<   2013年 12月 ( 45 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 31日

くだらないテレビを見て、おいしいものを食べ、少しだけ人生について考える~年末年始の過ごし方

テレビはくだらないという人がいるけど、
くだらないからこそテレビはおもしろいんだと思う。

年末年始モードに入り、仕事のやりとりをする必要がなく、
ほっと一息つける1年間でも数少ない期間。
もちろん仕事がなくても、家やプライベートでやることはあっても、
でも比較的のんびりした時間を過ごせるのがお正月だ。

だからこんな時はくだらないテレビをぐだぐだ見て、
思いっきり笑ったらいいと思う。
普段くだらないテレビ番組ばかり見ているのはどうかと思うけど、
正月ぐらい、ストレス解消、笑って楽しく過ごせばいい。

29日にテレビをつけると「ダマされた大賞」という番組をやっていて、
微妙なものも多かったけど、大爆笑できるものも多く、
無邪気にただ笑えるって楽しいなと思ったもした。

また30日には「水曜どうでしょう」のDVDを見てこれまた大爆笑。
何度見ても楽しい。
くだらないテレビ番組やDVDを見たところで、
何の生産性もないし、何かの知識や技術が習得できるわけではない。
でも家にいながらにして、お金もかけず、
心の底から笑えて気持ちがスッキリすることができるなんて、
こんな素晴らしいことはない。

あとは何と言っても正月はおいしいものを食べるに限る。
特に寒い冬はあたたかいものがいい。
あたたかくて、おいしいものを食べると、もうそれだけで至福の時が味わえる。
e0171573_019562.jpg
そういえば12/27に急きょ広島取材の仕事が入り、
せっかくなので1泊して、翌日観光したのだが、
ほんとは山口の徳山に行くはずだったんだけど、
ツイッターのレスやガイドブックを見ていたら、
広島の宮島にはおいしい穴子丼や焼き牡蠣があることを知り、あっさり予定を変更。
宮島には世界遺産の厳島神社があり、観光としてもおもしろいんだけど、
食べる楽しみもあるっていうのは、この上のない付加価値だ。
e0171573_0192222.jpg
e0171573_0192932.jpg
e0171573_0193680.jpg

広島では広島風お好み焼きや牡蠣鍋を食べて、
おいしい食べ物がある場所の旅行は楽しいなとしみじみ感じた次第。

太ってもいないのにダイエットだなんて、
誰もあんたの体形気にしてないよ!と思うぐらいなら、
正月ぐらい、おいしいものを食べてほっこりすればいいじゃないか。
別に値段が高いものじゃなくてもいいし、
今年はさすがに偽装はないと思うけど、
豪華なおせち料理でなくてもいい。
夜中に食べる年越しそば1杯で人は幸せになれる。

くだらないテレビを見て思いっきり笑い、
おいしいものを食べて幸せを感じた後は、
少しだけ自分一人の時間を作って、
1年間を振り返った後、また来年の1年間のことと、
この先の自分の人生について漠然と考える時間を持ちたい。

いきなり来年、何しようかと考える前に、
まず2013年にどんなことがあったのか、ざっと振り返ってみる。
その上で、来年どんなことしようか、ノートに書き出してみたらいい。

正月休みが終われば、また忙しい日常にどんどん時は流されてしまう。
そうなると立ち止まって人生の進路を考えるのはかなり難しい。
だから時間がゆったりと流れている正月こそ、
自分の人生について考え直してみたい。

私も今年一年、仕事やら映画やらブログやら旅行やらいろんなことに突っ走ってきた。
また来年も突っ走るために、正月休みはゆっくり休みながら、
来年に向けてのいろんな仕掛けを考えていきたいと思います。

ブログは正月休みでも毎日更新します。
みなさんが何か人生を見つめ直す何かのヒントとなればと思うので。

<お知らせ>
・2014/1/25、映画「シロウオ」横浜鶴見で上映会開催!前売り券販売中!
http://atnd.org/event/E0021290
※2014/1/18の武蔵小金井の上映会は満席になりました。

・ミニ写真集「かさこマガジン4」無料配布!
・かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・過去にマガジン希望のメールを出している方は新たに申込しなくてもお送りしますが、
住所変更、希望部数変更のみ上記メールまで変更内容をメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-12-31 00:20 | 生き方
2013年 12月 30日

厳島神社


厳島神社と雲の動き。そして何かが通り過ぎる。
音楽「くらげの歌」作曲かさこ
http://www.youtube.com/watch?v=O91vSY1kito

・ミニ写真集「かさこマガジン4」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・過去にマガジン希望のメールを出している方は新たに申込しなくてもお送りしますが、
住所変更、希望部数変更のみ上記メールまで変更内容をメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法
http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka



by kasakoblog | 2013-12-30 01:46 | 【写真】国内
2013年 12月 29日

2013年BLOGOS記事ランキング

私のブログ記事は毎日ではないですが、BLOGOSというサイトに転載されています。
BLOGOSには記事内容を「支持する」というボタンがあるのですが、
今年、私の転載記事の中で、何が一番支持されたのか、ランキングにしてみましたので、
今年のニュースを振り返るという意味でも、ぜひあらためてご覧いただければと思います。
(支持数が50以上のものをピックアップしました)

・1位:支持数155
体罰教師を実名で報じず、テロ被害者を実名報道する腐れメディア
2013/1/24

なんと乙武記事が1位じゃなかった!
多分メディアを叩くと賛否両論は少なく、
多くの人の支持数が得られやすいから、この記事が1位になったのかも。

もう随分、昔のニュースのような気もするけど、
桜宮高校でバスケ部顧問の教師が生徒に暴行を加えた結果、
生徒を自殺に追い込んだ事件が発覚し、連日マスコミで報道された。

しかし問題となった顧問の実名は報道されず、カメラの前にも姿を見せない。
一方、この頃、マスコミは、アルジェリアのテロで犠牲にあった日本人被害者の実名を、
企業が名前を公表しなかったにもかかわらず、
「事件を国民の記憶に刻み込む」という大義名分のもと、
実名報道をして問題になった。

なぜ実名報道すべき顧問の名はふせ、
実名を報道する必要のない被害者の実名をあばくのか。
2つの事件に対するマスコミの実名報道の姿勢に疑問を投げかけた記事です。
http://blogos.com/article/54681/

・2位:支持数154
弱者を気取った強者=車椅子の王様・乙武氏の横暴極まれり
2013/5/19

ネット上で記事が拡散し、1日40万アクセスにまでなったのは、
この記事の翌日書いた、実際にお店に行った記事。
しかしBLOGOSでは、お店に行く前の乙武批判記事が、圧倒的支持数を集めた。

ちなみにこの記事に限った話ではなく、
BLOGOSで受ける記事もあれば、ネットで拡散するブログ記事もあり、
フェイスブックでやたらシェアされる記事もあれば、
ツイッターでやたらリツイートされる記事もあり、
同じ内容の記事にもかかわらず、SNSや転載先によって、
広まる記事が微妙に違うことが多々あります。

記事内容はぶり返すこともなくあの騒動です。
おもしろかったのは、乙武当人ではなく、
この記事に反論した欧米かぶれの外野連中。
http://blogos.com/article/62604/

・3位:支持数101
マクドナルドの迷走ぶりがすごい!
高い・遅い・まずいのマクドナルドはなぜ不振なのか
2013/5/3

今もマクドナルドの売上不振が続いているが、
メニューを撤去するなど信じられない横暴ぶりが目についたマクドナルド。
マックの直営店とフランチャイズ両店でマネージャーとして、
アルバイトした経験も交えながら、マックの不振の原因について書いた記事。
これはBLOGOSだけでなく、ネットでもかなり拡散した。

ちなみにマクドナルドネタってわりとネットでは鉄板。
みんなマクドナルドが好きなのか、利用頻度が多いのか、
記事に取り上げると、わりと拡散しやすいネタではあるのですが、
深刻な低迷ぶりをみると、もう来年あたりは、
利用者激減、復活への期待の声も少なくなり、
マクドナルド記事はそれほど注目を集めないかも。
そうちょうどmixi(ミクシィ)のように。

mixiの批判記事がいっぱいネットで出ていた頃って、
mixiに期待しているから「こんなことするな」「こうしてほしい」という、
ユーザーからの期待の裏返しなわけです。
ところがユーザーの声をほとんど無視したmixiはもはや完全に亡骸。
mixiについて取り上げる気もないし、そもそももう使わなくなってだいぶたつ。

マクドナルドも同じ。
批判記事がいっぱい出ている間はまだ客が期待している証拠。
改善すれば呼び戻せる可能性はあるが、
今のように露骨に客単価を上げることしか考えておらず、
まずい、高い、遅いマクドナルドは、mixiのような運命をたどるかもしれない。
http://blogos.com/article/61499/

・4位:支持数97
神戸大生のUSJ迷惑行為に大学が謝罪会見する意味不明
2013/4/10

今年はバカッターと呼ばれる不適切行為をネットで自慢する行為が横行したわけだが、
なぜ大学生の不適切行為を本人に代わって大学が謝罪会見するのか、
意味不明だと指摘した記事。

そんな甘っちょろい過保護教育しているから、
バカッターが増長しちゃうんだろうと思う。
http://blogos.com/article/59938/

・5位:支持数74
宝くじを買うのって情弱な人だけでしょ
2013/12/17

反発する人も多いとは思ったけど、これだけ支持数が多いというのは、
情弱な人が少なくてよかったなという証拠。
ただ逆にこうした記事を支持する背景には、
家族とか知人とか友人で「やめときゃいいのに宝くじなんか買うなよ」
という場面にでくわしているのが多いのかも。

ちなみに宝くじ買うことより着実に億万長者になれる方法がある。
それは佐賀県の高島で商売すること。
宝くじを買う情弱相手に金運グッズを売り、大盛況です。
http://kasakoblog.exblog.jp/11682061/

それにしても貴重なお金。
宝くじをやめることから「自立」への一歩を踏み出したい。
http://blogos.com/article/76081/

・6位:支持数73
土下座と坊主と自己犠牲を称賛するおかしな社会
2013/10/7

今年いろんなものが流行ったが、その中で、
バカッターと呼ばれる、不適切行為をネットで自慢する人と、
ドラマ半沢直樹の2つを交えながら、土下座のナンセンスについて書いた記事。

衣料品店しまむらの商品にクレームをつけ、
店員に土下座させてその写真をツイッターに投稿した女性が、
強要容疑で逮捕されたが、
大ヒットドラマ「半沢直樹」もやたら土下座にこだわっていたが、
土下座に何の意味もないのに、日本人はなぜこんなくだらないことに、
こだわるのだろうかという記事。
http://blogos.com/article/71325/

・7位:支持数66
リニア新幹線VS東海道新幹線シミュレーション。
たいして時間は変わらない驚愕の結果
2013/9/18

リニアというまがいものが無用の長物であることがわかる簡単なシミュレーション。
http://blogos.com/article/70231/

・8位:支持数54
乙武氏ツイートの銀座の店に行き、店主に取材しました
2013/5/20

ネットではこちらの記事が大拡散したものの、
BLOGOSでは店取材前の乙武批判記事の方が3倍以上もの支持数を集めている。

多分BLOGOSはいいか悪いかは別として、
何かを叩く記事が支持されやすく、
わりとこうした取材に基づく記事みたいなのは、
あんまり支持されないような傾向がある気がする。
http://blogos.com/article/62742/

・9位:支持数53
東京五輪はこのままなら開催中止
2013/9/9

今年一番の驚きはまさかの東京五輪開催決定。
モロッコ旅行中にこのニュースを見て、
ネット上のデマではないかと何度も目を疑った。

福島原発事故が未だに収束しない中で、
後にまさか辞職することになるとは思わなかった猪瀬知事と、
安倍首相の汚染水コントロールの茶番劇で、五輪開催が決定したが、
2020年までにもう一度か二度、東北で大きな地震は、
普通に考えれば起きるだろうし、
もしその時、除染なんてまがいものに金をかけ、
廃炉作業に金をかけていないと、
五輪開催が中止になってもおかしくはないことを指摘。
http://blogos.com/article/69661/

・10位:支持数52
安倍首相様、踏切内に直接救助に向かうのは絶対におやめください~JR西日本より
2013/10/8

今年一番の信じられないニュースといえば、
踏切に立ち入って人を助けて死んだ女性を、
マスコミだけでなく首相までもが英雄扱いしたこと。
この国は未だに玉砕・特攻をよしとする風潮があることに驚く。

ただ鉄道会社では、踏切に人が立ち入っていた場合は、
絶対に助けようと踏切に立ち入らずに、
非常ボタンを押してくださいと呼びかけている。
たまたまJR西日本にはホームページでそうした記載があったが、
あの事故以来、JR東日本の車内アナウンスでも、
「踏切に立ち入って救助するのはおやめください」というのを何度も聞いた。

安倍首相。あなたは間違ってます。
http://blogos.com/article/71389/

・10位:支持数52
新人に路上で名刺交換させる企業は営業停止処分にすべき
2013/4/11

今年はブラック企業というのが随分連呼された年ではありますが、
ブラック企業の一基準にこれをしてもいいんじゃないか。

4月になると「新人研修」と称して、入りたての新卒者に、
町中で名刺をくれとせびる迷惑行為が横行している。
こういう世間に迷惑をかける企業の経営者は罰するべきだと思う。
http://blogos.com/article/60013/

・12位:支持数51
消費税増税は外国人雇用促進のため
2013/10/1

いよいよ来年消費税が8%に上がり、
多くの人は原発再稼働と同じく、
「社会保障費のために消費税増税はやむ得ない」と、
カルト教団の洗脳を信じているみたいだけど、
増税分は社会保障費なんかに回さず、違うところに使っちゃったり、
挙句の果ては復興法人税は前倒しで廃止しちゃうとか、
法人税は減税するとか、どうも消費税増税しても、
その分が社会保障費に回るのかかなりあやしい。

しかも日本の状況を考えると、
消費税増税は、間接的に日本人の雇用ではなく、
外国人の雇用を促進することにもなりかねないことを書いた記事。
http://blogos.com/article/70973/

・・・・
いかがでしたでしょうか。
1年もたつと、あれだけマスコミが騒いだのに、
今はもうすっかり音沙汰のないものばかり。
騒ぐことによって世間の関心が高まり、
その問題が解決するなり、問題が減るような形になればいいのだが、
どうも毎年毎年、同じ問題でただ形を変えて、
失態を繰り返しているようにしか見えない。

BLOGOS転載記事の支持数でのランキングなので、
若干記事に偏りがあるかもしれませんが、
その他の記事も含めて1年間のブログを振り返ると、
いろんなことがあったなと貴重な記録として見れます。

近日中に2013年のブログ記事を振り返り、
特に印象的だったものや拡散したものを、ご紹介したいと思います。

※BLOGOSさんは全記事の中での年間支持数ランキングとか、
ブロガー別支持数ランキングとか発表してくれたら、
おもしろいのにと思うので、ぜひやってみてくれたらありがたいです。

<お知らせ>
・2014/1/25、映画「シロウオ」横浜鶴見で上映会開催!前売り券販売中!
http://atnd.org/event/E0021290
※2014/1/18の武蔵小金井の上映会は満席になりました。

・ミニ写真集「かさこマガジン4」無料配布!
・かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・過去にマガジン希望のメールを出している方は新たに申込しなくてもお送りしますが、
住所変更、希望部数変更のみ上記メールまで変更内容をメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-12-29 23:09 | ネット
2013年 12月 28日

お金の問題じゃない。多くの人に見てほしい~かさこマガジンと映画

年賀状代わりに希望者に無料配布するミニ写真集「かさこマガジン」の最新刊、
「かさこマガジン4」がそろそろ届き始めたようです!
お金も時間もかけてわざわざ40ページもの冊子を作っているわけですが、私の願いはただ1つ。
「多くの人に見てほしい」
それだけです。

ですのでもしよろしければマガジン受け取った方は、
ツイッターやフェイスブックやブログなどのネットで、
ぜひ「かさこマガジン」をご紹介いただけたらうれしく思います。

e0171573_1954285.jpg

紹介用の表紙画像(自由にお使いください)

最後に
かさこマガジン欲しい方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かずに)、お名前、希望部数を、
かさこさんのメール kasakotaka@hotmail.com にお送りすれば、
無料で郵送してくれます!
と加えていただければと思います。

また今回は「かさこマガジン」だけでなく、
映画のビラも同封させていただきました!
ブログをしょっちゅう読んでくれてる方は、
私が映画を制作したのは知っていると思いますが、
たまにしか見てない方とかはきっと驚いたのではないでしょうか。

前回の「かさこマガジン3」がきっかけで、映画監督になったことなども、
今回の「かさこマガジン4」に詳しく書いてありますので、ぜひ読んでいただければ。

ちなみにマガジンが届いて早速父親からクレームのメールが(笑)。
もっと誉めたことはあるはずだと(笑)。

そんな父が悪いと思ったのか、
「映画の売上はどうか?」とそれとない心配のメールを送ってきた。

映画をせっかく作ったにもかかわらず、
まだ公開が決まっているのはたったの3回しかない。
「作ったのに見てもらえなければ意味がない!」ということで、
私自ら横浜の鶴見で会場を借りて1月25日に上映することに。
しかし500人のキャパで現在前売券購入者はわずか48人!

読者の中には「カンパのつもりで前売券何枚か買わせてもらいますよ」
というありたがいお声をかけていただいた方も何人かいるのですが、
私とって映画の売上とかカンパとかはどうでもいいんです。
私の願いはただ1つ。
「多くの人に見てほしい」

わざわざお金と手間をかけて会場借りて上映なんかするより、
はっきりいってYouTubeなどネットで無料公開したいぐらいだし、
仮に会場で上映するにしても別に無料でもいいと思っている。
なぜなら私は監督であり、映画の制作者であるので、
一人でも多くの人に見てほしいというのが一番の願いだから。

ただそれは私が映画の制作費用を出していないから言えること。
だから私の立場としてはお金の問題はどうでもよく、
無料でもネットでも早期にDVD化してでも、
多くの人に見てほしいという思いは強い。
まして次々と原発再稼働されようとしているのだから、
それを阻止するための一助として、多くの人に映画を見てほしい。

ただ今回の映画ができたのはプロデューサーが制作費用を出してもらっているから。
自分がお金を出していないからといって(ギャラをもらっているわけではないが)、
無料でネットで公開してしまえ!というのは、
映画制作の立役者のお金の出し手である、
プロデューサーを無視することになるので、そういうことはできない。

私を監督に抜擢してくれて、制作費用も出してくれた、
プロデューサーの思いに応えるためにも、
多くの場所で上映ができるよう私も力を入れるつもりなのだが、
私の立場からするとお金の問題より無料でもネットでもいいから、
とにかく見てほしいという思いは強い。

そんなわけでぜひ1月25日の上映会に来ていただければ、
うれしく思います。
1月18日の武蔵小金井での上映会は定員400人すべて売り切れとなりましたが、
横浜鶴見は定員500人に対してまだ48人のみ!
私も会場にいて挨拶させていただき、映画上映後には私の監督トークもありますので、
「かさこさんってどんな人か一度見てみたい」という方や、
「ライター、カメラマンが作った映画ってどんなもんか?」という方や、
「原発計画を追い出した町の人たちがどんな思いで、
原発を止めたのかその内容を知りたい」という方などは、
ぜひ映画を見に来ていただければと思います。

また1月25日の映画上映会では、
福島第一原発の設計にかかわった元東芝の技術者である小倉氏にも来ていただき、
監督トークの合間に10分ほど話をしてもらう予定です。
こんな方の話を聞けるのもなかなかない機会だと思いますので、
ぜひ来ていただけたら幸いです。

・2014/1/25、映画「シロウオ」前売り券販売中!
http://atnd.org/event/E0021290

<かさこマガジンについて>
・今、届き始めているのは12月18日までに希望メールをいただいた方です。
その後の方は年明け頃になると思います。

・12月18日までに希望メールを出したにもかかわらず、
1月5日ぐらいまでマガジンが届かない方は、
お手数ですがお知らせいただければと思います。

・希望部数より足りなかった!という方は、
私の方で勘違いしている可能性がありますので、
お知らせいただければ追って発送します。

・もっと欲しい、いろんな方に配りたいという方は、
気兼ねなくメールいただければと思います。

・やっぱりマガジンが欲しいという方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かずに)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-12-28 19:05 | 生き方
2013年 12月 27日

2013年に読んだ本の中で超おすすめの10冊

今年もいろんな本を読みました。
ブログでは主にどうしようもない本か超おすすめ本しか紹介していませんが、
それ以外にもわざわざ書評を書くまでもない、
酷評するほど内容はひどくないが、おすすめするほどのものではない、
どっちつかずのたいしたことのない本も多数ありました。
買ったものの、タイトル一発、中身がないどうしようもない本は、
途中で読むのをやめて書評も書かず、そのままブックオフに売り払った本も多数。
そんな中で、おもしろかったとっておきの10冊を紹介します。
ぜひ年末年始に読んでみることをおすすめします。

・「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」堀江貴文著
文句なしに素晴らしい本。
ぜひ多くの方に読んでほしい。
特に現状の働き方や仕事に悩みや不満を持っている方はぜひ。

「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」

・「トヨタの片づけ」OJTソリューションズ著
この本はすごい!オフィス版・断捨離の決定版。
下記にあてはまることがある人は読んだ方がいい。

□必要な書類を探すのに10秒以上かかる
□1週間以上使っていない文房具がある
□引き出しのいちばん奥にあるモノが何かを即答できない
□デスクの上にありながら、1カ月以上触れていない書類がある

「トヨタの片づけ」

・「ロスジェネの逆襲」池井戸順著
ドラマ半沢直樹の最終回に失望した人は、
続編のこの小説を読むことをおすすめします!
ドラマの中途半端なもやもや感を解消でき、スッキリします。

「ロスジェネの逆襲」

・「下町ロケット」池井戸潤著
最近読んだ小説の中で文句なしのおもしろさ!
おもしろい本って疲れとか眠気とかまったく関係なし。
あっという間に一挙に読んでしまった、おすすめの小説です。

小説でありながら、そのまま現実社会にありそうな、
中小企業を舞台にした様々な人間ドラマが織りなされている良書。
現実の役にも立たない、堅苦しい経営書なんか読むより、
この本、読む方がよっぽど経営に役立つっていうぐらい、
リアルなビジネス現場の悲喜こもごもが見事に描かれている。

最近になり文庫本が出たのでぜひ。

「下町ロケット」

・「鉄の骨」池井戸潤著
建設業界の談合がテーマになっている小説で、
それぞれの立場で織り成す人間模様とドラマが非常におもしろい。

しかも単に建設業界の談合という話のみならず、
社畜として平然と社会に反する行為を受け入れる、
サラリーマン全員に向けられた警句の書と捉えると、
ひと味もふた味も違っておもしろさが倍加する。

「鉄の骨」

・「ノマドと社畜~ポスト3・11の働き方を真剣に考える」谷本真由美(@May_Roma)著
正直タイトルだけ見たら買いたくない本だが、
非常に興味深く読み進め、働き方を考える上での良書なのでおすすめしたい。
本書の要点は3つ。

1:ノマドブームにあやかり、高額なセミナーや情報商材を売るのは、
ネズミ講やキャッチセールスと変わらない、いかがわしいノマド商法だ。

2:日本でフリーランス社会が発展しないのは、
日本が契約社会でなく、仕事の発注の仕方があいまいだから。
日本の仕事の頼み方や労使関係は、
海外では裁判沙汰になりかねない「違法」ともいえる、信じられない行為。

3:これからの社会を生き抜くには、会社員として働きながら、
プロフェッショナルな知識や技能を身につけ、
場合によってはダブルワークをし、個人商店たる意識を持って働くべき。

その後、著者とはご縁があり、ツイッター上で金玉発言騒動がありましたが、
著者の人間としての品性はともかく、この本の内容は素晴らしいのでご紹介します。

「ノマドと社畜~ポスト3・11の働き方を真剣に考える」

・「不愉快なことには理由がある」橘玲著
万人受けするとは言い難く、
読んでいると救いがない本にも思えてくるものの、
でもいろいろな社会問題について、
物の見方の幅を広げるという意味ではおもしろい本。

例えば
ゲーム会社のコンプガチャが批判され、処罰されることになったのに、
コンプガチャより射幸心を煽る宝くじ法が改正され、
宝くじの最高賞金の上限が額面の250万倍にまで引き上げられた。
とか、
なぜ公立学校ばかりでいじめが問題になり、私立学校ではいじめがないのか。
それは、私立学校では問題のある生徒を退学処分にできるから。
とか、
人間は「得すること」より、「損すること」に過敏に反応する。
例えば、レジ袋を使わないと2円割引するより、
レジ袋を持っていないと2円追加でとる方が、
人は「損」したと感じ、エコバックを持つようになる。
とか。

気づきがあるのでおもしろいと思います。

「不愉快なことには理由がある」

・「個を動かす 新浪剛史 ローソン作り直しの10年」池田信太朗著
ややローソンの宣伝色が臭く、
賛美しすぎなところが鼻につく部分もあるかもしれないが、
その点を差し引いても、日本企業のあり方、
組織のあり方を考える上で非常に参考になる良書。

「個を動かす 新浪剛史 ローソン作り直しの10年」

・「高校事件ファイル」和田慎市著
教師の体罰問題が大きく取り上げられ、
何もかもが教師が悪いという風潮があるが、
ぜひ広く学校、教育現場の問題を考える上で、読んでほしい本。
教師バッシングで凶暴化する生徒・親の問題提起は貴重。

「高校事件ファイル」

・「成功者の告白」神田昌典著
タイトルは実にダサくて絶対に取りたくない本だが中身は素晴らしい本。
内容は、独立起業した人がビジネスや会社を拡大させていく中で、
陥る失敗パターンとその対処法を、小説風に描いたもの。
かつ起業家の成功談って成功した点にばかり、マスコミは焦点をあてがちだけど、
ビジネスの成功の裏にある問題や失敗を見事に描き出しているのが興味深い。

「成功者の告白」

<番外編>
・「YouTubeで小さく稼ぐ
~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法」
MEGWIN-関根剣著

近日中にブログで紹介する予定ですが、
つい先日、読んでとても役立った本。
好きを仕事にする参考になると思います。

「YouTubeで小さく稼ぐ」

・山崎豊子作品おすすめ本6冊
作家の山崎豊子さんが亡くなった。
もしまだ本を読んでいない方がいたら、ぜひ読んでみることをおすすめします。
http://kasakoblog.exblog.jp/21138089/

・グインサーガが別著者により復活!
未完のまま作者死去のため、人に勧められませんでしたが、
別著者にもかかわらず、いい感じで復活したので、
ぜひ読んでみたらいいと思います。
132巻まで出ているので、当面、読む本に困らないはず!!

豹頭の仮面―グイン・サーガ(1)

・2012年に読んだ本ベスト10
http://kasakoblog.exblog.jp/19436948/

・2010年までに読んだ中でおすすめの小説
http://kasakoblog.exblog.jp/13218009/

・20代で読んでおくべき本
http://kasakoblog.exblog.jp/13648030/

1冊の本が人生を変えることもあるのし、また単純におもしろい本にあたれば、
これほどコスパのよい時間の過ごし方はないと思うので、
気になったものがあったらぜひ読んでみてください。

<お知らせ>
・2014/1/25、映画「シロウオ」横浜鶴見で上映会開催!前売り券販売中!
http://atnd.org/event/E0021290
※2014/1/18の武蔵小金井の上映会は満席になりました。

・ミニ写真集「かさこマガジン4」年明けに無料配布!
・かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・過去にマガジン希望のメールを出している方は新たに申込しなくてもお送りしますが、
住所変更、希望部数変更のみ上記メールまで変更内容をメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-12-27 21:55 | 書評・映画評
2013年 12月 26日

未来は過去の延長線上にしかない~1年間の自分の棚卸しを

今日が仕事終わりという人も多いのではないか。
今年はカレンダーに恵まれ、まるまる1週間、
休みがとれる人も多いんじゃないか。
毎日仕事という日常に流されて、唯一区切りがつけられるのが、
年末年始だとするなら、ぜひ自分の棚卸しをしてみたらいい。

1年間どんなことをしてきたのか。
手帳やスケジュール帳を見返してみる。
何をしたのかとか、どんな人との出会いがあったとか、
こんな出来事があったとか、仕事でこんなことがあったとか。
細かいところでいえば、今年読んだ本で印象に残ったものは何かとか。

時系列に年表みたくしてばっと書き出してみれば、
「今年って自分にとってこんな年だったんだな」ってことがわかり、
「じゃあ来年はこんなことしてみようか」とか、
「来年にはこんなことができるんじゃないか」とかイメージがしやすくなる。

私にとって自分の棚卸し作業は1年間に1冊出している、
セルフマガジン「かさこマガジン」を出すこと。
このマガジンに何を盛り込もうか、直近1年を中心に、
場合によってはもうちょっとさかのぼって振り返り、
一番伝えたいことや感じたことや印象深かった写真を盛り込んで、
1つの冊子にまとめて、アウトプットする。

今の自分は何者で、今の自分には何ができるのか、
セルフマガジンを作ることで明確になる。

12/18までにかさこマガジンご希望いただいた方は、
12/26にヤマトのメール便で発送手続きしましたので、
2~3日前後で届くと思います。

ぜひみなさんもせっかく時間のある年末年始に、
いや時間がないかもしれないけど、
1年の区切りなのでセルフマガジンを作ることをしないまでも、
1年の主な出来事を羅列して眺めてみるだけでも、
自分を見つめ直すいいきっかけになるはず。

私は12月上旬に「かさこマガジン」の編集作業の過程の中で、
今までの自分を棚卸して総決算した感じがあり、
さて来年からどんなことをやろうかと考えている。

もちろん私の主軸は文章と写真であり、
だからこそ私の活動理念には、

「文章、写真などを通じて、多くの人に"気づき"を与えていき、
それによって社会を良い方向に向けていきたい」

と書いてある。
まあこの「など」がポイントで、動画とか講演とか、
いろんな表現方法を含んではいるんだけど。

そんなわけで来年の活動の種まきを始めていて、
とりあえず2つのことをやってみようかと思ってます。

1:かさこ塾開講
単発の講演だけでなく、受講者に力をつけてもらうために、
課題提出、添削、実践などを伴った「かさこ塾」的なものをやろうと思っています。

もう日程は決まっていて、2/18(火)、25(火)、3/4(火)、3/11(火)の、
4回連続シリーズで、時間は19時半ぐらいから、場所はサンクチュアリ出版、
参加者は20人限定でやる予定です。
※申込方法など詳細は後日お知らせします。
セルフブランディング、ブログ術、撮影術などの実践&指導だと思っていただければ。

また受講生同士の交流を深めて、私をきっかけとした、
お互いに志向を同じくする人同士で切磋琢磨し、時には助け合えるコミュニティが、
これによって作れるのではないかと思っています。

1回目がうまくいけば、年に何回か同じように4回シリーズでやり、
かさこ塾卒業生コミュニティみたいなものを作っていき、
お互いにいい情報交換をしあいながら、好きなことを実現していける、
そういう集団を作っていきたいと考えています。

2:YouTube毎日更新
ブログで記事更新はもう10年以上もやってきているので、
それに加えて動画コンテンツをYouTube「かさこチャンネル」に、
毎日更新してアップしていこうかと考え中。
動画を毎日アップするって相当ハードルが高いような気もするけど、
15秒ぐらいでも日常の1シーンでもいいから、とにかくやってみようかと、ここ数日、実践中です。
http://www.youtube.com/kasakotaka/videos

いつまで続くかわからないし、私の興味が変わって、
またぜんぜん違うことを始めるかもわからないけど、
旅行中に動画を撮る機会は結構あり、
映画関連でのストックや講演などもあり、
またこれからはブログと双璧をなしてセルフブランディングに役立つ、
有効なツールはYouTubeだと現時点では思っているので、
動画コンテンツに力を入れていきます。

ちなみに「映画1作できたんだから2作目作るんですか?」とか、
なかには「2作目作ってほしい」なんて人もいるけど、多分、映画は当分やらない。
とにかく1作目の映画を多くの人に見てもらうことが先決で、
そのための労力もほんと大変なので、まずそこに力を入れたいのと、
映画でなくてもネットで動画アップでもいいし、
今まで通り文章と写真でも表現できることも多いので、
映画制作はとってもおもしろいけど、
莫大な時間と手間とコストがかかるので、当面はないかなと思ってます。

まあそういいながらも動画コンテンツを充実させていけば、
そこからつなぎあわせて1つの「映画」ができるかもしれないけど。

新しいことにチャレンジしたいというのも、
セルフマガジンを作ってみて、自分を棚卸ししたからこそ見えてきたこと。
ぜひみなさんも来年のことを考える上でも、過去を振り返ってみることをおすすめします。

未来は過去の延長線上にしかないから。

<お知らせ>
・2014/1/25、映画「シロウオ」横浜鶴見で上映会開催!前売り券販売中!
http://atnd.org/event/E0021290
※2014/1/18の武蔵小金井の上映会は満席になりました。

・ミニ写真集「かさこマガジン4」年明けに無料配布!
・かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・過去にマガジン希望のメールを出している方は新たに申込しなくてもお送りしますが、
住所変更、希望部数変更のみ上記メールまで変更内容をメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-12-26 22:54 | セルフブランディング
2013年 12月 26日

和田倉噴水公園

e0171573_21395370.jpg
e0171573_213958100.jpg
e0171573_2140683.jpg
都内おすすめの公園。
東京駅そば。まさに都会のオアシス。
噴水が素敵です。
入ったことはないけどレストラン&カフェも併設。

・和田倉噴水公園動画
http://www.youtube.com/watch?v=c7tFqcDr0ao
http://www.youtube.com/watch?v=RyUJ3U6PiGk
http://www.youtube.com/watch?v=FcbqJ9sk1jA

<お知らせ>
・2014/1/25、映画「シロウオ」横浜鶴見で上映会開催!前売り券販売中!
http://atnd.org/event/E0021290
※2014/1/18の武蔵小金井の上映会は満席になりました。

・ミニ写真集「かさこマガジン4」年明けに無料配布!
・かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・過去にマガジン希望のメールを出している方は新たに申込しなくてもお送りしますが、
住所変更、希望部数変更のみ上記メールまで変更内容をメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-12-26 21:42 | 【写真】国内
2013年 12月 25日

NHKの偏向報道に学ぶ、印象操作する見出しの作り方教えます

みなさん、こんにちは。
事実を捏造しないで、自分が望む印象を他人与えたい場合、どんな見出しをつければよいのか、
国営放送にもかかわらず、いや国営放送だからこそ、
偏向報道が得意なNHKニュースから学んでみましょう。

12月25日のNHKニュースの見出し

帰還困難区域 除染で放射線量半分以下に

どうですか、これ。
すごくないですか。
帰還困難=死の町と化した福島原発周辺の町が、
除染によって放射線量がなんと半分にもなったんですよ!
すごいでしょ!どうです!

ネットニュースや新聞なんかでもそうだけど、
多くの人はざっと見出しだけをまず見て、大まかなニュースを把握し、
よほど興味のあるものしか詳しく本文は読まないわけです。
だってネットニュースも新聞も全部読んでたらそれだけで1日終わってしまうから。

特にネットニュースなんかそうですよね。
「帰還困難区域 除染で放射線量半分以下に」
みたいな見出しがあったら、中身は見なくても、
なんとなく「除染って効果があるんだな」「すごい放射線量は減ってるんだな」
と思う人も当然いると思う。

あれ、かさこさん、さんざん除染は意味ない、無駄だ、即やめろ!とか、
言っていたのに、ウソじゃないですか。
線量半分以下にするならやった方がいいじゃないですか。
死の町なんてかさこさん使わないでくださいよ。
これなら帰れるかもしれないじゃないですか。
みたいに思う人も出てくるだろう。

で、NHKのニュースの本文をクリックしてみると、
除染効果がものすごいあったことをしきりに「PR」しているわけです。

・・・・
原発事故の影響で放射線量が高く、長期間、住民が戻るのが難しい福島県内の「帰還困難区域」で、
環境省が行っている試験的な除染の結果の速報値がまとまり、
除染後の放射線量は、住宅地では除染前の半分以下に下がったことが分かりました。
・・・・

半分以下だということを見出し通りに印象づける。
全文読まないではじめの文だけしか読まない人なんかも、
「ほら、除染すごいじゃないか!」と思わせるわけです。

で、読み進めていくと、具体的な数値が出ている。

・・・・
除染後の放射線量は浪江町の3つの地区の住宅地では平均で
1時間当たり3.51マイクロシーベルトから6.56マイクロシーベルトで、
いずれも除染前の半分以下に下がったということです。
・・・・

どうだ!半分以下に下がったぞ。
すごいだろ!と。

さらにダメ押し文が続きます。

・・・・
また、双葉町の幼稚園では除染後の放射線量が平均で
1時間当たり3.74マイクロシーベルトで、
除染前より70%近く下がったということです。
・・・・

どうです!70%も下がったんだぞ。すごいだろと。

ん?ほんとにすごい?
これだけ下がった下がったと強調しておきながら、
さすがにこのままだとNHKは虚構新聞か北朝鮮新聞になってしまうので、
しれっとフォローの文章が書いてある。

・・・・
2つの地区の住宅地と幼稚園では、住民に引き続き避難を求める
「居住制限区域」の設定の基準となる
1時間当たり3.8マイクロシーベルトを下回る水準まで下がったものの、
国が、除染が必要としている0.23マイクロシーベルトと比べると、高い水準になっています。
・・・・

バカかって話でしょ。何それ。
半分以下に下がった、70%も下がったってさんざん強調しておいて、
最後に「本当のこと」をちょろっと書く。

お金をかけて除染したのに、0.23マイクロシーベルト/時に比べて、
16倍以上もの高線量ってどういうこと?
つまりこのニュースの要点を的確に伝える見出しにつけるなら、
「帰還困難区域 除染で放射線量半分以下に」ではなく、
「除染しても基準値の16倍以上もの高放射線量」だよね。
つまり除染に意味はない、焼け石に水、除染しても人が住めません、
ってことがわかりましたってこと。

にもかかわらず、見出しだけしか見ない読者も想定し、
除染したから半分も下がったという印象を与える見出しをつける。
でも捏造でも虚偽でもない。
事実はねじ曲げずに見出しによって自分が望む方向へ印象操作する、
見事な見出しのつけかたです。
さすが、NHK。やることが違う。
国営放送だから国民のためじゃなく役人の大本営発表ってことがよくわかる。

このNHKのニュースをわかりやすく別の事例でたとえてみよう。
ある学習塾が「生徒の成績を2倍にアップ!」というキャッチコピーでPRしたとする。
で、2倍という根拠を調べてみると、
100点満点のテストで10点の生徒を20点にしたことをPRしている。
確かに成績を2倍にしたのは事実。
でも10点を2倍にして20点にしたところで、
まったくどうしようもない成績であることには変わりない。
70点、80点にしなければ合格点にならないのに、
2倍にしたと自慢されても、そりゃ意味ないよねと。

今回のNHKニュースはまさにそれ。
半分に下げても基準値の16倍もの高さなら意味がないわけで、
半分に下げたことを強調する見出しは偏向報道、印象操作といわれても仕方がないだろう。
でもウソではない。

どうですか。捏造や虚偽ではなく相手を印象操作する見出しのつけ方。
今回は国営放送のNHKの事例を取り上げたが、
ニュース記事の見出しにせよ、広告のキャッチコピーにせよ、
情報の発信者側が情報を受け取る側の印象をコントロールするために、
事実をねじ曲げなくても言葉を変えることで、いかようにでも操作・洗脳ができる。
広告ならまだしもニュースでこれですから。

ぜひネットのニュースなんか見る時に、
見出しの印象操作だけでニュースの中身をわかったような錯覚をしないよう、
気をつけていただければと思います。

※あとアンケート調査や世論調査なんていうのは、
いくらでも印象操作できるありがたい情報源。
調査自体がいかさまでなくても、
「回答者の半数が反対」と見出しに持ってくるか、
「回答者の半数が賛成」と見出しに持ってくるかで、
賛成・反対が50%ずつという結果をいかようにでも印象操作できる。
こういうのも要注意。

・さすがは国営放送のNHKニュース元
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131225/k10014085411000.html

<お知らせ>
・2014/1/25、映画「シロウオ」横浜鶴見で上映会開催!前売り券販売中!
http://atnd.org/event/E0021290
※2014/1/18の武蔵小金井の上映会は満席になりました。

・ミニ写真集「かさこマガジン4」年明けに無料配布!
・かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・過去にマガジン希望のメールを出している方は新たに申込しなくてもお送りしますが、
住所変更、希望部数変更のみ上記メールまで変更内容をメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-12-25 19:55 | マスコミ
2013年 12月 25日

和田倉噴水公園


http://www.youtube.com/watch?v=c7tFqcDr0ao
都内おすすめの公園。和田倉噴水公園動画。

・ミニ写真集「かさこマガジン4」無料配布!
・かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・過去にマガジン希望のメールを出している方は新たに申込しなくてもお送りしますが、
住所変更、希望部数変更のみ上記メールまで変更内容をメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-12-25 01:58 | 【写真】国内
2013年 12月 25日

1歳児おすすめ絵本

絵本ってすごいですね。
大人の感覚ではわからない世界。
でも子供は大喜び。
1歳児のわが子が嬉々として見ているお気に入りの本9冊を紹介します。
どの本もAmazonレビューでもかなり高い評価なので、きっとこの年代には受けるはず。
プレゼントなんかにもよいと思います。

・「だるまさんが」
わずか20ページ。
だるまさんの絵が描かれているだけ。
でもこれがむちゃくちゃおもしろいようです。
特に「だるまさんが」と6つのだるまさんの後に、
「どてっ」と倒れる様子が描かれているのを見ると、
子供もなぜか、どてっとてな感じで、体をぱたんと倒したりします。
いやすごいです。この本。
人気みたいでシリーズ化されてます。

「だるまさんが」かがくいひろし

・「いっしょにあそぼ しましまぐるぐる」
0歳児ぐらいの時から興味を持って見ている絵本。
分厚いダンボールみたいな紙質でしっかりしていていいのと、
カラフルなしま模様で見ていて楽しい。
さらに最後のページには穴もあいているちょっとした仕掛けがあり、
子供も大喜びです。

「いっしょにあそぼ しましまぐるぐる」柏原晃夫

・「しろくまちゃんのほっとけーき」
しろくまがホットケーキを作るという物語の絵本。
作っている過程はともかく、見開きページで、
フライパンにのせられたホットケーキの焼き具合の状態で、
12枚の絵が載せられているページがなぜかお気に入り。
おいしそうに見えるのかも。

なんと初版は1972年。
2013年で191刷!!!
すごいロングセラー。
印税で稼ぎたいなら、文字の本なんかより絵本の方がいいかも、
なんて思ったりもした。

「しろくまちゃんのほっとけーき」わかやまけん

・「とびだすいないいないばあ!」
開くと立体的に飛び出る絵本。
ひよこ、はりねずみ、うさぎ、くま、ぞうの5種類、わずか10ページ。
でも立体的な仕掛けで顔が出てくるのっておもしろいみたい。
こういう絵本だと大人がついていなくても、
一人で遊んでくれるからラクという面もあります。

「とびだすいないいないばあ!―ぴよちゃんとあそぼ」いりやま さとし

・「はらぺこあおむし」
穴が開いていたり、途中のページのサイズが違っていたり、
いろんな工夫があるけど、別にその点には興味を示さず、
ページをめくるごとに「あおむし」を発見するのが楽しいみたい。
小さい子供って虫に興味があるのかも。
大人が見てもあまり楽しさはわからないのだけれど、
飽きずになんどもめくっては「あおむし」を発見し、大喜びしてます。

こちらもものすごいロングセラー。
1997年初刷で2012年で294刷!
すごい。

「はらぺこあおむし」エリック=カール

・「おひさま あはは」
これは大人が見ても良さがわかる!
とにかく絵がきれい。そして明るい。楽しい。
みんな笑顔な感じがとってもよいです。

「おひさま あはは」前川かずお

・「おつきさまこんばんは」
暗い夜空に月が現れるという順を追った絵本。
たったそれだけといえばそれだけなのですが、
きっとこのシンプルさが小さな子供にとってはおもしろいみたい。
読み聞かせてあげて、だんだん月が出てくるのがきっと楽しいのかも。

「おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4」林明子

・「いないいないばあ」
絵は正直、不気味です。
大人感覚だったら多分選びたくない絵本。
でもなぜか子供に受ける。
単純に「いないいない」と顔を隠した状態から、
「ばあ」と顔を見せた時の絵のインパクトがあるからなのかも。
これもまたものすごいロングセラーで1967年初版。

「いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)」

・「たまごのあかちゃん」
絵がダイナミックで、でもかわいくもあり、
シンプルでわかりやすいのがいいみたい。
ページ構成も飽きさせない作りでよくできてます。

「たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)」

・・・・
0~2歳児ぐらいの子供には受けそうな絵本です。
はじめに興味を示さなくても、しばらくすると興味を示すこともあるかも。
ぜひいろいろ試してみるといいと思います。

それにしても子供に受ける絵本を作れる大人ってすごい。
でも1冊当たってロングセラーになれば、すごい印税が入ってきそう。

<お知らせ>
・ミニ写真集「かさこマガジン」無料配布!
・かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・過去にマガジン希望のメールを出している方は新たに申込しなくてもお送りしますが、
住所変更、希望部数変更のみ上記メールまで変更内容をメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-12-25 00:48 | 書評・映画評