頃、不動産とお願いに行ってから早一年…
返事待ちの間 イライラと利子ばかりが増えました…
最悪事態、二重ローンになったら、
この子を養子に出した方がこの子の幸せではないか?とまで考えてしまう」

これは宮城県石巻市に住む米谷康予さん(42歳)のフェイスブックの投稿。
この投稿を見て、気になり、取材依頼のメールを送り、2013年7月26日に石巻で取材した。

米谷さんは東日本大震災の2年前、
石巻市大門町に自身が経営する美容院の店舗兼自宅を購入。
しかし震災の津波により全損。実家も同様に全損。
e0171573_2341033.jpg
e0171573_2341919.jpg

(写真:骨格は残っているものの、全損認定された米谷さんの家)

今は8歳になる息子さんと4畳半2間の仮設住宅に暮らしている。
ご両親も同じ仮設住宅で暮らしている。
e0171573_23424378.jpg
e0171573_23425179.jpg

仮設住宅に入居したのは2011年8月のこと。
来月で仮設暮らしは2年になる。

シングルマザーゆえ、被災したとはいえ、
美容院を再開し、稼がなければならない。
お客さんはみな地元の人ばかり。
生活のためにも、お客さんのためにも、
早く新しい店を作らないことには始まらない。

地震保険でおりた資金などを使い、石巻の高台に土地を購入。
土地を担保に日本政策金融公庫から融資を受け、
トレーラーハウスを購入し、そこで美容院を営んでいる。
e0171573_2343883.jpg

e0171573_2343559.jpg

(内装の一部は、被災地で家を無償で修理するボランティア「STEP」さんが協力してくれた)

「子供がまだ小さいうちは一緒にいる時間をちゃんと作りたい」
との思いから、営業は16時までに限定し、
これまでの常連客のみの完全予約制で仕事をしている。

米谷さんをこの2年、苦しめ続けているのは、
全損した店舗兼住宅のローン問題だ。
震災の1年半前に建てたばかりの家のため、ローンが残っている。
しかしもはやこの津波被災地に住むことはできないので、
新たに土地とトレーラーハウスを購入した。
このままずっと仮設住宅暮らしを続けるわけにもいかないので、
購入した土地に住宅も建てたい。
しかしこのままだと二重ローンになってしまうし、
ローンを抱えたままのシングルマザーの個人事業主では、
住宅ローンが借りれない可能性もある。

二重ローンになったら生活は苦しくなる。
弁護士などに相談し、被災ローン減免制度を申請したが、
要件を満たしていないと却下されている。
今、新たに金融機関の同意書をつけて三度目の申請中だが、
ローンが減免されるかはわからない。
この2年、ローンの支払いはとりあえずストップにはなっているが、
利子だけは増え続けていく。

このため、「最悪事態、二重ローンになったら、
この子を養子に出した方がこの子の幸せではないか?とまで考えてしまう」
という追い詰められた言葉まで出てしまう。

津波で家が全損し、
子供と2人とはいえ4畳半2間の狭い仮設住宅暮らしを強いられ、
お金を借りてトレーラーハウスで美容室を経営している被災者がいる中、
我々が支払っている復興のための税金は、北海道や沖縄の道路工事、
鹿児島のウミガメの保護観察や鳥取のご当地アイドルのイベントなどなど、
被災地とはまったく関係のないものに使われまくっている。

今も仮設住宅で暮らしている人がいる。
二重ローンで苦しんでいる人がいる。
そういう被災者たちを助けるために、増税したはずなのに、
我々の税金は、二重ローンで仮設住宅暮らしの人にお金が回らず、
鳥取のご当地アイドルイベントとかに使われている。

米谷さんはこんな風にいう。
「復興予算じゃなく東日本大震災便乗予算ならそんなに頭にこないかな?」

被災者をないがしろにして復興予算をネコババした、
官僚、自治体、政治家は全員、被災者に自分の自宅を提供し、
被災者の代わりに二重ローンを肩代わりして、
仮設住宅暮らしをしながら、復興予算の使い道について考えればいい。
そしたら復興予算を被災地以外に流用するなんて犯罪的行為はまずしないだろう。

税金の使い方がおかしければ復興なんかできるはずもないし、
国民を助けるために税金をとっているのでなければ、税金を支払う意味もない。

参議院選挙でも連呼された東日本大震災の復興。
与党や野党関係なく、大災害にあった方を助けるために、
まだ使われていない被災地以外の復興予算を見直すだけでなく、
今まで復興予算と称して、関係のない使ったお金を、
全額返させるべきだと思う。
それができないのなら、せめて被災者に代わって仮設住宅暮らしをすればいい。

もう2年も過ぎているのに、まだ仮設住宅で暮らしている人がいる。
復興復興と叫ぶのなら、大災害にあった被災者の二重ローン問題ぐらい、
被災地以外でネコババした予算を使えば、あっという間に解決するのではないか。

・復興予算がいかに詐欺的犯罪なのかをわかりやすく解説
http://kasakoblog.exblog.jp/20743444/

・被災地でボランティアが家を無償修理。官僚は復興予算で沖縄や北海道に道路建設
http://kasakoblog.exblog.jp/19017692/

<写真教室、東京&奈良の詳細決定!>
・8/4(日)東京の写真教室参加者募集中
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=636

・9/22(日)奈良県文化会館(先着15名!)
http://kokucheese.com/event/index/102600/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-07-28 23:48 | 東日本大震災・原発
2013年 07月 28日

復興はしてるけど風化も激しい~被災地・石巻レポート

e0171573_07491.jpg
「明らかに被災地観光客は減ってるね。
まあ、今、津波被災地に来ても、
雑草が生えているだけで、言い方悪いけど、
見るものがないから仕方ないのかもしれないけど。
確かに復興はしているけど風化も激しい」

そんな風に語ってくれたのは、
津波で町がほぼ壊滅した宮城県石巻市門脇町・南浜町の道端で、
テントを張って被災地観光客に、
地元の名産品を販売している遠山弘毅さんだ。
遠山さんがテントを張っているのは、
かつて自身が経営していた洋品店があった場所。
津波で家は流され、今はもう跡形もない。

遠山さんと出会ったのは1年前の2012年7月のこと。
津波被災地一帯を歩いていると、
テントを張っている方がいたので話しかけてみた。
それが遠山さんだった。

その時、遠山さんは、
「津波で店、流されて、今、借上住宅に住んでるけど、
何かしなくちゃはじまらないし、
お金も稼がなきゃやってけないから、
それで2012年3月頃から店を始めた。
ここに県外の人が、来てくれること、
そして見てくれることが一番ありがたい」と語っていた。
e0171573_074043.jpg
1年が過ぎてまだいるかなと思って、今日訪れてみた。
するとまだテントを張ってがんばっているではないか。
でも昨年、話を聞いた時のうれしそうな表情はあまりなかった。
被災地観光客が明らかに減っているからだ。

ちょうど1年前に私がここに来て驚いたのは、
津波被災で廃墟と化した町に、
観光バスが何台も来ていたこと。
ひっきりなしに大型バスがやってきた。
それで遠山さんは名産品販売を始めたわけだ。

しかし今日訪れた時には、観光バスは1台のみ。
もう夏休みには入っている7月の土曜日にしては確かに少ない。

「まあ僕らだって時々、あの津波が夢だったんじゃないかと思うぐらい、
何事もなかったかのように錯覚することもあるので、
被災地以外の人が忘れてしまうのは仕方がない」
とも話してくれた。

「見るものがない」とは震災遺構のことだ。
例えば巨大な船が乗り上げているのがまだ見れるとか、
津波によってボロボロになった建物が残っているなら、
それを見ようと思う「観光客」はいるだろうし、
震災の生々しさを伝えることができる。
でももうすっかり片づいた感じがある。
e0171573_085872.jpg
(2011.4.20撮影)
私はこの場所に震災1カ月後に来ているので、
昨年夏に訪れた時は「すごい片づいたな」と思ったんだけど、
でもさらに1年たって、もっと片づいた。
e0171573_081038.jpg
(2013.7撮影)
ほとんど建物跡も残っていない。
もはやただの野原のように見える。
かつての状況を知らない人が来ても、
ここが被災地だといわれても、「観光の目玉」には残念ながらならないだろう。
e0171573_094895.jpg
(2012.7撮影)
e0171573_010030.jpg
(2013.7撮影)
ただ唯一ここには津波と火災で被災した、
生々しい傷跡が残る門脇小学校がある。
ところが先月から校舎が灰色のシートで覆われてしまった。
校庭を使う生徒の心情に配慮したためだという。

遠山さんは「地元民の心情からすると、
目隠しなんて中途半端な一時的な措置なんかしないで解体してほしい」
といっていたが、むしろシートで覆ったりなどせず、
震災遺構として残すべきだとの意見もあるという。
不謹慎な言い方をすれば、痛ましい校舎があれば、
「被災地観光客」が来てくれるかもしれない。

でも震災遺構を残したいという意見は、
単なる“客寄せパンダ”だけの意味ではない。
あの悲劇を二度と繰り返さないためにも、
痛ましい傷跡をしっかり残しておくべきだという意図もある。
e0171573_0105994.jpg

実際、個人が建てたと思しき「津波襲来の地」といったような碑を2か所で見た。
わざわざ碑を建てるのは、忘れてしまいかねないからだ。

人は忘れやすい生き物。
2年が過ぎたあの大災害も次第に忘れ去られようとしている。
それは被災地以外の人だけに限らない。
だからこそ数年過ぎると、災害があった場所に家や町を作ってしまい、
また新たな悲劇を繰り返すことになるのだ。

忘れるにはまだ早いのではないか。
いや忘れているからこそ、
復興予算のでたらめな使い方が平然とできたり、
原発再稼働ごり押しする政党に投票したりしてしまう。

そういえば、今年、訪れた徳島県阿南市には、
かつて何度となく来ている大津波を忘れないために、
「災害は忘れた頃にやってくる」と題した碑が残されていた。
e0171573_0131183.jpg
そんな碑がある町だからこそ、
一昔前に原発計画があったにもかかわらず、
住民運動によって原発計画を阻止できたのかもしれない。

日本にいる限り、活断層の有無になんか関係なく、
地震被害にあう可能性がある。
津波、台風、大雨、火山噴火なども十分起こり得る災害だ。

国を守ること、国民の命を守ることとは、
災害を想定した町づくりをすることだと思うのだが、
311以降、5000回以上も地震が起きている、
圧倒的に地震が多い福島で、
未だ原因不明の湯気が福島原発から出て、
毎時2170ミリシーベルトものとんでもない高放射線量を記録したり、
放射能汚染水を海に流しちゃいましたとかいっているにもかかわらず、
原発再稼働の政党が圧勝してしまうのは、
政治家も国民もあまりにも忘れやすい性格だということだ。

忘れた頃に災害がやってくるのではなく、
人間が忘れてしまうからこそ、
災害がまたやってくるだけのことなのかもしれない。

・1年前の被災地・石巻レポート
http://kasakoblog.exblog.jp/18349955/

<写真教室、東京&奈良の詳細決定!>
・8/4(日)東京の写真教室参加者募集中
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=636

・9/22(日)奈良県文化会館(先着15名!)
http://kokucheese.com/event/index/102600/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-07-28 00:13 | 東日本大震災・原発
2013年 07月 26日

311以降、最も地震が多い県は福島で5238回。最も少ない佐賀県の238倍

すっかり地震のこと忘れて、のんきに自民党に投票して、
全国各地で原発という名の時限爆弾がセットされようとしているが、
最近になってまた東北沖で地震が増えているので要警戒だ。

東日本大震災以降、どこの県が地震が多いのか、
気象庁のデータをもとに調べてみたが驚きの結果が!
一番多いのは、未だ危険な状態が続いている福島原発がある福島県で、
なんと地震回数は5238回!
一番少ない佐賀県はたったの22回だから、
佐賀の238倍以上もの回数が起きているという異常ぶりだ。

都道府県別の地震回数ランキングはこちら
(検索期間 2011/03/11 00:00 - 2013/07/24 24:00)

e0171573_22261672.jpg
e0171573_22262533.jpg
e0171573_22263394.jpg

災害は忘れた頃にやってくる。
気をつけましょう。

・地震に備えたチェックリスト
http://kasakoblog.exblog.jp/15296828/

・福島原発3号機、“気体”発生の周囲で高い線量値(2013/7/24)
周囲の放射線量が、国が定める年間の被ばく量の限度の
約2000倍にあたる2000ミリシーベルトを超える
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20130724-00000039-nnn-soci

・東電:福島第一原発の汚染水、海への流出の可能性認める(2013/7/23)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130723-00000049-bloom_st-bus_all

・汚染水流出、全漁連が抗議 「事故以来、最大の不祥事」(2013/7/26)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130726-00000007-asahi-ind

・1日1回はチェックしたい地震発生情報
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/

・震度データベース検索(気象庁)
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/shindo_db/shindo_index.html

<写真教室、東京&奈良の詳細決定!>
・8/4(日)東京の写真教室参加者募集中
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=636

・9/22(日)奈良県文化会館(先着15名!)
http://kokucheese.com/event/index/102600/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-07-26 22:21 | 東日本大震災・原発
2013年 07月 26日

「mixi疲れ」卒業したのに今後は「facebookうつ」?!

SNS疲れしてませんか?
SNSに依存しすぎてませんか?
SNSが気になって仕方ないとか大丈夫ですか?

ふと気づけば、mixiをバカらしくてやめたはずなのに、
mixiと同じ二の舞をフェイスブックで繰り返していた。
「mixi疲れ」卒業したのに、今後は「facebookうつ」ってな具合に。

mixiが登場した当初は感動しっぱなしだった。
こんな便利なツールがあるのかと。
気軽にネット上でいろんな人と知り合いになれたし、
同じ共通の趣味を持つ人ともつながれたし、
mixiがきっかけで仕事をいただいたことも何度もある。

ところが多くの人がするようになり、
また運営会社がいらん機能をやたらと増やしたり、
逆に必要な機能をなくしてしまったりして、どんどん使いにくくなり、
当初のつながりやすい雰囲気から、
わりと荒れやすい雰囲気もそこかしこで見受けられるようになった。

特に日記のコメント欄がだんだんとうざくなってくる。
はじめはコメントしてくれた人にコメント返しをしていた。
でも面倒になってきて、コメント返しはしないことにしてだいぶ楽になった。
それでもコメント返しを要求するようなコメントもあったりして、
だいたいその手のコメントって議論好きの暇人なので、
こういうのを相手にすると時間も神経も浪費することになる。
でもつけてくれたコメントは一通り読まなくちゃ、
なんて義務感があるとまた面倒になってくる。
そんなこともありmixiはやめた。

facebookはmixiと違って完全実名であることから、
昔のmixiのようにつながりやすいとか、
仕事にも活用できるとか、当初はそんなふれこみだったような気もする。
コメントもわざわざつけなくても「いいね」を押しておけばいいなんて、
そんな気軽さもmixiからfacebookに流れた要因だったのではないか。

でもだんだんやる人が増えてくると、
当初の感じとはまた少し変わってくる。
「mixi疲れ」時と同じように、せっかく投稿にコメントつけてくれた人には、
何かコメント返ししないとまずいかなみたいな義務感が増えてきて、
でもやっぱりそれは面倒になるから、
コメント返しはしないまでも「いいね」ぐらいは、
つけないとまずいかなとか思ったりするけど、
今度はいちいち「いいね」をつけるのが面倒になったりする。
また人の投稿欄に何度も投稿する持論展開論者が現れてきたりして、
ああうざいと思いながらも、いちいちブロックしたり削除したりしなければならないのもまたうざい。

最近はやたらfacebookはなりすましが多い。
申請があったけど、こいつはあやしくないのかどうなのか、
いちいち確認しなくちゃいけなかったりとか。
また時には「いいねをしてください!」と、
「いいね強要」のお願いがきたりすると正直うんざりする。

また私はフリーランスだからあんまりないけど、
会社員の人でfacebookはかなりやっかいな代物だと思う。
実名でやっていたら部下や上司のも見れちゃうし、
逆にこっちのも見られちゃう。
会社内だけでなく取引先に見られることもあるだろう。
そうするとだんだんと気楽に発言できなくなる。
ほんとは親しい友達に近況を知らせる目的だったはずなのにとか。

いや、それでもSNSはやった方がいいしメリットは多いと思うし、
私もSNSをやめる気はさらさらない。
でもなんだろう、mixiの時もfacebookの時もそうだけど、
広く世間一般に普及するようになり、ユーザーが増えると、
ユーザーの質が劣化するような気がするのは気のせいだろうか。
自由な雰囲気がいろんなものが義務感に覆われたりして息苦しくなってくる。

SNSをまじめに捉えすぎている人も多いような気がする。
例えば友達だから全部読まなきゃいけないみたいな、
そんな風に思っている人もなかにはいる。
私のところに最近、何通かfacebookにこんなメッセージがきた。
すべての意見に同調できないから友達をやめると。

友達になったのは私のある記事に共感したからだろう。
でも当たり前の話だけど、私が発言することすべてに共感する人なんていない。
でもきっとまじめな人なのだろう。
すべてを真に受けすぎてというかスルーできなくて、
「あの記事は共感したのに、この記事には賛成できない!」
みたいな思いが強くなり、わざわざその旨、
メッセージで送ってきてくれて、友達をやめますと。

いやいや、別にやめてくれるならぜんぜんいいし、
わざわざご丁寧にメッセージ送ってこなくてもいいし、
そもそも友達だろうが、全部、私の投稿を読む必要もなければ、
全部に共感・賛成する必要もない。
「これは違う」「これは共感」。
それでいいじゃないか。違う人間なんだし。
別にすべてに「いいね」を押す必要もないし、
私は「いいね」集めにまったく興味がない。
「いいね」なんかより100倍「シェア」の方がうれしい。
だって多くの人に見てもらえるじゃん。シェアの方が。
「いいね」で金もらえるなら別だけど。

そんなわけで最近SNSにあてる時間を減らすようにしている。
仕事が忙しいこともあるんだけど、
でも仕事が忙しい時ほど、現実逃避でSNS見たくなったりしちゃうんだけど、
一度SNS見始めて10~20分もそこにはまってしまう時間が、
1日に何度もあったら、その時間で仕事進むのにとか思ったら、
なるべくSNSの時間を減らした方がいいと気づいた。

SNSは活用した方がいい。
やらないよりやった方がいい。
でも所詮、ネット上のコミュニケーションなんだから、
義務感とかいらないし、もっと気楽な感じで、
多くの人が使った方がいいんじゃないかと思う。

SNS疲れにならないためのポイントとしては、

1:1日に見る時間を決める
(例えば、昼休みと移動中のみにするとか)

2:やる目的を明確にする
(友人に近況を知らせたいのか、自分の備忘録的な用途なのか、
共通の趣味の人とのコミュニケーションなのか、うまく仕事に活用しようという目的なのか)

3:スルー力をみにつける
(すべてを読む必要もなければ、
すべてに「いいね」をする必要もなければ、
ムカつく輩は相手にせずブロックするかスルーすればいい)

の3つが挙げられる。

ぜひみなさんもSNSに振り回されてSNS疲れにならない程度に、
適度な距離感覚でつきあった方がよいかと思います。

<写真教室、東京&奈良の詳細決定!>
・8/4(日)東京の写真教室参加者募集中
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=636

・9/22(日)奈良県文化会館(先着15名!)
http://kokucheese.com/event/index/102600/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-07-26 00:35 | ネット
2013年 07月 24日

前向きになれるとっておきの方法

e0171573_23421443.jpg
写真を撮ること。
これできっと前向きになれる。

将来は不安だらけ。今のニュースは悪いことばかり。
だから自分はどうしようもないみたいな、
ネガティブな負のスパイラルに陥って、
毎日がつまらない人生になってしまうのではなく、
少しでも前向きになって、楽しい人生を送る人が増えてほしい。
そういう人が一人でも増えれば、社会は明るくなり、良くなるんじゃないか。
そんなことを思いながら、日々ネットで情報発信をしている。

ただどうやってもマイナス思考から抜け出せない人がいる。
人生、後ろ向きに突っ走っている人がいる。
こういう人たちをどうにか前向きにしたい、
と最近よく考えるが、あまりいい方法が思い浮かばない。

それに自己啓発本を読んだり、自己啓発セミナーに出て、
前向きになれとか、ポジティブになれ、
と言われたところで、ネガティブな思考から脱却するのは難しい。

人はただでさえ、いいことよりも悪いことに目がいきがちだ。
不平不満を見つける天才ともいえる。
はたから見たら十分満足してもよさそうなのに、
文句ばかりいってつまらなそうにしている。

「そんな人に何を言っても、何をやってもダメ」と思うこともあるが、
多分、そういう人こそ前向きになってもらわないと、
この社会を良くすることはできないんじゃないかと思うわけです。

ではどうしたらいいのか。
私が今の時点で前向きになれる方法として、
おすすめしたいのが、写真を撮ることだ。

えっ、写真を撮ることでどうして前向きになれるの?
と思うかもしれないが、これが意外と効果がある。

写真を撮ることって、基本的に、
美しいものとかきれいなものを撮ろうとする。
カメラを持っていると「何かいいものないかな」と、
この世の中で「いいこと探し」が自然にできる。
e0171573_23454587.jpg
また写真は基本的に常に自分以外の相手(被写体)がいる。
花であれ建物であれ人であれ、写真は他者と向き合うことでしか撮れない。
マイナス思考に陥ってしまう人って、
自分の頭の中で悪い妄想がぐるぐる回ってしまい、
どんどん他者や社会との接点を失い、
引きこもっていってしまい、余計に閉塞感とマイナス妄想に苦しめられ、
ネガティブな負のスパイラルから抜け出せなくなってしまう。
そんな人でもカメラを持った途端、
自分以外の物とつながる機会が得られるのだ。
自分だけの世界の堂々巡りから逃れ、
写真を通した他者とのかかわりの中で自分の存在意義を見出せる。
e0171573_23455972.jpg

撮った写真はブログやSNSにアップしたらなおいい。
前にブログで書いたけど、難しいことを何百文字書くよりも、
たった1枚、おいしそうな料理の写真や、
かわいい猫の写真や、きれいな風景写真があっただけで、
人は心動かされ、「いいね」を押したりする。
それだけ写真の力はすごい。

写真を撮る行為は1人かもしれないが、
写真をネットで見せることで、
他者との新たなつながりができたり、
コミュニケーションが増えたりして、楽しくなる。

私はもともと超ネガティブ思考だったが、
写真を撮るようになってから変わったと思う。
写真を撮るために、世の中にある楽しい物や美しい物を探そうとして、
そこで新たな発見をし、おかげで人生、楽しむことができている。

最近は気軽に写真を撮れるようにと、
30万円以上もする一眼レフもあるのに、
わざわざ電話契約しないでiPhoneだけを購入した。
iPhoneなら一眼レフと違い、
いつでもどこでも気軽に写真が撮れるからだ。

別に一眼レフでなくてもいい。スマホで十分。
写真を撮ることが趣味になると、
今まで気づかなかったおもしろいことや美しいものに気づけるようになるはず。
悪いことにばかり目がいきがちな思考回路が変わってくる。
e0171573_23425726.jpg

だからもしなかなか前向きになれずに悩んでいるなら、
写真を撮ることをおすすめしたい。
写真を撮ることで人生楽しくなれるから。

・無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールいただければ
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽にフォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


by kasakoblog | 2013-07-24 23:46 | 生き方
2013年 07月 24日

ピックアップブロガーとしてインタビュー記事紹介!

もろもろお知らせです。

・エキサイトの「今週のピックアップブロガー」として、
ブログが紹介され、インタビュー記事が掲載されました。
長文ですが、よかったらご覧ください。
http://blog.excite.co.jp/pickup/20513115/

・7/26(金)番組「ステキ+Life」(J:COM)に出演!
e0171573_21582373.jpg

夏休みおすすめ旅行スポットや、旅行写真がうまくなるコツなどを紹介!
http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/suteki-plus-life.html

e0171573_17281818.jpg
・8/4(日)東京のサンクチュアリ出版にて写真教室開催!参加者募集中です。
○難しい操作は一切不要のカンタン写真教室
○一眼レフでなくてもスマホやコンデジユーザーでもOK
○夏休みの旅行にいい写真を撮りたい!という方は、
SNSやブログに載せる写真をもっと上手になりたい!という方におすすめ。

開催概要やお申し込みは下記をご参考ください。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=636

・9/22(日)奈良にて写真教室開催!(先着15名限定)
詳細は下記をご参考ください。
http://kokucheese.com/event/index/102600/

「かさこさんにどんな人なのか一度会ってみたい」という方は、
8/4や9/22の写真教室などにご参加ください。
教室終了後、懇親会もあります。


Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-07-24 17:28 | お知らせ
2013年 07月 24日

南極観測船ふじ

e0171573_0395113.jpg

何気に結構楽しめるのが船の展示。
名古屋港にある南極観測船ふじの写真アップしました。
そばには名古屋港水族館もあるのであわせてどうぞ!
e0171573_0395611.jpg
e0171573_040131.jpg
e0171573_04066.jpg
e0171573_0401138.jpg
e0171573_0401533.jpg
e0171573_0402056.jpg
e0171573_0402587.jpg
e0171573_0403142.jpg
e0171573_0403522.jpg
e0171573_0404175.jpg
e0171573_0404639.jpg
e0171573_0405239.jpg
e0171573_0405922.jpg
e0171573_041452.jpg
e0171573_0411255.jpg
e0171573_0412380.jpg
e0171573_0412982.jpg
e0171573_0413798.jpg
e0171573_0414435.jpg
e0171573_0415241.jpg
e0171573_042132.jpg
e0171573_042835.jpg
e0171573_0421631.jpg
e0171573_0422560.jpg
e0171573_0423339.jpg
e0171573_0424033.jpg
e0171573_0424783.jpg
e0171573_0425487.jpg
e0171573_043367.jpg
e0171573_0431069.jpg
e0171573_0431820.jpg
e0171573_0432519.jpg
e0171573_0433345.jpg
e0171573_0434165.jpg
e0171573_0435082.jpg
e0171573_044041.jpg
e0171573_044892.jpg
e0171573_044144.jpg
e0171573_0442034.jpg
e0171573_0442765.jpg
e0171573_0443564.jpg



Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-07-24 00:48 | 【写真】国内