<   2014年 02月 ( 44 )   > この月の画像一覧

2014年 02月 28日
ミャンマーよりブログ更新。ほぼ毎日更新日記15年目で39歳に
e0171573_235250.jpg
ミャンマーにいます。
2月28日でほぼ毎日更新日記は15年目に突入。
ついでに39歳になりました。

27日にミャンマーのヤンゴン到着後、
落ちそうで落ちない不思議な岩のあるゴールデンロック山頂で宿泊。
e0171573_234199.jpg
e0171573_2352120.jpg
e0171573_2353627.jpg

ネットはつながり、ツイッターやフェイスブックへの投稿はできるものの、
ブログにログインできず、更新できませんでしたが、
今日はヤンゴンに戻ってきたので、ブログの更新もできます。

とりあえずミャンマーの雰囲気を味わってもらうため、
いくつか写真アップします。
e0171573_237993.jpg

e0171573_2373120.jpg
e0171573_2374943.jpg

ミャンマーの女性や子供は「タナカ」と呼ばれる白いファンデーションのようなものを塗ってます。
e0171573_2384618.jpg

猫がかなりいる!
e0171573_2391747.jpg
e0171573_239562.jpg

バスやトラックは日本をはじめ海外の中古車だらけ!
e0171573_23112917.jpg

e0171573_0192265.jpg
明日、明後日とヤンゴンのお寺を巡りたいと思っています。
ヤンゴンからまた明日更新します!

・3/4、3/15、江古田で映画「シロウオ」上映!
http://kasakoblog.exblog.jp/21683099/

・イヤなこともプラスに変える!セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-02-28 23:02 | 旅行記
2014年 02月 26日
完璧にしようとするから一生できない~ミャンマーへ
ミャンマーに行ってきます。
水曜夜中出発、月曜朝帰り。
現地で5日ぐらいしかいれないので、
ヤンゴンともう1か所行くぐらいしか行けず。
せっかくミャンマーに行くのだから、
もっと日数とって、いろいろ見て回る方が効率的だが、
「もっと日数、休みをとって」なんて言っていると一生行けなくなる。

だから5日でもいい。2ヵ所しか行けなくてもいい。
1年前に行こうと思って、仕事が忙しくなって、
どこにも行けなくなってしまった反省をいかすべく、
短期間でもいいから時間がとれる時に行こう!
ということでミャンマーに行ってきます。

何事もそう。
完璧にやろうとするから何もできなくなる。
「どうせ行くなら10日間ぐらい休みをとって、
ミャンマー中の名だたる名所に行きたい」
なんていってたら、いつになってもいけなくなってしまう。

旅行に限った話ではない。
100を求めるあまり、0になってしまう。
だったら10でも20でもいい。
とりあえずやってみた方がいい。
残りはまた別の機会にすればいい。

完璧主義に陥って何も始められない人って結構いる。
ブログなんかもそう。
別にいきなり素晴らしい記事を毎日更新することなんてできない。
「恥ずかしい記事をアップしたくない」
「自分が納得いく記事ができるまでアップしない」
なんて言ってたら一生できないから。

何事もやってみる。
中途半端でもいいからがじってみる。
そしたらまた違った世界が見えてくる。
だからおもしろくてまた前に進もうと思う。

私は今でこそ1日8000近くのアクセスがあったり、
19冊も本を出していたりするけど、
14年かけて、毎日少しずつ少しずつカメのように進んできた。
昔の文章や写真を今から見返すと恥ずかしいと思うこともある。
でもその時その時ベストを尽くし、恥をかき、
いろんな失敗や成功を積み重ねてきたからこそ、今の自分がある。

完璧主義を捨てて、つまみ食いでもいいから、
興味のあることにチャレンジすればいいと思う。

※通信環境がよければ、ミャンマーからも毎日更新したいと思います。

・3/4、3/15、江古田で映画「シロウオ」上映!
http://kasakoblog.exblog.jp/21683099/

・イヤなこともプラスに変える!セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-02-26 23:44 | 生き方
2014年 02月 26日
馬を水辺に連れていけても、水を飲ませることはできない~かさこ塾2講義目終了
先日、絶賛した本「嫌われる勇気」の中で非常に印象的だった記述が、
「馬を水辺に連れていけても、水を飲ませることはできない」ということわざの引用だ。
自分の人生はうまくいかないと嘆く青年が、
「自分は変わりたいけど、変われるわけがない」と哲人に反論する。
しかし哲人は、変われないのは青年が自分は変わりたくないと思っているだけであって、
自分が変わろうと思えば、どんな過去やトラウマがあろうが、必ず人は変われると説明する。

そして哲人は青年にこうアドバイスする。
「馬を水辺に連れていけても、水を飲ませることはできない」と。
すなわち哲人が青年の人生が変わるよう、
考え方のヒントを与えるべく、水辺に連れていくことはできたとしても、
それを青年が飲むかどうかは青年自身の決断であって、
哲人が青年に無理やり水を飲ますことはできないのだ。

全4回の「好きを仕事にするセルフブランディング術&ブログ術実践編」、
通称かさこ塾の2講義目が終わった。
きっと私の役目は受講している方を水辺に連れて行くことなんだなと思った。

好きを仕事にするといったって、どうやってやるのか方法がわからない。
私も今までわからなかった。
でもサラ金を25歳でやめて、10年以上もがきながら、
やっとたどりつくことができた。
私が迷いに迷い、遠回りをしたり、失敗したりしながら、
やっと見つけた砂漠のオアシスへの行き方の最短距離を教えているつもりだ。

でも私にできることは「この道を行けばオアシスにたどりつけるよ」というところまでで、
無理やり受講生をオアシスまで綱か何かで引っ張っていくことはできない。
オアシスに行くには自分の足で歩くしかないからだ。
いや綱で引っ張ればオアシスに行くことはできるのかもしれないが、
そこで水を飲むかどうかは人それぞれの問題。
強制されて無理やり飲まされたところで、人生楽しくはならない。
自発心、自立心が何より重要なんだと思う。

でもここにきている受講生の人たちはすごい。
今の「力」にはバラつきがあるかもしれない。
すでに本を出し、立派なホームページを持っている人もいれば、そうでない人もいる。
ブログやSNSを活用している人もいれば、そうではない人もいる。
でもここにきている人たちは、自らかさこ塾に参加し、
オアシスへの行き方を学ぼうとして、歩もうとしている。
オアシスにたどり着く時間は早い人と遅い人がいるかもしれないけれど、
砂漠的な殺伐とした社会の中で「この社会にオアシスなんかないんだ!」
といってあきらめることなく、オアシスを求めて、行く方法を学ぼうとしている。

私なんかより年齢も経験も上の人もいる。
でも学ぼうという謙虚な姿勢がすごい。
それを見て、思った。
年齢や経験を重ねても、人生の学びに終わりはない。
今よりもっとよりよい人生にしたいと思うのなら、
謙虚に学び続けていかなきゃいけないんだよなと。
受講生の真剣な姿を見て、私も謙虚な姿勢で、
いろんなことを学び続けることをしていきたいと感じた。

ただ学び続けるだけでなく、学んだことを実践しないとダメ。
他のセミナーなんかで時々見かけるのは、
「私はまだ勉強が足りない」との考えから、
ひたすらいろんなセミナーに通っているわりに、
「まだ私には早い」という理由から学んだことを実践していない人もいる。
人生に準備万端なんて一生ないわけで、
学びつつ、実践していかなくては目に見える成果は表れない。
セミナーやお勉強が目的化してしまわないように注意はしたい。

その場限りのお勉強で終わってしまわないために、
かさこ塾の受講生には、1週間ブログを毎日更新してみようという宿題を出した。
なぜならブログの1記事1記事が自身の営業マンとなるからだ。
ただ宿題を出してふと思った。
私は誰かから宿題を出されているわけではないけれど、
私は私で毎日ブログを更新し続ける。
それはきっと今よりもっとおもしろい人生にしたいからで、
そうなるためにはブログを毎日更新することが大事だと気づいているからだ。
セルフブランディングに終わりはない。
今日より明日を楽しい人生にするために。

・「嫌われる勇気

・セルフマガジン「かさこマガジン」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽にフォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-02-26 03:19 | セルフブランディング
2014年 02月 24日
自分の好きなことがわかる簡単な質問
100億円もらっても、今していることをやめずに、
続けていきたいことは何ですか?

この質問の答えが、あなたが本気で好きなことだ。

例えば、100億円もらったら、今の仕事なんか辞めてやる!という人は、
その仕事が好きではないということだ。
100億円もらったとしても、今の仕事はやりがいもあるし、
自分の人生にとって大切な時間と思える人は、天職ということだろう。

夢だと勘違いしているものもこの質問でわかる。
例えば、作家になりたい、本を出したいという人は山ほどいる。
でも100億円もらっても作家になりたいだろうか?
100億円もあるのに、何万字も文字を書きたいだろうか?
「お金があるなら作家になんかならなくてもいい」と思う人は、
作家になりたいんじゃなく、ラクして稼ぎたいと思っているだけ。
このような動機で作家になれることはまずないだろう。
書きたい、伝えたいという気持ちがなければ、いい作品なんか書けるわけがない。

好きなことを仕事に選んだつもりの人でも、
時がたつにつれて、疑問がわいてくることもあるだろう。
「これが本当にやりたかったことなのか?」
「何のために転職したのだろうか?」

例えばカメラが好きで撮影するのが好きだからカメラマンになる人は多い。
でも毎日スタジオにこもりっきりでひたすら物撮りばかりしていると、
「カメラも撮影も好きでカメラマンになり、確かに好きを仕事にしているけど、
でも撮りたいのは物じゃなくて、外に出て風景を撮りたかった」と思うカメラマンもいる。
確かに大きなくくりでは「好きを仕事」にしたのだろうけど、
でも本当に撮りたいものはそれじゃない。

こういう人にも「100億円あったら今の仕事を続けるのか?」と質問したら、
「だったら今の撮影仕事はやめて風景を撮りに行きたい!」と答えるだろう。
つまり今やっていることとやりたいことのズレが何かがわかる。

全4回のかさこ塾で本気で好きなことを見つけてもらうために、
このような質問項目をいくつか作り、受講生にやってもらったのだが、
自分自身に投げかける質問でもあった。

「今の自分は本当に好きなことをしているのだろうか?」と。

というのも独立起業した人にもズレが生じやすい。
単に会社員がイヤだから、上司がイヤだから、会社がイヤだからといった理由や、
独立や起業やフリーランスやノマドがカッコイイといった憧れの理由だけで独立した人は、
独立すること自体が目的化し、肝心の仕事の中身が精査されていない可能性がある。
結果、独立したはいいけど、社畜と変わらず、仕事の奴隷になり、
むしろ会社という保護がなくなったために、
会社員以上にブラック労働しなくてはならなかったりする。
何のための独立かわからない。

自分が本気で好きなことは何だろうか?
今やっていることは本当に好きなことなのだろうか?
人生楽しくブレずに生きるには、定期的に、
「100億円もらっても、今していることをやめずに、
続けていきたいことは何ですか?」と投げかけたらいい。

私は100億円もらおうが1000億円もらおうが、毎日ブログは更新し続けると思う。
そんな気持ちで日々ブログに向かい合っています。

・セルフマガジン「かさこマガジン」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽にフォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


by kasakoblog | 2014-02-24 23:19 | セルフブランディング
2014年 02月 24日
選手は「よくがんばった」と同情されたいのだろうか?
オリンピックでも他のスポーツ大会でもそうだけど、
優秀な成績を収めることが有望視されていた選手が不甲斐ない結果に終わった時、
「よくがんばった!」と結果を責めずにあたたかい声をかける人が、
増えているような気がする。
でもなんか正直それって気持ち悪い。
なんかこう、弱い者同士で傷のなめあいしているというか、
本心では「メダル逃した!」と思っているくせに、
周囲の受けよく「よくがんばった」といえば言いみたいな。

いつも思うのは、不甲斐ない結果に終わった選手が、
「よくがんばった!」なんて憐みにも近い同情的な声を求めているのか、
ということだ。
自分は絶対に1位になれる!と思っていた選手が10位だったとしたら、
ものすごく悔しいだろう。
そんな時に「結果がすべてじゃない。10位であっても感動した!
よくがんばった!」なんて言われて選手本人はうれしいのかなと。

もしかしたら「何がよくがんばった?あんだけミスして、
全然自分が満足する競技ができなかった。
あんなので感動したなんて同情してほしくない!」と思っているかもしれない。

自分に置き換えてみたらどうだろう。
自分は1位になれると思ったのに10位に終った。
その時に「よくがんばったね!」って言われたら、
バカにしてるのか!嫌味かよ!と思うのではないのか。

期待に反して成績が悪かった選手に、
「よくがんばった」と言わなければならない風潮があるのは、
わが身に置き換えて「そういう声をかけてほしい」、
という想いがあるからではないのか。

自分は仕事をがんばっている。
でも結果がなかなか出ない。
上司からは怒られる。
そんな自分に対して「結果がすべてじゃない。
あなたはがんばっているから、それで素晴らしいのよ」
と言ってほしい深層心理の表れなのではないか。

自分に厳しくしてほしくないから他人に厳しくしない。
他人に厳しくしなければ、自分にも優しい声をかけてもらえるだろうという、
甘えの表れではないか。

結果はすべてではないとしても、
ここまではいけるはずと思った結果を越えられなかったということは、
何かが足りなかったわけで何かを反省しなければならず、
やり方を変えるなり、技術を磨くなり、精神力を磨くなり、
悪い結果を次に活かすための糧にしなければならないはずだ。

でもそこで「よくがんばった」と言われることで、
現状に満足してしまうってそんなんじゃ今後の成長も見込めないだろうし、
何より上を目指している選手にとって、
素人から同情の声をかけてほしいのだろうかと不思議に思ってしまう。

結果至上主義で結果が出なかったからといって大バッシングし、
そのせいで選手が落ち込んでしまい、成長を止めてしまう批判はよくないと思うけど、
みんないい人ぶりたいからって、優しい声をかけてハイ終わり、
悪かった点を指摘するような輩は選手に失礼だみたいなのは、
選手のためになっていないんじゃないのか。

自分を甘やかしてほしいがために、
結果がすべてじゃない、よくがんばったなんて安易に言うのはどうなんだろう。
人それぞれに感想は違えど、
「がんばった選手を批判するのは失礼だ!」みたいな物言いをする人が、
増えているような気がして、それっておかしいんじゃないかなと思う。

まあ公金使って国の代表として観戦に行っているのに、
個別選手の結果にああだこうだ言ったり、
挙句の果てはパラリンピックはかったるいから行きたくないとか、
ロシアの交通は不便だとか言う、とんでもなアホな元首相は論外だが。

・イヤなこともプラスに変える!セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-02-24 12:52 | 生き方
2014年 02月 23日
3/22(土)大阪でオフ会&映画「シロウオ」上映会開催!
e0171573_23162658.jpg
関西のみなさま、お待たせしました!
私の監督デビュー映画作品「シロウオ~原発立地を断念させた町」の上映が決定しました!

日時:2014年3月22日(土)
会場:中津芸術文化村ピエロハーバー
(大阪市北区中津6-1-10、06-6451-7780)
e0171573_23153676.gif

中津駅すぐですが、ガード下のためかなりわかりにくいです。

上映・昼の部
開場13:30、上映14:00~15:45、監督トーク15:50~16:20

上映・夜の部
開場18:00、上映18:30~20:15、監督トーク20:20~20:50

入場料:前売券1000円、当日券1500円

申込方法:前売券イープラス
※イープラスのホームページより「シロウオ」で検索

<かさこオフ会>
上記映画上映会場と同じ。
21:10頃より~23時頃まで。
参加費1ドリンク500円(追加ドリンク、料理は各自精算)
参加希望の方は、昨年も大阪オフ会を開催していただき、
今回の映画上映会開催もしていただける安江さん
lapsangky@gmail.com
に人数とお名前をお知らせください。
※当日飛び込み参加も可

昨年、はじめて大阪オフ会を開催しましたが、
25名の方に参加いただき、参加者同士がいろいろとつながりができ、
とても楽しい会でした!
なかなか東京のように頻繁にみなさまと直接、お会いできる機会が少ないので、
この機会にぜひお越しいただければと思います。

また昨年オフ会で開催した時に出会った「かわだよしえ」さんが、
昨年末、大阪を訪れた際、インタビューをしていただき、ブログで紹介してくれました!
http://ameblo.jp/hiko1980/entry-11771690885.html

ぜひ大阪でみなさんとお会いできればと思います。
映画も時間があえばぜひ見てください。

・3/22は錦糸町でも映画上映予定。
錦糸町駅前マルイ9階
1回目17:30~19:15、2回目19:30~21:15
監督ビデオメッセージ19:15~19:25。
料金1000円※予約不要 

・映画シロウオ公式ホームページ
http://www.kasako.com/eiga1.html

・イヤなこともプラスに変える!セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-02-23 23:15 | お知らせ
2014年 02月 23日
伊豆おすすめの珍スポット!怪しい少年少女博物館
e0171573_22185853.jpg
名前からしてすでに怪しいですが、かなり怪しくておもしろい珍スポット!
昭和の時代のファッションや流行アイテムやおもちゃなど、
懐かしいレトロな展示スペースと、
別棟にちょっとぞっとする変わったお化け屋敷的な場所「夜の学校」があります。
城ヶ崎海岸駅から徒歩でも行けるおすすめの場所です。
e0171573_22192792.jpg
e0171573_22193262.jpg
e0171573_2220481.jpg
e0171573_22201090.jpg
e0171573_222028100.jpg
e0171573_2220215.jpg
e0171573_2220335.jpg
e0171573_22203828.jpg
e0171573_22204360.jpg
e0171573_22204890.jpg
e0171573_222052100.jpg
e0171573_2220577.jpg
e0171573_2221290.jpg
e0171573_2221660.jpg
e0171573_2221122.jpg
e0171573_22211885.jpg
e0171573_22212419.jpg
e0171573_22213097.jpg
e0171573_22213768.jpg
e0171573_22214339.jpg
e0171573_22215015.jpg
e0171573_22215796.jpg
e0171573_2222379.jpg
e0171573_22221030.jpg
e0171573_22221783.jpg
e0171573_22222362.jpg
e0171573_22223161.jpg
e0171573_22223895.jpg
e0171573_22224479.jpg
e0171573_22225081.jpg
e0171573_22225646.jpg
e0171573_2223217.jpg
e0171573_222372.jpg
e0171573_22231447.jpg
e0171573_2223202.jpg
e0171573_22232616.jpg

姉妹館の中では断然「まぼろし博覧会」がすごいですが、
この怪しい少年少女博物館もそれなりに楽しめると思います。
もう1つの姉妹館、ねこの博物館はちょっと微妙でした。

・動画

http://www.youtube.com/watch?v=BDeyTlXjwDk

http://www.youtube.com/watch?v=p4EZUqmJFWU

・怪しい少年少女博物館公式ホームページ
http://ayashii.pandora.nu/

・まぼろし博覧会写真
http://kasakoblog.exblog.jp/21707702/

・ねこの博物館写真
http://kasakoblog.exblog.jp/21714425/

・珍スポット紹介コーナー
http://www.kasako.com/japanfototop.html

・イヤなこともプラスに変える!セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-02-23 22:23 | 【写真】国内
2014年 02月 23日
空気を読めず周囲からウザがられた人生から脱却できたアスペルガー経営者
どうにも人生うまくいかないという方はぜひ参考に読んでほしい、
いい本に出会えたので紹介します。
「アスペルガーですが、 妻で母で社長です。」アズ直子著。

誰と話してもいまいち会話がかみあわない。
悪気はないのに、遅刻常習犯で、片づけられない。
言われたことを鵜呑みにしてしまい、社交辞令が通じない。
馴れ馴れしい態度をとってしまい、相手に変な思いをさせてしまう。
ウソがつけずに、嫌いなものは嫌いとはっきりいってしまい、周囲からうざがられる……。

ところがその原因がわかった。
なんとADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群、
=コミュニケーションや想像力に困難を抱える広汎性発達障害だったのだ。
アズ直子さんがアスペルガーと診断されたのは37歳のこと。
診断された時、「安堵」と「希望」を感じたという。

今までなぜか人と違って人生うまくいかない。
セミナーに行けばうざかられて出入り禁止にされ、
職場でもやっかいがられ、家族にも時々理解不能の烙印を押される。
どうして?どうして?どうして?

でもその原因がわかったことで、アズさんはこれまでの人生を一転。
「自分は病気なのだから、きちんと対策をして世の中とつきあうようにすればいい」
と様々なルールを決めて、自分の悪いところを治していき、
これまでのような対人関係のトラブルが少なくなったという。

アズさんが見つけた「人とうまくいく30のルール」が、
万人に受けるルールかどうかは微妙だ。
アスペルガーの人がこのルールを参考にしても、
すべての人がうまくいくかどうかはわからない。

ただアスペルガーかどうかに関係なく、
何か知らないけど人生うまくいかないという人に、
参考になるヒントがいくつかある。

またアスペルガーであることをむしろ隠さず、
はじめに言ってしまえばいい!という発想の転換も生き方の参考になる。
人は欠点をひたすら隠そうとしがち。
でも隠せば隠すほど、ストレスがたまり、生きづらくなってしまう。

だったら先に自らカミングアウトしてしまう。
アズさんの場合、アスペルガーであることを宣言したことで、
逆におもしろがられたり、それによって相手が気を使ってくれたり、
アスペルガーなんだから仕方がないと思ってくれるようになったという。
こうして今まで周囲からうとまれがちだった人生から、
逆にいろんな人が助けてくれたり集まってくる人生に変わったという。

人だけでなくどんな商品でもサービスでもそう。
欠点やデメリットを先に言わず、なんとか隠し通して、
自分をかさ上げしてよく見せようとするから、
息苦しくなったり、後からクレームになったりしてしまう。
だったら先に言ってしまえばいい。
自分の欠点をさらけだしておけば、その欠点を理解した上で相手は付き合ってくれる。

アスペルガーじゃなくても、例えば、
「自分は早口で話すクセがあるので早すぎたら途中で言ってくださいね!」とか、
「時々、相手を無視してえんえんしゃべりまくってしまうことがあるので、
疲れたらしゃべるのやめてくださいって止めてくださいね!」といった風に、
自分の取扱い注意な部分をあらかじめ話しておくのは、相手にとっても付き合いやすい。

何かわからないけど人生うまくいかないという方は読んでみるといいと思います。
生き方の考え方として参考になるはず。

「アスペルガーですが、 妻で母で社長です。」アズ直子著

※アズさんとはご縁があり、本を読んだ後、直接お会いもさせていただきました。

・セルフマガジン「かさこマガジン」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽にフォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2014-02-23 00:01 | 書評・映画評
2014年 02月 22日
ねこの博物館
e0171573_22132397.jpg
e0171573_22141615.jpg
伊豆にあるねこの博物館に行ってきましたが、残念ながら微妙なスポットでした。
1階は展示。2階は生きた猫が展示。
e0171573_22135365.jpg
e0171573_2214041.jpg
e0171573_2214675.jpg
1階の展示は珍スポット的な楽しみ方を期待するには物足りなくて、
でも猫好きがこれを見て楽しいかといってもかなり微妙。
2階は猫カフェ的なものを期待しましたが、
ほとんどの猫がゲージ内に入れられており、ふれあえる猫はわずか。
e0171573_22143040.jpg

e0171573_22143831.jpg
e0171573_22144553.jpg
e0171573_22145162.jpg
e0171573_22145632.jpg
e0171573_2215275.jpg
e0171573_221563.jpg
猫カフェがなかた時代は貴重な場所だったのかもしれませんが、
今や都内の猫カフェなんかいけば、ふれあいたい放題ということを考えると、
ゲージばかりに入れられてあまりふれあえない2階も微妙です。

姉妹館である「まぼろし博覧会」と「怪しい少年少女博物館」は、
たまらない超B級珍スポットなのでこちらを訪れるとおもしろいかと。

・まぼろし博覧会写真
http://kasakoblog.exblog.jp/21707702/

そういえば今日は猫の日!

・とっておきの猫写真
http://kasakoblog.exblog.jp/12194695/

・島猫写真
http://www.kasako.com/shimanekofoto.html

・イヤなこともプラスに変える!セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-02-22 22:15 | 【写真】国内
2014年 02月 22日
当事者でもないのに当事者気取りで批判するダメな人の例
「こんなこと書いたら、障害者の人が不快に思うはず。削除しろ!」
「こんなこと書いたら、福島の人がかわいそうだ。取り下げろ!」
ごくたま~にだけど、こんなレスポンスをいただくこともある。
でもそれを見る度に笑ってしまう。
おまえ、誰だよ。

例えば「こんなこと書いたら、福島の人がかわいそうだ」。
で、あんたは福島の人なのかと聞くと、そうではないという。
福島の人に聞いたのかというと聞いていないという。
じゃあ、福島の人がどう思うかわからないじゃないか。
自分が気に食わないからといって、
自分とは関係のない「誰か」をだしにして批判するのはおかしい。

でも中にはこんな人もいる。
「私は福島の人ではないけれど、
福島のある友人がこれを見て不快だと言っている」
それは「福島のある友人が不快」なだけであって、
福島の人みんなが不快に思っているわけじゃない。
あくまで個別事例に過ぎない。
個別事例をあげるなら、私に直接福島の人から意見に賛同するメールもきている。
ある人は不快に思い、ある人は賛同している。
賛否両論があるのは当たり前の話だ。

ところが人の意見が気に食わない人は、
ある特定の人の意見だけを一般化して批判する。
「みんな不快に思っている」「一般的に好ましくない」など。

みんなって誰だよ?
っていうかみんなに聞いたのかよ。
あんたが聞いたのは、1人か2人ぐらいじゃないのか。
だったらみんなが不快だと思っているんじゃなく、
その2人が不快に思っているだけに過ぎない。
「みんな」とか「一般的に」という言葉を使うのはおかしい。

自分が不快だと思っているだけなのに、
声高に叫んで一般化するクレーマーの事例としては、CM中止なんかもそうだろう。
昨年には食用きのこメーカー「ホクト」の「セクシーきのこCM」が、
「不快」「子供には見せられない」などの苦情で打ち切られたが、
「おもしろかったのに」「残念」という意見もあったという。
自分が気に食わないなら見なけりゃいい。
子供に見せなきゃいい。
っていうかさ、テレビなんて不快なものだらけで、
不快なものだからこそテレビがおもしろい側面があるわけで、
CMが不快で子供に見せられないとかいうなら、
そもそもテレビなんてくだらないもん、子供に見せるなよと思う。

何か意見を発表すれば、それを気に食わないと思う人もいるし、
それがいいと思う人もいる。
例えば100人見た人の中で、10人がいいと思い、90人が不快だと思うかもしれないし、
50人がいいと思い、50人が不快だと思うかもしれないが、
100人全員が素晴らしいと思うものなんてまずない。
どんなに素晴らしいものであったとしても、
そこに文句つけて批判する人は必ずいる。
万人に受けるものなどあるわけがない。
というかそんなものがある方が気持ち悪い。

自分が気に食わないことを理由に、さもみんなが気に食わないと装う、
モンスタークレーマーの意見なんか聞いていたら、何もできなくなる。
そもそも世に発表してみなければ、どんな反応がかえってくるかもわからない。
法律に違反したり、事実と異なることだったり、単なる誹謗中傷だったり、
社会に実害を及ぼすようなことをしない限り、
自分がおもしろいと思うものは投稿すればいい。
それに対しておもしろいと思う人もいれば、不快だと思う人もいる。
ただそれだけの話だ。

気に食わないのなら「自分は気に食わない」と言えばいいだけの話。
それを「みんながそういっている」みたいな一般化したり、
極端な事例を上げて反論したり、
当事者でもないのに、当事者はこう思うはずだという批判は意味がない。

そういう無意味な批判をしないこと。
またこうした害悪なクレーマーに惑わされて、
批判を恐れて、本心を隠して無難なことをしようなんて思わない方がいい。
万人に受ける意見なんかないんだから。

「みんなもそう思っている」とか、
「○○な人は不快に思っているはず」といった、
当事者気取りのモンスタークレーマーにならないよう気を付けたい。

・セルフマガジン「かさこマガジン」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-02-22 02:00 | ネット